Englishご意見箱
11.26 13:00 KICK OFF
明治安田生命J1 第33節
VS サンフレッチェ広島
エディオンスタジアム広島
U23
明治安田生命J1 第32節
11.18 14:00 KICK OFF
2 1
ベストアメニティスタジアム

終了間際に1点を返すも、同点には至らず競り負ける。

公式ケータイサイト
青赤日記 バレーボール
試合・練習A GAME AND PRACTICE

2016年U-15むさし 試合結果

9/24(土) 深川グランド(キックオフ 14:00)
2016年度関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部第20節

[ 3 - 3 ] FC東京U-15深川

FC東京得点者
11小林里駆(23分)、19須藤和希(25・80分)
FC東京出場選手
GK 16石井日陽
DF 6菅原彰吾、8森田慎吾、29古屋颯眞、15石井隼太
MF 14沼田航征、27小林慶太、9戸坂隼人、10横田峻希
FW 11小林里駆、19須藤和希
寸評
[リザーブ]
GK:1山田翔之介
DF:2鹿子島雅也、3熊谷武留
MF:4山下陽太郎、12茅野恵大、13宮下正太郎、28上田浩大
FW:17塚田悠太郎、18山本乾太

〇試合レポート
(今節のレポートは深川・むさし共通の内容となります)

関東リーグも残り4試合。今節はFC東京U-15深川とFC東京U-15むさしの直接対戦第二戦となる。
ホーム『深川グランド』でむさしを迎え撃つ深川は、前回の対戦で木村のゴールを守り切り1-0で勝利。今節も勝点3を積み上げ順位を1つでも上げたい。
対するむさしは前節の結果により2部リーグへの降格が決まってしまったものの、『最後まで全力で闘う』という京増監督の言葉の通りに最後まで闘い抜く。
小雨が降るなか、勝点3を積み上げたい両チームの熱い闘いは、14時に深川のキックオフで開始された。


【前半】
お互いの特長の出る入りとなった前半。
むさしはGKも含めたポゼッションスタイルでボールを動かし、相手の隙を伺う。
これに対して、深川は前線からのプレスと豊富な運動量を武器にむさしに自由を与えない。
むさしも深川のプレスをかわすべくロングボールも織り交ぜ、的を絞らせず、主導権争いが続く。
ファーストシュートはむさしの小林慶太が放つ。7分、森田のロングボールに前線で起点を作り、小林慶太に戻すとミドルで狙うが得点ならず。
深川も15分、左サイドからのクロスをむさしDFがクリアー。これを右サイドの安斎が拾い再びゴール前の宮田へ。
宮田のヘディングシュートは高橋がセーブ。
お互いに、攻守の入れ替わりの早い展開になるなかで17分、むさしが左サイドで戸坂がボールを受け、石井隼太がその外を周りクロスを入れる。
これを深川GK高橋がパンチングでクリアーすると、工藤が拾い左サイドからカウンターを深川がしかける。
工藤は佳史扶につなぎ、最後は中央の宮田がシュートを放つも、勢い弱くGK正面に。
徐々にセカンドボールや球際の争いで上回り始めたむさしは23分。
小林里駆が左からドリブルで仕掛けなかに入っていくと混戦からボールを拾いながら、最後は右足でネットを揺らし先制する。
これで勢いに乗ったむさしは25分、深川DFラインのビルドアップに連動したプレスをかけるとGK高橋までボールを戻す。
ここに須藤がプレスをかけ、フィードしようとしたボールを須藤がブロック。こぼれ球を須藤が拾うと冷静に決め0-2とリードを広げる。
30分にはこの試合最初のCKをむさしが奪うも、ニアで安斎がクリアー。深川は追加点を許さない。
すると36分、中盤サイドから工藤がクロスを入れると、そのままファーサイドネットに吸い込まれ1-2で前半を折り返す。

【後半】
立ち上がりから圧力を持ってゲームに入ったのは深川。
前線からの鋭いプレスと積極的なプレーで主導権を握る。
43分、左サイド深くで佳史扶がFKを得ると自ら左足でニアに送るも武井のシュートは石井日陽がブロック。
さらに48分、左CKを中央で木村が合わせこぼれ球を白鳥が狙うもDFがブロック。
これで得た右CKを中央で白鳥がヘディングで合わせ、深川が同点に追いつく。
完全に流れを掴んだ深川は佳史扶が50分には左サイドからクロスで。
続く51分には右サイドに流れボールを受けるとカットインからシュートを放つなどゴールに迫り続けると53分に逆転ゴールを奪う。
セットプレーの流れから前に残っていた木村が右サイドでボールを持つと、左サイドの佳史扶にミドルパスを通す。
これを佳史扶が中央の白鳥にクロスを合わせると、ヘディングでネットを揺らす。
両チームのメンバー外選手が大きな声で声援を送り、ピッチで闘う選手たちの背中を力強くサポート。
むさしもカウンターでチャンスを作る。58分、横田が中央をドリブルで駆け上がると、須藤へスルーパス。
飛び出してきた高橋より先に須藤がさわるもカバーに入った安斎がクリアー。
さらに65分、左サイドからグランダーのクロスを中央で小林里駆と須藤とつなぐもシュートは枠の上。
深川は70分、川野から三浦に交代し、白鳥を前線に配置し三浦は右SHのポジションに。
攻勢を強めるむさしは79分、横田がカウンターから中央を40mほどドリブルで持ち上がり、小林里駆へスルーパスを通すも防がれる。
諦めずに攻め続けるむさしは80分、右サイドで小林里駆・菅原とつなぎ、ゴール前中央に柔らかいアーリークロスを入れると、須藤がヘディングで飛び込み同点。
お互いに勝利への強い執念を見せた試合はこのまま終わり3-3の引き分けとなった。


本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
引き続き温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。
第20節のスタメン 小林里駆のゴールシーン 得点を喜ぶ 須藤が冷静に決める 執念のヘディングゴールを決めた須藤
第20節のスタメン 小林里駆のゴールシーン 得点を喜ぶ 須藤が冷静に決める 執念のヘディングゴールを決めた須藤
次試合
2016年度関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部第18節
10月1日(土)
17:30キックオフ
vs浦和レッドダイヤモンズジュニアユース
会場/施設の都合上掲載できません


  • NEWS
  • 選手・スタッフ
  • チケット・観戦
  • 試合日程
  • 試合結果
  • 記録・データ
  • U-18 U-15 試合結果
  • トレーニングスケジュール
  • ファンゾーン
  • ホームタウン活動
  • スクールご紹介
  • スクールへの入会
  • バレーボール
  • クラブ情報
東京ドロンパ このページの先頭に戻る
F.C.TOKYO Copyright Tokyo Football Club Co.,Ltd. All Rights Reserved. 個人情報について