Englishご意見箱
9.23 土祝 16:00 KICK OFF
明治安田生命J1 第27節
VS 柏レイソル
日立柏サッカー場
U23 公式ケータイサイト
青赤日記 バレーボール
試合・練習A GAME AND PRACTICE

2015年U-15むさし 試合結果

12/27(日) つくばアカデミーセンター(キックオフ 12:00)
2015年度関東ユース(U-13)サッカーリーグ1部第14節

[ 2 - 0 ] 鹿島アントラーズつくばジュニアユース

FC東京得点者
52,須藤 和希(40分)、55,栗原 祥太(45分)
FC東京出場選手
GK 40,桃井 玲
DF 44,渡邊 航平、54,上田 晃太郎、42,古屋 颯眞、45,大森 理生
MF 49,市川 颯馬→37,梅原 翔琉(55分)、38,小林 慶太、55,栗原 祥太、48,上田 浩大
FW 52,須藤 和希、50,煙山 拓
寸評
[リザーブ]
GK:41,伊藤 凜聖
DF:53,長谷川 大翔、39,渡邊 夏伊
MF:47,渡部 颯太、43,山崎 優來、51,栗原 俊真
FW:46,渡邊 風磨

※本大会は公式記録のみの掲載となります。
次試合
今節にて2015年度関東ユース(U-13)サッカーリーグ1部B全日程を終了し1位で終了しました。
FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
今後とも温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。
12/20(日) 茨城県立カシマサッカースタジアム(キックオフ 11:00)
第27回高円宮杯全日本ユース(U-15)サッカー選手権 2回戦

[ 1 - 2 ] アビスパ福岡U-15

FC東京得点者
36,久保 建英(68分)
FC東京出場選手
GK 16,萩原 颯都
DF 4,鈴木 智也、2,田中 彰真、13,竹浪 良威、3,山登 一弥→28,戸坂 隼人(79分)
MF 17,寺山 翼、8,中谷 太地、7,水多 海斗→9,長澤 壮竜(51分)、10,平川 怜、36,久保 建英
FW 11,今村 涼一
寸評
〔リザーブ]
GK:20,山田 翔之介
DF:5,天野 悠貴
MF:6,三浦 颯太、12,牛田 陸也、14,佐々木 大貴
FW:

○試合レポート
第27回高円宮杯全日本ユース(U-15)サッカー選手権2回戦は1回戦に続いて連戦となる。
試合前のミーティングで京増コーチは「昨日も言ったがチーム全員の力が必要。チームのために団結して戦おう」と、改めてチームの団結を強める。
そして「相手がどうであれ自分達のサッカーをしよう」と選手に声をかけた。

2回戦の相手はアビスパ福岡U-15。九州地方リーグを<14勝3分5敗59得点38失点>の3位。
昨日の1回戦では徳島ヴォルティスジュニアユースを延長戦の末4-3で破り2回戦へと進んできた。

むさしはいつも通り選手もリラックスした良い緊張感を保ちこの一戦に挑む。

会場は鹿島アントラーズのホームスタジアム、茨城県立カシマサッカースタジアム。
素晴らしい会場とピッチで準々決勝を目指す。


【前半】
東京のキックオフで始まった試合は久保が開始2分に右サイドから切れ込み左足でシュートを放ちチームに勢いを与えようとする。
しかし、試合の流れは福岡に。
福岡は全体をコンパクトに保ち、ボールを奪ってからシンプルに前線に選手に預け攻撃を仕掛けてくる。
むさしは守備陣がゴール前でしっかりと身体を張ってゴールを許さない。
13分頃になると試合も落ち着き、むさしがボールを保持し始める。
20分、平川と久保が細かくパスを繋ぎ、最後は水多がペナルティエリア内でドリブルを仕掛けシュートはGKがセーブ。
その後もむさしはボールを保持するも福岡守備陣がゴール前をしっかりと固め、なかなか決定的なチャンスを作れない。
時折、カウンターを受け個人で打開をしようと仕掛けてくる相手オフェンス陣に対して、むさし守備陣も粘り強く対応する。
すると、その守備陣の粘りに応えるようにオフェンス陣もゴールに迫る。
27分、今村が相手GKと1対1になるが相手GKの好守に阻まれる。
続く29分にも素早いリスタートで平川が鈴木に繋ぎ左サイドを突破。ファーサイドにクロスを入れると寺山が頭で合わせるも枠を捉えきれず。
終盤にも福岡にカウンターやセットプレーからゴール前に迫られる場面を作られるも、守備陣が集中力を切らさず対応し0-0で折り返す。

【ハーフタイム】
選手同士で相手選手の特徴の確認や攻守両面のポジショニングを修正。
「守備陣は厳しいかもしれないけどやるべきことをやり続けよう。攻撃に関しては、少し縦に急いでいるから横パスを上手く使うように。ここから体力的にもキツくなるかもしれないがリザーブの選手もいるからやり切ろう」と具体的な指示を出した京増コーチ。
両チームともに選手交代を行わず後半に向かう。

【後半】
後半最初のシュートを放ったのは開始直後の福岡。
しかし、そこからはむさしがボールを保持し相手に圧力をかける。
中谷・寺山・平川を中心にボールを回すむさし。
シュートまでなかなか持ち込めないものの、落ち着いて中央、左右両サイドから攻撃を仕掛ける。
64分、左サイドで起点を作り右サイドに繋いでいくと、サイドを駆け上がった山登がファーサイドの今村に合わせる。
徐々に相手のブロックをはがし始めた68分。均衡を破ったのは久保の左足。
右サイド高い位置で交代出場した長澤が相手からボールを奪う。
これを久保が拾いそのまま中に切れ込み左足を振り抜き先制に成功する。
しかし、74分ゴール正面でFKを与えると直接蹴り込まれ同点。
さらに76分にも右サイドからのFKをファーサイドで合されると、一度は萩原が好セーブをするもこぼれ球を押し込まれ逆転を許す。
むさしは山登から戸坂に交代し前線の枚数を増やしパワープレーに移る。
アディッショナルタイムは4分。
80+3分には左サイド深くでスローインから久保、平川と繋ぎゴール前にクロスを入れるも今村のヘディングは僅かに合わない。
最後までゴールを目指したが、このまま試合は終了。
むさしは2回戦で敗退となった。


【京増コーチコメント】
「内容はとても良いむさしらしいサッカーができた。選手は最後まで粘り強くやってくれた。ただ、最後のところが相手も粘り強かった。相手はかなり守備を固めていたが、引かれた相手をどう崩すかが課題。最後の精度が足らなかったが、むさしらしい攻撃的なサッカーを貫いてくれたことがよかった。(今年のチームはどんなチーム?)個性の強い選手が多い学年だった。非常に負けず嫌いが多く内容も結果も相手を上回ることを意識していた。そういった意味でもサッカーの楽しさを体現してくれた。(一年間応援して頂いた、ファン・サポーターのみなさまへ)上手くいかない時も、アウェーの遠方でも応援して頂き励みになり力になった。もっとみなさんに喜んでもらえるようにより良いチームを作れるように選手・スタッフで努力をしていきたい。」
福岡戦に挑んだスタメン 左サイドをアップダウンした鈴木 攻撃の中核を担った中谷・平川・久保 山登は右サイドで存在感を発揮した 久保の先制点の瞬間
福岡戦に挑んだスタメン 左サイドをアップダウンした鈴木 攻撃の中核を担った中谷・平川・久保 山登は右サイドで存在感を発揮した 久保の先制点の瞬間
次試合
本日の試合結果により第27回高円宮杯全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会は敗退となりました。
本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
今後とも温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。
12/19(土) 鹿島アントラーズクラブハウスグラウンド(キックオフ 11:00)
第27回高円宮杯全日本ユース(U-15)サッカー選手権 1回戦

[ 4 - 2 ] サンフレッチェ広島F.Cジュニアユース

FC東京得点者
36,久保 建英(16分)、11,今村 涼一(33・74分)、10,平川 怜(80+2分)
FC東京出場選手
GK 16,萩原 颯都
DF 4,鈴木 智也、2,田中 彰真、13,竹浪 良威、5,天野 悠貴
MF 17,寺山 翼、8,中谷 太地、9,長澤 壮竜→12,牛田 陸也(77分)、10,平川 怜、36,久保 建英→7,水多 海斗(77分)
FW 11,今村 涼一→28,戸坂 隼人(74分)
寸評
〔リザーブ]
GK:20,山田 翔之介
DF:3,山登 一弥
MF:6,三浦 颯太、14,佐々木 大貴
FW:

○試合レポート
今日から第27回高円宮杯全日本ユース(U-15)サッカー選手権が開催される。
昨年はFC東京U-15深川が優勝したが、今年は関東大会で敗退。
全国大会に出場すること自体が非常に狭き門。

FC東京むさしは関東リーグ2位という成績で今大会に挑む。
初戦の相手はサンフレッチェ広島F.Cジュニアユース。中国地方リーグを<17勝1分0敗108得点24失点>という圧倒的な成績を収め優勝している。

12月26日(土)に行われる天皇杯前哨戦でもあるこの1戦。

試合前のミーティングで京増コーチは「トーナメントを勝つためには全員の力が必要。先発メンバーだけじゃなくリザーブやこの遠征に帯同できなかった選手含め、全員が同じ方向を向かないといけない。それぞれが思う事はあると思うが、それは胸に閉まって目の前の試合に必ず勝とう」と、チームの団結を強調した。
そして「精神力を試される試合。弱い自分に打ち克ち、お互いに声を掛け合い助け合おう」と声をかけピッチに送り出した。

【前半】
広島のキックオフで開始した試合は序盤からお互いに主導権を握りにかかる。
お互いにボールを保持し、パスワークで攻撃を組み立てるチーム同士という事で中盤での攻防が目立つ。
時間が進むにつれ、むさしは運動量と持ち前のパスワークで広島を押し込み始める。
中央からは平川や今村が起点となり、左右両サイドからは天野と鈴木が高い位置でボールを受けゴールへと迫る。
非常にバランスよく相手の隙を突いて攻撃をしかける。
しかし、先制したのは広島。
13分にむさしDFラインの裏にボールを蹴り込むと、前に飛び出した萩原より先にコントロールされ、無人のゴールにループシュートを放たれ失点。
選手はお互いに「まだ大丈夫!落ち着いていこう!」と声を掛け合う。
すると直後の16分、ペナルティエリア外の中央やや右側で平川が倒されFKを獲得。
これを久保が左足で落ち着いてニア上に決めすぐさま同点に追いつく。
その後もむさしは細かいパスだけでなくロングパスも使い長短織り交ぜた、攻撃を繰り出す。
守備においても非常に攻守の切り替えが早いむさし。ボールを奪われるとすぐさまディフェンスに切り替え高い位置からプレスを掛ける。
今村のプレスにチーム全員が連動した非常に効果的な守備。
そんなアグレッシブな守備が得点に繋がったのが33分。
相手コートで積極的なプレスを繰り返していた平川がボールを奪うと今村にボールを預ける。
今村は相手DFと競り合いながらペナルティエリアに進入すると、右足で相手GKの位置をよく見たチップキック。
相手GKの頭上を射抜く技ありのゴールで逆転に成功する。
36分にも平川とのワンツーで抜け出した久保が相手GKと1対1になる場面を作るもポストに阻まれ、前半を2-1で折り返す。

【ハーフタイム】
選手同士でポジショニングの確認等を行う。
京増コーチからは「相手は前半以上に気持ちを入れてくる。それ以上の気持ちで絶対に勝つぞ」と選手を鼓舞。
両チームともに選手交代を行わず後半に向かう。

【後半】
最初にチャンスを作ったのはむさし。
43分にカウンターで久保が右サイドからGKと1対1になるもブロックされてしまう。
52・59分にも得点チャンスを作るがこれも活かせないでいると流れは広島へ。
相手のパスワークにプレスを外され始める。さらに中盤での激しいプレスの網にかかりショートカウンターを受け始める。
すると65分に中盤右サイドから斜めに左サイドに鋭いパスを通されると、走りこんできた選手に蹴り込まれ同点にされてしまう。
しかし、ベンチのリザーブ選手から「落ち着いていこう!」とピッチの選手を鼓舞し、試合前に京増コーチが言うような団結力を見せる。
その後も苦しい時間が続くも萩原の好セーブや守備陣が集中力を切らさず、相手の攻撃を粘り強く防ぎ続けたむさしが再び勝ち越す。
74分、カウンターを仕掛けた久保がペナルティエリア内で倒されPKを獲得。
これを今村が落ち着いて右足でゴール右に決め3-2とする。
むさしは戸坂と水多・牛田をピッチに送り、追加点を狙うと同時に前線からのプレスを強める。
するとアディッショナルタイムの80+2分、戸坂がゴール前でシュートを放つと相手DFにブロックされ相手陣内中央にボールがこぼれる。
これを平川がハーフバウンドのボールを思い切りよく振り抜くとボールは綺麗な弧を描き相手GKの頭上を越えるゴラッソ。
4-2で試合を締め2回戦へと駒を進めた。


【京増コーチコメント】
「非常に強い相手。予想通り厳しい試合だったが、同点後選手たちが非常に粘り強く戦ってくれた。それがとてもよかった。(選手交代に関しては?)前線の選手達は、試合開始直後から運動量も多かった。少し押し込まれてもいたのでそこを修正し、プレスを強め追加点を狙った。(明日の2回戦への意気込みは?)今回の遠征には22人で来ている。全員でむさしらしいサッカーをして勝てるように全力を尽くしたい。」

本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
今後とも温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。
広島戦に挑んだスタメン 得点を決めベンチへと走る久保 今村の技ありゴールの瞬間 攻守に奮闘した今村のPKシーン ダメ押し点を決めたキャプテン平川
広島戦に挑んだスタメン 得点を決めベンチへと走る久保 今村の技ありゴールの瞬間 攻守に奮闘した今村のPKシーン ダメ押し点を決めたキャプテン平川
次試合
第27回高円宮杯全日本ユース(U-15)サッカー選手権 2回戦
12月20日(日)
11:00キックオフ
vsアビスパ福岡U-15
会場/茨城県立カシマサッカースタジアム
12/17(木) 施設の都合上、見学できません(キックオフ 19:00)
2015年度関東ユース(U-13)サッカーリーグ1部第13節

[ 2 - 0 ] 東京ヴェルディジュニアユース

FC東京得点者
49,市川 颯馬(25分)、50,煙山 拓(39分)
FC東京出場選手
GK 40,桃井 玲
DF 44,渡邊 航平、54,上田 晃太郎、42,古屋 颯眞、39,渡邊 夏伊
MF 49,市川 颯馬→37,梅原 翔琉(58分)、38,小林 慶太、55,栗原 祥太、48,上田 浩大
FW 52,須藤 和希、50,煙山 拓
寸評
[リザーブ]
GK:41,伊藤 凜聖
DF:45,大森 理生、53,長谷川 大翔
MF:47,渡部 颯太、43,山崎 優來、51,栗原 俊真
FW:46,渡邊 風磨

本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
今後とも温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。

※本大会は公式記録のみの掲載となります。
次試合
2015年度関東ユース(U-13)サッカーリーグ1部第14節
12月27日(日)
12:00キックオフ
vs鹿島アントラーズつくばジュニアユース
会場/つくばアカデミーセンター
12/12(土) 東京ガス武蔵野苑多目的グランド(キックオフ 19:00)
2015東京都クラブユースサッカーU-13選手権大会 第4節

[ 0 - 0 ] AZ86東京青梅ジュニアユース

FC東京得点者
-
FC東京出場選手
GK 40,桃井 玲
DF 45,大森 理生→39,渡邊 夏伊(52分)、53,長谷川 大翔、42,古屋 颯眞、44,渡邊 航平
MF 38,小林 慶太、51,栗原 俊真→50,煙山 拓(46分)、48,上田 浩大、55,栗原 祥太
FW 52,須藤 和希、37,梅原 翔琉→49,市川 颯馬(52分)
寸評
[リザーブ]
GK:41,伊藤 凜聖
DF:54,上田 晃太郎
MF:43,山崎 優來、47,渡部 颯太
FW:46,渡邊 風磨

本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
今後とも温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。

※本大会は公式記録のみの掲載となります。
次試合
本日の結果により予選リーグを1位通過し決勝トーナメントへの出場を決めました。
決勝トーナメントのスケジュールは決まり次第お知らせします。
12/6(日) 三菱養和巣鴨スポーツセンター(キックオフ 17:15)
2015年度関東ユース(U-13)サッカーリーグ1部第12節

[ 3 - 0 ] 三菱養和SC巣鴨ジュニアユース

FC東京得点者
52,須藤 和希(6・45・57分)
FC東京出場選手
GK 40,桃井 玲
DF 44,渡邊 航平、54,上田 晃太郎、42,古屋 颯眞、39,渡邊 夏伊
MF 49,市川 颯馬→37,梅原 翔琉(43分)、38,小林 慶太、55,栗原 祥太、48,上田 浩大
FW 52,須藤 和希、50,煙山 拓
寸評
[リザーブ]
GK:41,伊藤 凜聖
DF:45,大森 理生、53,長谷川 大翔
MF:47,渡部 颯太、43,山崎 優來、51,栗原 俊真
FW:46,渡邊 風磨

本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
今後とも温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。

※本大会は公式記録のみの掲載となります。
次試合
2015年度関東ユース(U-13)サッカーリーグ1部第13節
12月17日(木)
19:00キックオフ
vs東京ヴェルディジュニアユース
会場/施設の都合上、見学できません
12/5(土) 東京ガス武蔵野苑多目的グランド(キックオフ 19:00)
2015東京都クラブユースサッカーU-13選手権大会 第3節

[ 6 - 0 ] バリオーレ日の出ジュニアユース

FC東京得点者
52,須藤 和希(6・12・23分)、37,梅原 翔琉(55分)、42,古屋 颯眞(58分)、55,栗原 祥太(63分)
FC東京出場選手
GK 40,桃井 玲
DF 45,大森 理生、53,長谷川 大翔、42,古屋 颯眞→54,上田 晃太郎(62分)、44,渡邊 航平
MF 38,小林 慶太、51,栗原 俊真、48,上田 浩大→47,渡部 颯太(62分)、37,梅原 翔琉→39,渡邊 夏伊(62分)
FW 52,須藤 和希→49,市川 颯馬(51分)、50,煙山 拓→55,栗原 祥太(51分)
寸評
[リザーブ]
GK:41,伊藤 凜聖
DF:
MF:43,山崎 優來
FW:46,渡邊 風磨

本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
今後とも温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。

※本大会は公式記録のみの掲載となります。
次試合
2015東京都クラブユースサッカーU-13選手権大会 第4節
12月5日(土)
19:00キックオフ
vsAZ86東京青梅ジュニアユース
会場/東京ガス武蔵野苑多目的グランド
11/29(日) 那須塩原市青木サッカー場 (キックオフ 13:00)
2015年度関東ユース(U-13)サッカーリーグ1部第11節

[ 2 - 1 ] 栃木SCジュニアユース

FC東京得点者
50,煙山 拓(49分)、52,須藤 和希(52分)
FC東京出場選手
GK 40,桃井 玲
DF 44,渡邊 航平、54,上田 晃太郎、42,古屋 颯眞、39,渡邊 夏伊
MF 49,市川 颯馬→37,梅原 翔琉(40分)、38,小林 慶太、55,栗原 祥太、48,上田 浩大
FW 52,須藤 和希、50,煙山 拓
寸評
[リザーブ]
GK:41,伊藤 凜聖
DF:45,大森 理生、53,長谷川 大翔
MF:47,渡部 颯太、43,山崎 優來、51,栗原 俊真
FW:46,渡邊 風磨

本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
今後とも温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。

※本大会は公式記録のみの掲載となります。
次試合
2015年度関東ユース(U-13)サッカーリーグ1部第12節
12月6日(日)
17:15キックオフ
vs三菱養和SC巣鴨ジュニアユース
会場/三菱養和巣鴨スポーツセンター
11/14(土) 東京ガス武蔵野苑多目的グランド(キックオフ 19:00)
2015東京都クラブユースサッカーU-13選手権大会 第2節

[ 7 - 0 ] 東京ベイFC U-15

FC東京得点者
55,栗原 祥太(1・58分)、50,煙山 拓(21分)、52,須藤 和希(28・45・56・70分)
FC東京出場選手
GK 40,桃井 玲→41,伊藤 凜聖(60分)
DF 54,上田 晃太郎、53,長谷川 大翔→45,大森 理生(60分)、42,古屋 颯眞、44,渡邊 航平
MF 38,小林 慶太、49,市川 颯馬→39,渡邊 夏伊(43分)、48,上田 浩大、55,栗原 祥太→37,梅原 翔琉(49分)
FW 52,須藤 和希、50,煙山 拓→51,栗原 俊真(60分)
寸評
[リザーブ]
GK:
DF:
MF:47,渡部 颯太、43,山崎 優來
FW:46,渡邊 風磨

本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
今後とも温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。

※本大会は公式記録のみの掲載となります。
次試合
2015東京都クラブユースサッカーU-13選手権大会 第3節
12月5日(土)
19:00キックオフ
vsバリオーレ日の出ジュニアユース
会場/東京ガス武蔵野苑多目的グランド
11/7(土) 東京ガス武蔵野苑多目的グランド(キックオフ 19:00)
2015東京都クラブユースサッカーU-13選手権大会 第1節

[ 5 - 1 ] コンフィアール町田ジュニアユース

FC東京得点者
49,市川 颯馬(1分)、50,煙山 拓(4・46分)、37,梅原 翔琉(44分)、オウンゴール(55分)
FC東京出場選手
GK 41,伊藤 凜聖→40,桃井 玲(HT)
DF 45,大森 理生→37,梅原 翔琉(HT)、54,上田 晃太郎→53,長谷川 大翔(HT)、42,古屋 颯眞、39,渡邊 夏伊
MF 38,小林 慶太、49,市川 颯馬→51,栗原 俊真(50分)、48,上田 浩大、44,渡邊 航平
FW 52,須藤 和希、50,煙山 拓→55,栗原 祥太(55分)
寸評

[リザーブ]
GK:
DF:
MF:47,渡部 颯太、43,山崎 優來
FW:46,渡邊 風磨


本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
今後とも温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。

※本大会は公式記録のみの掲載となります。
次試合
2015東京都クラブユースサッカーU-13選手権大会 第2節
11月14日(土)
19:00キックオフ
vs東京ベイFC U-15
会場/東京ガス武蔵野苑多目的グランド
11/3(火) 東京ガス武蔵野苑 多目的グランド(キックオフ 11:00)
2015年度関東ユース(U-13)サッカーリーグ1部第10節

[ 2 - 3 ] 横浜F・マリノス ジュニアユース

FC東京得点者
42,古屋 颯眞(30分)、50,煙山 拓(58分)
FC東京出場選手
GK 40,桃井 玲
DF 44,渡邊 航平、54,上田 晃太郎、42,古屋 颯眞、39,渡邊 夏伊
MF 37,梅原 翔琉→53,長谷川 大翔(HT)、38,小林 慶太、55,栗原 祥太→49,市川 颯馬(55分)、48,上田 浩大
FW 52,須藤 和希、50,煙山 拓
寸評
[リザーブ]
GK:41,伊藤 凜聖
DF:45,大森 理生
MF:47,渡部 颯太、43,山崎 優來、51,栗原 俊真
FW:46,渡邊 風磨

本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
今後とも温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。


※本大会は公式記録のみの掲載となります。
次試合
2015年度関東ユース(U-13)サッカーリーグ1部第11節
11月29日(日)
13:00キックオフ
vs栃木SCジュニアユース
会場/那須塩原市青木サッカー場
11/1(日) 東京ガス武蔵野苑多目的グランド (キックオフ 12:00)
2015年度関東ユース(U-13)サッカーリーグ1部第5節

[ 8 - 0 ] 栃木SCジュニアユース

FC東京得点者
52,須藤 和希(1.31.38.43分)、50,煙山 拓(4.6.34分)、55,栗原 祥太(19分)
FC東京出場選手
GK 40,桃井 玲→41,伊藤 凜聖(40分)
DF 44,渡邊 航平、54,上田 晃太郎、42,古屋 颯眞、39,渡邊 夏伊→51,栗原 俊真(40分)
MF 37,梅原 翔琉→45,大森 理生(36分)、38,小林 慶太、55,栗原 祥太→49,市川 颯馬(36分)、48,上田 浩大
FW 52,須藤 和希、50,煙山 拓→53,長谷川 大翔(45分)
寸評
[リザーブ]
GK:
DF:
MF:47,渡部 颯太、43,山崎 優來、
FW:46,渡邊 風磨

本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
今後とも温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。

※本大会は公式記録のみの掲載となります。
次試合
2015年度関東ユース(U-13)サッカーリーグ1部第10節
11月3日(火祝)
11:00キックオフ
vs横浜F・マリノスジュニアユース
会場/東京ガス武蔵野苑多目的グランド
10/18(日) 前橋育英高校 高崎グランド(キックオフ 13:00)
2015年度関東ユース(U-13)サッカーリーグ1部第9節

[ 2 - 0 ] 前橋FC

FC東京得点者
48,上田 浩大(38・45分)
FC東京出場選手
GK 40,桃井 玲
DF 53,長谷川 大翔→44,渡邊 航平(10分)、54,上田 晃太郎、42,古屋 颯眞、39,渡邊 夏伊
MF 37,梅原 翔琉→49,市川 颯馬(47分)、38,小林 慶太、55,栗原 祥太、48,上田 浩大
FW 52,須藤 和希、50,煙山 拓
寸評
[リザーブ]
GK:41,伊藤 凜聖
DF:45,大森 理生
MF:47,渡部 颯太、43,山崎 優來、51,栗原 俊真
FW:46,渡邊 風磨

本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
今後とも温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。

※本大会は公式記録のみの掲載となります。
次試合
2015年度関東ユース(U-13)サッカーリーグ1部第5節
11月1日(日)
11:00キックオフ
vs栃木SCジュニアユース
会場/東京ガス武蔵野苑多目的グランド
10/17(土) 三菱養和巣鴨 スポーツセンター(キックオフ 17:30)
2015年度関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部第22節

[ 2 - 1 ] 三菱養和SC巣鴨ジュニアユース

FC東京得点者
36,久保 建英(3分)、11,今村 涼一(16分)
FC東京出場選手
GK 20,山田 翔之介
DF 12,牛田 陸也→4,鈴木 智也(70分)、5,天野 悠貴、21,鹿子島 雅也、3,山登 一弥
MF 8,中谷 太地→6,三浦 颯太(66分)、17,寺山 翼、7,水多 海斗→9,長澤 壮竜(58分)、14,佐々木 大貴→10,平川 怜(54分)、36,久保 建英→31,横田 峻希(74分)
FW 11,今村 涼一→28,戸坂 隼人(74分)
寸評
[リザーブ]
GK:1,橋本 颯、16,萩原 颯都
DF:13,竹浪 良威、22,菅原 彰吾
MF:23,森田 慎吾
FW:15,赤井 裕貴

○試合レポート
3月に開幕した関東1部リーグもついに最終節を迎える。最終節の相手は同じ東京の三菱養和SC巣鴨ジュニアユース。
巣鴨スポーツセンターに乗り込んで勝利を目指す。

【前半】
むさしのキックオフで試合は開始した。
序盤からむさしがらしくパスを繋ぎ養和陣内に攻め込む。
すると3分、中央のパスワークからファールを受け、PAすぐ外でFKを獲得。
このFKを久保が左足で叩き込み、幸先よく先制点を奪う。
養和もロングボールを中心に攻撃を仕掛けてくるが、むさしは集中した守備でしっかりとはね返す。
むさしはさらに追加点を狙って、積極的なプレーを続ける
その積極的なプレーが実ったのが16分、中谷が出足の鋭い守備でボールを奪い水多につなぐ。
このボールを水多が丁寧に送ったスルーパスをDF背後に抜け出した今村がGKの動きをよく見てゴールに流し込み2点目を奪う。
その後もむさしがボールを支配しチャンスをうかがい、養和はロングパスとセットプレーから反撃を仕掛けるという展開が続く。
20分、巣鴨のCKからヘディングを打たれるが、バーに当たって失点を免れる。
21分、牛田、今村、水多とつなぎシュートを放つが相手GKにセーブされる。
28分には、左サイドからパスをつなぐ、牛田が思い切ってミドルシュートを放つが、これはバーの上。
むさしは攻勢を強めるもなかなか追加点を奪えない。
するとセットプレーから反撃を許してしまう。
33分、自陣右サイドで巣鴨にFKを与える。中央に入れられた速いボールからヘディングシュートを打たれ失点。2-1となる。
しかし、むさしもすぐさま反撃に出て養和ゴールを目指したが得点は奪えず、前半を2-1で折り返す。

【後半】
後半もむさしがボールを支配し、養和がセットプレーやカウンターを狙うという展開が続く。
47分、養和CKのチャンスを山田が冷静にパンチングで防ぐ。
むさしは49分、左サイドから中に入ってパスを受けた牛田が鮮やかなファーストタッチで相手を抜き去り左足でシュートを放つが、惜しくも枠の外。
57分、久保が倒されて得たFKを水多が狙うが、これはカベに阻まれてしまう。
さらに62分、久保が激しい守備でボールを奪い、長澤、平川とつなぎ、最後は今村が右足でシュートを放つが惜しくも枠をとらえられない。
69分にも、長澤の絶妙なスルーパスに、走りこんだ久保がシュートを放つが、相手DFの決死のスライディングにブロックされる。
終盤、巣鴨は長身の選手を前線に投入しパワープレーを仕掛けてくる。
74分、ロングボールをキープされシュートを打たれるがこれは山田がしっかりとキャッチ。
養和の猛攻を全員が集中した守備で得点を許さずそのまま2-1で試合終了。
関東リーグ最終節を勝利で飾った。
次試合
今節にて2015年度関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部全日程を終了し1部リーグ昇格一年目を2位で終了しました。
FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
今後とも温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。
10/11(日) 施設の都合上、掲載できません(キックオフ 15:30)
2015年度関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部第21節

[ 2 - 2 ] 横浜F・マリノスジュニアユース追浜

FC東京得点者
9,長澤 壮竜(31分)、8,中谷 太地(52分)
FC東京出場選手
GK 20,山田 翔之介
DF 4,鈴木 智也、13,竹浪 良威、5,天野 悠貴、3,山登 一弥
MF 9,長澤 壮竜→7,水多 海斗(55分)、10,平川 怜、17,寺山 翼、8,中谷 太地、36,久保 建英
FW 11,今村 涼一
寸評
[リザーブ]
GK:1,橋本 颯、16,萩原 颯都
DF:2,田中 彰真、22,菅原 彰吾
MF:6,三浦 颯太、12,牛田 陸也、14,佐々木 大貴
FW:15,赤井 裕貴、28,戸坂 隼人

○試合レポート
関東リーグも2試合を残し、首位浦和との勝点差は6。
むさしは優勝するためには勝つしかない。

【前半】
試合は横浜F・マリノスジュニアユース追浜ボールでキックオフした。
序盤からボールを動かしゲームを支配しようとするむさし。
しかしマリノスの前線からのプレッシャーになかなかリズムを作ることが出来ない。
すると前半13分、一瞬の隙を突かれDFラインの突破を許しPKを与えてしまう。これを決められ先制点を許す。
しかし、ここからしっかりと切り替えられたむさしは主導権を握りにかかる。
16分、GK山田からのロングフィードが走り出していた山登に渡り、山登は絶妙のサイドチェンジ。
そこに走りこんだ鈴木がボールを受けシュートを放つ。得点にはならなかったものの流れを引き寄せたむさし。
その後も攻撃の手を緩めないむさしは寺山、久保、平川、長澤を中心に巧みなパスワークで攻め込む。
すると31分、平川、長澤、久保で相手DFラインを突破し最後は久保がシュートするがポストに阻まれる。そのこぼれ球を長澤がしっかりと詰め同点に追いつく。
その直後DFラインを突破されあわや失点かという場面もあったが、GK山田が好セーブし同点のまま折り返す。

【後半】
開始からしっかりとリズムを掴むむさし。
47分、中谷からサイドを駆け上がっていた鈴木にスルーパスが通ると、これを鈴木が持ち前のドリブルで突破。しかし相手守備陣の懸命の守備に阻まれCKに。
さらに攻撃し続けたむさしは52分、相手からのゴールキックを今村が懸命に弾くとこれを中谷が拾う。
中谷はそのままドリブルで進み、相手DFを抜き去り思い切りよくシュートを放つとボールはゴールネットに突き刺す。
追加点を狙ったむさしは53分、久保がボールを奪うと長澤へパス。追加点かという突破を見せたがこれは相手GKのセーブに阻まれる。
その後も攻め続けていた東京であったが、62分に相手の強力な2トップに突破を図られ同点弾を許してしまう。
再び勝ち越し点を奪うために、攻撃の手を緩めなかったむさしであったが、なかなか追加点を奪えずそのまま試合終了。
関東1部リーグ初年度での優勝は逃したものの、3位以内を確定させた。

本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
今後とも温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。
次試合
2015年度関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部第22節
10月17日(土)
17:30キックオフ
vs三菱養和SC巣鴨ジュニアユース
会場/三菱養和巣鴨スポーツセンター
10/4(日) 東京ガス武蔵野苑多目的グランド (キックオフ 11:00)
2015年度関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部第20節

[ 5 - 3 ] ジェフユナイテッド市原・千葉U-15

FC東京得点者
11,今村 涼一(21・54・62分)、10,平川 怜(36・67分)
FC東京出場選手
GK 20,山田 翔之介→16,萩原 颯都(74分)
DF 4,鈴木 智也、5,天野 悠貴、13,竹浪 良威、3,山登 一弥→22,菅原 彰吾(70分)
MF 8,中谷 太地→12,牛田 陸也(68分)、10,平川 怜→7,水多 海斗(70分)、17,寺山 翼
FW 11,今村 涼一→6,三浦 颯太(65分)、36,久保 建英→14,佐々木 大貴(57分)、9,長澤 壮竜→15,赤井 裕貴(70分)
寸評
[リザーブ]
GK:1,橋本 颯
DF:2,田中 彰真
FW:28,戸坂 隼人

○試合レポート
強い日差しが照りつけるなか、関東リーグ第20節がFC東京U-15むさしのキックオフで始まった。

【前半】
立ち上がり、積極的なプレーを仕掛けたのはジェフ。前線からむさしに対して圧力をかけてくる。
2分、ジェフのクロスからヘディングシュートを打たれるが、GK山田のファインセーブ。
これで目が覚めたむさしは、立て続けにシュートを放つ。
6分、平川と長澤のゴール前の崩しから最後、今村のシュートはGK正面。
さらに18分には久保がFKからゴールを狙うも相手GKのセーブに阻まれる。
それでも相手ゴールに迫り続けたむさしは21分、長澤のショートコーナーを受けた今村が相手守備陣を2人をかわし、豪快にゴールネットを揺らし先制に成功する。
これでさらに勢いを増したむさしは36分に寺山のパスに平川が抜け出し、ゴール前で2人をかわし、落ち着いてゴール。
しかし、2点目を奪った直後に相手のショートカウンターから右サイドを突破され、ゴール前にクロス上げられジェフに詰められ、ゴールを奪われる。
前半は、2対1で終了。

【後半】
ハーフタイムに京増コーチの喝が入り、気を引き締めなおし後半キックオフ。
むさしは立ち上がりから、ジェフに対して猛攻を仕掛ける。
54分、ジェフゴール前で相手のパスを中谷が奪い、今村に預けると確実にゴールに沈め、3対1。
さらに62分、今度は佐々木がジェフDFからボールを奪うと今村に繋ぐ。これを今村が落ち着いてゴールを決めハットトリック達成。
攻撃の手を緩めないむさしは67分、山登のクロスを平川がゴールへ流し込み、5対1。
その後もむさしはチャンスを作るも得点を奪えない。すると流れはジェフに傾き相手の猛攻を受け2点を失い、5対3で試合終了。

試合終盤はばたつきを見せるもしっかりと勝点3を積み上げた。

本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
今後とも温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。
次試合
2015年度関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部第21節
10月11日(日)
15:30キックオフ
vs横浜F・マリノスジュニアユース追浜
会場/施設の都合上、見学できません
10/3(土) 埼玉平成高校グランド(キックオフ 18:30)
2015年度関東ユース(U-13)サッカーリーグ1部第8節

[ 4 - 0 ] GRANDE FC

FC東京得点者
39,渡邊 夏伊(34分)、52,須藤 和希(42分)、50,煙山 拓(56分)、42,古屋 颯眞(58分)
FC東京出場選手
GK 40,桃井 玲→41,伊藤 凜聖(58分)
DF 53,長谷川 大翔、44,渡邊 航平→54,上田 晃太郎(50分)、42,古屋 颯眞、39,渡邊 夏伊→45,大森 理生(50分)
MF 37,梅原 翔琉→51,栗原 俊真(58分)、38,小林 慶太、50,煙山 拓→55,栗原 祥太(58分)、48,上田 浩大
FW 52,須藤 和希、46,渡邊 風磨→49,市川 颯馬(41分)
寸評
[リザーブ]
GK:
DF:
MF:47,渡部 颯太、43,山崎 優來
FW:

本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
今後とも温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。

※本大会は公式記録のみの掲載となります。
次試合
2015年度関東ユース(U-13)サッカーリーグ1部第9節
10月18日(日)
13:00キックオフ
vs前橋FC
会場/前橋育英高校高崎グランド
9/27(日) 施設の都合上、掲載できません(キックオフ 18:00)
2015年度関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部第19節

[ 2 - 0 ] 東京ヴェルディジュニアジュース

FC東京得点者
36,久保 建英(48・80分)
FC東京出場選手
GK 20,山田 翔之介
DF 4,鈴木 智也、2,田中 彰真、13,竹浪 良威、3,山登 一弥
MF 17,寺山 翼、9,長澤 壮竜、5,天野 悠貴→10,平川 怜(46分)、36,久保 建英→31,横田 峻希(80分)
FW 11,今村 涼一、7,水多 海斗→12.牛田 陸也(75分)
寸評
[リザーブ]
GK:1,橋本 颯、16,萩原 颯都
DF:
MF:6,三浦 颯太、14,佐々木 大貴
FW:15,赤井 裕貴、28,戸坂 隼人

○試合レポート
2015年度関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部第19節
関東リーグもいよいよ佳境に入ってきた中で行われた試合。
東京ヴェルディジュニアユース戦。試合はヴェルディボールでキックオフした。

【前半】
序盤から積極的なヴェルディのプレスに対して、むさしはパスワークでかいくぐりながら攻撃のチャンスをうかがう。
すると4分、右サイドでボールを受けた久保がドリブルで仕掛けると相手のファールを誘いFKを獲得。
これはゴールとならなかったものの攻撃的な姿勢を示すむさし。
しかし9分、一瞬の隙を突かれてゴール前への侵入を許すとGKと1vs1というあわや失点と思われる場面を作られるも、GK山田が冷静な対応でスーパーセーブ。チームの危機を救う。
28分には山田からのピンポイントフィードを受けた鈴木がサイドを駆け上がりクロス。今村がヘディングするも惜しくもゴールならず。
さらに30分にも長澤、水多、久保らの巧みなパスワークから相手ディフェンスを崩すも得点を奪えない。
その後も山登、鈴木の左右両サイドバックが積極的な攻撃参加や中盤の巧みなパスワークから得点チャンスを作り続けるもゴールをこじ開けれず前半をスコアレスで終える。

【後半】
開始から積極的な攻撃を仕掛けるむさし。
すると48分、右サイドで攻撃の起点を作ったむさしは久保にボールが渡ると執拗なマークを受けながらもこれをドリブルで突破。
ペナルティエリアに侵入しシュートを放つとゴールネットを揺らし先制点を奪う。
しかし65分、ヴェルディのCKからゴール目の前でボレーシュートを打たれるも、GK山田が神がかり的な反応を見せゴールを死守。
その後もむさしは中盤では水多、平川、長澤、久保、今村でのパスワークから、サイドは鈴木、山登の積極的な攻撃参加から攻撃を仕掛け続け、
寺山、田中、竹浪を中心に硬い守備を見せ続ける。
すると終了間際の80分、FKを獲得したむさしは久保が決め2点目を奪いリードを広げ試合終了。

勝点3を積み重ねることが出来た。

本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
今後とも温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。
次試合
2015年度関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部第20節
10月4日(日)
11:00キックオフ
vsジェフユナイテッド市原・千葉U-15
会場/東京ガス武蔵野苑多目的グランド
9/23(水) 施設の都合上、掲載できません(キックオフ 14:00)
2015年度関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部第17節

[ 2 - 3 ] FC東京U-15深川

FC東京得点者
36,久保 建英(61分)、11,今村 涼一(76分)
FC東京出場選手
GK 20,山田 翔之介
DF 4,鈴木 智也、2,田中 彰真、13,竹浪 良威、3,山登 一弥→36,久保 建英(49分)
MF 5,天野 悠貴、8,中谷 太地、17,寺山 翼
FW 11,今村 涼一、7,水多 海斗、9,長澤 壮竜
寸評
[リザーブ]
GK:1,橋本 颯、16,萩原 颯都
DF:21,鹿子島 雅也、22,菅原 彰吾
MF:6,三浦 颯太、10,平川 怜、23,森田 慎吾、26,沼田 航征、
FW:14,佐々木 大貴、15,赤井 裕貴、28,戸坂 隼人、31,横田 峻希

※深川、むさしともにレポートは同様のものとなります
○試合レポート
試合はラストワンプレーで決着をつけた。


2015年度 関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部 第17節。「FC東京U-15むさしvsFC東京U-15深川」の直接対決第2戦。

9勝3分5敗の勝点30で2位のむさしは首位浦和と勝点差6。今日の試合を合わせ残り4試合。優勝するためにも勝ち続ける必要がある。
対する、深川は5勝5分7敗の勝点20で10位。降格圏の11位千葉とは勝点差僅か1とこちらも勝点3を積み上げたい。

前期の対戦では先制した深川を、むさしが一度は逆転をするも再び深川が追いつき2-2の同点。

むさしは公式戦では久々の先発に復帰した今村を頂点にした4-3-3。チーム全体でボールを繋ぎゴールに迫る。
深川は前節同様のスターティングイレブン。4-4-2の布陣で、堅い守備からのカウンターや前線からの連動したプレスが特徴。

試合前のウォーミングアップからお互いに集中した様子の両チームは、晴天のなか、むさしのキックオフで試合を開始した。

【前半】
両チームとも立ち上がりから積極的に仕掛ける。
先ずは深川。前半1分右サイドから左サイドにボールを動かしゴールに迫る。度々むさし守備陣にブロックされるも、こぼれ球を拾い分厚い攻撃を見せる。
対してむさしは2分、DFラインの竹浪がボールを奪いそのまま持ち上がると、縦パスを入れる。このボールはFWに合わなかったが積極的な攻撃の姿勢を示す。
そんななか、ファーストシュートを放ったのは深川。4分、中盤右サイドでFKを得るとキッカーは田谷。
中央にロングボールを入れるとこぼれ球をボレーシュート。チームに勢いをつける。
深川は守備でも8分に、DFラインの裏にむさしがロングボールを入れると、GK大本がペナルティエリア外まで飛び出しクリアー。
むさし守護神の山田も14分に深川のFKに対して冷静にハイボールをパンチングで防ぎ、お互いの守護神も好プレーを見せる。
試合は徐々にむさしがボールを支配し、深川はシンプルにむさしDFラインの背後を突くという展開になっていく。
むさしは17分、中盤で長澤が前を向きドリブルで進むと今村にスルーパス。これは深川GK大本が飛び出しクリアー。
さらに20分には天野と長澤が中盤で小刻みにパスを繋ぎ最後は今村がヘディングで狙うも枠の外。
23分には左サイドを鈴木と水多を中心に複数が絡みパスワークで突破する。一度はクリアーされるも、再びボールを拾い右サイドからクロスを入れる。
しかし、深川守備陣が粘り強く対応しゴールを守る。
我慢の時間を凌いだ深川がここから反撃に出る。
相手DFラインの裏にボールを入れ、そこから小松を先頭にチーム全体で連動したプレスをかけ、高い位置でボールを奪い始める。
28、29分には小松と深澤がシュートを放ちむさしゴールを脅かす。
むさしもそれに対してカウンターで応戦。
33分、左サイドを鈴木から水多に繋ぎ、水多が柔らかい浮き球をゴール前中央に送る。これを長澤が落とし今村が詰めるも、深川DF陣が身体を張って防ぐ。
しかし、流れは変わらず35分には深澤からパスを受けた芳賀が強烈なミドルシュートを放つも、むさしGK山田が好セーブ。
37分と38分にも深川はむさしゴールに迫るが、お互いにゴールを奪えないまま前半を終える。

【ハーフタイム】
むさし京増コーチは「予想通りタイトなゲーム。しっかりと頭を整理しよう。」と選手に声をかけると、最後には「元気がないぞ!こういう強い相手に楽しんで勝とう!」と選手を後押し。
深川奥原監督は「自分達のプレスができてきた。上手くいき始めたからこそ、後半の立ち上がりが大事。自分達の脚を活かそう。それが深川!」と選手を鼓舞。
両チームとも選手交代を行わず、ピッチに送り出した。

【後半】
試合は序盤から動く。
先手を取ったのは深川。
44分、左サイドから草住がゴール前にボールを送ると大平がヘディングで落とし、小松がシュート。
一度はむさしDFがブロックするもこぼれ球に大平が反応し豪快にゴール右隅に蹴り込む。
先制を許したむさしもすぐさま反撃に出る。左サイドからゴール前にボールを入れると長澤が右足でゴールを狙うがポストに阻まれる。
深川に追加点のチャンスが訪れたのは46分、大平がむさしGK山田の位置を見て意表を突いたループシュートを放つがバーに弾かれる。
そのこぼれ球を深澤が拾いボレーシュートを放つもミートせず枠の上に外れる。
むさしは山登に代わって久保を投入し、ポジションを入れ替え、攻撃に変化を加える。
すると、その久保を中心に長澤や鈴木が絡み左サイドを起点にしながら、右サイドに大きく開いて待つ天野に展開。
ピッチをワイドに使うかと思えば、今村のポストプレーから中央突破を図るなど、バリエーション豊かな攻撃を見せる。
そんな、攻撃を耐え続けた深川だったが61分にむさしの同点ゴールが生まれる。
右サイドペナルティエリア角あたりで久保がボールを持つと、カットインし左足を振り抜く。
ボールはゴール右上角に突き刺さり同点。
試合を振り出しに戻す。
攻勢を強めたいむさしだったが65分に退場者を出し、一人少ない状況になる。
深川は直後のFKで、田谷がファーサイドに待つ高橋に送ると打点の高いヘディングでゴールネットを揺らし、再び深川がリードする。
むさしは一人少ないながら、システムを変えリスクを賭けながら攻勢に出る。
71分には竹浪が得意のインターセプトでボールを奪うとそのまま持ち上がりミドルシュート。こぼれたところに今村が飛び込むも僅かにさきに深川DFがクリアー。
さらに72分にはゴール正面で得たFKを今村が右足で狙うも右上バーに弾かれる。
それでも攻撃の手を緩めないむさしは、74分にゴール前正面を突破しようとした久保を深川DF陣が倒し、PKを獲得。
これを今村が右隅に蹴り込み、再び同点に追いつく。
深川は片山と谷地田をピッチに送り込み、再び勝ち越し点を狙う。
その後もむさしがゴール前に迫りながら深川がカウンターを仕掛けるという激しい攻防が続く。
アディショナルタイムの表示は3分。
シーソーゲームに決着をつけたのは、ラストワンプレーだった。
激闘を制したのは深川。
深川陣内でボールを奪いカウンターを仕掛けると大平、谷地田と繋ぎ最後は小松がゴール右隅に流し込み決勝点。
その瞬間に試合は終了した。

本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
今後とも温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。
本日のスタメン 竹浪はインターセプトから何度も攻め上がった 久保の同点ゴール直後、ベンチに駆け寄る 天野は攻守に安定したプレーを見せる 今村の得点の瞬間
本日のスタメン 竹浪はインターセプトから何度も攻め上がった 久保の同点ゴール直後、ベンチに駆け寄る 天野は攻守に安定したプレーを見せる 今村の得点の瞬間
次試合
2015年度関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部第19節
9月27日(日)
18:00キックオフ
vs東京ヴェルディジュニアユース
会場/施設の都合上、見学できません
9/22(火) 施設の都合上、 掲載できません(キックオフ 16:30)
2015年度関東ユース(U-13)サッカーリーグ1部第7節

[ 2 - 0 ] 鹿島アントラーズつくばジュニアユース

FC東京得点者
48,上田 浩大(12分)、50,煙山 拓(23分)
FC東京出場選手
GK 40,桃井 玲
DF 53,長谷川 大翔、54,上田 晃太郎、42,古屋 颯眞、45,大森 理生
MF 37,梅原 翔琉→44,渡邊 航平(57分)、38,小林 慶太、50,煙山 拓、48,上田 浩大
FW 52,須藤 和希、46,渡邊 風磨→49,市川 颯馬(43分)
寸評
[リザーブ]
GK:41,伊藤 凜聖
DF:39,渡邊 夏伊
MF:47,渡部 颯太、43,山崎 優來、51,栗原 俊真
FW:55,栗原 祥太


本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
今後とも温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。


※本大会は公式記録のみの掲載となります。
次試合
2015年度関東ユース(U-13)サッカーリーグ1部第8節
10月18日(日)
13:00キックオフ
vs前橋FC
会場/前橋育英高校高崎グランド
9/20(日) 新日鐵住金グラウンド (キックオフ 17:00)
2015年度関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部第18節

[ 1 - 0 ] 鹿島アントラーズジュニアユース

FC東京得点者
4,鈴木 智也(72分)
FC東京出場選手
GK 20,山田 翔之介
DF 4,鈴木 智也、2,田中 彰真、13,竹浪 良威、3,山登 一弥
MF 5,天野 悠貴、8,中谷 太地、17,寺山 翼
FW 28,戸坂 隼人→11,今村 涼一(46分)、7,水多 海斗、14,佐々木 大貴→9,長澤 壮竜(66分)
寸評
[リザーブ]
GK:1,橋本 颯、16,萩原 颯都
DF:21,鹿子島雅也、22,菅原彰吾、23,森田慎吾
MF:6,三浦 颯太、、12,牛田 陸也
FW:15,赤井裕貴、31,横田峻希

○試合レポート
秋の夕焼け空の下、関東リーグ第18節がFC東京U-15むさしのキックオフで始まった。

【前半】
立ち上がりから、むさしらしいサッカーを展開する。ショートパスを小刻みに繋ぎボールを動かす。
鹿島は守備ブロックをがっちりと組織し、カウンターで対応。
両チームともなかなかシュートまで持ち込めない時間帯が続く。
20分過ぎ、むさしは少しづつ前への意識が高まり、縦パスとサイド攻撃を織り交ぜた攻撃を仕掛け始める。
すると29分、中谷の縦パスに寺山が反応して、GKと1対1になるがオフサイドの判定。
31分、左からのクロスに戸坂が反応してシュートを放つもDFにブロックされる。
鹿島のカウンターに対しては、田中と竹浪を中心とする守備ラインが集中して対応しチャンスを作らせない。
前半は0対0で終了。

【後半】
後半も立ち上がりから積極的に攻撃を仕掛けた東京。
水多のミドルシュートで鹿島ゴールに襲い掛かる。
46分、戸坂に代わり、今村を投入。ペナルティエリアに侵入する回数が増え、鹿島ゴールを脅かす。
その後、むさしは何度かチャンスを作るも、得点には結びつかず、時間が経過していく。
59分、佐々木に代え長澤を投入しシステムを変更。サイド攻撃を増やし始める。
63分、右サイドを突破した山登のクロスに寺山がニアで合わすも、わずかにポストの外。
待望の先制点は72分、むさしは自陣で奪ったボールを竹浪がドリブルで持ち上がると十分に鹿島DFをひきつけ、左サイドを
駆け上がる鈴木にラストパス。鈴木は落ち着いてサイドネットにボールを突き刺した。
その後もむさしは攻撃の手を緩めず主導権を握り続ける。試合終盤の鹿島パワープレーに対してもDF陣がしっかりと跳ね返し試合終了。
1-0でがっちりと勝ち点3を手にした。

本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
今後とも温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。
次試合
2015年度関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部第17節
9月23日(水祝)
キックオフ時間未定
vsFC東京U-15深川
会場/施設の都合上、見学できません
9/6(日) 施設の都合上、 掲載できません(キックオフ 18:00)
2015年度関東ユース(U-13)サッカーリーグ1部第6節

[ 0 - 1 ] 三菱養和SC巣鴨 ジュニアユース

FC東京得点者
-
FC東京出場選手
GK 40,桃井 玲
DF 53,長谷川 大翔、54,上田 晃太郎、42,古屋 颯眞、45,大森 理生
MF 37,梅原 翔琉、38,小林 慶太、50,煙山 拓、49,市川 颯馬→48,上田 浩大(42分)
FW 52,須藤 和希、46,渡邊 風磨
寸評
[リザーブ]
GK:41,伊藤 凜聖
DF:44,渡邊 航平、39,渡邊 夏伊
MF:47,渡部 颯太、43,山崎 優來、51,栗原 俊真
FW:55,栗原 祥太

本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
今後とも温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。

※本大会は公式記録のみの掲載となります。
次試合
2015年度関東ユース(U-13)サッカーリーグ1部第7節
9月22日(火祝)
16:30キックオフ
vs鹿島アントラーズつくばジュニアユース
会場/施設の都合上、見学できません
8/12(水) 帯広の森 陸上競技場(キックオフ 11:00)
第30回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 決勝

[ 0 - 3 ] 横浜F・マリノスジュニアユース

FC東京得点者
-
FC東京出場選手
GK 16,萩原 颯都
DF 3,山登 一弥→12,牛田 陸也(62分)、2,田中 彰真、13,竹浪 良威、5,天野 悠貴
MF 17,寺山 翼、8,中谷 太地、7,水多 海斗
FW 9,長澤 壮竜→6,三浦 颯太(64分)、28,戸坂 隼人→11,今村 涼一(48分)、36,久保 建英→14,佐々木 大貴(55分)
寸評
[リザーブ]
GK:1,橋本 颯、20,山田 翔之介
DF:4,鈴木 智也
MF:10,平川 怜
FW:15,赤井 裕貴

○試合レポート
 8月3日に開幕した第30回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会も、いよいよ最終日。
北の大地らしく涼しい、過ごしやすい日もあれば、気温36℃を上回るなかで試合をした日もあった。
逆転負けに涙を流した日もあれば、苦しい試合をチーム一丸となって勝ち切った、観る者の胸を揺さぶるような試合も演じた。
本当に様々な経験を、そして思い出をむさしの選手たちは北海道帯広市で積み上げてきた。
そして、いよいよ迎えたファイナル。勝っても負けても、むさしの夏はひとまずここで終わる。
胸に刻んできた思い出の量や価値を考えれば、試合の結果がどうなろうとも、今大会はハッピーエンドと言えるだけのことをやってのけてきた。
でも、やるからには勝って東京に帰りたい。横浜F・マリノスジュニアユースとの、最後の戦いに挑んだ。 

《前半》
「色んな方々の支えがあって、ここまで来られたことはお前たちも理解していると思う。父兄の方々やスタッフ、サポーターの皆さん。そして、この帯広ではホテルの方々や大会を運営してくれている方々の支えがあって、みんなは試合ができている。そうした支えに応えるためにも、むさしらしく、楽しんで、楽しませるサッカーをしよう!」
京増コーチのそうした言葉を胸に、今大会最後の試合となるこの決勝戦でも、むさしの選手たちはアグレッシブにパスをつなぎ、走り回った。
そうしたなかで立ち上がりに光ったのはGK萩原の好守だ。3分に2本のシュートを浴びたものの、そのどちらも萩原が落ち着いてファインセーブ。
頼れるGKの存在が、より一層、フィールドプレーヤーたちに自信を与え、足を前へと向かわせた。
7分には久保が、相手ゴールの隅を狙う鋭いシュートで脅かすと、13分には戸坂がヘディングで狙い、18分には天野が思い切りよくミドルシュートを放つ。
18分には再び萩原が好セーブを見せてチームに勢いを与えると、直後には再び戸坂が惜しいシュートを打つ。
守備がチームにリズムを与え、鋭い攻めを引き出す。守備と攻撃の歯車は見事に噛み合っていた。
だが、勝負とは恐ろしいもので、もちろんマリノスの実力もあるのだが、そうした展開のなかでひとつのプレーが試合の行方を大きく変えてしまう。
38分、マリノスは攻め込まれながらもむさしのパスを鋭くカットし、そこから一発のカウンターを仕掛けてきた。
中盤でバスを受けた相手のFW中丸が力強く持ち込んで左足でゲット。前半終了間際の一瞬の隙から、むさしは先制点を許してしまった。

《後半》
迎えた後半は、前半よりもさらにアグレッシブさを出して同点、さらには逆転を目指していきたいところだったが、立ち上がりに再び背後を取られてしまう。
42分、44分と続けて中丸にドリブルシュートを叩き込まれてしまい、点差を一気に3点とされてしまう。
3点差。今大会始めてつけられた大きな差だが、そうした状況でも決して気持ちを折らないこともまた、むさしのスタイル。
それまで以上に積極的にボールを動かし、マリノスゴールに向かって突き進んでいく。
「諦めるな!」。ベンチからも、ウォーミングアップをしている控え選手たちからも盛んに声が飛ぶ。
そして、その声に押されるようにむさしの選手たちは前へ前へと走り続ける。
途中投入された今村も力強いドリブルから積極的にシュートを放つなど、なんとかして流れを変えるべく必死に戦う。
もちろん、それ以外の選手も同じ。状況は苦しい。だが、繰り返しになるが、どんな状況でもむさしのスタイルは変わらない。
これまでの試合でもそうだった。勝っている試合でも、決して気を緩めることなく追加点を狙い続けた。
「守りに入っても、面白くないだろ」。ベンチから飛んできた声は、いつだって攻めを促すもの。
ならば、3点もリードされたこの展開では、やることは決まっている。いつも以上にむさしのサッカーを出していくだけだ。
69分には水多が、71分には天野が思い切りよくシュートを放つ。そのたびに周囲からは拍手や激励の声が飛ぶ。
攻めて攻めて、点を取る。1点取れば流れは変わるはず…。誰もがそう信じ、前を向いた。
しかし、残念ながらここで無情のタイムアップ。あと一歩に迫っていた頂点へは、たどり着くことはできなかった。

 悔しい。あまりにも悔しい。試合後の選手たちの表情には、たくさんの涙があった。すぐ隣には、歓喜に沸く相手チームの姿が。
でも、そうした悔しさに溢れるときだからこそ、むさしらしく、視線を上げ、前を向いて東京に戻ってきて欲しい。
自分達の目指すゴールに向かって、前へ前へと歩みを進めて欲しい。
この大会での経験、思い出があったからこそ、今がある。そうやって力強く振り返えられるときが、いつの日か必ずやってくるはずだ。
それ行け、俺達のFC東京U-15むさし。

今大会、遠く北海道帯広市で、数多くのサポーターの皆さまから熱いご声援を頂きました。
本当にありがとうございました。むさしの戦いはこれからも続いていきます。今後とも、よろしくお願い申し上げます。

いよいよ決勝戦 全員でウォーミングアップ 決勝戦を戦うスタメン 最後まで一緒に闘ったサポーターに挨拶 全員での集合写真
いよいよ決勝戦 全員でウォーミングアップ 決勝戦を戦うスタメン 最後まで一緒に闘ったサポーターに挨拶 全員での集合写真
次試合
この試合結果により本大会を準優勝で終了いたしました。

本日も、選手たちへ温かいご声援をいただき誠にありがとうございました。
今後とも、FC東京U-15むさしへのご声援をよろしくお願いいたします。
8/11(火) 帯広の森球技場B(キックオフ 11:00)
第30回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 準決勝

[ 3 - 2 ] 京都サンガF.C.U-15

FC東京得点者
オウンゴール(20分)、36,久保 建英(26分)、11,今村 涼一(78分)
FC東京出場選手
GK 16,萩原 颯都
DF 3,山登 一弥、2,田中 彰真、13,竹浪 良威、5,天野 悠貴
MF 17,寺山 翼、8,中谷 太地、7,水多 海斗
FW 9,長澤 壮竜→12,牛田 陸也(76分)、28,戸坂 隼人→11,今村 涼一(74分)、36,久保 建英
寸評
[リザーブ]
GK:1,橋本 颯、20,山田 翔之介
DF:4,鈴木 智也
MF:6,三浦 颯太、10,平川 怜、14,佐々木 大貴
FW:15,赤井 裕貴

○試合レポート
「ここまで来たんだから、楽しもう! 相手に突破されたとしても、戻ればいいだけだろ? 今日もたくさんの人が応援に来てくれている。楽しんでもらおう!」
試合前の京増コーチの言葉も、むさしのスタイルを凝縮したもの。何度も記してきたが、楽しんで、楽しませて、元気よく相手ゴールに迫る。これがむさしの目指すサッカーだ。

《前半》
立ち上がりからそのスタイルは存分に披露される。6分、10分と続けて久保が相手ゴールを脅かすと、11分には寺山がゴールネットを揺らすもオフサイドの判定で取り消される。
難敵・京都を相手にも少しも臆することなく攻撃を仕掛け続けた。
守備陣も積極的に高いポジションを取り、背後を狙われたとしても周囲の選手がしっかりカバーしてほころびを作らない。
攻守両面がガッチリと噛み合っている。
スコアが動いたのは20分、相手ゴール前の混戦から相手のオウンゴールが生まれて先制。まずはリードを奪う。
オウンゴールと記すと、幸運な出来事に思うかもしれないが、これもむさしの選手たちが積極的に相手ゴール前に飛び込み、圧力をかけたから。
記録としてはオウンゴールだが、チームとした奪った得点と言っていいだろう。
続いては26分、相手ゴール前でこぼれ球を拾った久保が、慌てず、落ち着いてボールをコントロールして左足でゲット。
その後も積極的な攻撃を続け、主導権を握ったまま後半へと折り返す。

《後半》
試合の流れは変わる。2点を追う京都が気合いをさらに入れ直し、猛然とむさし陣内へと押し込んできた。
ビハインドを負ったチームがパワーを強めてくるのは一般的な展開ではあるが、前半に主導権を握られた悔しさもあってか、この後半の京都のパワーはもの凄かった。
セカンドボールへと寄せも早く、マイボールはダイナミックに前方へ配球。
そして57分、中盤でパスカットを許すと、そのまま持ち込まれてシュートを沈められてしまう。
2-1。まだ1点のリードがあるが、1点差に迫られた重圧もゼロではない。
今大会、2-0のスコアから逆転された経験も、0-2から逆転した経験もしている。
次の1点が本当に大きな意味を持つ。そう気を引き締め直し攻守を整えたが、その「次の1点」を奪ったのは…京都だった。
60分、CKからヘディングで叩き込まれてしまい、同点とされてしまう。
こうなると勢いは京都。長短織り交ぜたパスワークにドリブルも加え、勢いづいて攻め込んでくる。
もちろん、これらに対してはむさしの守備陣が粘り強く対応していたが、なかなか流れをストップするまでには至らない。守備の時間が続く。
しかし、そこでチームに活力を与えたのが、ベンチからの声だったように思う。
「守りに入っても、つまんないぞ!」
そう、むさしが目指すのは守備のゲームではない。積極的にボールを奪い、相手ゴールに迫ろうとするのが基本的なスタンス。
この声を聞いた選手達は、原点を思い出したかのように積極的にボールを奪いに前に出て、突破されても、他の選手がカバー。“らしさ”が戻ってきた。
そして試合のクライマックスが訪れる。
終了間際の78分、敵陣中央から久保が前方にパスを送ると、その先にいたのは途中投入されたばかりの背番号11。今村だ。思い切りよく左足を振り切ると、ゴールネットは大きく揺れた。
むさしベンチも大きく沸いた。全員が抱き合った。3-2。大きな大きな1点が、むさしをファイナルへと導いた。
たくさんの想いが詰まったパスを、責任を持ってゴールに蹴り込む。まさにストライカーの仕事だった。まさに、男の仕事だった。

さあ、いよいよファイナルだ。2枚しかないファイナル行きのチケットの、1枚を掴んだのはむさし。
そしてもう一枚を掴んだのは、横浜F・マリノスジュニアユースだ。決勝戦なのだから、説明するまでもなく相手は強いに決まっている。
でも、むさしだって同じファイナリスト。力があることをしっかり証明してみせた。
ならば、あとは自分達の持つ力を出し切るだけ。見る人を楽しませ、自分達も楽しんで。そうやってあと一歩、歩みを進めよう。

そして本日も遠く北海道帯広市で、数多くのサポーターの皆さまから熱いご声援を頂きました。心から御礼申し上げます。
今大会も残すところあと1試合。引き続き、応援をよろしくお願い致します。
京増コーチから激が飛ぶ 円陣を組んで団結 本日のスタメン 守備陣も集中力を切らさない 決勝点直後
京増コーチから激が飛ぶ 円陣を組んで団結 本日のスタメン 守備陣も集中力を切らさない 決勝点直後
次試合
第30回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 決勝
8月12日(水)
11:00キックオフ
vs横浜F・マリノスジュニアユース
会場/帯広の森陸上競技場
8/9(日) 帯広の森 球技場A(キックオフ 13:00)
第30回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 ラウンド8

[ 7 - 0 ] 川崎フロンターレU-15

FC東京得点者
3,山登 一弥(16分)、28,戸坂 隼人(18・32分)、36,久保 建英(30・33・37分)、9,長澤 壮竜(43分)
FC東京出場選手
GK 16,萩原 颯都
DF 3,山登 一弥、2,田中 彰真、13,竹浪 良威、5,天野 悠貴→12,牛田 陸也(50分)
MF 17,寺山 翼、8,中谷 太地、7,水多 海斗→11,今村 涼一(72分)
FW 9,長澤 壮竜→6,三浦 颯太(60分)、28,戸坂 隼人→15,赤井 裕貴(69分)、36,久保 建英→14,佐々木 大貴(56分)
寸評
[リザーブ]
GK:1,橋本 颯、20,山田 翔之介
DF:4,鈴木 智也
MF:10,平川 怜
FW:

○試合レポート
大会が始まってから、休養日も含めて7日目。
既に帰路についたチームもあるなかで、むさしは一歩一歩しっかりと戦い抜き、今日もまた北海道でチャレンジを続けている。
北海道帯広市で開催されている第30回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)はいよいよ準々決勝。
グループリーグでは悔しい逆転負けを喫して涙も流したし、怪我人も出てしまった。
でも、それらを力に変えながらこの帯広の地で過ごしてきたからこそ、今日の試合がある。体力的にも踏ん張りどころだ。そして力の尽くしどころだ。 
試合前のミーティングで京増コーチが送ったアドバイスは極めてシンプルだった。
「冷静に、激しく。むさしらしいサッカーをしよう! 見ている人に楽しんでもらうためにも、まずはお前たちがサッカーを楽しめ!」
楽しんで、楽しませる。まさにむさしスタイルの原点とも言えるメッセージを送られた選手たちは、結果、この日も躍動することになる。

《前半》
序盤、むさし、フロンターレがそれぞれ攻め合う拮抗した展開となっていたが、両サイドバックの積極的な攻め上がりを織り交ぜたむさしが次第に数的優位な局面を増やし、ボール支配

の時間も増やしていく。
スコアが動いたのは16分。水多からのパスを受けた山登が左足のキックで冷静に流し込んで先制点をゲット。
すると18分には久保からのパスを受けた戸坂が左足で決めて追加点。むさしは早い時間帯に2点のリードを得ることに成功した。
それでもむさしの選手たちは少しも気を緩めることはない。
この大会では2点のリードを覆されたり、逆にひっくり返しもした。
まだ何が起こるかわからない。だからこそ、チームは猛然と追加点を奪いに出た。
その後も積極的にシュートを狙っていくと、30分には久保が巧みなボールコントロールから左足で叩き込むと、32分には戸坂が力強くフィニッシュ。
そして33分、37分と続けて久保が左足でネットを揺らしてハットトリックを達成した。

《後半》
6-0と大きなリードを得て後半へと折り返す展開となったが、ここでも気持ちが緩まないのがむさしの良さだ。
「もっと取りにいくぞ!」と自然と声が出る。
そしてコーチ陣からも「お前たちが40分間で6点取れたんだったら、相手だって取れる可能性は充分あるんだぞ。緩めるなよ!」と檄が飛ぶ。
むさしがさらにひとつになった瞬間と言えるかもしれない。
後半も開始直後に長澤が流し込んで7点目を奪う。
その後は、まずは1点を変えそうとハードに攻め立ててくるフロンターレの勢いともぶつかって互角の展開となる。
追加点こそなかなか奪えないものの、「守りに入るつもりはないぞ!」とさかんにベンチから声が飛び、チームの積極性は少しも低下しない。
今村ら途中出場の選手も精力的に相手ゴールへと迫り、惜しい場面を何度も作り出していた。
これがむさしのサッカーだ。そのスタイルを存分に発揮して、7-0でフロンターレを下してみせた。

次なる戦いはいよいよセミファイナル。対戦相手は京都サンガU-15。関西の強豪とあって、言うまでもなく少しも気の抜けないところ。
ここまで来るとつい頂点を意識してしまいがちだが、やはり大事なのは一戦必勝。
目の前の試合に集中し、ファイナルへの道筋を作りたい。

そして本日も遠く北海道帯広市で、若干気温の高いなか多くのサポーターの皆さまから熱いご声援を頂き、ありがとうございました。
心から御礼申し上げます。次戦はいよいよ準決勝。残り試合もよろしくお願い致します。
ウォーミングアップでステップワークを確認 選手整列 本日のスタメン ゴール前の攻防 駆け付けたサポーターと勝利を喜ぶ
ウォーミングアップでステップワークを確認 選手整列 本日のスタメン ゴール前の攻防 駆け付けたサポーターと勝利を喜ぶ
次試合
第30回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 準決勝
8月11日(火)
11:00キックオフ
vs京都サンガF.C.U-15
会場/帯広の森球技場B
8/8(土) 帯広の森球技場A(キックオフ 13:00)
第30回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 ラウンド16

[ 4 - 2 ] セレッソ大阪 西U-15

FC東京得点者
36,久保 建英(42分)、3,山登 一弥(59分)、7,水多 海斗(79・80分)
FC東京出場選手
GK 1,橋本 颯
DF 4,鈴木 智也→3,山登 一弥(50分)、2,田中 彰真、13,竹浪 良威、5,天野 悠貴→12,牛田 陸也(80+3分)
MF 17,寺山 翼、8,中谷 太地、7,水多 海斗
FW 9,長澤 壮竜、28,戸坂 隼人、36,久保 建英
寸評
[リザーブ]
GK:16,萩原 颯都、20,山田 翔之介
DF:
MF:6,三浦 颯太、10,平川 怜、14,佐々木 大貴
FW:11,今村 涼一、15,赤井 裕貴

○試合レポート
前日に引き続き、心地よい涼風が吹く北海道帯広市。
グループリーグ時よりもグッと気温が下がってはいるものの、それに反比例するように大会が進むにつれて緊張感は高まっていく。
むさしが挑んでいる第30回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)はラウンド16に突入し、負ければそこで敗退というシチュエーションこそ前日となにも変わらない。
それでもやはり、ラウンドが進めば進むほど重圧が増すのがこの世界の常だ。
この日の相手はセレッソ大阪 西U-15。グループリーグでむさしが敗れた、JFAアカデミー福島U-15を前日に下していることからもわかるように、難敵であることは明らかだった。 

《前半》
試合が始まると、それがより明確になっていく。
開始直後に戸坂がドリブルで仕掛けたり、久保が直接FKからゴールを狙うなど勢いを見せ、むさしはテンポよくボールも動かしていたが、セレッソは要所で落ち着いてそれを阻み、守備から攻撃へと転じた際にはスピーディにグループで前に出てくる。
パスワークも素早く、力強い。ジワリジワリとむさしは押し込まれるようになる。
そして12分、左サイドからのクロスのこぼれを蹴り込まれると、20分にはゴール前の混戦から頭で押し込まれる。
前半途中の時点で0-2のスコアとされ、言うまでもなく苦しい展開となっていった。
だが、ここで気持ちが折れないのがむさしの良さだ。
なぜならば、自分たちは2-0から試合をひっくり返された悔しい経験を、まさにこの大会で積んだばかり(グループステージ第2戦、JFAアカデミー福島戦)。
「まだこれからだぞ!」。選手たちは口々にそう発し、直後に久保がドリブル突破から積極的にシュートを狙っていくなど、ファイティングポーズは少しも崩れない。
攻撃時には、どの選手もとにかくゴールを見据えていた。

《後半》
「ここからひっくり返せたら、面白いだろ!」
ハーフタイムに京増コーチが送った言葉が、選手達の背中をさらに強く押した。
42分、後半開始早々にいきなり久保がドリブル突破からシュートを叩き込むと、この得点を境に試合の流れはドラマティックに大きく変わる。
そしてドラマの主役はもちろん、むさしだ。
45分に水多がクロスを上げてチャンスを作ると、49分にも再び水多がミドルで狙う。直後には久保が頭から飛び込み、53分には戸坂が鋭いシュートを放つ。
同時に、相手ボール時にはどの選手もハードワークを見せ、前半のように簡単には押し込まれない。むしろ、押し込むようになってきた。
そして59分、途中出場の山登が右サイドを攻め上がり、そこから逆サイドネットに突き刺さる見事なシュートを叩き込んでスコアを振り出しに戻すと、むさしはさらに勢いづく。
両サイドを幅広く使い、スピーディに展開するパスワークは相手の足を止め、試合を支配する。
そうやってチャンスの山を築き続けると、その猛攻が結実したのは終了間際。
79分、80分と水多が続けてゴールネットを揺らし、勝負あり。
むさしは笑顔いっぱいにタイムアップの笛を聞いた。

さあ、勢いを止めるな。次なる戦いは9日のラウンド8だ。
対戦相手は川崎フロンターレU-15に決まった。関東予選で敗れた相手だけに、言うまでもなく厳しい戦いになることは間違いないが、ここもチーム一丸となってリベンジを果たしたいところ。
むさしらしいサッカーで、さらなる高みを掴み取る場面だ。

 
そして本日も遠く北海道帯広市で、たくさんのサポーターの皆さまから熱いご声援を頂き、逆転勝利を果たすことができました。
心から御礼申し上げます。今後ともよろしくお願い致します。
ウォーミングアップで気持ちを高める 総力戦で戦う ゴールマウスを守った橋本 激しい空中戦 諦めない姿勢が勝利を呼び込んだ
ウォーミングアップで気持ちを高める 総力戦で戦う ゴールマウスを守った橋本 激しい空中戦 諦めない姿勢が勝利を呼び込んだ
次試合
第30回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 ラウンド8
8月9日(日)
13:00キックオフ
vs川崎フロンターレU-15
会場/帯広の森球技場A
8/7(金) 帯広の森 球技場A(キックオフ 13:00)
第30回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 ラウンド32

[ 2 - 1 ] FC多摩ジュニアユース

FC東京得点者
36,久保 建英(40+1分)、4,鈴木 智也(40+4分)
FC東京出場選手
GK 20,山田 翔之介→1,橋本 颯(36分)
DF 4,鈴木 智也、2,田中 彰真、13,竹浪 良威、5,天野 悠貴
MF 17,寺山 翼、8,中谷 太地、10,平川 怜→9,長澤 壮竜(6分)
FW 7,水多 海斗、11,今村 涼一、36,久保 建英
寸評
[リザーブ]
GK:16,萩原 颯都
DF:3,山登 一弥
MF:6,三浦 颯太、12,牛田 陸也、14,佐々木 大貴
FW:15,赤井 裕貴、28,戸坂 隼人

○試合レポート
グループステージを終え、1日の休養日を挟むと天候は一変。
試合開始時の気温は2日前のそれから15℃以上も下がって19.7℃。涼風も通り抜けるため体感気温はより低い。
「涼しい」を通り越して「肌寒い」とも言えそうな北海道帯広市で、むさしは新たな戦いの場に挑む。
ノックアウトステージ初戦の相手はFC多摩ジュニアユース。負ければそこで、むさしの夏はひとまず終わる。
これから始まるのは、そういう戦いだ。

 「因縁の相手」
試合前のミーティングで京増コーチはそう発した。相手の多摩は今年に入ってすでに2度対戦をしており、どちらもPK戦までもつれこんでいる。
「相性は良くない。一番当たりたくなかった相手だ」とも言葉は重ねられた。
だが、それらは決してネガティブな意味合いでの言葉ではない。相手が難敵だからこそ、「この試合での勝利には価値がある」と京増コーチは強調した。
 
《前半》
試合が始まってみると、あらためて言うまでもなく苦しい展開となる。スピーディかつパワフルな攻守を仕掛けてくる多摩に対して、押し込まれそうな流れにもなりつつある。
後方からしっかりパスをつないでいくのがむさしのスタイルだが、それも簡単にはやらせてくれない。多摩は力強く封じてくるし、ダイナミックな攻めで圧力もかけてくる。
でも、そうした展開だからこそ、むさしのスタイルが色濃く発揮されていたように思う。象徴的だったのは10分頃の出来事だ。
後方から細かくパスをつないでビルドアップをしようとした場面で、DFの足がもつれて危険なエリアでボールを奪い取られてしまい、大ピンチとなる。
ともすれば、そのプレーをきっかけに後方でパスをつなぐことを恐れてしまっても不思議ではない場面だが、その直後にもむさしはGKからDFにパスを渡し、つなぐサッカーを継続していった。
「勇気を持て!!」とベンチからの声。そう、これこそがむさしのサッカー。ビビらず、怖がらずにパスをつなぐ。奪われたら、また奪い返せばいい。
試合はその後も苦しい展開が続いていった。粘り強く戦い、スコアこそ0-0のまま時計の針を進めることができてはいたが、6分に平川が、36分にはGKの山田がともに負傷退場を余儀なくされた。
この試合からは延長戦があることを考えても、苦しい流れである。
だが、この日のむさしは“らしさ”を色濃く発揮しただけでなく、頼もしさも見せていた。負傷で退いていく選手にチームメイトが「大丈夫、あとはオレらがやるからさ」と声をかけ、そしてその言葉通りにやってみせた。
40+1分、リスタート後に生まれた相手ゴール前での混戦から久保が決めると、40+4分には左サイドを攻め上がった鈴木が鋭く左足を振り抜いてゲット。2-0で後半へと折り返した。

《後半》
後半はまさにタフなゲームだった。多摩が前半以上にパワフルに攻め込み、仲間の気持ちを背負ったむさしの選手たちがそれをハードワークで押し返す。
身体を張ってボールを奪い、そこから素早くパスを動かして攻撃に転じる。そして再び多摩が押し返してくる。
そんな緊張感いっぱいの一進一退が北の大地で繰り広げられた。
なかでも光ったのは交代で出場したGK橋本の攻守だ。46分、49分と立て続けに相手のシュートを俊敏にセーブし、味方に勇気を与えていた。
67分にPKを献上してしまい、1点差に迫られてしまったものの、この日のむさしにはそうしたシチュエーションに怯まない逞しさがあった。
同点を目指してよりパワーを持って攻め立ててくる相手に対し、ハードかつ冷静な攻守で応対。
そのままタイムアップの笛を聞くという、見事な戦いぶりで次のラウンドに駒を進めてみせたのである。
大会が進むにつれて、チームがより力をつけている印象がある。
  
次なる戦いは8日のラウンド16。セレッソ大阪西U-15と、この日と同じ帯広の森球技場Aで対戦することが決まった。
相手はグループステージでむさしが敗れた、JFAアカデミー福島U-15を下して勝ち上がってきたチームだけに、強敵であることは間違いない。
これまで以上に総力上げての戦いが求められそうである。 

 
本日も遠く北海道帯広市で、たくさんのサポーターの皆さまから熱いご声援を頂きました。心から御礼申し上げます。今後ともよろしくお願い致します。
試合前のアップでグランドを確認 円陣を組み集中力を高める ゴール前の激しい攻防 今村がゴールに迫る 明日の試合に向けて準備はすでに始まってる
試合前のアップでグランドを確認 円陣を組み集中力を高める ゴール前の激しい攻防 今村がゴールに迫る 明日の試合に向けて準備はすでに始まってる
次試合
第30回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 ラウンド16
8月8日(土)
13:00キックオフ
vsセレッソ大阪 西U-15
会場/帯広の森球技場A
8/5(水) 中札内 交流の杜B(キックオフ 12:20)
第30回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 グループステージ第3日

[ 11 - 0 ] アンフィニMAKIU-15

FC東京得点者
11,今村 涼一(2・19分)、9,長澤 壮竜(12・26・59分)、36,久保 建英(16・33分)、8,中谷 太地(22分)
15,赤井 裕貴(40+2分)、3,山登 一弥(60分)、14,佐々木 大貴(78分)
FC東京出場選手
GK 20,山田 翔之介→16,萩原 颯都(HT)
DF 4,鈴木 智也、2,田中 彰真→3,山登 一弥(HT)、13,竹浪 良威→14,佐々木 大貴(49分)、5,天野 悠貴
MF 17,寺山 翼、8,中谷 太地、10,平川 怜→6,三浦 颯太(HT)
FW 9,長澤 壮竜、11,今村 涼一→15,赤井 裕貴(33分)、36,久保 建英
寸評
[リザーブ]
GK:1,橋本 颯
DF:
MF:7,水多 海斗、12,牛田 陸也
FW:28,戸坂 隼人

○試合レポート
前日までと同様に、この日もカラッと晴れた北海道帯広市。この日は全国的に気温が高かったこともあり、北の大地とはいえ会場となった中札内交流の杜も気温が上昇。公式記録による試合開始時の気温も36.6℃と暑さは増した。
もちろん、北海道らしく湿度は低いため首都圏などのそれとは状況は異なり、そしてそんな天候のなか、むさしは大躍動を見せた。対戦相手は地元北海道のアンフィニMAKI.FCだ。

《前半》
「(3試合目で)体力的にキツいとは思うけど、相手より一歩でも速く足を出せ。気持ちで相手を上回ろう。より『勝ちたい!』と思ったほうが勝つ試合になるぞ」
試合前のミーティングでそうコーチ陣から声をかけられたむさしの選手たちは立ち上がりから猛然と相手ゴールに迫る。
2分に今村がいきなり先制点を奪うと、その1分後には久保がフリーで抜け出すもオフサイド。
8分には久保が相手に囲まれながらキープして出したスルーパスを鈴木が受けてシュートを狙うも、これは惜しくもバーの上。
立ち上がりからほとんどの時間をむさしがボール保持し、相手の気迫あふれる守備に阻まれる場面も多かったものの、押し込む展開となる。
2点リードからの逆転負けを喫した前日の悔しさもあるのだろう。ピッチ上の先発メンバーも、ベンチから声を枯らすメンバーも目の色が違う。
そして12分、相手DFラインの背後に飛び出した長澤がゴール前で粘り強く足を延ばして2点目を挙げると、ここからはゴールラッシュ。
16分にドリブルで持ち込んだ久保が決め、19分には今村が再びゲット。
22分には久保のシュートがポストに当たった跳ね返りに中谷が鋭く詰めて5点目。
33分には平川のシュートを相手GKが弾いたところに久保が詰め、40+2分には今大会初出場を果たした赤井が中央から冷静に決めて、むさしは前半だけで8点ものリードを奪ったのだ。

《後半》
後半に入ると、アグレッシブな戦いを続けてくるアンフィニMAKIにチャンスを作られる局面もあったが、むさしのほうも途中出場の選手たちが強い意気込みでプレーを仕掛け、前半以上に迫力のある戦いぶりを見せる。
後半の立ち上がりこそ得点を決めきれなかったものの、迎えた59分、赤井が相手ペナルティエリア内で体を張って競ったこぼれを長澤が拾ってゲット。
続く60分には左から展開されたパスを右サイドで受けた山登が、逆サイドのポストに当ててゴール内に落とす巧みなファインゴールを決めて観客をうならせた。
仕上げは78分。中盤からのスピーディな縦パスで飛び出した佐々木が相手GKと1対1になって、これを落ち着いて決める。
むさしが計11ゴールを挙げる快勝でグループリーグを2勝1敗で締め括り、Cグループの2位となって7日からの決勝トーナメント進出を決めている。
 
本日も遠く中札内で、暑いなかたくさんのサポーターの皆さまから熱いご声援を頂きありがとうございました。
これからはじまる決勝トーナメントでも、むさしらしいアグレッシブなスタイルで戦い抜いていきますので、今後ともご声援のほどよろしくお願い申し上げます。
GK陣は唐島GKコーチを中心に良い準備をする 円陣を組み団結 試合は終始東京が支配 得点への意欲を見せ続ける サポーターも横断幕を掲出しチームを鼓舞
GK陣は唐島GKコーチを中心に良い準備をする 円陣を組み団結 試合は終始東京が支配 得点への意欲を見せ続ける サポーターも横断幕を掲出しチームを鼓舞
次試合
第30回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 ラウンド32
8月7日(金)
13:00キックオフ
vsFC多摩ジュニアユース
会場/帯広の森球技場A
8/4(火) 帯広市 グリーンパークA(キックオフ 12:20)
第30回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 グループステージ第2日

[ 2 - 4 ] JFAアカデミー福島U15

FC東京得点者
11,今村 涼一(15分)、36,久保 建英(18分)
FC東京出場選手
GK 20,山田 翔之介
DF 4,鈴木 智也→3,山登 一弥(52分)、2,田中 彰真、13,竹浪 良威、5,天野 悠貴
MF 17,寺山 翼、8,中谷 太地→12,牛田 陸也(58分)、10,平川 怜
FW 7,水多 海斗→9,長澤 壮竜(59分)、11,今村 涼一→28,戸坂 隼人(67分)、36,久保 建英→14,佐々木 大貴(71分)
寸評
[リザーブ]
GK:1,橋本 颯、16,萩原 颯都
DF:
MF:6,三浦 颯太
FW:15,赤井 裕貴

○試合レポート
前日に引き続き、この日も晴天に恵まれた北海道帯広市。
例年よりも若干、湿度は高めではあるが、時折吹く涼風が心地よい。
グループリーグ2戦目は帯広市グリーンパークAへと場所を移し、JFAアカデミー福島U15との対戦だ。

 試合前のミーティングでは守備についての確認が強調された。積極的なプレッシングからのボール奪取など、高いポジションの選手の守備についても整備されていた。
ただし、それは決してディフェンシブに戦おうというものではない。「相手にボールを持たれるサッカーは面白くないだろ? だから、積極的にボールを奪いにいこう!」と京増コーチ。「見ている人にもむさしのファンになってもらえるような、そんなサッカーを目指していこう!」ともミーティングでは発せられ、その後の円陣では「暴れようぜ!」との声も出て選手達の意気込みが最高潮に達しキックオフ。

《前半》
4-0のスコアで快勝した前日の試合と、同じ先発で挑んだとあってむさしはこの日もスタートから勢いそのまま。
立ち上がりに得たPKこそ相手GKの攻守に阻まれてしまったものの、その後も躍動感あふれる攻撃で攻め立てる。
12分に久保がクロスに飛び込んだり、14分にも今村が惜しいシュートを放つなど、攻め立てるだけでなく明確にチャンスも構築していった。
そして15分、田中からのロビングの受けた今村が持ち込み、左足で先制点をゲットすると、続く18分には久保がドリブルで飛び込み、こちらも左足を豪快に振ってゴールネットを揺らす。
開始20分までに2-0のリードを得たとあって、前日に続く快勝も期待される展開となっていた。
しかし、そうそう青写真通りに進んでくれないのがサッカーだ。
ちょっとした隙から27分に失点し、1点差で後半に折り返すと、後半は一進一退の緊迫した展開へとなだれ込んでいく。

《後半》
ハーフタイムに守備の再修正を行い、それが機能し始める。
そしてDF、GKの身体を張って守備もあって後半の立ち上がりはむさしが勢いを持つ。
中谷、寺山のところでボールが落ち着くようになり、それに伴って両サイドを幅広く使った攻撃も展開できるようになる。
平川の鋭いドリブルで何度も右サイド深くまでボールを持ち込み、相手守備を引きつけておいて逆サイドからは鈴木がダイナミックに進入する場面も。
再び2点差にして、主導権を握り直すことも十分に可能な内容にも見えていた。
しかし、67分にCKから失点して追いつかれると、勢いは完全にJFAアカデミーに。
素早くボールを動かしながら、力強く縦に持ち込むプレーにむさしは押し込まれ、何とかボールを奪い返して挽回を目指すも、そこで再び背後を取られるという局面が続く。
73分、77分と立て続けに失点し、前半に一時は2点のリードを得ながらも、後半には逆に2点差をつけられるという何とも悔しい展開とされてタイムアップの笛を聞くこととなった。

試合後の選手たちはさすがに悔しさを隠せない様子だったが、そうした経験もまた、今大会の残り試合さらには今後のサッカー人生にとって貴重な財産となるはずだし、しなければいけない。「幸い、まだ試合はあるのだから、そこでしっかり勝点を取って次のラウンドに進もう」との京増コーチ。明日(5日)の1次ラウンド第3日は「中札内交流の杜B」へと場所を移し、決勝トーナメント進出を懸けてアンフィニMAKI.FCと対戦する。

本日も遠く北海道の帯広市まで、たくさんのサポーターの皆さまにご来場および熱いご声援を頂きありがとうございました。
決勝トーナメンと進出そしてその先を目指して全力で戦い抜きますので、明日以降の試合も、ご声援のほどよろしくお願い申し上げます。
試合前のウォーミングアップ 今日も円陣で気持ちを高める 山田がパンチングで対応 平川は厳しいマークにあう 最後までゴールに迫り続けた
試合前のウォーミングアップ 今日も円陣で気持ちを高める 山田がパンチングで対応 平川は厳しいマークにあう 最後までゴールに迫り続けた
次試合
第30回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 グループステージ第3日
8月5日(水)
12:20キックオフ
vsアンフィニMAKIU-15
会場/中札内交流の杜B
8/3(月) 帯広の森 球技場B(キックオフ 12:20)
第30回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 グループステージ第1日

[ 4 - 0 ] NPO法人ワセダクラブForza‘02

FC東京得点者
4,鈴木 智也(23分)、36,久保 建英(31分)、11,今村 涼一(32・53分)
FC東京出場選手
GK 20,山田 翔之介
DF 4,鈴木 智也→3,山登 一弥(57分)、2,田中 彰真、13,竹浪 良威、5,天野 悠貴
MF 17,寺山 翼、8,中谷 太地→12,牛田 陸也(60分)、10,平川 怜
FW 7,水多 海斗→14,佐々木 大貴(51分)、11,今村 涼一→28,戸坂 隼人(65分)、36,久保 建英→9,長澤 壮竜(50分)
寸評
[リザーブ]
GK:1,橋本 颯、16,萩原 颯都
DF:
MF:6,三浦 颯太
FW:15,赤井 裕貴

○試合レポート
「気温はそれなりにありますけど、ジメジメしていないから過ごしやすいですし、選手達もプレーしやすい気候だと思いますよ」と京増雅仁コーチ。公式記録による試合開始時の気温は32.0℃と決して低いものではない。しかし、ここは北海道帯広市。同じ気温だとしても、首都圏との気候はまったく違う。そして今年、FC東京U-15むさしは4年ぶりとなるクラブユース選手権の全国大会出場を果たし、この北海道への切符を手にしたのだ。初戦の相手はForza’02だ。

「FC東京としてやるべきことは、全国大会でも普段の試合でも変わらない。決して臆病にならず、楽しんで戦おう!」
 試合前のミーティングで京増コーチはそうやって選手達に声をかけた。いよいよ全国大会の初戦が始まるとあって、ウォーミングアップ時の選手達の表情にはどことなく堅さがあったようにも見えたが、この言葉を胸に刻み込んだ選手達はキックオフの笛と同時にアグレッシブな[FC東京U-15むさし]らしいサッカーを展開していく。

《前半》
 GKがボールを持つ場面でも簡単にはロングボールを蹴らず、後方からしっかりパスをつないで攻撃を組み立てる。同じ関東代表である相手のForza’02は練習試合なども含め対戦経験が何度もあるため、むさしのそうした特徴を高い位置からの守備で封じにかかる。

 しかし、むさしは勇気を持ってパスをつないでいった。相手の厳しいチェックに遭いボールロストしてしまう場面は幾度もあったが、奪われたボールは奪い返せばいいだけ。中盤でタフなボールの奪い合いになる局面も多くなっていたが、中谷を中心としたハードワークでここでの主導権を奪い、パスをつなぐスタイルを貫いていった。

 スコアが動いたのは23分。平川からのパスを受けた久保が巧みに左サイドへ展開すると、そこには後方から走り込んだ背番号4が。落ち着いてボールコントロールをすると、豪快に右足を振り抜く! 鈴木が見事にゴールネットを揺らし、むさしに貴重な先制点をもたらした。

 こうなると流れは完全にむさしペース。31分に中谷の折り返しを久保が流し込み、32分には今村が蹴り込んで前半のうちに3-0のスコアとしてしまった。

《後半》
 しかし、ここで気を緩ませないのがむさしの良さだ。前半終了時にも後半開始時にも選手達は口々に「まだ終わってないぞ!」と発し、京増コーチらベンチからの声は前半以上に厳しく飛ぶ。そしてそれに呼応するようにチームは貪欲にボールに食らいつき、47分に平川が惜しいミドルを放ってさらにチームに勢いを与えると、53分には右サイドの狭いエリアから細かくパスをつないで相手ペナルティエリア内まで持ち込み、最後は今村がこの日2点目となるシュートを流し込んだ。

 そして4点差をつけてもむさしの姿勢は変わらない。後方からパスをつないで積極的に攻め込んでいく。61分に牛田が敵陣深くまでダイナミックに持ち込むと、74分、78分には戸坂が思い切りよくシュートを放つ。敵陣でボールを持つたびに「ゴールに向かっていけ!」と声が飛び、攻める姿勢は少しも変わらない。

 終盤こそ、1点でも返そうというForza’02の熱心な攻撃に押し込まれる場面はあったが、攻撃陣だけでなく守備陣も粘り強くプレーを演じシャットアウト。アディショナルタイムの相手クロスもGK山田がガッチリとキャッチしてタイムアップ。攻守両面がガッチリと噛み合ったむさしが、全国大会初戦を見事な勝利でスタートさせた。

 もちろん、課題がゼロなわけではないが、攻守ともにアグレッシブな姿勢を見せ、無失点で初戦を終えたのは上々な結果と言っていいはず。明日(4日)の1次ラウンド第2日は「帯広市グリーンパークA」へと場所を移し、JFAアカデミー福島と対戦する。

本日も遠く北海道の帯広市まで、たくさんのサポーターの皆さまにご来場および熱いご声援を頂きありがとうございました。情熱をぶつけて戦い抜きますので、今後の試合も、ご声援のほどよろしくお願い申し上げます。
試合前のGKウォーミングアップ 大会初戦に向けて円陣で心ひとつに キャプテンの平川 夏場の大会は水分補給が大事になる 勝利をサポーターに報告
試合前のGKウォーミングアップ 大会初戦に向けて円陣で心ひとつに キャプテンの平川 夏場の大会は水分補給が大事になる 勝利をサポーターに報告
次試合
第30回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 グループステージ第2日
8月4日(火)
12:20キックオフ
vsJFAアカデミー福島U15
会場/帯広市グリーンパークA
7/12(日) 施設の都合上、掲載できません (キックオフ 14:00)
2015年度関東ユース(U-13)サッカーリーグ1部第4節

[ 2 - 0 ] 前橋FC

FC東京得点者
38,小林 慶太(34分)、50,煙山 拓(42分)
FC東京出場選手
GK 41,伊藤 凜聖
DF 53,長谷川 大翔、54,上田 晃太郎、42,古屋 颯眞、39,渡邊 夏伊
MF 48,上田 浩大、38,小林 慶太、46,渡邊 風磨→51,栗原 俊真(51分)、49,市川 颯馬
FW 52,須藤 和希、50,煙山 拓
寸評
[リザーブ]
GK:40,桃井 玲
DF:45,大森 理生、44,渡邊 航平
MF:47,渡部 颯太、43,山崎 優來、37,梅原 翔琉
FW:55,栗原 祥太

本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
今後とも温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。

※本大会は公式記録のみの掲載となります。
次試合
2015年度関東ユース(U-13)サッカーリーグ1部第5節
7月20日(月祝)
15:00キックオフ
vs栃木SCジュニアユース
会場/施設の都合上、見学できません
7/11(土) 川場サッカー場(キックオフ 11:00)
第30回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会・関東予選第13代表決定戦

[ 3 - 2 ] 湘南ベルマーレU-15小田原

FC東京得点者
11,今村 涼一(16分)、7,水多 海斗(74分)、3,山登 一弥(79分)
FC東京出場選手
GK 20,山田 翔之介
DF 4,鈴木 智也、2,田中 彰真、13,竹浪 良威、5,天野 悠貴
MF 17,寺山 翼、8,中谷 太地→3,山登 一弥(50分)、10,平川 怜
FW 9,長澤 壮竜→12,牛田 陸也(80分)、11,今村 涼一、36,久保 建英→7,水多 海斗(67分)
寸評
[リザーブ]
GK:1,橋本 颯、16,萩原 颯都
DF:
MF:6,三浦 颯太、14,佐々木 大貴
FW:15,赤井 裕貴

○試合レポート
全国大会出場を賭けた戦いは綺麗に天然芝が整備された群馬県川場村スポーツ広場での開催。
天気も非常に良く、少し強い風が時折吹くなか、試合は湘南のキックオフで始まった。

《前半》
試合前、京増コーチは「このプレッシャーを逆に力に変えて楽しみながら勝とう」と選手を鼓舞。
しかし、東京は少し硬い状況で試合に入ってしまう。
「相手も自分たちを非常に研究して中盤をかなり締めてきていた」と京増コーチが試合後に言うように、序盤は湘南の激しいプレッシャーと気迫あるプレーに押し込まれる時間が続く。
2分、湘南に左サイドを仕掛けられるが田中が身体を張ってCKに逃れる。
さらに7分には右サイドから上げれれたクロスをヘディングで合わせられると、山田が右に横っ飛びでファインセーブ。
守備陣が気迫を見せ先制点を与えない。
東京は10分を過ぎた頃から徐々に落ち着き始め、中盤でのプレスからショートカウンターでチャンスを作り始める。
最初のチャンスは14分、相手陣内中央で平川にボールが渡ると、久保が絶妙なタイミングで飛び出しGKと1対1となるが相手GKの好守に阻まれる。
そして、守備陣の踏ん張りに攻撃陣が答えたのが16分。
平川が相手陣内中央でボールを持つと、今村が裏に抜け出しスルーパスを通す。
今村は相手DFと競り合いながら、ペナルティエリア外に飛び出してきた相手GKにスライディングで一度は防がれるもこぼれ球を拾い無人のゴールに流し込み先制する。
さらに追加点を狙う東京は21分に左CKからクリアーされたボールを拾い再びゴール前にクロスを入れると寺山がヘディングするが枠の外。
お互いに気持ちのこもったプレーが続くなか26分、右サイドから東京ゴール前にボールが入り混戦から押し込まれ同点とされてしまう。
勢いを取り戻した湘南は34、35分と立て続けに中盤からロングシュートを放ち東京ゴールに迫る。
東京も39分に自陣中央でボールを受けた寺山がトリッキーなプレーで相手をかわしドリブルで進むと今村が裏に飛び出し、そこにボールを繋ぎドリブル。
相手DFと競り合いながら粘り右CKを獲得。
一度は相手DFにクリアーされるもCKを蹴った久保が再び拾いドリブル開始。切り込みながら相手DFをうまく外し左足でニアサイドを狙うもポストに阻まれる。
前半は同点のまま折り返す。

《ハーフタイム》
京増コーチは「サイドをシンプルに使おう。DFラインは相手のマークを必ず確認することを忘れないように。ここからが勝負。自分たちの気持ちを出していこう。」と攻守の部分とメンタル面を含めた具体的な指示を出し選手を後半のピッチへと送り出した。

《後半》
固さもとれてきた東京は後半開始直後から湘南ゴールに迫る。
41分、左サイドを鈴木・長澤・平川がパスワークで崩しにかかるが、相手DFが防ぐ。そのこぼれ球を久保が拾いドリブルで中に切り込むが再び相手DFがクリアーしCKを獲得。
そのCKからボールが逆サイドに流れ、もう一度ゴール前に送ると寺山がヘディングで合せるも惜しくも枠の外。
45分にはペナルティエリア左角すぐ外で長澤が倒され、FKを今村が右足でニアサイド上を狙うも枠を捉えず。
さらに50分には右CKを久保が直接ゴールを狙うが相手GKがパンチングし左CK。
押し込むが得点を獲れないという状況が続くと、この左CKからカウンターを受け失点してしまい1-2となる。
東京は中谷に代わって山登が入り、ポジションを代える。
59分にはその山登のクロスから長澤がヘディングシュート。
さらに60分にはビルドアップから山田に戻すと中盤中央にいた久保にフィード。これを久保が長澤にヘディングで繋ぐと、裏に走り込む今村にパス。
今村は相手GKと1対1になるが一度は防がれるもこぼれ球を再び今村が拾いシュートするが僅かにゴール左に外れる。
すると、65分に東京はまたもカウンターを受け左サイドを突破される決定的なピンチを招くも、山田が1対1を防ぎ追加点を許さない。
ここで久保に代え水多を投入する。
すると途中出場の二人がチームに再び勢いを与える。
70分に山登・水多・長澤・平川がパスワークでゴールに迫るが相手DFがクリアー。こぼれたボールを再びゴール前に送り長澤がヘディングシュートを放つがポスト。
さらに放ったシュートもポストに嫌われる。
「オー 東京 帯広目指し みんなで声を出し 勝利を呼び込もう」
群馬県川場村スポーツ広場のスタンドに駆け付けた多くの東京サポーターのチャントがピッチで闘う選手を後押しする。
さらにはベンチにいるリザーブの選手もピッチの選手に声をかけチーム一丸となって勝利を目指す。
同点ゴールは74分、高い位置でボールを待っていた鈴木がペナルティエリア左外でボールを受けドリブルで進み内側に切り込みシュート。
懸命に身体を張る相手守備陣に阻まれるが、そのこぼれ球を水多がゴールに叩きこみ同点。
勢いに乗った東京は75分に田中がDFラインでインターセプトしそのままボールを持ちあがりワンツーで突破。
相手DFが一度は防ぐもこぼれたボールを今村が再び狙ったが相手GKがキャッチ。
最後まで『勝つんだ』という執念を見せる東京は終了間際の79分に逆転ゴールを奪う。
サイドチェンジから右サイド深くでボールを受けた山登はドリブルで相手DFに仕掛けながらペナルティエリアに進入。
相手を一瞬外しゴール前にクロスを入れると、相手DFに当たりコースが変わりそのままゴールへと吸い込まれる。
まさに、サポーター・選手・スタッフが一丸となった執念が実を結び4年ぶりとなる全国大会出場を決めた。

【京増コーチ 試合後コメント】
「湘南ベルマーレU-15小田原という非常に良いチームを相手に、先制点を奪い一度は逆転を許すなかで、再び勝ち越せたのは選手の成長とたくましさだった。相手も自分たちを非常に研究して中盤をかなり締めてきていた。サイドを効果的に使えず相手の時間になることが多かった。リードを許してからシステム変更などを行いサイドを使い始めてから流れを掴めた。控えの選手も含め全国に行きたいという気持ちがプレーに出た。いろいろな地域からFC東京U-15むさしには選手が集まってきている。そんな選手たちを今まで指導してきた皆様に感謝したいですし、そんな選手たちが全国大会という舞台でのびのびとプレーできるようにサポートしていきたいです。そしていつも遠方まで応援に来て頂いている、保護者の皆様をはじめファン・サポーターの皆様に感謝しております。全国大会ではそんな皆様に喜んで頂けるように全力を尽くします。」


本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
今後とも温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。

本日のスタメン 先制点を奪った今村は前線で身体を張り続けた 同点ゴールの瞬間 山登がドリブルで仕掛け、この後逆転ゴールが生まれる サポーターと勝利を喜ぶ
本日のスタメン 先制点を奪った今村は前線で身体を張り続けた 同点ゴールの瞬間 山登がドリブルで仕掛け、この後逆転ゴールが生まれる サポーターと勝利を喜ぶ
次試合
この試合結果により第30回 日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会への出場が決定致しました。
7/5(日) 宮城総合運動場(キックオフ 13:00)
第30回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会・関東予選3回戦敗者トーナメント

[ 0 - 0 ] FC多摩JY

FC東京得点者
PK(6-7)
-
FC東京出場選手
GK 20,山田 翔之介
DF 4,鈴木 智也、2,田中 彰真、13,竹浪 良威、5,天野 悠貴
MF 17,寺山 翼、9,長澤 壮竜→3,山登 一弥(65分)、10,平川 怜、8,中谷 太地→36,久保 建英(50分)
FW 11,今村 涼一、7,水多 海斗→28,戸坂 隼人(45分)
寸評
[リザーブ]
GK:1,橋本 颯、16,萩原 颯都
DF:
MF:6,三浦 颯太、14,佐々木 大貴、12,牛田 陸也
FW:15,赤井 裕貴

○試合レポート
関東クラブユースサッカー選手権大会代表決定戦は宮城総合運動場で行われた。
試合は東京のキックオフで始まる。

東京はロングボールで攻めてくる多摩の攻撃に最初は戸惑うも、徐々に対応しセカンドボールを拾うことでリズムをつかむ。
2分、中盤でボールを拾った東京はパスワークの中から右サイド駆け上がった長澤にボールが渡ると、そのままドリブルでカットイン。
シュートを放つが、わずかに枠を外れて先制点とはならず。
時間が進むにつれ、ピッチや相手の攻撃にも慣れてきた東京は攻勢に出る。
16分、ペナルティーエリア付近でボールを受けた水多がドリブルで仕掛けると、ファールを受けてFKを獲得。
これを今村が直接蹴りこむもGKのファインセーブでゴールを阻まれる。
25分、中央をパスワークで突破した東京は中谷が右足を一振りするも、GKがセーブしCK。
そのCKを長澤が正確なボールをゴール前に入れ、水多が頭で合わせるもGK正面。
東京は前半何度も相手ゴールに迫るも0-0で折り返す。

後半も立ち上がりから攻撃の手を緩めない東京。
守備陣は集中したディフェンスでボールを奪いながら、攻撃に繋げテンポを作る。
42分には水多が左足でシュートするが相手GKの好守にあう。
その後も両者一歩も引かず、体のぶつかり合いの激しいゲーム展開であったが、延長戦を含めても0-0とスコアーは動かず、勝負はPK戦にもつれるも惜しくも敗戦。
攻守にわたり非常に集中した厳しい試合であったが選手は最後まで集中して戦った。
次戦全国大会出場を決めるためにも良い準備をしたい。

本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
今後とも温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。
次試合
第30回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会・関東予選3回戦敗者トーナメント
7月11日(土)
11:00キックオフ
vsベルマーレ小田原U-15
会場/川場サッカー場
6/28(日) 川場サッカー場(キックオフ 11:00)
第30回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会・関東予選3回戦

[ 2 - 3 ] 川崎フロンターレU-15

FC東京得点者
9,長澤 壮竜(18分)、7,水多 海斗(26分)
FC東京出場選手
GK 20,山田 翔之介
DF 4,鈴木 智也、2,田中 彰真、13,竹浪 良威→12,牛田 陸也(75分)、3,山登 一弥→8,中谷 太地(73分)
MF 5,天野 悠貴、17,寺山 翼、10,平川 怜
FW 11,今村 涼一→28,戸坂 隼人(70分)、9,長澤 壮竜→36,久保 健英(57分)、7,水多 海斗→14,佐々木 大貴(52分)
寸評
[リザーブ]
GK:1,橋本 颯、16,萩原 颯都
DF:
MF:6,三浦 颯太
FW:15,赤井 裕貴

○試合レポート
素晴らしい天然芝グランドの環境で、第30回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会、関東予選3回戦がキックオフ。

立ち上がりからむさしは、前線から相手ボールを果敢に奪いに行き、相手にペースをつかませない。
12分、中盤で相手ボールを奪い、裏へ抜け出た平川がドリブルで持ち込みそのまま左足でシュート。
これは惜しくも相手DFに阻まれる。続くコーナーキックを寺山が頭で合わせるもGK正面。
18分、左サイドでボールを奪った平川が、鈴木、水多とショートパスをつなぎ相手DFを打開すると水多は右サイドで待つ,、
長澤に正確なクロスボールを合わせる。このボールを受けた長澤がコントロールして豪快にゴールへ叩き込み、待望の先制ゴールを奪う。
守備からゲームの流れを掴んだ東京はその後も相手ゴールに迫る。
22分、前線でボールを奪った水多が左サイドをドリブルで突破し、中央の今村にパス。今村は冷静にシュートを放つも相手GKの正面。
26分、再び前線でボールを奪った平川がドリブルで仕掛けゴールを目指す。
相手DFを十分に引き付けたところで、ゴール前に走り込んだ水多に冷静にラストパス。
これを水多がゴールへ押し込み追加点を奪うことに成功。
その後もむさしが攻撃の主導権を握り、相手ゴールを目指すもなかなか追加点を決めきれない。
すると36分、一瞬の隙を突かれ自陣ゴール前まで攻め込まれ混戦となる。一度はピンチを防ぐも、
こぼれ出たボールを相手にミドルシュートを決められてしまう。
前半は2-1で折り返す。

後半、立ち上がりにピンチを招いてしまうもGK山田を中心にゴールを守り、追加点を目指し攻撃へ出る。
45分今村、46分鈴木と相手ゴール前で決定機を迎えるも、どちらのシュートも枠を捉えることができない。
むさしは選手交代を織り交ぜながら、相手ゴールへの攻撃の手を緩めない。
ところが58分、相手のカウンター攻撃から失点し、同点に追いつかれてしまう。
反撃に出るむさしは、61分、右サイドを天野が平川、久保とショートパスで突破し、クロスボールを上げる。
混戦から最後は鈴木が左足でシュートを放つも枠外。
その後も相手陣内へ攻め込み、ゴールへ襲い掛かるもゴールを奪うことができない。
すると68分、再び相手のカウンター攻撃から突破され、逆転のゴールを許してしまう。
同点に追いつきたい東京は73分、中央をDF陣で固める相手に対し、サイドからの攻撃でチャンスをつくり、平川が個人技で突破しシュートを放つも相手GKに阻まれる。
76分、右サイドをドリブルで持ち込んだ久保が強烈な左足のシュートを放つもクロスバーを叩く。
その後も再三相手ゴールを脅かすが追加点を奪えず、2-3のまま試合終了。
全国大会を目指し3回戦敗者トーナメントで戦うことになった。

本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
今後とも温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。
次試合
第30回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会・関東予選3回戦敗者トーナメント
7月5日(日)
13:00キックオフ
vsFC多摩JY
会場/群馬県宮城総合運動場
6/27(土) 川場サッカー場(キックオフ 11:00)
第30回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会・関東予選2回戦

[ 3 - 0 ] 前橋FC

FC東京得点者
7,水多 海斗(14分)、11,今村 涼一(53分)、12,牛田 陸也(73分)
FC東京出場選手
GK 20,山田 翔之介
DF 4,鈴木 智也→14,佐々木 大貴(77分)、2,田中 彰真、13,竹浪 良威、3,山登 一弥
MF 5,天野 悠貴→28,戸坂 隼人(78分)、17,寺山 翼、9,長澤 壮竜→12,牛田 陸也(60分)、10,平川 怜
FW 11,今村 涼一→8,中谷 太地(71分)、7,水多 海斗→36,久保 建英(52分)
寸評
[リザーブ]
GK:1,橋本 颯、16,萩原 颯都
DF:
MF:6,三浦 颯太
FW:15,赤井 裕貴

○試合レポート
関東クラブユースサッカー選手権大会第2回戦は、群馬県川場サッカー場で行われた。

前橋FCのキックオフで試合が始まる。
開始からしっかりとボールを動かしリズムをつかみたい東京。
2分、中盤でのボール奪取から長澤、平川、水多のパスワークで相手を崩し、水多がシュート。
先制点にはならないが、積極的な攻撃を見せる東京。
守備面でも10分、一瞬の隙を突かれてDFの背後に走られるもGK山田がしっかりと対応。
攻守両面で集中していた東京は14分、中盤でのパスワークからボールを持ち出した寺山が右足でシュートを打つと、一度はポストに当たりゴール前にこぼれるも、
詰めていた水多が冷静に叩き込み先制点を奪う。
前半は勢いに乗ったまま、ゲームのリズムをつかんだ東京はその後いくつかチャンスを作るも決めれず1-0で折り返す。

後半、東京は前半と変わらず攻撃の手を緩めない。
49分、前橋のパスワークを中盤で平川がカットすると、寺山、長澤とパスをつなぎ最後は今村が右足を一振りすると、強烈シュートはポストに当たる。
勢い落とすことなく攻める東京は62分。前橋のコーナーキックをGK山田がキャッチするとそのまま前線に走った水多にフィード。
これが水多に通ると走ってきた平川とのパスワークで相手を崩し、今村に繋ぐと、今村がドリブルで仕掛け、最後はGKをかわし追加点を奪う。
その後も、選手交代でも流れを渡さない東京は、途中交代で出場した牛田が73分にミドルシュートを突き刺しゲームを決める3点目を叩き込んだ。
最後までチャンスを作った東京は3-0で3回戦に進んだ。

本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
今後とも温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。
次試合
第30回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会・関東予選3回戦
6月28日(土)
11:00キックオフ
vs川崎フロンターレU-15
会場/川場サッカー場
6/21(日) ヴェルディグラウンド(キックオフ 18:00)
2015年度関東ユース(U-13)サッカーリーグ1部第3節

[ 0 - 1 ] 東京ヴェルディジュニアユース

FC東京得点者
-
FC東京出場選手
GK 40,桃井 玲
DF 53,長谷川 大翔、44,渡邊 航平、42,古屋 颯眞、39,渡邊 夏伊
MF 48,上田 浩大、38,小林 慶太、46,渡邊 風磨→54,上田 晃太郎(43分)、49,市川 颯馬→51,栗原 俊真(48分)
FW 52,須藤 和希、50,煙山 拓
寸評
[リザーブ]
GK:41,伊藤 凜聖
DF:45,大森 理生
MF:47,渡部 颯太、43,山崎 優來、37,梅原 翔琉
FW:55,栗原 祥太


本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
今後とも温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。


※本大会は公式記録のみの掲載となります。
次試合
2015年度関東ユース(U-13)サッカーリーグ1部第4節
7月5日(日)
14:00キックオフ
vs前橋FC
会場/施設の都合上、見学できません
6/21(日) 南豊ヶ丘フィールド(キックオフ 15:30)
第30回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会・関東予選1回戦

[ 6 - 0 ] VERDY S.S.AJUNT JY

FC東京得点者
7,水多 海斗(28分)、11,今村 涼一(58分)、9,長澤 壮竜(69分)12,牛田 陸也(70分)、17,寺山 翼(73分)、10,平川 怜(75分)
FC東京出場選手
GK 20,山田 翔之介
DF 4,鈴木 智也、2,田中 彰真、13,竹浪 良威、5,天野 悠貴→3,山登 一弥(58分)
MF 17,寺山 翼、10,平川 怜、8,中谷 太地→12,牛田 陸也(65分)、7,水多 海斗→9,長澤 壮竜(56分)、36,久保 建英→14,佐々木 大貴(56分)
FW 11,今村 涼一→28,戸坂 隼人(69分)
寸評
[リザーブ]
GK:1,橋本 颯、16,萩原 颯都
DF:
MF:6,三浦 颯太
FW:15,赤井 裕貴

○試合レポート
梅雨の雨が降りしきる中、第30回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会・関東予選1回戦がFC東京U-15むさしのキックオフで始まった。

序盤、むさしはゴール前で、緊張とスリッピーなグランドに戸惑い、ピンチを招く。
至近距離から撃たれたシュートをGK山田が足に当てて防ぐ。
時間とともに落ち着きを取り戻したむさしは、ボールを動かし始め、徐々に相手ゴールに迫ってゆく。
21分、ペナルティエリア内に侵入した久保のスルーパスを水多がシュートするも相手GKに阻まれる。
待望の先制点は28分に生まれる。
中央を固める相手に対して、平川がサイドチェンジすると左サイドを駆け上がった鈴木がゴール前に走りこんだ水多に丁寧なパスを送る。
水多は、正確なコントロールで相手DFをかわすと冷静にゴールにボールを蹴りこんだ。
その後も攻撃を続けるが、相手守備陣が集中力を切らさずに試合が進み、前半は1-0。

後半、立ち上がりの相手の波状攻撃を守備陣が防ぐと、徐々にチャンスを作り始める。
56分、久保に代えて佐々木、水多に代えて長澤をピッチに送ると、すぐに結果を出す。
57分、右サイドの崩しから、長澤のクロスを今村がきっちり合わせ2点目。
さらに69分には、今村のスルーパスに反応した長澤がGKとの1対1を確実に決め3-0。
4点目は70分、途中出場の山登のクロスを同じく途中出場の牛田が決める。
勢いの止まらないむさしは73分、寺山のミドルシュートがゴールネットを揺らし、75分には平川の技ありループシュートが決まり6-0。
数回に及ぶ相手の鋭い攻撃に対しても、最後まで田中、竹浪のセンターバックが中心になり無失点で抑えて2回戦に駒を進めた。

本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
今後とも温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。
次試合
第30回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会・関東予選2回戦
6月27日(土)
11:00キックオフ
vs前橋FC
会場/川場サッカー場
6/14(日) 日立柏グランド (キックオフ 14:00)
2015年度関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部第16節

[ 1 - 3 ] 柏レイソルU-15

FC東京得点者
10,平川 怜(38分)
FC東京出場選手
GK 20,山田 翔之介
DF 4,鈴木 智也、2,田中 彰真、13,竹浪 良威、5,天野 悠貴
MF 17,寺山翼、8,中谷 太地→3,山登 一弥(50分)、10,平川 怜、36,久保 建英→12,牛田 陸也(65分)
FW 9,長澤 壮竜→28,戸坂 隼人(68分)、7,水多 海斗→14,佐々木 大貴(50分)
寸評
[リザーブ]
GK:1,橋本 颯、16,萩原 颯都
DF:23,森田 慎吾
MF:6,三浦 颯太
FW:15,赤井 裕貴

○試合レポート
試合は柏レイソルU-15のキックオフで開始された。

開始から積極的な守備と攻撃でゴールを目指す東京。
しかし5分、リズムをつかもうとしていた東京は柏のトリッキーなCKから失点してしまう。
序盤に失点してしまった東京だったが10分、中盤の平川、中谷とパスをつなぎ水多がドリブルで仕掛けるFKのチャンス。
長澤が蹴るも得点を奪えない。
東京はボールを動かしリズムをつかみながらゴールを目指す。
21分には平川、水多がパスワークで崩し長澤が、35分には今度は久保にパスがわたりシュートするも、相手GKやDFの体を張った守備にあいゴールこそならないが積極的な攻撃が続く。
すると38分、左サイドの鈴木が柏のパスワークを読みボールを奪取すると、これを平川がドリブルで仕掛ける。
ペナルティエリアでファールをもらいPKを獲得し、これを平川がきっちりと決めて同点とし前半を折り返す。

後半も開始から東京が主導権を握る。
しかし47分、柏の攻撃に対し素晴らしい守備を見せていた東京だったが、PKから追加点を与えてしまう。
さらに52分にはCKから失点し3点目を奪われてしまう。
反撃に出る東京は57分、久保が右サイドから鋭いドリブルで仕掛けPKを獲得するも、これは柏GKのファインセーブで防がれてしまう。
その後も攻守にわたりゲームのリズムをつかんでいた東京であったが1-3で柏に敗れた。

本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
今後とも温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。
次試合
2015年度関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部第17節
9月5日(土)
キックオフ時間未定
vsFC東京U-15深川
会場/未定
6/7(日) 施設の都合上、掲載できません (キックオフ 15:30)
2015年度関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部第15節

[ 2 - 3 ] 浦和レッドダイヤモンズジュニアユース

FC東京得点者
12,牛田 陸也(15分)、11,今村 涼一(76分)
FC東京出場選手
GK 20,山田 翔之介
DF 4,鈴木 智也、13,竹浪 良威、2,田中 彰真、3,山登 一弥→14,佐々木 大貴(64分)
MF 5,天野 悠貴、17,寺山翼、8,中谷 太地、12,牛田 陸也→9,長澤 壮竜(57分)
FW 11,今村 涼一、7,水多 海斗
寸評
[リザーブ]
GK:1,橋本 颯、16,萩原 颯都
DF:21,鹿子島 雅也、22,菅原 彰吾
MF:6,三浦 颯太
FW:15,赤井 裕貴、28,戸坂 隼人

○試合レポート
暫定ながら首位に立つ東京は2位につける浦和との直接対決に挑んだ。

試合はお互いに中盤でのショートパスから隙を伺いながら崩しに行くというスタイル。
序盤攻勢に出たのは東京。
3分、水多が中盤でボールをキープし、今村にラストパスを送るがオフサイド。
さらに水多から中谷への浮き球のスルーパスからのシュートは枠を外してします。
お互いに中盤での攻防が続く。
そんななか15分、牛田がドリブルで中央を進むと思い切りの良いミドルシュートでゴールネットを揺らす。
追加点を狙う東京は21分には自陣で奪ったボールを鈴木が運び水多に繋ぐと、水多が牛田へスルーパス。
抜け出したかと思ったが、相手DFの必死の守備でCKに。
そのCKでは意表を突くショートコーナーを行うも、得点を奪えない。
すると23分、浦和は左サイドからのクロスを確実に得点。
さらに30・35分と失点してしまい1-3で前半を折り返す。

後半、早い時間に得点を奪いたい東京は立ち上がりから浦和ゴールに迫るも、浦和の身体を張ったディフェンスに得点を奪えない。
52分には、今村にクサビのパスが入り水多に繋ぎゴールを狙うも枠の外。
東京は牛田から長澤を投入し変化を加える。
すると長澤が右サイドからドリブルで中央に切り込み水多へ。水多は今村にラストパスを出すも繋がらず。
58分にも鈴木から水多に縦パスが入り、水多が絶妙なラストパスを長澤に通すも相手GKが防ぐ。
さらに攻勢を強めたい東京は長谷川すると65分にはカウンターで長谷川が中央をドリブルでボールを運びチャンスを作るがゴールならず。
なんとかゴールがほしい東京は76分、中盤でボールを細かく繋ぎ今村に預けると、今村が右足を振り抜き1点差に詰め寄る。
79分には右サイドの天野から中央に繋ぎパスワークで相手を外すと、最後は長澤がシュートするもGKががっちりキャッチ。
最後まで諦めずに走るも同点ゴールを奪えず2-3で敗戦した。

本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
今後とも温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。
豪快なミドルシュートを叩きこんだ牛田 2得点目を奪った今村は、攻守に最後まで戦った 今日も左サイドを激しくアップダウンした鈴木 高い技術で周囲を驚かせ続けた水多 山登は右サイドで攻守に奮闘
豪快なミドルシュートを叩きこんだ牛田 2得点目を奪った今村は、攻守に最後まで戦った 今日も左サイドを激しくアップダウンした鈴木 高い技術で周囲を驚かせ続けた水多 山登は右サイドで攻守に奮闘
次試合
2015年度関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部第16節
6月14日(日)
14:00キックオフ
vs柏レイソルU-15
会場/日立柏グランド
5/31(日) マリノスタウン(キックオフ 16:00)
2015年度関東ユース(U-13)サッカーリーグ1部第2節

[ 0 - 1 ] 横浜F・マリノスジュニアユース

FC東京得点者
-
FC東京出場選手
GK 40,桃井 玲
DF 53,長谷川 大翔、44,渡邊 航平、42,古屋 颯眞、39,渡邊 夏伊
MF 48,上田 浩大、43,山崎 優來、38,小林 慶太、37,梅原 翔琉→49,市川 颯馬(51分)
FW 52,須藤 和希、46,渡邊 風磨→50,煙山 拓(40分)
寸評
[リザーブ]
GK:41,伊藤 凜聖
DF:54,上田 晃太郎、45,大森 理生
MF:47,渡部 颯太、51,栗原 俊真
FW:55,栗原 祥太

本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
今後とも温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。

※本大会は公式記録のみの掲載となります。
次試合
2015年度関東ユース(U-13)サッカーリーグ1部第3節
6月21日(日)
18:00キックオフ
vs東京ヴェルディジュニアユース
会場/ヴェルディグラウンド
5/31(日) マリノスタウン(キックオフ 14:00)
2015年度関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部第14節

[ 2 - 1 ] 横浜F・マリノスジュニアユース

FC東京得点者
オウンゴール(8分)、36,久保 建英(36分)
FC東京出場選手
GK 20,山田 翔之介
DF 4,鈴木 智也、2,田中 彰真、13,竹浪 良威、3,山登 一弥→8,中谷 太地(52分)
MF 5,天野 悠貴、17,寺山 翼、10,平川 怜
FW 11,今村 涼一→14,佐々木 大貴(78分)、7,水多 海斗→9,長澤 壮竜(64分)、36,久保 建英→12,牛田 陸也(60分)
寸評
[リザーブ]
GK:1,橋本 颯、16,萩原 颯都
DF:22,菅原 彰吾
MF:6,三浦 颯太
FW:15,赤井 裕貴、28,戸坂 隼人


○試合レポート

横浜F・マリノスジュニアユースのホーム、マリノスタウンに乗り込んでの一戦。上位対決でお互い負けられない一戦は、横浜F・マリノスのキックオフで試合開始。

立ち上がりからむさしが前から激しくプレスをかけてボールを奪い、マリノスゴールを狙う。
2分、水多がドリブルから今村にスルーパス。左足でシュートを放つがDFにブロックされる。
4分、久保、水多のコンビネーションから水多がシュートを放つがGKにはじかれる。
6分には、中央の崩しから久保が左足シュートを放つがGKキャッチ。
序盤から東京が試合を支配する。
すると8分、マリノス守備陣の連係ミスからオウンゴールで先制点を奪う。
むさしは追加点を狙いマリノスゴールへ迫る。
11分、CKのこぼれ球から水多が左足でシュートを狙うがバーの上。
さらに26分、中盤で激しくプレスをかけボールを奪う。水多がミドルシュートを狙うがGKのファインセーブで得点を奪えない。
30分にも、久保がボールを奪い今村へスルーパス。GKと1対1になり決定機を迎えるがGKにセーブされる。
そして36分、久保が個人技でマリノスゴール前の密集をくぐり抜け、右足で技ありのシュート。待望の追加点を奪う。
良い時間帯に追加点を奪い、2点リードで試合を折り返す。

後半に入り、マリノスが勢いのある攻撃を仕掛けてくる。
46分、PA外からシュートを打たれるが、DFが身体を張ってブロック。
49分、ゴール前に押し込まれ猛攻を仕掛けられるが、GK山田を中心に守りきる。
暑さもあり、お互いに疲れが見え始め、ミスからピンチとチャンスが増えてくる。
60分、左サイドの水多からファーサイドへクロス。久保がボレーシュートを放つが、惜しくもポスト直撃。
すると64分、東京ゴール前のこぼれ球を相手に拾われ失点。1点差に詰め寄られる。
マリノスは同点をめざし迫力のある攻撃を仕掛けてくるがGK山田と田中・竹浪を中心とした守備陣が集中して守りきり、2-1で試合終了。
マリノスとの上位対決を制した。

本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
引き続き温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。
次試合
2015年度関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部第15節
6月7日(日)
15:30キックオフ
vs浦和レッドダイヤモンズジュニアユース
会場/施設の都合上、見学できません
5/17(日) 施設の都合上、掲載できません(キックオフ 14:00)
2015年度 関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部 第13節

[ 1 - 3 ] 大宮アルディージャジュニアユース

FC東京得点者
12,牛田 陸也(65分)
FC東京出場選手
GK 20,山田 翔之介
DF 4,鈴木 智也、2,田中 彰真、13,竹浪 良威、3,山登 一弥
MF 5,天野 悠貴→8,中谷 太地(HT)、17,寺山 翼、10,平川 怜
FW 7,水多 海斗→12,牛田 陸也(47分)、9,長澤 壮竜→28,戸坂 隼人(71分)、14,佐々木 大貴
寸評
[リザーブ]
GK:1,橋本 颯、16,萩原 颯都
MF:6,三浦 颯太
FW:36,久保 建英

○試合レポート
ホームに大宮アルディージャジュニアユースを迎えての一戦。
第2節にアウェーで大宮に敗れているむさしはホームでの雪辱を目指す。
試合はむさしのキックオフで開始した

先制点がほしいむさしだったが、いきなり出鼻をくじかれる。
2分、クリアボールを拾われ、DF背後にスルーパスを通される。これを大宮FWに決められ、先制を許す。
対して、むさしも慌てることなくパスをつなぎながら大宮ゴールを目指す。
5分、中盤でパスをつなぎ、最後は天野がミドルシュートを放つが枠外。
8分、大宮にパスワークからDF背後へボールを出されるが、竹浪、山田がしっかりと守る
14分、平川、佐々木とつなぎ、裏に走った長澤にスルーパスを通すが惜しくも通らない。
しっかりと守備を組織し守る大宮を崩し切れず、0-1で前半を終える。

後半に入り、早く同点に追いつきたいむさしだったが、またも序盤に失点する。
42分、中盤でパスを奪われるとショートカウンターを仕掛けられ、大宮FWに思い切りの良いミドルシュートを決められ0-2にされる。
中盤での圧力を強め徐々にゲームの流れを握り始めたむさしはサイドに起点を作りながら反撃に出る。
56分、平川、長澤とつなぎ、佐々木にスルーパスを送るがこれはDFに守られる。
そして65分、大宮ゴール前でパスをつなぎ、左サイドでパスを受けた鈴木が仕掛ける。中央へ送った低いクロスを牛田が押し込み1点差に詰め寄る。
そのまま同点を目指したいむさしだったが、一瞬のすきを突かれる。
68分、自陣でパスを奪われ、そのまま打たれたミドルシュートが決まり、3点目を奪われる。
しかし、むさしもあきらめずに大宮ゴールを目指す。
74分、山登から中央の平川、長澤とつなぎ、左サイドを上がってきた鈴木がシュートを放つが枠外。
78分、左サイドの鈴木から戸坂、平川とつなぎ、平川がシュートを放つがGK正面。
79分にも、鈴木がミドルシュートを放つが、GKにセーブされる。

最後まで大宮ゴールを目指したが、得点を奪うことができずに試合終了。
1-3の敗戦となった。

本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
引き続き温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。
次試合
2015年度関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部第14節
5月31日(日)
13:30キックオフ
vs横浜F・マリノスジュニアユース
会場/マリノスタウン
5/16(土) 施設の都合上、掲載できません (キックオフ 18:00)
2015年度関東ユース(U-13)サッカーリーグ1部第1節

[ 3 - 1 ] GRANDE FC

FC東京得点者
上田 浩大(13分)、52,須藤 和希(28分)、50,煙山 拓(60分)
FC東京出場選手
GK 40,桃井 玲
DF 53,長谷川 大翔、44,渡邊 航平、42,古屋 颯眞、39,渡邊 夏伊
MF 48,上田 浩大→49,市川 颯馬(46分)、43,山崎 優來、38,小林 慶太、37,梅原 翔琉
FW 52,須藤 和希、50,煙山 拓
寸評
[リザーブ]
GK:41,伊藤 凜聖
DF:54,上田 晃太郎、45,大森 理生
MF:47,渡部 颯太、51,栗原 俊真、46,渡邊 風磨
FW:55,栗原 祥太


本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
今後とも温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。

※本大会は公式記録のみの掲載となります。
次試合
2015年度関東ユース(U-13)サッカーリーグ1部第2節
5月31日(日)
15:45キックオフ
vs横浜F・マリノスジュニアユース
会場/マリノスタウン
5/10(日) しんよこフットボールパーク(キックオフ 16:30)
2015年度 関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部 第12節

[ 5 - 3 ] 川崎フロンターレU-15

FC東京得点者
11,今村 涼一(24分・54分・58分)、14,佐々木 大貴(26分)、17,寺山 翼(37分)
FC東京出場選手
GK 20,山田 翔之介→16,萩原 颯都(67分)
DF 4,鈴木 智也、2,田中 彰真、13,竹浪 良威→21,鹿子島 雅也(76分)、3,山登 一弥→8,中谷 太地(40分)
MF 5,天野 悠貴、10,平川 怜、14,佐々木 大貴→7,水多 海斗(56分)、9,長澤 壮竜→28,戸坂 隼人(75分)
FW 11,今村 涼一→15,赤井 裕貴(70分)、17,寺山 翼→12,牛田 陸也(61分)
寸評
[リザーブ]
GK:1,橋本 颯
DF:
MF:
FW:

○試合レポート
関東ユース(U-15)サッカーリーグ 第12節の相手は川崎フロンターレU-15。

試合は川崎ボールでキックオフ。
東京は序盤から積極的な守備と攻撃で試合の主導権を掴みに行く。
立ち上がりは両チームともにボールを奪い合う展開だった。
最初のチャンスは川崎。10分、DFの一瞬の隙を突かれて最終ラインの突破を許してしまうが、GK山田が体を投げ出しブロックし先制点を許さない。
その後も連続してシュートを打たれるもGK山田が冷静に対応し試合の流れを川崎に渡さない。
すると東京は守備陣の踏ん張りに応える。FKを獲得すると、キッカー今村の右足のキックは綺麗なカーブと共にゴール右隅に入り東京が先制点を奪う。
前半はその後、26分に佐々木、37分に寺山がゴールを決めて3-0で折り返す。

後半も攻撃の手を緩めない東京は、平川、寺山、佐々木、長澤を中心に攻撃を組み立てる。
しかし、50分、DFの背後への絶妙なパスが通り失点してしまう。
東京もすぐさま反撃。54分に平川が相手からボールを奪うと、最後は今村が冷静に決めて4-1。
川崎も56分にゴールを決めるも、58分には東京はPKを獲得し、今村が決めて5-2の3点差を保つ。
その後失点するもそのまま逃げ切り5-3で終了。攻撃的に攻めた東京の流れでゲームが出来た試合だった。

本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
今後とも温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。
次試合
2015年度関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部第13節
5月17日(日)
14:00キックオフ
vs大宮アルディージャジュニアユース
会場/施設の都合上、見学できません
5/6(水) 施設の都合上、掲載できません (キックオフ 15:00)
2015年度 関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部 第11節

[ 4 - 1 ] 三菱養和SC巣鴨ジュニアユース

FC東京得点者
11,今村 涼一(34分・73分)、17,寺山 翼(41分)、9,長澤 壮竜(65分)
FC東京出場選手
GK 20,山田 翔之介→16,萩原 颯都(76分)
DF 4,鈴木 智也、2,田中 彰真、13,竹浪 良威→21,鹿子島 雅也(72分)、3,山登 一弥→10,平川 怜(61分)
MF 5,天野 悠貴、8,中谷 太地→12,牛田 陸也(69分)、17,寺山 翼
FW 9,長澤 壮竜→7,水多 海斗(66分)、11,今村 涼一→15,赤井 裕貴(75分)、14,佐々木 大貴→28,戸坂 隼人(75分)
寸評
[リザーブ]
GK:1,橋本 颯
DF:19,熊谷 武留、22,菅原 彰吾
MF:6,三浦 颯太、26,沼田 航征
FW:31,横田 峻希

○試合レポート
関東ユース(U-15)サッカーリーグ 第11節の相手は首位に立つ三菱養和SC巣鴨ジュニアユース。
上位に食い込むための重要な一戦は東京のキックオフで始まった。

立ち上がりは相手チームのポゼッションサッカーに押し込まれる展開が続く。
ボールを保持し繋ごうとするもなかなか狙い通りのプレーができないむさし。
ロングボールも時折混ぜながら相手の裏を突き始める。
試合が落ち着き始めると、東京は天野を経由してボールを前に運び始める。
しかし、そんな矢先に東京は連係ミスから失点をしてしまう。
それでもリズムを掴み始めた東京は小刻みにパスをつなぎ、佐々木・今村・長澤を中心に左右両サイドをうまく崩し始める。
27分には左サイドで佐々木がタメを作り長澤にスルーパスを通すも惜しくも繋がらない。
連動した攻撃を見せ始めると、35分。今村が強烈なFKでゴールネットを揺らす。
同点として前半を折り返す。

ハーフタイムには「1メートル、2メートルをサボらずにやろう。自分たちから積極的な守備をしよう」と指示を受け後半のピッチへと向かう。

後半開始から試合は動く。
開始30秒、佐々木がドリブルで左サイドから中央に突破をし、丁寧に寺山に繋ぐとドリブルから落ち着いてゴールに流し込み勝ち越し点を奪う。
東京は相手への素早い寄せで自由を奪い、ボールの保持率を高めていく。
50分、今村がゴール前でボールをキープ。長澤に繋ぎ、狙い澄ましたシュートを放つも惜しくも枠の外。
55分には佐々木が前線でボールを奪いチャンスを迎えるも相手GKの好守に阻まれる。
東京はさらに追加点を奪うべく平川を投入。
すると65分、前線からの連動したチェイシングでボールを奪うと佐々木から中央に位置した平川、最後は右サイドから中へと走り込んできた長澤に繋ぎ追加点を奪い3-1とする。
守備陣もキャプテンマークを巻く竹浪を中心に身体を張ったディフェンスで粘り強く守る。
東京は次々にフレッシュな選手を送り込み、運動量と圧力を弱めない。
73分には右サイドを天野がドリブルで突破。ファーサイドに走り込んだ今村へグランダーのクロスを送りしっかりと決める。
東京は最後まで運動量を落とさず、パスを繋ぎながらゲームを支配し続け4-1の逆転勝利を収めた。

本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
今後とも温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。
本日のスタメン 攻守に運動量の落ちなかった鈴木 得意のドリブルと衰えない運動量で攻守に活躍した佐々木 長澤のゴールの瞬間 今村2得点目の瞬間 アシストは天野
本日のスタメン 攻守に運動量の落ちなかった鈴木 得意のドリブルと衰えない運動量で攻守に活躍した佐々木 長澤のゴールの瞬間 今村2得点目の瞬間 アシストは天野
次試合
2015年度関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部第12節
5月10日(日)
16:30キックオフ
vs川崎フロンターレU-15
会場/しんよこフットボールパーク
4/29(水) 日産自動車追浜総合グランド (キックオフ 16:00)
2015年度 関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部 第10節

[ 2 - 0 ] 横浜F・マリノスジュニアユース追浜

FC東京得点者
11,今村 涼一(55分・77分)
FC東京出場選手
GK 20,山田 翔之介
DF 4,鈴木 智也→26,沼田 航征(78分)、2,田中 彰真、13,竹浪 良威、3,山登 一弥
MF 5,天野 悠貴、17,寺山 翼、9,長澤 壮竜
FW 11,今村 涼一、14,佐々木 大貴→28,戸坂 隼人(77分)、7,水多 海斗→8,中谷 太地(53分)
寸評
[リザーブ]
GK:1,橋本 颯、16,萩原 颯都
DF:21,鹿子島 雅也、22,菅原 彰吾
MF:6,三浦 颯太
FW:31,横田 峻希

○試合レポート
快晴のなか、むさしのキックオフで関東リーグ第10節、横浜Fマリノスジュニアユース追浜戦が始まった。

立ち上がりからお互いに攻撃の主導権を握ろうとし、中盤で激しい攻防となる。
5分、左サイドを長澤とのパスワークで突破した水多がそのまま左足で鋭いシュートを放つも相手GKの好セーブに阻まれる。
10分、自陣ゴール前での混戦から相手にシュートを打たれるも、これをGK山田が好セーブで防ぐ。
お互いに相手の守備をなかなか崩し切れず、決定機を作れない状況が続いたが、
時間の経過とともにむさしが徐々にボールを保持し、攻撃の主導権をつかみチャンスをつくりだす。
29分、DFからのビルドアップで相手の中盤の守備陣を突破し、中央でボールを受けた水多が、裏へ抜け出した今村へスルーパスを送る。
このパスを受けた今村が相手GKのポシションをよく観てループシュートを放つもこれは惜しくも枠の外。
前半はむさしがボールを保持しながらも、なかなか相手守備陣を突破できず、決定機を数多く作れないまま終了。

後半は、立ち上がりからボールを保持し、より積極的に相手ゴールに迫る。
44分、中盤でショートパスをつなぎながら相手DF陣を左右に揺さぶり、最後は長澤がシュートを放つも惜しくも枠を捉えず。
55分、丁寧に攻撃を組み立てる田中のパスから始まり、中谷、寺山とテンポよく縦パスが入る。
タイミングを合わせて再三裏へ抜け出す動きを続けていた今村に寺山からのスルーパスが入り、これを今村が丁寧に
ゴール左隅に流し込み、待望の先制ゴールを決めた。
61分、勢いを増したむさしは、前線の選手から激しくプレッシャーをかけ、ボールを奪いに行き追加点を狙う。
相手DFから中谷がボールを奪うとそのままゴールへ仕掛ける。
ゴール前の混戦から今村がボレーシュートを放つもこれは枠を捉えることができなかった。
66分、むさし選手とボールが流動的に動き、グランドの深さと幅を有効に使いながらパスワークでゴールを目指す。
最後は今村が佐々木とのワンツーでゴール前を固める相手守備陣を突破し、豪快にシュートを放つも相手GKの好セーブに阻まれる。
相手も一瞬の隙をついてカウンター攻撃を仕掛けてくるも、田中、竹浪、山田の守備陣が集中して守り、相手に決定機をつくらせない。
すると、77分、中央でパスを受けた佐々木が前へドリブルで仕掛け、再び裏へ抜け出した今村に絶妙なラストパスを送る。
相手GKと1対1の状況になった今村は、これを冷静にゴールに決め追加点を奪う。
その後、何度も相手ゴールを脅かすも追加点を奪いきれず、2-0のまま試合終了を迎えた。

本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
引き続きご声援のほどよろしくお願いいたします。
次試合
2015年度関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部第11節
5月6日(水祝)
15:00キックオフ
vs三菱養和SC巣鴨ジュニアユース
会場/施設の都合上、見学できません
4/26(日) ユナイテッドパーク(キックオフ 13:00)
2015年度 関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部 第9節

[ 3 - 1 ] ジェフユナイテッド市原・千葉U-15

FC東京得点者
11,今村 涼一(4分)、17,寺山 翼(15分)、14,佐々木 大貴(63分)
FC東京出場選手
GK 1,橋本 颯
DF 4,鈴木 智也、2,田中 彰真、13,竹浪 良威、3,山登 一弥→22,菅原 彰吾(78分)
MF 5,天野 悠貴、17,寺山 翼、9,長澤 壮竜→8,中谷 太地(74分)
FW 7,水多 海斗→12,牛田 陸也(55分)、14,佐々木 大貴→28,戸坂 隼人(65分)、11,今村 涼一→15,赤井 裕貴(77分)
寸評
[リザーブ]
GK:16,萩原 颯都
DF:6,三浦 颯太
MF:
FW:

○試合レポート
快晴のユナイテッドパーク。美しい天然芝のグランドで関東リーグ第9節、ジェフユナイテッド市原・千葉戦がキックオフ。

試合開始直後からむさしが積極的に仕掛ける。
4分、長澤のスルーパスに抜け出した今村が飛び出してきたGKの鼻先でシュート。GKの頭上を越えたシュートがゴールに吸い込まれ、幸先よく先制点を奪う。
しかし千葉もフィジカルの高さを活かして反撃。
7分、ロングボールを千葉FWが追いかけDF背後へ抜け出しシュート。一度は橋本がはじくが、こぼれを押し込まれ同点に追いつかれる。
同点には追い付かれたが、むさしは慌てず丁寧にパスをつなぎながら反撃。
9分、長澤から今村へつなぎ、飛び出した佐々木がシュートを決めるが、惜しくもオフサイド。
そして15分、CKを得ると、長澤がファーへ送ったボールに走りこんだ寺山が、打点の高いヘディングシュートを豪快に叩き込み勝ち越しに成功。
さらに、28分、山登から長澤へつなぎ、スルーパスに今村が抜け出すがオフサイド。
むさしがボールを保持しながらチャンスをうかがうが、追加点を奪うには至らない。
千葉も個人の突破力を活かしてカウンターを仕掛けてくる。
36分、左サイドを突破され、シュートを放たれるが、竹浪がスライディングでブロックしCKに。ここは橋本が落ち着いて防ぐ。
前半は2-1のまま終了。むさしはいつも通りボールを保持してチャンスをゴールを狙うが、ジェフ千葉が堅い守備から鋭いカウンターを仕掛けてくる。

後半、千葉が攻撃の意識を高め、むさしゴールに迫ってくる。
パワーを活かした攻撃にやや押し込まれる場面も増えてきたが、粘り強い守備で対抗。千葉にチャンスを与えない。
そして、その粘り強さが実を結ぶ。
63分、自陣でボールを奪い、カウンター。一度は守られるが、天野がこぼれ球を拾い左サイドの今村へつなぐ。
今村がドリブルでDFを突破し右足で強烈なシュート。GKがはじいたボールに佐々木が素早く反応し、ボレーシュートを突き刺し追加点を奪う。
3点目は奪ったが、やや疲労が見えるむさしは、千葉のパワフルな攻撃に押し込まれる時間が増える。
しかし、田中・竹浪の両CBを中心とした粘り強い守備で得点は与えず、カウンターから追加点を狙う。
70分、今村がDF背後に抜け出し、シュートを放つがこれはGK正面。
72分、自陣ペナルティエリア外で相手にFKを与える。ここから直接シュートを打たれるが、これは橋本がしっかりとキャッチ。
75分、DFのクリアしたボールが相手DF背後に落ちる。いち早く反応した今村が飛び出してきたGKの直前でシュートを放つ。
ボールはゴールに向かって転がっていたが、戻ったDFに直前でクリアされる。
79分、中谷がゴール前に侵入しシュートを放つ。DFにあたってコースが変わったシュートはGKの好セーブに阻まれる。
80分、カウンターを仕掛け、戸坂がDFを1人かわしてシュートを放つがGK正面。
千葉も猛攻を仕掛けてくるが、集中した守備で得点を与えず試合終了。
3-1で勝利し、3連勝を果たした。

本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。今後とも温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。
次試合
2015年度関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部第10節
4月29日(水祝)
16:00キックオフ
vs横浜F・マリノスジュニアユース追浜
会場/日産自動車追浜総合グランド
4/18(土) ヴェルディグラウンド(キックオフ 17:00)
2015年度 関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部 第8節

[ 3 - 0 ] 東京ヴェルディジュニアユース

FC東京得点者
13,竹浪 良威(57分)、17,寺山 翼(60分)、11,今村 涼一(62分)
FC東京出場選手
GK 20,山田 翔之介→1,橋本 颯(66分)
DF 4,鈴木 智也、2,田中 彰真、13,竹浪 良威、3,山登 一弥→22,菅原 彰吾(75分)
MF 5,天野 悠貴、10,平川 怜、14,佐々木 大貴→7,水多 海斗(66分)、9,長澤 壮竜→28,戸坂 隼人(75分)
FW 11,今村 涼一、17,寺山 翼→12,牛田 陸也(70分)
寸評
[リザーブ]
GK:16,萩原 颯都
DF:
MF:6,三浦 颯太、8,中谷 太地
FW:15,赤井 裕貴

○試合レポート
強い春風が吹く中、関東リーグ第8節がFC東京U-15むさしのキックオフで始まった。
序盤は、お互いに主導権を握ろうと丁寧にボールを動かそうとするが、両者一歩も譲らず、一進一退の攻防が続いた。両チーム合わせ最初のシュートは21分、ヴェルディの直接FKはGK山田ががっちりとキャッチ。対するむさしは、直後にペナルティエリア内に侵入した平川のスルーパスを今村がシュートするも相手GKに阻まれる。両チームとも守備陣が集中力を切らさずに試合が進み前半は0対0で折り返す。

後半、立ち上がりから積極的にボールを奪いに行くむさしは、相手DFからボールを奪うと、寺山のパスに反応した今村がシュートを放つもわずかに枠の外へ。負けじとヴェルディもむさしの右サイドを突破し、至近距離からシュートを放つも、GK山田がブロックする。57分、とうとう均衡が破れる。平川のドリブル突破から得た長澤のFKをゴール前に走りこんだDF竹浪が打点の高いヘディングで豪快にネットを揺らした。勢いを増したFC東京は60分、相手のクリアミスを拾った寺山が目の覚めるようなロングシュートで追加点を奪う。さらに62分、寺山が相手ゴール前でボールを奪うと、ボールを受けた今村が確実に右足でゴールに流し込み、試合を決定づける3点目。その後、GK橋本、MF水多、MF牛田、DF菅原、FW戸坂を次々に投入し、チーム一丸となって、相手ゴールに襲い掛かる。守備陣も最後まで身体を張ってゴールを守り抜き勝利を収めた。

本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。今後とも温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。
次試合
2015年度関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部第9節
4月26日(日)
13:00キックオフ
vsジェフユナイテッド市原・千葉U-15
会場/ユナイテッドパーク
4/12(日) 施設の都合上、掲載できません (キックオフ 13:00)
2015年度 関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部 第7節

[ 2 - 0 ] 鹿島アントラーズジュニアユース

FC東京得点者
10,平川 怜(28分)、14,佐々木 大貴(78分)
FC東京出場選手
GK 20,山田 翔之介
DF 4,鈴木 智也、2,田中 彰真、13,竹浪 良威、3,山登 一弥
MF 5,天野 悠貴→12,牛田 陸也(71分)、10,平川 怜、14,佐々木 大貴→12,牛田 陸也(80分)、9,長澤 壮竜
FW 11,今村 涼一→15,赤井 裕貴(79分)、17,寺山 翼
寸評
[リザーブ]
GK:1,橋本 颯、16,萩原 颯都
DF:22,菅原 彰吾
MF:7,水多 海斗
FW:28,戸坂 隼人

○試合レポート
試合はFC東京ボールでキックオフ。
東京は序盤からしっかりとしたパスワークからゲームのリズムを作る。
すると2分、右サイドの山登から正確なクロスがあげられると、信じて飛び込んでいた長澤がヘディングシュートを放つが惜しくもゴールにならない。
積極的なプレーでリズムをつかんだ東京は14分、佐々木、平川、鈴木のパスワークから最後は今村が飛び出るも、惜しくも合わず。
25分には同じような流れから最後は平川が一振り!!これもゴールとはならなかったが積極的な攻撃の姿勢は徐々に形になっていく。
待望の先制点は28分、長澤にボールが渡ると積極的な仕掛けでゴールに迫る。一旦はDFに阻まれるも平川がこぼれたボールを拾いDFをかわしてゴール!
前半は攻撃の勢いを落とすことなく1-0でリードして終了。

後半も積極的に仕掛ける東京。
5分、鹿島の勢いのあるサイド攻撃からゴール前にクロスボールを上げられる。しかし、ここはGK山田が果敢に飛び出し体を張ってキャッチ。
守備陣もゴールを割らせない。
東京は安定した守備から積極的に仕掛け68分には佐々木からの絶妙なパスを受けた今村が一振り!!これはバーに阻まれる。
すると78分、中盤でのパスワークから裏に抜け出した佐々木に平川からパスが出ると、寄せていたGKを冷静に見極めて追加点を奪う。
その後も攻守にわたりアグレッシブに戦った東京は2-0で勝利!!

本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
今後とも温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。
次試合
2015年度関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部第8節
4月18日(土)
17:00キックオフ
vs東京ヴェルディジュニアユース
会場/ヴェルディグランド
4/5(日) 東京ガス武蔵野苑多目的グランド (キックオフ 16:00)
2015年度 関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部 第6節

[ 2 - 2 ] FC東京U15深川

FC東京得点者
10,平川 怜(43分)、4,鈴木 智也(59分)
FC東京出場選手
GK 20,山田 翔之介
DF 4,鈴木 智也、2,田中 彰真、13,竹浪 良威、3,山登 一弥
MF 5,天野 悠貴、10,平川 怜、17,寺山 翼
FW 9,長澤 壮竜、11,今村 涼一、14,佐々木 大貴
寸評
[リザーブ]
GK:1,橋本 颯、16,萩原 颯都
DF:21,鹿子島 雅也、22,菅原 彰吾
MF:6,三浦 颯太、7,水多 海斗、8,中谷 太地、12,牛田 陸也
FW:15,赤井 裕貴、28,戸坂 隼人

※深川、むさしともにレポートは同様のものとなります
○試合レポート
今年度、リーグ戦での勝利が無く浮上のキッカケを掴みたい青色のユニフォームを着た深川と1部リーグ初挑戦中の白いユニフォームのむさし。
2015年度 関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部 第6節「FC東京U-15深川vsFC東京U-15むさし」のリーグ戦、初の直接対決は雨上がりの肌寒いなかキックオフされた。

序盤、ペースを掴んだのはむさし。
2分、早くもこの試合のファーストシュートを放ちチームに勢いをつかせる。
11分と15分にも平川・佐々木がシュートを放ち深川のゴールを脅かすもゴールを奪えない。
さらに、むさしはコーナーキックからもチャンスを作るが、深川GK鳥山が安定したプレーでゴールを守る。
対する深川はボールを奪いサイドからの素早いカウンターで応戦する。
すると16分、なかなか得点の奪えないむさしは一瞬の隙を突かれる。
深川は右サイドを余合が突破。ゴール前へグランダーの素早いクロスを上げると、ファーサイドで待ち構えていた大平が先制ゴールを奪う。
直前に奥原監督から厳しい言葉をかけられていた、大平が期待に応える。
先制点を許したむさしだったが、試合の流れは渡さず深川ゴールに迫り続ける。
23分にはゴール正面でFKのチャンスを作るも惜しくも枠の外。
32分にも佐々木と平川のドリブル突破からチャンスを作るも決めきれず。
深川も負けじと33分に中盤で芳賀がボールを奪いその流れの中からチャンスを作るも追加点を奪えず。
前半を深川のリードで折り返す。

むさしはハーフタイムに「焦らない、怖がらずラインを高く、相手が嫌がることをしよう」と指示を受ける。
深川も「球際で負けない、泥臭く、引き続きサイドから攻撃しよう」と戦術を確認する。

後半は序盤からゲームが動く。
最初のチャンスを作ったのは深川。41分、草住が左サイドを突破しゴール前に迫るも得点できず。
すると、むさしにチャンスが訪れる。
43分、平川がドリブル突破からDF数人をかわしシュートを放つと綺麗な弾道を描きゴールネットを揺らす。
さらにむさしは47分にも右サイドからゴール前にクロスボールを上げゴールに迫るが深川DF陣に阻まれる。
流れを掴みたい深川はサイド攻撃でまたも得点を奪う。53分、左サイドから再三チャンスを作っていた草住のクロスボールをケントが豪快なヘディングでゴールに叩きこむ。
再びむさしを突き放すが直後の59分。むさしは平川のドリブル突破から左サイドを駆け上がってきた鈴木へ繋ぐ。鈴木はドリブルでゴール前にカットインすると思い切りよく右足を振り抜き同点ゴールを奪う。
得点を奪い合う試合展開にメンバー外選手の応援の声も大きくなる。
その後、中盤での激しいボールの奪いあいが続き試合は膠着状態に。
終盤、ゴールに迫ったのはむさし。細かくパスをつなぎ中央突破を図りつつ、時折サイドからも崩しにかかる。
しかし、再三チャンスを作るも鳥山を中心とする深川守備陣がぎりぎりのところで身体を張ったディフェンスで得点を許さない。
お互いに譲らない試合はそのまま終わり、2-2の同点となった。

本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
今後とも温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。
本日のスタメン ドリブル突破からチャンスを作った佐々木 1ゴールを決めた平川の惜しいシュートシーン 試合終盤まで運動量の落ちなかった山登 試合終盤ゴールに迫る今村
本日のスタメン ドリブル突破からチャンスを作った佐々木 1ゴールを決めた平川の惜しいシュートシーン 試合終盤まで運動量の落ちなかった山登 試合終盤ゴールに迫る今村
次試合
2015年度関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部第7節
4月12日(日)
13:30キックオフ
vs鹿島アントラーズジュニアユース
会場/施設の都合上、見学できません
3/26(木) 施設の都合上、掲載できません(キックオフ 16:00)
2015年度関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部第5節

[ 2 - 3 ] 柏レイソルU-15

FC東京得点者
11,今村 涼一(29分)、14,佐々木 大貴(49分)

FC東京出場選手
GK 20,山田 翔之介
DF 4,鈴木 智也、2,田中 彰真、13,竹浪 良威、3,山登 一弥
MF 5,天野 悠貴、7,水多 海斗→12,牛田 陸也(54分)14,佐々木 大貴、9,長澤 壮竜
FW 11,今村 涼一、17.寺山 翼
寸評
[リザーブ]
GK:1,橋本 颯、16,萩原 颯都
MF:6,三浦 颯太
FW:28.戸坂 隼人、15,赤井裕貴

○試合レポート
春の陽気のホームグランドで第5節関東リーグが行われた。

試合は柏ボールでのキックオフ。
開始5分、試合の主導権を取りに行こうとした矢先、一瞬の隙を突かれて失点を許し苦しい立ち上がりとなる。
東京は徐々に攻守においてリズムをつかみ始めると、12分に中盤でのパスワークから佐々木が絶妙のラストパスを今村の足元に通すもゴールならず。
20分には中盤でボールを奪取すると、佐々木、水多のパスワークから最後は相手DFラインの背後に飛び出した今村にパスが通りチャンスを作るも相手GKに阻まれる。
徐々に流れを掴んできた東京は29分、DFのクリアボールを拾った今村がドリブルでゴール前に切り込み落ち着いて得点を奪う。
攻撃のリズムをつかんで前半を終了する。

後半も開始から攻守において主導権を握りに行く東京。
49分。左サイドを突破した鈴木から佐々木にパスが通ると佐々木の巧みなドリブルでゴール前まで侵入し逆転弾を叩き込む!!
しかし51分、一瞬の隙を突かれてレイソルに2点目を与えてしまう。
それでも攻撃の勢いを失わなかった東京は再三にわたり相手DFを突破しゴールに迫るも得点を奪えない。
流れを掴んでいた東京だったが、65分にCKから柏に追加点を許してしまう。
その後も、攻撃の勢いを失わなかった東京であったが、得点できず試合終了。
決定力の部分で勝敗が分かれた試合となってしまった。

本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
今後とも温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。
次試合
2015年度関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部第6節
4月5日(日)
16:00キックオフ
vsFC東京U-15深川
会場/東京ガス武蔵野苑多目的グランド
3/22(日) レッズランド (キックオフ 11:00)
2015年度関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部第4節

[ 2 - 1 ] 浦和レッドダイヤモンズジュニアユース

FC東京得点者
11,今村 涼一(41分・80+1分)
FC東京出場選手
GK 20,山田 翔之介
DF 4,鈴木 智也、2,田中 彰真、13,竹浪 良威、3,山登 一弥
MF 5,天野 悠貴→7,水多 海斗(75分)、10,平川 怜、14,佐々木 大貴、9,長澤 壮竜
FW 11,今村 涼一、17,寺山 翼
寸評
[リザーブ]
GK:1,橋本 颯、16,萩原 颯都
MF:6,三浦 颯太、8,中谷 太地、12,牛田 陸也
FW:15,赤井裕貴、28,戸坂 隼人

○試合レポート
春の汗ばむ陽気の中、関東リーグ第4節がFC東京U-15むさしのキックオフで始まった。

序盤、お互いに慎重な試合運びからスタートするも時間が経つにつれて、一進一退の攻防が続いた。
両チーム合わせ、最初のシュートは13分。長澤のミドルシュートをきっかけに試合が動き始めた。
東京が積極的にボールを動かし始めると、浦和は奪った後の早いカウンターで対抗する。
両チームとも守備陣が集中力を切らさずに試合が進み、前半は0対0で終了。

後半すぐに試合が動く。立ち上がりから積極的にボールを奪いに行った東京が、浦和DFからボールを奪うと、今村がGKと1対1になり、確実にゴールへ流し込んだ。
しかし、浦和もすぐさま反撃に転じ、サイド攻撃から東京のゴールをこじ開け、同点に。
その後、東京も何度かチャンスを作るも、得点には結びつかず、時間が経過していく。
65分、平川を中心にドリブルとパスを巧みに織り交ぜ、中央突破から狙い澄ましたシュートは、惜しくもバーの上。
さらに71分、佐々木のスルーパスに抜け出した今村がGKと1対1になりかけたが、寸分の差でクリアされる。
東京はさらに勢いを加速させるべく、75分に水多を投入し、ゴールを奪いに行く。
すると後半ロスタイム、ペナルティエリア内でドリブルを仕掛けた鈴木が倒され、PKを獲得。
これを今村がきっちりと決め2対1。
最後の最後まで、戦う姿勢を見せた東京は、2対1で関東リーグ1部初勝利をもぎ取った。

本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
今後とも温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。
次試合
2015年度関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部第5節
3月26日(木)
16:00キックオフ
vs柏レイソルU-15
会場/施設の都合上、見学できません
3/15(日) 施設の都合上、見学できません (キックオフ 16:30)
2015年度 関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部第3節

[ 1 - 1 ] 横浜F・マリノスジュニアユース

FC東京得点者
11.今村涼一(67分)
FC東京出場選手
GK 20,山田 翔之介
DF 4,鈴木 智也、2,田中 彰真、13,竹浪 良威、3,山登 一弥
MF 5,天野 悠貴、10.平川 怜14,佐々木 大貴→12.牛田 陸也(80分)、9,長澤 壮竜
FW 11,今村 涼一、17.寺山翼
寸評
[リザーブ]
GK:1,橋本 颯、16,萩原 颯都
MF:6,三浦 颯太、7.水多 海斗
FW:28.戸坂隼人、15,赤井 裕貴

○試合レポート
春の陽気感じる天候の中、関東リーグ第3節が開催された。
試合は横浜・F・マリノスジュニアユースボールでキックオフ。

序盤は勢いのあるマリノスの攻撃に対してなかなかリズムの掴めない東京。
すると立ち上がり8分、一瞬の隙を突かれてDFの背後に走りこんだFWにパスを通され失点を許してしまう。
早々の失点を許してしまった東京は、もう一度仕切り直し、ゲームのリズムをつかみに行く。
時間がたつにつれて徐々にリズムをつかみ始めた東京は22分、中盤のパスワークからFWの今村にパスが渡ると一振り!!
枠には入らなかったもののゴールまでの流れができてきた。
前半23分には、鈴木のドリブルから中にいた長澤がパスを受けてシュート。さらには前半終了間際には今村が放ったシュートがポストにあたり得点こそ奪えないものの攻撃のリズムを掴んで前半を終えた。

後半も序盤から集中してゲームに入った東京はパスワークの中からリズムをつかみ積極的に攻撃する。
52分には天野から寺山、今村と巧みにパスが渡ると決定的なチャンスを迎えるが、これはオフサイド。
すると東京は67分、中盤の崩しから相手DFの背後に飛び出した長澤がペナルティエリア内で倒されPKを獲得すると、これを今村が確実に決めて同点ゴール!!
攻撃が形になり勢いを増した東京はその後も幾度となく攻め上がるも追加点が奪えない。
守備陣は全員が最後まで集中してゴールを守りそのまま試合終了。
引き分けとなった。

本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
今後とも温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。
次試合
2015年度関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部第4節
3月22日(日)
11:00キックオフ
vs浦和レッドダイヤモンズジュニアユース
会場/レッズランド
3/8(日) NTT東日本志木総合グランド (キックオフ 13:00)
2015年度 関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部第2節

[ 0 - 1 ] 大宮アルディージャジュニアユース

FC東京得点者
 
FC東京出場選手
GK 20,山田 翔之介
DF 4,鈴木 智也、2,田中 彰真、13,竹浪 良威、3,山登 一弥→6,三浦 颯太(65分)
MF 5,天野 悠貴、10,平川 怜、14,佐々木 大貴、9,長澤 壮竜
FW 11,今村 涼一、17,寺山 翼→28,戸坂 隼人(60分)
寸評
[リザーブ]
GK:1,橋本 颯、16,萩原 颯都
MF:8,中谷 太地 12,牛田 陸也
FW:15,赤井裕貴 7,水多 海斗

○試合レポート
雨上がりの曇り空のなか、大宮アルディージャジュニアユース との関東リーグ第2戦はむさしのキックオフで始まった。

立ち上がりからお互いに攻撃の主導権を握ろうとするも、雨上がりの天然芝グランドに適応するのに時間がかかる。
開始早々、むさしは相手にシュートチャンスを与えてしまうが、これはGK山田が好セーブで防ぐ。
9分、むさしの攻撃。中央突破を仕掛ける長澤が、相手の状況をよく見て右サイドに展開。
駆けあがった山登が中央へ絶妙なクロスボールを送る。このこぼれ球を平川が豪快に左足でシュートを放つも惜しくも枠を外れる。
続いて14分には、右サイドから寺山が中央の今村へ縦パスを送る。これをドリブルで仕掛ける今村はそのまま自分でシュートを打つもクロスバーの上。
時間の経過とともにむさしがグランドにも適応し、ボールを保持しながら攻撃の主導権を握る時間が増えてくる。
さらに22分にもドリブルで仕掛けた佐々木が今村と絶妙なパス交換で相手DF陣を突破。
佐々木は決定機を迎えるも惜しくもシュートは相手GKに阻まれてしまう。

後半、大宮はディフェンス面を修正し、むさしは中盤での攻防が多くなりゴール前へ進めない展開が続く。
すると55分、自陣ゴール前でフリーキックを与えてしまうと、これを直接決められ先制点を許してしまう。
追いかける展開となったむさしは、さらに攻撃を仕掛ける。
72分、左サイドを抜け出た今村が中央へドリブルで切り込み、シュートを放つも相手GKが好セーブ。
その後も何度かチャンスを作るも、得点には結びつかず、時間が経過していく。
最後の最後まで、戦う姿勢を見せたむさし選手であったが、0-1のまま試合終了のホイッスルが鳴り響いた。

本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
今後とも温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。
次試合
2015年度関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部第3節
3月15日(日)
16:30キックオフ
vs横浜F・マリノスジュニアユース
会場/施設の都合上、見学できません
3/1(日) 施設の都合上、掲載できません(キックオフ 14:00)
2015年度関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部第1節

[ 1 - 1 ] 川崎フロンターレU-15

FC東京得点者
3,山登 一弥(44分)
FC東京出場選手
GK 20,山田 翔之介
DF 4,鈴木 智也、2,田中 彰真、13,竹浪 良威、3,山登 一弥
MF 5,天野 悠貴、8,中谷 太地→12,牛田 陸也(66分)、14,佐々木 大貴、9,長澤 壮竜
FW 11,今村 涼一、28,戸坂 隼人→7,水多 海斗(66分)
寸評
[リザーブ]
GK:1,橋本 颯、16,萩原 颯都
DF:-
MF:6,三浦 颯太
FW:17,寺山 翼、15,赤井裕貴

○試合レポート
雨が降りしきるホーム・東京ガス武蔵野苑多目的グランドにて、FC東京U-15むさしの初挑戦となる“関東リーグ1部の戦い”が幕を開けた。迎えた相手は、川崎フロンターレU-15。白熱の一戦は、14:00にキックオフされた。

序盤から、むさしは主導権を握ろうと球際厳しく、果敢にボールを奪いにいく。すると1分、前線のプレスからボールを奪うと佐々木が、あいさつ代わりのシュートを放つ。11分には、中盤でボールを奪うと、裏に抜け出した今村がフリーでシュートを放つも、相手GKの正面。さらに21分、またもや前線のプレスから今村が奪うと、丁寧につなげたボールを長澤が渾身のミドルシュートを放つも、相手GKの好セーブに阻まれる。川崎も持ち前のボールキープ力を使い、シュートを放つシーンがあるが、GK山田を中心にむさしがゴールを守る。前半は、川崎がボールを動かし、東京が奪った後に、素早い攻撃でチャンスを作る展開となったが、0-0のまま折り返す。

後半に入ると、更に積極的にボールを奪うむさしが、次第にチャンスを増やす。すると迎えた44分、CKのこぼれ球へ詰めた山登が目の覚めるようなシュートでこの均衡を破る!!その後も何度かチャンスをつくるも、得点には結びつかず、そのまま時間が経過していく。だが62分に、川崎のパスワークから、最後はループシュートを決められて1-1。試合は振り出しに戻る。66分には、牛田と水多を投入し、追加点を奪いに行く。最後の最後まで、戦う姿勢を見せた両チームであったが、1-1のドローで試合終了のホイッスルが鳴り響いた。

本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
今後とも温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。
次試合
2015年度関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部第2節
3月8日(日)
13:00キックオフ
vs大宮アルディージャジュニアユース
会場/NTT東日本志木総合グランド
2/11(水) 清瀬内山グランド(キックオフ 14:45)
2014東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会9位決定戦

[ 4 - 4 ] FC多摩ジュニアユース

FC東京得点者
(PK3-4)
9,長澤 壮竜(38分)、11,今村 涼一(40分、51分)、4,鈴木 智也(84分)
FC東京出場選手
GK 20,山田 翔之介
DF 4,鈴木 智也、13,竹浪 良威、5,天野 悠貴、3,山登 一弥→2,田中 彰真(58分)
MF 10,平川 怜、8,中谷 太地、14,佐々木 大貴→7,水多 海斗(48分)、9,長澤 壮竜
FW 11,今村 涼一、17,寺山 翼→28,戸坂 隼人(58分)
寸評
[リザーブ]
GK:1,橋本 颯、16,萩原 颯都
MF:6,三浦 颯太、12,牛田 陸也

本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
今後とも温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。

※本大会は、公式記録のみの掲載となります。
次試合
本日の結果により、2014東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会を10位で終了いたしました。
みなさまからのご声援、ありがとうございました。

今シーズンもFC東京U-15むさしへの温かいご声援をよろしくお願いいたします。
2/8(日) 大井第2球技場(キックオフ 14:45)
2014東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会 決勝トーナメント4回戦敗者戦2回戦

[ 8 - 1 ] S.T.F.C.

FC東京得点者
8,中谷 太地(4分)、28,戸坂 隼人(5分)、11,今村 涼一(10分、22分、35分、39分)、14,佐々木 大貴(27分)、17,寺山 翼(81分)
FC東京出場選手
GK 20,山田 翔之介→1,橋本 颯(HT)
DF 4,鈴木 智也→6,三浦 颯太(56分)、13,竹浪 良威、5,天野 悠貴、3,山登 一弥
MF 10,平川 怜→15,赤井 裕貴(62分)、8,中谷 太地、14,佐々木 大貴→17,寺山 翼(45分)、7,水多 海斗→9,長澤 壮竜(HT)
FW 11,今村 涼一、28,戸坂 隼人→12,牛田 陸也(51分)
寸評
[リザーブ]
GK:16,萩原 颯都

本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
今後とも温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。

※本大会は、公式記録のみの掲載となります。
次試合
2014東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会決勝トーナメント9位決定戦
2月11日(水祝)
14:45キックオフ
vsFC多摩ジュニアユース
会場/清瀬内山グランド
2/7(土) 駒沢補助競技場(キックオフ 16:30)
2014東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会 決勝トーナメント4回戦敗者戦1回戦

[ 5 - 1 ] サルバトーレ

FC東京得点者
29,水多 海斗(9分、34分、80分)、24,中谷 太地(53分)、30,佐々木 大貴(78分)
FC東京出場選手
GK 16,萩原 颯都→1,橋本 颯(52分)
DF 5,天野 悠貴、13,竹浪 良威、2,田中 彰真、3,山登 一弥
MF 10,平川 怜→8,中谷 太地(52分)、9,長澤 壮竜→4,鈴木 智也(58分)、7,水多 海斗,12,牛田 陸也、6,三浦 颯太
FW 17,寺山 翼→14,佐々木 大貴(58分)
寸評
[リザーブ]
-

本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
今後とも温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。

※本大会は、公式記録のみの掲載となります。
次試合
2014東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会決勝トーナメント4回戦敗者戦2回戦
2月8日(日)
14:45キックオフ
vsS.T.F.C.
会場/大井第2球技場
1/24(土) ヴェルディグランド(キックオフ 17:00)
2014東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会決勝トーナメント4回戦

[ 1 - 2 ] 東京ヴェルディジュニアユース

FC東京得点者
19,今村 涼一(57分)
FC東京出場選手
GK 25,萩原 颯都
DF 34,鈴木 智也、27,竹浪 良威、35,天野 悠貴、22,山登 一弥
MF 23,平川 怜、24,中谷 太地、30,佐々木 大貴→21,田中 彰真(67分)、28,長澤 壮竜
FW 19,今村 涼一、33,寺山 翼
寸評
[リザーブ]
GK:20,橋本 颯
MF:29,水多 海斗、31,牛田 陸也、32,三浦 颯太
FW:26,赤井 裕貴

本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
今後とも温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。

※本大会は、公式記録のみの掲載となります。
次試合
2014東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会決勝トーナメント4回戦敗者戦1回戦
2月7日(土)
16:30キックオフ
vsサルバトーレ
会場/駒沢補助競技場
1/17(土) 駒沢第2球技場(キックオフ 15:00)
2014東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会決勝トーナメント3回戦

[ 3 - 1 ] JACPA東京ジュニアユース

FC東京得点者
23,平川 怜(6分)、33,寺山 翼(7分)、28,長澤 壮竜(35分)
FC東京出場選手
GK 25,萩原 颯都
DF 34,鈴木 智也、27,竹浪 良威、21,田中 彰真、22,山登 一弥
MF 23,平川 怜、24,中谷 太地、30,佐々木 大貴→29,水多 海斗(62分)、28,長澤 壮竜→31,牛田 陸也(66分)
FW 19,今村 涼一→26,赤井 裕貴(71分)、33,寺山 翼→32,三浦 颯太(56分)
寸評
[リザーブ]
GK:20,橋本 颯

本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
今後とも温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。

※本大会は、公式記録のみの掲載となります。
次試合
2014東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会決勝トーナメント4回戦
1月24日(土)17:00キックオフ
vs東京ヴェルディジュニアユース
会場/ヴェルディグランド
1/10(土) 施設の都合上、掲載できません(キックオフ 17:30)
2014東京都クラブユースサッカーU-13選手権大会 決勝トーナメント3回戦

[ 1 - 1 ] AZ’86東京青梅ジュニアユース

FC東京得点者
(PK7-8)
14,横田 峻希(41分)
FC東京出場選手
GK 16,山田 翔之介
DF 2,鹿子島 雅也、15,石井 隼太、12,菅原 彰吾、3,熊谷 武留
MF 4,沼田 航征、8,茅野 恵大、7,森田 慎吾、11,塚田 悠太郎→17,山下 陽太郎(62分)
FW 14,横田 峻希、9,戸坂 隼人
寸評
[リザーブ]
GK:1,石井 日陽
DF:
MF:5,清井 大輔、6,白石 郁哉、13,宮下 正太郎
FW:18,小林 里駆、10,山本 乾太


本日も、FC東京U-15むさしへの熱いご声援ありがとうございました。
今後とも温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。

※本大会は、公式記録のみの掲載となります。
次試合
本日の結果により、2014東京都クラブユースサッカーU-13選手権大会 決勝トーナメントを終了いたしました。

2015シーズンも温かいご声援をよろしくお願いいたします。


  • NEWS
  • 選手・スタッフ
  • チケット・観戦
  • 試合日程
  • 試合結果
  • 記録・データ
  • U-18 U-15 試合結果
  • トレーニングスケジュール
  • ファンゾーン
  • ホームタウン活動
  • スクールご紹介
  • スクールへの入会
  • バレーボール
  • クラブ情報
東京ドロンパ このページの先頭に戻る
F.C.TOKYO Copyright Tokyo Football Club Co.,Ltd. All Rights Reserved. 個人情報について