VOLLEYBALLSCHEDULE &
RESULT
試合日程・結果

試合結果

大会名 2017/18 V・プレミアリーグ第12週
開催日 2018年1月27日 (土)
会場 墨田区総合体育館

FC東京

2勝18敗

0-3

18-25

22-25

20-25

0-0

0-0

堺ブレイザーズ

6勝14敗

MEMBER

3 (リベロ)橘 裕也
4 山田要平
5 竹浪貴志
12 小田嶋大貴
14 長友優磨
15 衛藤英興
16 手原 紳
18 栗山英之
19 佐藤望実
20 山本智大
24 (リベロ)野瀬将平
27 鈴木健太
28 和中謙治
29 井上 仁

STARTING MEMBER

1set

19

16

18

(28)

(12)

29

27

14

(15)

(4)

L 3

2set

27

29

19

(4)

14

18

16

(20)

(12)

L 3

3set

19

4

18

(12)

5

14

28

(16)

(20)

L 3

L 24

4set

5set

()内は交代選手

ホーム2連戦 1日目は堺にストレートで敗戦

 
 V・レギュラーラウンド最終週は、墨田区総合体育館でのホームゲームとなる。ファイナル進出への道は絶たれたが、最後の2連戦を勝利で飾り、良い形でリーグを終了したい。1日目は、前回ストレート勝利を収めている堺ブレイザーズとの一戦。ホームの声援を後押しに、勝利をつかみにいく。
 
●第1セット 18-25
先発メンバー:長友・栗山・手原・佐藤・井上・鈴木・リベロ:橘(裕)
選手交代:手原→小田嶋(9-13)・鈴木→山田(9-13)・山田→鈴木(12-16)・小田嶋→手原(12-17)・佐藤→和中(13-18)・井上→衛藤(17-22)
 第1セット、長友のサービスエースで先制し、良いスタートを切る。一進一退の攻防のなか、高野のサーブに崩され連続失点。長友、鈴木のスパイクが連続でミスとなり7-11と突き放される。中盤、栗山を軸に攻撃を展開するも、要所でのミスが響き、なかなか点差が縮まらない。ウォレスにノータッチエースを取られ、11-16。終盤、連続ブレイクを狙うも、サイドアウトを切るにとどまり、千々木を中心に着実に点を重ねる堺に第1セットを先取される。
 
●第2セット 22-25
先発メンバー:手原・佐藤・井上・鈴木・長友・栗山・リベロ:橘(裕)
選手交代:長友→山本(12-15)・山本→長友(15-17)・手原→小田嶋(18-20)・鈴木→山田(18-21)・山田→鈴木(22-24)
 第2セット、序盤は両者互いに譲らず、7-8で最初のテクニカルタイムアウトを迎える。長友の攻撃が佐川にシャットアウトされると、続けて松本にクイックを決められ9-12。さらにミスも重なり10-14。東京はここで2度のタイムアウトを使い切る。佐藤のスパイクを中心に応戦するも、追いつくことができず。終盤、高野にスパイク、ブロックを決められ、19-23。ウォレスの攻撃でセットポイントを握られると、最後は佐藤のスパイクミスによりセットを連取されてしまう。
 
●第3セット 20-25
先発メンバー:和中・栗山・山田・佐藤・竹浪・長友・リベロ:橘(裕)・野瀬
選手交代:山田→小田嶋(17-19)・長友→手原(17-20)・和中→山本(18-22)
 セッターを山田に替え、その対角には長友をオポジットで起用。ミドルは竹浪・栗山、レフトに和中・佐藤という布陣でスタートした第3セット。それが功を奏し、竹浪、和中にブロックポイントが出るなどして8-4。東京リードで最初のテクニカルタイムアウトを迎える。しかし、ウォレスの攻撃でサイドアウトを切られると、ここから栗山、長友の攻撃が連続でブロックされ、8-8の同点に。和中、佐藤のサイド攻撃を中心に攻め続け、中盤までは一進一退の攻防となる。しかし終盤、波に乗るウォレス、千々木らの攻撃を止めることができず。最後はウォレスに決められ、ストレートで敗戦した。
 
 ウォレスを中心に着実に点を重ねる堺のオフェンスに、最後まで対応できなかった。明日はリーグ最終戦。ホームゲームを勝利で飾り、笑顔でリーグを締めくくりたい。
 
 
【試合後コメント】
  
《小田嶋》
「今日の試合は、こちらのスパイクが決まらなくて、苦しい展開がずっと続いてしまいました。途中から自分が出ることで、ムードや雰囲気を変えようと思いましたが、ブロックにつかまってしまい、こっちのペースでゲームを進めることが難しかったです。
 チーム事情が良くないなかではありますが、出場機会が巡ってきたのはチャンスだと思い、自分の持ち味をもっと出していきたいです。
 明日のJT戦は今リーグ最終戦でもあるので、練習で取り組んできたことを少しでも出して、勝利で終われるように頑張ります。ホームゲームは勝ち越しで終わりたいです」