VOLLEYBALLSCHEDULE &
RESULT
試合日程・結果

試合結果

大会名 第68回黒鷲旗 全日本男女選抜バレーボール大会 準々決勝
開催日 2019年5月04日 (土)
会場 丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)

FC東京

準々決勝敗退

0-3

31-33

29-31

22-25

0-0

0-0

サントリーサンバーズ

準決勝進出

MEMBER

2 玉宅健太郎
3 (リベロ)橘 裕也
4 山田要平
9 手塚 大
10 デロッコ・ジェイソン
11 迫田郭志
12 小田嶋大貴
14 長友優磨
16 手原 紳
18 栗山英之
19 佐藤望実
23 小森郁己
24 野瀬将平
29 井上 仁

STARTING MEMBER

1set

10

16

18

(24)

12

23

9

(14)

(2)

L 3

2set

12

10

16

(24)

23

9

18

(14)

(2)

L 3

3set

18

9

23

(2)

(14)

16

10

12

(24)

L 3

4set

5set

()内は交代選手

1、2セット目は競り合うも取りきれず 準々決勝で敗退

 本日より決勝トーナメント戦に突入。準々決勝はムセルスキーを擁するサントリーサンバーズとの一戦。リーグでは1勝もあげられていないが、準決勝進出に向けて全員で勝利をつかみにいく。
 
●第1セット 31-33
先発メンバー:手塚・栗山・手原・デロッコ・小田嶋・小森・リベロ:橘
選手交代:手塚→玉宅(17-16)・玉宅→手塚(17-17)・デロッコ→野瀬(22-21)・小森→長友(22-21)・野瀬→デロッコ(25-26)・長友→小森(25-26)
 序盤から一進一退の攻防に。11-11の同点の場面から、東京のブロックポイント、デロッコのスパイクが決まるなどして連続得点。しかし、星谷、ムセルスキーの攻撃を止められず再び同点に追いつかれる。手塚、デロッコを中心に攻撃を展開するも、ムセルスキーの高さのある攻撃を止められず、終盤まで両者互いに譲らず。ムセルスキーのダイレクトスパイクで先にセットポイントを握られるも、栗山のクイックでジュースに持ち込む。手塚、デロッコを軸にしのぎを削り、30点台に突入。しかし最後はムセルスキーにスパイク、ブロックを決められ31-33で第1セットを落とす。
 
●第2セット 29-31
先発メンバー:栗山・手原・デロッコ・小田嶋・小森・手塚・リベロ:橘
選手交代:デロッコ→野瀬(13-13)・小森→長友(13-13)・野瀬→デロッコ(16-15)・手塚→玉宅(16-15)・玉宅→手塚(16-16)・長友→小森(16-16)
 取り返したい第2セット。このセットも序盤から拮抗した展開となる。栗山、デロッコが連続でブロックを決め8-8。デロッコ、小田嶋の攻撃でサイドアウトを切り、試合は中盤へ。ムセルスキーの強打を野瀬が何度も粘り強くレシーブし14-13。チームに勢いをもたらす。サイドアウトを重ね、小田嶋のクイック、サービスエースで連続ブレイクし21-20。ここでサントリーが1度目のタイムアウトを取る。ムセルスキーのスパイクで1点を返されると、一進一退の攻防からこのセットもジュースに突入。小森の好レシーブ、デロッコ、手塚のスパイクでサイドアウトを切るも、最後はデロッコの攻撃をムセルスキーに止められ、このセットも奪われる。
 
●第3セット 22-25
先発メンバー:小田嶋・小森・手塚・栗山・手原・デロッコ・リベロ:橘
選手交代:手塚→玉宅(9-10)・玉宅→手塚(9-11)・デロッコ→野瀬(13-15)・小森→長友(13-15)・野瀬→デロッコ(16-18)・長友→小森(16-19)
 後がない第3セット。ムセルスキー、藤中を中心に攻めるサントリーに対し、東京は手塚、小森の攻撃を軸に展開。13-16でセカンドテクニカルタイムアウトを迎える。長友のライト攻撃、手原のツーアタックで追いすがるも、なかなか点差は縮まらず。ムセルスキーにブロックを決められ16-20。東京は、ここで1度目のタイムアウトを取る。栗山のクイック、小田嶋がムセルスキーの攻撃をシャットアウトし19-21。小森がボールを追いかけ決死のディフェンスを見せるも、先にサントリーにマッチポイントを握られる。相手のサーブミス、3枚ブロックで攻撃を封じ22-24。しかし、あと一歩及ばず。最後は小野にクイックを決められゲームセット。準々決勝で敗退となった。
 
 第1セット、第2セットともに最後までしのぎを削るも、あと一歩のところで取りきれずストレートで敗戦。この結果、シーズン最後の大会をベスト8で終了した。
 
 
【試合後コメント】
 
《ロディ監督》
「大会の目標は思いっきり楽しんで全てを出し切ることでした。最後のサントリー戦はそれができていたと思います。3セットすべて、とてもタイトなゲームでした。私たちがいいチームだと証明できたと思います。ありがとうございました」
 
《橘》
「今大会、苦しい場面もいっぱいありましたが、この2年間ロディを中心に戦術練習に取り組んできて、最後に少しはロディが言っていたことをプレーで出せたんじゃないかと思います。
 サントリー戦は、あと1、2点のところで取りきれなかったのはうちの力不足でもあるし、相手が強かったというのもあります。点数やセットが取れなかったのは残念ですが、最後までロディのバレーを展開できたのではないかと思います」