Englishご意見箱
11.26 13:00 KICK OFF
明治安田生命J1 第33節
VS サンフレッチェ広島
エディオンスタジアム広島
U23 公式ケータイサイト
青赤日記 バレーボール
試合・練習A GAME AND PRACTICE

2017年U-15むさし 試合結果

5/21(日) 施設の都合上、掲載できません(キックオフ 14:00)
2017年度関東ユース(U-15)サッカーリーグ2部第12節

[ 3 - 0 ] クマガヤSCジュニアユース

FC東京得点者
19煙山拓(54・81分)、10上田浩大(74分)
FC東京出場選手
GK 16伊藤凜聖
DF 3渡邊航平、4古屋颯眞、6大森理生、2渡邊夏伊
MF 19煙山拓→17長谷川大翔(80+1分)、5小林慶太、10上田浩大、14栗原俊真→21谷村峻(HT)
FW 9栗原祥太、12渡部颯太→26大迫蒼人(75分)
寸評
[リザーブ]
GK:25鴨下颯人
DF:18上田晃太郎、37宮下菖悟
MF:7梅原翔琉、13渡邊風磨、
FW:11須藤和希


〇試合レポート
関東ユース(U-15)サッカーリーグ2部第12節。
現在4連勝中でリーグ1位と波に乗るむさし。
今節の相手は2位のクマガヤSCジュニアユース。
絶対に負けられない首位攻防戦はむさしボールでキックオフした。

【前半】
立ち上がりから激しい守備で主導権を奪い合う展開からスタートする。
クマガヤのロングボール中心の攻撃にも守備陣が奮闘すると、これに答えるようにリズムを作り始める。
14分、栗原(俊)、上田(浩)で中央突破を皮切りに、18分には渡邊(夏)が左サイドを打開し中央の小林に送ると、思い切りの良くミドルを放つも枠の外。
26分には上田(浩)が前線でボールを奪い、煙山が受けるとそのままミドルシュートもわずかに枠の外。
クマガヤの反撃を受けたのは30分、フィジカルを活かした攻撃にゴール前で混戦に。
しかしGK伊藤を中心としたむさし守備陣全員が身体を張ってシュートを打たせない。
37分にはFKからゴール前でヘディングされるも枠の外。
むさしも38分に栗原(祥)、40分には煙山がシュートを放つも相手GKに防がれる。
お互いに譲らず前半を0-0で折り返す。

【後半】
攻勢をより強めるべくむさしは栗原(俊)に代わって谷村を投入。
立ち上がりから積極的にゴールを目指すむさしは42分、右サイドを渡邊(航)、煙山、渡部とパスワークで打開。
渡部のクロスに谷村がヘディングで合わせるもわずかに枠の外。交代選手がチームに勢いをもたらす。
徐々にクマガヤゴールに迫るむさしは54分、セカンドボールを上田(浩)が拾うとゴール前の煙山へ。
相手守備陣の時間を止めるようなスルーパスに反応した煙山が落ち着いてシュートを決め先制する。
リードをしたむさしは守備陣も集中力を切らすことなく対応すると伊藤も安定したセーブでゴールは破らせない。
徐々にクマガヤの運動量が落ちると、むさしは更に攻撃のギアを上げる。
69分、渡部のスルーパスに抜け出した上田(浩)がGKと一対一を冷静に決めて2-0。
さらにアディショナルタイムの80+1分、ゴール前のこぼれ球を栗原(祥)から煙山へつなぐと迷わず右足を一振り。
3-0と突き放す。
最後まで諦めないクマガヤの攻撃を全員が集中力を切らさず対応すると試合終了。
首位攻防戦を3-0で勝利し、勝点3を積み上げた。


本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
引き続き、熱いご声援のほどよろしくお願いいたします。
次試合
2017年度関東ユース(U-15)サッカーリーグ2部第13節
6月4日(日)
16:00キックオフ
vs三菱養和SC調布ジュニアユース
会場/深川グランド


  • NEWS
  • 選手・スタッフ
  • チケット・観戦
  • 試合日程
  • 試合結果
  • 記録・データ
  • U-18 U-15 試合結果
  • トレーニングスケジュール
  • ファンゾーン
  • ホームタウン活動
  • スクールご紹介
  • スクールへの入会
  • バレーボール
  • クラブ情報
東京ドロンパ このページの先頭に戻る
F.C.TOKYO Copyright Tokyo Football Club Co.,Ltd. All Rights Reserved. 個人情報について