Englishご意見箱
11.26 13:00 KICK OFF
明治安田生命J1 第33節
VS サンフレッチェ広島
エディオンスタジアム広島
U23
明治安田生命J1 第32節
11.18 14:00 KICK OFF
2 1
ベストアメニティスタジアム

終了間際に1点を返すも、同点には至らず競り負ける。

公式ケータイサイト
青赤日記 バレーボール
試合・練習A GAME AND PRACTICE

2017年U-15むさし 試合結果

7/2(日) NTT図南スーパー グランド(キックオフ 14:00)
第32回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会・関東予選 敗者トーナメント1戦目

[ 1 - 1 ] 三菱養和SC巣鴨ジュニアユース

FC東京得点者
PK(5-3)
9栗原祥太(31分)
FC東京出場選手
GK 1桃井玲
DF 2渡邉夏伊 6大森理生、4古屋颯眞、37宮下菖悟
MF 21谷村峻→19煙山拓(74分)、10上田浩大、5小林慶太、14栗原俊真→17長谷川大翔(88分)
FW 9栗原祥太、7梅原翔琉→26大迫蒼人(51分)
寸評
[リザーブ]
GK:16伊藤凜聖
DF:3渡邉航平、18上田晃太郎
MF:13渡邉颯磨
FW:11須藤和希


〇試合レポート
第32回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会・関東予選 敗者トーナメント1戦目の相手は三菱養和巣鴨ジュニアユース。
全国大会に出場するためには勝利が必要となる。

【前半】
キックオフ早々、左サイドを渡邉夏伊が縦に抜け出すと、ファーサイドに入り込んだ栗原俊真へクロスを入れるも、わずかに合わない。
巣鴨も直後にロングボールをむさしDFラインの裏に送る。これがGK桃井と一対一になるも、落ち着いた対応で身体に当てる。
13、16分にはパスワークからチャンスを作ると20分、栗原俊真が倒されて得たFKを上田浩大がゴール前に送ると、大森が高い打点でヘディングシュート。
チャンスを作るも決めきれずにいたむさしは31分、左サイドに展開すると栗原祥太がカットインからシュートを狙う。
このシュートがそのままGKの頭上を越えサイドネットを揺らし先制点を奪う。
巣鴨もロングボールのこぼれ球を回収し、サイドからむさしゴールに向かってくる。
終盤にはヒヤリとするシーンも作られたが1-0で前半を終了した。

【後半】
お互いギアを上げスピーディーな攻守の入れ替わりの激しい展開になる。
45分、谷村のサイドチェンジから栗原俊真のドリブルシュートはDFにブロックされる。
反対にヒヤリとさせられたのが51分、相手のCKかをどんぴしゃりとヘディングで合わされるも枠を捉えず。決定機を与えたが救われる。
直後の53分、上田浩大のFKを相手GKが弾くと、小林が押し込もうとするが相手GKが身体を張って守り、決定的なチャンスを防がれる。
54分、むさしGKの桃井も好守を見せる。相手FKを一度はクリアするが、こぼれ球が相手の前にいくも素早い反応でゴールを許さない。
お互いに譲らない攻防が続くなか58分、中央に蹴られたロングボールをDFがクリアするも、相手の前にこぼれる。
これを相手に拾われ、シュートがネットを揺らし同点に追いつかれてしまう。
その後、ボールを動かし相手ゴールに仕掛けたむさしだったが相手の必死の守備に阻まれ試合終了。
延長戦に入る。

【延長】
延長戦に入ると巣鴨はシステムを変更しゴール前を固めてくる。
これをこじ開けようと、相手守備陣の隙を伺うが、巣鴨もカウンターを狙っておりなかなか決定的なシーンが作れない。
こう着状態のまま、延長戦も終わりPK戦へ。

巣鴨4人目が外したのに対し、むさしは5人全員がネットを揺らし全国大会への切符を勝ち取った。


本日もFC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
引き続き温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。
次試合
この試合結果により、第32回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会への出場が決定致しました。


  • NEWS
  • 選手・スタッフ
  • チケット・観戦
  • 試合日程
  • 試合結果
  • 記録・データ
  • U-18 U-15 試合結果
  • トレーニングスケジュール
  • ファンゾーン
  • ホームタウン活動
  • スクールご紹介
  • スクールへの入会
  • バレーボール
  • クラブ情報
東京ドロンパ このページの先頭に戻る
F.C.TOKYO Copyright Tokyo Football Club Co.,Ltd. All Rights Reserved. 個人情報について