VOLLEYBALLSCHEDULE &
RESULT
試合日程・結果

試合結果

大会名 V.LEAGUE Division1 V・レギュラーラウンド 3LEG
開催日 2019年2月23日 (土)
会場 ジェイテクトアリーナ奈良

豊田合成トレフェルサ

18勝8敗

3-0

25-19

26-24

25-16

0-0

0-0

FC東京

7勝19敗

MEMBER

2 玉宅健太郎
3 橘 裕也
4 山田要平
9 手塚 大
10 デロッコ・ジェイソン
12 小田嶋大貴
14 長友優磨
16 手原 紳
19 佐藤望実
21 平田亮介
22 宮原和輝
23 小森郁己
24 (リベロ)野瀬将平
29 井上 仁

STARTING MEMBER

1set

12

10

4

14

19

2

(23)

(3)

(29)

L 24

2set

19

14

12

(3)

(23)

29

16

9

(2)

L 24

3set

29

19

14

(2)

(3)

(23)

4

9

12

L 24

4set

5set

()内は交代選手

2セット目は競り合うも、ストレートで敗戦

 昨年10月に開幕したV1リーグレギュラーラウンドも、ついに最終週を迎えた。本日は豊田合成との一戦。セッターに山田、オポジットは長友、レフトはデロッコと佐藤、ミドルブロッカーは小田嶋と井上、リベロは野瀬という布陣で勝利を目指す。
 
●第1セット 19-25
先発メンバー:玉宅・山田・デロッコ・小田嶋・長友・佐藤・リベロ:野瀬
選手交代:玉宅→井上(0-1)・長友→小森(11-13)・小森→長友(16-21)・佐藤→橘(17-23)
 第1セット、序盤から一進一退の攻防となる。長友、佐藤の攻撃で点を重ね7-8。最初のテクニカルタイムアウトは豊田合成にリードを許す。山田のツーアタックで同点に持ち込むと、山田が高松の攻撃をシャットアウトし連続得点。さらに山田の活躍は続く。サービスエースを出して11-10。しかしここから、勝岡、椿山の攻撃を止められず、逆転を許し14-19。ここで2度のタイムアウトを使い切る東京。佐藤、長友のスパイクでサイドアウトを重ねるも、要所でのミスが響き19-25。このセットを失う。
 
●第2セット 24-26
先発メンバー:手塚・小田嶋・長友・佐藤・井上・手原・リベロ:野瀬
選手交代:佐藤→橘(10-12)・井上→玉宅(11-12)・玉宅→井上(13-13)・長友→小森(14-13)・橘→佐藤(15-14)・小森→長友(18-18)
 第2セットは、デロッコに替えてスタートから手塚を起用。手塚の豪快なスパイクで先制し、中盤までは拮抗した展開となる。山田のトスワークが光り、相手ブロックの的を絞らせない。リリーフサーバーの玉宅がノータッチエースを出して13-12。しかし、椿山のパワフルなスパイクを叩き込まれ再び同点となると、終盤までは一進一退の攻防に。21-23の場面から、長友、佐藤のスパイクが決まり23-23。椿山の攻撃が決まり先にセットポイントを握られるも、高松のサーブミスによりジュースにもつれ込む。しかし、最後は佐藤のスパイクがアウトとなり、接戦をものにできず。
 
●第3セット 16-25
先発メンバー:小田嶋・長友・佐藤・井上・山田・手塚・リベロ:野瀬
選手交代:長友→小森(5-8)・小森→長友(9-19)・佐藤→橘(9-20)・井上→玉宅(10-20)・玉宅→井上(10-21)・橘→佐藤(15-23)
 このセット、長友、佐藤、手塚のサイド攻撃で点を重ねるも、豊田合成の勢いを止められず、序盤からリードを奪われる。徐々に点差が開いていき、近と高松、椿山の活躍を許し、8-16。中盤、ミスも重なり連続失点し、さらに突き放される。10-22の場面から、長友のブロックを弾く力強いスパイクが連続で決まり勢いに乗ると、山田のサービスエース、さらに再び長友が決め切り4連続得点。14-22まで追い上げるも、途中出場の山近、山田(脩)の攻撃でサイドアウトを取られ16-25。ストレートで敗戦した。
 
 2セット目、取りきれなかったのが悔やまれる。明日はリーグ最終戦。チーム一丸となり、必ずや勝利をつかみにいく。
 
 
【試合後コメント】
 
《井上》
「久々のスタメン出場で少し緊張はありましたが、いつも通り自分のプレーをしようと心掛けて試合に臨みました。自分自身、プレー自体は悪くなかったと思いますが、ブロックでもっとチームに貢献したかったです。
 明日の大分三好戦は今季リーグ最終戦です。どんな時でも応援してくれるファン・サポーターの皆さんのためにも、勝って締めくくりたいと思います」