Englishご意見箱
11.26 13:00 KICK OFF
明治安田生命J1 第33節
VS サンフレッチェ広島
エディオンスタジアム広島
U23
明治安田生命J1 第32節
11.18 14:00 KICK OFF
2 1
ベストアメニティスタジアム

終了間際に1点を返すも、同点には至らず競り負ける。

公式ケータイサイト
青赤日記 バレーボール
試合・練習A GAME AND PRACTICE

2017年U-15むさし 試合結果

3/5(日) 熊谷スポーツ文化村くまぴあ(キックオフ 17:30)
2017年度関東ユース(U-15)サッカーリーグ2部第1節

[ 2 - 1 ] クマガヤSCジュニアユース

FC東京得点者
12渡部颯太(44分)、6大森理生(78分)
FC東京出場選手
GK 1桃井玲
DF 6大森理生、4古屋颯眞、3渡邊航平、2渡邊夏伊
MF 19煙山拓、5小林慶太、10上田浩大、14栗原俊真→9栗原祥太(HT)
FW 12渡部颯太、11須藤和希
寸評
[リザーブ]
GK:16伊藤凜聖
DF:17長谷川大翔、18上田晃太郎、37宮下菖悟、
MF:7梅原翔琉、8山崎優來、13渡邊風磨、15市川颯馬、21谷村峻
FW:


〇試合レポート
2017年度関東ユース(U-15)サッカーリーグ2部、第1節がいよいよ開幕。
初戦という緊張感のあるなか、試合はむさしボールでキックオフした。

【前半】
立ち上がりから、両チームゴールを目指すもお互い譲らず一進一退の攻防に。
風下の東京は相手のロングボールを中心とする攻勢に対して危なげない対応で、徐々にリズムを作り始める。
ファーストチャンスはむさし。
15分、GK桃井からボールを受けた古屋が、裏に抜け出した渡部にパスを一線。
相手GKと1対1のチャンスかと思いきやオフサイドの判定。
むさしは積極的にゴールに向かうも相手も譲らない。
両チーム通じてファーストシュートはクマガヤ。
25分、センターサークルからのFKをゴール前に放り込み、FWが頭で合わせるも桃井がしっかりキャッチ。
対する東京は、渡邊(航)から受けた渡邊(夏)が栗原(俊)へつなぐと、左サイドを突破しクロスを上げるも相手の堅い守備に阻まれる。
すると30分、セカンドボールに競り勝った小林が渡部につなぐ。これを渡部が前を向きシュートを放つも、相手GKの正面。
両チームとも守備陣が集中力を切らさずに試合が進み前半を0対0で折り返す。

【後半】
立ち上がりから積極的にゴールを目指すむさしは44分、中盤で受けた煙山が、須藤とのパスワークで左サイドを打開。
煙山のクロスを渡部がスライディングシュートでゴールに突き刺し待望の先制点を奪う。
しかしクマガヤもフィジカルを活かして反撃。
51分、相手のロングボールに桃井が果敢に飛び出すも、相手FWに先に触られるとボールはゴールへ向かうも枠の外。
相手のパワーを活かした攻撃にやや押し込まれるも、守備陣が集中を切らさない。
しかし66分、カウンターから右サイドを突破されクロスを上げられる。
そのボールを身体を投げ出し防ぐが無情にもハンドの判定。これで与えたPKを決められ1対1の同点に。
このまま同点で終わってしまうかのような雰囲気のなか、むさしの選手は最後まで諦めない。
78分、相手のファールで得たFKを上田(浩)がゴール前に送ると、相手GKと須藤が競りゴール前の混戦に。
最後はゴール前に詰めていた大森が魂で押し込み値千金の勝ち越しゴール。
勢いに乗るむさしは、その後もゴールを目指すもスコアは動かず試合終了。
関東リーグ2部初戦を2対1で勝利した。


本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
引き続き、熱いご声援のほどよろしくお願いいたします。
次試合
2017年度関東ユース(U-15)サッカーリーグ2部第2節
3月12日(日)
17:00キックオフ
vs三菱養和SC調布ジュニアユース
会場/三菱養和会調布グランド


  • NEWS
  • 選手・スタッフ
  • チケット・観戦
  • 試合日程
  • 試合結果
  • 記録・データ
  • U-18 U-15 試合結果
  • トレーニングスケジュール
  • ファンゾーン
  • ホームタウン活動
  • スクールご紹介
  • スクールへの入会
  • バレーボール
  • クラブ情報
東京ドロンパ このページの先頭に戻る
F.C.TOKYO Copyright Tokyo Football Club Co.,Ltd. All Rights Reserved. 個人情報について