NEWSニュース

2018.01.31[クラブからのお知らせ]

【日本プロサッカー選手会からのお知らせ】チャリティーオークション開催

日本プロサッカー選手会(JPFA)にて、環境支援活動の一環として、2017年12月4日(月)より5週に渡ってチャリティーオークションを開催しています。
 

□実施期間
2017年12月4日(月)~2018年2月4日(日)
※第五弾は2018年1月29日(月)~2月4日(日)まで

※FC東京からは、第五弾に吉本一謙選手、丸山祐市選手、梶山陽平選手、石川直宏選手、前田遼一選手、徳永悠平選手、小川諒也選手、田邉草民選手、岡崎慎選手、廣末陸選手、林彰洋選手、山田将之選手、橋本拳人選手が参加しています(所属クラブは2017年12月4日時点です)。 
 

□オークションサイト
ヤフオク!

https://auctions.yahoo.co.jp/reu/project?id=1120

(パソコン・スマートフォン共通)
 

□売上金について
2017年12月~2018年1月に岩手県、宮城県、福島県、熊本県で開催する「チャリティーサッカー2017 ふれあい活動"グリーティングDAY"」の活動原資となるほか、「J100年基金」にまとめられ、被災された地域や避難された子どもたちが、これまで通り、誰もがいつでもサッカーを楽しむことができる活動資金に活用いたします。
 

□J100年基金
一般社団法人日本プロサッカー選手会が、2011年5月30日に、東日本大震災被災地の支援や今後起こり得る自然災害に備えるために設立した基金です。選手会所属選手からの義援金やチャリティーオークションの売上げを原資とし、被災地でのサッカー教室などを実施し、現在も継続した活動を行っています。