NEWSニュース

2017.04.18[アカデミー]

【U-15深川】フランス遠征7日目

いよいよ大会最終日となる遠征7日目。
順位決定戦最後の相手はウエストハム。
最終戦ということもあり、アップも課題であるメリハリを意識しながら開始しました。


ピッチ環境やヨーロッパの速さとパワーにも慣れ、自分たちの強みを発揮し一対一で積極的に仕掛ける。
結果は4-0で勝利し、24チーム中17位となりました。

試合後は大会の決勝戦を観戦。
対戦カードは『レンヌーナント』。
どちらも対戦した相手ということで、ヨーロッパのあらゆる基準を肌で感じることができたのはチームとして貴重な積み上げとなった。
決勝戦は両チームとも球際の激しさ、ルーズボールへの寄せの速さ。
激しいぶつかり合いのパワーとスピード感溢れるゲームに自然とのめり込んでくる。
結果は1-0でレンヌが優勝した。

宿舎に戻り最後の夕食を終え、これまでお世話になったボランティアスタッフの方たちにお礼の挨拶。
礼儀正しい日本人の姿勢はとても高い評価を得た。
サッカーの面では悔しい結果となったが、日本人代表としての姿勢を示せたことは日頃からの積み重ねの成果。

明日は警察学校の朝礼に参加し、パリ観光となります。
緊張感は一旦解けた感じもするがフランス最終日も事故なく帰れるようしたいと思います。