Englishご意見箱
11.26 13:00 KICK OFF
明治安田生命J1 第33節
VS サンフレッチェ広島
エディオンスタジアム広島
U23 公式ケータイサイト
青赤日記 バレーボール
試合・練習A GAME AND PRACTICE

2005年U18試合結果

12/18(日)  フクダ電子アリーナ (キックオフ 14:00 )
Jユースサハラカップ2005決勝トーナメント準々決勝

[ 0 - 1 ] 清水エスパルスユース

FC東京得点者
FC東京出場選手
GK 1,権田修一
DF 14,小川俊平、3,伊藤龍、5,田中達樹、6,森村昂太
MF 31,井澤惇→2,稲葉基輝(85分)、9,常盤聡、8,村田翔、10,永露大輔
FW 11,樋口亮→28,大竹洋平(59分)、26,金森洋充→17,中野遼太郎(45分)
寸評
Jユースカップ準々決勝は、気温4.8℃と肌寒い気候の中、清水エスパルスユースとの対戦となった。序盤から村田らを中心としたパスワークで試合を押し気味に進めるFC東京だったが、14分には一瞬のスキを突かれ中央を突破されてしまう。しかし、このピンチはGK権田の好セーブで難を逃れる。前半中盤も流れるようなパスワークでFC東京が試合を優位に進めるが、なかなか得点を奪う事ができない。その後は一進一退の攻防が続き、攻め込まれる場面もみられたが、GK権田、DF伊藤らを中心とした守備陣が健闘し、前半を0-0で折り返す。後半に入るとFW金森に代わり、中盤にMF中野を投入。さらに59分にはFW樋口に代わり、MF大竹が交代で出場。中盤に厚みが増し、高い個人技と巧みなパス回しで試合を支配した。しかし、決定的な場面でもゴールを奪う事ができず、時間が過ぎていく。迎えた89分、右サイドからのフリーキックを頭で合わされ失点を許す。だが、少ない残り時間もFC東京らしく全員が最後までボールを追いかけ、ひたむきにゴールを目指したが、結局0-1で敗れた。FC東京U-18は同大会をベスト8で終了。2005年シーズンも、FC東京U-18に熱いご声援をいただきありがとうございました。
次試合
FC東京U-18は同大会をベスト8で終えました。2005年シーズンも、熱いご声援をいただきありがとうございました。
その他の対戦結果、組み合わせ表についてはこちらをご覧下さい。
12/11(日)  江東区夢の島競技場 (キックオフ 13:00 )
Jユースサハラカップ2005決勝トーナメント2回戦

[ 4 - 1 ] 湘南ベルマーレユース

FC東京得点者
永露大輔(5分)、永露大輔(15分)、常盤聡(62分)、村田翔(89分)
FC東京出場選手
GK 1,権田修一
DF 14,小川俊平、3,伊藤龍、5,田中達樹、6,森村昂太→23,蓮見和也(84分)
MF 31,井澤惇、9,常盤聡→33,椋原健太(70分)、28,大竹洋平→8,村田翔(57分)、10,永露大輔
FW 11,樋口亮→2,稲葉基輝(88分)、26,金森洋充→17,中野遼太郎(45分)
寸評
予選リーグを1位で通過し決勝トーナメントは2回戦から登場のFC東京は1回戦で愛知FCに勝利した湘南ベルマーレと対戦した。試合序盤から果敢に攻め込むFC東京は5分に永露が先制点を奪う。その後も攻撃の手を緩めず15分にはまたしても永露が決めて2-0とリード。しかし、34分に失点を許し前半を2-1として折り返す。後半に入っても湘南が猛攻を仕掛け、FC東京ゴールに迫るがGK権田やDF伊藤を中心とした粘りのある守りで得点を与えない。62分には右サイドから途中交代出場の村田がクロス。中央で待ち受けた常盤が打点の高いヘディングシュートでゴールを決め3-1。その後一進一退の攻防が続くが終了間際の89分に村田がダメ押しの4点目をあげ、結局4-1で勝利。FC東京が準々決勝進出を決めた。
次試合
Jユースサハラカップ2005決勝トーナメント準々決勝12/18(日)14:00キックオフvs清水エスパルスユース@フクダ電子アリーナ
その他の対戦結果、組み合わせ表についてはこちらをご覧下さい。
11/20(日)  山形県総合運動公園サッカー場 (キックオフ 13:00 )
Jユースサハラカップ2005 第13回Jリーグユース選手権大会予選リーグ第6節

[ 7 - 1 ] モンテディオ山形ユース

FC東京得点者
常盤聡(6分)、樋口亮(16分)、常盤聡(52分)、常盤聡(58分)、森村昂太(82分)、森村昂太(89分)、常盤聡(89分)
FC東京出場選手
GK 1,権田修一→16,田端信成(32分)
DF 14,小川俊平、2,稲葉基輝、20,頼金宗行→19,近藤夏輝(51分)、6,森村昂太
MF 8,村田翔→29,加藤淳也(67分)、31井澤惇、9常盤聡、10,永露大輔
FW 11,樋口亮→22,恩田亮輔(45分)、26,金森洋充→18,木村俊夫(75分)
寸評
Jユースカップ予選リーグ最終節(第6節)は第3節で11-0と大勝したモンテディオ山形ユースとの対戦となった。まずは6分、稲葉からのクロスに常盤が得意の左足で決めて先制。続く16分にはGK権田からのロングキックを金森が頭ですらし、最後は樋口が決めて前半を2-0で折り返す。後半に入って52分、稲葉のシュートのはね返りを常盤が左足で押し込み3-0。56分にカウンターから失点を許すものの58分には常盤のこの日3点目となるゴールで4-1。82分には永露のスルーパスから森村が決め5点目。さらに89分には森村、常盤がゴールを奪い、結局7-1で最終節を勝利で飾った。
次試合
※同大会決勝トーナメント2回戦12/11(日)13:00キックオフvs湘南ベルマーレ@江東区夢の島競技場
その他の対戦結果、組み合わせ表についてはこちらをご覧下さい。
11/16(水)  ヴェルディグランド (キックオフ 18:00 )
Jユースサハラカップ2005 第13回Jリーグユース選手権大会予選リーグ第5節

[ 3 - 1 ] ヴェルディユース

FC東京得点者
金森洋充(16分)、永露大輔(21分)、永露大輔(73分)
FC東京出場選手
GK 1,権田修一
DF 33,椋原健太、5,田中達樹、3,伊藤龍、6,森村昂太
MF 8,村田翔、31,井澤惇、10,永露大輔→28,大竹洋平(85分)、9,常盤聡
FW 11,樋口亮→17,中野遼太郎(64分)、26,金森洋充→14,小川俊平(89分)
寸評
Jユースカップ第5節は、気温10.1℃と肌寒い気候の中、ヴェルディとの対戦となった。試合序盤から気迫のこもったプレーをみせるFC東京。村田、永露、金森らを中心としたパスワークでゴールを狙う。4分、ゴール前でフリーキックのチャンス。これを村田が直接狙うもののキーパーに辛うじてはじかれゴールならず。10分には金森がペナルティエリア内にドリブルで持ち込み井澤へパス。しかし井澤のシュートは枠の外。続く12分には村田、森村、永露らの鮮やかなパス交換でヴェルディゴールに迫るが、これも得点ならず。迎えた16分、右サイド村田から永露へとつなぎ、最後は金森がDFをかわしキーパーの位置をよく観て強烈なシュートを放ち先制。さらに攻撃の手を緩めないFC東京、20分には村田からのショートコーナーを永露が持ち込みDFを振り切ってゴールを奪い2点目。その後も波状攻撃を続けるものの得点には至らず、前半を2-0とリードして折り返す。後半に入ると一進一退の攻防が続くが63分、ヴェルディにPKを与え失点。その直後、樋口に代わって中野が中盤に入ると再びFC東京が調子を取り戻し、73分には常盤のシュートを相手GKがはじきバーに当たってはね返ったところを永露が押し込み3-1。試合は結局3-1でFC東京が勝利を収めCグループ1位での決勝トーナメント進出が決定した。
次試合
※この結果、FC東京U-18はCグループ1位確定(決勝トーナメント進出決定)です。<次試合>Jユースサハラカップ2005 第13回Jリーグユース選手権大会予選リーグ第6節11/20(日)13:00キックオフvsモンテディオ山形ユース@山形県総合運動公園サッカー場
その他の対戦結果、組み合わせ表についてはこちらをご覧下さい。
11/13(日)  江戸川区陸上競技場 (キックオフ 13:00 )
Jユースサハラカップ2005 第13回Jリーグユース選手権大会予選リーグ第4節

[ 7 - 0 ] アルビレックス新潟ユース

FC東京得点者
永露大輔(4分)、金森洋充(10分)、常盤聡(49分)、金森洋充(61分)、常盤聡(68分)、大竹洋平(85分)、永露大輔(89分)
FC東京出場選手
GK 1,権田修一
DF 3,伊藤龍、5,田中達樹、6,森村昂太、33,椋原健太→14,小川俊平(60分)
MF 8,村田翔、31,井澤惇→2,稲葉基輝(60分)、10,永露大輔、9,常盤聡→20,頼金宗行(77分)
FW 11,樋口亮→28,大竹洋平(38分)、26,金森洋充→23,蓮見和也(73分)
寸評
Jユースカップ第4節の相手は第1節に5-1で勝利したアルビレックス新潟。FC東京は試合序盤から巧みなパス回しでゲームを支配。まずは4分、左サイド森村からのパスを永露が決めて先制点を奪う。続く10分には、こぼれ球を金森がきっちりと決めて2-0とする。その後もFC東京ペースで試合が進むものの追加点を奪う事ができず前半を2-0で折り返す。後半に入り49分、村田からのクロスに常盤が頭であわせて3-0。さらに61分には金森がこの日2点目となるゴールを決め4-0。68分には再び常盤が決めて5-0とアルビレックス新潟を突き放す。85分には途中交代出場の大竹がゴール中央から得意の左足でゴールをあげ6点目。さらに試合終了間際の89分には永露がゴールを奪い結局、7-0で試合終了。この結果、FC東京が決勝トーナメント進出を決めた。
次試合
※この結果、FC東京U-18は決勝トーナメント進出が決定しました。<次試合>Jユースサハラカップ2005第13回Jリーグユース選手権大会予選リーグ第5節11/16(水)18:00キックオフvsヴェルディユース@ヴェルディグランド
その他の対戦結果、組み合わせ表についてはこちらをご覧下さい。
11/3(木祝)  江東区夢の島競技場 (キックオフ 13:00 )
Jユースサハラカップ2005 第13回Jリーグユース選手権大会予選リーグ第3節

[ 0 - 0 ] ヴェルディユース

FC東京得点者
FC東京出場選手
GK 21,廣永遼太郎
DF 33,椋原健太、3,伊藤龍、5,田中達樹、6,森村昂太→23,蓮見和也(88分)
MF 31,井澤惇、10,永露大輔→28,大竹洋平(73分)、8,村田翔、9,常盤聡
FW 11,樋口亮→17,中野遼太郎(45分)、26,金森洋充
寸評
Jユースカップ第3節はヴェルディユースとの対戦となった。FC東京はここまで2連勝と好調をキープし、今日の試合も勝利を収めたいところ。序盤から村田、常盤、永露らを中心に押し気味に試合を進めるものの得点には至らない。18分には左サイドから森村がドリブルで切れ込むがゴールならず。その後も、果敢にヴェルディゴールに攻め込むが得点を奪うことはできず、前半を0-0で折り返す。後半に入ると一進一退の攻防が続くが、55分、PKを与えてしまう。これをキーパー廣永が見事にセーブし、決定的なピンチをしのいだ。このプレーをきっかけに再び反撃に転じるが、なかなかゴールを奪うことができない。81分には、大竹がゴール前で巧みにヴェルディDF陣をかわしてシュートを放つがキーパーに防がれゴールならず。さらに後半から途中出場の中野、大竹らのパスワークでヴェルディゴールに攻め込むものの得点を奪うことができず、結局0-0の引き分けで終了。次節はアルビレックス新潟ユースとの対戦となる。決勝トーナメントへの進出を目指し、1戦1戦大切に戦っていきたい。
次試合
Jユースサハラカップ2005 第13回Jリーグユース選手権大会予選リーグ第4節11/13(日)13:00キックオフvsアルビレックス新潟ユース@江戸川区陸上競技場
その他の対戦結果、組み合わせ表についてはこちらをご覧下さい。
10/29(土)  深川グランド (キックオフ 13:00 )
Jユースサハラカップ2005 第13回Jリーグユース選手権大会予選リーグ第2節

[ 11 - 0 ] モンテディオ山形ユース

FC東京得点者
常盤聡(32分)、金森洋充(33分)、常盤聡(38分)、村田翔(41分)、常盤聡(52分)、村田翔(53分)、金森洋充(60分)、常盤聡(66分)、常盤聡(76分)、村田翔(80分)、常盤聡(81分)
FC東京出場選手
GK 21,廣永遼太郎
DF 33,椋原健太→6森村昂太(45分)、3,伊藤龍、5,田中達樹→22,恩田亮輔(87分)、14,小川俊平
MF 9,常盤聡、10,永露大輔→23,蓮見和也(87分)、31,井澤惇、8,村田翔
FW 26,金森洋充→2,稲葉基輝(69分)、11,樋口亮→28,大竹洋平(24分)
寸評
Jユースカップの第2節、初戦のアルビレックス新潟戦を勝利で飾ったFC東京は、モンテディオ山形と対戦した。試合序盤はゲームを支配するものの、なかなか得点を奪うことができない。迎えた32分、左サイドを椋原が抜け出し、中央の常盤へ。これを常盤が冷静に決めて先制。さらにその1分後の33分には右サイド村田からのグラウンダーのパスを金森が右足で流し込み2-0。38分には永露のパスから、こぼれた所を常盤が決めて3-0とする。そして41分には金森が倒されて得たPKを村田がきっちりと決め、前半を4-0とリードして折り返す。後半に入ると、更に攻撃の勢いを増したFC東京は52分に常盤がこの日3点目となるゴールを決めて5-0。続く53分には井澤のスルーパスから村田がゴールを奪い6-0。60分には途中交代出場、大竹のパスから金森が決めて7-0。66分、76分と常盤のゴールで9-0とし、さらに80分には村田が決めて10-0。81分にも常盤がゴールを奪い結局11-0で勝利を飾った。
次試合
Jユースサハラカップ2005 第13回Jリーグユース選手権大会予選リーグ第3節11/3(木・祝)13:00キックオフvsヴェルディユース@江東区夢の島競技場
その他の対戦結果、組み合わせ表についてはこちらをご覧下さい。
9/19(月)  新潟県聖籠スポーツセンターアルビレッジ (キックオフ 14:00 )
Jユースサハラカップ2005 第13回Jリーグユース選手権大会予選リーグ第1節

[ 5 - 1 ] アルビレックス新潟ユース

FC東京得点者
森村昂太(14分)、金森洋充(16分)、村田翔(43分)、常盤聡(86分)、常盤聡(89分)
FC東京出場選手
GK 21,廣永遼太郎
DF 6,森村昂太、3,伊藤龍、19,近藤夏輝、22,恩田亮輔→14,小川俊平(89分)
MF 17,中野遼太郎、8,村田翔、28,大竹洋平→9,常盤聡(71分)、31,井澤惇
FW 10,永露大輔→27,田中奏一(89分)、26,金森洋充→11,樋口亮(67分)
寸評
Jユースカップの初戦はアルビレックス新潟との対戦となった。クラブユース全国大会では予選リーグ敗退ながらも、チームとして良くまとまっており侮れない相手である。確実に勝点3をものにするため、集中して試合に臨んだ。14分、FC東京はコーナーキックからのチャンスに森村が得意の左足からゴールを奪い先制。
続く16分には、村田からのスルーパスに金森がスライディングシュートを決め2点目。その後、一進一退の攻防が続くものの、前半終了間際の43分には村田がゴールを決めて3-0とリードして前半を折り返す。
後半に入ると、新潟の反撃にあい、受身の展開が続き70分に失点を許す。しかし、交代で入った樋口、常盤らフレッシュな選手の活躍で試合に流れは再びFC東京ペースに。86分には永露、村田の鮮やかなパスワークから常盤が決めて4-1。更に終了間際の89分にも常盤が追加点を奪い、結局5-1でFC東京が初戦を勝利で飾った。次節は約1ヵ月後にモンテディオ山形と対戦。きっちりと調整し試合に臨みたい。
次試合
Jユースサハラカップ2005第13回Jリーグユース選手権大会予選リーグ第2節10/29(土)13:00キックオフvsモンテディオ山形ユース@深川グランド
その他の対戦結果、組み合わせ表についてはこちらをご覧下さい。
8/29(月)  東京学芸大学総合グランド (キックオフ 18:00 )
TFA T1リーグU-18 2005第11節

[ 8 - 1 ] 実践学園高校

FC東京得点者
村田翔(8分)、永露大輔(20分)、伊藤龍(24分)、村田翔(31分)、村田翔(32分)、永露(39分)、樋口亮(56分)、村田翔(70分)
FC東京出場選手
GK 21,廣永遼太郎
DF 33,椋原健太→23,蓮見和也(57分)3,伊藤龍、5,田中達樹、6,森村昂太→9,常盤聡(57分)
MF 8,村田翔、17,中野遼太郎、13,城間由太、28,大竹洋平→14,小川俊平(41分)
FW 10,永露大輔、26,金森洋充→11,樋口亮(45分)
寸評
今日の1戦を勝利で飾れば、T1リーグ優勝が決まり、来シーズンのプリンスリーグ関東2006への昇格が決まる大事な最終節。相手は今年度の全国高校総体に東京都代表として出場した実践学園高校との対戦となった。試合は序盤からFC東京が押し気味に試合を進め8分、左サイドを抜け出した城間のクロスに村田がダイビングヘッドを決めて先制。その後も、実践学園高校ゴールに攻め込むFC東京は、20分に左サイドから永露が自らドリブルで持ち込みゴール。更に、24分には左コーナーキックのチャンスから伊藤がこぼれ球をきっちりと決めて3-0。続く31分、32分と立て続けに豪快なミドルシュートを村田が決めて5-0と大きくリード。更に39分には相手DFのバックパスを奪った永露がゴールを奪い前半を6-0と大きくリードして折り返した。後半に入っても攻撃の手を緩めないFC東京は56分に永露に対するファールで得たPKを樋口がきっちりと決め7-0。その後は、多少運動量が落ち、ペースダウンしたものの、70分には村田が直接フリーキックを決めて8-0。84分に失点を許したものの、結局8-1でFC東京が最終戦を勝利で飾り、9勝2分でT1リーグ優勝を決め、来シーズンのプリンスリーグ関東2006への昇格を決めた。
次試合
※この結果、FC東京U-18はT1リーグ優勝が決まり、来シーズンの「プリンスリーグ関東2006」への昇格が決定しました。
その他の対戦結果、組み合わせ表についてはこちらをご覧下さい。
8/26(金)  深川グランド (キックオフ 17:30 )
TFA T1リーグU-18 2005第10節

[ 5 - 1 ] 東海大菅生高校

FC東京得点者
金森洋充(25分)、村田翔(26分)、永露大輔(34分)、城間由太(60分)、永露大輔(89分)
FC東京出場選手
GK 21,廣永遼太郎
DF 33,椋原健太、3,伊藤龍→22,恩田亮輔、5,田中達樹、6,森村昂太→14,小川俊平(45分)
MF 8,村田翔、13,城間由太→9,常盤聡(62分)、35,宮阪政樹、28,大竹洋平→2,稲葉基輝(53分)
FW 10,永露大輔、26,金森洋充→25,佐伯和洋(82分)
寸評
7月中旬から中断していたT1リーグが再開。昨日は台風の影響で試合が延期となり、本日(8/26)試合が行われた。日本クラブユース選手権、スペイン遠征と大きな経験を経たFC東京U-18は東海大菅生高校と対戦。残り2節は確実に勝利をものにし、優勝を決めたいところだ。試合はFC東京が立ち上がりからボールをよく追い、高い位置で奪っては相手陣内で試合を進め、次々とチャンスをつくった。しかし相手GKの好セーブにも合い、前半途中までは無得点。ようやく25分に金森が先制すると、26分には永露、村田のコンビで得点。34分には相手CKのこぼれからカウンターを仕掛け、永露が3点目を奪った。その後も積極的なサイド攻撃、ゴール前でのコンビプレーから多くの決定機をつくったが、追加点はならず。後半も優位に進めたいところであったが、53分にクロスからヘディングシュートを決められ失点する。しかし、蒸し暑さの中でメンバーの疲労も考慮、メンバーチェンジをうまく使い、フレッシュな選手の起用でリズムを取り戻した。前線での流動的なポジショニングで相手をゴール前に張り付かせ、60分にはスローインから永露が右サイドを突破し、中央に城間が飛び込んでゴール。その後、ミスから決めきれない展開が続いたが、ロスタイムに永露が5点目を奪い、5対1で勝利。
ただし決定力不足の課題は残る。次節までに少しでも修正し実践学園高校とのT1リーグ最終戦に臨みたい。
次試合
TFA T1リーグU-18 2005第11節 8/29(月)18:00キックオフvs実践学園高校@東京学芸大学総合グランド
その他の対戦結果、組み合わせ表についてはこちらをご覧下さい。
8/17(水)  MiguelTurra (キックオフ 20:00(現地時間) )
2005 ドン・キホーテチャンピオンシップ(スペイン)

[ 3 - 4 ] FCポルト(ポルトガル)

FC東京得点者
中野遼太郎(17分)、米田直人(80分)、金森洋充(85分)
FC東京出場選手
GK 21,廣永遼太郎→16,田端信成(46分)→16,佐伯和洋(56分)
DF 2,稲葉基輝、22,恩田亮輔→33,椋原健太(46分)、35,宮阪政樹、6,森村昂太
MF 27,田中奏一、17,中野遼太郎、13,城間由太、28,大竹洋平→31,井澤惇(46分)
FW 26,金森洋充、36,米田直人→38,岡田翔平(81分)
寸評
第3戦の相手は2連勝中と好調のFCポルト。U-17ポルトガル代表を数名擁し、この年代で世界トップレベルの実力を誇るチームである。FC東京はここまで2敗を喫し、この試合にはGK廣永やMF田中、FW米田らフレッシュな顔ぶれで試合に臨んだ。試合は前半2分、ゴール中央付近からミドルシュートを決められ先制点を奪われる。続く4分にも、左サイドからのクロスを中央で合わされ、立て続けにゴールを許して0-2。しかし、FC東京は17分に米田がドリブルで相手ゴール前に攻め込んだ所を倒されてPKを得る。このPKを中野が落ち着いて決めて1-2。しかし、26分には、またしても中央付近からミドルシュートを決められ1-3。更に10分後の37分にもディフェンスラインの裏をつかれてゴールを許し、1-4と大きくリードを許し前半を終了する。
前半は終始相手に主導権を握られ圧倒されたFC東京だったが、後半開始からGK田端、DF椋原、MF井澤らを投入し、徐々に試合のペースをつかむが得点を奪う事ができない。その後は一進一退の攻防が続き、迎えた80分、右サイド中野のフリーキックから米田が右足で合わせてゴールを決め2-4。更に、85分には金森が中央を抜け出して得点を奪い3-4と1点差に迫る。その後も攻め込むものの得点を奪うことができず、結局3-4でFCポルトにも敗れてしまった。結局、3敗という結果となってしまったが、世界の高いレベルを肌で感じる事ができた大会であった。

【同グループリーグ試合結果】
コリンチャンス(ブラジル)4-0レアル・マドリード(スペイン)
次試合
-
8/16(火)  DAIMEL (キックオフ 22:00(現地時間) )
2005 ドン・キホーテチャンピオンシップ(スペイン)グループリーグ第2戦

[ 0 - 1 ] レアル・マドリード(スペイン)

FC東京得点者
FC東京出場選手
GK 16,田端信成
DF 23,蓮見和也、19,近藤夏輝、33,椋原健太、6,森村昂太
MF 31,井澤惇→25,佐伯和洋(65分)、17,中野遼太郎、35,宮阪政樹→38,岡田翔平(46分)→29,加藤淳也(70分)、13,城間由太、28,大竹洋平
FW 26,金森洋充
寸評
ホテルのあるジウダード・レアル市よりバスで約40分の所にあるダイミェルスタジアムで地元レアル・マドリードとの試合が行われた。会場は超満員でこの試合を心待ちにしていたファンであふれかえっていた。試合は前半開始早々からFC東京がペースをつかみ、MF城間、大竹を中心に幾度となくチャンスを作るが、レアル・マドリードDF陣にはねかえされ得点には至らず前半を0-0で折り返す。後半に入ってもFC東京が中盤を支配し、70分には決定的なチャンスを作るが、ゴールならず。その後も試合を有利に進めるものの得点を奪うことはできない。迎えた後半ロスタイム、このまま引き分けで終るかと思われたが、FC東京は一瞬のスキをつかれ失点を許し、そのまま0-1で試合は終了。強豪レアル・マドリードを最後まで追い詰めたものの勝利をつかみとる事はできなかった。グループリーグ第3戦は2連勝と好調のFCポルトとの対戦となる。

【同グループリーグ試合結果】
FCポルト(ポルトガル)3-0コリンチャンス(ブラジル)
次試合
2005 ドン・キホーテチャンピオンシップ(スペイン)グループリーグ第3戦8/17(水)vsFCポルト(ポルトガル)@Miguel Turra
8/15(月)  PUERTOLANO (キックオフ 22:00(現地時間) )
2005 ドン・キホーテチャンピオンシップ(スペイン)グループリーグ第1戦

[ 0 - 3 ] コリンチャンス(ブラジル)

FC東京得点者
FC東京出場選手
GK 16,田端信成
DF 19,近藤夏輝、33,椋原健太、22,恩田亮輔、13,城間由太
MF 23,蓮見和也→2,稲葉基輝(68分)、17,中野遼太郎、31,井澤惇→38,岡田翔平(46分)→30,金子祐二(75分)、6,森村昂太、28,大竹洋平
FW 26,金森洋充
寸評
グループリーグ第1戦で対戦する予定だったサントスFC(ブラジル)がチーム事情により不参加。FC東京初戦の相手はブラジルの名門コリンチャンスとの対戦となった。試合は開始早々の4分、守りの一瞬のスキをつかれ、コリンチャンスに先制点を許す。その後も高い個人技と独特のリズムに攻め込まれるFC東京だったが、GK田端を中心に粘りの守りを見せる。次第にFC東京もチャンスをつかみ始め、決定機を作るものの、相手GKに阻まれ得点を奪うことが出来ない。前半終了間際の44分には1点を追加され、前半を0-2とリードされて折り返す。後半に入ると攻撃的な選手を投入し反撃に転ずるが、なかなか得点を奪うことができない。逆に76分にもコリンチャンスに追加点を奪われリードを広げられる。試合は結局0-3で終了。初戦を勝利で飾る事はできなかった。

<同グループリーグ試合結果>
レアル・マドリード(スペイン)1-2FCポルト(ポルトガル)
次試合
2005 ドン・キホーテチャンピオンシップ(スペイン)グループリーグ第2戦8/16(火)vsレアル・マドリード(スペイン)@DAIMEL
8/3(水)  JヴィレッジPitch3 (キックオフ 10:30 )
adidas CUP2005 第29回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会決勝トーナメント準々決勝

[ 1 - 2 ] 横浜F・マリノス

FC東京得点者
金森洋充(42分)
FC東京出場選手
GK 1,権田修一→16,田端信成(65分)
DF 33,椋原健太、5,田中達樹、3伊藤龍、6,森村昂太
MF 8,村田翔、13,城間由太→31,井澤惇(80分)、17,中野遼太郎、10,永露大輔、28,大竹洋平→常盤聡(41分)
FW 26,金森洋充→11,樋口亮(66分)
寸評
決勝トーナメント準々決勝の相手は、6月に行われた関東予選で1-2と惜敗している横浜F・マリノス。FC東京が持つ本来の実力を発揮し、準決勝進出を果たしたい。
試合は序盤から、FC東京が押し気味に試合を進め、FW金森、MF永露らを中心に積極的に攻撃を仕掛けるものの、得点には至らない。迎えた31分、横浜F・マリノスの右コーナーキックが左に流れたところを再び中央に折り返され、FC東京DF陣が一瞬立ち止まった隙にシュートを放たれ、先制点を許してしまう。しかし、FC東京は42分に永露からの浮き球のスルーパスに金森が相手DFをうまくブロックしながら、技ありのゴールを決めて1-1の同点に追いつく。後半に入ると一進一退の攻防が続く中、58分、横浜F・マリノスMFにミドルレンジからシュートを決められ1-2とリードを許す。その後は、チーム一体となって攻め込むものの追いつく事ができず、試合は結局、1-2のまま終了。FC東京は決勝トーナメント 準々決勝で惜しくも敗退。全国の強豪クラブが集まる大会を通じ、準々決勝の壁を破れなかった事が今後の課題として残るが、選手たちには得られたものも多いはずだ。最後に遠くまで足を運んでくださったファンの皆様には、熱いご声援をいただきまして誠にありがとうございました。
次試合

その他の対戦結果、組み合わせ表についてはこちらをご覧下さい。
8/2(火)  JヴィレッジPitch2 (キックオフ 13:00 )
adidas CUP2005 第29回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会グループリーグ第3日

[ 2 - 2 ] ジュビロ磐田

FC東京得点者
樋口亮(76分)、伊藤龍(79分)
FC東京出場選手
GK 1,権田修一
DF 22,恩田亮輔→33,椋原健太(33分)、5,田中達樹、3,伊藤龍、6,森村昂太
MF 8,村田翔、13,城間由太、17,中野遼太郎、28,大竹洋平→9,常盤聡(46分)
FW 10,永露大輔→11,樋口亮(54分)、26,金森洋充
寸評
グループリーグ第3戦の相手は、昨年度同大会準優勝の強豪ジュビロ磐田。ここまでFC東京はFCみやぎ、湘南ベルマーレを下し、2連勝で首位をキープ。今日の試合もきっちりと勝利を収め3連勝で決勝トーナメントに進出したいところだ。試合序盤から得点のチャンスを作るものの、ゴールを奪う事ができないFC東京は10分、ジュビロ磐田MFに2列目から飛び出され先制点を許す。16分にも、ジュビロ磐田にゴールを許し0-2。その後は、MF大竹、FW金森らが決定機にゴールを奪う事ができず、前半を0-2とリードされて折り返す。しかし、後半に入ると途中交代出場のFW樋口、常盤らを中心に反撃に転じる。迎えた76分、MF村田の右コーナーキックから樋口が頭で決め1-2。さらに79分にはDF伊藤が左コーナーキックからごぼれたところを右足で決め2-2。この後も、勝ち越しを狙い果敢にジュビロ磐田ゴールに迫るものの追加点をあげる事はできず、結局2-2の引き分けで試合は終了。この結果、FC東京はグループリーグを2勝1分1位で決勝トーナメントへの進出が決定した。準々決勝では同大会関東予選で1ー2と敗れている横浜F・マリノスとの対戦となる。普段通りの実力を発揮し、準決勝進出を果たしたい。
【同大会決勝トーナメント準々決勝日程】
<8/3(水)>
10:30~/FC東京vs横浜F・マリノス/JヴィレッジPicth3
10:30~/ガンバ大阪vs名古屋グランパスエイト/JヴィレッジPicth5
※FC東京勝利の場合、上記「ガンバ大阪vs名古屋グランパスエイト」の勝者と対戦。
13:30~/浦和レッズvs大宮アルディージャ/JヴィレッジPicth3
13:30~/ヴェルディvs清水エスパルス/JヴィレッジPicth5
次試合
※この結果、FC東京U-18はグループリーグ1位で決勝トーナメント進出決定。/adidas CUP2005 第29回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会決勝トーナメント準々決勝8/3(水)10:30キックオフvs横浜F・マリノス@JヴィレッジPicth3
その他の対戦結果、組み合わせ表についてはこちらをご覧下さい。
7/31(日)  JヴィレッジPicth1 (キックオフ 15:00 )
adidas CUP2005 第29回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会グループリーグ第2日

[ 2 - 0 ] 湘南ベルマーレ

FC東京得点者
金森洋充(28分)、村田翔(65分)
FC東京出場選手
GK 1,権田修一
DF 22,恩田亮輔→14,小川俊平(78分)、5,田中達樹、3,伊藤龍、6,森村昂太
MF 8,村田翔、13,城間由太、17,中野遼太郎、28,大竹洋平→9,常盤聡(65分)
FW 10,永露大輔→11,樋口亮(69分)、26,金森洋充→31,井澤惇(81分)
寸評
グループリーグ第2戦の相手は同じ関東地区から出場の湘南ベルマーレ。1位通過で決勝トーナメントに出場するためには、今日の1戦も確実に勝利を収めたいところ。
試合序盤からMF村田、DF伊藤らを中心に気持ちを込めて戦うFC東京は果敢に攻め込むものの得点を奪うことができず、迎えた28分、MF大竹とDF森村のコンビネーションで左サイドを崩し、大竹のクロスからFW金森が頭であわせ鮮やかな先制ゴールを奪う。その後も攻め込むもののなかなか追加点を奪うことができなかったFC東京は65分、ゴールほぼ中央付近から村田がフリーキックを直接決め2-0。結局このまま2-0で勝利を収めた。
この後は明日が休息日となり、8/2(火)グループリーグ第3戦は昨年度、同大会準優勝のジュビロ磐田との対戦となる。決勝トーナメント進出に向け、第3戦も気持ちを込めて試合に臨みたい。
次試合
adidas CUP2005 第29回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会グループリーグ第3日8/2(火)13:00キックオフvsジュビロ磐田@JヴィレッジPicth2
その他の対戦結果、組み合わせ表についてはこちらをご覧下さい。
7/30(土)  JヴィレッジPicth5 (キックオフ 10:30 )
adidas CUP2005 第29回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会グループリーグ第1日

[ 4 - 0 ] FCみやぎ

FC東京得点者
永露大輔(20分)、金森洋充(44分)、永露大輔(51分)、村田翔(80分)
FC東京出場選手
GK 1,権田修一
DF 22,恩田亮輔→23,蓮見和也(73分)、5,田中達樹、3,伊藤龍、6,森村昂太→14,小川俊平(80分)
MF 8,村田翔、13,城間由太、17,中野遼太郎、28,大竹洋平→9,常盤聡(52分)
FW 10,永露大輔、26,金森洋充→11,樋口亮(79分)
寸評
グループリーグの初戦はJリーグのクラブにも引けをとらない実力を持つ東北の第1代表、FCみやぎとの対戦となった。MF陣にテクニシャンを揃え攻撃的なサッカーを展開するチームである。中盤での攻防がこの試合の
キーポイントとなる。
序盤から試合のペースを握るFC東京は20分、右サイドからFW永露が抜け出しキーパーと1対1に、このチャンスに落ち着いてゴールを決め先制。
前半終了間際の44分には、FW金森が振り向きざまに強烈なシュートを放ち2点目。
後半に入っても、攻撃の手を緩めないFC東京は、51分に永露がこの日2点目となるゴールを決め3-0。さらに80分にはMF村田が右サイドから切れ込み左足でゴールを決め4-0。
試合はこのまま4-0でFC東京の勝利。決定機にきっちりゴールを奪えた事が勝利につながった。
明日は同じ、関東地区から出場の湘南ベルマーレ。1戦1戦を大切に戦い、まずはグループリーグを突破したい。
次試合
adidas CUP2005 第29回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会グループリーグ第2日 7/31(日)15:00キックオフvs湘南ベルマーレ@JヴィレッジPicth1
その他の対戦結果、組み合わせ表についてはこちらをご覧下さい。
7/18(月)  アミノバイタルフィールド (キックオフ 15:00 )
TFA T1リーグU-18 2005第9節

[ 3 - 0 ] 都立久留米高校

FC東京得点者
森村昂太(57分)、常盤聡(73分)、常盤聡(86分)
FC東京出場選手
GK 16,田端信成
DF 22,恩田亮介→2,稲葉基輝(66分)、3,伊藤龍、5,田中達樹、6,森村昂太→23,蓮見和也(82分)
MF 8,村田翔、17中野遼太郎→35宮阪政樹(77分)、31,井澤惇→13,城間由太(45分)、28,大竹洋平
FW 10,永露大輔、26,金森洋充→9,常盤聡(69分)
寸評
前節、三菱養和ユースに4-1と快勝し、首位に返り咲いたFC東京。しかしながら、現在リーグ戦は都立駒場、三菱養和ユースが勝ち点1差づつで続く熾烈な上位争いを展開。現在、7位の都立久留米には得失点差を意識し、大量得点での勝利を期待したいところ。
前半から都立久留米を圧倒するFC東京だったが、決定機を決められず、0-0で前半を折り返す。
しかし、後半に入ると前節、初スタメンで1年生ながら大車輪の活躍をみせたMF井澤に代えトップ下に城間を投入。試合の流れが変わった。相手のファールが増え、51分には都立久留米に退場者が出て、FC東京が試合のペースを完全に握る。さらに恩田、森村の両サイドバックが積極的にスペースに飛び出し、攻撃に厚みが増す。先制点は57分。MF中野が相手DF陣の裏をつく
スルーパス。左サイドの森村が飛び出し、技ありのゴールを決め1-0。69分にFW金森に代わり投入された常盤が73分、86分と2トップを組む永露のアシストで2ゴールを奪い、結局3-0で勝利。完全に引いて守る相手に対し、苦しみながらも勝利をあげた。今日の試合は前節活躍した村田、永露らが決定機を決めていれば、
もう少し楽な試合展開になったはずだ。今後の反省材料として課題が残った。
ここで、Tリーグは1ヶ月間中断となる。日本クラブユース選手権大会を経て、残り2節を確実に勝利し、自力優勝でプリンスリーグへの出場権を得たい。
次試合
同大会第10節8/25(木)17:00キックオフvs東海大菅生高校@東京学芸大学総合グランド
その他の対戦結果、組み合わせ表についてはこちらをご覧下さい。
7/16(土)  アミノバイタルフィールド (キックオフ 15:00 )
TFA T1リーグU-18 2005第8節

[ 4 - 1 ] 三菱養和ユース

FC東京得点者
大竹洋平(17分)、金森洋充(29分)、村田翔(36分)、永露大輔(37分)
FC東京出場選手
GK 16,田端信成
DF 22,恩田亮輔、3,伊藤龍、5,田中達樹、6,森村昂太→7,金宏栄(83分)
MF 8,村田翔、17,中野遼太郎、31井澤惇→35宮阪政樹(75分)、28,大竹洋平→14,小川俊平(89分)
FW 10,永露大輔→常盤聡(64分)、26金森洋充→23,蓮見和也(78分)
寸評
前節、国士館高校を相手に1-1の引き分けに終わり、順位を1つ下げ現在2位につけるFC東京。今日の相手は4月中旬に行われた日本クラブユース選手権関東予選で、0-4と敗れた三菱養和ユース。春の雪辱を果たし、更に首位の座を奪い返すためにも重要な1戦となった。前半から気迫のこもったプレーで押し気味に試合を進めるFC東京はMF村田、大竹、FW永露らを中心に積極的にゴールを狙う。前半17分、FC東京はDF恩田が右サイドで永露とのワンツーからチャンスをつくりクロス。中央で待ち受けた大竹が頭で合わせ鮮やかな先制点を奪った。続く29分、今度はMF井澤からのパスを中央で受けたFW金森が素早く反転しシュート。ゴールが決まり2点目。更に攻撃の手をゆるめないFC東京は、DF伊藤がヘディングでクリアしたボールに村田が抜け出しゴール。37分には、金森が右サイドをドリブルで切り崩し、ゴール前の永露へ。冷静に永露が決めて4-0とリードし後半へ折り返した。
前半に積極的に攻めた分、後半に入ると運動量の落ちたFC東京だったが、DF陣が粘り強く対応し、終了間際87分の失点を許すに留めた。結局、試合は4-1でFC東京が勝利。次節は都立久留米高校との対戦となる。残り3試合、1戦も落とさずに優勝を決めたい。
次試合
同大会第9節 7/18(月)15:00キックオフvs都立久留米高校@アミノバイタルフィールド
その他の対戦結果、組み合わせ表についてはこちらをご覧下さい。
7/10(日)  アミノバイタルフィールド (キックオフ 15:00 )
TFA T1リーグU-18 2005第7節

[ 1 - 1 ] 国士舘高校

FC東京得点者
永露大輔(51分)
FC東京出場選手
GK 16,田端信成
DF 22,恩田亮輔→14,小川俊平(80分)、5,田中達樹、3,伊藤龍、6,森村昂太
MF 2,稲葉基輝→8,村田翔(70分)、23,蓮見和也→35,宮阪政樹(45分)→11,樋口亮(80分)、17,中野遼太郎、28,大竹洋平
FW 10,永露大輔、26,金森洋充→9,常盤聡(45分)
寸評
T1リーグ首位のFC東京はアミノバイタルフィールドで現在7位の国士舘高校と対戦。強い日差しが照りつける厳しいコンディションの中、試合が行われた。この時点で2位三菱養和ユースに勝ち点1差と迫られているだけに、国士館高校にもしっかり勝って次節、三菱養和ユース戦に弾みをつけたいところだ。
試合は序盤から一進一退の攻防が続き、両チームともゴールを割る事ができない。
FC東京はMF中野、大竹、FW永露らを中心に果敢に相手陣内に攻め込むが得点を奪えず、前半を0-0で折り返した。
後半に入り、更に攻め込むFC東京は51分、右サイドを抜け出した中野のクロスに永露が頭で合わせ鮮やかな先制点を奪った。その後も後半から途中出場のFW常盤や大竹の攻撃から相手ゴールに迫るも得点を奪う事はできない。迎えた69分、国士館FWに同点ゴールを奪われ1-1。
その後も一進一退の激しい攻防が続くが得点を奪う事ができず、1-1の引き分けに終わった。次節は三菱養和との大事な一戦だけに必ず勝利を収めたい。
次試合
同大会第8節7/16(土)15:00キックオフvs三菱養和ユース@アミノバイタルフィールド
7/3(日)  アミノバイタルフィールド (キックオフ 15:00 )
TFA T1リーグU-18 2005第6節

[ 2 - 2 ] 都立駒場高校

備考 FC東京得点者:森村(39分)金森(44分)<次試合>同大会第7節 7/10(日)15:00キックオフvs国士舘高校@アミノバイタルフィールド
6/26(日)  那須スポーツパーク(B面) (キックオフ 12:45 )
平成17年度 第29回日本クラフ゛ユースサッカー選手権(U-18)大会関東大会5~6位決定戦

[ 2 - 2 ] 浦和レッズユース

備考 PK戦の末、4-5で敗れました。FC東京得点者:村田(36分)村田(68分)※この結果、FC東京U-18は同大会関東大会を6位で終えました。全国大会の詳細は決まり次第お知らせします。
6/25(土)  栃木県那須スポーツパーク(A面) (キックオフ 12:45 )
平成17年度 第29回日本クラフ゛ユースサッカー選手権(U-18)大会関東大会5~8位決定戦

[ 4 - 0 ] ジェフユナイテッド千葉ユース

備考 FC東京得点者:永露(16分)森村(17分)森村(62分)蓮見(81分)<次試合>同大会5~6位決定戦6/26(日)12:45キックオフvs浦和レッズユース@栃木県那須スポーツパーク(B面)
6/18(土)  三ツ沢陸上競技場 (キックオフ 18:00 )
平成17年度 日本クラブユースU-18選手権大会 関東2次リーグ第5節

[ 1 - 2 ] 横浜F・マリノスユース

備考 FC東京得点者:金森(69分)<次試合>同大会5~8位順位決定トーナメント 6/25(土)キックオフ時間未定vsジェフユナイテッド千葉ユース@栃木県那須スポーツパーク
6/12(日)  大宮サッカー場 (キックオフ 14:00 )
平成17年度 日本クラブユースU-18選手権大会 関東2次リーグ第4節

[ 3 - 2 ] 大宮アルディージャユース

備考 FC東京得点者:金森(9分)村田(64分)永露(70分)※この結果FC東京U-18はグループ2位以上が確定し、同大会全国大会出場決定です。<次試合>同大会予選リーグ第5節6/18(土)18:00キックオフvs横浜F・マリノスユース@三ツ沢陸上競技場
5/28(土)  早稲田大学人工芝グランド (キックオフ 17:00 )
平成17年度 日本クラブユースU-18選手権大会 関東2次リーグ第2節

[ 13 - 0 ] ヴァンフォーレ甲府ユース

備考 FC東京得点者:伊藤(3分)常盤(39分)村田(44分)OG(47分)稲葉(61分)樋口(62分)永露(65分)中野(69分)永露(74分)村田(75分)常盤(80分)永露(83分)樋口(85分)<次試合>同大会第4節6/12(日)14:00キックオフvs大宮アルディージャ@大宮サッカー場※5チームによるリーグ戦のため、第3節のFC東京Uー18の試合はございません。
5/21(土)  東京学芸大学グランド (キックオフ 16:30 )
平成17年度 日本クラブユースサッカー選手権大会 関東2次リーグ第1節

[ 11 - 0 ] 横浜FCユース

備考 FC東京得点者:金森(4分)稲葉(10分)金森(11分)常盤(21分)常盤(23分)稲葉(31分)中野(32分)金森(40分)永露(55分)宮阪(67分)永露(80分)<次試合>同大会関東2次リーグ第2節5/28(土)17:00キックオフvsヴァンフォーレ甲府ユース@早稲田大学人工芝グランド
5/14(土)  東京学芸大学グランド (キックオフ 17:30 )
TFA T1リーグU-18 2005第5節

[ 5 - 1 ] 修徳高校

備考 FC東京得点者:樋口(41分)伊藤(52分)常盤(53分)宮阪(56分)森村(78分)<次試合>同大会第6節 7/3(日)15:00キックオフvs都立駒場高校@アミノバイタルフィールド
5/8(日)  早稲田大学人工芝グランド (キックオフ 17:00 )
平成17年度日本クラブユースサッカー選手権大会関東1次リーグ第5節

[ 1 - 4 ] 柏レイソルユース

備考 FC東京得点者:宮阪(37分)※同大会2次リーグ試合日程につきましては決まり次第お知らせします。
5/5(木)  アミノバイタルフィールド (キックオフ 15:00 )
TFA T1リーグU-18 2005第4節

[ 3 - 2 ] 駒澤大学高校

備考 FC東京得点者:中野(36分)金森(39分)中野(70分)<次試合>同大会第5節 5月14日(土)17:30キックオフvs修徳高校@東京学芸大学グランド
5/1(日)  早稲田大学人工芝グランド (キックオフ 17:00 )
平成17年度日本クラブユースサッカー選手権大会関東1次リーグ第4節

[ 2 - 1 ] 川崎フロンターレユース

備考 FC東京得点者:村田(75分)永露(82分)<次試合>同大会第5節 5/8(日)17:00キックオフvs柏レイソルユース@早稲田大学人工芝グランド
4/27(水)  駒沢第2球技場 (キックオフ 18:00 )
TFA T1リーグU-18 2005第3節

[ 5 - 2 ] 堀越学園高校

備考 FC東京得点者:樋口(6分)宮阪(26分)金森(70分)村田(75分)樋口(89分)<次試合>同大会第4節 5/5(木)14:00キックオフvs駒澤大学高校@アミノバイタルフィールド
4/23(土)  早稲田大学人工芝グランド (キックオフ 18:00 )
平成17年度 日本クラブユースサッカー選手権大会 関東1次リーグ第3節

[ 3 - 0 ] 大宮アルディージャユース

備考 FC東京得点者:金森(38分)宮阪(43分)常盤(68分)<次試合>同大会第4節 5/1(日)18:00キックオフvs川崎フロンターレユース@早稲田大学人工芝グランド
4/16(土)  三菱養和巣鴨グランド (キックオフ 17:30 )
平成17年度 日本クラブユースサッカー選手権大会 関東1次リーグ第2節

[ 0 - 4 ] 三菱養和ユース

備考 <次試合>同大会第3節 4/23(土)17:30キックオフvs大宮アルディージャユース@早稲田大学人工芝グランド
4/13(水)  駒沢第2球技場 (キックオフ 18:00 )
TFA T1リーグU-18 2005第2節

[ 5 - 0 ] 国学院久我山高校

備考 FC東京得点者:城間(9分)森村(26分)樋口(42分)樋口(68分)常盤(83分) <次試合>同大会第3節 4/27(水)18:00キックオフvs堀越学園高校@駒沢第2球技場
4/9(土)  深川グランド (キックオフ 18:30 )
平成17年度 日本クラブユースサッカー選手権大会 関東1次リーグ第1節

[ 9 - 0 ] ヴェルディ相模原ユース

備考 FC東京得点者:中野(25分)樋口(30分)森村(50分)稲葉(55分)常盤(59分)稲葉(63分)稲葉(72分)常盤(77分)樋口(89分)<次試合>同大会第2節 4/16(土)17:30キックオフvs三菱養和@三菱養和巣鴨グランド
4/6(水)  駒沢第2球技場 (キックオフ 18:00 )
TFA T1リーグU-18 2005第1節

[ 5 - 0 ] 暁星高校

備考 FC東京得点者:樋口(13分)永露(13分)宮阪(25分)樋口(39分)稲葉(75分)<次試合>同大会第2節 4/13(水)18:00キックオフvs国学院久我山高校@駒沢第2球技場
2/19(土)  ヴェルディグランド (キックオフ 13:00 )
第6回東京都クラブユースサッカーU-17選手権大会決勝トーナメント決勝

[ 0 - 0 ] ヴェルディユース

備考 ※延長戦でも決着がつかずPK戦の末、3-5で敗れました。この結果、FC東京U-18は同大会を準優勝で終えました。
2/12(土)  ヴェルディグランド (キックオフ 13:00 )
第6回東京都クラフ゛ユースU-17サッカー選手権大会決勝トーナメント準決勝

[ 5 - 1 ] 三菱養和

備考 FC東京得点者:村田(2分)伊藤(7分)村田(40分)樋口(51分)樋口(65分)<次試合>同大会決勝トーナメント決勝 2/19(土)13:00キックオフvsヴェルディユース@ヴェルディグランド
2/6(日)  深川グランド (キックオフ 13:30 )
第6回東京都クラフ゛ユースU-17サッカー選手権大会決勝トーナメント準々決勝

[ 12 - 0 ] FC町田

備考 FC東京得点者:永露(7分)樋口(15分)永露(25分)常盤(35分)伊藤(38分)樋口(53分)城間(55分)常盤(61分)金森(63分)常盤(70分)金森(79分)中野(89分)<次試合>同大会準決勝2/12(土)13:00キックオフvs三菱養和@ヴェルディグランド
1/29(土)  深川グランド (キックオフ 18:00 )
第6回東京都クラフ゛ユースU-17サッカー選手権大会1次リーク゛第3戦

[ 13 - 0 ] FC駒沢

備考 FC東京得点者:頼金(1分)頼金(3分)常盤(24分)常盤(26分)村田(35分)常盤(43分)永露(46分)佐伯(49分)永露(55分)中野(57分)森村(66分)村田(75分)村田(84分)※この結果、Cグループ1位で決勝トーナメント進出です。<次試合>同大会決勝トーナメント準々決勝 2/6(日)13:30キックオフvsFC町田@深川グランド/その他のチームの対戦日程はユースヘッドラインでご確認下さい。
1/22(土)  深川グランド (キックオフ 18:00 )
第6回東京都クラフ゛ユースU-17サッカー選手権大会1次リーク゛第2戦

[ 3 - 2 ] FCトリプレッタ

備考 FC東京得点者:森村(33分)森村(43分)永露(87分)<次試合>同大会1次リーグ第3戦1/29(土)18:00キックオフvsFC駒沢@深川グランド
1/15(土)  深川グランド (キックオフ 18:00 )
第6回東京都クラブユースU-17サッカー選手権大会1次リーグ第1戦

[ 8 - 2 ] カリオカFC足立

備考 FC東京得点者:村田(3分)常盤(10分)常盤(20分)永露(36分)永露(42分)村田(43分)頼金(70分)永露(89分)<次試合>同大会1次リーグ第2戦 1/22(土)18:00キックオフvsFCトリプレッタ@深川グランド


  • NEWS
  • 選手・スタッフ
  • チケット・観戦
  • 試合日程
  • 試合結果
  • 記録・データ
  • U-18 U-15 試合結果
  • トレーニングスケジュール
  • ファンゾーン
  • ホームタウン活動
  • スクールご紹介
  • スクールへの入会
  • バレーボール
  • クラブ情報
東京ドロンパ このページの先頭に戻る
F.C.TOKYO Copyright Tokyo Football Club Co.,Ltd. All Rights Reserved. 個人情報について