VOLLEYBALLNEWSニュース

2021.5.27

2021-22シーズン新体制のお知らせ

2021-22シーズンの新体制が下記のとおり決定しましたので、お知らせいたします。

今シーズンより栗山英之選手が主将を務めます。

  

 

2021-22シーズンコーチングスタッフ

<監督>

真保綱一郎

<コーチ>

橘裕也

<コーチ兼選手>

古賀太一郎

<アスレティックトレーナー>

八亀康次

<メディカルトレーナー>

堀内壮春

<アナリスト>

草柳和希

<総監督>

吉田清司

   

2021-22シーズン 主将・副将

<主将>

栗山英之

<副将>

長友優磨

 

 

【栗山英之 新主将のコメント】

「今シーズン、キャプテンを務めさせていただくことになりました。

 昨シーズンまでは自分が活躍することが1番のチームへの貢献だと思い、プレーしてきました。今シーズンは自分のことだけではなく、キャプテンとしてチーム全体に目を向け、どうしたら強いチームになれるのかを真保監督や橘コーチと共に考えていきたいと思います。

 ここ数年8位から順位を上げることができていませんが、昨シーズンは上位のチームとの惜しい試合が多くありました。確実にチーム力は上がってきていると思います。

 新型コロナウイルスの影響で、なかなかファン・サポーターのみなさまと接する機会がありませんが、2021-22シーズンのリーグを楽しみにしていてください。昨シーズンから進化した姿をリーグでお見せします。

 今後ともFC東京バレーボールチームの応援をよろしくお願いします」