Englishご意見箱
9.23 土祝 16:00 KICK OFF
明治安田生命J1 第27節
VS 柏レイソル
日立柏サッカー場
U23 公式ケータイサイト
青赤日記 バレーボール
試合・練習A GAME AND PRACTICE

2011年U-15むさし 試合結果

12/24(土) 雲仙市国見総合運動公園多目的芝生広場(キックオフ 11:00)
高円宮杯第23回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会 2回戦

[ 0 - 1 ] ベガルタ仙台ジュニアユース

FC東京得点者
-
FC東京出場選手
GK 1,羽 直
DF 5,田宮 碧人、4,高田 誠也、3,倉本 秀人、2,村上 惇平→27,西元 類(HT)
MF 19,篠原 力→32,佐藤 亮(HT)、10,佐々木 渉、7,高橋 宏季、8,下平 祥希
FW 13,榎本 大輝、11,坂元 達裕→9,赤塚 豪也(55分)
寸評
[リザーブ]
GK:16,石原 翼
DF:-
MF:14,小泉 佳穂、18,柳園 良太、36,塚田 士文
FW:-


○試合ダイジェスト
雪予報で激しい冷え込みになるという天気予報が嘘のように晴れ渡り、風もなく温かい雲仙市国見総合運動公園多目的芝生広場。
高円宮杯第23回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会 2回戦の相手は、186cmの選手も含め大型選手を擁するベガルタ仙台ジュニアユース。1回戦での厳しい戦いを制した自信を持って、勝ちを掴みに行きたいところ。白熱の試合は、11:00にキックオフされた。

「終始、慎重に進んだ展開だった。お互いに牽制をしながらゆっくりとしたペースで進んだが、得点を早く取って主導権を握りたかった」ベンチで毎試合熱い檄を飛ばす二宮監督は、試合後、落ち着いた口調でそう語った。

前半は、相手を見ながらゲームを運んだゆっくりとした展開。慎重にポゼッションを取りながら、攻撃の機会を窺っていった。
開始1分、主導権を握りたい東京は、相手ファールにより得たFKを下平が放つ。このボールに高橋が合わせるもGKがキャッチ。
東京の最終ライン田宮・高田・倉本・村上を中心にポゼッション。サイドチェンジを行いながら攻撃の起点をつくっていく。
5分には、中央佐々木からのボールを篠原が受ける。オーバーラップした佐々木が走りこむも、ボールが流れ、相手GKがキャッチ。
相手も黙ったままではいない。球際を激しくボールを奪ってくるも「前半は安定したパフォーマンスができた」という高田がボールを何度もカットし、バイタルエリアに踏み込ませない。
ルーズボールからカウンターをくらうも、後ろまで駆け戻った下平が大きくボールをクリアするなど、攻め込まれても冷静にはね返していく。
9分には丁寧なパス回しをを中盤で行い、このボールを受けた田宮が佐々木へと繋ぐ。佐々木のボールは前線の坂元の元へ。ゴール前に下平が回り込むも、坂元からのパスは相手GKにキャッチされる。
ここからは、激しい攻防が続く。ボールを奪うが、相手の速いプレスとコンパクトな守備で奪われ、体をうまく使った身のこなしやテクニックで奪い返すという時間が続き、両者攻めあぐねる。
均衡を破ったのは東京。21分、スローインからのボールを下平が受け、相手DF3枚を背負いながら村上へと繋ぐ。村上から坂元へボールを送るも、ゴール横へ流れてしまう。
1分後、右サイドを佐々木がドリブルでえぐり、田宮へパス。田宮から坂元へボールが繋がるも坂元へ相手DF3枚に詰められクリアされるが、田宮が奪い返し、前線の坂元へボールを上げるも惜しくも合わず。
25分には、GK羽のロングキックを下平と田宮が右サイドでワンツー。しかし相手DFにクリアされる。1回目のスローインはクリアされ、2回目のスローインを坂元が相手DF2枚を交わし田宮へパス。
田宮がゴール前へ絶妙なクロスを上げるも、誰も走りこんでおらず流れてしまう。この直後にも、田宮→高橋→佐々木と繋ぎ、オーバーラップした田宮がシュートを放つ場面や前線の坂元が左サイドへボールを流し、篠原が強烈なシュートを放つ場面など、チャンスが多く生まれるも決定打とならず。
しかし、相手の攻守の切り替えの早いディフェンスやファインセーブに合い、ゴールマウスをこじ開けることができない。

ハーフタイムでは、いつも通りのことをやっていけばチャンスが生まれること、相手の攻撃パターンでスペースができるところを攻めていくところ、そして選手同士で攻守の連携を確認した。
この均衡した状況を打開するため、村上に代えてSBに西元、篠原に代えてSH佐藤亮の2年生コンビを投入。
佐藤亮へは「監督からサイドで起点をつくりFWへボールを配球すること・自分も起点となりゴールを奪いに行け」という指示があったように、ゴールを奪い主導権を握りたい東京。

後半開始直後から、最終ラインの田宮を拠点に両サイドからチャンスを作る。41分には、田宮から佐々木へ送り、右サイドのスペースへ下平が走りこむも合わず。直後、左サイドの坂元へロングフィード。これは相手DFがブロック。
途中出場の佐藤亮・西元も躍動。右サイドの西元が攻撃を組み立てる。47分、西元から佐々木に繋ぎ、佐々木が右サイドにぽっかりと空いたスペースへ走りこんだ下平へすばやいパス。下平がゴール前へクロスを上げ、反応した佐藤亮が頭で合わすもゴール左へそれる。
49分、ゴール前での攻防が続くが、瞬時に早い判断をした佐々木が相手がボールを受ける前に大きくクリア。しかしこのルーズボールを相手が奪い、クロスを上げられるが、GK羽がしっかりとキャッチ。
球際の攻防が激しくなり始める中、早いタイミングで点を取りたい東京は、55分に坂元に代えて赤塚を投入し、新たな攻撃の展開を狙う。
左サイドでは、高田・赤塚・佐藤亮の連携プレーでゴール前へ運び、右サイドでは、下平→佐々木→オーバーラップした西元がミドルシュートを放つが、ゴールネットを揺らすことができない。
次第に相手のプレスも厳しさを増し、両サイドでの攻撃を組み立てていくもののカットされ、次第に東京が体を張った守備で凌ぐなど押し込まれ始める展開と流れていく。
60分、右サイド田宮のスローインボールを赤塚が受け、高橋へ繋ぐ。高橋がドリブルで持ち込み、佐々木へパス。佐々木のミドルシュートはゴール枠外へ。直後、一転ピンチに。カットボールからカウンターを受ける。下平・佐々木がゴール前へ素早く戻り、高田がこの危ない局面をクリア。
65分には、こぼれ球を拾った西元が、中央へ走りこんだ佐藤亮へ繋ごうとするがわずかにタイミングが合わず。直後、佐々木・高橋・赤塚・下平と左サイドを上下しながらしかけていくも、相手DF5枚という枚数の多さに勝てず最後は奪われる。
69分、佐藤亮から左サイドに走りこんだ榎本へ送る。榎本が下平へ大きくサイドチェンジ。下平がゴール前へクロスを入れ赤塚が頭で合わせるも大きく上へ。
71分には、ボールを持った相手が一気にカウンター。相手の攻守の切り替えに反応し、駆け戻った西元が大きくクリア。
試合終了前にどうしても点を取りたい両チーム。試合は一転、スピーディーな展開へと変わっていく。
75分、インターセプトから中央をドリブル突破され、そのまま失点。
このままで終わりたくないと78分には、西元が下平へと素早いパス。下平から佐々木を経由し、最後は相手DFかわして佐藤亮が強烈なシュートを放つも無情にもゴールわずか右にそれる。
試合終了まで、ゴールに向かって走り続けたものの、試合は0-1のまま終了した。ピッチに倒れこみ、涙が止まらない選手たち。

試合は、「終わってみると相手の攻撃の展開が大きくなっていた。守備から攻撃の展開にも落ち着きがなかった」(二宮監督)と、後半、相手の攻撃を受ける時間帯が長くなり、失点してもおかしくない状況をつくられてしまった。
下平は「勝てた試合だったのにもったいなかった。相手は大型の選手が多く、苦しめられたができることはあった」と振り返る。キャプテンの佐々木は「最後みんなでできる試合だったのに残念だった。チームとして3年間やってきたことを出し切れなかった」と悔しさをにじませる。
「来られなかった3年生の仲間、2年生や1年生、そしてサブのGK石原や出場停止となった山口のためにも…。それぞれがそれぞれの役割を一生懸命やったからこそここまでこれた。みんなには本当に感謝している」という言葉を佐々木・下平・高田はじめ3年生たちはもらした。
敗戦で悔し涙を流したが「でも、いいチームメイトに恵まれて、むさしでの3年間は思い切りできた」と高田。

3年生は、むさしでの3年間で培ったことをそれぞれの新たなステージへと場を移し、発揮してほしい。
そして「今の3年生はチームとしても団結力があって、雰囲気も良かった。夏も冬も全国出場していた。自分たちも3年生を超えるくらいになっていきたい」(佐藤亮)と3年生の背中を見てきた後輩たちが、積み重ねてきた経験を大切にしながら、来シーズン新たな戦いへと進む。

2011シーズンもご声援ありがとうございました。
今後とも選手たちの成長、そしてU-15むさしを温かく見守って下さい。
次試合
この結果、高円宮杯第23回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会 2回戦敗退となり、U-15むさしの今シーズンの公式戦を終了致しました。
温かいご声援ありがとうございました。
12/23(金祝) 雲仙市国見総合運動公園多目的芝生広場(キックオフ 11:00)
【U-15むさし】高円宮杯第23回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会 1回戦

[ 2 - 1 ] 帝人サッカースクール

FC東京得点者
10,佐々木 渉(17分、21分)
FC東京出場選手
GK 1,羽 直
DF 5,田宮 碧人、4,高田 誠也、3,倉本 秀人、2,村上 惇平
MF 10,佐々木 渉、7,高橋 宏季、19,篠原 力、8,下平 祥希
FW 11,坂元 達裕、13,榎本 大輝
寸評
[リザーブ]
GK:16,石原 翼
DF:30,小山 拓哉
MF:32,佐藤 亮、14,小泉 佳穂、18,柳園 良太、9,赤塚 豪也
FW:12,山口 智司


○試合ダイジェスト
高円宮杯第23回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会 1回戦の対戦相手は四国代表の帝人サッカースクール。3年生にとっては最後の大会となる大事なトーナメントがスタートした。試合は快晴の中、雲仙市国見総合運動公園多目的芝生広場で11:00にキックオフされた。2分、相手の直接FKは高羽が正面でキャッチ。5分、左サイドを攻め上がった村上がクロスを上げチャンスを作り出す。8分、右サイドを崩して中央の篠原にパス。ミドルシュートを放つが、これは惜しくも枠を外れる。
11分、むさしの攻撃が続く中、佐々木のCKを高橋がヘディングシュート。これも外れる。
13分、高田が相手ディフェンスラインの裏にロングボール。抜け出した坂元が榎本にパスを送り、そのままシュート。惜しくもGK正面。
17分、相手の中盤のプレスがあまくなった所を高橋がドリブルで持ち込み、それをたまらずファールで止める。そして、正面20mのFKを佐々木が落ち着いてコースを狙い、ゴール左上に決まり先制点を上げる。
21分、むさしのリズムが続く中、佐々木がドリブルでペナルティエリアに侵入。DFを1人かわした後、相手がたまらずファールをしてしまいPKになる。これを冷静に決め2点目。
24分、むさしディフェンスラインの連携ミスからピンチを招くが、高羽がビックセーブでこれを防ぐ。
28分、むさしのパスミスをカットした相手FWがそのまま持ち込みシュート。あぶなく枠は外れたが、相手のリズムが続く時間帯である。
33分、篠原のCKのボールを高橋がヘディングシュート。これはGK正面。
36分、右サイドを突破した佐々木から中央の坂元へ。最後は走り込んできた田宮にラストパス。田宮がシュートを放つがこれも枠を外れる。
39分、佐々木のラストパスを受けた榎本がシュートを放つがGK正面。このまま前半終了。

後半スタートから坂元に代わり小泉が入る。
43分、左サイドを突破した榎本が中央に切れ込み小泉にラストパス。小泉のシュートは惜しくも外れる。46分、篠原に代わり赤塚が入る。
47分、相手の直接FKを高羽がビッグセーブでCKに逃げる。
48分、むさしの攻撃が続く中、走り込んだ田宮に下平がスルーパス。これは惜しくもオフサイド。
50分、村上に代わり山口が入る。後半に入り相手も攻めの人数をかけてチャンスを作り出そうとする。
58分、むさしの右サイドの攻撃を封じられ、奪われたボールでカウンターを受け、相手のシュートをDFがブロックしたが、そのこぼれ球を拾われゴールを奪われる。
62分、倉本に代わり佐藤を投入。
65分、相手FKからこぼれ球を拾われピンチになるが、これはDF陣が間一髪ブロックしゴールを割らせない。
67分、一瞬の隙をついた小泉が赤塚にスルーパス。相手GKと1対1になった赤塚の狙いすましたシュートは右に外れる。相手も残り時間でパワープレーを選択し攻めの人数をかけるようになってきた。お互いがカウンターの連続になり、一進一退の攻防が続く。
73分、相手FKを高橋が大きくクリア。そのボールを赤塚が持ち込みシュートまでいくが得点できず。
78分、相手FKのセット中に、相手選手とぶつかった山口が退場になってしまい10人での戦いとなる。その後は相手のパワープレーで、かなり押し込まれるもバーにも助けられ何とかピンチを防ぐ。
ロスタイム6分という長い時間ではあったが、最後は全員が体を張ったディフェンスでゴールを守り抜きこのまま試合終了。

全国大会ともなると、1つのプレーで流れが大きく変わることを実感した試合となった。しかし、我慢をしながら良いディフェンスが出来たのは、明日以降に向けて非常に大きな経験が出来たと思う。明日も粘り強くむさしらしいサッカーをして勝利へと向かっていきたいと思う。
本日も温かいご声援ありがとうございました。
次試合
高円宮杯 第23回全日本ユース(U-15)サッカー選手権 2回戦
12月24日(土)11:00キックオフ
vsベガルタ仙台ジュニアユース
会場/雲仙市国見総合運動公園多目的芝生広場
12/3(土) しんよこフットボールパーク(キックオフ 17:30)
関東ユース(U-15)サッカーリーグ2部参入戦第1回戦

[ 0 - 2 ] TOKYU SS Reyes FC YOKOHAMA

FC東京得点者
-
FC東京出場選手
GK 25,島ア 智成
DF 34,泉 勇気、26,丸山 貴大、30,小山 拓哉、3,関口 悠太→21,下杉 洋樹(58分)
MF 22,佐藤 誠司、24,安部 柊斗、13,伊藤 純也→35,阿部 優登(67分)、32,佐藤 亮
FW 36,塚田 士文、27,西元 類
寸評
[リザーブ]
GK:20,林崎 航、16,波多野 豪
DF:23,東方 陸真、33,相原 克哉、2,高橋 海人
MF:17,副島 陸、28,多嶋田 雅司、29,高橋 英暉、31,関川 優太、10,松岡 瑠夢、11,生地 慶充
FW:8,桑原 遥


○試合ダイジェスト

FC東京U-15むさし創設から7年目。ついに掴んだ初の関東リーグ2部参入戦への切符。この1年戦ってきた3年生の熱い思いを、2年生がしっかりと受け継ぎ、この第1戦に挑む。
場所は、午前中までの雨が嘘のようにやみ、少し気温も暖かくなったしんよこフットボールパーク。歴史的な1戦は、17:30にキックオフされた。

3分:右サイドの佐藤亮から前線の西元へとボールを送る。オーバーラップした佐藤亮がファーサイドへクロスを上げるも、惜しくも合わず。
6分:右サイド関口がボランチの伊藤へ配球。伊藤がドリブルで駆け上がり、右サイドからクロスをあげるもタイミングが合わず。
7分:右から左へと巧みなサイドチェンジをしながら繋がったボールを、ゴール正面へ走りこんだ西元が強烈なシュート。このシュートは、相手GKに正面でキャッチされる。
9分:ドリブルで佐藤亮がボールを運び、中央へ走りこんだ西元へ。すばやいターンで西元がシュートを放つも相手DFに当たり、跳ね返る。このボールに、ゴール前へ詰めていた佐藤亮が反応し、シュートを放つも相手DFがブロック。
11分:佐藤亮が相手DF3人を背負いながら、ドリブルで駆け上がり突破し、チャンスメイク。しかし、相手の更なる守備の壁に阻まれクリアされる。
相手の後ろまで引いた全員守備に、攻め続けながらも決定打を奪えないイレブン。
14分:ルーズボールに相手が反応し、一気にカウンターをくらい、失点。
17分:左サイドから右サイドへポジションチェンジした佐藤誠司が駆け上がり、中央の伊藤へと繋ぐ。相手DFの裏のポジションに走りこんだ伊藤が絶妙なクロスを上げるも、相手GKが前に飛び出し、キャッチ。
18分:センターライン付近から佐藤誠司がドリブルで切り込み、ゴール右へクロスを上げる。このボールは相手DFに当たりCK。右サイドからの佐藤亮のCKは、相手DFがクリア。
左サイドからの伊藤のCKは、ファーサイドにいた西元がクロスを上げるもゴール前の塚田には惜しくも合わず。
21分:安部の堅守が光る。カウンター攻撃をしかけてきた相手の突破を安部がクリア。ここから相手にボールを繋がれ、クロスを上げてきたところを、安部が冷静に前線へはね返す。
24分:佐藤誠司が相手DF2人を背負いながら、中央を突破し、クロス気味のシュートを相手GKが前に出てパンチングでクリア。
26分:関口が中央から駆け上がり、左サイドへクロスを上げる。伊藤、佐藤誠司、塚田が走りこむが、わずかにタイミングが合わず。
ボールの奪い合いが続く時間帯となる。インターセプトからカウンターを狙い、ミドルシュートを放たれるなど一瞬ヒヤリとする場面も。
32分:丸山と安部のワンツーから、走りこんだ泉へとボールが繋がる。泉からのロングフィードは、タッチラインを割るものの、東京へ攻撃の流れを傾ける。
36分:左サイドから大きくサイドチェンジしたボールは、駆け上がってきた関口の元へ。関口からすばやく佐藤誠司へと繋ぐ。佐藤誠司がシュートを放つもゴール左へそれる。
39分:足を掛けられ相手のファールからFK獲得。泉のFKは、直接狙うも相手GKがキャッチ。
ポゼッションしながら、攻撃を仕掛け続けるも相手の引いた守備に決定打が出ないまま、前半を終了。

ハーフタイムでは、早い判断をすること、相手の空きスペースを見つけてポジションを取ること、このグランド状況を利用してボールを扱うこと、そして、後半40分あるので、冷静にやるべきことをしっかりやることを確認した。

後半立ち上がり、相手のさらに引いてきた全員守備の布陣に怒涛の攻撃をしかける東京。
43分:CKを安部が受け取る。安部から左サイドにいた西元へと繋ぐ。西元がゴール前へクロスを上げ、丸山が頭で合わせるも相手GK正面。
44分:左サイドの小山が駆け上がり、ゴール前へクロスを上げるも、相手DFにクリアされる。
47分:右サイドからのCKは、ファーサイドへ詰めていた西元の元へ。西元から泉へ繋ぎ、泉がシュートを放つも相手GKがクリア。このクリアボールに佐藤亮が頭で合わせるもゴールならず。
50分:前線へ上がってきた伊藤が、相手DFを背負いながらゴール前へクロス。西元が走りこむも、相手GKに先を読まれキャッチされる。
52分:中盤の関口がゴール前へ大きなロングフィード。ボールは、中央に走りこんだ佐藤亮から小山へと繋ぎ、小山が前線へクロスを上げるも相手GKがパンチングでセーブ。
ポゼッションを支配し、敵陣での攻撃を仕掛け続けるも、相手の引いた全員守備に決定打を奪えない。
58分:ルーズボールからカウンター攻撃をされ、戻り切れず失点。
58分:関口から下杉を投入し、攻撃の幅を広げる。
59分:相手DFを振り切り小山から下杉へパス。下杉が強烈なシュートを放つが、ゴールマウス上へそれる。
61分:小山と下杉のコンビネーションからチャンスメイクするも、相手DF5枚の壁に阻まれる。
62分:丁寧に繋いだボールを西元が強烈なミドルシュート。相手GKはこぼし、このルーズボールを狙いに行くも相手GKにキャッチされる。
66分:インターセプトから相手のカウンター攻撃。しかし、ボールがこぼれたところを西元がすかさずシュートを放つも相手GK正面。
67分:伊藤から阿部を投入。
70分:下杉が足を掛けられFK獲得。下杉のFKは、ゴール前に詰めた佐藤亮を狙うも、惜しくも合わず。
ルーズボールやインターセプトからカウンターを狙う相手だが、丸山が体を張って相手を突破させず、前線へはね返し、チャンスメイクし続ける。
75分:西元から左サイドへ走りこんだ小山へ繋ぐ。小山の上げたクロスは、佐藤亮が力強いシュートを放つがゴールポスト上へあがってしまう。
77分:小山から西元へロングフィード。西元から下杉へと繋ぎ、下杉がクロスを上げる。しかし、オーバーラップした西元へは合わず。
79分:相手のファールによりFK獲得。塚田からのFKはゴール前へ、西元が狙うもオフサイドの判定。
80分:ゴール前での塚田のオーバーヘッドに、阿部が詰めるも、先に相手GKがキャッチ。
81分:相手ファールからのFK獲得。丸山からのFKは、西元が走りこむもゴール左へ流れる。
このまま0-2で試合終了。

ほぼ東京のボールポゼッション、そして、終始、敵陣での攻防を繰り広げていたが、相手の引いた全員での守備に苦しめられた。
悔しい結果となったが、この試合で見せてくれた最後まで諦めないひたむきな姿勢は、東京のサッカーを体現したものであった。流した涙の分だけ、そして、先輩たちの思いを受け継いだ強い気持ちを忘れず、来シーズンもここに戻ってきてほしい。
FC東京を、U-15むさしを愛する皆様、ご声援ありがとうございました。
次試合
この結果、本大会第1回戦敗退となり、残念ながら第2回戦へ進むことはできませんでした。ご声援ありがとうございました。
11/26(土) 渋谷区スポーツセンター(キックオフ 13:40)
第19回 東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会3次リーグ 第2戦

[ 12 - 0 ] CYD

FC東京得点者
22,佐藤 誠司(1分、8分)、27,西元 類(14分、29分)、32,佐藤 亮(20分) 、2,高橋 海人(22分)、36,塚田 士文(24分)、34,泉 勇気(35分、56分)、35,阿部 優澄(42分)、13,伊藤 純也(54分、69分)
FC東京出場選手
GK 25,島ア 智成→20,林崎 航(HT)
DF 2,高橋 海人→3,関口 悠太(45分)、26,丸山 貴大、34,泉 勇気、30,小山 拓哉
MF 13,伊藤 純也、24,安部 柊斗→31,関川 優太(HT)、32,佐藤 亮→28,多嶋田 雅司(HT)、22,佐藤 誠司→11,生地 慶充(45分)
FW 27,西元 類、36,塚田 士文→35,阿部 優澄(HT)
寸評
[リザーブ]
GK:-
DF:23,東方 陸真、33,相原 克哉
MF:29,高橋 英暉、17,副島 陸、21,下杉 洋樹
FW:-

○試合ダイジェスト
平成23年度第19回東京都クラブユースサッカーU−14選手権大会の3次リーグ第2戦。
相手はCYD。秋晴れの中、13:40キックオフで始まった。

開始早々前線からプレスをかけボールを奪いに行く。
1分、相手のクリアボールを右サイドで拾った佐藤亮が、そのままクロスを上げ、佐藤誠がダイビングヘッドで飛び込み先制点を上げる。
その後も落ち着いたポゼッションを繰り広げてチャンスを伺う。
3分、右サイドを突破した佐藤亮から西元にラストパス。これを西元がシュートを放つが惜しくも枠外に。
その後も安部、伊藤のボランチを中心にボールを動かし攻め続ける。また、1年生の高橋海が右サイドを積極的に駆け上がりチャンスを伺う。
すると8分、スローインからのボールを受けた高橋海が右サイドを突破しファーへのクロスを上げる。そこに走り込んできた佐藤誠が見事なヘディングシュートを決め2点目を奪う。
10分、中盤でボールを受けた西元がロングシュート。これは相手のブロックにあいゴールを奪えない。
14分、佐藤亮が中盤で西元とワンツーをし、西元にスルーパスをだす。それを西元が冷静にGkをかわしゴールを奪い3点目を上げる。
この日は、FWの西元、塚田が攻撃の起点となりむさしの攻めを引っ張っていた。守備では、GK島アを中心にCB丸山、泉が非常に集中できていて、相手に攻撃させない良い守備が出来ていた。
20分、安部が左サイドを駆け上がった小山にスルーパス。そのまま小山がクロスを入れるが、一度ははねかえされるが、それを安部が拾いクロスを上げる。そのボールを佐藤亮が見事なボレーシュートを決め4点目を奪う。
22分、伊藤が蹴ったCKを中の高橋海が合わせて5点目。
24分、中盤から安部がドリブルで持ち込み塚田にスルーパス。これを塚田がDF2人をかわして冷静にゴール右隅に決め6点目。
26分、CKのボールを泉がヘディングシュート。これはおしくも枠外に。
29分、ディフェンスラインでポゼッションをしていると、相手の浅いラインを抜け出した西元を、CB丸山が見逃さず裏へのロングフィード。これを西元が落ち着いてGKとの1対1を決め7点目。
35分、伊藤の蹴ったCKを泉がヘディングシュート。今度は、枠をとらえ8点目。そして前半終了。

後半開始から、佐藤亮に代わり多嶋田、塚田に代わり阿部、安部に代わり関川、島アに代わり林崎が入る。
後半も、積極的に相手陣地からプレスをかけ攻撃的に行くむさし。
後半、西元と丸山がポジションチェンジしFWの丸山が再三裏へ抜け出す。
38分、西元が裏に抜け出した多嶋田にロングフィード。これは長すぎてGKにキャッチされる。
39分、これも西元のパスから抜け出した丸山がDF一人をかわしてシュート。これはゴール上に外れる。
その後も、後半から入った阿部が積極的にプレスをかけ、それをボランチの関川、伊藤が拾いチャンスを作り出す。
すると42分、泉のヘディングボールに抜け出した阿部が、GKとの1対1を冷静にみてゴール右隅に決め9点目。
その後は相手の浅いラインに苦しめられ、オフサイドを連発してしまう。
45分、佐藤誠に代わり生地、高橋海に代わり関口が入る。
46分、裏に抜け出した丸山がシュートを放ちGKにはじかれたこぼれ球を多嶋田がシュートするが、これもDFのブロックにあい得点できず。
その後も、工夫をしながら裏に抜け出すが、なかなかシュートまで持ち込めない時間帯が続く。
そういう中でも、GK林崎を中心に守備は安定感のある所をみせ、相手にシュートを打たせない。
56分、中盤でボールを奪った伊藤が相手を3人かわしてそのままゴールへ。最後はGKもかわしてシュートを決め10点目を奪う。
58分、丸山が右サイド突破し中にいた生地にクロス。これを生地が合わせるがミート出来ず、おしくも得点を奪えない。
59分、中盤でボールを奪った泉が、そのままドリブルで持ち込み左足でシュート。11点目を奪う。
その後も、初出場の1年生関口、生地が積極的にボールに絡みむさしのリズムを作っていく。
61分、生地のキープから左サイドを抜けてきた小山がシュート。一度はGKにはじかれるがそれにつめていた多嶋田がゴールを奪ったと思ったが、これはオフサイドの判定。
64分にも裏に抜け出した多嶋田が、右サイドから切れ込みシュート。これはGK正面。
その後も、むさしペースで進み66分、多嶋田→阿部→生地とつながりシュート。これも惜しくも枠外に。
69分、中央を抜け出した伊藤が2人をかわしてシュート。12点目をあげそのまま試合終了。

多くの得点を奪えて勝てたことは良かったが、攻撃のアイデア、タイミングなどまだまだ修正する部分がたくさんあった。
来週は、むさしにとって非常に大事な関東リーグ参入戦があるので、明日からのトレーニングで今日の反省を生かし、良い状態でのぞんでいけたらと思う。
今後ともご声援の程宜しくお願い致します。
次試合
[第3戦]
1月14日(土)14:55キックオフ
vsFC町田ゼルビア
会場/駒沢第2球技場
※キックオフ時間が変更となりました
11/23(水祝) 東伏見グランド(キックオフ 18:00)
第19回 東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会3次リーグ

[ 3 - 0 ] 杉並FC

FC東京得点者
22,佐藤 誠司(30分)、27,西元 類(47分)、32,佐藤 亮(49分)
FC東京出場選手
GK 25,島ア 智成→20,林崎 航(50分)
DF 2,高橋 海人、26,丸山 貴大、34,泉 勇気、30,小山 拓哉
MF 13,伊藤 純也→17,副島 陸(HT)、24,安部 柊斗、31,関川 優太→36,塚田 士文(HT)、22,佐藤 誠司→28,多嶋田 雅司(50分)
FW 35,阿部 優澄→27,西元 類(HT)、32,佐藤 亮
寸評
[リザーブ]
GK:-
DF:23,東方 陸真、33,相原 克哉
MF:29,高橋 英暉、21,下杉 洋樹
FW:-

○試合ダイジェスト
平成23年度第19回東京都クラブユースサッカーU−14選手権大会の3次リーグ第1戦。
相手は杉並FC。小雨の中、18:00キックオフで始まった。

開始から相手のプレスが激しく、グランドも滑りやすくなかなか落ち着いてボールを動かせない。
3分、相手のクリアボールを拾った佐藤誠が中央阿部にパス。それを、素晴らしいターンでDFをかわして前に行くが、シュートまでは持ち込めない。
4分、相手FWが裏に抜け出した所を泉が追いついてボールを奪う。その後も、ポゼッションをしながら相手ゴールに向かおうとするが、相手のプレスも速くなかなか前に進めない。
8分、右サイドを突破した関川が左足でクロス。阿部が飛び込むが惜しくも合わない。
11分、相手GKのクリアを拾った佐藤亮が2人かわしてミドルシュート。これは惜しくもGK正面。
15分、相手陣地からのFKを安部が蹴り、中にいた高橋海に合わせるが、これは惜しくも枠外に飛ぶ。
18分、中央の安部が阿部とのワンツーで抜け出し、関川へ。最後に関川がスルーパスをだし阿部に。阿部が横の佐藤誠にラストパスを出し、そのままシュート。これはGKがナイスセーブで得点できず。
20分、佐藤亮が個人技で相手を3人かわしシュートを打つが、これは相手DFにブロックされる。
23分、阿部が3人に囲まれた中キープをし、安部にパス。それを低いグランダーでのシュートを放つがこれもGK正面。
25分、自陣でパスカットをされピンチになるが、丸山が冷静に対応しシュートを打たせない。
28分、相手陣地でパスカットした関川が小山にラストパス。これを小山がシュートするが、これもGK正面。
30分、ついに得点が生まれる。左サイドで、佐藤亮、安部、小山が絡み、最後に佐藤亮が低いクロスを上げる。これを中にいた佐藤誠がダイビングヘッドで合わせ待望の先制点が入る。
その後は落ち着いたプレーをみせ相手ゴールに迫る。
32分、高橋海がミドルシュートを放つがこれは枠をとらえられない。このまま前半終了。

後半に入り、阿部に代わり西元、関川に代わり塚田、伊藤に代わり副島が入る。
後半は、ぬれた芝生にも慣れボールポゼッションも正確になってチャンスを作り出せるようになってきた。
38分、相手カウンターを受け、左サイドを突破されクロスを上げられるが、これは島アが冷静にキャッチ。
40分、中盤でボールを拾った塚田が中央をドリブルで1人かわしミドルシュート。これは惜しくも枠外に。
42分、右サイドを突破した塚田が速いクロスボールを上げる。それを走り込んできた西元がボレーシュート。これも枠外に。
45分、副島を起点とし西元、佐藤亮に。最後は高橋海が右サイドからクロスを上げるが、これも中にあわない。
47分、左にいた塚田が起点となり、塚田→佐藤誠→副島→塚田、そしてスルーパスに反応した佐藤亮がシュート。一度はGKにはじかれるがそれを西元がつめて2点目を奪う。
続く49分、高橋海のくさびを上手く反転して前を向いた佐藤亮が、素早くミドルシュートを放ち、これがGKのニアサイドを抜け3点目を奪う。
この時間帯からは、落ち着いてむさしらしいポゼッションで攻撃のリズムが出てきて、チャンスを多くつくりだしてくる。
53分、右サイドを抜け出した安部が塚田とのコンビネーションでシュートまでいくが、これはGK正面。
56分、塚田のスルーパスに抜け出した多嶋田がゴールまで。コントロールが大きくなりシュートまで持ち込めない。
58分、塚田が西元とのワンツーで抜け出しシュート。
59分にも、西元がミドルーシュート。いずれもGK正面でキャッチされる。
その後も、幾度となくシュートを放つ、相手GKのファインセーブにあいなかなか得点できない。
そういう中でも、林崎を中心に、CBの泉と丸山が後ろから声をかけて集中を切らさず守備が出来ていた。
65分、67分と副島、西元がミドルシュートを放つが、いずれもゴールポストにはじかれる。
その後も、多嶋田、佐藤亮のサイドを起点としチャンスを作り出す。
特に多嶋田は、途中出場ながら、非常に良い動きをみせ幾度となく左サイドを突破する。
幾度となくチャンスはあったが、追加点が奪えずこのまま試合終了。

勝利をもぎ取ることが出来たのは良かったが、フィニッシュの精度、ポゼッションの質はまだまだだったので、今後に向けしっかりトレーニングをして修正していきたいと思う。
これからもご声援の程宜しくお願い致します。
次試合
[第2戦]
11月26日(土)13:50キックオフ
vsCYD
会場/渋谷区スポーツセンター
11/19(土) 会場は見学できない為、記載しません。(キックオフ 18:00)
東京都ユースリーグU-15 サッカーリーグ後期(関東チャレンジリーグ) 第5節

[ 2 - 0 ] 横河武蔵野FC

FC東京得点者
12,山口 智司(1分)、10,佐々木 渉(70分)
FC東京出場選手
GK 16,石原 翼
DF 5,田宮 碧人、4,高田 誠也、34,泉 勇気、30,小山 拓哉
MF 8,下平 祥希、7,高橋 宏季、10,佐々木 渉、32,佐藤 亮→2,村上 惇平(61分)
FW 27,西元 類、12,山口 智司
寸評
[リザーブ]
GK:1,羽 直
DF:3,倉本 秀人、6,多田 一晴
MF:9,赤塚 豪也、11,坂元 達裕、13,榎本 大輝、14,小泉 佳穂、15,三井 康平、18,柳園 良太、19,篠原 力、36,塚田 士文
FW:-

○試合ダイジェスト
関東ユース(U-15)サッカーリーグ2部参入戦・東京都代表の切符をかけた東京都ユースリーグU-15 サッカーリーグ後期(関東チャレンジリーグ) 最終節。
ピッチは、終日の雨で水たまりだらけという悪条件。
気温も下がり厳しい冷え込みの中18:00にキックオフされた。

1分:相手ボールでのキックオフ。キックオフ後、このボールをすぐさま山口が奪い、すばやくターン。センターライン付近から直接狙いすましたシュートは、
そのままゴールネットへ突き刺さりGOAL!! 開始早々、先制点を挙げる。
3分:雨に足を取られながらも、攻め込んでくる相手選手を泉がことごとく体を張ってブロック。
4分:左サイドから走りこんできた山口が飛び出し、強烈なシュートを放つが惜しくもサイドネットへそれる。
5分:相手の連携した攻撃を、泉がカットし、小山へ預ける。小山からのボールは、前線に走りこんでいた高橋に繋がり、チャンス到来かと思われたが、相手DFに読まれカットされる。
8分:ボールを奪われた後のカウンター攻撃に、佐藤が素早く戻り、隙のない守備を見せ、チャンスをつくらせない。
10分:ファールで相手にFKを献上してしまうも、このボールを小山がヘディングでカットし前線の西元へ繋げる。西元が左サイドからクロスを上げるも、相手GKにキャッチされる。
13分:クリアボールからカウンターを仕掛けられる。しかし、ここはCB高田がボールを奪い、簡単にはチャンスを作らせない。
15分:自陣ペナルティエリア内、ボールを奪い、奪われという局面が続く中、相手が一瞬の隙を狙いシュートを放つもGK石原が落ち着いてキャッチ。
18分:相手のファールにより、FK獲得。右サイドからの佐々木のFKは、山口の元へ。山口が直接シュートを狙うもゴールポスト上へそれる。
20分:小山から左サイドの佐々木へボールを預ける。佐々木からのボールは、下平へ繋がり、相手DFと水しぶきを上げながら競り合い前線の山口へ向けてボールを送るも、わずかに合わず。
22分:左サイドの山口から一旦、西元へボールを下げ、下平へ大きくサイドチェンジ。その隙に、佐々木がゴール前へ走りこむも、相手GKに読まれ、下平から佐々木へは繋がらず。
24分:相手からの度重なるシュートに、GK石原が気迫のこもったセーブを見せ、ゴールマウスを守る。
27分:相手との混戦から山口が西元へと繋ぎ、左サイドへ走りこんできた佐々木へボールが渡る。佐々木からのボールは、後ろにいた下平へ繋ぎ、そこからゴール前に送るも相手DFがカット。
29分:高田と泉のCBコンビの堅守が光る。相手の自陣エリア内への侵入に、高田が体を張ってボールを奪い、このボールを泉が前線に送り、決定打を打たせない。
34分:前半終了直前。ファールから相手に献上したFKを下平がヘディングでクリアし、さらに相手選手が狙ってきたところ、下平がそのまま走り込みクリア。
前半は、開始直後の先制点を守りきり、終了。

ハーフタイムでは、立ち上がりを大事にすること、雨が強まり、水たまりがあるからこそボールをしっかり見て蹴ること、
そして多くなりがちなルーズボールをしっかりと処理することが確認された。

後半、立ち上がりから相手の猛攻が始まる。
38分:ゴール前へ攻め込まれるも、泉が相手の動きを先に読みきっちりとクリア。このクリアボールにすかさず相手が反応し、再度攻め込んでくるも、佐藤がブロック。さらに、このこぼれ球からチャンスを狙ってくる相手に対し、逆サイドから走りこんできた田宮がしっかりとプレスをかけ、相手へシュートを打たせない。
ボールが足元に収まりづらい中、徐々に、パスを繋ぎ始める相手チーム。加えて、インターセプトからのカウンターを狙ってくる。しかしSBの田宮が、CB泉と息の合った守備、そして前線の山口、2列目の佐々木との連携した守備で、自陣エリアへ攻め込まれ続けるも、ことごとく撥ね返す。
45分:右サイド高橋から前線の西元へボールが渡るが、相手選手に倒されFK獲得。佐々木のFKは、ゴール前の西元に惜しくも合わず。このルーズボールから相手にカウンターを仕掛けられるも、ゴール前にいた泉が必死にクリア。だが、このクリアボールも相手が拾い、シュートを放つ。GK石原が反応するもボールが手からこぼれてしまう。しかし、近くに詰めていた高田がフォローし大きくクリア。
52分:山口と相手DFとの競り合いでこぼれたボールを、駆け上がってきた佐々木が奪い、エリア内の西元へクロスを上げるも、精度を欠きボールがファーサイドへ流れてしまう。
54分:ボールを奪われ、至近距離からのシュートを打たれるが、GK石原が相手選手と接触しながらもしっかりとキャッチ。気迫あふれるプレーを見せる。
58分:GK石原の集中したセーブが光る。相手にインターセプトされ、ゴール前へクロスを上げられるも、GK石原が、相手選手にわたる前に前線へ大きく送る。
この後、こぼれ球からシュートを立て続けに放たれるも、GK石原がしっかりとキャッチ。
さらにその後、左サイドから強烈なシュートを打たれるが、シュートコースを読んでいたGK石原がこのシュートを横飛びキャッチ。
60分:佐藤に代えて村上を投入。
61分:相手のファールにより、FKを獲得。右サイドからの直接狙った佐々木のFKは、惜しくもゴールならず。
苦しい時間帯が続く。雨もさらに強まり、視界が悪化し、ピッチも水がかなり溜まっている状況。
相手に立て続けにシュートを打たれるも、GK石原を中心に集中を切らせない。
70分:左サイドで高橋がしかける。前線の村上へボールを預け、中央のスペースに走りこんだ佐々木が、村上からのボールをヒールで受け、フリーでシュートを放つ。
弧を描いたシュートは、ゴールネットへ吸い込まれGOAL!!
攻め込まれ続けていた苦しい時間帯のチャンスをものにしただけに、抱き合って喜ぶイレブン。
ロスタイムは3分。相手から怒涛の攻撃を受けるも、U-15むさし全員の強い思いが、ピッチ上のイレブンのプレーに表れ、きっちりした守備で得点を許さない。
そしてこのまま、試合終了。

ピッチで、ベンチで、抱き合って喜ぶ選手たち。試合経過ごとに悪くなるピッチコンディションの中、大きな大きな勝利を手にしたFC東京U-15むさし。
この勝利で、関東チャレンジリーグは1位で終了。
そして、U-15むさし初の「関東ユース(U-15)サッカーリーグ2部参入戦・東京都代表の切符」を手に入れた。参入戦は、2年生と1年生が戦うことになる。
3年生の強い思いを受け継ぎ、まだ続く新たな戦いへぶつけてほしい。
FC東京を、U-15むさしを愛する皆様、本日もご声援ありがとうございました。
次試合
[関東ユース(U-15)サッカーリーグ2部参入戦]
12月3日(土)17:30キックオフ
vsTOKYU SS Reyes FC YOKOHAMA(神奈川県代表)
会場/しんよこフットボールパーク
※本日の試合結果により、東京都ユースリーグU-15サッカーリーグ後期(関東チャレンジリーグ)では1位となり、東京都代表として、関東ユース(U-15)サッカーリーグ2部参入戦へ進むことが決定致しました。
※出場選手は、U-14の選手が対象となります。

11/13(日) 韮崎中央公園芝生広場グランド(キックオフ 10:30)
高円宮杯 第23回全日本ユース(U-15)サッカー選手権関東大会 決勝ラウンド代表決定戦

[ 1 - 1 ] ジェフユナイテッド千葉U-15

FC東京得点者
延長:0-0 PK:4-3
32,佐藤 亮(19分)
FC東京出場選手
GK 16,石原 翼
DF 5,田宮 碧人、4,高田 誠也、3,倉本 秀人→34,泉 勇気(83分)、33,相原 克哉→30,小山 拓哉(41分)
MF 8,下平 祥希、32,佐藤 亮、7,高橋 宏季、10,佐々木 渉
FW 27,西元 類→36,塚田 士文(89分)、12,山口 智司
寸評
[リザーブ]
GK:1,高羽 直、20,林崎 航
DF:15,三井 康平、2,村上 惇平
MF:6,多田 一晴、14,小泉 佳穂、18,柳園 良太、19,篠原 力
FW:9,赤塚 豪也、11,坂元 達裕、13,榎本 大輝

○試合ダイジェスト
高円宮杯 第23回 全日本ユースサッカーU-15選手権 関東大会決勝戦は山梨県韮崎市中央公園2Gにて行なわれた。
好天に恵まれ選手達も晴れやかな表情、勝てば全国大会進出が決まる1戦の相手は強豪ジェフ市原・千葉、序盤から激しい攻防が期待される。

1分相手の突破を相原がカットし山口へフィード、これは相手にカットされる。
3分相手のパスワークから一瞬の隙を突かれ失点。
4分倉本→高橋→佐藤と繋ぎ突破をはかるがクリアされる。
6分高橋→佐々木→下平と繋ぎクロスを上げるがゴールならず。
8分西元→相原→佐々木と繋ぎシュートを放つが惜しくも外れる。
10分倉本→高田→倉本と繋ぎ佐藤へロングフィードするが相手DFが跳ね返す。
12分相手のクロスをGK石原が素晴らしいキャッチ。17分相手のスルーパスから裏へ抜け出され1対1になるがGK石原がスーパーセーブ!
20分むさしのカウンター攻撃から同点ゴールが生まれる!ボールはゴール前の西元に渡り西元が佐藤へパス、佐藤が左足を振りぬきゴール!素晴らしいシュート!
22分フリーキックのチャンス、キッカーは佐々木。カーブで狙ったボールはゴール左へ外れる。
27分倉本が相手のスルーパスに対して体を張ってブロックした瞬間相手と交錯し負傷、一度はピッチの外へ出るがすぐにピッチへ戻る。
29分相手のパスをインターセプトした田宮がドリブルで持ち上がりシュート、惜しくもバーの上に外れる。
32分相手MFが左サイドを突破するが田宮がナイスカバー。37分相手のコーナーキックをGK石原が身体能力の高さを見せキャッチ。
39分下平のFKを高橋が合わせるがゴール横に外れる。ここで前半終了。

41分相手の突破を山口がカット。
43分相原→佐藤の2年生コンビが突破をはかる。
44分バックパスを奪われGKと1対1になるがGK石原がナイスセーブでゴールを割らせない。
48分佐藤→佐々木→西元と繋ぎこぼれた所に山口が走り込みシュート、ゴールに突き刺さったがオフサイドの判定。
51分相原→下平と繋ぎクロスを上げるが相手DFがクリア。
55分佐藤→相原→西元が素晴らしいパスワークを見せる。
58分相手のスルーパスから抜け出されGK石原もかわされるが相原が体を投げ出してカバー。
62分先ほどのプレーで負傷した相原に代わり小山を投入。
63分ゴール前でシュートを打たれ誰もが「やられた!」と思ったが小山が足を出しクリア。
67分左サイド小山が突破をはかるが相手も必死にクリアする。
73分下平のクロスを山口が合わせシュートを放つが相手GKにセーブされる。
78分ゴール前のこぼれ球を山口がハーフボレーで合わせシュート!これはバーを直撃する。両チーム譲らずここで試合終了。

試合は10分ハーフの延長戦へ。
延長開始早々からお互い猛攻を仕掛ける。
83分倉本に代えて泉を投入。
84分田宮→下平→田宮と繋ぎ田宮が素晴らしいシュートを放つがボール1個分ゴール横に外れる。実に惜しい!
88分佐々木→佐藤と繋ぎクロス、西元が飛び込むが合わず。
89分塚田を投入。入って早々、塚田がボールを奪い的確に味方へ繋ぐ。延長前半終了。

93分山口が最後の力を振り絞り前線から激しいプレスをかける。
95分ゴール前で突破を図った高橋が倒されるがノーファールの判定。

試合は両者譲らずPK戦へ。
先攻はジェフ、むさしは後攻、ジェフ1番目のキッカーが蹴ったボールはGK石原がスーパーセーブ!
むさし1番目の佐々木は落ち着いて決める。
2番目のキッカーは高田、しっかり決める。
そしてジェフ3番目のキッカーが蹴ったボールをまたまたGK石原がセーブ!さらに有利な展開となる。
むさし3番目のキッカーは田宮、惜しくも枠を外れる。
この後4番目の高橋が決め、ラストキッカーは下平、これが入れば全国大会出場が決まる。

むさし父兄、選手、スタッフが固唾を飲んで見守る中、下平が蹴ったボールはゴールに突き刺さった!この瞬間ベンチの選手全員がピッチへ飛び出す!
グランドでは佐々木を始め3年生がうれし泣き!実に感動的なシーン!選手達がしっかり頑張った証である。
全国大会でも更なる活躍を期待する!
U-15むさしを愛する皆様本日も熱いご声援ありがとうございました。
次試合
※この結果、高円宮杯 第23回全日本ユース(U-15)サッカー選手権本大会の出場権を獲得いたしました。
11/12(土) 韮崎中央公園芝生広場グランド(キックオフ 13:30)
高円宮杯 第23回全日本ユース(U-15)サッカー選手権関東大会 決勝ラウンド準決勝

[ 5 - 3 ] FC古河JY

FC東京得点者
オウンゴール(30分)、27,西元 類(33分)、14,小泉 佳穂(68分)、12,山口 智司(73分)、10,佐々木 渉(78分)
FC東京出場選手
GK 1,高羽 直
DF 5,田宮 碧人、4,高田 誠也、3,倉本 秀人、33,相原 克哉→13,榎本 大輝(77分)
MF 32,佐藤 亮→2,村上 惇平(76分)、8,下平 祥希→19,篠原 力(76分)、7,高橋 宏季→11,坂元 達裕(80分)、10,佐々木 渉、14,小泉 佳穂→36,塚田 士文(71分)
FW 27,西元 類→12,山口 智司(71分)
寸評
[リザーブ]
GK:16,石原 翼、20,林崎 航
DF:30,小山 拓哉、34,泉 勇気
MF:18,柳園 良太
FW:-

○試合ダイジェスト
平成23年度 高円宮杯 第23回 全日本ユースサッカーU−15選手権クラブ関東大会準決勝。
相手は関東2部リーグ所属のFC古河JY。秋晴れの中、13時30分キックオフで行われた。

開始2分、むさしFKが相手ゴール前に。それを佐藤亮がヘディングシュート。惜しくも枠は外れたが、幸先よいスタートが切れた。
3分、佐々木のCKのこぼれ球を今試合久々のスタメンに入った小泉がミドルシュート。これはGK正面。
7分、むさしGKのこぼれ球をクリアが甘く、左サイドにボールがつながれシュートを打たれる。一瞬の隙をつかれ先制点を奪われてしまう。
続く8分、むさしゴール前の相手FKを高羽がビックセーブでピンチを防ぎ流れを引き戻す。
12分、西元がミドルシュート。惜しくもGK正面。
15分、高橋がサイドチェンジで下平に。これは惜しくもオフサイド。失点してからは、落ち着いてむさしのボールポゼッションが少しずつ出来るようになり、チャンスも作り始めていた。しかし相手も体を張ったディフェンスで、なかなかゴール前まで行くことが出来ない。
17分、中盤を突破した下平が前線の西元へ。そして小泉にラストパス。最後にシュートで終わったが、これもGKに防がれる。
守備陣は、失点以降落ち着いた守備をみせ、GK高羽を中心にCB高田、倉本が相手の攻撃を跳ね返す。両サイドバックの田宮、相原も積極的に攻めチャンスを作り出していく。
21分、下平の素早いリスタートから田宮が右クロスを上げる。それを中の西元が折り返して、最後は高橋がシュートを放つが、これは惜しくもゴール左にそれる。
26分、下平が右サイドからクロスを入れ佐藤亮が折り返し西元へ。これはオフサイドの判定。
何度となくチャンスをつくりだしてきた30分、ポゼッションから右サイドの下平にボールが行き、それを早いタイミングでクロスを入れる。それを相手DFがクリアミスで、ボールは相手ゴールに入り同点に追い付く。
続く33分、相手CKのこぼれを佐々木が拾い、そのままドリブルで持ち上がる。そして左サイドの佐藤亮にパスをし、それをワンタッチで絶妙なクロスを上げる。走り込んできた西元がそれを冷静に決め逆転する。
その後は、つなぐサッカーでむさしペースで前半を終了。

後半の立ち上がりは、相手のペースになり、42分、左サイドを突破されクロスを上げられ、ヘディングシュートを打たれ危なく失点をするところだった。
44分、今度は右サイドを崩され、シュートを打たれるが羽が好セーブをみせピンチを防ぐ。
49分、相手の突破をディフェンス陣が止め、攻めに転じようとした所のパスをカットされ、そのままミドルシュートを打たれ失点してしまい同点に追い付かれる。これで、相手も勢いに乗りFC古河ペースが続く。
そういう中でもGK高羽が落ち着いてディフェンスラインをコントロールし、相手の攻撃の芽をつんで行く。
55分、むさしCKをショートで始め、佐々木⇒下平とつなぎ、最後はクロスを上げるが相手にクリアされる。
59分、むさしのCKのこぼれを拾われカウンターを受け、ピンチとなりかけた時に、CB高田が見事にインターセプトでボールを奪う。
65分、左サイドを突破した佐藤亮がシュートを放つがこれは惜しくもゴール枠外に。
徐々にむさしペースになりかけてきた68分、スローインをもらった佐々木が逆サイドの相原にミドルパス。走り込んでいた相原は左サイドを突破し、最後は、中央に切れ込み小泉にラストパス。これを小泉が冷静にゴール右隅に決め勝ち越しゴールを奪う。
71分、小泉に代わり塚田、西元に代わり山口が入る。
73分、CKを佐々木、下平のコンビで崩し中央の佐藤亮へ。すると佐藤亮が中央突破で3人を抜き去りシュートへ。ボールは一度は、ポストにはじかれるが、それにつめていた山口がボールを押し込み4点目を奪う。
その後は、落ち着いてボールをまわし試合を進めていく。
76分、下平に代わり村上、佐藤亮に代わり篠原が入る。
77分、相原に代わり榎本が入る。
78分、GK高羽が相手クロスをキャッチして、前線の山口にロングパスを送り、山口がキープしている間に、後ろから佐々木が走り込みボールをもらいGKと1対1に。これを冷静に左隅に決め5点目を奪う。
80分のロスタイム、相手CKから失点をしてしまう。
同分、高橋に代わり坂元が入る。そして最後まで集中を切らさずこのまま試合終了。

この日は、久々のスタメンを張った、西元、小泉が得点を取り非常に良い活躍をした。
明日は、いよいよ代表決定戦。夏に続き、冬も全国大会に行けるように精一杯チーム一丸になり戦って、勝利をもぎ取りたいと思う。
明日も皆様のあたたかいご声援、宜しくお願い致します。
次試合
[代表決定戦]
11月13日(日)10:30キックオフ
vsジェフユナイテッド千葉U-15
会場/韮崎中央公園芝生広場グランド(山梨県)
11/6(日) 東京ガス武蔵野苑多目的グランド(キックオフ 13:30)
高円宮杯 第23回全日本ユース(U-15)サッカー選手権関東大会 決勝ラウンド2回戦

[ 1 - 0 ] 三井千葉サッカークラブジュニアユース

FC東京得点者
オウンゴール(41分)
FC東京出場選手
GK 16,石原 翼
DF 5,田宮 碧人、4,高田 誠也、3,倉本 秀人、33,相原 克哉
MF 32,佐藤 亮、8,下平 祥希、7,高橋 宏季、10,佐々木 渉
FW 9,赤塚 豪也→36,塚田 士文(52分)、12,山口 智司→27,西元 類(65分)
寸評
[リザーブ]
GK:1,高羽 直
DF:2,村上 惇平、30,小山 拓哉、34,泉 勇気
MF:19,篠原 力、18,柳園 良太、14,小泉 佳穂
FW:11,坂元 達裕、13,榎本 大輝

○試合ダイジェスト
平成23年度 高円宮杯 第23回 全日本ユースサッカーU−15選手権クラブ関東大会。相手は三井千葉SC。
小雨の降る中、13時30分キックオフで行われた。

開始1分、相手のロングパスのクリアを拾われ、たまらずファール。FKは大きく枠を外れたが、立ち上がりの悪いスタートとなった。
4分、ようやく落ち着いてポゼッションが出来るようになり、右サイドの佐藤亮が突破からクロスを上げる。惜しくも中には合わなかったが少しずつリズムが出てきた。
7分、左サイドの相原から山口、そして高橋とわたりクロスを上げる。中にいた下平には惜しくも合わない。
10分、中央突破をした佐々木からのスルーパスが山口へ。しかし惜しくもオフサイドの判定。
その後も、CBの高田、倉本を中心としてむさしらしいポゼッションが出来てリズムが出てきている。
今日は、両サイドバックの相原、田宮も積極的に上がりチャンスを伺う。しかし相手も粘り強い守備で、最後のシュートまでは打たせてくれない。
18分、相手CKのカウンターを高橋が持ち込み、山口とのコンビネーションでシュートまでいくが、惜しくもゴール左にそれる。
20分、むさし守備陣のクリアミスを相手が拾い、そしてミドルシュート。ボールは枠に入らなかったが、あぶなく失点する場面であった。
24分、左サイドを突破した佐藤亮から高橋⇒下平とつなぎクロスを上げる。しかし中のFWには合わない。
26分、右サイドからのクロスボールのこぼれ球を佐々木が拾いそのままミドルシュート。これも惜しくも枠に行かない。
バイタルエリアで、山口、赤塚の両FWが前を向けず、シュートの形まで持っていくことが出来ない。
一方守備では、GK石原中心に安定した守りをみせる。
30分、佐々木が中央をドリブルで持ち込んで右サイドの赤塚へ。それをワンタッチクロスを入れ、中にいた佐藤亮がヘディングシュート。これはGK正面で阻まれる。
その後もポゼッションを繰り返しながらチャンスを伺うが、相手のディフェンスラインを崩す事が出来ず、このまま前半終了。

後半早々についに均衡が破れる。左サイドから相原が中央の山口へパス。山口がキープして、もう一度左サイドにいた佐藤亮にパス。それを中に走り込んできた佐々木にワンタッチクロスをあげる。佐々木がボールに触り、そのボールが相手に当たってゴールに吸い込まれオウンゴールとなり先制点を上げる。
点数が入ったせいか、前半よりもリズムが出てきてむさしらしいサッカーが出てきた。
44分、下平のFKを山口が頭で合わせて走り込んできた佐藤亮に合わせたが、これはオフサイドの判定。
後半に入り、相手はむさしの左サイドを何回も突破を試みてくるが、相原、佐藤亮の2年生コンビが体を張った守備でこれを阻む。
52分に赤塚に代わり塚田が入る。
その直後、相手CKが立て続けに行われたが、入ったばかりの塚田がしっかりとマークに付きやられない。
55分、石原のGKキックを中盤で拾われ、相手につながれ最後は1対1の決定的な場面でシュートを打たれたが、これを石原のビックセーブで難を逃れる。
58分、むさしのカウンターから塚田が中心となり右サイドに。右サイドからのクロスを中にいた塚田、相原が立て続けにシュートを放つが、GKの好セーブもありなかなか決めることが出来ない。
その後は、高橋、佐々木が中心となり中盤を支配する。
65分、山口に代わり西元が入る。
FWに塚田、西元の2年生コンビが入り、違ったコンビネーションも出てきてむさしの攻撃のアクセントとなる。
68分、むさしCKのこぼれを下平が拾い、中央の塚田に。前に走り込んできた佐々木に絶妙なスルーパスを出し、GKと1対1になる。惜しくもこれを決めることが出来なったが、非常に良い攻撃が続く。
72分、むさしカウンターから西元がためをつくって塚田にパス。シュートを打ったがこれは惜しくもGK正面。
相手も残り少ない時間で、ドリブルで突破を試みるが、むさしの選手は冷静に対応しこれを防いでいく。
そしてロスタイムの相手FKも、全員で守備をしシュートまで行かせない。
そして終了のホイッスルが鳴り試合終了。

なかなか自分達の形は作れなかったが、次週の準決勝に進めたことは非常に大きな勝ち星。
今試合の課題を今週のトレーニングで修正し、次週の試合にのぞんで行きたいと思う。今後ともご声援の程宜しくお願い致します。
次試合
11月12日(土)13:30キックオフ
vsFC古河JY
会場/韮崎中央公園芝生広場グランド(山梨県)
11/5(土) 東京ガス武蔵野苑多目的グランド(キックオフ 13:30)
高円宮杯 第23回全日本ユース(U-15)サッカー選手権関東大会 決勝ラウンド1回戦

[ 2 - 0 ] 東京ヴェルディJY

FC東京得点者
5,田宮 碧人(48分)、10,佐々木 渉(55分)
FC東京出場選手
GK 16,石原 翼
DF 33,相原 克哉→30,小山 拓哉(70分)、3,倉本 秀人、4,高田 誠也、5,田宮 碧人
MF 10,佐々木 渉、8,下平 祥希、7,高橋 宏季→13,榎本 大輝(75分)、32,佐藤 亮→18,柳園 良太(80+1分)、8,下平 祥希
FW 9,赤塚 豪也→14,小泉 佳穂(70分)、12,山口 智司→27,西元 類(61分)
寸評
[リザーブ]
GK:1,高羽 直、20,林崎 航、25,島ア 智成
DF:2,村上 惇平、15,三井 康平、23,東方 陸真、26,丸山 貴大、34,泉 勇気
MF:6,多田 一晴、17,副島 陸、19,篠原 力、22,佐藤 誠司、33,塚田 士文
FW:11,坂元 達裕、13,榎本 大輝

○試合ダイジェスト
高円宮杯 第23回全日本ユース(U-15)サッカー選手権への出場権をかけた、関東大会 決勝ラウンド1回戦は、東京ヴェルディJYとのダービーマッチ。会場である東京ガス武蔵野苑多目的グランドへは、多くのギャラリーがつめかけた。曇り空の中、シーンと静まり返る緊迫した雰囲気の中、13:30にキックオフされた。

立ち上がり、ヴェルディの猛攻を受ける。
1分:開始早々2本のシュートを放ってくる。1本目は、ゴールマウスをそれるが、2本目のシュートはGK石原が落ち着いてキャッチ。
3分:前線の山口が、後ろから駆け上がってきた左サイドの相原へボールを預けると、そのままドリブルで中央へ持ち込む。相手DFの体当たりのスライディングを受け、クリアされるも、相手の隙をついて攻撃を仕掛けていく。
4分:自陣ペナルティエリア内への侵入に、ゴール前にいた高橋が体をうまく使い、相手にシュートを打たせず、危うい局面をしっかりと対応。
5分:相手の右サイドからの攻撃を佐々木が体を張ってクリア。CKとなるが、相手のシュートはゴールマウスをそれる。
6分:相手の強い当たりに相原がスライディングでクリア。その後も、攻撃を受けるが、相原がクリアし、再度、相手にボールを奪われるも倉本がクリア。全員で猛攻を凌いでいく。
8分:チャンス到来。左サイドの相原と佐々木のコンビネーションを相手DFが体を張って止めてくるが、イエローとなり、FK獲得。
下平からのFKは、混戦となり、こぼれたボールをひろった相手FWがカウンター攻撃を仕掛けてくる。しかし、ゴール前に素早く戻った相原が相手DFに詰め、GK石原がパンチングし、高田がクリアする。
11分:倉本の堅守が光る。相手選手たちが右サイドから攻撃をたて続けに仕掛けてきたところをクリア。2度目のクリアでCKを献上するが、GK石原が、高いボールをしっかりとキャッチ。
13分:押され気味だったが、少しずつ攻撃の糸口を見つけていく。高橋がボールをカットし、前線の赤塚へ繋ぐ。赤塚からペナルティエリア付近の山口へ繋ぐも、相手DFが体を張ってクリア。
14分:佐藤が前線の山口へ繋ぎ、山口がドリブルで持ち込む。佐々木、赤塚との連携で攻撃を仕掛けるも、相手選手の体を張ったブロックにあう。
17分:下平が相手ボールを奪い、中央から右サイドへドリブル突破。そのまま強烈なシュートを放つも、惜しくもゴール左にそれる。
20分:相手選手を倒し、FK献上。直接ゴールを狙ったこのFKは、ゴール前にいた山口が頭でしっかりとクリア。
相手に攻め込まれる展開が続くが、集中した守備でピンチを凌いでいく。
25分:相手選手がこの試合で2枚目のイエローとなり、退場。数的有利な状況となる。
27分:この後、チャンス到来。高橋から佐々木へ繋ぎ、左サイドを佐々木と下平がワンツーで持ち込み、佐々木がシュート。相手GKにキャッチされるが、次第に、東京が流れを掴み始める。
42分:左サイドの相原からのスローインに高橋が抜け出し、クロスを入れるも相手GKにキャッチされる。
東京に流れが傾いてきたまま、前半が終了。

ハーフタイムでは、ボールを出した後のフォローを確実にすることや冷静さを持つこと、そして数的有利になっているため、必ず1枚抜ける部分をチャンスに繋げることを確認した。

44分:田宮がゴール前へ絶妙のクロス。山口が詰めていき、ファーサイドから下平も走りこんでくるが、相手GKがクリア。
48分:ここでビッグチャンス到来。右サイド下平からのクロスに、ゴール前へ走りこんできた田宮が落ち着いてあわせて、ゴール!! 待望の先制点!!
49分:チャンスの後にピンチ。ファウルをとられ、相手のFKとなるが、直接ゴールを狙ってきたこのFKはGK石原が落ち着いてキャッチ。
51分:ボールは、中央にいた佐々木から右サイドに走りこんだ下平へ。下平からのラストパスは相手GKに読まれ、キャッチされる。
55分:後ろから走りこんできた相原から左サイド赤塚へと繋ぎ、ゴール前にいた佐々木が相手DFのマークを上手く交わして空いたスペースからシュートし、だめ押しの2点目!!
その後も攻撃をゆるめない東京イレブン。
58分:中盤の佐々木がインターセプトし、前線の山口へ。そのまま山口がシュート。シュートは、相手GKにブロックされる。
61分:山口に代えて西元を投入。
63分:こぼれ球から相手のカウンター攻撃を受ける。全員の早い切り替えで、自陣に戻るも、シュートを打たれるが、GK石原がファインセーブ!
68分:下平の右サイドからのスローインは、佐々木が受け、前線の赤塚がシュートを放つも相手GKがキャッチ。
69分:中央にいた佐々木から右サイドに走りこんだ下平へ繋ぐ。下平からのクロスは、ゴール前にいた西元の頭にわずかに合わず。チャンスのその後に、ルーズボールから相手のカウンター攻撃。しかし、素早く戻った田宮が、ゴール横で、スライディングでクリア。ピンチを救う。
70分:赤塚に代えて小泉を投入。相原に代えて小山を投入し、終盤の守りを固めていく。
71分:相手ファールからFKを獲得。佐々木のFKは、意表をついたマイナスのパス。走りこんだ小山がミドルシュートを放つも大きく外れる。
72分:逆に相手へFKを与えてしまうも、このFKは大きくファーサイドへ。GK石原の届かないエリアであったが、下平が大きく前線へとボールを送り、ピンチをチャンスに変えていく。
75分:高橋に代わって榎本を投入。
80分:佐々木を中心にテンポの良い攻撃を仕掛ける。中央にいた佐々木と西元のワンツーで佐々木が抜け出し、左サイド佐藤へ繋ぐ。ゴール前に詰めた佐々木から小泉に一旦下げ、再度佐々木に繋げようとするが、相手選手がブロック。
81分:佐藤に代えて柳園を投入。
81分:終了直前、最後の攻撃。左サイドにいた西元が相手DFをかわしながら中央へ駆け上がり、フリーでミドルシュート!このシュートはおしくも左にそれる。

このまま試合終了。この決勝ラウンド1回戦を制し、明日、三井千葉サッカークラブジュニアユースとの2回戦へと進む。1戦1戦を大事に戦い、全員で全国への切符を掴んでいきたい。
FC東京を、そしてU-15むさしを愛する皆様、本日もご声援頂きありがとうございました。
次試合
高円宮杯 第23回全日本ユース(U-15)サッカー選手権関東大会 決勝ラウンド2回戦
11月6日(日)13:30キックオフ
vs三井千葉サッカークラブジュニアユース
会場/東京ガス武蔵野苑多目的グランド
10/30(日) ※会場は見学ができないため、記載いたしません。(キックオフ 17:30)
第16回 東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会 2次リーグ 第4戦

[ 0 - 2 ] 東京ヴェルディ

FC東京得点者
-
FC東京出場選手
GK 20,林崎 航
DF 2,高橋 海人、26,丸山 貴大→23,東方 陸真(37分)、34,泉 勇気、24,安部 柊斗→10,松岡 瑠夢(50分)
MF 17,副島 陸、36,塚田 士文、13,伊藤 純也→28,多嶋田 雅司(50分)、22,佐藤 誠司
FW 35,阿部 優澄→31,関川 優太(31分)、27,西元 類
寸評
[リザーブ]
GK:25,島ア 智成
DF:33,相原 克哉、30,小山 拓哉、3,関口 悠太
MF:29,高橋 英暉、21,下杉 洋樹
FW:32,佐藤 亮

○試合ダイジェスト
平成23年度第19回東京都クラブユースサッカーU−14選手権大会の2次リーグ第4戦。
相手は東京ヴェルディ。小雨の中、17:30キックオフで始まった。

開始1分、相手陣地でルーズボールを拾った佐藤誠が阿部にスルーパス。これを阿部がループシュート。惜しくもバーにはじかれ得点ならず。
3分、カウンターから右サイドを攻められクロスを上げられる。中でヘディングシュートを打たれるが、林崎が冷静にキャッチ。
5分、約25mのFKのチャンスに塚田がシュート。一度は壁にはじかれるが、こぼれを安部がシュート。これは、ゴール上に外れる。
8分、DFラインでボールをまわし、中盤の伊藤がうまくボールをもらい、前にドリブル。そして走り込んだ佐藤誠にスルーパスを出すが、これはボールが流れてしまいGKにキャッチされる。
その後お互いが激しいプレスをかけあい、両チームとも落ち着くことが出来ない。
13分、相手のパスまわしを我慢しながらディフェンスしていたが、一瞬の隙を突かれてミドルシュートを打たれる。これを林崎が手に当てビックセーブ。しかし、これでつくられたCKをヘディングで合わされ、一度は防いだがこぼれ球を押し込まれ失点をしてしまう。
18分、丸山の縦パスを佐藤誠がうまくターンしてドリブル突破。それを西元にスルーパスを送り、GKと1対1になるがシュートはGKにはじかれる。
20分、東京のCKのボールをクリアされ、そのままカウンターを受ける。しかし、泉が冷静に対応し相手の攻撃の芽を摘む。
22分、中央付近でのFKを丸山が蹴り、クリアされたボールを安部が拾い左サイドを突破。2人をかわしクロスを上げるが相手に阻まれる。
23分、相手の決定的なシュートを安部がブロック。
続いて相手CKからのシュートも林崎がセーブ。
25分、副島が左から右へサイドチェンジ。これを高橋海がドリブルで持ち運び、佐藤誠へ。佐藤誠がドリブル突破を試みて相手がたまらずファール。そのFKを塚田が直接狙うが、これは惜しくもゴール左にそれる。
26分、ゴール正面でのFKをまたも塚田が狙うが壁に阻まれる。このまま前半終了。

後半に入り、阿部に代わり関川が入る。
後半開始の31分、クリアボールが小さく相手に拾われ、それを相手FWにパス。それを無理に奪いに行き相手を引っかけてしまいPKを献上する。それを冷静に決められ0−2になる。
35分、相手のスルーパスにディフェンダーが対応できずクロスを上げられボレーシュートを打たれてピンチになる。この時間帯は、相手に押し込まれるシーンが多くなった。
37分、相手陣地で西元が左サイドの伊藤へパス。これを伊藤がダイレクトでループシュート。これは惜しくもGKにはじかれる。
42分右サイドのスローインから副島が抜け出しクロスを上げる。これは惜しくも中の選手には合わない。
44分、中盤でのパスまわしから塚田から関川へ絶妙なパス。これを関川が持ち込みスルーパス。これはFWがオフサイド。
45分、中盤からのパスを受けた佐藤誠がドリブル突破を試みるが、これは相手DFに上手く体を入れられ奪われる。
46分、高橋海の右サイドから関川⇒西元⇒副島とつなぎ、最後にシュート。これはGK正面。
48分、相手のスルーパスに対応した東方がたまらずファール。そのFKは、東京の壁が立ち塞いでクリアする。
49分、右サイドを高橋海⇒塚田⇒高橋海⇒西元⇒高橋海ときれいにワンタッチがつながり突破するが、最後のラストパスの精度が悪く相手に奪われる。
50分、伊藤に代わり多嶋田、安部に代わり松岡が入る。
52分、左サイドを西元と関川で崩し、中央の塚田へ。そして松岡⇒塚田⇒関川とつなぎゴールへむかっていくが後1歩のところでシュートまで行けない。
その後も、相手ゴールに向かうが疲れもみえはじめ、プレーの精度も落ちなかなかゴールまで行けずこのまま試合終了。

宿敵東京ヴェルディに負けたのは非常に悔しい試合となってしまったが、この経験を次に活かしていくことが、非常に大事である。
これで2次リーグが終了し、3次リーグに進むことが決定した。
まだまだ大会は続くので、この借りを返せるように頑張っていきたいと思う。これからもご声援の程宜しくお願い致します。
次試合
※この結果、3次リーグに進む事が決定いたしました。詳細未定。
10/30(日) 施設の都合上、見学できません(キックオフ 14:00)
東京都ユースリーグU-15 サッカーリーグ後期(関東チャレンジリーグ) 第4節

[ 1 - 1 ] Forza ’02

FC東京得点者
7,高橋 宏季(69分)
FC東京出場選手
GK 16,石原 翼
DF 30,小山 拓哉、3,倉本 秀人、4,高田 誠也、5,田宮 碧人
MF 32,佐藤 亮、7,高橋 宏季、8,下平 祥希、19,篠原 力→15,三井 康平(36分)
FW 9,赤塚 豪也→14,小泉 佳穂(59分)、12,山口 智司
寸評
[リザーブ]
GK:1,高羽 直
DF:33,相原 克哉、34,泉 勇気、2,村上 惇平
MF:13,榎本 大輝、6,多田 一晴、36,塚田 士文、27,西元 類、18,柳園 良太、10,佐々木 渉
FW:11,坂元 達裕

○試合ダイジェスト
東京都ユースサッカーリーグU-15 サッカーリーグ後期 関東チャレンジリーグ第4節は学大小金井中Gにて行われた。

開始から山口、赤塚、佐藤が積極的にボールを奪いに行く。
2分佐藤から山口へこぼれ球を高橋が拾いチャンスを作る。
4分篠原のヒールキックから田宮がオーバーラップ、突破を図るが相手も体を張ってクリア。
5分中盤で1人かわされミドルシュートを打たれて失点。
6分気を取り直し、高橋、下平を中心に攻撃を仕掛ける。
8分篠原から下平へスルーパス下平が仕掛けるが相手がクリア。コーナーキックを得る。篠原の蹴ったボールは佐藤へ渡るが得点にはならず。
11分相手の体を張った攻撃を高田、倉本が冷静にクリアする。
12分セットプレーからピンチとなるが小山がカバーしシュートを打たせない。
14分相手FWに危険なプレーでイエローカード。激しい攻防が続く。
17分コーナーキックのチャンス、篠原の蹴ったボールは高橋→山口へと渡るが相手も簡単にはやらせてくれない。
19分自陣ゴール前で混戦となり最後はGK石原がキャッチ。
21分高橋→下平→田宮が右サイドで素晴らしいパスワークを見せる。
22分ドリブルで突破されるが高田がスライディングでボールをカット。
24分篠原が得意のミドルシュートを放つがバーの上を越える。
26分倉本のフィードから空中戦、こぼれたボールを田宮がジャンピングボレー惜しくも入らない。会場がどよめく!
28分篠原のクロスから小山が折り返し赤塚がシュートを放つが得点にはならず。
33分コーナーキックのピンチ、高橋、倉本がしっかりクリアする。
34分左サイド小山、佐藤が激しいプレスでボールを奪いに行く。

後半開始から三井を投入し勢いをつける。
37分佐藤が突破を図りチャンスを作る。
39分相手コーナーキックから折り返されシュートを打たれるがゴール横へ外れる。
40分下平から小山へスルーパス、小山がクロスを上げるが入らず。
44分田宮→赤塚→高橋→佐藤とワンタッチパスで繋ぎリズムを作る。
46分高田からクロス、1度は相手がクリアするがこぼれ球を下平が拾いクロスを上げる。三井がコントロールしてシュートを打つが相手DFに当たる。
49分コーナーキックから相手にシュートを打たれるがバーの上を越える。
50分佐藤が裏へ抜け出しゴールへ迫るが相手MFが後ろからファール、イエローカードが出る。ペナルティーエリア手前からのフリーキックを得る。キッカーは下平、下平の蹴ったボールはバーの上を越える。
52分相手クリアミスによりGKと1対1になるが相手GKがファール覚悟でタックルしイエローカードが出る。再びフリーキックを得るが得点には至らず。
56分高橋のフィードから赤塚が抜け出し左サイド佐藤へスルーパス、絶妙のボールであったがあと1歩合わず!実に惜しい!
58分相手コーナーキックがGK石原の頭上を抜けヘディングされるがゴール横へ外れる。
59分小泉を投入。
61分小山→山口→佐藤と繋ぎ下平がシュート惜しくもバーの上を越える。
64分小泉がワンタッチで山口へパス、攻撃のリズムを作る。
67分コーナーキックのチャンス、高橋が折り返すがギリギリでクリアされる。
69分再びコーナーキックのチャンス、こぼれたボールを小泉が拾い絶妙のクロス!ゴール中央で高橋が合わせ同点ゴール!終了間際に追いつく!
ロスタイムは2分、一進一退の攻防が続くがここで試合終了。

どんな状況でも負けないむさし!
本日出場の無かった多田、村上、坂元、羽、榎本、柳園、佐々木の3年生も一体となって闘っているからこその同点ゴールであった!
U-15むさしを愛する皆様本日もご声援有難う御座いました。
次試合
[第5節]
11月19日(土)15:30キックオフ
vs横河武蔵野FC
※会場は見学できない為、記載しません。
10/29(土) 施設の都合上、見学できません(キックオフ 15:30)
東京都ユースリーグU-15 サッカーリーグ後期(関東チャレンジリーグ) 第3節

[ 2 - 0 ] 三菱養和調布

FC東京得点者
12,山口 智司(48分)、8,下平 祥希(62分)
FC東京出場選手
GK 1,高羽 直
DF 30,小山 拓哉、7,高橋 宏季、34,泉 勇気、5,田宮 碧人
MF 32,佐藤 亮→18,柳園 良太(66分)、13,榎本 大輝→14,小泉 佳穂(66分)、8,下平 祥希、19,篠原 力→15,三井 康平(50分)
FW 9,赤塚 豪也、12,山口 智司
寸評
[リザーブ]
GK:16,石原 翼
DF:33,相原 克哉、2,村上 惇平、3,倉本 秀人
MF:6,多田 一晴、36,塚田 士文、27,西元 類、10,佐々木 渉
FW:11,坂元 達裕

○試合ダイジェスト
東京都ユースサッカーリーグU-15 サッカーリーグ後期 関東チャレンジリーグ第3節は学大小金井中Gにて行われた。

開始早々から下平、佐藤、山口を中心に攻撃を仕掛ける。
久しぶりに先発の榎本が積極的にボールを奪いに行く。
3分佐藤→小山→山口と繋ぎ右サイド田宮へ田宮がクロスを上げるが榎本に合わず。
5分相手の突破からコーナーキックになるがGK羽がしっかりキャッチ。
6分泉から縦へフィード山口が走りこむが合わず。
10分相手FWに突破されシュートを打たれるが小山がしっかり対応する。
12分コーナーキックのチャンス、キッカーは篠原、ファーサイドへの正確なキックを高橋が折り返すが味方に合わず。
13分相手左サイドからクロスが上がるが羽が難なくキャッチ。
17分下平→赤塚と繋ぎチャンスを作るが得点には至らず。
19分小山から絶妙のスルーパスが出るが突破できない。徐々にむさしペースとなって行く。
21分篠原から佐藤へ素晴らしいパスがでる、佐藤が見事なコントロールを見せ相手DFをかわしシュート!惜しくもバーの上。
23分本日DFに入っている高橋が見事なフィードを見せる。
27分泉→高橋→田宮→赤塚と繋ぎチャンスを作るがゴール出来ず。
29分小山から佐藤へ素晴らしいクロスが上がり佐藤がヘディングシュート!素晴らしいコースにボールが飛んだが相手GKがファインセーブ。
31分相手のフリーキック、これはバーの上を越える。
33分GK羽のゴールキックを山口が得意のバックヘッドで流しチャンスを作る。
34分相手の激しいタックルを受け高橋が転倒、相手MFにイエローカードが出る。むさしペースで前半終了。

後半に入り38分篠原のコーナーキックに泉が勢いよく飛び込みヘディングシュート!これは相手GKにキャッチされる。
39分榎本がフェイントで相手をかわし山口へ絶妙のクロスを上げるが相手DFにクリアされる。
41分下平のスルーパスから山口が抜け出しクロス、赤塚、佐藤が飛び込むが惜しくも合わず。
44分相手カウンターからシュートを打たれるがGK羽が好セーブを見せる。
45分激しくボールを取りに行った赤塚にイエローカードが出される。
48分待望の先制ゴールが生まれる!左サイドから佐藤が突破し山口へスルーパス!これを山口が相手GKの動きを見てゴール右隅へ流し込む!実にすばらしいゴールである。むさしはさらに勢いをつけるために50分三井を投入。
52分代わって入った三井が素晴らしいプレスで相手からボールを奪い攻撃に繋げる。
53分赤塚の突破からコーナーキックを得る。下平の蹴ったボールは高橋へ高橋が折り返し佐藤へ佐藤がシュートするが相手DFが必死にクリアする。
58分下平→三井と繋ぎクロスを上げるがクリアされる。
62分むさしの追加点!自陣ゴール前からボールを奪いカウンター、下平→山口と繋ぎ佐藤へ佐藤が突破しゴール前の下平へ1度はDFにカットされるが下平が奪い返しシュート!気迫のこもった素晴らしいゴールである!
66分むさしは小泉、柳園を投入。
67分柳園→三井→赤塚と繋ぎ小泉へ小泉の相手の裏を突くスルーパスは惜しくも合わず。
69分相手のロングパスに対して小山、泉、高橋がしっかり対応する。

無失点のまま試合終了。これで3連勝、リーグ突破へ向けてかなり優位な立場に立った。
本日出場の無かった高田、多田、村上、坂元、倉本、石原、佐々木の3年生が共に闘っていたからこその勝利であると思う。
U-15むさしを愛する皆様本日もご声援有難う御座いました。
次試合
[第4節]
10月30日(日)14:00キックオフ
vsForza ’02
※会場は見学できない為、記載しません。
10/16(日) 会場は見学できない為、記載しません。(キックオフ 18:40)
東京都ユースリーグU-15 サッカーリーグ後期(関東チャレンジリーグ) 第2節

[ 2 - 1 ] FC多摩

FC東京得点者
9,赤塚 豪也(1分)、12,山口 智司(65分)
FC東京出場選手
GK 16,石原 翼
DF 33,相原 克哉、4,高田 誠也、34,泉 勇気、30,小山 拓哉
MF 7,高橋 宏季、8,下平 祥希、32,佐藤 亮、19,篠原 力
FW 9,赤塚 豪也、12,山口 智司
寸評
[リザーブ]
GK:1,高羽 直
DF:5,田宮 碧人、15,三井 康平、2,村上 惇平、3,倉本 秀人
MF:6,多田 一晴、14,小泉 佳穂、27,西元 類、10,佐々木 渉、18,柳園 良太
FW:11,坂元 達裕、13,榎本 大輝

○試合ダイジェスト
東京都ユースサッカーリーグU-15 サッカーリーグ後期 関東チャレンジリーグ第2節は、少し暖かい秋空の中キックオフされた。
開始早々から下平、高橋を中心に攻撃を仕掛ける。FC多摩は前線からの早いプレスでボールを奪いに来る。
開始1分右サイド相原の強烈な突破からクロスが上がり赤塚が合わせ難なく先制する! 早い時間の先制点はチームを楽にする。
3分佐藤のスルーパスから赤塚が抜け出すが得点には至らず。
4分相手も左サイドから攻撃を仕掛けるが小山、泉の2年生コンビが見事にストップ。
5分GK石原からのゴールキックを山口、赤塚とヘディングで繋ぎチャンスを作る。
9分ルーズボールを篠原がしっかり繋ぎ攻撃のリズムを作る。
10分相手も攻め込んでくるが高田、泉、小山がボールを奪いしっかりビルドアップする。
13分右サイドから相手のクロスが上がるがGK石原がしっかり対応する。
15分高橋が佐藤へタイミングの良いスルーパス出すが相手もなかなかフリーにさせてくれない。
16分相手クロスに対して高田がしっかりクリアする。
18分右サイドを崩され失点。
21分高橋→下平→佐藤→小山→再び佐藤に繋がりクロスを上げるが山口には合わず。
23分自陣ゴール前で相手がフリーになるが高田が体を張ってクリアする。
25分篠原が得意のミドルシュートを放つが惜しくもポスト左へ外れる。
28分下平のフリーキックは惜しくもバーの上へ。
31分先制点をアシストした相原が右サイドを突破しクロスを上げチャンスを作るがカットされる。
33分右サイドからの篠原のフリーキックに佐藤が飛び込むがあと少しのところで届かない。
ここで前半終了。

後半に入り早々下平、佐藤が相手ゴール前に迫る。
37分チャンスが訪れる。篠原のスルーパスから山口が抜け出しクロスを上げ、赤塚が飛び込みシュート! 入ったと思ったボールは相手GKのファインセーブに合う。
40分相手コーナーキックはGK石原の頭上を抜けファーサイドから折り返されるが山口がしっかりカバーしクリアする。
45分相手のシュートに対して身を投げ出して止めに行った高田にイエローカードが出る。
52分コーナーキックのチャンス。下平の蹴ったボールはファーサイド高橋へ高橋が折り返し赤塚が合わせるが得点ならず。
55分小山のスルーパスに下平が抜け出しクロスを上げ、山口、赤塚、佐藤が飛び込むが惜しくも合わず。
58分相手サイドチェンジからピンチとなるが佐藤がしっかり対応する。
60分右サイド下平→篠原→赤塚と繋ぎシュートを放つが相手DFも体を張ってクリアする。
63分GK石原からのロングフィードに山口、下平が走り込み相手DFと激しくボールを奪い合う。両チーム譲らず一進一退の攻防が続く。
そして65分ついに均衡が破られる! 泉のサイドチェンジが右サイドに走りこんでいた高橋へ高橋が相手DFを引きつけマイナスにクロス! 走りこんだ山口がゴール左へ流し込み見事なゴール! 勝利を呼び込むゴール! ベンチまで総立ちで喜び合う!
67分相手も食い下がる、ゴール前で繋がれフリーでシュートを打たれるがゴール右へ外れる。ヒヤッとする場面。
70分相手フリーキックのピンチを高田がクリア。

ロスタイムは2分。最後まで激しい攻防が続く! しかしここで試合終了。2対1で見事勝利をものにした。
これで2連勝、残りのリーグ戦も実に楽しみである。U-15むさしを愛する皆様本日もご声援有難う御座いました。
次試合
[第3節]
10月29日(土)15:30キックオフ
vs三菱養和調布
※会場は見学できない為、記載しません。
10/15(土) 会場は見学できない為、記載しません。(キックオフ 15:30)
東京都ユースリーグU-15 サッカーリーグ後期(関東チャレンジリーグ) 第1節

[ 1 - 0 ] ジェファ

FC東京得点者
12,山口 智司(60分)
FC東京出場選手
GK 16,石原 翼
DF 33,相原 克哉、4,高田 誠也、34,泉 勇気、30,小山 拓哉
MF 7,高橋 宏季、8,下平 祥希、32,佐藤 亮、19,篠原 力→2,村上 惇平(66分)
FW 9,赤塚 豪也→13,榎本 大輝(45分)、12,山口 智司→14,小泉 佳穂(69分)
寸評
[リザーブ]
GK:1,高羽 直
DF:5,田宮 碧人
MF:6,多田 一晴、10,佐々木 渉、18,柳園 良太
FW:11,坂元 達裕、27,西元 類

○試合ダイジェスト
2011年度 第4回 東京都ユース(U15)サッカー関東チャレンジリーグ初戦。相手はジェファFC。
曇り空の中、15:30キックオフで行われた。

開始1分、相手陣地でもらったFKを下平が中へクロスを送る。一度ははねかえされたが、そのこぼれ球を赤塚が拾い、そのままシュート。大きくバーの上を越える。
3分、左サイドの佐藤亮と小山がコンビネーションからクロスを上げるが惜しくもFWには合わない。
6分、この日FWに入った山口が、ロングボールをヘディングで走り込んだ赤塚に落とし、そのままシュート。これも枠をとらえることは出来ない。
10分、中央でボールを奪われ、ショートカウンターを受けたが、高田を中心としたディフェンスラインがこれを食い止める。この日は、泉、相原、小山と3人の2年生ディフェンダーが入り、これをGK石原と高田がコントロールする形となった。
15分、左サイドを小山、佐藤亮がキープし、赤塚→篠原とつなぎ最後は山口がシュートを放つ。少しずつむさしらしいつなぐ攻撃が出来てきた。
18分、中盤でボールを奪った高橋が下平へパス。それを展開しようとしたが、相手の中盤でのプレスも強くなかなか前に進めない。
21分、左サイドから高橋が右の相原に展開する。相原が右サイドを突破を試みるが、相手のディフェンスに防がれる。相手の守備はかなり堅く、なかなかチャンスを作り出すことが出来ない。
24分、相手CKから、中でせった後のこぼれ球を中途半端なクリアで拾われ、シュートまで持っていかれた。
27分、ディフェンスラインでボールを動かしながらチャンスを伺い、高田がオーバーラップをした小山に絶妙なパス。これを小山、佐藤亮が左サイドを突破するが、寸前で相手ディフェンスで阻まれる。それで得たCKを相原が頭で合わせるが、これは惜しくもGK正面。
30分、篠原のCKを泉がヘディングシュート。これも惜しくも枠を外れる。その後も両チームとも中盤で激しい戦いを繰り広げ、一進一退が続き、そのまま前半終了。

後半に入り、相手が猛攻をしかけてきて、劣勢の時間帯が続く。
38分、右サイドを崩され中にクロスを上げられるが、これはDF陣が踏ん張ってクリアする。
40分、下平のFKと篠原のCKのリスタートが続くが、いずれも得点に結びつけることが出来ない。
45分、赤塚に代わり榎本が入る。
46分、相手CKを石原が素晴らしい飛び出しでパンチングをしてピンチをしのぐ。
49分、相手のFKがむさしゴール前に。これも間一髪ディフェンス陣がクリアして難を逃れる。この時間帯は、ジェファFCの時間帯で、石原を中心としたDF陣の我慢の時間帯であった。
ただし、そういう中でも冷静に判断、対処し、ピンチにならないような良いディフェンスが出来ていたと思う。
55分、相手のパスをカットした小山が、前線の榎本へ。榎本→下平→篠原とつなぎ、最後はもう一回下平が持ち込みシュートを放つ。
交代で入った、榎本がシンプルにプレーすることで、少しずつむさしのリズムになっていく。
すると60分、右サイドに流れた榎本がフリーでボール持ち、落ち着いて中へ絶妙なクロスボールを上げ、そこに走り込んできた山口が頭でドンピシャで合わせ、ゴールを奪い待望の先制点を上げる。
1点を奪い、少し余裕が出てきたのか、むさしらしいポゼッションが出てくるようになり、いいリズムで試合は進む。
66分、篠原に代わり村上を投入。村上も相手の最後の攻撃を体を張って食い止める。
69分、山口に代わり小泉が入る。小泉も残りの時間を考えたプレーに徹し相手の攻撃の芽を摘んで行く。相手のジェファFCも最後に怒涛の攻撃を仕掛けるが、むさしも体を張ったディフェンスでこれをしのいでいく。
そしてホイッスルが鳴り試合終了。

厳しい戦いではあったが、交代で入った選手の頑張り、活躍で勝利をもぎ取る事が出来た。
明日も第2戦があるため、今日試合に出れなかった選手達の奮起、活躍がこの試合に必ず必要となってくるので、明日もむさしらしく戦いチーム一丸となって勝利を勝ちとりたいと思う。ご声援の程宜しくお願い致します。
次試合
[第2節]
10月16日(日)18:40キックオフ
vsFC多摩
※会場は見学できない為、記載しません。
10/10(月祝) 施設の都合上、見学できません(キックオフ 16:00)
高円宮杯 第23回 全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会・東京都予選 決勝

[ 1 - 0 ] 帝京FC

FC東京得点者
10,佐々木 渉(58分)
FC東京出場選手
GK 1,高羽 直
DF 4,高田 誠也、33,相原 克哉、3,倉本 秀人→34,泉 勇気(35分)、12,山口 智司
MF 5,田宮 碧人、7,高橋 宏季、8,下平 祥希、10,佐々木 渉
FW 9,赤塚 豪也→32,佐藤 亮(74分)、11,坂元 達裕→30,小山 拓哉(41分)
寸評
[リザーブ]
GK:16,石原 翼
DF:15,三井 康平、2,村上 惇平
MF:6,多田 一晴、14,小泉 佳穂、18,柳園 良太、19,篠原 力
FW:13,榎本 大輝

○試合ダイジェスト
高円宮杯 第23回 全日本ユースサッカーU-15選手権 東京都予選 兼 第22回 東京都ユース(Uー15)サッカー選手権大会Bブロック決勝は学大小金井中Gにて行なわれた。

開始早々両チーム激しいボールの奪い合いが続く。むさしはU-15日本代表佐々木を中心に下平、高橋のボランチが絡みゲームを作るが序盤は帝京FCの厳しいプレスに合いなかなかボールを前に運べない。
相手もロングボールでむさしゴールに迫ろうとするが高田、倉本のセンターバックを中心に相原、山口のサイドバックが対応する。
10分相手ロングボールが自陣裏へ抜けるがGK羽が的確なポジショニングでしっかりクリアする。
15分下平のフリーキックはバーの上を越える。
18分左サイド田宮の絶妙のクロスに坂元が飛び込むが惜しくも合わず。
20分ゴール前混戦から高橋がフリーで抜け出しインサイドキックでゴールを狙うがバーの上を越える。
25分相手のクロスからヘディングシュートを打たれるがバーに当たり難を逃れる。
30分オーバーラップしたDF倉本が相手DFと交錯し負傷退場、1度はフィールドに戻ろうとするが頭部からの出血により出場を断念。
35分泉を投入する。
39分高橋→山口と繋ぎ赤塚へ赤塚がシュートを放つが惜しくもバーの上。ここで前半終了。

後半に入り小山を投入。山口をFWに上げる。
41分相手ロングスローからシュートを打たれるがゴール横に外れる。
44分相手フリーキックをGK羽がパンチングでクリア。
46分相手のラフプレーからフリーキックのチャンス。佐々木→山口→下平繋ぎシュートを放つが外れる。
48分田宮がファールを受けフリーキック、下平から高橋へボールが渡るがシュートが入らない。
50分ピンチ!相手フリーキックからGK羽がパンチング、ゴール前にこぼれるが相原、佐々木が対応しクリア。
51分田宮が再び激しいマークを受ける。
55分泉→佐々木→相原と渡り相原がクロスを上げる、赤塚、山口が飛び込むが合わず。
58分待望のゴールが生まれる。ゴール前山口がドリブルで切り込み倒されフリーキックのチャンス!キッカーは佐々木。佐々木の蹴ったボールはきれいな弧を描きゴールへ吸い込まれる!
62分相手スルーパスからゴールに迫られるが泉、小山がしっかりカバー。
67分相手フリーキックを頭でそらされゴール前にこぼれるが羽がセーブ。ピンチが続くがDF高田を中心にゴールを割らせない。
69分下平のクロスを田宮が合わせるが惜しくもバーに当たる。
74分佐藤を投入、得点力の高い佐藤を入れ追加点を狙いに行く。
76分スーパープレーが飛び出す!相手の強烈なロングシュートがゴールへ、これをGK羽がスーパーセーブこの時間でも羽の集中力は切れない。
78分コーナーキックのチャンス。佐々木のボールに泉、佐藤が飛び込み泉が触るがゴール横に外れる。
ロスタイムは1分、相手も最後まで必死に食らいついてくる。むさしは最後の瞬間までチーム一丸となってしっかり守る。そして試合終了。

決して楽な試合ではなかったが見事代表権を獲得した。
今日は1.2年生も3年生達の為に応援に駆け付けた。それにしっかり応えてくれた。
本日の試合は出場の無かった篠原、村上、小泉、三井、柳園、多田、石原、榎本を含め3年生達はとても良いお手本となる存在である。
U-15むさしを愛する皆様本日もご声援ありがとうございました。
次試合
※関東大会への出場権を獲得いたしました。
10/9(日) 会場は見学ができないため、記載いたしません。(キックオフ 16:00)
第16回 東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会 2次リーグ 第3戦

[ 1 - 0 ] クリアージュFC

FC東京得点者
35,阿部 優澄(55分)
FC東京出場選手
GK 25,島ア 智成
DF 33,相原 克哉、26,丸山 貴大、34,泉 勇気、30,小山 拓哉
MF 17,副島 陸、24,安部 柊斗→36,塚田 士文(47分)、27,西元 類、22,佐藤 誠司→2,高橋 海人(50分)、31,関川 優太→35,阿部 優澄(42分)
FW 32,佐藤 亮
寸評
[リザーブ]
GK:20,林崎 航
DF:23,東方 陸真
MF:29,高橋 英暉、13,伊藤 純也、21,下杉 洋樹、28,多嶋田 雅司
FW:-

○試合ダイジェスト
平成23年度第19回東京都クラブユースサッカーU−14選手権大会の2次リーグ第3戦。
相手はクリアージュFC。秋晴れの中、16:00キックオフで始まった。

序盤から猛攻をしかけるむさし。
1分、西元がFKを放つがGKにはじかれCKに。
2分、西元が蹴ったCKを小山が合わせるが惜しくもさわることが出来ない。
4分、泉が相手からボールを奪い、丸山→相原とつなぎ、裏に抜け出した佐藤亮にロングパス。飛び出したGKをかわしてシュートを放つが、これは枠をとらえることが出来ない。
6分、左サイドを起点とし安部から右サイドの相原にサイドチェンジ。そのボールをドリブルで持ち込みクロスを上げる。中にいた西元がボレーシュートを打ちゴールを決めたが、その前のボールが、ゴールラインを割っていたためノーゴールになる。
10分、副島の蹴ったCKを安部がヘディングシュート。これは惜しくもバーにはじかれる。
この日のむさしは、ボールポゼッションがうまくいき、チャンスも作れている。しかしクリアージュも体を張ったディフェンスで、むさしの選手にシュートを打たせない。
12分、自陣でコントロールミスでボールを奪われミドルシュートを打たれる。
14分、左サイドの小山がショートパスで攻め上がり、佐藤誠にスルーパス。それを佐藤誠がGKをかわしてシュートを打とうとするが、これはディフェンスにクリアされる。
16分、右サイドに展開し、相原→佐藤亮とつなぎ、最後はクロスを上げる。一旦クリアはされるが、それを小山が拾いミドルシュート。これは枠外に。
この日は、GK島アを中心にCBの丸山、泉が安定したディフェンスをみせ相手にチャンスをつくらせない。
20分、相手GKミドルパスをインターセプトした相原が、そのまま右サイドを突破しクロス。これはGKにキャッチされる。
22分、GK島アからのロングパスを西元→相原→関川とつなぎ、最後は西元がミドルシュート。これは大きくバーを越える。
24分、安部→西元とつなぎ左サイドの小山がクロスを上げるが、これはFWがオフサイドを取られる。
26分、相手陣地でボールを奪った佐藤亮が、関川、佐藤誠との連携で抜け出しシュートを放つがこれもオフサイドの判定。
28分、丸山のヘディングが相手ディフェンスの裏にこぼれ走り込んできた佐藤亮がそのままボレーシュート。惜しくも枠を外れるが、良いタイミングのシュートであった。
その後も両サイドを起点に、安部、副島がゲームをコントロールしていくが、なかなかシュートが打てず、そのまま前半終了。

後半開始は、クリアージュも前からのプレスをかけてきて、むさしが少し受け身になる時間があった。
32分、相手のボールをインターセプトした相原がそのままゴール前に持ち込みスルーパス。一度はDFに防がれるが、それを拾った、副島がクロス。これは中には合わない。
33分、丸山→小山、そして中央で受けた佐藤誠が逆の右サイドに展開。そのボールを安部→相原とつなぎクロスを上げようとするが、ボールが足につかずチャンスを逸する。
34分、相手のFKも島アが落ち着いてキャッチ。
35分、中盤でボールを受けた佐藤誠が右サイドに展開。それを受けた相原が、切りかえして左足でクロス。これは中にいた西元に届かない。
38分、佐藤誠のヘディングが、相手DFの裏に行き、走り込んだ佐藤亮がGKともつれる間に、そのこぼれ球を関川がミドルシュート。これは、枠を外れる。
42分、関川に代わり阿部が入る。
44分、丸山のパスを受けた佐藤亮がDFをフェイントで抜き去りクロスを上げる。中にいた西元がシュートを放つが、GKのファインセーブに合い惜しくも得点チャンスを逃す。
46分、相手クリアの処理をもたつく間に、相手FWがつめてきて、ルーズボールになりそれを拾われてピンチになったが、相原、泉がカバーに入りシュートを打たせない。
47分、安部に代わり塚田が入る。
交代で入った阿部、塚田が攻め急いでいたむさしの攻撃にアクセントをつけ落ち着かせていく。
49分、左サイドを塚田→佐藤亮→阿部→佐藤亮とつなぎ突破を試みるが、ゴール前まで持ち込むことが出来ない。
50分、佐藤誠に代わり高橋海人が入る。すると早速、高橋海の起点から最後は西元がドリブルで持ち込みシュートを放つがこれはGK正面。
52分、相手の左サイドからFKを蹴られピンチを迎えるが、これは丸山がクリアする。
55分、中央でキープした塚田が右サイドの相原にパスを送り、阿部を経由しクロスオーバーをしてきた高橋海にスルーパス。これを高橋海が相手ディフェンダーを2人かわしてシュート。そのこぼれ球を西元が折り返して、最後は阿部が押し込み待望の先制点が入る。
57分、クリアボールを拾った佐藤亮が左サイドを突破しシュートまで持ち込むが相手ディフェンダーにブロックされる。
そしてこのまま試合終了のホイッスルが鳴る。

最後に、むさしらしいサイド攻撃で点を取れたのは良かったが、シュートの本数の少なさ、精度を考えると、もっとゴール前での工夫が必要と感じた試合になった。
次節は、2次リーグ最後の東京ヴェルディ戦。
勝たなければ、1位突破がないため、何としても勝ちにこだわりたいと思う。
次回もご声援の程宜しくお願い致します。
次試合
[第4戦]
10月30日(日)17:30キックオフ
vs東京ヴェルディ
※会場は見学ができないため、記載いたしません。
10/8(土) ヴェルディグランド(キックオフ 18:30)
第16回 東京都クラブユースサッカーU-13選手権大会 2次リーグ 第4戦

[ 1 - 3 ] 東京ヴェルディジュニアユース

FC東京得点者
8,桑原 遥(6分)
FC東京出場選手
GK 16,波多野 豪→1,瀧川 大輔(53分)
DF 2,高橋 海人、3,関口 悠太、18,森 貫太朗→5,尾崎 碧(31分)、15,大塚 迅人→14,橋本 海(41分)
MF 4,鈴木 喜丈→6,長島 幸平(50分)、7,小林 友也→12,西條 颯(31分)、13,伊藤 純也→9,木次谷 和希(49分)、10,松岡 瑠夢
FW 11,生地 慶充、8,桑原 遥→17,石川 颯人(55分)
寸評
[リザーブ]
GK:-
DF:-
MF:-
FW:-

○試合ダイジェスト
第16回東京都クラブユースサッカーU-13選手権大会は、ヴェルディグランドにて行われた。

開始早々は一進一退の攻防が続く。
4分相手MFに右サイドを破られ左足のシュートを打たれるが大塚がしっかり寄せて枠を捉えさせない。
5分相手FWにワンツーで抜け出されシュートを打たれるがGK波多野がナイスセーブ。
この時間はヴェルディのペース。
6分鈴木から桑原へパス、桑原が松岡へスルーパス、松岡が抜け出しシュート! 入った! と誰もが思ったがポストに当たりクリアされる! 実に惜しい!
ここでコーナーキックを得る。キッカーは伊藤、伊藤の放ったボールは桑原へドンピシャ! 素晴らしいヘディングシュートが決まる!
8分森→松岡と繋ぎ松岡が絶妙のスルーパスを生地へ送る、生地がワンタッチで桑原へこれは惜しくも相手DFに阻まれる。
9分生地→伊藤→桑原と繋ぎ再び伊藤へ伊藤から中央生地へボールが出るが相手DFがクリア。この時間はむさしペースだがなかなかゴールに結びつかない。
10分相手MFに右サイドを破られ突破されるがゴール前で関口がクリア。
11分相手コーナーキックから森がマークを外されシュートを打たれるがバーに当たる。
12分右サイドを突破されるが高橋がしっかり対応する。
15分松岡の絶妙なドリブルからフリーキックを得る。伊藤が蹴ったボールは相手DFがクリア。
17分相手MFに裏へ抜け出され失点。スコアは1対1となる。
19分右サイドを突破されクロスを上げられるが大塚がナイスカバーでクリア。
22分コーナーキックのピンチ。相手コーナーキックをGK波多野がファンブルしたところを押し込まれ失点。
スコアは1対2逆転されてしまう。
26分鈴木から生地へ生地が中央ドリブル突破し、桑原へスルーパス。これは相手GKがクリア。
28分大塚のフリーキックを桑原が頭で流すがつながらず。前半終了。

1対2で後半へ折り返す。
後半むさしは西條、尾崎を投入。
逆転するために猛攻を仕掛ける。
32分サイド尾崎からスルーパスが桑原へ出るが惜しくもオフサイド。
34分左サイドを切り込まれシュートを打たれるが枠の外。
37分フリーキックからピンチとなるがGK波多野がパンチングで凌ぐ。
38分高橋がボールを奪い生地へ生地がドリブルで持ち上がりオーバーラップした高橋へ高橋がゴール前へ持ち込みシュート! 相手GKのファインセーブに合う。
40分相手MFにスルーパスを出され関口が一度はボールを奪うがこぼれた所を決められ1対3となる。2点差を追う展開となる。
41分大塚に代えて橋本を投入。
42分尾崎のサイドチェンジから橋本へボールが渡る。橋本→西條の絶妙のワンツーから桑原へボールが渡る、桑原がファールを受けフリーキックを得る。伊藤の蹴ったボールに高橋、桑原が飛び込むが相手も必死にクリアする。
44分中央伊藤がドリブル突破を図り、ゴール前へ。コーナーキックを得る。高橋、関口、桑原が飛び込むが合わない。
46分左サイドを突破されクロスを上げられるがこれは逆サイドへ流れる。
49分木次谷を投入。
50分右サイド橋本から高橋へボールが渡り高橋が3人抜き去り、ゴールへ迫るがGKにクリアされる。
50分長島を投入。
52分木次谷がボールを奪い、中へクロスを上げるが合わない。
こぼれ球を長島が拾いサイドへ展開。
53分GK瀧川を投入。53分相手MFにシュートを打たれるがGK瀧川がしっかりキャッチ。
54分鈴木→伊藤とワンタッチでボールを繋ぎ、桑原へ桑原がDFと1対1になりドリブルを仕掛けるがクリアされる。
55分石川を投入。
56分木次谷がボールを奪い、長島へ長島がサイドチェンジし高橋へボールが渡る。高橋がドリブルで仕掛け伊藤へパスを送るが合わず。
57分高橋から尾崎へスルーパス、尾崎がクロスを上げるが相手GKにセーブされる。
59分橋本→伊藤と繋ぎ、再び裏へ抜け出した橋本へ橋本がクロスを上げようとするがキックミス。ここで試合終了。

橋本が悔しさのあまり泣き崩れる。とても悔しい敗戦となった。
U-13大会決勝トーナメントでは必ずリベンジを果たすためにチーム一丸となってまた日々の練習に励みたい。
U-15むさしを愛する皆様本日もご声援ありがとうございました。
次試合
※決勝トーナメント進出が決定いたしました。詳細未定。
10/8(土) 施設の都合上、見学できません(キックオフ 16:00)
高円宮杯 第23回 全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会・東京都予選 準決勝

[ 2 - 0 ] ヴェルディS.S.AJUNT

FC東京得点者
10,佐々木 渉(74分)、7,高橋 宏季(77分)
FC東京出場選手
GK 1,高羽 直
DF 12,山口 智司、4,高田 誠也、30,小山 拓哉、3,倉本 秀人→2,村上 惇平(77分)
MF 5,田宮 碧人→33,相原 克哉(63分)、8,下平 祥希→13,榎本 大輝(77分)、7,高橋 宏季、19,篠原 力→10,佐々木 渉(36分)
FW 9,赤塚 豪也→32,佐藤 亮(36分)、11,坂元 達裕→14,小泉 佳穂(36分)
寸評
[リザーブ]
GK:16,石原 翼
DF:-
MF:18,柳園 良太
FW:-

○試合ダイジェスト
平成23年度 高円宮杯 第23回 全日本ユースサッカーU−15選手権クラブ東京予選準決勝。
相手はVERDY AJUNT。秋晴れの中、16時00分キックオフで行われた。

2分、下平が中盤からドリブルで抜け出し高橋とのワンツーでゴール前に行くが、惜しくも通らない。
序盤は、相手のプレスに苦しみなかなかリズムをつくることが出来ない。
5分、中盤でパスカットをされ相手のショートカウンターをくらうが、CBの高田と小山が間一髪のところで食い止める。この日も右サイドバックに入った山口が、効果的なボールを前線に送るが、相手のプレスも早く、FWの赤塚、坂元が起点をつくれない。
8分、左サイドの田宮と倉本のコンビネーションからクロスを上げるが、中の坂元に合わず、なかなかチャンスも作れない。
11分、中盤の篠原がキープをし、右サイドを山口が駆け上がるが、パスカットされ逆襲をくらう。
この日のむさしは、いつものパス精度がなく、なかなかボールポゼッションが出来ないため、前に進むことが出来ない。また相手チームも、しっかりとブロックをつくり、守備の隙をつくらない。
16分、下平のFKを相手がクリアしたボールを田宮が拾いそのままシュートを放つが、枠を大きく外れる。
21分、少しずつ機能し始めた右サイドから山口がクロスを上げるが、これも相手DFにクリアされる。
なかなか攻撃のチャンスはつかめないが、守りでは、守備陣が冷静に対処し、この日久々のスタメンのGK高羽中心に、相手のチャンスをほとんどつくらせない。
27分、下平がFWとワンツーで抜け出しそのままミドルシュート。これはGK正面。
32分、相手のFKのボールが、むさしDFの裏に落ちてピンチを迎えるが、ここは小山と倉本がカバーに入り、シュートを打たせない。
34分、高橋が中盤からドリブルで持ち込みワンツーから抜け出したが、相手のブロックに防がれシュートを打たせてもらえない。このまま、大きなチャンスもなく前半終了。

後半頭から、篠原に代わり佐々木、坂元に代わり小泉、赤塚に代わり佐藤亮を投入。
37分、左サイドの田宮がドリブルで突破し中へクロス。それを高橋がコントロールし最後に走り込んできた山口にラストパス。しかしこれはタイミングが合わずシュートまで行けない。
ただ、少しずつむさしらしいボールをつなぐサッカーが出来てきた。
FWに入った佐藤亮と小泉が起点となり、後ろからのフォローが早くなってきて、攻撃のリズムが生まれてきた。
41分、むさしDF陣の一瞬の隙をつかれ、ラインの裏に走り込まれたが、これはオフサイドの判定。危ない場面だった。
46分、山口が何度かオーバーラップをしてチャンスを作り出し、クロスを上げるが、これは中にいた佐藤亮に惜しくも合わない。
50分、下平のFKも相手の体を張ったディフェンスにクリアされる。少し焦りが出てきたのか、単純なパスミスも多くなり、なかなかリズムに乗ることが出来ない。
57分、左サイドで得たFKを下平が絶妙なボールで中にいた山口に合わせヘディングシュート。これは、バーの上を越えてしまった。
60分、右サイドのFKを小泉が中に上げると見せかけ、近くの佐々木にスルーパスを送り、そのままドリブルでシュート。惜しくもゴールにはならなかったが、良いアイデアでチャンスをつくる。
63分、田宮に代わり相原が入る。相原は積極的に左サイドを動き、むさしのリズムを作り出す。
65分、今日一番のチャンスがおとずれる。後ろに下がっていた下平から、右サイドに抜け出した佐藤亮にロングパス。それを佐藤亮が、相手DF2人をフェイントでかわし、中に切れ込んでGKと1対1に。ゴールニアに放ったシュートは、GKのファインセーブにあってゴールならず。
69分、左サイドの佐藤亮が、速いクロスを上げ、それに走り込んできた佐々木が飛び込むが届かない。

そして0対0のまま延長戦へ。
5分ハーフの延長戦の前に、監督が選手達に、時間があるので冷静にプレーするようにと声をかけ、選手達も落ち着いた状態で延長に入っていった。
延長前半2分、左サイドで起点をつくった佐藤亮がためをつくり、クロスオーバーしてきた相原にパスを送るが、これはオフサイド。
延長前半4分、左サイドを攻めて、中央の佐々木にパスを送り、一瞬の隙をついた佐々木が素晴らしいミドルシュートを放つ。これが見事にゴール左隅に決まり待望の先制点を決める。
けがからの復帰戦で、コンディションもまだまだだったが、ここ一番の勝負強さはさすがである。
延長後半に入り、落ち着いてボールをまわし、リズムをつくりなおす。
延長後半2分、下平が蹴ったCKから、高橋がヘディングシュートを決め2点目を奪う。
延長後半3分、下平に代わり榎本、倉本に代わり村上が入る。
交代で入った、榎本、村上も積極的にボールを奪いに行き、3点目を狙いに行く。
最後は、むさしらしく落ち着いてポゼッションをして、そのまま試合終了。

一発勝負のトーナメント戦の難しさを感じた試合になった。
そういう中で、焦らず自分達のサッカーをやり続けた事が、良い結果につながったと思う。
10日の決定戦に勝てば、関東大会に出場できる大事な試合になるので、精一杯むさしらしいサッカーをして代表権を勝ち取りたいと思う。
今後ともご声援の程宜しくお願い致します。
次試合
[代表決定戦]
10月10日(祝月)16:00キックオフ
vs 帝京FC
会場/施設の都合上、見学できません
10/2(日) 施設の都合上、見学できません(キックオフ 18:45)
高円宮杯 第23回 全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会・東京都予選 2回戦

[ 8 - 0 ] 東久留米西中学校

FC東京得点者
9,赤塚 豪也(23分)、8,下平 祥希(41分・61分・70分)、7,高橋 宏季(45分)、14,小泉 佳穂(55分)、13,榎本 大輝(58分、63分)
FC東京出場選手
GK GK:16,石原 翼→1,高羽 直(60分)
DF 12,山口 智司、4,高田 誠也、34,泉 勇気→2,村上 惇平(48分)、3,倉本 秀人
MF 5,田宮 碧人→18,柳園 良太(50分)、8,下平 祥希、7,高橋 宏季→6,多田 一晴(60分)、19,篠原 力→15,三井 康平(46分)
FW 9,赤塚 豪也→13,榎本 大輝(50分)、11,坂元 達裕→14,小泉 佳穂(43分)
寸評
[リザーブ]
GK:-
DF:33,相原 克哉、30,小山 拓也
MF:10,佐々木 渉
FW:32,佐藤 亮

○試合ダイジェスト
平成23年度 高円宮杯 第23回 全日本ユースサッカーU−15選手権クラブ東京予選2回戦。相手は東久留米西中学校。18時45分キックオフで行われた。

久々の公式戦ではあったが、立ち上がりから積極的に攻めに出ていった。
2分、赤塚がドリブルで中央を突破しシュートを放つ。惜しくも外れたが幸先よいスタートをきることが出来た。
4分、左サイドの倉本から中でパスを受けた篠原がミドルシュート。これは枠を大きく外れる。
8分、自陣ゴール30Mの地点での相手のFK。このFKのボールは、下平が大きくクリアし難を逃れる。
14分、この日Aチーム初スタメンの2年泉が今試合右サイドバックに入った山口に大きく展開。山口が右サイドを駆け上がり、中にクロスを上げ赤塚に合わせるが惜しくもさわることが出来ない。
17分、またも篠原が中央からミドルシュート。これも枠をとらえることが出来ない。
19分、田宮が相手ボールをカットし、右サイドの高橋へ。高橋が右サイドの突破を試みるが、これは相手DFに阻まれる。押し込んでいるものの、最後の精度が悪くゴールを割ることが出来ない。
焦りが出始めてきた23分、ついに均衡が破れる。中央の高橋からパスを受けた右サイドの赤塚が突破し、相手ゴール左サイドにシュートを放ち、待望の先制点を奪う。
27分、左サイドの倉本から高橋→山口にわたりシュートを放つ。非常によい流れになってきた。
FWの坂元、赤塚が前線で動き回り、むさしの流れをつくっていく。守備でもGK石原をはじめCBの高田、泉が安定した守備をみせ相手のチャンスをつくらせない。
30分、高橋がシュートを放つがこれは惜しくもバーにはじかれる。
32分、左サイドの田宮からボールを受けた下平がミドルシュート。これは枠を大きく外れる。
前半は1−0のまま終了。

後半もスタートから勢いを持って攻め上がる。
37分、中央の篠原から左サイドの田宮にスルーパス。それを田宮が中に折り返すが惜しくもFW陣に合わない。
41分、相手の攻撃を耐えて守ったカウンターから田宮がドリブルで持ち上がり、後ろからクロスオーバーしてきた下平にパス。それを下平が相手DFを2人抜いてシュート。きれいにゴール右サイドに決まり2点目を奪う。
43分、坂元に代わり小泉が入る。ここからむさしのゴールラッシュが始まる。
45分、山口→下平→高橋とつながり、最後は豪快にシュートを放ち3点目を奪う。
46分、篠原に代わり三井を投入。交代で入った小泉と三井が攻撃のリズムを作り出す。
48分、小泉が中央でためをつくり右サイドを駆け上がった三井へスルーパス。そのボールを中央にクロスを上げるが惜しくも合わない。
49分、泉に代わり村上が入る。
50分、赤塚に代わり榎本、田宮に代わり柳園が入る。
52分、三井が右サイドからミドルシュート。そのシュートはポストにはじかれるが、それをつめていた榎本がシュートを放ちゴールネットを揺らしたが、これは残念ながらオフサイドの判定。
55分、右サイドを突破した山口から榎本に。榎本が相手DFをかわし中央の小泉にラストパス。これを落ち着いて小泉が決め4点目を奪う。
続いて58分、小泉のスルーパスに抜け出した榎本がGKの動きをよく観て5点目のゴールを決める。途中交代の村上、柳園も積極的に上がり多くのチャンスを作り出していく。
60分、石原に代わり高羽、高橋に代わり多田が入る。
61分、高羽のファーストプレーから得点が生まれる。高羽が、相手シュートをキャッチし、そして前線の柳園へロングフィード。柳園が、走り込んできた下平にラストパス。それを下平が冷静にゴールに流し込み6点目を奪う。
63分、相手DFのボールを奪った榎本が、そのまま駆け上がり、GKと1対1に。それを冷静にGKをみてゴールに流し込み7点目。
そして終了間際の70分。右サイドを駆け上がった倉本が逆サイドにいた下平にクロス。それを落ち着いてシュートを放ち8点目を奪う。
そしてそのまま試合終了。

久々の公式戦ということもあり、前半はなかなかリズムに乗れなかったが、後半に交代選手の活躍もあり、むさしらしいボールを大事にしながらの攻撃が出来て、多くのゴールを奪えたことは、非常によかったと思う。
来週は準決勝なので、またよいトレーニングをして次節にそなえたいと思う。これからもご声援の程宜しくお願い致します。
次試合
[準決勝]
vsヴェルディS.S.AJUNT
10月8日(土)16:00キックオフ
会場/施設の都合上、見学できません
10/1(土) 東京ヴェルディグランド(キックオフ 17:00)
第16回 東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会 2次リーグ 第2戦

[ 2 - 2 ] 府ロク

FC東京得点者
31,関川 優太(56分)、27,西元 類(59分)
FC東京出場選手
GK 20,林崎 航
DF 33,相原 克哉、26,丸山 貴大→2,高橋 海人(31分)、34,泉 勇気、30,小山 拓哉
MF 21,下杉 洋樹、24,安部 柊斗→36,塚田 士文(47分)、17,副島 陸→13,伊藤 純也(47分)、22,佐藤 誠司→31,関川 優太(40分)
FW 35,阿部 優澄→27,西元 類(31分)、32,佐藤 亮
寸評
[リザーブ]
GK:25,島ア 智成
DF:23,東方 陸真
MF:29,高橋 英暉、28,多嶋田 雅司
FW:-

○試合ダイジェスト
平成23年度第19回東京都クラブユースサッカーU−14選手権大会の2次リーグ第2戦。相手は府ロクジュニアユース。

序盤から、府ロクの気迫あふれるプレーに圧倒され、なかなかボールを保持することが出来ない。
また、立ち上がり動きも悪く、自分達のペースに持ち込めない様子。
すると5分、自陣でのパスをカットされ、中央を突破され失点をしてしまう。
7分、下杉のCKに中が合わせるが、惜しくも合わない。
少しずつ落ち着きを取り戻し、ボールを保持しながら攻め上がる時間が増えてきた。
9分、左サイドで佐藤亮が2人をかわし中央の下杉へ。下杉が突破を仕掛けるが、相手DFに奪われる。
12分、右サイドでボールを受けた佐藤亮が中央へ突破を試みる。一度は防がれたが、こぼれを下杉が拾い、左サイドにいた佐藤誠司にラストパス。惜しくもオフサイドになってしまったが、良い攻撃が続いていく。
16分、副島からパスをもらった佐藤亮がDFを2人かわして、シュートを放つがこれはバーにはじかれる。
19分、むさしの右サイドを崩されヘディングシュートを打たれるが、林崎がぎりぎりでボールをはじきだしゴールを割らせない。
22分、ディフェンスラインからつなぎ、安部→阿部→佐藤亮とつなぎ、GKと1対1に。シュートを放つがこれはGKがナイスセーブで得点を上げることが出来ない。
その後も、府ロクゴールに襲いかかるが、相手の体を張ったディフェンスを崩すことが出来ない。
26分、FKのこぼれを相原がシュート。これも3人のDFのブロックにはじかれる。そして前半はこのまま終了。

後半開始から丸山に代わり高橋海人、阿部に代わり西元が入る。
32分、西元が右サイドでためをつくり中央の佐藤亮に。そして横にいた副島にパスを送り、副島がミドルシュート。惜しくも枠をとらえる事が出来ない。
34分、相手のクリアボールがDFとGKの間に落ち、むさしがもたつく間に府ロクの選手が拾いそのままシュート。あぶなくゴールを割られるところだった。
後半に入っても、ボールの寄せは府ロクの方がはやく、なかなかボールを保持することが出来ない。
35分左サイドでためをつくった下杉から副島に。副島が裏に抜け出した西元にスルーパス。西元がコントロールミスでチャンスを逃す。
36分、右サイドを下杉が突破しクロスを上げるが中には合わない。少しずつ相手コートでポゼッションが出来るようになってきて攻撃もリズムが出てきた。
38分に、佐藤亮からのスルーパスに抜け出した西元が左足でシュートを放つが、惜しくもGK正面。
42分、安部のミドルパスに抜け出した佐藤亮が右サイドから切れ込みシュート。これもGKのナイスセーブにあう。
44分、一瞬の隙をつかれ相手FWが裏に抜け出して行ったが、これは高橋海人が体を張ってボールを奪う。1年生ながら、守備陣の安定感をもたらす素晴らしい活躍である。
46分、右サイドを抜け出した下杉が中央に折り返し関川がシュート。これもバーにはじかれ得点できず。再三のチャンスもなかなかゴールを割ることが出来ない。
47分、安部に代わり塚田、副島に代わり1年生の伊藤が入る。すると、交代で入った2人が、リズムを作り出していく。
49分、小山のパスに抜け出した相原がGKと1対1になりシュートを放つがこれもGKにはじかれる。
塚田、伊藤が中央でチャンスを伺いながらいい攻撃が続いてきた56分、高橋海人のロングボールを佐藤亮が拾い、一度はDFにはじかれるが、そのこぼれ球を関川が拾い、GKをよく観てシュートを放ち同点ゴールを決める。
続く57分、CKの折り返しを西元がヘディングシュート。惜しくも枠を外れる。
59分、塚田が中央をドリブルで突破をし西元へスルーパス。それを右サイドの佐藤亮とワンツーで抜け出しシュートを放ち逆転ゴールを決める。
同じ59分、相手キックオフのボールを林崎がキャッチ。そのボールを大きく蹴った瞬間、つめてきた相手FWに当たり無情にも、そのボールがゴールに入ってしまい、同点とされる。
60分、GK林崎のキックからのこぼれ球を拾った下杉が中に折り返し、佐藤亮がシュートを打ちネットを揺らし勝ち越しゴールと思った瞬間、主審がファールの判定でゴールを取り消される。そしてそのままタイムアップの笛が鳴り終了。

苦しい試合であったが、同点に追いつけたことは非常に良い経験になった。
ただし、今試合は府ロクの選手達の戦う姿勢は本当に素晴らしいものがあり、むさしの選手も改めサッカー本質を見つめなおすよい機会となったと思う。
次週も戦いは続くので、勝利を勝ち取ることが出来るように頑張っていきたいと思う。
これからもご声援の程宜しくお願い致します。
次試合
[第3戦]
10月9日(日)16:00キックオフ
vsクリアージュFC
※会場は見学ができないため、記載いたしません。
9/24(土) 東京ヴェルディグランド(キックオフ 17:30)
第16回 東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会 2次リーグ 第1戦

[ 4 - 0 ] AZ86東京青梅

FC東京得点者
32,佐藤 亮(3分・12分)、30,小山 拓哉(25分)、31,関川 優太(43分)
FC東京出場選手
GK 25,島ア 智成→20,林崎 航(50分)
DF 33,相原 克哉→22,佐藤 誠司(40分)、26,丸山 貴大、34,泉 勇気、30,小山 拓哉
MF 21,下杉 洋樹、24,安部 柊斗、17,副島 陸、27,西元 類
FW 35,阿部 優澄→29,高橋 英暉(45分)、32,佐藤 亮→31,関川 優太(40分)
寸評
[リザーブ]
GK:-
DF:23,東方 陸真
MF:36,塚田 士文、28,多嶋田 雅司
FW:-

○試合ダイジェスト
平成23年度第19回東京都クラブユースサッカーU−14選手権大会の初戦。
相手はAZ86東京青梅。秋晴れの中、17時30分キックオフで行われた。
むさし2年生にとって久々の公式戦となり、各選手が、良い緊張感を持って試合に臨んだ。

開始早々、AZ86東京青梅も激しくプレスをかけてくるが、それに負けじとむさし選手達も、激しく戦っていく。
1分、右サイドの相原がクロスを上げるが下杉には惜しくも合わない。
3分、左サイドでボールを奪った安部が小山につなぎ、小山→阿部→下杉と速い攻撃で崩し、下杉のクロスのこぼれを佐藤亮が頭で押し込み待望の先制点が生まれる。
4分、相手陣地でボールを奪った佐藤亮が、ワンツーで抜け出しGKと1対1に。これはGK正面で防がれるが、むさしのペースになっていく。
今日のむさしは、ボールをよく動かし、人もよく動くため、キープ率がとても高く、非常に良いスタートがきれている。
7分、前線の阿部がキープをし右サイドの西元へ。西元が相原とワンツーで抜け出しクロスを上げる。一度は相手DFにクリアされたが、それを安部が拾い副島へ。副島が中でキープをし、左サイドの小山へ絶妙なパス。小山がクロスを上げるが惜しくもDFに阻まれる。連動した非常に良い攻撃だった。
この日のボランチの安部と副島が攻守にわたってむさしのリズムを作り出し試合をコントロールする。
またCBの泉と丸山が、しっかりと守備の安定感をもたらしていた。
12分、丸山からボールを受けた相原が、裏に抜け出した佐藤亮にロングフィード。そして佐藤亮が落ち着いてGKとの1対1を決めて2点目を奪う。
15分、自陣でファールを犯し相手にFKを与える。FKは、島アが落ち着いてキャッチ。
17分、自陣のパス回しをカットされピンチを迎えるが、これも島アが前に出て落ち着いてキャッチする。その後は、落ち着いてボールをまわしながらチャンスを伺い、少しずつ相手陣地での攻撃が続く。
23分、右サイドを西元が突破し副島へ。副島がクロスを上げ中にいた阿部に合わせるが惜しくもシュート打てず。
25分、途中から右サイドにポジションを移した下杉が中央から右サイドを突破しクロスボール、これは惜しくも合わなかったが、こぼれを小山が拾いミドルシュート。このシュートはDFに阻まれるが、もう一度拾い、中央突破。そのままシュートを打ちゴールネットを揺らし3点目。
28分、小山が左クロスを入れ西元の頭に合わせるが、枠をとらえられない。
このまま前半終了。

後半も、積極的に前からプレスをかけ、ボールを奪いに行く。
33分、左サイドを突破した佐藤亮から中にいた下杉へ。下杉が左足を振りぬいたが、DFに阻まれる。
35分速攻からのこぼれを拾った副島が、裏に抜け出した佐藤亮にラストパス。それを佐藤亮がGKの位置を確認してループシュートを放つが、惜しくも枠を捉えることが出来ない。
37分、下杉のCKに相原が頭で合わせるが、惜しくもバーの上に。
40分、相原に代わり佐藤誠司が入り、佐藤亮に代わり関川が入る。
すると交代で入った二人が躍動する。
43分、下杉とのコンビネーションで右サイドを突破した佐藤誠司が中へ切れ込んで行き、ニアにクロス。それに合わせた阿部が飛び込み、そのこぼれ球を関川が押し込み4点目を奪う。
45分、阿部に代わり高橋が入る。
46分、西元が中央をドリブル突破し、ミドルシュート。これはGK正面。
47分、カウンターから抜け出した副島がGKと1対1。これもGKの好セーブに阻まれ得点出来ず。
49分、安部が中央を持ち運び、高橋へ。高橋が走り込んできた西元にヒールパス。西元はシュートは打てなかったが、非常にアイデアのある攻撃になった。
50分、島アに代わり林崎が入る。
55分、自陣でボールを奪われて相手に中央突破を許しシュートを打たれ、危なく枠は外れたが、今試合一番のピンチだった。
59分、左サイドを突破した下杉がクロスを上げるが、中の選手に合わない。最後まで相手ゴールを目指したが、後半は関川の1点でこのまま試合終了。

初戦ということもあり、硬さが見受けられたが、終始自分達のペースで進めたことは次につながる、非常に良い内容のゲームとなった。
来週にまた2戦目があるので、明日からまたいいトレーニングを積んで臨んで行きたいと思う。
これからもご声援の程宜しくお願い致します。
次試合
[第2戦]
10月1日(土)17:00キックオフ
vs府ロク
会場/東京ヴェルディグランド
9/19(月祝) 会場は見学ができないため、記載いたしません。(キックオフ 16:30)
第16回 東京都クラブユースサッカーU-13選手権大会 2次リーグ 第3戦

[ 13 - 0 ] かえつ有明中

FC東京得点者
6,長島 幸平(6分)、13,伊藤 純也(8分・33分・51分)、8,桑原 遥(11分・20分)、10,松岡 瑠夢(18分、23分)、12,西條 颯(21分)、15,大塚 迅人(40分)、5,尾崎 碧(43分)、2,高橋 海人(47分)、18,森 貫太朗(48分)
FC東京出場選手
GK 1,瀧川 大輔→16,波多野 豪(48分)
DF 14,橋本 海→18,森 貫太朗(34分)、3,関口 悠太、13,伊藤 純也、11,生地 慶充
MF 9,木次谷 和希、6,長島 幸平→15,大塚 迅人(31分)、12,西條 颯、10,松岡 瑠夢
FW 8,桑原 遥→5,尾崎 碧(31分)、17,石川 颯人→2,高橋 海人(38分)
寸評
[リザーブ]
GK:-
DF:-
MF:7,小林 友也、4,鈴木 喜丈
FW:-

○試合ダイジェスト
第16回東京都クラブユースサッカーU-13選手権大会2次リーグ 第3戦は、今にも雨が降ってきそうな曇り空の中キックオフされた。

開始早々石川、桑原のFWが素早いプレスでボールを奪いに行く。
松岡、西條のボランチを起点にサイドハーフの木次谷、長島がチャンスメークする。
相手も攻撃にかかろうとするが関口、生地のセンターバックを中心に伊藤、橋本のサイドバックがしっかりボールを奪い、チャンスを作らせない。
GK瀧川も抜群のコーチングで的確な指示を送る。
前半2分、桑原の突破からコーナーキックを得る。キッカーは伊藤、伊藤から生地へボールが渡り、生地が絶妙なタッチで流し西條が飛び込むが惜しくも合わず。
6分松岡がボールを奪い西條→伊藤→木次谷と繋ぎ、クロスを上げると逆サイドで待っていた長島がダイレクトボレーでシュート! 先制点が生まれる!
7分西條のクロスを石川がダイナミックなヘディングでシュートを放つが惜しくもポスト直撃。
8分ゴール前で松岡が倒されてFK、キッカーは伊藤、伊藤の蹴ったボールはきれいな弧を描きゴールに吸い込まれる!
11分橋本→西條→木次谷と繋ぎ桑原へ桑原が素晴らしい突破で2人をかわしゴール!
16分相手も攻撃仕掛けるが関口が安定したディフェンスでボールを奪う。
18分伊藤からのスルーパスで抜け出した桑原が中央松岡へクロス、松岡は落ち着いてキーパーを抜き去りゴール!
20分松岡の突破から最後は桑原が落ち着いてシュート! ゴールネットに突き刺さる!
21分石川の突破からコーナーキックを得る。キッカー伊藤から西條へドンピシャのボールが入る。これを西條がヘディングで決めて6点目!
23分ペナルティエリアの外でこぼれたボールを松岡が右足でコントロールし突破! 右足でゴールネットにボールを突き刺す!

後半から尾崎、大塚を投入。
31分相手の攻撃ドリブル突破を図るが生地が体を寄せ瀧川がナイスセーブ。
32分大塚のミドルシュートはバーの上。
33分橋本に代えて森を投入。
33分左サイドバック伊藤が5人をかわしスーパーゴール!
38分石川に代えて高橋を投入。
39分木次谷の絶妙なスルーパスから高橋抜け出しキーパーをかわすがゴールならず。
FWで入った尾崎、高橋が攻撃の起点を作る。
40分森からのスルーパスに抜け出した高橋がゴール前を突破し、こぼれたボールを大塚が冷静に決めて9点目!
41分再び森→高橋と繋ぎ、中央尾崎へ尾崎のシュートはバーの上。
43分生地のコーナーキックから尾崎が豪快なヘディングシュートを決める!
45分伊藤→西條→松岡→西條と繋ぎ尾崎へ尾崎がシュートを放つが相手キーパーにセーブされる。
47分関口がボールを奪い西條へ西條→高橋→木次谷と繋ぎ、木次谷が高橋へスルーパス、高橋が強烈な弾道でゴールネットに突き刺す!
48分GK瀧川に代えて波多野を投入。
48分木次谷から森へパスが渡り森が50M近い距離ををドリブル突破3人をかわし左足でシュート!
52分左サイド伊藤→大塚再び伊藤にボールが渡り2人かわして豪快なシュート!これが決まり13点目!
試合終了までGK波多野が後ろからしっかり声をかけチームを引き締める。そして試合終了。

各選手がそれぞれの仕事をしっかり頑張っていたからこそ結果がついてきた試合であった。
本日の試合に怪我の為出場出来なかった小林、鈴木の両選手が戻ってくれば更なる戦力となるであろう。
U-15むさしを愛する皆様本日もご声援ありがとうございました!
次試合
[第4戦]
10月8日(土)18:30キックオフ
vs東京ヴェルディジュニアユース
会場/ヴェルディグランド
9/17(土) 会場は見学できない為、記載しません。(キックオフ 16:30)
第16回 東京都クラブユースサッカーU-13選手権大会 2次リーグ 第2戦

[ 5 - 0 ] 東京久留米

FC東京得点者
8,桑原 遥(25分)、11,生地 慶充(38分)、オウンゴール(45分)、6,長島 幸平(59分)、15,大塚 迅人(60+2分)
FC東京出場選手
GK 1,瀧川 大輔→16,波多野 豪(57分)
DF 2,高橋 海人、3,関口 悠太、5,尾崎 碧→14,橋本 海(HT)、15,大塚 迅人
MF 4,鈴木 喜丈→6,長島 幸平(47分)、12,西條 颯、13,伊藤 純也、10,松岡 瑠夢→18,森 貫太朗(37分)
FW 8,桑原 遥→17,石川 颯人(52分)、11,生地 慶充
寸評
[リザーブ]
GK:-
DF:-
MF:7,小林 友也、9,木次谷 和希
FW:-

●試合ダイジェスト
第16回東京都クラブユースサッカー(U−13)選手権大会2次リーグ第2節の相手は東京久留米。
雨が降ったりやんだりという不安定な気候の中、試合は16:30にキックオフされた。

立ち上がりは、東京久留米にペナルティエリア付近まで攻め込まれる。
3分:ボランチ鈴木が中央へ切り込んで放ったシュートは相手GKがセーブ。立て続けに、4分には尾崎のスローインから伊藤が左から中へ持ち込みシュートを放つ。強烈なシュートは、惜しくもクロスバーに当たり外れる。
4分:左からの生地のスルーパスに伊藤が中へ切り込むも相手の守備網を突破できず。
8分:高橋が前線の桑原へ一気に縦パス一本のロングフィード。相手DFを上手く交わしシュートを放つも、惜しくもGK正面。
10分:左サイドから生地→伊藤→生地とワンタッチで繋ぎ、生地が相手DFをかわし、ボールは中央の鈴木へ渡るなど、いいリズムでボールを回すものの、相手の集中したディフェンスで決定機まで持ち込めない展開。
10分:逆に攻めあぐねてボールを奪われた後に鋭いカウンターを受けるも関口が集中した守備を見せチャンスを作らせない。
11分:高橋がミドルシュートを放つが、ゴールマウスを捉えきれず。
両者中盤で素早いプレスをかけているため、シュートまでなかなか持ち込めないもどかしい時間帯が続く。
18分:この雰囲気を打ち破ったのは桑原。相手DFを巧みに交わしクロスボールをゴール前に送る。このボールにタイミング良く走りこんだ関口が右サイドからミドルシュート。シュートはゴールマウスを捉えるも、相手GKにキャッチされてしまう。
19分:最終ラインの関口から生地を経由し左サイドの伊藤へとボールが渡る。伊藤が相手をかわし放ったシュートは相手GKの好セーブに阻まれる。
21分:CB関口からポストプレーに入った生地へくさびのボールが通る。このボールを生地が伊藤へタイミング良く落とし、走りこんだ伊藤が左足で強烈なシュート! ゴールかと思われたが、相手GKのナイスセービングにあいCKへと。右サイドから生地が放ったCKを桑原が頭でドンピシャに合わせ、待望の先制点を獲得!!
30分:前半ラストチャンス。尾崎からのスローインを起点に、生地から松岡へといいテンポでボールが繋がる。一気にチャンスかと思われたが、ここで相手DFのファールを受けFKを獲得。このFKは伊藤が直接狙うも、相手GK正面。
惜しくも追加点を奪えないまま、ここで前半が終了。

雨も上がり、今度は強い西日がピッチに差し込みだした後半。
尾崎に代わり橋本をピッチに投入。
前半とは全く違う天気となり、濡れたピッチを上手く使ったパス回しが後半のカギとなる。

33分:生地が前線からのプレスでタイミング良くボールを奪い、絶妙のタメから左サイドを駆け上がる伊藤へスルーパス!このボールを受けた伊藤が縦に素早いドリブルで仕掛け、タッチライン際まで持ち込み折り返す。中央で桑原がタイミングよく走りこむがわずかに合わずシュートまで持ち込めない。
35分:大塚が右サイドでボールを受けると中盤から一気にドリブルで仕掛ける。当たりの強さとスピードを活かし相手陣内深くまで持ち込みCKを得る。生地の蹴ったボールは鈴木の頭へドンピシャで合うも、ゴールマウスに嫌われバーへ直撃。追加点ならず。
36分:セカンドボールをよく広い、最終ラインでは落ち着いてボールを回す事が出来る東京。右サイドバックの大塚がフリーでボールを受けると前線へすかさずスルーパス。このボールに反応した生地が懸命に追いつき、フォローに入った橋本と崩しにかかる。上手くペナルティエリア内まで持ち込むも、懸命のディフェンスにあいシュートまでは持ち込めない。
37分:松岡に代わって森がピッチへと送られる。
38分:ようやく待ちに待った追加点が生まれる。右サイドの西條から中央の生地へとボールが渡ると、上手く相手DFを交わしシュート!鮮やかなシュートでゴールネットを揺らす。
39分:追加点で勢いに乗る東京。高い位置からのプレスですぐさまボールを奪い、右サイドから攻撃を仕掛ける。大塚と森の連動した動きで相手DFを交わし、大塚が中央へセンタリング。桑原がヘディングで合わせるも惜しくもバーの右へ外れる。
40分:こぼれ球をことごとく鈴木と橋本が拾い、分厚い攻撃を仕掛ける。またも右サイドで森・大塚コンビがチャンスを演出。森からのスルーパスを受けた大塚が素早い切り返しから左足でゴール前へボールを送る。すると、一度相手DFに当たるもこの跳ね返りを西條がダイレクトでボレーシュート!決まればスーパーゴールだったが、ゴールマウスは捉えられず。
41分:右サイドを起点に得点の匂いが漂い出す。大塚→生地→大塚のワンツーで抜け出しセンタリング。素晴らしいボールがゴール前へ送られ、またも走りこんだ桑原がきれいに合わせるもGKの気迫のセービングではじき出される。続くCKを伊藤が素早くリスタートするもDFにクリアされる。もう一度のCKも懸命のクリアにあい決めきれず。
43分:鈴木が左サイドをドリブルで駆け上がる。深くまで持ち込みマイナスのセンタリングを生地が右足で合わせるも、シュートが浮いてしまい得点ならず。
45分:自陣深くでボールを受けた森。フリーだと確認するとすかさずドリブルを開始。すぐさまDFが寄せてくるも、俊足を活かした重戦車のようなドリブルで相手を1人2人と交わし、一人で一気にゴール前まで持ち込む。GKと1対1になり中央へラストパスを送ろうとしたが、このボールが相手DFに当たりゴールへ吸い込まれる。ラッキーなオウンゴールとなったが、森の迫力あるドリブル突破は得点に値するものであった。
47分:鈴木に代わって長島を投入。
51分:中央でくさびのボールを受けた生地が、左サイドの橋本へ展開。橋本がドリブルでDFを一人交わし勢いよくミドルシュート! 相手DFのブロックにあうも、このこぼれ球を今度は桑原がすかさずシュート! しかしシュート精度を欠き得点を重ねられない。
52分:桑原に代わって石川がピッチへと入る。
54分:ボールを持った伊藤が左サイドを勢いよく駆け上がる。西條へ一度ボールを戻すも、西條が良い判断で右サイドの森へテンポよくボールを送る。素早いサイドチェンジでマークがずれた右サイドを森がドリブルで持ち込みセンタリング!一度はCBに跳ね返されるも、跳ね返ったボールを西條がダイレクトシュート! わずかにポスト右へそれるがシュートで終わる良い展開。
56分:大塚がボールを奪いすぐさま前線へ走り出した森へスルー! そのまま森が一人で持ち込みシュートを放つもGKの正面。しかし強烈なシュートはゴール前へこぼれ、西條がまたしても思い切りよくシュートを狙う。しかしこのシュートもバーの上へそれる。
57分:GKの交代。瀧川に代わって波多野がゴールマウスへと向かう。
59分:左サイドをフリーで駆け上がりボールを受けた伊藤が中央へドリブルで切れ込む。シュートフェイントでDFを引き付けてから、右サイドでフリーの森へパス! 森も素早いアーリークロスでゴール前へボールを送る。このボールに生地が合わせようとするも、わずかに合わず。相手DFが懸命にクリアをしようとするも、混戦の中人に当たってしまい、これがフリーの長島へ絶妙にこぼれ、長島が落ち着いて流し込み、試合を決める5点目を奪う。
60+2分:試合終了間際には、左サイドを橋本が崩し、折り返しのボールに大塚がきれいに合わせて6得点目を獲得。その直後に試合終了のホイッスル。

前半はチャンスをうまく作れず、フラストレーションのたまる展開だったが、ハーフタイムに見事立て直し大量6得点を奪い勝利をおさめた。
この試合で勢いに乗り、次の試合でもむさしらしいサッカーを展開し勝利をおさめたい。
U-15むさしを愛する皆様、本日も熱いご声援ありがとうございました!
次試合
[第3戦]
9月19日(月)16:30キックオフ
vsかえつ有明中
※会場は見学ができないため、記載いたしません。
9/11(日) ヴェルディグランド(キックオフ 17:30)
第16回 東京都クラブユースサッカーU-13選手権大会 2次リーグ 第1戦

[ 3 - 1 ] クリアージュ

FC東京得点者
12,西條 颯(23分)、2,高橋 海人(45分)、13,伊藤純也(59分)
FC東京出場選手
GK 16,波多野 豪→1,瀧川 大輔(49分)
DF 2,高橋 海人、3,関口 悠太、5,尾崎 碧→14,橋本 海(37分)、15,大塚 迅人→18,森 貫太朗(38分)
MF 4,鈴木 喜丈、12,西條 颯、11,生地 慶充→9,木次谷 和希(9分)、10,松岡 瑠夢→6,長島 幸平(44分)
FW 13,伊藤 純也、8,桑原 遥→17,石川 颯人(46分)
寸評
[リザーブ]
GK:-
DF:-
MF:-
FW:7,小林 友也

●試合ダイジェスト
第16回東京都クラブユースサッカーU-13選手権大会は、ヴェルディグランドにて行われた。

開始早々に西條、鈴木のボランチを中心にサイドMF松岡、生地が絡みボールを支配し、桑原、伊藤へとボールを繋ぎ、チャンスを作る。
クリアージュは前線への早いロングフィードでディフェンスの裏を取ろうとするが高橋、関口センターバックを中心に尾崎、大塚のサイドバックも素早いアプローチで対応する。
裏へ抜けたボールはGK波多野が素晴らしいポジショニングでしっかり処理をする。
5分西條のサイドチェンジから生地にボールが渡り突破を仕掛けるが相手DFもそう簡単には仕事をさせてくれない。
8分松岡が中盤で鋭い突破から桑原へスルーパスを出すが惜しくも合わず。
10分GK波多野から関口、尾崎と渡り、生地へパス生地から中央松岡へ松岡が突破を図るが相手DFがカット、しかし鈴木が奪い返して伊藤へパス、伊藤がドリブルを仕掛けてシュート! これは惜しくもゴール左へ外れる。
12分相手のスルーパスに対して大塚が冷静に対応してボールを奪い返す。
14分生地が突破を図りコーナーキックを獲得、高橋、桑原が飛び込むがゴールならず。
16分尾崎がインターセプトから伊藤へパス、伊藤がクロスを上げるが相手DFも体を投げ出してクリアーする。
17分伊藤のサイドチェンジから大塚へ渡り、大塚がドリブル突破を仕掛け松岡へパス、再び大塚へ大塚から桑原へスルーパス、桑原が右サイドからクロスを上げ伊藤が飛び込むが合わず。
19分決定的チャンスが訪れる。GK波多野から大塚→松岡と渡り再び大塚へ大塚がワンタッチで伊藤へパス、伊藤もワンタッチで松岡へパス、松岡がドリブルで持ち上がり桑原へスルーパス桑原がシュートを放つが相手GKの好セーブに阻まれる!
23分待望の先制点が生まれる。相手ドリブルをカットした鈴木から生地へパス、生地が中盤から得意のドリブルで突破左サイド深い位置まで切り込みクロスを上げる。桑原が飛び込み裏へ抜けたボール松岡が拾い、一人かわして西條へパス、西條が落ち着いてゴール右へ流し込み先制点を挙げる!
24分相手左サイドからFWへロングフィード、関口がヘディングでカット、相手MFに渡るがもう一度関口が積極的なアプローチで奪い返す。
25分中央生地とのワンツーからDF高橋がオーバーラップし再び生地へ生地からもう一度高橋へ渡りシュートを放つが相手DFがクリアー。
29分左サイドからクロスを上げられるがGK波多野がしっかりキャッチ。ここで前半が終了。 

後半開始とともにクリアージュも積極的に仕掛けてくる。尾崎がアプローチをかけ高橋がボールを奪い、伊藤へパス、伊藤が左サイドを突破しコーナーを得る。桑原、松岡が飛び込むがゴールならず。
33分中央右で桑原→松岡→桑原と繋ぎ桑原がシュートを放つ。これは相手GKがナイスセーブ。
35分高橋のフィードから生地が抜け出しシュートを放つがゴール左へ外れる。
36分ゴール中央で一瞬の隙を突かれゴールを奪われ同点とされる。
37分尾崎に代え橋本を投入。38分大塚に代えて森を投入。
39分相手フリーキックを頭で繋がれシュートを打たれるがGK波多野がキャッチ。
40分橋本が積極的なディフェンスでボールを奪い味方へ丁寧に繋ぐ。
41分森が積極的にドリブル突破を仕掛けるが相手DFにカットされる。
42分松岡に代えて長島を投入。
45分右サイド伊藤のフリーキックを相手DFがクリア。このこぼれ球を長島がシュート、相手DFと桑原が競り合いこぼれた所に高橋が走り込みヘディングシュート! 勝ち越しゴール!
46分相手ロングボールを森がヘディングで長島へ繋ぎ橋本へ橋本から桑原→生地へ生地のクロスを西條がシュート、これはGK正面。
46分ゴール中央からシュートを打たれるが高橋がクリアー。
46分桑原に代えて石川を投入。
47分相手コーナーキック、ヘディングシュートを打たれるがバーの上を越える。
47分GK波多野に代えてGK瀧川を投入。
48分鈴木のスルーパスから右サイド西條へ西條が突破し、ゴール前の石川へ石川がシュートを打とうとするが相手DFがクリアー。
48分生地に代えて木次谷を投入。
50分相手スルーパスを関口がしっかりカバーして味方へ繋ぐ。
53分相手ワンツーからボールがゴール前へ出るがGK瀧川が冷静にしっかりキャッチ。
57分鈴木がプレスをかけ木次谷奪い、伊藤へ素晴らしいパスを送る。
59分相手ゴールキックを木次谷がカットし伊藤へパス、伊藤が左サイドからゴール中央へ突破し3人かわしてシュート値千金の追加点を奪う!
試合終了間際も相手ボールをしっかり奪い石川がボールをキープし味方に繋ぐ。ここで試合が終了。

見事初戦をものにした。また怪我の為現在リハビリ中の背番号7番小林友也が復帰すれば更に充実した戦力で試合に挑めるだろう。
次の試合もチーム一丸となって戦っていきたい。 U-15むさしを愛する皆様本日も熱いご声援ありがとうございました!
次試合
[第2戦]
9月17日(土)16:30キックオフ
FC東京U-15むさしvs東京久留米
※会場は見学ができないため、記載いたしません。
8/19(金) 帯広の森球技場B(キックオフ 14:00)
adidas CUP2011 「第26回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会」決勝トーナメント1回戦

[ 1 - 3 ] 横浜F・マリノスジュニアユース

FC東京得点者
11,坂元 達裕(68分)
FC東京出場選手
GK GK:16,石原 翼→1,高羽 直(62分)
DF DF:3,倉本 秀人、4,高田 誠也、5,田宮 碧人、30,小山 拓也、33,相原 克哉
MF MF:7,高橋 宏季、8,下平 祥季、9,赤塚 豪也→32,佐藤 亮(51分)、10,佐々木 渉
FW FW:12,山口 智司→11,坂元 達裕(67分)
寸評
[リザーブ]
GK:-
DF:2,村上 惇平、15,三井 康平
MF:14,小泉 佳穂、18,柳園 良太、19,篠原 力
FW:27,西元 類

●試合ダイジェスト

クラブチームのプライド、絶対に負けられない意地と意地のぶつかり合い。

東京は大きな声で円陣を組み、この大一番に臨んだ。

1分:横浜FMが左サイドからスピードを活かしたドリブルでチャンスを作ろうとするが、DF高田がしっかり対応。
3分:序盤からゲームを組み立てながら攻めてくる横浜FM。それに対し臆することなく積極的にプレスを掛けてミスを誘い、相手に攻撃チャンスを作らせない東京。
16分:自陣ペナルティエリア前。東京DFラインの中央をスルーパスですり抜けられ決定機を作られるも、倉本が体を張ってこの決定的ピンチを阻止。
17分:自陣中央付近から相手の攻撃を受けるが、GK石原を中心とした東京DF陣の連携でピンチを凌ぎ切る。
19分:中盤で相手のパスをカットし、すかさず中央へ仕掛けシュートを狙うが相手DFに阻止される。
23分:横浜FMが右サイドから崩し、中央に絶妙のパスを送りシュートを打たれるが、GK石原が好セーブをみせこれをストップ。
37分:またしても自陣中央付近から相手が勢いよく攻め込んで来るが、これは東京DF陣がしっかり対応し事なきを得る。

持ち味であるパスワークを武器に攻め込んでくる横浜FMに対し、前線から積極的にプレスをかけ、ボールを奪ってからすばやく攻撃に移る東京。熱い攻防が繰り返されるなか、押され気味で前半終了。

ハーフタイム:二宮監督「後半は風上なので有利に試合を進めていくこと」「ボールを奪った後のパスをもっと丁寧にすること」「FWはもっと高い位置でボールを大切にキープし、攻撃の起点を作ること」「DFはプレスバックでボールを奪える場面があったのでもっと積極的にいくこと」具体的かつシンプルな確認が行われ、後半に臨む。

42分:相原が左サイドからドリブル突破、ペナルティエリア付近でファウルを受けてフリーキックを得る。キッカーは下平。無回転の“ブレ球”で直接ゴールを狙うも、わずかにゴールの枠から外れる。
50分:佐々木が中央で相手のパスをカット、そのまま相手ゴールに向かい隙をついてミドルシュートを放つが、惜しくもゴールならず。
51分:赤塚に代わり佐藤を投入。
52分:左サイドから田宮、佐藤が立て続けにドリブルで切り崩しシュートを打つが得点ならず。

53分:自陣右サイド、東京DFの一瞬の隙をついて相手がドリブル突破から抜け出してシュート。東京DFも懸命に体を寄せるが届かず、横浜FMに先制点を奪われる。
55分:横浜FMは左サイドからすばやいクロスを東京ゴール前へ。ボールはフリーで待っていた相手FWに届き、シュートを打たれてしまうが、これはポストに当たり難を逃れる。しかし、そのこぼれ球を押し込まれ2点目を奪われてしまう。
58分:さらに東京は連携ミスから相手に3点目を与えてしまう。勢いに乗った相手に立て続けにゴールを奪われてしまった。
61分:石原に代わり高羽がゴールマウスを守る。
66分:横浜FMが右サイドから中央に切り込んできてシュートを狙うが、代わったばかりのGK高羽が好セーブでピンチを救う。
67分:山口に代わり坂元を投入。
68分:相手陣内の右サイドを佐々木と田宮が巧みなパスワークで突破。そのまま佐々木が右から抜け出し、中央へ絶妙のパスを送る。そのボールを代わったばかり坂元が冷静にゴールへ流し込み貴重な得点を奪う!
72分:東京はピッチの幅を有効に使い、相手ゴールへ向かってチャンスを作るが、相手DFも必死に阻止する。

最後の最後まであきらめず攻め続けるも、追いつくことはできずに試合終了。

FC東京U-15むさしは1-3で敗退し、残念ながら準々決勝へ駒を進めることはできなかった。

しかし、予選リーグから決勝トーナメントまでの4試合、様々な状況の中でむさしの選手たちは大きく成長した大会であった。この経験は、今後に結びつく貴重な財産になるだろう。

本日まで、北海道という遠い地にもかかわらずたくさんの方々に応援に来ていただきました。本当にありがとうございました。

むさしの選手たちひとりひとりの今後の成長を見守っていただき、これからもぜひぜひ熱いご声援をよろしくお願いいたします。
チーム一丸となって試合に臨んだ 本日のスタメン 主導権は相手だが、東京の選手たちは集中して相手の攻撃を防いだ 相手の厳しいプレッシャーに苦しんだ 大会を通じて東京の攻撃をけん引した10,佐々木
チーム一丸となって試合に臨んだ 本日のスタメン 主導権は相手だが、東京の選手たちは集中して相手の攻撃を防いだ 相手の厳しいプレッシャーに苦しんだ 大会を通じて東京の攻撃をけん引した10,佐々木
次試合
この結果、本大会をベスト16で終えました。ご声援ありがとうございました。
8/17(水) 帯広市グリーンパークA(キックオフ 15:00)
adidas CUP2011 「第26回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会」1次ラウンド第3戦

[ 3 - 0 ] ヘミニス金沢フットボールクラブ

FC東京得点者
10,佐々木 渉(34分)、7,高橋 宏季(63分)、10,佐々木 渉(70+3分)
FC東京出場選手
GK GK:16,石原 翼→1,高羽 直(67分)
DF DF:33,相原 克哉、4,高田 誠也、30,小山 拓也、3,倉本 秀人
MF MF:8,下平 祥希→15,三井 康平(68分)、7,高橋 宏季、10,佐々木 渉、5,田宮 碧人→19,篠原 力(70分)
FW FW:12,山口 智司→32,佐藤 亮(58分)、9,赤塚 豪也→18,柳園 良太(65分)
寸評
[リザーブ]
GK:-
DF:-
MF:6,多田 一晴、14,小泉 佳穂
FW:11,坂元 達裕、13,榎本 大輝

●試合ダイジェスト

adidas CUP2011 「第26回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会」1次ラウンド第3戦。
引き分け以上で決勝トーナメントが決まるFC東京U-15むさしは、心をひとつに試合に臨んだ。

3分:田宮がペナルティエリア付近の左サイドから中央へドリブルで仕掛けるが、相手にファウルをうけ絶好の位置でフリーキックをもらう。フリーキッカーは、昨日、絶妙なフリーキックでゴールを決めている佐々木。いいコースに蹴りこむが、惜しくも外れる。
9分:前ががりにゲームをすすめる中、ボールを奪われ右サイドからカウンター攻撃を受けるが、しっかりと相手の攻撃を断ち切る。
10分:佐々木がペナルティエリア中央付近からミドルシュートを放つ。相手GKがキャッチングミスでボールをこぼし、そこに赤塚がすかさず飛びこむが相手GKの必死のセーブに阻まれる。
13分:佐々木がセンターサークル付近からゴールに向かい、前線ではっていた赤塚へ絶妙のスルーパスを送るがまたしても相手GKに阻まれる。
16分:センターサークル付近から左サイドでチャンスをうかがっていた田宮にサイドチェンジでボールが送られる。そのボールを田宮が正確に運び、そのままドリブルでゴールに向かいシュートを放つも相手GKに防がれる。
19分:ゴール前でフリーになっていた山口に右サイドの下平からクロス。山口はヘディングでシュートを狙うもゴール枠外にはずれる。
31分:相手の左コーナーキック。ゴール前でフリーにしてしまった相手選手へ正確なセンタリングが送られシュートをうけるが、ゴールの横にそれピンチをしのぐ。
33分:右サイドの高い位置。田宮がドリブルで引き付け、中央で待っていた佐々木にパスを送る。佐々木はそのままゴールに向かう。相手DFが立ちはだかるが巧みにかわし、そのままシュート!それが鮮やかなゴールとなり先制点を奪う!
芝の深いピッチで戸惑うこともあったが、いつもどおりのパスワークや積極的なディフェンスで主導権をしっかり握ったまま前半終了。

ハーフタイム:二宮監督からは、ボールコントロールの細かいアドバイス、ボールを受けるポジショニング、一つ一つのパスの精度、細かいパスからロングパスを狙うこと、コミュニケーションをしっかりとることなどの確認があった。

39分:センターサークル付近で直接フリーキックをもらう。それを下平が積極的に狙うがゴールならず。
48分:相手ゴール付近の左サイドで田宮がドリブルで仕掛けるがファウルを受けフリーキック獲得。キッカーは、フリーキックに自信を持つ佐々木。カーブをかけ相手GKに揺さぶりをかけるが惜しくもゴールならず。
53分:相手ゴール前のDFの裏へ高橋がすり抜けそのままシュートを放つが相手GKが弾く。こぼれ球にすかさず反応した高橋が再びシュートを打つが惜しくも枠を外れる。
58分:12,山口に代わり32,佐藤を投入。
63分:相手ペナルティエリア付近でボールを受けた高橋が左足でシュート。相手GKが反応するもそのままボールはネットに吸い込まれ追加点!
65分:9,赤塚に代わり18,柳園を投入。
66分:相手ペナルティエリア付近中央で佐藤と柳園が巧みな細かいパスワークをみせ、下平にパスを送る。そのままミドルシュートを放つがゴールならず。
67分:16,石原に代わり1,高羽を投入。
68分:8,下平に代わり15,三井を投入。
69分:5,田宮に代わり19,篠原を投入。
69分:左サイドから高橋がゴール前に切り込みシュートと見せかけ中に待っていた柳園にあわせる。柳園が冷静にシュートを放つが惜しくもポストにあたりこぼれ球となる。そのこぼれ球に反応した佐藤がゴールを決めるもオフサイドの判定。大チャンスを逃す。
70+3分:ゴール前中央で絶好のポジションをとっていた佐々木。パスを受けると正確に前へ運び、相手GKとの1対1も巧みにかわして3点目を奪う!
その後も攻めの姿勢を緩めず試合終了。

3(1-0・2-0)0

開始から試合終了まで非常に高い集中力、メンタリティを維持するとともに、狙い通りの試合運びでチームのみんなが心ひとつに決勝トーナメント進出を決めた。

※FC東京U-15むさしは得失点差の関係でCグループ2位通過となった。
本日のスタメン しっかりとゲームを支配する東京のイレブン 相手ディフェンスをかわしてボールを運ぶ 相手のプレッシャーにも耐え、自分たちのサッカーを展開する 厳しいディフェンスにあってもボールを前に運び攻撃の手を緩めない
本日のスタメン しっかりとゲームを支配する東京のイレブン 相手ディフェンスをかわしてボールを運ぶ 相手のプレッシャーにも耐え、自分たちのサッカーを展開する 厳しいディフェンスにあってもボールを前に運び攻撃の手を緩めない
次試合
adidas CUP2011 「第26回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会」決勝トーナメント1回戦
8/19(金)14:00キックオフvs横浜F・マリノスジュニアユース@帯広の森球技場B
8/16(火) 中札内交流の杜サッカー場Aピッチ(キックオフ 10:30)
adidas CUP2011 「第26回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会」1次ラウンド第2戦

[ 3 - 1 ] アビスパ福岡U-15

FC東京得点者
10,佐々木 渉(6分)、7,高橋 宏季(28分)、9,赤塚 豪也(33分)
FC東京出場選手
GK GK:16,石原 翼
DF DF:8,下平 祥希→6,多田 一晴(48分)、4,高田 誠也、30,小山 拓也、33,相原 克哉
MF MF:19,篠原 力→32,佐藤 亮(43分)、7,高橋 宏季→14,小泉 佳穂(55分)、10,佐々木 渉、5,田宮 碧人
FW FW:12,山口 智司→13,榎本 大輝(69分)、9,赤塚 豪也→11,坂元 達裕(43分)
寸評
[リザーブ]
GK:1,高羽 直
DF:2,村上 惇平、15,三井 康平
MF:18,柳園 良太、27,西元 類
FW:-

●試合ダイジェスト

adidas CUP2011 「第26回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会」1次ラウンド第2戦。

試合前、二宮監督から「相手よりも先にボールにさわること」「全員が具体的に指示をすること」などを確認し、チームの一人一人が心をひとつに、非常に集中した姿勢で試合に臨んだ。

4分:篠原が中盤でボールを運び、前線で相手の裏を狙っている山口へスルーパスを送りチャンスを作り出すが相手DFにカットされる。
6分:赤塚が左サイドから中央へドリブルで仕掛け、相手DFのファウルをうけフリーキックを獲得。そのフリーキックを佐々木が蹴り、相手DFに当たってコースが変わりゴールに吸い込まれ東京が先制!チームに勢いをつける。
7分:相手が中央突破をねらい果敢に仕掛けてくるが、立ち上がりから高い集中力を保つディフェンスが相手の攻撃を阻止。
11分:左サイドでボールを持った高橋が、相手GKの隙をつきロングシュートを狙うが惜しくもバーを越える。
前半中盤:ボールポゼッションと運動量で主導権を握りゲームを進める。
19分:佐々木が中盤でパスカット、すかさず前線で待ち構えている赤塚へ絶好のスルーパスを送るが相手GKに阻まれる。
26分:相手が左サイドからドリブルで攻め込むが高田が冷静に対応し相手のチャンスの芽をつぶす。
28分:左サイドからのフリーキックを相手ゴール前に待ち構えていた山口に合わせるが相手DFがクリアし、こぼれ球に。そこを狙っていた高橋が思い切りの良いシュートでゴールをきめ、2点目を奪う!
33分:中央で赤塚が相手のパスをカットし、そのままドリブルで抜け出し冷静にゴールへ流し込み3点目を決める!
その後も、攻撃の手を緩めず積極的にゴールを狙い、攻守ともに主導権を握り、優位に試合を進めるなか前半終了。

ハーフタイム:二宮監督から「試合は何が起こるかわからない。油断せず頑張ること。パスをもっと丁寧に繋ぐこと。」という指示が出る。さらに守備面では「前から積極的に奪いに行こう。しかし、裏を狙われるのは危険なので、判断を大切にしよう」という確認があった。

後半も立ち上がりから積極的にしかけ、主導権を握って試合を進めていく。

43分:篠原に代えて佐藤、赤塚に代えて坂元を投入しさらに勢いをつける。
45分:佐々木が右サイドから、左サイドの裏を狙っていた田宮に大きなサイドチェンジのパスを送る。それを受けた田宮が切り込みミドルシュートを放つが惜しくもはずれる。
48分:右サイドで佐藤と坂元がきれいなワンツーで突破し、中央へボールを流し込が相手DFも体をはってはねかえす。
48分:下平に代わって多田を投入。
52分:相手はカウンターで反撃を試みるが、東京は高い集中力で相手の攻撃をはね返す。
55分:高橋に代わり小泉を投入。
60分:相手のカウンターから一瞬の隙をつかれ失点を許してしまう。
61分:中盤右サイドで相手のボールを奪い、すぐさまカウンターで佐藤がドリブル突破。自分で仕掛けてそのままミドルシュートを狙うが惜しくも相手GKに阻まれる。
70分:山口に代えて榎本を投入。

最後の最後まで高い集中力、運動量、ポゼッションなどで主導権をにぎり、自分たちのペースでゲームを進め試合終了。決勝トーナメント進出に繋がる大きな勝ち点3を勝ち取った!

本日も、北海道までたくさんの方々に応援に来ていただきました。本当にありがとうございました。
予選グループ第3戦も、ぜひ熱いご声援よろしくお願いいたします。
本日のスタメン 立ち上がりから相手ゴールへ果敢に仕掛ける 相手の攻撃チャンスを東京DFが阻む 攻守に主導権を握りゲームを支配 相手の攻撃の起点を東京DFがしっかりとケアする
本日のスタメン 立ち上がりから相手ゴールへ果敢に仕掛ける 相手の攻撃チャンスを東京DFが阻む 攻守に主導権を握りゲームを支配 相手の攻撃の起点を東京DFがしっかりとケアする
次試合
adidas CUP2011 「第26回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会」1次ラウンド第3戦
8/17(水)15:00キックオフvsヘミニス金沢フットボールクラブ@帯広市グリーンパークA
8/15(月) 帯広の森球技場A(キックオフ 13:00)
adidas CUP2011 「第26回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会」1次ラウンド第1戦

[ 2 - 2 ] ACNジュビロ沼津

FC東京得点者
8,下平 祥希(7分)、4,高田 誠也(46分)
FC東京出場選手
GK 16,石原 翼
DF 8,下平 祥希、4,高田 誠也、3,倉本 秀人(10分退場)、33,相原 克哉
MF 19,篠原力→27,西元類(53分)、7,高橋 宏季、10,佐々木 渉、5,田宮 碧人→2,村上 惇平(68分)
FW 12,山口 智司→32,佐藤 亮(39分)、9,赤塚 豪也
寸評
[リザーブ]
GK:1,高羽 直
DF:-
MF:6,多田 一晴、14,小泉 佳穂、18,柳園 良太
FW:11,坂元 達裕、13,榎本 大輝

●試合ダイジェスト
FC東京U-15むさしは、adidas CUP2011「第26回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会」1次ラウンド第1戦でACNジュビロ沼津と対戦。

試合開始直後からゲームを組み立て攻めてくる沼津に対し、前線から積極的にプレッシャーを掛け相手の特長を消し、主導権を握るFC東京U-15むさしの攻防が繰り広げられた。
2分:相手のスピーディな右サイドからの攻撃はGK石原を中心にしっかりと対応。
7分:沼津の中央でのパスを下平がタイミングの良いインターセプトでカットし、そのままゴールへ向かう。相手GKのポジショニングの隙を狙い思い切りの良いミドルシュートを狙う。これが見事にゴール!!開始早々に東京が勢いをつける。
10分:相手の素早いショートカウンターに東京DF陣が対応したが、これが決定的な得点チャンス阻止と見なされて退場。1人少なくなりピンチを迎える。
11分:佐々木が中央をドリブルで運び、山口にタイミングの良いスルーパスを送るがオフサイドを取られチャンスを失う。
14分:1人少ない東京に対し、果敢に素早い攻撃で沼津が襲い掛かる。東京DF陣が何とか踏ん張るが失点を許し、同点に追い付かれる。
23分:相手ゴール前エリア中央付近で赤塚と佐々木の息の合ったワンツーパスで突破を試みるが沼津DFに阻まれる。
26分:相手の左サイドに走り込む田宮へ右サイドから下平が絶好のクロスボールを送りシュート場面を作り出すが、相手DFに阻まれる。
前半終了間際:中盤で篠原が相手のパスをインターセプトし、ゴールへ向かう。ゴール前で待ち構えていた山口へ絶好のスルーパスを送り相手GKと1対1になるが好セーブに阻まれ前半終了。

ハーフタイム:二宮監督からは攻撃に関しもっと相手ゴールに直接近づけるスペース(相手のギャップ)へのパスを狙うこと。守備面ではポジショニングの確認を行った。

1人少ない東京だが後半始めからその差を感じさせない運動量でゴールを奪いにいく。
38分:山口智司に代わり佐藤亮を投入。
44分:相手DFの裏を狙う佐藤へ高橋から良いタイミングでロングパスが送られるが惜しくもオフサイドを取られる。
45分:右サイドで篠原から浮き球パスを受けた高田が相手GKの隙を突きロングシュートを狙う。相手GKが何とか反応するがそのままゴールに吸い込まれゴール!! 1人少ない東京に元気をもたらす。
47分:赤塚が右サイドでボールを奪いゴール前に切り込んで中央へ絶好のパスを送るが、相手DFに阻まれる。
52分:赤塚がゴール前から積極的にミドルシュートを狙い、その後立て続けに佐藤もミドルシュートでゴールを狙うが、惜しくもゴールならず。
53分:篠原力に代わって西元類を投入。
66分:中央でこぼれ球を相手に拾われ、前線のFWにパスが渡り東京DF陣が体を張って守るも、失点を許し同点に追い付かれる。
68分:田宮碧人に代わり村上惇平
最後まで激しい攻防が続いたが、1人多い沼津に対し運動量でも圧倒し攻めの姿勢を崩さず攻守ともに健闘した東京であったが、同点で試合終了のホイッスル。

本日、北海道までたくさんの方々に応援に来ていただきました。本当にありがとうございました。
次に繋がる非常に大切なゲームでした。
予選グループ第2戦も熱いご声援よろしくお願いいたします。
本日のスタメン 東京は高い守備意識で相手の攻撃を阻む 相手の厳しいDFを潜り抜けチャンスを作る ロングパスで相手の裏を狙う
本日のスタメン 東京は高い守備意識で相手の攻撃を阻む 相手の厳しいDFを潜り抜けチャンスを作る ロングパスで相手の裏を狙う
次試合
adidas CUP2011 「第26回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会」1次ラウンド第2戦 8/16(火)10:30キックオフvsアビスパ福岡U-15@中札内交流の杜サッカー場Aピッチ
8/8(月) 会場は見学できない為、記載しません。(キックオフ 11:00)
第4回東京都ユースリーグU-15サッカーリーグ第5節

[ 2 - 1 ] 国学院久我山中学校

FC東京得点者
9,赤塚 豪也(15分・25分)
FC東京出場選手
GK 16,石原 翼
DF 8,下平 祥希→15,三井 康平(50分)、4,高田 誠也→14,小泉 佳穂(HT)、3,倉本 秀人→18,柳園 良太(55分)、33,相原 克哉→2,村上 惇平(HT)
MF 7,高橋 宏季、10,佐々木 渉→27,西元 類(61分)、19,篠原 力→6,多田 一晴(HT)、5,田宮 碧人→32,佐藤 亮(50分)
FW 9,赤塚 豪也→11,坂元 達裕(HT)、12,山口 智司→13,榎本 大輝(HT)
寸評
[リザーブ]
GK:1,羽 直
DF:30,小山 拓哉
MF:-
FW:-

●試合レポート
2011年度 第4回 東京都ユース(U15)サッカーリーグ(Tリーグ)のCグループ最終戦。相手は國學院久我山中学校。12時00分キックオフで行われた。
この日は、真夏の太陽の日差しが強く、気温もかなり高い中でのプレーになった。
1分、この日FWに入った赤塚が開始早々、右サイドを突破しクロスを上げそこに田宮が走り込んでチャンスをつくる。5分、佐々木が得意のドリブル突破で、久我山中DFを脅かすが最後は惜しくもカットされてしまう。
暑さの影響もあったのか、徐々に運動量が落ちてきて、なかなかむさしのリズムがつくれない。久我山中も前からプレスをかけてきて、得意のポゼッションがうまくいかない時間帯が続く。
10分、篠原が中盤で上手く前を向いて山口にスルーパスを通すが、惜しくも届かない。
膠着状態が続く中、15分、中盤でボールをもらった赤塚が、個人技で相手を2人かわしてミドルシュート。これが見事にネットを突きさし先制点を奪う。
その後は、石原中心に高田、倉本が安定した守備で、久我山中の攻撃陣を封じる。また、田宮、相原のサイド攻撃も徐々に機能しはじめ、多くのチャンスをつくりだしてきた。
21分、高橋がミドルシュートを放ち相手GKにはじかれたがCKのチャンスになる。これを篠原が蹴り、中にいた相原に合わせるも惜しくもゴールは奪えず。
むさしの流れが続く25分、FKのチャンスに赤塚が素早く反応。それを佐々木がピンポイントで合わせて、赤塚の見事なバックヘッドが決まり2点目を奪う。
徐々に互いに足が止まりはじめ、なかなか動きが出ない展開となった。29分、32分と続けて山口がディフェンスラインを抜け出してシュートを放つが、枠をとらえることが出来ない。
このまま前半終了と思われた前半ロスタイムに、一瞬の隙を突かれ、相手FWに見事なミドルシュートを決められてしまう。そしてそのまま前半終了。

後半最初から相原に代わり村上、山口に代わり榎本、赤塚に代わり坂元、高田に代わり小泉、篠原に代わり多田を投入。
36分、交代で入ったばかりの多田が積極的にミドルーシュートを放ち久我山ゴールを脅かす。
交代で入った、榎本、坂元の両FWが運動量で相手DFの裏を常に狙い、むさしの攻撃のリズムをつくっていく。また右サイドの下平も積極的にオーバーラップをしかけ、何度もクロスを上げる。
40分、倉本のロングボールに抜けだした榎本がGKと1対1になるが、これは惜しくも防がれる。
42分、左サイドを突破した村上が中央の小泉にパス。それを小泉がミドルシュート。惜しくも枠は外れたが、ゴールを奪う意識は感じられる攻撃になってきた。
46分、榎本のCKのボールを高橋がうまくスルーして、後ろにいた村上がダイレクトシュート。これは惜しくもGK正面。
48分、左サイドの田宮のクロスを榎本がシュートを放つがこれもゴールに入らない。
50分、下平に代わり佐藤、田宮に代わり三井を投入。51分、佐々木が左サイドから中央へのスピードあるドリブルで相手5人を抜き最後はGKと1対1になる。GKをかわそうとしたが、ぎりぎりでセーブされシュートまで持っていけない。
55分、倉本に代わり柳園が入る。56分、右サイドを突破した三井が速いクロスを上げ、中にいた佐藤がヘディングシュート。これも枠をとらえられない。
後半は、落ち着いて守備が出来ていたが、59分、一瞬の隙をつかれて相手のカウンターを受けてしまう。最後に、クロスからシュートを打たれたが、これはオフサイドの判定。一瞬緊張感が走る。
61分、佐々木に代わり西元が入る。その後は攻守にバランスよくプレー出来て、危ない場面はつくらせない。63分、67分と立て続けに左サイドを突破した柳園がミドルシュートを放つが、これもGK正面。
最後まで3点目を奪うため積極的にゴールを目指したが、このままホイッスルが鳴り試合終了。

今日は、暑さもありなかなかむさしらしいサッカーが出来なかったが、こういう時でも勝利をつかむことが出来ているのは、チームとしての成長を感じさせる試合となった。
来週のクラブユース全国大会に向け、より一層良い準備をして大会にのぞみたいと思う。今後もご声援の程宜しくお願い致します。
次試合
7/17(日) 味の素スタジアム(キックオフ 17:05)
U-15スペシャルマッチ(1年生)

[ 2 - 0 ] FC東京U-15深川

FC東京得点者
13,伊藤 純也(11分・19分)
FC東京出場選手
GK 1,瀧川 大輔→16,波多野 豪(HT)
DF 2,高橋 海人、7,小林 友也→14,橋本 海(HT)、3,関口 悠太、5,尾崎 碧→9,木次谷 和希(HT)
MF 4,鈴木 喜丈→18,森 貫太朗(HT)、12,西條 颯→6,長島 幸平(HT)、10,松岡 瑠夢→15,大塚 迅人(HT)、11,生地 慶充→17,石川 颯人(HT)
FW 8,桑原 遥、13,伊藤 純也
寸評
●試合レポート
※U-15深川試合結果欄にも同様の試合ダイジェストを掲載しております。
J2リーグ第21節vsFC岐阜戦の試合開始前に今年で8回目となるU−15スペシャルマッチが行われた。試合は前半に、両チームとも決定的なチャンスを何度かつくるも得点は奪えず。0-0で折り返したが、後半FC東京U-15むさしの13,伊藤 純也が2得点しFC東京U-15むさしが勝利した。選手たちの元気いっぱいのプレーに観客席からは、温かい拍手が送られた。今後もFC東京の将来を担う両チームの若き青赤戦士達に熱いご声援をよろしくお願いします。
次試合
-
7/17(日) 河口湖サッカー場(キックオフ 13:00)
関東クラブユースサッカー選手権大会 兼 日本クラブユースサッカー選手権大会・関東予選 3位決定戦

[ 2 - 3 ] 横浜F・マリノスジュニアユース追浜

FC東京得点者
10,佐々木 渉(27分)、13,榎本 大輝(77分)
FC東京出場選手
GK 1,羽 直
DF 5,田宮 碧人、4,高田 誠也→15,三井 康平(73分)、3,倉本 秀人、2,村上 惇平→23,東方 陸真(64分)
MF 6,多田 一晴→18,柳園 良太(HT)、10,佐々木 渉、14,小泉 佳穂、19,篠原 力→30,小山 拓哉(49分)
FW 9,赤塚 豪也、11,坂元 達裕→13,榎本 大輝(59分)
寸評
[リザーブ]
GK:16,石原 翼、25,島ア 智成
DF:33,相原 克哉
MF:27,西元 類、12,山口 智司、8,下平 祥希
FW:32,佐藤 亮

●試合レポート
2011年度 第17回関東クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 兼 第26回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会3位決定戦。
相手は関東リーグ1部所属の横浜F・マリノス追浜。山梨県の河口湖サッカー場で11時00分にキックオフで行われた。昨日同様猛暑の中でのスタートとなった。

2分、CB高田から左サイドの多田にロングパス。それを多田が突破にかかり相手がたまらずファールをおかしFK。これを佐々木が蹴るがゴールには結びつかない。
5分、今日は右SBに入った田宮から多田へロングボールが通りチャンスをつくっていく。今大会初スタメンの多田が積極的に左サイドを攻略していく。
8分、小泉のサイドチェンジから多田、村上とつなぎクロス。惜しくも点には結びつかなかったが、むさしペースで進んでいく。今試合は、佐々木、小泉の両ボランチがゲームをうまく組み立てて右の篠原、左の多田を起点にFW赤塚、坂元が裏を狙う動きを繰り返し行い、非常に動きのある展開となった。
11分、一瞬のすきをつかれGKと1対1になるが、羽が冷静に対応しピンチを防ぐ。
14分、篠原が中央をドリブルで持ち込みミドルシュート。惜しくも枠をとらえる事が出来ない。
15分、相手スローインから、つながれFWが一瞬のすきを突いてシュート。羽も懸命に手に当てたが、無情にもゴールネットを揺らされ失点をしてしまう。
18分、むさしCKを小泉が低いグランダーで中へ。そのボールが村上に行き、そして篠原にこぼれ、最後は坂元にクロスでシュート。オフサイドになってしまったがいい攻撃が続く。
21分、赤塚もドリブルで持ち込みシュート。マリノス追浜もFW選手を軸に攻めてくるが、高田、倉本の両CBが仕事をさせない。
すると26分、自陣中央でボールを受けた佐々木が、ゴールへむかいドリブルを開始。1人、2人、3人とかわし、最後はゴール前で4人目をかわしてシュート。そのシュートがゴール右隅に決まりスーパープレーとなり同点。
その後もむさしの勢いが増し、28分、相手陣地でボールを奪った村上が、篠原へ。そして篠原が坂元にラストパス。それを坂元がシュートに行くが惜しくもゴールを外れる。
33分、田宮と佐々木のワンツーで切り込んで最後は赤塚がシュートを打つがGK正面。
35分、相手のロングパスに倉本と羽の連係がうまくいかず、シュートまで持っていかれ危ない場面をつくられる。
38分、左サイドで坂元がキープをし、クロスオーバーをした多田にパス。多田がクロスを上げ、最後はゴール前の篠原がシュートを放つが枠をとらえられない。ゴール前だけに決定的な場面であった。そして前半はこのまま終了。

後半から多田に代わり柳園を投入。柳園も久々の試合で気合も入る。
42分、相手の素晴らしいパスワークから抜け出され、GKと1対1になるがこれも羽が好セーブをしてピンチを防ぐ。
43分、左サイドの柳園が突破してクロスを上げ、中にいた坂元に合わせたが惜しくもシュートはミートせず。
むさしペースと思われた47分、裏にこぼれたボールを羽がクリアミス。それを拾われ、中のフリーな選手へ出されシュートを打たれる。一度は防いだが、そのこぼれ球を押し込まれ2点目を奪われる。
49分、篠原に代わって今大会初出場の小山が入る。小山は2年生ながら安定感のある守備でDFラインを統率していく。
55分、左サイドをドリブルで突破した村上がクロスを上げ、走り込んできた田宮に合わせるが惜しくもGKにキャッチされる。
59分、坂元に代わり榎本が入る。
64分、むさしの左サイドを崩され、クロスを上げられ中のFWがシュートフェイントで村上をかわしゴールを決める。
65分、村上に代わり今大会初出場の2年生東方を投入。その後は、相手陣地でボールを奪うために懸命にボールにプレスをかけて奪いに行く。
だんだん流れもむさしにかたむき、72分、佐々木が中央でドリブルで抜け出し小泉へ。小泉もドリブルで突破を図るが、相手も体を張ってブロックする。
73分、高田に代わり、けがで出遅れていた三井が初出場。むさしの勢いを加速させる。
すると77分、左サイドで突破をした田宮からパスを受けた榎本が、ゴール前で相手DF2人かわしてシュート。それが左隅にきまり1点を返す。
その後は、同点に追いつこうとむさしが攻め続け、マリノス追浜が体を張ってゴールを割らせない。
そしてロスタイム4分。最後の力を振り絞って懸命にゴールを目指すむさしの選手達。
しかし、力及ばずそのまま試合終了のホイッスルが鳴る。

この結果、U−15むさしは、今大会4位という成績で終えることとなった。
1ヵ月にもわたる今大会。目標の全国大会の切符を勝ち取ることが出来たが、最後に2連敗をし悔しい思いをしたので、来月の全国大会に向けて、この悔しさを次につなげられるように、これからも頑張っていきたいと思う。
長い間、多くのご声援本当にありがとうございました。引き続きFC東京U−15むさしを宜しくお願い致します。
次試合
※この結果により、本大会を4位で終えました。
7/16(土) 河口湖サッカー場(キックオフ 13:00)
関東クラブユースサッカー選手権大会 兼 日本クラブユースサッカー選手権大会・関東予選 準決勝

[ 0 - 1 ] 柏レイソルU-15

FC東京得点者
-
FC東京出場選手
GK 16,石原 翼
DF 8,下平 祥希、4,高田 誠也、3,倉本 秀人、33,相原 克哉
MF 7,高橋 宏季、10,佐々木 渉、27,西元 類、5,田宮 碧人
FW 32,佐藤 亮→9,赤塚 豪也(78分)、12,山口 智司
寸評
[リザーブ]
GK:1,羽 直、25,島ア 智成
DF:15,三井 康平、23,東方 陸真、30,小山 拓哉、2,村上 惇平
MF:6,多田 一晴、18,柳園 良太、14,小泉 佳穂、19,篠原 力
FW:11,坂元 達裕、13,榎本 大輝

●試合レポート
2011年度 第17回関東クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 兼 第26回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会準決勝。
相手は関東リーグ1部所属の柏レイソル。山梨県の河口湖サッカー場で13時00分にキックオフで行われた。

最初はお互いがポゼッションをしながらボールを運んで行く。
3分、相原のバックパスをGK石原がパスミスをしピンチを迎えるが、倉本がなんとかボールをクリアして難を逃れる。
4分、ポゼッションから攻め上がった高橋がおもいきってミドルシュートを放ち、これは惜しくもバーにはじかれる。
6分には、裏に抜け出した佐藤がクロスを上げるが、中の選手に合わない。
10分、佐々木が中盤でドリブルで持ち込み、左サイドの田宮へロングパス。それを田宮がトラップで抜け出した所を相手がたまらずファールでFK。そのFKはチャンスにならなかったが、少しずつむさしも攻めていく。
しかし前半は、レイソルのポゼッションのレベルが非常に高く、むさしの選手が守備におわれる時間が長くなっていく。それでもむさしの選手達は、お互いに声を掛け合いながら冷静に対応しレイソルにチャンスをつくらせない。
17分、右サイドをから下平がクロスを上げ、中の佐々木へ。しかしシュートが打てずに相手に奪われる。
18分、レイソルのポゼッションから、むさしの一瞬のすきを突いてGKと1対1になりシュート。わずかにゴールを外れたが、決定的なピンチであった。その後は、右サイドの西元、下平、左サイドの田宮、相原からチャンスをつくり、レイソル守備陣を脅かす。
守ってもGK石原中心に、高田、倉本の両CBが我慢をしながら守備を統率していった。
28分、左サイドの相原から田宮へ。そのまま田宮が突破をしチャンスをつくるが惜しくもゴールを割れない。
31分にも下平のロングボールから田宮が反応しチャンスをつくる。
35分、中央から田宮、佐々木、佐藤とつなぎ最後は山口がフリーで抜け出しGKと1対1。しかしシュートはGK正面でチャンスを逃す。
38分、むさしのディフェンスラインの裏に抜け出したレイソルの選手を追いかけた高橋が、大きくクリアをしようとしたが、これが運悪くむさしゴール吸いこまれてオウンゴールになってしまう。
前半はこのまま終了。

後半に入り守備も我慢をしながら、どうにか1点を上げるために懸命にボールを追いかける。
43分、佐々木のドリブルから、右サイドの西元にラストパス。西元がシュートを放つが惜しくも枠をとらえられない。その後も、レイソルのポゼッションに苦しんでいたが、むさしDF陣がよく粘ってボールを奪い、少しずつむさしペースとなっていく。
53分、山口が右サイドでキープをし西元へ。それを中にいた佐藤にクロスを上げシュート。これも枠をとらえることが出来ない。
59分、左サイドから相原が突破しミドルシュートを放つ。
61分、攻勢にでていたむさしの一瞬のすきを突いてレイソルがカウンターを仕掛けるが石原がビックセーブでこのピンチを防ぐ。
62分、佐々木の突破から田宮が左サイドを突破しシュートまでいく。この試合田宮の突破は非常に相手にとって脅威なものとなっていた。
63分、高橋は中盤で激しくボールを奪うが、これがファールの判定でイエローカードをもらう。
残り15分になり、むさしも点数を奪うため前からプレスをかけ始め、運動量の落ちたレイソルのミスをつけるようになってきた。
72分、佐々木が相手を4人かわし、左の田宮へ。これを折り返して中のフリーの佐藤へ。決定的と思われたが、残念ながらシュートはポストにはじかれる。
続く77分、ゴール前の混戦から、西元が相手を3人かわして、シュートをうち、そのボールが 相手に当たりゴールに向かったが惜しくも入らず。
78分、右サイドから柔らかいクロスを高橋が上げ、中の佐藤へ。ヘディングシュートは、これも残念ながらGK正面。
78分、佐藤に代わって赤塚を投入。最後の猛攻に出る。
しかしロスタイム3分が経ち、無情にもホイッスルが鳴り試合終了。

負けたことは、非常に悔しい事ではあったが、むさしの選手の気持が現れた非常に良いゲームとなった。
明日も3位決定戦があるので切り替えて、勝利をつかんでこの大会を終えたいと思う。皆さんの温かいご声援を、宜しくお願い致します!
次試合
3位決定戦
7月17日(日)11:00キックオフ
vs横浜F・マリノスジュニアユース追浜
河口湖サッカー場
7/10(日) 東京ガス武蔵野苑多目的グランド(キックオフ 11:00)
関東クラブユースサッカー選手権大会 兼 日本クラブユースサッカー選手権大会・関東予選 準々決勝

[ 2 - 1 ] クマガヤSC

FC東京得点者
12,山口 智司(48分)、32,佐藤 亮(51分)
FC東京出場選手
GK 1,羽 直
DF 8,下平 祥希、4,高田 誠也、3,倉本 秀人、33,相原 克哉→2,村上 惇平(59分)
MF 5,田宮 碧人、7,高橋 宏季→14,小泉 佳穂(72分)、19,篠原 力→9,赤塚 豪也(46分)、10,佐々木 渉、32,佐藤 亮→13,榎本 大輝(77分)
FW 12,山口 智司
寸評
[リザーブ]
GK:16,石原 翼、25,島ア 智成
DF:15,三井 康平、23,東方 陸真、30,小山 拓哉
MF:36,塚田 士文、6,多田 一晴、18,柳園 良太、11,坂元 達裕
FW:27,西元 類

●試合レポート
2011年度クラブユース選手権関東大会準々決勝クマガヤSC戦はFC東京トップチーム、FC東京U-18が普段トレーニング等で使用する東京ガス武蔵野苑多目的グランドにて行われた。
本日も日差しの強い中のキックオフとなった。
勝てばベスト4に入る大事な一戦、開始早々からむさしがクマガヤSCにプレッシャーをかける。

3分高田がボールを奪い、佐藤へ佐藤からここ最近絶好調の田宮へボールが渡り突破を図る。
5分相手ロングフィードからピンチとなるが倉本がヘディングでクリア。
6分高橋がボールを積極的にボールを奪いに行き、イエローカードを受ける。
8分相手クロスボールを久しぶりに先発のGK羽が冷静にキャッチ11分田宮→佐々木→相原と繋ぎクロスを上げるが惜しくもは合わず。
12分高田から篠原へロングフィード、篠原も積極的にボールを受ける。
13分相手コーナーキックを田宮がクリア。
15分GK羽から山口へフィード、これをヘディングで流し、裏へ抜けた田宮へボールが渡るがクリアされる。
16分下平が抜け出し絶妙のクロス、相手も必死にクリアする。
17分佐々木のサイドチェンジを起点に篠原から下平へボールが渡る。下平の強烈なミドルシュートは惜しくも外れる。
18分田宮が素晴らしいドリブルで3人をかわし佐藤へスルーパス、佐藤がシュートを放つがボール1個分枠の外へ実に惜しいチャンス! 相手も攻撃を仕掛けるが倉本、高田が安定したカバーを見せる。
20分相手ミドルシュートをGK羽がナイスキャッチ。
21分佐藤→佐々木と渡り佐々木が突破、相手に倒されるがノーファールの判定。
22分下平が相手ドリブルをカットし前線へスルーパス。
流れはむさしペースであったが24分一瞬の隙を与えてしまい失点してしまう。
30分佐藤が倒されFKのチャンス、佐々木が山口に合わせるがゴールならず。時間が経つごとに暑さが増していく。
36分相手FKをGK羽がナイスセーブ。
39分田宮→山口→佐藤と渡り佐藤がシュート! 良いシュートであったが枠を捉えられずここで前半が終了。

両チームとも準々決勝に等しい熱戦を繰り広げている。
そして後半を迎える。むさしはメンバーチェンジ無し。
41分下平→篠原→高橋と繋ぎ再び下平へ下平から佐藤へボールが渡るがクリアされる。
43分下平から佐々木へ絶妙のクロス、相手のマークもきつく佐々木もなかなかシュートを打たせてもらえない。
46分篠原に代えて赤塚を投入。
47分ゴール前佐藤から田宮へパスが渡りGKと1対1にこれは相手GKにセーブされる。
むさしの良い流れが続く。そして待望の同点ゴールが生まれる! 右サイド赤塚から最高のクロスが上がり、これをストライカー山口がヘディングシュート! ボールはゴールネットに突き刺さる! これで試合は完全にむさしペースとなる。
51分右サイドから佐藤が突破! 3人を抜き去りシュート! ボールはサイドネットに吸い込まれ逆転! 佐藤の値千金のゴール!
53分高橋のサイドチェンジから赤塚の突破、今日の赤塚は実に集中して良いプレーを見せる。佐々木も積極的な飛び出しでチャンスメーク。相原も体を張って相手の突破を阻止する。
59分相原に代えて村上を投入。
60分田宮のスルーパスに佐々木が抜け出しキーパーをかわしてゴール! しかし判定はオフサイド! 実に惜しい!
61分相手も反撃に出る。相手クロスをGK羽がナイスパンチング。
62分田宮から村上へボールが渡り村上がクロスを上げチャンスメークする。
65分相手カウンターからクロスが上がりフリーでゴール前からシュート、これをGK羽がスーパーセーブ! GK羽がむさしのゴールをしっかり守る。
70分高橋が30mのミドルシュートを放つが相手キーパーがパンチングでセーブ。
72分高橋に代えてテクニシャン小泉を投入。小泉が入り、ボールを受け基点となり、むさしの攻撃にアクセントを付ける。高田、倉本、村上、下平のDF陣もリードを守るために体を張る。
76分右サイドを崩され、クロスを上げられる。相手FWがスルーして裏から飛び込まれゴールエリア内でシュートを打たれる! 絶体絶命のピンチをGK羽がまたまたスーパーセーブ! この日の羽は素晴らしいプレーを連発!
77分佐藤に代えて榎本を投入。榎本がチームのために懸命なプレーを見せる。最後までチーム全員が集中を切らさずにプレーする。むさしのチームワークは素晴らしい!
そしてここで試合終了。ベスト4進出!
来週の河口湖でも是非むさしらしいサッカーを見せてもらいたいものである!
U-15むさしを愛する皆様本日もご声援有難うございました!
準決勝もご声援宜しくお願い致します。 
次試合
準決勝
7月16日(土)13:00キックオフ
vs柏レイソルU-15
河口湖サッカー場
7/3(日) 埼玉スタジアム2002 第3グラウンド(キックオフ 13:45)
関東クラブユースサッカー選手権大会 兼 日本クラブユースサッカー選手権大会・関東予選 3回戦

[ 2 - 1 ] ヴァンフォーレ甲府U-15

FC東京得点者
5,田宮 碧人(17分)、12,山口 智司(72分)
※この結果により、見事全国大会への出場権を獲得いたしました
FC東京出場選手
GK 16,石原 翼
DF 8,下平 祥希、4,高田 誠也、3,倉本 秀人、33,相原 克哉
MF 5,田宮 碧人、7,高橋 宏季、19,篠原 力→27,西元 類(65分)、10,佐々木 渉
FW 32,佐藤 亮、12,山口 智司
寸評
[リザーブ]
GK:1,羽 直、25,島ア 智成
DF:15,三井 康平、30,小山 拓哉、2,村上 惇平
MF:6,多田 一晴、23,東方 陸真、14,小泉 佳穂、18,柳園 良太、36,塚田 士文、9,赤塚 豪也、11,坂元 達裕
FW:13,榎本 大輝

●試合レポート
2011年度関東クラブユースサッカー選手権大会兼日本クラブユースサッカー選手権大会関東予選3回戦ヴァンフォーレ甲府戦は埼玉スタジアム2002にて行われた。
勝てば全国大会出場が決まる大一番! むさし、ヴァンフォーレともにここまで熱戦を繰り広げてきたチームなので好ゲームが期待される!
そしていよいよキックオフの時間を迎える。選手たちだけでなくベンチ、むさしサポーターの方々のボルテージも最高潮!

開始からむさしが積極的にボールを奪いに行く、高田、倉本、下平、相原がボールを奪い佐々木、高橋、篠原がゲームを作る。
ここ数試合絶好調の田宮が積極的に突破を図る。山口、佐藤亮がゴールを狙いに行く。
序盤は一進一退の攻防が続くが5分佐々木がドリブルで持ち上がりチャンスを作るが相手DFがクリア。
6分田宮が1人かわしゴール前へ迫るがゴールならず。
逆にヴァンフォーレがボールを奪い、カウンターを図るが下平がボールを奪う。
8分最初のチャンス! 相手MFがバックパスをミスしたところを山口が狙いGKと1対1、ここは相手GKの攻守に阻まれる。
10分 自陣ゴール前でファールを与えてしまいフリーキックのピンチ、GK石原が指示を出し冷静に壁を作る、ボールはバーの上。
11分右サイド下平から佐藤亮へ正確なロングフィード佐藤亮も素晴らしいコントロールを見せるがシュートまでは行けず。
13分再び自陣ゴール前でフリーキックを与えてしまいピンチ、しかしボールはゴール右へ外れる。
14分篠原を起点に佐藤亮へ繋ぎ、右サイド下平へ絶妙のクロスが上がり、田宮が飛び込むがゴールならず。
17分待望の先制点が生まれる。山口から篠原へスルーパス篠原のクロスを佐藤亮がシュート! 相手GKが弾き、再びボールは佐藤亮の下へ佐藤亮が落ち着いて田宮へパス、これを田宮がシュート! ボールはバーと相手DFをかすめゴールの中へ吸い込まれる!
歓喜の田宮がむさしベンチへ! これを選手全員で祝福! むさしのチームワークの良さを感じさせる!
19分田宮の突破から佐々木へボールが渡る。これを佐々木がシュート惜しくもGKにセーブされる。
24分篠原が得意のミドルシュート! これは惜しくもバーに当たりゴールならず。
28分相手の攻撃、1人突破されるが相原の素晴らしいカバーでピンチを防ぐ。
37分GK石原のフィードから山口へ渡るが相手も必死に守る。
39分高橋から相原にスルーパス、相原の高速突破が光る。
ここで前半が終了。むさしが1点リードで折り返す。
後半はさらに熱い戦いになることが予想される。

後半開始、むさしはメンバー交代無し、前半と同様のメンバーでスタート。
開始1分ロングフィードから相手DFの裏を抜け山口が相手GKと1対1になるが相手GKが好セーブ。
逆に42分相手パスワークから同点に追いつかれてしまう。これで試合は振り出しに戻る。
45分相手に左サイドを突破されクロスを上げられるがGK石原が好セーブ、高田、倉本再びDFラインを整える為に指示を出す。
50分佐々木にイエローカード。
53分左サイドを突破されシュートを打たれるがGK石原がスーパーセーブ!
54分佐々木→田宮→相原と繋ぎクロス、これは惜しくも山口に合わず。
56分右サイドからのフリーキックのチャンス、下平が素晴らしいボールを上げ高橋が飛び込みヘッドこれはバーの上を越える。
61分コーナーキックのピンチ、高田がクリアする。再び下平のフリーキック! 山口に合わすが相手DFがクリア。
64分佐々木がDF2人をかわしペナルティーエリアへ侵入! 相手DFが後ろから倒しPKを獲得する。キッカーは佐々木! しかし相手GKにセーブされてしまう!
追加点が欲しいむさしは篠原に代え、西元を投入。
66分相原のクロスから山口がシュート、相手GKが弾いたところを西元が詰めるが惜しくも届かず。
しかし72分待望の追加点が生まれる! 高橋の突破から山口へボールが渡り山口が見事なループシュートを決める! チームが苦しいときに山口、高橋の2人が見事に仕事をしてくれた!
74分むさしの猛攻が続く、むさしがボールを支配するがヴァンフォーレも最後の力を振り絞ってボールを奪いに来る。
ロスタイムは2分、時間が過ぎるのが遅く感じる。
そしてここで試合終了の笛が鳴る!

チーム一丸となって全国大会行きの切符を勝ち取った! 選手たちがスタッフを胴上げ! キャプテン佐々木をはじめ、涙を流して喜ぶ選手たち、応援に駆け付けた2年生、1年生も3年生の雄姿に感動している!
保護者の皆様も暖かいサポート本当に有難う御座いました!
これからまだCY関東大会、全国大会と熱い夏が続きますがU-15むさしを愛する皆様これからもご声援宜しくお願い致します。
次試合
4回戦
7月10日(日)11:00キックオフ
vsクマガヤSC
東京ガス武蔵野苑多目的グランド
7/2(土) 群馬県立敷島公園サッカー・ラグビー場(キックオフ 13:00)
関東クラブユースサッカー選手権大会 兼 日本クラブユースサッカー選手権大会・関東予選 2回戦

[ 1 - 0 ] 図南SC群馬

FC東京得点者
7,高橋 宏季(34分)
FC東京出場選手
GK 16,石原 翼
DF 8,下平 祥希、4,高田 誠也、3,倉本 秀人、33,相原 克哉
MF 7,高橋 宏季、10,佐々木 渉→14,小泉 佳穂(75分)、19,篠原 力→9,赤塚 豪也(56分)、5,田宮 碧人
FW 32,佐藤 亮→13,榎本 大輝(60分)、12,山口 智司
寸評
[リザーブ]
GK:1,羽 直、25,島ア 智成
DF:15,三井 康平、30,小山 拓哉、23,東方 陸真、2,村上 惇平
MF:6,多田 一晴、18,柳園 良太、36,塚田 士文
FW:27,西元 類、11,坂元 達裕

●試合レポート
2011年度 第17回関東クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 兼 第26回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会2回戦。
相手は関東リーグ2部所属の図南SC群馬。群馬県前橋市にある敷島公園サッカー場で行われた。
キックオフの頃には日差しも強くなり、今試合も猛暑の中13時に行われた。

序盤からお互い強いプレスで自由にプレーをさせない。
2分、左サイドでもらったFKを佐々木が中にクロスを上げるが、図南DFにはじかれる。
展開は、むさしがボールをまわしながらチャンスを伺い、図南SCは守ってカウンターを仕掛けるという流れになっていく。
むさしは今試合中盤に入った高橋、佐々木中心にボールをまわし、右サイドバックに入った下平が攻撃の起点となり、FWの山口、佐藤を走らせる。
6分にも下平のクロスに佐藤が飛び込むが、惜しくもGKにパンチングではじかれる。
8分、高橋→佐々木→田宮とつながりミドルシュート。こぼれをもう一度佐々木が反応しゴールまで迫るがあと一歩のところでゴールを奪えない。
今試合左サイドバックに入った相原が、田宮とのコンビネーションで左サイドを突破を何度も繰り返す。
また、CBの倉本、高田がボールをよく動かし、相手のすきをみつけるが、相手も強固なディフェンスでなかなかシュートまでいくことが出来ない。
20分、ゴールまで30mのFKを下平が直接狙うが、これは大きく枠を外れる。
23分、スローインから篠原がキープをして、山口に絶妙なスルーパスを出し、それを山口がシュートを打つが、惜しくもDFにカットされる。
24分、下平のクロスに佐藤、田宮が飛び込むが、これも惜しくも入らない。
防戦一方だった図南も少しずつドリブルでチャンスを作り出して、むさしゴールにせまっていく。
すると25分、後ろから上がってきた図南DFがスローインからドリブル突破をして中のFWへラストパス。最後はGK石原と1対1になるが、これを石原が素晴らしいセービングでボールを奪いピンチを逃れる。
この時間帯は、図南選手が積極的に攻め上がってきて、むさし陣地での守備が続く。
28分にも相手のMFのドリブルを許し2人がかわされたが、間一髪で相原がカバーに入り、ゴールをわらせない。
その後も再三のピンチも石原中心としたDF陣が良く踏ん張って、相手にシュートを打たせない。
すると34分、ついにむさしの得点が生まれる。高田のロングフィードを裏に走り込んだ高橋が、DFとGKをかわし角度のないところから左足でシュートを決め待望の先制点を上げる。その後は、リズムを取り戻したむさしが、攻め続けて37分に左サイドで相原からボールを受けた佐藤が相手を3人かわして、中央の佐々木へラストパス。これを佐々木がダイレクトでシュートを打つが枠を大きく外れる。
そしてむさしペースで前半を終了。

後半に入っても落ち着いてボールをまわす展開が続く。46分に下平のクロスを田宮が折り返し、山口→佐々木とつながりシュート。ゴールネットを揺らしたが、これは惜しくもオフサイドの判定。
その後も佐藤、山口の両FWが再三裏に抜け出すが、なかなか図南DFの壁を破れない。図南もこれ以上失点をしないように体を張ったディフェンスをする。
50分、右サイドからのFKを篠原が絶妙のキックで中に入れ、山口がヘディングシュートを放つ。惜しくも外れるが、リスタートからチャンスが生まれ始める。
52分、佐藤が中央からミドルシュートを放つが、これは惜しくもGK正面。
53分、相手の連続CKが続きピンチを迎えるが、高橋のダイビングヘッドクリアやDF陣の踏ん張りで、相手にシュートを打たせない。
56分、篠原に代わり赤塚が入る。
すると赤塚が積極的にドリブルをしかけ、むさしのリズムをつくっていく。
60分、佐藤に代えて榎本を投入。
その後もむさしらしいポゼッションが続き、攻撃のリズムも良くなっていく。
図南も退場者が出てしまい10人になったが、攻撃の手を緩めることなく果敢にむさしゴールを脅かす。
63分、右サイドをクロスオーバーしてきた佐々木がクロスを上げ、山口が飛び込むがこれは惜しくも合わない。
続いて65分、中央の赤塚からパスを受けた榎本がシュートを放つが相手DFに阻まれる。
68分、中央でパスを受けた榎本がそのまま持ち込んでミドルシュートを放つが枠に入らない。
その後も相手中央の空いたスペースを突いて、大きなチャンスを作り出すが、ゴールがなかなか奪えない。
70分、ショートCKから佐々木が左サイドを3人かわして山口にクロスを上げるが、惜しくもゴールは外れる。
72分、73分と相手のパスワークに揺さぶられる場面もあったが、4人のDF陣が落ち着いて対処し、最後は石原がキャッチをしてゴールをわらせない。
75分、佐々木に代わり小泉が入る。
小泉が積極的に2点目を奪おうと前に出ていき、勢いをつける。
78分、前線で相手ボールをカットした山口が赤塚にパス。それを赤塚→小泉→田宮→小泉とつなぎ、最後はもう一度山口にパスを送りゴールを決めたかと思ったが、これも惜しくもオフサイド。
ロスタイムに右サイドから相手FKのピンチ。ファーに上がったボールをぎりぎりで石原がボールに触り相手の攻撃を断ち切る。そして終了のホイッスルがなり、そのまま1対0で終了。
もう少し決定力があれば、点数が取れた内容であったので課題は残ったが、次のステージに進めたことは非常に良かったと思う。
全国大会まであと一つ。この試合を何としてでも勝って、目標の全国への切符をつかみたいと思う。
ご声援の程宜しくお願い致します。
次試合
[3回戦]
7月3日(日)13:00キックオフ
vsヴァンフォーレ甲府U-15
会場:埼玉スタジアム2002 第3グラウンド
※3回戦で勝利の場合は全国大会出場権獲得。敗退の場合は第9代表決定戦に回ります。
6/25(土) 山梨県昭和町押原公園サッカー場(キックオフ 11:00)
関東クラブユースサッカー選手権大会 兼 日本クラブユースサッカー選手権大会・関東予選 1回戦

[ 5 - 1 ] フォルトゥナSC

FC東京得点者
10,佐々木 渉(10分)、19,篠原 力(23分・35分)、33,相原 克哉(28分)、3,倉本 秀人(31分)
FC東京出場選手
GK 16,石原 翼
DF 33,相原 克哉→9,赤塚 豪也(50分)、7,高橋 宏季、4,高田 誠也、3,倉本 秀人
MF 8,下平 祥希、10,佐々木 渉、19,篠原 力→14,小泉 佳穂(47分)、5,田宮 碧人→2,村上 惇平(57分)
FW 11,坂元 達裕→13,榎本 大輝(53分)、12,山口 智司→18,柳園 良太(78分)
寸評
[リザーブ]
GK:1,羽 直、25,島ア 智成
DF:15,三井 康平、30,小山 拓哉、23,東方 陸真
MF:6,多田 一晴、36,塚田 士文
FW:27,西元 類、32,佐藤 亮

●試合レポート
2011年度 第17回関東クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 兼 第26回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会1回戦。
相手は関東リーグ2部所属のフォルトゥナSC。
山梨県にある昭和町押原公園サッカー場で行われた。日差しが強く湿度も高く、気温も34度と猛暑の中、11時00分キックオフで行われた。

キックオフ直後は、緊張と久々の天然芝に苦労し、なかなかペースをつかめない。体も暑さのせいか、思うような動きが出来ず、そのすきを突かれ6分に左サイドを崩され失点をしてしまう。
その後も相手チームのボールキープに苦しめられ、なかなかリズムをつかむことが出来ない。
8分、相手のミスから得たCKのこぼれを佐々木がシュート。これは惜しくも相手DFに阻まれるが、むさしも積極的なプレーが増えていった。
10分、ゴール前で佐々木が倒されFKをもらう。これを佐々木自らが、素晴らしいシュートで直接ゴールへ決め同点とする。
この点で勢い乗ったむさしは、12分にこの日左サイドハーフに入った田宮が突破し、ゴール前の坂元にパス。坂元が反転でシュートしたが惜しくもゴールならず。
その後も、右サイドの篠原、相原が突破を試みチャンスを作りむさしに流れが傾く。この頃には、GKの石原、CBの高橋、高田も落ち着いてディフェンスが出来るようになり、またむさしの特徴のポゼッションの精度も良くなり、選手達も積極的な攻撃が出来るようなった。
15分、右サイドの篠原から佐々木、そして下平につなぎミドルシュート。これは惜しくもGK正面。
18分、山口が右サイドでキープをして、後ろの佐々木へ。佐々木がワンタッチで中の田宮へクロス。このクロスは合わなかったが、非常に良い流れからの攻撃であった。
むさしペースで進んだ22分、左サイドの倉本→坂元→田宮とつながり突破。田宮のクロスを篠原が目の覚めるボレーシュートを決め2点目を奪う。久々のスタメンで気合の入っていた篠原の熱いゴールに、むさしの選手達のテンションも上がり、みんなで篠原を祝福。
こうなると、むさしの勢いは止まらない。25分高田のミドルパスを左サイドで受けた田宮が突破。一度はDFに阻まれるが、そのこぼれを高橋がミドルシュート。これは惜しくもGKのファインセーブにあう。
その後のCKで高橋がヘディングシュート。バーに当たったこぼれをの相原が押し込み3点目を奪う。
29分、中央で佐々木がドリブルで持ち込み、左サイドをオーバーラップした倉本へ。そして角度のないところから左足でループシュートを放ち見事にゴールネットに吸い込まれ4点目。
その後も下平が攻守にわたりバランスを取り、FWの坂元、山口が相手の高いディフェンスラインの裏を突きチャンスを作る。
32分に佐々木のスルーパスに抜け出した坂元がGKと1対1になる。GKをかわしたと思った瞬間コントロールがうまくいかずGKにキャッチされる。
34分、カウンターから山口が左サイドを独走。そして、そのクロスに対して坂元が見事なオーバーヘッド。惜しくもゴールは外れたが、非常に素晴らしいチャレンジであった。
35分、スローインをもらった篠原が、相手2人をかわしてミドルーシュート。弾道が素晴らしく、ゴール右上に決まり5点目。
その後は、ボールを大事につなぎながらむさしペースで前半終了。

後半に入っても、ショートとロングのパスをうまく織り交ぜながら、徐々に相手陣地を攻め込んでいく。
後半は、猛暑の中での効率的なボールの運び方がうまく出来て、落ち着いたゲーム運びになってきた。
45分、左サイドの倉本がクロスをファーに上げ、そこにいた坂元が後ろにいた篠原に落とし、そのままダイレクトシュート。これは惜しくもGK正面に。
47分、篠原に代わり小泉が入る。
代わって入った小泉が運動量で相手をかき回し、むさしのリズムをつくりなおす。
50分、相原に代わり赤塚を投入。左サイドに入った赤塚が、疲れのみえはじめた相手を得意のドリブルで切り裂いていく。
52分右サイドからの相手FKは、中で相手にヘディングシュートを打たれたが、これはしっかり山口が寄せていたのでゴールを大きく外れる。
53分に相手のこぼれを拾った山口がミドルシュート。これはバーにはじかれるが、こぼれを小泉が拾い右サイドの下平へ。そのままきれ込んでシュートを放ったが惜しくも外れる。
同じく53分、坂元に代わり榎本が入る。
56分、相手の裏の飛び出しを石原が判断良く前に出てクリアーする。
57分、田宮に代わり村上が入る。村上も得意のドリブルから、左サイドをドリブルで突破をし、むさしを活性化させていく。
60分、むさしCKのこぼれを赤塚が榎本に落とし、それをループシュート。惜しくも外れるが冷静な面白いアイデアが出てきた。
その後も赤塚、村上の左サイド。下平、佐々木の右サイドを起点に攻めていく。
守っても、CBの高田、倉本、GK石原が落ち着いた守りをみせ相手にチャンスを作らせない。
その後は、両チーム運動量も落ち、お互いチャンスをつくれない時間帯が続く。
68分、赤塚→小泉→右サイドの佐々木とわたり決定的な場面を作り出したが、これは相手DFに阻まれる。
続く69分、左サイドの赤塚のクロスを榎本がダイビングヘッドで合わせるが、これは惜しくもGKの正面へ。その後も積極的にゴールを目指すが、さすがにこの猛暑の中では足が止まり、チャンスもつくり出せなくなってくる。
76分、小泉のスルーパスに抜け出した榎本がGKと1対1になるが、これはGKに阻まれる。
78分、山口に代わり柳園を投入。
最後にもうひと踏ん張りと、FW柳園、榎本が前線からプレスをかけむさしに勢いを取り戻させる。
最後にもう1点と積極的に攻めてはいたが、結局得点を奪うことが出来ずにこのまま試合終了。

後半に多くのチャンスをつくったが得点が奪えず課題を残したが、全国大会への道に一歩近づいたことは非常に良かった。
この試合に出場できなかった選手達も、次回の試合に向け良い調整をしチャンスをつかんでほしいと思う。
次週の対戦相手は、図南SC群馬。関東2部リーグ所属の強豪なので、こちらも良い準備をして、おもいきって試合にのぞみたいと思う。
次回の試合もご声援宜しくお願い致します。
次試合
[2回戦]
7月2日(土)13:00キックオフ
vs図南SC群馬
会場:群馬県立敷島公園サッカー・ラグビー場
6/12(日) 三菱養和調布グラウンド(キックオフ 17:00)
第4回東京都ユースリーグU-15サッカーリーグ第4節

[ 2 - 1 ] 三菱養和SC調布

FC東京得点者
12,山口 智司(1分)、3,倉本 秀人(29分)
FC東京出場選手
GK 16,石原 翼→1,羽 直(69分)
DF 2,村上 惇平→19,篠原 力(42分)、4,高田 誠也→32,佐藤 亮(65分)、33,相原 克哉→18,柳園 良太(68分)、3,倉本 秀人
MF 5,田宮 碧人→15,三井 康平(68分)、7,高橋 宏季、14,小泉 佳穂→6,多田 一晴(65分)、8,下平 祥希、9,赤塚 豪也→11,坂元 達裕(42分)
FW 12,山口 智司→13,榎本 大輝(68分)
寸評
[リザーブ]
GK:-
DF:-
MF:-
FW:-

●試合レポート
2011年度 第4回東京都ユースサッカーリーグU-15全都リーグvs養和調布戦は多摩川沿いの三菱養和調布グランドにて行われた。

この日はキャプテン佐々木が欠場であったが開始早々からむさしが早いプレスを仕掛け試合の主導権を奪いに行く。
1分高田のロングフィードから相手DFが交錯してこぼれたボールを拾った山口がGKと1対1になりこれを落ち着いて決めて先制点を奪う!
5分DF村上のフィードから小泉、赤塚と繋ぎ絶妙のクロスを上げる。
倉本、高田も安定したバランスでMFにパスを供給する。
この日先発だった相原も積極的に攻撃参加する。
10分村上、高橋、下平と繋ぎ山口へスルーパスを送る、これは惜しくも得点ならず。右サイドMF田宮もキレのあるドリブル突破で相手DFを翻弄する。
19分下平のロングフィードから山口へボールが渡りチャンスを作る。
24分下平の中央突破からそのまま下平がロングシュート! 素晴らしい弾道の強烈なシュートは相手GKが好セーブしポストに当たる! これを山口がつめてフリーでシュート! 決定的場面であったが得点にならず。
27分小泉から山口へ渡り、山口が素晴らしいスルーパスをゴール左の高橋へ送り、高橋がシュート! これは惜しくもGK正面。
むさしの猛攻が続く、30分相手ゴール前混戦から倉本が抜け出し待望の追加点を挙げる。
前半は終始むさしペースの試合展開であった。

後半に入り早々の36分むさしゴール前でDFが相手FWを倒してしまいPKを与えてしまう。
GK石原は過去何度もPKを止めているだけあって皆の期待がかかる。しかしここは相手キッカーが落ち着いて決め2−1となる。
39分左サイドからの相手フリーキック、これはGK石原の的確なコーチングでピンチを防ぐ
後半は逆に養和ペースで試合が進む。
41分右サイドを崩されクロスを上げられるが高田、相原の素晴らしい対応でピンチを切り抜ける。
流れを変える為42分に篠原、坂元とキープ力のある2人を投入する。
坂元が抜群のキープ力でリズムを作る。篠原が右サイドで時間を作りサイド攻撃の起点となる。
45分篠原、田宮、小泉とチャンスメーク、徐々にむさしのペースを取り戻していく。
50分高橋、坂元と繋ぎサイドチェンジ、下平からゴール前山口へフィード、むさしらしい展開が続く。
養和も1点を奪う為に必死で攻撃を仕掛けてくるがGK石原を中心に攻撃をシャットアウト!
55分篠原から絶妙のクロスが上がるが惜しくも合わず!
60分コーナーキックのチャンス、山口、高田がゴール前に飛び込むが得点ならず。
63分相手FWのミドルシュートをGK石原が好セーブ。
64分下平から山口へスルーパス! これを山口がループシュート! 惜しくもゴールマウスを外れる!
65分佐藤、多田を投入。入って早々、佐藤が持ち味のドリブル突破をみせる。多田もセンス抜群のボールタッチでリズムを作る。
68分榎本、柳園、三井を投入。
69分GK羽を投入。
終了間際ゴール前でピンチを迎えるが三井、柳園、倉本が体を張ってピンチを防ぐ、GK羽が最後までしっかり指示を出してDFをコントロールする。奪ったボールを榎本が味方へ繋ぐ。
チーム一丸で1点差を守り抜きここで試合終了!
後半は多少ピンチとなる場面もあったが抜群のチームワークで切り抜けゴールを割らせなかった。
CY関東大会もむさしらしいサッカーを展開して全国大会出場を目指して頑張ってもらいたい! U-15むさしを愛する皆様本日も温かいご声援有難う御座いました!
次試合
第5節
vs国学院久我山中
※日時・会場未定。決まり次第お知らせいたします。
5/29(日) ※会場は見学ができないため、記載いたしません。(キックオフ 14:00)
第26回 日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 東京都予選 決勝戦

[ 3 - 1 ] クリアージュ

FC東京得点者
12,山口 智司(43分・61分・71分)
FC東京出場選手
GK 16,石原 翼→1,羽 直(80分)
DF 5,田宮 碧人→6,多田 一晴(77分)、3,倉本 秀人、4,高田 誠也、2,村上 惇平→15,三井 康平(74分)
MF 7,高橋 宏季→18,柳園 良太(80分)、10佐々木 渉、9,赤塚 豪也→33,相原 克哉(67分)、8,下平 祥希
FW 14,小泉 佳穂→32,佐藤 亮(HT)、12,山口 智司→11,坂元 達裕(90分)
寸評
[リザーブ]
GK:-
DF:-
MF:-
FW:13,榎本 大輝

●試合レポート
2011年度 第26回 日本クラブユースサッカー選手権U-15大会 東京都予選 決勝。関東大会への出場権をかけて戦う相手はクリアージュ。
どしゃ降りの雨で、ピッチには所々水たまりができている悪条件の中、14時00分キックオフで試合が行われた。

序盤は、お互いにピッチコンディションを考慮し、ロングボールをけり合う展開に。
1分:相手DFラインからのロングボールの処理を誤り、試合開始早々にCKのピンチを迎える。しかしこれは、GK石原が落ち着いた対応を見せクリア。

むさしはピッチコンディションの悪さを考慮し、山口の高さを活かした攻撃で流れをつかもうとする。
7分:小泉が相手に倒されFKを獲得。少し距離はあったが下平が積極的にシュートを打つと相手GKが弾きCKを獲得。そのCKのこぼれ球を下平が拾いミドルシュートを狙うもキーパーに阻まれる。

10分:中盤でボールを受けた佐々木が前線で走り出した小泉に絶妙のスルーパスを送る!ループ気味のボールを小泉がうまくトラップしシュートまで持ち込むが、惜しくも枠を外れる。

試合開始からお互いにロングボールをけり合い、DFラインのミスをついてチャンスを作っていた両チーム。しかし、徐々にセカンドボールを拾い出したむさしは、マイボールの時間を徐々に多くし流れを引き寄せる。
雨のピッチにも馴れてきたのか、中でも高橋・佐々木のダブルボランチが落ち着いてボールをさばきだす。

20分:佐々木からの縦パスを受けた山口が倒されFKを獲得。絶好の位置でのFKを下平が得意の右足で狙うも、相手GKがファインセーブ。

その後も徹底して相手DF裏のスペースにボールを蹴り込むむさし。水たまりでボールが止まるため、一本のパスで一気にチャンスにつながる展開。山口・小泉の2トップがオフサイドラインとの駆け引きを繰り返す。
しかし、それは相手にとっても同じ。うまくマークを外され、タイミング良くロングボールを放り込まれ何度か危ない場面もみられたが、フィニッシュの精度とGk石原のディフェンスで得点は許さない。

両チームともDF陣が我慢を続け、スコアは動かないまま前半が終了。


ハーフタイムで、小泉に代えて佐藤 亮を投入し後半へ臨む。
後半開始早々に試合が動く。

41分:相手に遠い位置からのFKをゴール前へ放り込まれ、こぼれたボールを豪快に蹴り込まれ先制点を許してしまう。

43分:相手のクリアボールを拾った高田から、一気に山口へスルーパス。タイミング良く走りだしディフェンスラインを抜け出した山口は、相手GKの飛び出しを確認しながら冷静にゴールへ流し込み同点!

その後互いに一歩も譲らずゲームは進む。

47分:中盤でボールをキープした下平からフリーの高橋へボールが渡る。ここから高橋が絶妙のループパスを前線の山口に通す。そのまま持ち込みシュートを放つが枠へは飛ばず。

48分:左サイドでボールを受けた赤塚が相手を1人交わし、中央へドリブルで切り込む。そのまま強烈なミドルシュートを見せるも、わずかにバーの上へそれる。

自分たちのペースで試合を進めていたむさしだが、時折見せる相手の鋭いカウンターでピンチを招く。賢明なディフェンスで突破は許さないものの、相手を倒しFkを与えるシーンが増えていく。
52分:相手FKからゴール前にボールを送られ、こぼれ球をつめられるも枠へは飛ばず事なきを得る。

59分:右サイドのスローインを受けた田宮が中央へドリブル。鋭いターンから相手DFを交わしそのままシュート!わずかに右にそれ惜しくも追加点とはならない。

61分:左サイドからのサイドチェンジを受けた田宮がゴール前へアーリークロスを送る。そこへタイミング良く走り込んだ山口が相手GKの前で競り合い、ヘディングシュート!これがきれいにゴールへ吸い込まれついに逆転成功!

67分:赤塚に代えて相原を投入。

71分:前線でボールを受けた山口が相手DFを振り切り強引にシュート!これが相手GKの腕を弾きゴール!追加点を決め更に勢いを増すむさし。

前線へのロングボールだけではなく、個人でのドリブル突破などもみられるようになる。

34分:村上に代え三井を投入。
37分:田宮に代わって多田がピッチへ。
40分:山口・下平・高橋・石原に代わって柳園・篠原・坂元・高羽を投入。

その後、上手く時間を使いながら試合終了の笛を迎えた。

先制を許す苦しい試合ではあったが見事逆転。無事、関東大会への出場権を獲得した。
ピッチコンディションも含め、非常に良い経験となった。
本日もご声援ありがとうございました。
次試合
この結果、第26回 日本クラブユースサッカー選手権(U−15)大会 関東大会への出場権を獲得いたしました。
5/22(日) ※会場は見学ができないため、記載いたしません。(キックオフ 14:00)
第26回 日本クラブユースサッカー選手権(U−15)大会 東京都予選 2回戦

[ 17 - 0 ] すみだSC

FC東京得点者
10佐々木 渉(14分・32分・64分)、8,下平 祥希(22分・26分・51分)、2,村上 惇平(24分)、11,坂元 達裕(35分)、14,小泉 佳穂(38分)、3,倉本 秀人(39分)、12,山口 智司(42分・43分・50分・58分・73分・76分)、32,佐藤 亮(65分)
FC東京出場選手
GK 16,石原 翼→1,羽 直(53分)
DF 5,田宮 碧人、3,倉本 秀人→33,相原 克哉(53分)、4,高田 誠也、2,村上 惇平→15,三井 康平(41分)
MF 7,高橋 宏季→32,佐藤 亮(53分)、10佐々木 渉、9,赤塚 豪也→18,柳園 良太(41分)、11,坂元 達裕
FW 14,小泉 佳穂→12,山口 智司(41分)、8,下平 祥希
寸評
[リザーブ]
GK:-
DF:-
MF:-
FW:13,榎本 大輝

●試合レポート
2011年度 第26回 日本クラブユースサッカー選手権U−15大会東京都予選の準決勝。相手はすみだSC。
小雨が降る中、14時00分キックオフで行われた。

この日のむさしは、序盤から選手達の動きが良く、ボールと人が動くむさしらしいサッカーが出来ていた。
開始2分、左サイドを突破した村上がクロスを上げ、中にいた下平が飛び込みシュートを放つが、惜しくも枠を外れる。
この日ボランチに入った佐々木と高橋が主導になりむさしの攻撃を組み立てる。
6分、倉本のロングパスに抜け出した田宮がGKと1対1になり決定的な場面になるが、このシュートも枠を外れる。
10分、佐々木のスルーパスに反応した小泉が抜け出しチャンスと思われたが、これは惜しくもオフサイドの判定。
続く11分、右サイドを抜け出した下平が中にクロスを入れ、フリーの佐々木がシュート。これもバーを大きく超えてゴールに入らない。
展開としてなかなか点が入らず焦りが出てきそうな雰囲気ではあったが、今日のむさしは冷静にプレーしチャンスをつくり出していた。
すると14分、待望の先制点が生まれる。下平が右サイドを駆け上がった田宮にパス。田宮がそのまま相手DF1人をかわして中へ折り返し、後ろから走り込んできた佐々木がダイレクトシュートを放つ。今度は、抑えたシュートを打ちゴール右隅に決め先制する。
するとここからむさしの怒涛の得点ラッシュが始まる。
相手陣地から、FWの下平、小泉がプレスをかけ、左サイドの赤塚、右サイドの坂元がボールを拾いそのままゴールへ向かい、すみだゴールを脅かす。
守っても石原、高田、倉本を中心に危ない場面をほとんどつくらせない良い守備が出来ていた。
22分、右サイドを突破した小泉が相手2人を抜き去りシュート。ボールはポストにはじかれるが、それにつめていた下平がシュートを決め2点目。
24分には、スローインからのボールをもらった村上がそのままゴールへ向かいシュート。一度はGKにはじかれるが、そのボールをもう一回押し込んでゴールを決める。
25分、赤塚が蹴ったCKに高橋が飛びこんでヘディングシュートを放つが惜しくも外れる。
26分、相手GKの蹴ったボールを佐々木がヘディングで前に、そのボールを小泉がコントロールし素早く下平にスルーパス。それを下平が冷静に右足で決め4点目を奪う。
その後も遅攻、速攻のバランスが良く、ほとんどむさしがボールを支配する展開になった。
32分、小泉が前線のプレスで相手からボールを奪い、こぼれたボールに佐々木が反応。ドリブルで持ち込み左足を振りぬいてゴールを奪う。
その後も左サイドの赤塚、右サイドの坂元を起点に攻め続ける。
35分、下平の縦パスを受けた佐々木が抜け出した坂元にスルーパス。それを坂元が落ち着いてゴール右隅に決め6点目を奪う。
38分、坂元が右サイドを突破し、高橋へパス。高橋が前で待っていた小泉にパスを送りそのままゴールへ向かい冷静に右足でゴールを決める。
続く39分、赤塚のCKを倉本が落ち着いてトラップし左足を振りぬきゴールを決め8点目を奪い、そのまま前半終了。

後半から、村上に代わり三井、坂元に代わり多田、赤塚に代わり柳園、小泉に代わり山口を投入。すると交代した選手も前半に負けじとゴールラッシュをみせる。
42分、左サイドの柳園がキープをし、オーバーラップをしてきた三井にパスを送る。三井が1人をかわし中央の佐々木へパス。そして前にいた山口にパスを送り、1人かわして山口が冷静にシュートを放ち、ゴールを決める。
続く43分、中央の佐々木が前線の下平へ。下平はそのまま振り向きざまに山口にスルーパス。それを山口がゴール左隅に決め10点目。
45分、右サイドの多田が起点となり、そこからクロスを上げファーサイドにいた柳園がフリーでシュート。しかしゴールポストに嫌われ惜しくもチャンスを逃す。
その後もボランチの二人がゲームを組み立て、右の多田、左の柳園を起点に攻め続ける。守備も、高田がディフェンスラインをしっかり統率し相手を自陣コートに入れさせない素晴らしい守備が出来ていた。
50分、ルーズボールを拾った高橋が右サイドの多田にパス。それを多田が左足でシュート。一度はGKにはじかれるが、それを山口がつめてゴールを奪う。
51分には、右サイドを抜け出した山口が速いクロスを上げ、中につめていた下平が飛び込みゴールを奪う。
53分に、石原に代わって高羽、高橋に代わり佐藤、倉本に代わり相原が入る。
54分に相手FKを高羽が落ち着いてキャッチ。
55分に柳園からパスを受けた佐藤が左サイドで相手を2人かわし中央山口へパス。そのボールを後ろから走り込んできた佐々木へ落としダイレクトでシュート。
GKに一度は防がれるが、こぼれ球を田宮がつめてシュートを放つがこれは惜しくもゴール左に外れる。
その後も交代で入った相原、佐藤も積極的に攻撃に参加し、むさしの勢いをつける。
58分、相手のパスをカットした佐々木がワンタッチで前線の山口へパス。それをうまくターンしそのまま思いきって右足を振りぬきゴールを決める。
60分には多田のスルーパスに抜け出した佐藤がシュートを放ちゴールを決めるがこれは惜しくもオフサイドの判定。
61分、左サイドをドリブルできれこんできた三井が中央の田宮へパス。そして前線の佐藤にスルーパスをし、抜け出した佐藤がシュートを放つが。これも惜しくもゴール左側に外れる。
64分、相手のパスをカットした多田がそのまま持ち込み中央の山口へパス。そして後ろから走り込んできた佐々木へ山口がスルーパス。これを佐々木が冷静に決め14点目を奪う。
続く65分、左サイドから柳園がクロスを上げ、それをファーサイドにいた山口が折り返し中にいた高田が落として、最後は佐藤が冷静に押し込みゴールを奪う。
68分、左サイドの柳園が中にいたフリーの山口へ素晴らしいパスを送る。GKとの1対1になり山口がねらいすましてシュートを放つが、これはGKのナイスセーブにあい、得点を重ねることが出来ない。
その後は、雨も強くなり厳しい状況の中ではあったが、高羽を中心とし後ろの選手が、大きな声でむさしの選手を鼓舞し続ける。
73分、相手GKからのパスをカットした山口がそのまま無人のゴールにシュートを打ち16点目。
76分、佐藤がドリブルで中央に持ち込み、後ろから来た多田とスイッチパス。それを多田がいひょうをついてダイレクトシュート。一度はGKにはじかれるが山口がつめて17点目を奪う。
その後も終始むさしペースで進み試合終了。

今試合は、終始集中力が切れることない非常にむさしらしいサッカーが出来た内容であった。
次は、今大会の関東大会出場を決める大事な決定戦。
今週もトレーニングで良い準備をして、次の試合に向けて頑張っていきたいと思う。次回の試合もご声援宜しくお願い致します。
次試合
[決勝戦]
5月29日(日)14:00キックオフ
vsクリアージュ
※会場は見学ができないため、記載いたしません。
5/15(日) ※会場は見学ができないため、記載いたしません。(キックオフ 14:00)
第26回 日本クラブユースサッカー選手権(U−15)大会 東京都予選 1回戦

[ 3 - 1 ] 杉並アヤックス

FC東京得点者
5,田宮 碧人(32分)、14,小泉 佳穂(36分)、12,山口 智司(66分)
FC東京出場選手
GK 16,石原 翼→1,羽 直(69分)
DF 5,田宮 碧人→6,多田 一晴(71分)、3,倉本 秀人→19,篠原 力(69分)、4,高田 誠也、2,村上 惇平→15,三井 康平(69分)
MF 7,高橋 宏季、8,下平 祥希→18,柳園 良太(71分)、9,赤塚 豪也→11,坂元 達裕(36分)、10佐々木 渉
FW 14,小泉 佳穂→33,相原 克哉(65分)、12,山口 智司→32,佐藤 亮(71分)
寸評
[リザーブ]
GK:-
DF:-
MF:-
FW:13,榎本 大輝

●試合レポート
2011年度 第26回 日本クラブユースサッカー選手権U-15大会東京都予選の初戦。
相手は杉並アヤックス。快晴の中14時00分キックオフで行われた。

開始早々の2分、相手クリアボールをダイレクトで小泉がシュートを放つが相手DFにブロックされる。
その後は、ボールをキープしながら、相手の隙を突く攻撃を試みた。
しかし緊張のせいからか、単純なミスが続き、相手のプレスでボールを失う事が多く、なかなか自分達リズムに乗れない。
相手も非常に高い集中力でゴール前の守備を固めているため、シュートも打てない状況が続く。
14分、赤塚が中盤から高橋につなぎ佐々木、村上と左サイドを突破し、もう一度佐々木へ。佐々木がクロスを上げ下平がヘディングシュート。しかしゴールの枠をとらえることが出来ない。
その後も山口を起点に赤塚、田宮の右サイドの突破を試みるが、なかなかゴール前まで行くことが出来ない。
18分、佐々木が左サイドから中に切れ込みシュートを放つが、これはGKの正面。
その後も高田、倉本の両センターバックからのポゼッションをチャレンジするが、いつものむさしらしくボールを動かすサッカーが出来ない時間帯が続く。
28分、中盤でキープしていた下平が右サイドの田宮へ。田宮が中でもらいに来た赤塚に出し、そのまま前を向いてゴールへ行く。
その後、小泉とのワンツーで抜け出しシュート。ボールは惜しくもポストに当たりゴールならず。
32分、赤塚からのパスを右サイドを駆け上がった田宮がもらい、ドリブルで2人を抜きシュートを放つ。低い弾道がゴール右隅に決まり、待望の先制点を上げる。
その後は落ち着き取り戻したか、少しずつボールが動き始め、むさしの流れになっていった。
すると36分。左サイドでボールを奪った赤塚が村上とワンツーでゴール前に進む。そして右サイドで準備をしていた山口にパス。それを山口が強烈なシュートをはなつ。
一度はGKに防がれたが、そのこぼれ球に小泉がつめてゴールに押し込み2点目を奪う。
その直後、赤塚が負傷で坂元に交代。その後は、むさしペースで試合は進み、高橋、下平の両ボランチが、攻守にわたり試合をコントロールする。守備もGK石原を中心に安定した守りが出来るようになってきた。
38分、高橋から左サイドでパスを受けた村上が、質の高いクロスを上げるが、惜しくも中の選手に合わない。
前半終了間際の39分。むさしディフェンス陣の一瞬のすきを突いた相手FWが裏に抜け出し、GKと1対1になりシュートを放つが、ボールはぎりぎり右に外れたが、かなり危ない場面であった。
そのまま前半終了。

後半も坂元、山口が攻撃の起点となり、佐々木、小泉がボールに絡みむさしらしいサッカーが続く。
43分に坂元のボールキープから佐々木が右サイドをクロスオーバーでもらい、はやいクロスを入れる。中にいた山口、村上には惜しくも合わなかったが、いい形が作れてきた。
45分、小泉のパスをもらった坂元がフェイントで相手を抜き去りシュートを放つ。これも右ポストをかすめるが、惜しくも入らない。
むさしペースで進んでいた50分。相手CKのボールを出て行った石原が、素晴らしいパンチングでクリアにして、その後の相手クロスも落ち着いてキャッチする。
そしてボールを投げるか蹴るかと判断が遅れた時、審判が笛を吹き6秒ルールをオーバーしてしまい、間接FKが相手に与えられる。
むさしも6枚の壁をつくったが、リスタート後のシュートが壁の下をすりぬけゴールを決められてしまう。
この点で勢いが出てきたアヤックスのペースにのまれ流れは一転、相手ペースになってしまった。
お互い攻守にわたり激しいボールの奪い合いが続く中、55分に左サイドでボールをもらった佐々木が中にドリブルで切れこんでいってシュート、一旦はGKに止められたが、つめていた山口が押し込み追加点を奪ったかにみえたが、これは惜しくもオフサイドの判定でノーゴール。
その後も相手のロングボールの対処がうまくいかず、何度かピンチになる。
しかし倉本、高田の二人が冷静に対応し、相手にシュートを打たせない。
すると65分に小泉に代わりサイドバックに相原を投入。田宮を一つ前のポジションに上げ攻撃力を生かす。
直後の66分、代わったばかりの相原が裏に走った田宮にミドルパスを通し、田宮が中にいる山口にクロス。それを山口がうまく反転してシュートを放ち、ゴール右に決まり追加点をあげる。
その後は、幅を使った攻撃で相手の守備の的を絞らせない攻撃が出来るようになった。
67分には、中央の佐々木から右サイドの田宮へ。そしてオーバーラップをしてきた相原へパス。相原がクロスを上げ、中にいた佐々木がシュートを打つが、惜しくもGK正面。
69分に石原に代わり高羽、倉本に代わり篠原、村上に代わり三井が入る。
直後の70分、左サイドバックに入った三井が後ろから駆けあがり、一旦坂元にボールを預けてオーバーラップ、そしてもう一回もらい左からのクロスを上げる。中にいた田宮に惜しくも合わなかったが、交代直後に積極的なプレーをみせ、チームを盛り上げていく。
その後も篠原も積極的に左サイドをあがり、クロスを上げる。
71分に山口に代わり佐藤、下平に代わり柳園、田宮に代わり多田が入る。
交代した選手も、得点を奪いに積極的に前に向かいプレーをし、それがむさしの攻撃の流れにつながっていた。
守備は、何度か危ない場面もあったが、高羽を中心としたディフェンス陣が冷静に対処。特に高羽は積極的に声を出し、チームの集中力を高める。
78分、中央の篠原から坂元、最後は三井がもらいシュート。惜しくもゴールバーに当たり惜しくも得点ならず。
その後も前線から多田、柳園、佐藤は積極的にプレスをかけて、相手にサッカーをさせない。
最後はむさしの流れのまま試合終了。
今大会はトーナメント戦での1発勝負なので、選手達もいつもと違う緊張感を持ってのぞんだ大会初戦。
目標の全国大会までの道のりはまだまだ長いが、今後に向けて、このような厳しい戦いを乗り越えていくことで、大きな成長を期待したいところである。
次回の試合もご声援宜しくお願い致します。
次試合
[2回戦]
5月22日(日)14:00キックオフ
vsすみだSC
※会場は見学ができないため、記載いたしません。
4/29(金祝) ※会場は見学ができないため、記載いたしません。(キックオフ 14:45)
第4回東京都ユースリーグU-15サッカーリーグ第3節

[ 2 - 1 ] FCトッカーノ

FC東京得点者
12,山口 智司(39分、46分)
FC東京出場選手
GK 16,石原 翼
DF 2,村上 惇平、4,高田 誠也、3,倉本 秀人、15,三井 康平→11,坂元 達裕(41分)
MF 7,高橋 宏季、14,小泉 佳穂→18,柳園 良太(68分)、10佐々木 渉、9,赤塚 豪也→6,多田 一晴(51分)
FW 12,山口 智司、8,下平 祥希
寸評
[リザーブ]
GK:1,羽 直
DF:5,田宮 碧人
MF:19,篠原 力、6,多田 一晴
FW:-

●試合レポート
2011年度 第4回 東京都ユースサッカーリーグ第3節 VSFCトッカーノU-15戦が学芸大学付属小金井中学校にて行われた。

開始早々から両チーム激しくボールを競り合う。
下平からのパスに山口が飛び出す。これは相手DFがクリアー。
相手も左サイドから突破しクロスを上げるが石原がナイスセーブ。
開始6分むさしのパスワークが光る!佐々木→下平→小泉→村上と繋ぎ絶妙のクロスを上げる!これを赤塚が合わせるが惜しくもゴールマウスを外れる。
ここ数試合安定したDFラインを誇る倉本→高田と繋ぎ山口へロングフィードする。
10分下平の早いリスタートから赤塚へ、相手も厳しいマークでボールをカットする。
左サイドペナルティー付近からの相手フリーキックを佐々木が素早くカバーしピンチを凌ぐ。
15分高橋の素晴らしいサイドチェンジから村上が縦へパスこれを受けた佐々木がドリブルで突破、相手も3人がかりでプレスをかける。
20分下平が相手ペナルティーエリア付近でボールをカット、そのままドリブル突破してシュート、相手GKも必死でセーブ。
逆に23分相手FWのループシュート、これは石原が難なくキャッチ。相手ゴール前で小泉がパスカットし山口へスルーパス、決定的チャンスであったがバーの上を越える。
27分三井→高橋→小泉→下平と繋ぎ、佐々木へボールが渡る、佐々木が2人を抜き去り、ゴール前へパス、相手DFも必死でクリアーする。
29分相手MFがロングシュート!誰もが入ったと思った弾道を石原がスーパーセーブ!決定的なピンチを防ぐ。相手の攻撃を三井、倉本、高田、村上のDFがしっかりと防ぐ。
33分相手ゴール前30m付近からのフリーキック、キッカーは下平、これは相手の壁に当たってしまう。
終了間際相手のカウンターから左サイドを突破されまさかの失点をしてしまう。ここで前半終了。実に悔やまれる失点であるが気持ちを切り替えて後半へ望む。


後半開始早々からむさしが仕掛ける、相手ゴール前右サイドからのフリーキック、キッカーは小泉、ニアサイドに絶妙のボールを上げるとFW山口が飛び込みヘディングシュート!これがネットに突き刺さり同点ゴール!これでむさしに勢いが出る。
41分三井に代えて坂元が入り下平が右サイドバック、坂元がFWに入る。
45分佐々木にイエローカードが出る。
47分高田のフィードから赤塚が飛び出しドリブル、持ち前のテクニックで相手DFの頭上を抜き中へクロスこれを再び山口が合わせついに逆転!試合に出ている選手、ベンチを含め皆が喜びを爆発させる!
相手も反撃に出る。ゴール前からのフリーキックを直接狙うがゴールバーの上を越える。
49分高橋→坂元→村上→佐々木と繋ぎ突破するが得点には結びつかず。
50分佐々木が2枚目のイエローカードを受け退場となってしまう。キャプテンでありチームの攻撃を牽引する彼が抜けてしまうのはむさしにとって実に痛い!しかしこの穴をチーム一丸となってカバーする。
1人少ない中でもむさしの良い攻撃が出る。山口のポストプレーを起点に赤塚が飛び出し小泉へクロス、小泉の落としを高橋がシュート!惜しくもゴールを外れる。
55分赤塚にイエローカード。
57分赤塚に代えて多田を投入。
残り13分くらいから相手の攻撃が続くが倉本が素晴らしいカバーを見せ得点させない。高田が的確なコーチングでチーム全体のバランスをとる。
スローインを受けた下平から多田へパス通る。多田がしっかりボールをキープし相手にボールを渡さない。
68分柳園を投入。運動量のある柳園がルーズボールをしっかり拾いに行く。
この試合のロスタイムは4分!相手も最後まで諦めず猛攻を仕掛けてくる!
試合終了間際、ゴール前で相手のボレーシュート絶体絶命のピンチを石原が弾き出しここで試合終了。
非常に厳しい試合であったが今日は試合出場が無かった榎本、羽、篠原を含めむさし全員の底力で掴み取った勝利である。
むさしを愛する皆様、本日も熱いご声援有難う御座いました!
次試合
第4節
vs国学院久我山中
※日時・会場未定。決まり次第お知らせいたします。
4/24(日) 会場は見学できない為、記載しません。(キックオフ 14:45)
第4回東京都ユースリーグU-15サッカーリーグ第2節

[ 4 - 0 ] 暁星中

FC東京得点者
10,佐々木 渉(6分・25分・42分)、5,田宮 碧人(31分)
FC東京出場選手
GK 16,石原 翼
DF 5,田宮 碧人→33,相原 克哉(61分)、3,倉本 秀人、4,高田 誠也、2,村上 惇平→15,三井 康平(45分)
MF 7,高橋 宏季→18,柳園 良太(51分)、14,小泉 佳穂→11,坂元 達裕(45分)、9,赤塚 豪也→19,篠原 力(51分)、10佐々木 渉
FW 8,下平 祥希→27,西元 類(61分)、12,山口 智司→6,多田 一晴(45分)
寸評
[リザーブ]
GK:1,羽 直、20,林崎 航、25,島ア 智成
DF:-
MF:-
FW:11,坂元 達裕、13,榎本 大輝

●試合レポート
2011年度 第4回 東京都ユース(U15)サッカーリーグ(通称Tリーグ)の2戦目。相手は暁星中学校。快晴の中14時45分キックオフで行われた。

序盤は、緊張からか動きが硬く相手に押し込まれる展開となった。
しかし2分に相手のパスをインターセプトした高田が山口にパスを送り、相手GKと1対1となる。山口のシュートはGKの正面に行き惜しくも最初のチャンスを逃す。
その後も、むさしのミスを突いてきた暁星中が攻め続け、危ない場面を多くつくられる。
そんな押し込まれる時間帯が続く中、6分に村上の裏へのパスに反応した山口が持ち込み、最後は後ろから走り込んできた佐々木にラストパス。それを佐々木が冷静にシュートを決め先制点を奪う。
先制点を奪ってからは、落ち着きを取り戻しマイボールの時間が増えてきた。なによりもGK石原、センターバックの倉本と高田が冷静な守備をみせ、チームとしても落ち着いて対応できるようになってきた。
そして今試合右サイドに入った赤塚、田宮のコンビネーションからチャンスが生まれてきて、10分には田宮のクロスを高橋がヘディングシュート。惜しくもGKの正面で入らなかったが、むさしのリズムになってきた。
その後も、下平がポジションチェンジを繰り返すことで、選手達に動きが生まれて、小泉、佐々木、高橋のキープも活きるようになってきた。また相手のDFラインが高いこともあり、山口が再三裏に抜け出して行くシーンがみられるようになる。しかし暁星中も体を張ったディフェンスで最後のゴールをわらせない。
19分に佐々木からパスをもらった下平が左サイドからアーリークロスを入れ、中にいた山口に。惜しくも合わないがいい攻めが続いていく。
20分に田宮が積極的にミドルシュートを放つが、これも枠をとらえられない。
22分にも下平から裏へのパスに抜け出した山口がチャンスを作るが、相手GKに阻まれる。
少しずつむさしペースで進んできた中での25分。高橋のサイドチェンジを受けた左サイドの佐々木が、中へドリブルできれこみ、山口とのワンツーで抜け出し、相手をかわして素晴らしいシュートを右足で決める。
その後もむさしペースが続き、よくボールが動き内容もよくなってきた。後ろからの声かけや、良いディフェンスが出来てきたので、危ない場面もほとんどなく、むさしらしいボールをつなぐサッカーが出来るようになってきた。
そして31分に、右サイドで田宮が赤塚とワンツーで抜け出し、個人技で1人をかわしペナルティーエリアに侵入。もう1人をかわす時に、相手がたまらずファールをしPKを獲得。それを田宮が冷静に決め3点目を奪う。
その後もむさしペースで進み前半は終了。

後半に入って37分に、佐々木のスルーパスに抜け出した山口が、決定的なシュートを放つが、ゴール上に外してしまう。
後半当初は勢いを取り戻した暁星中の攻めに対応できず、38分に左サイドからクロスをあげられシュートまで持ち込まれる危ないシーンがあった。
しかしそこからはグランドを大きく使い相手を揺さぶり、42分にサイドチェンジを受けた田宮が攻め上がり山口にパス、一度は奪われたが下平が奪い返して佐々木へパス。それを受けた佐々木が左サイドから中にきれこみ素晴らしいミドルシュートを決め4点目を奪う。
45分に小泉に代わり坂元、山口に代わり多田、村上に代わり三井を投入。交代した坂元が積極的に攻め、46分にはこぼれ球に反応した高橋がミドルシュートを放つ。
47分にも裏に抜け出した赤塚がシュートを放つがいずれもゴールの枠を捉えることが出来ない。
49分に相手CKから危ない場面があったが、これは石原が体を張ってセーブする。
51分に赤塚に代わり篠原、高橋に代わり柳園が入る。そして右サイドの篠原、三井、左サイドの多田、田宮のコンビネーションから再三チャンスを作り出すが、相手も体を張った守備でゴールをわらせない。
54分には右サイドから篠原がクロスを上げ坂元がヘディングシュートを放つが惜しくも枠をとらえることが出来ない。
55分にも佐々木のクロスを多田が合わようとするが、あと一歩のところで届かずシュートが打てない。
58分にも三井のクロスを篠原が決めることが出来ない。
その後も柳園、下平のボランチから多くのチャンスを作るが得点に結びつくことが出来ない。
60分には高田からのロングパスに抜け出した多田がGKと1対1になるが、シュートは惜しくもゴール左へ外れる。
61分に下平に代わって西元、田宮に代わって相原が入る。2年生の2人も前試合より落ち着いてプレーをしゴールへ向かっていく。守備では、両センターバックが落ち着いて相手の攻撃の芽を摘んで、後半はほとんど危ない場面もなくこのまま試合終了。

前半に3得点取れたことはチームとして非常に大きな収穫のある試合になった。
ただ後半は、攻撃のチャレンジはしているのだが、シュート精度やアイデアがまだまだ足りなく1点で終えた事は、チーム全体として課題となった。
来週には、すぐに3戦目をむかえるので、次回の試合でもっと良いチャレンジ、そしてゴールが生まれるようにトレーニングに励んでいきたいと思う。
次回の試合もご声援宜しくお願い致します。
次試合
第3節
4月29日(金)14:45キックオフ
vsFCトッカーノ
※会場は見学ができないため、記載いたしません。
4/10(日) 会場は見学できない為、記載しません。(キックオフ 14:45)
第4回東京都ユースリーグU-15サッカーリーグ

[ 4 - 0 ] KSCウェルネス

FC東京得点者
8,下平 祥希(27分)、10,佐々木 渉(42分)、2,村上 惇平(47分)、4,高田 誠也(55分)
FC東京出場選手
GK 16,石原 翼
DF 5,田宮 碧人→33,相原 克哉(65分)、3,倉本 秀人→19,篠原 力(48分)、4,高田 誠也、2,村上 惇平→15,三井 康平(48分)
MF 7,高橋 宏季、14,小泉 佳穂→6,多田 一晴(45分)、11,坂元 達裕→13,榎本 大輝(48分)、10佐々木 渉
FW 9,赤塚 豪也→18,柳園 良太(45分)、8,下平 祥希→27,西元 類(65分)
寸評
[リザーブ]
GK:1,羽 直、20,林崎 航、25,島ア 智成
DF:-
MF:-
FW:12,山口 智司

2011年度 第4回 東京都ユース(U15)サッカーリーグ(Tリーグ)の初戦。
相手はKSCウェルネス。晴天の中、14時45分キックオフで行われた。

序盤から相手陣地に攻め込むことが多く、2分に佐々木が右サイドを突破、直後に村上のクロスから下平がシュート、4分には再び佐々木が右サイドを突破しクロスをあげるがいずれも得点に結びつかない。
その後も左サイドの赤塚、村上、右サイドの佐々木、田宮から攻めるが、相手の守備陣も堅くなかなかシュートが打てない時間が続く。
徐々に後ろの倉本、高田、高橋の3人がボールを動かしながら相手のすきをつき、坂元、小泉がタイミングよくボールを引き出しゴールへ向かっていく。
10分、11分と連続でコーナーキックがあったが、これも惜しくもゴールの枠はとらえられない。
久々の公式戦で緊張からか、最後のシュート精度が良くない。

その後も何度も相手ゴール前に侵入するが、相手の守備陣が最後で体を張りシュートを打たせない。
15分にはFKを小泉が狙うが、キーパーのファインセーブにあいゴールをわることが出来ない。
18分には、右サイドからのFKに高田がボレーで合わせるがDFにブロックされ、こぼれ球に佐々木が反応し再びクロスをあげるがキーパーにセーブされる。
途中、坂元をFWにポジションチェンジしシステムも変更した。これが功を奏して、中央での動きが多くなりチャンスを増やしていく。
20分に高橋のミドルシュート、21分に坂元がボレーシュートを打つがいずれもゴールの枠をとらえることが出来ない。
23分にも右クロスから高橋が折り返し坂元が飛び込むが、これも枠をとらえることが出来ない。
25分には赤塚が決定的なシュートを放つが、これもゴールキーパーの好セーブに阻まれる。
膠着状態が続く中、27分に中盤に下がってきた下平が相手のすきを突いて、30mはある目の覚めるような素晴らしいミドルシュートを決め、先制点を奪う!
そしてその後も攻め続けるが、前半はこの1点で終了。

後半に入り相手も少しずつ攻める形が出来てきて、一進一退の攻防が続く。
そういう中、40分に村上の速いクロスに坂元が飛び込むが惜しくも届かず。
そして42分に倉本のロングパスに抜け出した村上が坂元にパス、坂元が右サイドでフリーになっていた佐々木にやさしいラストパスを送り、佐々木が冷静にシュートを決め2点目を奪う。
45分に、小泉に代わり多田、赤塚に代わり柳園が入る。
交代で入った柳園、多田が積極的にボールに絡み、むさしの攻撃にアクセントをつけていき、47分に柳園からパスを受けた村上がスピードに乗り左サイドのDFを抜き去って、角度のないところからシュートを決め3点目を奪う。
48分に倉本に代わり篠原、村上に代わり三井、坂元に代わり榎本を投入。
その後も交代で入った選手が、非常にアグレッシブな動きをみせ、攻撃にアクセントを加えていき、相手のゴールを脅かす。
50分には多田がミドルシュートを放つがこれはキーパーの正面。
直後に三井のパスを受けた篠原がミドルシュートを打つが、惜しくも枠をとらえることが出来ない。
その後も左の田宮、右の三井がオーバーラップを繰り返しゴール前に攻め込んでいく。
54分、コーナーキックの折り返しを榎本が飛び込むが惜しくも触ることが出来ない。
その直後の攻撃で多田が相手のクリアボールを拾い、柳園とワンツーでもらいそのままミドルシュート。そのシュートをキーパーがはじいた所に高田がつめて4点目を奪う。
56分には柳園が左サイドを突破しクロスをあげて、走れ込んできた三井がミドルシュートを放つがゴール右に外れる。
その後もボランチに入った佐々木を中心にむさしの攻撃の時間が続く。
守備陣も石原を中心とし高橋、高田が安定した守りをみせ相手に隙をつくらせない。
65分に下平に代わり西元、田宮に代わり相原が入る。
2年生の二人も臆することなく積極的に攻撃に参加をしていった。
68分には西元が決定的なシュートがあったが大きく枠を外してしまう。
そして試合終了の笛が鳴りタイムアップ。

結果として4対0で勝ち終始むさしペースで進めることが出来たことは非常に良かった点ではあるが、ゴール前のアイデア、シュート精度などまだまだ課題が残る内容だったので、次節に向けいい準備、トレーニングを行っていきたいと思う。
次回の試合もご声援宜しくお願い致します。

次試合
4/24(日)14:45キックオフ
vs暁星中
※会場は見学ができないため、記載いたしません。
2/20(日) 西が丘サッカー場(キックオフ 10:30)
平成22年度第15回東京都クラブユースサッカーU-13選手権大会 決勝戦

[ 1 - 1 ] FC東京U-15深川

FC東京得点者
延長:0-0
PK:3-4
10,西元 類(46分)
FC東京出場選手
GK 16,林崎 航→1,島ア 智成(43分)
DF 7,相原 克哉、18,丸山 貴大、2,小山 拓哉、5,東方 陸真
MF 3,下杉 洋樹→8,安部 柊斗(36分)、4,阿部 優澄→9,高橋 英暉(36分)、11,佐藤 亮→15,泉 勇気(44分)、13,塚田 士文→6,関川 優太(50分)、14,佐藤 誠司→12,多嶋田 雅司(50分)
FW 10,西元 類
寸評
[リザーブ]
GK:-
DF:-
MF:17,副島 陸
FW:-

※U-15深川試合結果欄にも同様の試合ダイジェストを掲載しております。


勝った方が東京都クラブユースサッカーU-13選手権大会覇者となる決勝トーナメント決勝戦は、西が丘サッカー場で10:30amにキックオフ。

U-15むさしのキックオフで始まったこの試合は、両者の意地がぶつかり合う激しい戦いとなった。

開始45秒:U-15深川の大熊がボールカットから果敢にサイドを突破。シュート性のボールを中に送りいきなりチャンス演出した。

その後、お互い高い位置からプレスをかけマイボールの時間を増やそうとするも両者一歩も譲らずボールが落ち着かない展開が続く。

7分:ようやくゲームが動きだす。U-15むさしの相原がサイドチェンジのボールに反応し佐藤誠司とのワンツーで左サイドを突破。ドリブルでタッチラインまで持ち込み中へセンタリング。惜しくも中央の西元へは合わなかったが、U-15深川DFのクリアボールのこぼれ球を塚田が拾いミドルシュート。この分厚い攻撃でむさしは流れをつかむ。

こぼれ球も徐々にU-15むさしの選手が拾い出し、巧みなボールキープからゆっくりと攻撃を仕掛ける展開に。

9分:U-15むさしの遅攻に対しU-15深川はロングボールで対抗。相手のボール回しをカットするとボランチ及川の正確なロングパスで早い攻撃を仕掛ける。しかし、U-15むさしDF陣も冷静なディフェンスでボール跳ね返す。

10分:U-15むさしの佐藤亮がサイドラインぎりぎりの所でボールを受けると果敢にも縦へドリブル突破を仕掛ける。相手を一人かわしアタッキングサードまでボールを運ぶも、最後はU-15深川の大熊が見事にカット。

11分:続けざまに攻撃を仕掛けるU-15むさし。またしても左サイドからの崩しで阿部優澄がシュート。U-15深川DFの足に当たりボールがこぼれるも、佐藤誠司が素早く反応しダイレクトボレー。ボールは大きくゴールから外れるも、フィニッシュの精度次第では得点となってもおかしくない連動した攻撃を見せる。

12分:U-15むさし左サイドの佐藤亮から右サイドにいた西元へロングパス。西元は身長を活かしたポストプレーでボールをキープし、U-15深川DFを交わそうとするも手を使ってしまいファールとなる。

16分:U-15深川も左サイドの菱山・川野コンビで崩しに掛かるも数的優位の状況を作り出せず。むさしの流れを渡そうとしない気迫のこもったハイプレスに思うような崩しが仕掛けられない。

18分:U-15むさしの相原が俊足を活かし右サイドをオーバーラップ。約50メートルを疾走し相手エリア深くまでドリブルで持ち込みマイナスのセンタリング。これはブロックされるも跳ね返りのボールに自ら反応しそのままシュート! これをU-15深川GK松嶋がナイスセーブ。しかし、ルーズボールを西元が拾いミドルシュート。これは惜しくも枠へ飛ばず。

U-15むさしが流れを掴むも数多いチャンスを得点へ結び付けることができない。

20分:U-15むさしは両サイドの選手がポジションチェンジを行い、右サイドの相原→佐藤誠司へとつなぎ中央へクロス! 中央で西元が頭で合わせるもこれもゴールマウスに嫌われる。

26分:U-15深川が右サイドバックの大熊から左サイドの菱山へ大きなサイドチェンジ。大きな展開からチャンスを作り出すもフィニッシュまで持っていけず未だシュートらしいシュートを打てず。

前半戦も終盤に入り、この時間帯はサイドでの攻防が激しくなる。
両者左サイドから攻撃を仕掛け、右サイドを守備という展開。

27分:U-15深川が川野のダイレクトパスで攻撃を組み立てる。このパスに反応した菱山がサイドラインぎりぎりを駆け上がりドリブル突破を試みる。しかし、これはU-15むさしDFがカット。

28分:先ほどとは真逆のサイドでU-15むさしが攻撃を仕掛ける。佐藤誠司と西元がワンツーでサイドを突破。しかし、こちらもU-15深川DFがセンタリングを許さない。
ここで前半は終了のホイッスル。0-0で前半を折り返す。

ハーフタイムでU-15深川は2名選手交代。大須賀に代え小池、川野に代え渡辺を投
入。

後半は立ち上がりから激しい攻防が続く。

1分:U-15むさしが前半の勢いをそのままに佐藤誠司がサイドをドリブル突破。ファールで止められるもゴール前のいい位置でFKを獲得。このFKを正確なキックが持ち味の塚田が直接狙うもU-15深川GKの松嶋のナイスセーブに阻まれる。続くCKは下杉がファーへ山なりのボールをおくり、待ち構えていた相原が頭で合わせるも惜しくもDFにクリアされる。さらに続くCKは、DF東方が合わせるもこれもゴールならず。

4分:U-15深川の及川が左サイドから中央へアーリークロス。ファーに走りこんだ菱山が飛び込みながら頭で合わせるも、相手DFに当たり惜しくもポスト右へそれる。
続くCKは小池からのボールに野村が走りこむもわずかに合わず。しかし続けざまの攻撃から徐々にU-15深川がペースを握り始める。

36分:柳からの縦へのパスに反応した大熊がそのまま中央へドリブルで持ち込む。絶妙の間合いでのドリブルにU-15むさしDFもボールを奪えず、するすると中央突破を許してしまう。そして、大熊がそのまま左足でシュート! ボールはバーの上をそれるも観客を沸かせる好プレーとなった。

36分:徐々にU-15深川のペースとなりつつある状況に、U-15むさし二宮監督が動く。まずはボランチ下杉に代わり安部柊斗を投入。その直後の38分には阿部優澄に代わり高橋を続けざまに投入し、フレッシュな選手をピッチに送り込む。

43分:U-15深川は柳→大熊→小池とつなぎ、小池の落としたボールを大熊がフリーで受ける。しかし、一瞬シュートをためらう隙にU-15むさしDFが詰めてクリア。

43分:U-15むさしはGKの交代。ここまで無失点で抑えた林崎に代わり島崎を投入。その直後の44分にも佐藤亮に代わり泉をピッチへ。

45分:選手交代を繰り返し行ったばかりのU-15むさしを、勢いに乗るU-15深川がもう攻撃を仕掛ける。小池のボールキープから裏へと抜ける野村へ絶妙のスルーパス。これは惜しくもGKにカットされる。

46分:U-15深川の勢いに乗る攻撃をU-15むさしDF陣が耐えていたが、この我慢がついに報われる。高い位置でスローインを得たU-15むさしは、ボールを受けた高橋が反転しミドルシュート! このシュートはファーへ外れそうになるも、ゴール前へ走りこんだ西元が触りボールはゴールへと吸い込まれ、ついに均衡が崩れる!

U-15深川は流れを掴んでいただけに痛い失点となる。しかし、頭を下げず引き続き猛攻を仕掛けるU-15深川。
U-15むさしは先制点を守りたい気持ちと、U-15深川の勢いに押されディフェンスラインがずるずると下がってしまう。

48分:先制点を献上するも流れを渡さないU-15深川はゴール前でファールを受けFKを獲得。このFKを小池が丁寧にゴール前へ送るもU-15むさしGK島崎がパンチングではじき返す。このルーズボールを拾った菱山が強烈なロングシュートを放つも、ボールはわずかにバーの上へそれる。

50分:U-15むさしは佐藤誠司→多嶋田、塚田→関川と2名を同時に交代。

51分:U-15深川も城ヶ瀧に代え伊藤を投入。

55分:U-15深川はロングボールをゴール前へ次々と送る。柳が左サイドからアーリークロスを送るもU-15むさしDFが跳ね返す。しかし、そのこぼれ球はU-15深川の野村へ。野村も右サイドからゴール前へとボールを送るがGKが冷静にキャッチ。

56分:U-15深川の小池が個人技でペナルティエリア内へ侵入。絶妙の切り返しで相手DF2人を交わし、中央の及川へラストパス。これを及川がうまく右足で合わせるも無情にもボールはバーを直撃。追いつくことができない。

58分:U-15深川は及川に代え深見を投入。
その直後にロスタイム3分の表示。

このままU-15むさしが耐えきるかと思われた61分。
U-15深川の菱山がスピードに乗ったドリブルで右サイドを突破するとゴール前の渡辺へくさびのパス。ボールを受けた渡辺が小池とのワンツーで抜け出し、冷静にゴールへ流し込み同点!! 見事ロスタイム同点に追いつく。

このまま後半が終了。会場がざわついたまま、勝負の行方は延長戦へと持ちこされることとなった。

前後半5分ハーフで行われる延長戦はU-15むさしのキックオフで開始。

両者中盤をつかった繋ぎが減り、ロングボールからの速攻の応酬が続く。

延長1分:U-15むさしの泉が身長を活かしたポストプレーから走りこんだ高橋にパス。中に切り込んでシュートを打とうとするもU-15深川DFがカット。

延長2分:U-15深川の小池がサイドをドリブル突破。そのまま中へセンタリングするも相手DFがクリア。このルーズボールを矢崎がダイレクトでミドルシュート。強烈な当たりだったがおしくも枠へは飛ばず。

延長2分:今度はU-15むさしが西元→泉とサイドを崩しCKを獲得。小山のキックは相手DFにはじかれるも、こぼれ球を拾った西元がシュートフェイントで一人交わしミドルシュート! ついに勝ち越し点かと思われたが、U-15深川GK松嶋がスーパーセーブ! 激しい攻防で観客を沸かせる。

このまま一進一退の攻防が続きあっという間に延長戦前半が終了。
両チームコートチェンジをしてすぐにU-15深川のキックオフで延長戦後半開始。

なんとか延長戦で決着をつけたい両チーム。お互いに長身の選手が前線へ入り、ロングボールから突破を試みるも強固なDFラインを崩すことができずタイムアップ。
決着はPK戦へと持ち込まれた。

PK戦の先行はU-15むさし。
両者1人目のキッカーは見事決めるが、むさし2人目のキックは無情にもポストへ直撃。
その後、両チームともに落ち着いて決め続け、むさし5人目。これを止めれば文句なしで勝利という場面で、U-15深川GK松嶋が見事スーパーセーブを見せU-15深川の勝利!
U-15深川、U-15むさし両チームとも、互いに粘り強く戦ったが、試合はPK戦でU-15深川が勝利。
この結果、U-15深川が平成22年度第15回東京都クラブユースサッカーU-13選手権大会の覇者となった。
本日も寒い中、たくさんの方の暖かいご声援をありがとうございました。
次試合
この結果、FC東京U-15むさしは本大会を準優勝で終えました。
2/19(土) 駒沢第二球技場(キックオフ 15:30)
第18回東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会決勝トーナメント3位決定戦

[ 3 - 3 ] ジェファFC

FC東京得点者
延長 0-0
PK勝ち(5-4)
27,佐々木 渉(11分、33分)、33,坂元 達裕(26分)
FC東京出場選手
GK 20,石原 翼
DF 34,村上 惇平→35,三井 康平(47分)、26,高田 誠也、30,倉本 秀人、28,田宮 碧人
MF 24,高橋 宏季、32,小泉 佳穂、18,下平 祥希→21,多田 一晴(36分)、2,赤塚 豪也→36,篠原 力(67分)、33,坂元 達裕→29,榎本 大輝(36分)
FW 27,佐々木 渉
寸評
[リザーブ]
GK:25,羽 直
DF:-
MF:31,柳園 良太
FW:23,山口 智司

第18回東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会3位決定戦は、駒沢第2競技場にて行われた。

開始早々から高橋を基点にむさしのパスワークが冴え、サイドチェンジから村上が突破してクロスを上げるが合わず。
佐々木のポストプレーから赤塚へボールが渡りチャンスとなるが決められない。
立ち上がりはむさしの時間が続いたが逆に4分一瞬の隙を突かれ失点してしまう。
6分田宮→赤塚とつなぎクロスを上げこれを佐々木がシュート惜しくも外れる。倉本のフィードから村上→下平とつなぎゴール前まで行くがシュートまで行けない。
高田がラインをコントーロールし全体的にむさしのペースが続くと11分高田→佐々木→坂元→赤塚とつなぎアーリークロスを上げる!これを佐々木が飛び込みヘディングで合わせ同点ゴール!
同点に追いつくとさらにむさしペースとなる。小泉が持ち前のテクニックで相手をかわして高橋へパス高橋が下平へスルーパスあと一歩の所で合わない。
その後も小泉、坂元がチャンスメークする。この時間のボール支配率はかなり高い。
26分坂元が小泉へパス、リターンを坂元が受けゴールに流し込み待望の逆転ゴールが生まれる!
29分右サイド田宮が得意の突破からペナルティーエリアへ侵入し倒されるがノーファールの判定。
33分むさしの押し込んだ展開からゴールが生まれる。ゴール前のこぼれ球を佐々木が拾い1人かわしてシュート! 追加点が生まれる。
終了間際ゴール前でシュートを打たれるが石原が落ち着いてセーブする。ここで前半が終了。

後半開始から榎本、多田が投入される。後半から入った多田、榎本が積極的にプレスをかける。
榎本がボールを奪い赤塚へパス再び榎本がパスを受けチャンスを作る。しかし相手も後半は気持ちを切り替え積極的に攻撃を仕掛けてくる。相手に突破を許しGK石原が相手FWと1対1になるがファインセーブ、45分相手シュートをGK石原がいったんはポストに当たるがセーブする。
しかし46分相手の攻撃から失点してしまい2−3となる。47分ここで三井を投入。三井が入って早々良いクロスを上げる。
50分相手に同点ゴールを許してしまう。試合は振り出しに戻るがむさしも気持ちを切り替え攻撃に移る。
倉本のパスから三井がオーバーラップしクロスを上げるが多田のシュートはバーの上に外れる。相手にカウンターを食らうが高田が的確なカバー、一進一退の攻防が続く。
多田、高橋、赤塚がチャンスを作るがゴールに届かない。
60分赤塚がゴール前抜け出しキーパーと1対1になるが相手キーパーにセーブされる。
66分篠原を投入する。ゴール前で多田→佐々木→篠原と渡りシュートを放つが相手DFがクリア、両チームにゴールチャンスがあったがここで後半が終了する。

試合は延長戦へと突入する。延長戦前に選手、スタッフみんなで円陣を組み勝利を誓い合う。
延長前半はボールは支配するがなかなかチャンスが作れない展開、延長後半に入りエンドが変わると、佐々木がチームを引っ張る動きを見せる、左サイドペナルティーエリア付近でゴール前へ素晴らしい突破をし中へパス、篠原のシュートへと結びつける。
田宮のクロスはおしくもGKに阻まれる。終了間際相手の突破からシュートを打たれるがバーの上に外れる。ここで延長戦終了。

決着がつかずPK戦へと移る。先行はジェファ、むさしのキッカーは(1番)佐々木、(2番)田宮、(3番)篠原、(4番)高田、(5番)高橋となる。
相手は4番目までがゴールし、むさしは1人外した為、相手キッカーが決めれば負けてしまう絶体絶命のピンチ!ここでGK石原が持ち前の勝負強さを発揮してスーパーセーブ!むさしは5番目高橋が決めサドンデスへと突入する。
相手6番目が外し、むさし6番目が決めれば勝利の場面でキッカーは小泉。落ち着いてゴール左上にシュートを決めむさしの勝利!

挨拶終了後、選手みんながグランドへ飛び出し喜びを分かち合う!
今日の試合出場が無かった柳園、羽、山口もしっかり声を出しチームを支えた!まさに選手みんなで勝ち取った勝利である。次へ繋がる勝利である!
U-15むさしを愛する皆様本日も熱いご声援有難う御座いました!
次試合
この結果、FC東京U-15むさしは同大会を3位で終えました。
2/12(土) 三菱養和調布グランド(キックオフ 17:30)
平成22年度第15回東京都クラブユースサッカーU-13選手権大会

[ 3 - 0 ] 三菱養和巣鴨

FC東京得点者
10,西元 類(5分)、9,高橋 英暉(42分)、11,佐藤 亮(45分)
FC東京出場選手
GK 1,島ア 智成→16,林崎 航(46分)
DF 7,相原 克哉、18,丸山 貴大、2,小山 拓哉、5,東方 陸真
MF 3,下杉 洋樹→6,関川 優太(44分)、8,安部 柊斗→13,塚田 士文(36分)、12,多嶋田 雅司→11,佐藤 亮(36分)、14,佐藤 誠司→15,泉 勇気(44分)、4,阿部 優澄→9,高橋 英暉(40分)
FW 10,西元 類
寸評
[リザーブ]
GK:-
DF:-
MF:17,副島 陸
FW:-

第15回東京都クラブユースサッカーU-13選手権大会決勝トーナメント準決勝。相手は三菱養和巣鴨。冷たい雨が降る中、三菱養和調布グランド17:30キックオフにて行なわれた。

試合開始から、前からプレスをかけ、相手のボールを奪いチャンスを作る。
すると4分に高い位置で阿部がボールを奪い安部へつなぎ、安部も西元に落ち着いてパスをし、ボールをもらった西元が振り向きざまに素晴らしいミドルシュートを決め先制する。
その後はプレスをかけるが、巣鴨も落ち着いてボールをまわして少しずつリズムをつかんでいく。
むさしは、小山、丸山の両CBがカバーに入って、相手の攻撃を食い止める。
12分に西元から攻め上がった相原にパス。そのクロスを西元がオーバーヘッドで狙うが惜しくも外れる。
前半は、安部、下杉が中盤でのプレスをいいタイミングをかけ、阿部、多嶋田、佐藤誠がボールを拾いキープをしてむさしのペースで進んでいった。
また東方からの前線へのパスも有効的であり良い攻めの形にもなった。このまま、攻守ともバランスが取れたゲーム運びで前半終了。

後半早々変わらず前からプレスをかけ、下杉から安部、そして佐藤誠へパスを送り、ドリブルシュートを放ち惜しい場面を作る。
35分に安部に代わり塚田、多嶋田に代わり佐藤亮が入る。巣鴨も少しずつボールをまわしながら攻めの形を作っていくが、むさしもディフェンダー4人が我慢をしながら守っていく。
40分に阿部に代わって高橋が入る。その直後ボールを奪った塚田から佐藤亮。そして右サイドの佐藤誠へ。最後はクロスにニアへ走り込んできた高橋がそれに合わせて2点目を奪う。
44分に佐藤誠に代わり泉、下杉に代わり関川が入る。
そして45分に相原から塚田、そしてクロスオーバーをしてきた佐藤亮にパス、そして佐藤亮がおもいきってゴール上にシュートを決めて3対0。
45分にGK島アに代わり林崎が入る。その後も、泉、関川のプレスが効き相手の攻撃の芽を摘む。そして51分に抜け出した泉がシュートを放つが惜しくも外れる。
54分に関川がターンで相手をかわし高橋にスルーパスを出すが惜しくもオフサイド。
最後は、西元、塚田の両ボランチが落ち着いて試合を運び、林崎中心にディフェンス陣が粘って相手の攻撃を食い止めそのまま試合終了。

前試合の反省を活かし、終始自分達のペースで試合を進めることが出来たのは非常に良かった。しかし雨の中での技術や試合運びなど、まだまだ課題はたくさんあるので、
次の試合に活かせるように良い準備をしていきたいと思う。次は決勝という舞台で、彼らがどのようなプレーをするのか楽しみでもあるので、次回もご声援宜しくお願い致します。
次試合
平成22年度第15回東京都クラブユースサッカーU-13選手権大会 決勝
2/20(日)10:30amキックオフ
vsFC東京U-15深川
@西が丘サッカー場
2/11(金祝) ヴェルディグランド(キックオフ 14:15)
第18回東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会決勝トーナメント準決勝

[ 0 - 1 ] Forza

FC東京得点者
FC東京出場選手
GK 20,石原 翼→25,羽 直
DF 34,村上 惇平(36分)→35,三井 康平(50分)、26,高田 誠也、30,倉本 秀人、28,田宮 碧人
MF 24,高橋 宏季、32,小泉 佳穂→36,篠原 力(42分)、21,多田 一晴→31,柳園 良太(50分)、2,赤塚 豪也、33,坂元 達裕→29,榎本 大輝(42分)
FW 27,佐々木 渉
寸評
[リザーブ]
GK:-
DF:-
MF:18,下平 祥希
FW:23,山口 智司

第18回東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会準決勝は、大雪の中行なわれた。
足元の状態が非常に悪く序盤はボールコントロールに苦しむ展開となった。
田宮の積極的なオーバーラップや高田、倉本が安定した守備を見せると次第に高橋、坂元がボールに絡みチャンスとなる場面が徐々に増えていった。
17分、赤塚のドリブル突破から左コーナーキックを得るがゴールならず、20分小泉の右コーナーキックが2本続いたがゴールとはならなかった。
23分には多田が右サイドから左足でゴール前へアーリークロス送るが決められず。また25分には左サイド村上の突破からチャンスを作るが得点には至らず。1点欲しい場面でなかなか得点が取れない。
31分相手の突破から右サイドを崩されるが高田が見事なカバーリングを見せる。終了間際相手スルーパスからピンチとなるがGK石原の的確なポジショニングからの飛び出しでクリア。ここで前半が終了する。

後半開始から佐々木のポストプレーを起点に攻撃を仕掛けるがなかなか相手DFを崩せない。
42分流れを変えるため榎本、篠原を投入する。交代で入った榎本、篠原が精力的に動き回るが相手マークもそう簡単にボールを触らせてはくれない。
後半が進むにつれ積雪が増していく。
しばらく苦しい時間が続くがGK石原、倉本、高田がピンチを防ぐ。
50分羽、柳園、三井を投入する。交代で入った柳園が相手をドリブルでかわしチャンスを作る。三井が前線へのフィードでチャンスを作る。GK羽が的確なコーチングで相手をペナルティエリアの中へ入れない。
60分相手コーナーキックから痛恨の失点を喫してしまう。65分佐々木のフリーキック!素晴らしいコースにボールが飛ぶが惜しくもポスト右へと外れる。
その後も高橋、篠原のフィード、榎本、佐々木の飛び出しから攻め込むがゴールならず。再三の攻撃も実らずここでタイムアップ!

とても悔しい敗戦となった。残念ながら決勝には進めなかったが次週の3位決定戦に向けて気持ちを切り替えて欲しい!
そして2年生にはこれをバネにして更なる成長を遂げて欲しいと思う!
U-15むさしを愛する皆様、本日も大雪の中温かいご声援有難う御座いました!
次試合
平成22年度第18回東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会 3位決定戦
2/19(土)15:30キックオフ @駒沢第二球技場 ※対戦相手未定
2/6(日) 会場は見学できない為、記載しません。 (キックオフ 15:30)
平成22年度第15回東京都クラブユースサッカーU-13選手権大会

[ 4 - 0 ] ジェファFC

FC東京得点者
佐藤 亮(36分)、相原 克哉(42分)、丸山 貴大(48分)、高橋 英暉(49分)
FC東京出場選手
GK 16,林崎 航→1,島ア 智成(40分)
DF 15,泉 勇気→14,佐藤 誠司(40分)、18,丸山 貴大、2,小山 拓哉、5,東方 陸真
MF 13,塚田 士文→17,副島 陸(45分)、8,安部 柊斗→3,下杉 洋樹(37分)、7,相原 克哉、11,佐藤 亮→12,多嶋田 雅司(40分)、4,阿部 優澄→9,高橋 英暉(44分)
FW 10,西元 類→6,関川 優太(45分)
寸評
[リザーブ]
GK:-
DF:-
MF:-
FW:-

第15回東京都クラブユースサッカーU-13選手権大会決勝トーナメント。
U‐15むさしはシードのため三回戦ジェファFC戦より登場。

試合開始から、ジェファFCの勢いに押され、防戦一方となりリズムがつかめない。3分に相手のFKからのピンチをむかえたが、GK林崎とDF泉が体を張ってクリアする。その後むさしも落ち着きを取り戻し、徐々に塚田を中心にボールをつなぎはじめ相手陣地でチャンスを伺う。
すると10分に、西元からパスを受けた塚田がむさしのファーストシュートを打つ。その後も安部、相原、佐藤亮のMF陣が体を張り、小山、丸山両センターバックを中心にボールを拾いむさしのペースになっていく。しかし15分に相手の上手なパスワークについて行けず決定的なピンチをむかえたが、間一髪ゴール前で小山がクリア。その後は、阿部がワンタッチをうまく使い、むさしのチャンスを作りだす場面が増えてきた。またDF東方が積極的なあがりをみせクロスをあげるが、ジェファのディフェンスも硬くFWに合わせることがなかなか出来ない。
20分には、西元から安部にパスが通り、クロスを入れ佐藤亮がヘディングをしたが惜しくもGKの正面。前半終了間際に、相手FKからFWに裏を取られ、GKと1対1になるが、後ろからカバーに入った東方が、体を張ったディフェンスでこのピンチを防ぎそのまま前半は0対0で終了。

後半に入ると、西元にボールが収まるようになり徐々にむさしのペースになっていく。すると33分にDFに入った相原が積極的にミドルシュートを放つ。そして36分に東方が攻め上がり西元へパス。そして西元が左サイドでキープをし中へクロスをあげる。そこに走り込んできた佐藤亮が落ち着いて右足で決め先制点をあげる。その直後に安部に代わり下杉が入る。
その後もむさしペースで試合が進み、39分に佐藤亮から裏に抜けた西元が左足でシュートを放つが、惜しくもゴール横に外れる。40分に林崎に代わり島ア、佐藤亮に代わり多嶋田、泉に代わり佐藤誠が入る。その後もジェファのプレスに苦しんだが、むさしも負けじとボールをキープし良い攻撃が出来るようになったきた。
そして42分に相原の目の覚めるようなミドルシュートが決まり2対0。44分に阿部に代わり高橋が入る。続いて45分に塚田に代わり副島、西元に代わり関川が入る。すると交代で入ってきた多嶋田、関川の両サイドハーフがいい動きをして攻撃の起点をつくり、相原、佐藤誠の両サイドバックがタイミングよく攻め上がることが多くなった。そして48分に関川のクロスに、途中FWに入った丸山が頭で合わせ3点目を奪う。直後の49分に、相原の縦パスに反応した高橋がドリブルで持ち込み、そのままシュート。4点目を奪う。その後も副島、下杉の両ボランチが攻守ともバランスを取り良いリズムで試合を進める。また小山、東方の両CBも後半は、終始落ち着いて相手の攻撃を跳ね返す。57分に相手FWが一瞬のすきを突いて裏に抜け出したが、GK島アが素晴らしい飛び出しでクリアする。その後はボールを動かしながら、終始むさしペースで進みそのまま試合終了。

内容に関しては、特に前半課題の残る試合になった。しかし後半に交代選手の活躍もあり久々の公式戦を勝利でおさめることが出来たことは非常に良かったと思う。
今ゲームを良い教訓とし次のゲームにつなげていきたいと思いますので、次回もご声援宜しくお願い致します。
次試合
平成22年度第15回東京都クラブユースサッカーU-13選手権大会 準決勝
2/12(土)5:30pmキックオフ
vs三菱養和巣鴨
会場/三菱養和調布グラウンド
2/5(土) 会場は見学できない為、記載しません(キックオフ 15:30)
第18回東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会決勝トーナメント第3戦

[ 4 - 1 ] 三菱養和SC調布

FC東京得点者
高橋 宏季(6分)、田宮 碧人(15分)、赤塚 豪也(27分)、佐々木渉(63分)
FC東京出場選手
GK 25,羽 直→20,石原 翼(45分)
DF 35,三井 康平→34,村上 惇平(36分)、26,高田 誠也、30,倉本 秀人、28,田宮 碧人→36,篠原 力(45分)
MF 24,高橋 宏季、18,下平 祥希、21,多田 一晴→31,柳園 良太(36分)、22,赤塚 豪也→32,小泉 佳穂(36分)、33,坂元 達裕→29,榎本 大輝(45分)
FW 27,佐々木 渉
寸評
[リザーブ]
GK:-
DF:-
MF:-
FW:23,山口 智司

第18回東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会3回戦は快晴の中行われた。
前半立ち上がりは緊張のせいか膠着状態が続く、しかし高橋、下平、佐々木を中心としたパスワークにより徐々にむさしペースになって行く。そして6分高橋から多田へスルーパスが出る。右サイド多田からのクロスを相手DFがクリア、このボールを高橋が拾い左足のミドルシュート!これがネットに突き刺さり貴重な先制点をもたらす!
この先制点で落ち着いたむさしはすばらしい動き出し、パスワークを披露する。そして15分高田、倉本の落ち着いたディフェンスからボールを奪い、右サイド田宮へとボールが渡る。田宮が赤塚へパス、オーバーラップした田宮が再びパスを受け左サイドを切り込み相手DF2人をかわしゴール右隅へシュート!待望の追加点を決める。
この後も坂元のボールキープからチャンスを作り出すもなかなかシュートまでは行けず、逆に相手フリーキックからピンチとなるがGK高羽のファインセーブ、三井の的確なカバーでピンチを防ぐ。すると27分左サイド田宮から赤塚へとパスが出る。これを赤塚がコントロールして30メートル近いロングシュート!これが決まり3点目となる。
30分相手のコーナーキックから1点を奪われるがこのまま前半が終了。
後半開始からむさしは小泉、村上、柳園を投入する。開始早々後半から投入された柳園が積極的にボールを奪いに行く。相手も猛攻を仕掛けてくるが村上が攻撃の目を摘み取る。42分小泉から下平へ絶妙のスルーパス!エリア内で下平が倒されるがノーファールの判定。45分GK石原、榎本、篠原を投入する。51分佐々木のクロスから榎本がヘディングシュートを放つが惜しくも外れる。この時間は両チームとも激しい攻守の攻防が続く、53分自陣ゴール前の混戦からPKを取られピンチとなる!しかしGK石原が相手PKをストップ!すばらしいセーブでむさしに流れを引き戻す。すると篠原、柳園が豊富な運動量でチャンスを作り出しこれを基点に榎本から佐々木へとパスが通る、これを佐々木がゴール左隅へ豪快に蹴りこみ4点目となる。
これで勝負あり!試合終了まで集中力の切れない良いゲームとなり4対1で勝利となりました。FC東京U-15むさしを愛する皆様、本日もご声援有難う御座いました。準決勝もご声援宜しくお願い致します!
次試合
平成22年度第18回東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会 準決勝
2/11(金)14:15キックオフ vsForza @ヴェルディグランド


  • NEWS
  • 選手・スタッフ
  • チケット・観戦
  • 試合日程
  • 試合結果
  • 記録・データ
  • U-18 U-15 試合結果
  • トレーニングスケジュール
  • ファンゾーン
  • ホームタウン活動
  • スクールご紹介
  • スクールへの入会
  • バレーボール
  • クラブ情報
東京ドロンパ このページの先頭に戻る
F.C.TOKYO Copyright Tokyo Football Club Co.,Ltd. All Rights Reserved. 個人情報について