VOLLEYBALLTEAM PROFILEチームプロフィール

チーム略歴

  • 1948年
    東京ガスバレーボール部創部
  • 1985年
    6人制へ移行
  • 1986年
    地域リーグ(東部)に初参戦
  • 1998年
    第18回地域リーグにおいて初優勝
    V1リーグ(現V2リーグ)昇格
  • 2002年
    第4回V1リーグ3位
    Vリーグ出場順位決定戦(入替戦)に初出場
    7月より「FC東京バレーボール教室」開始
  • 2003年
    第5回V1リーグにおいて初優勝
    4月より「FC東京バレーボールチーム」へ移行
    2004年
    第6回V1リーグ全勝で制覇
    2005年
    第7回V1リーグ優勝、
    Vリーグ出場順位決定戦(入替戦)に4年連続出場
    2007年
    2006/07 V・チャレンジリーグ優勝
    2年ぶりに、V・チャレンジマッチ(入替戦)に出場
    2008年
    2007/08 V・チャレンジリーグを全勝で制覇
    V・チャレンジマッチ(入替戦)に 2年連続出場
    2009年
    2008/09 V・チャレンジリーグ優勝
    V・チャレンジマッチ(入替戦)に勝利、プレミアリーグ昇格
    2010年
    2009/10 V・プレミアリーグ(現V1リーグ)初参戦
    2011年
    2010/11 V・プレミアリーグ第7位
    平成23年度 天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会 準優勝
    2012年
    2011/12 V・プレミアリーグ第5位
    第61回黒鷲旗 全日本バレーボール男女選抜大会 準優勝
    2013年
    2012/13 V・プレミアリーグ第7位
    2014年
    2013/14 V・プレミアリーグ第7位
    2015年
    2014/15 V・プレミアリーグ第8位
    2016年
    2015/16 V・プレミアリーグ第8位
    2017年
    2016/17 V・プレミアリーグ第8位
    2018年
    2017/18 V・プレミアリーグ第8位

活動方針

  1. バレーボールを通じた地域貢献
    バレーボールを通じて青少年の健全な心身の育成および都民各層の健康や喜びづくりに寄与し、豊かなスポーツ文化の振興に貢献します。
  2. バレーボールの普及と発展
    バレーボールの競技人口拡大とレベルの向上を図り、生涯スポーツとしてバレーボールを楽しめる環境づくりに努めます。
  3. 自立した個人の集団の創造
    常に勝利を目指す自立したトッププレーヤーの集まりであると同時に、社会人としてそれぞれが持つ仕事・責任を全うする「バレーボールと仕事を両立する集団」のロールモデルとなることを目指します。

Vリーグとは

バレーボールのトップリーグであるVリーグは、2018/19シーズンからV1、V2、V3と3つのディビジョンに分かれて戦い、FC東京バレーボールチームの属するV1リーグは10チームで構成されている。
10月~2月にかけて全国各地を転戦。3回戦総当り制(27試合)のV・レギュラーラウンドの後、上位6チームによる1回戦総当りの「ファイナル6」が行われ、上位3チームを決定。「ファイナル6」2位と3位のチームによる「ファイナル3」を行い、その勝者が「ファイナル」に進出し、「ファイナル6」1位のチームと優勝を争う。

V1リーグ(10チーム)
  • パナソニックパンサーズ(大阪)
  • 豊田合成トレフェルサ(愛知)
  • JTサンダーズ(広島)
  • 東レアローズ(静岡)
  • ジェイテクトSTINGS(愛知)
  • サントリーサンバーズ(大阪)
  • 堺ブレイザーズ(大阪)
  • FC東京(東京)
  • 大分三好ヴァイセアドラー(大分)
  • VC長野トライデンツ(長野)
V2リーグ(9チーム)
  • 富士通カワサキレッドスピリッツ(神奈川)
  • 警視庁フォートファイターズ(東京)
  • 大同特殊鋼レッドスター(愛知)
  • トヨタ自動車サンホークス(愛知)
  • つくばユナイテッドSun GAIA(茨城)
  • 埼玉アザレア(埼玉)
  • きんでんトリニティーブリッツ(大阪)
  • 東京ヴェルディ(東京)
  • 長野GaRons(長野)
V3リーグ(6チーム)
  • ヴォレアス北海道(北海道)
  • 近畿クラブスフィーダ(大阪)
  • ヴィアティン三重(三重)
  • 奈良NBKドリーマーズ(奈良)
  • 兵庫デルフィーノ(兵庫)
  • 東京トヨペットグリーンスパークル(東京)

練習場

〒135-0003
東京都江東区猿江2-15-10
東京ガス深川グランド内
TG深川体育館

練習見学方法

[TG深川体育館への行き方]
  1. (1)JR総武線・錦糸町駅下車徒歩15分。または、「東京駅北口行き」、「東陽町行き」バスで「猿江2丁目」下車徒歩4分
  2. (2)都営地下鉄新宿線・東京メトロ半蔵門線・住吉駅下車徒歩7分
  3. (3)東京メトロ東西線・東陽町駅下車徒歩25分。または、「錦糸町駅行き」バスで「猿江2丁目」下車徒歩4分
※TG深川体育館は深川グランド敷地内、右手奥にあります。
[練習見学方法]
(1)見学方法
・体育館の中に入りましたら2階へ上がっていただき、正面扉から入るデッキ部分が見学スペースとなります。
(2)見学時等の注意事項
  • 練習見学時のカメラ・携帯電話による撮影は、原則禁止とさせていただきます。
  • 見学の際はお静かにお願いします。
  • ファンサービスは、体育館前の広場までとさせていただきます。
  • 皆さまに安全にお帰りいただくため、見学は20:00までとさせていただきます。
  • 練習見学不可の日は、深川グランド敷地内への立ち入りもご遠慮ください。
  • 体育館は土足厳禁となります。施設で用意できるスリッパは数に限りがありますので、あらかじめご了承ください。また、体育館内には常設のごみ箱は設置しておりません。
  • ごみは各自でお持ち帰りください。
  • 体育館は、バレーボールチームだけの施設ではないことをご理解ください。
  • 練習見学にお越しの際は、お車でのご来場はご遠慮ください。
  • 選手のコンディションを考慮いただき、長時間にわたって選手と話し込むような行為はご遠慮ください。
  • 深川グランド入口の門付近は車両の出入りが激しいため、門付近での出待ちは他の施設利用者のご迷惑となる場合がございます。門付近での出待ちについては、ご遠慮ください。
※見学方法・注意事項をお守りいただけない場合、練習見学を禁止とさせていただくことがございます。皆さまのご協力をお願いいたします。

連絡先

FC東京バレーボールチーム事務局
〒105-8527 東京都港区海岸1-5-20
東京ガス(株)安全健康・福利室内
TEL (03)5400-7769
(月~金 9:00am~6:00pm)
FAX (03)3435-9407

ファンレターの宛先

〒135-0003 東京都江東区猿江2-15-10
東京ガス深川グランド内
FC東京バレーボールチーム
〇〇〇 宛