Englishご意見箱
9.23 土祝 16:00 KICK OFF
明治安田生命J1 第27節
VS 柏レイソル
日立柏サッカー場
U23 公式ケータイサイト
青赤日記 バレーボール
試合・練習A GAME AND PRACTICE

2006年U15むさし 試合結果

12/29(金)  国立競技場 (キックオフ 11:30 )
高円宮杯第18回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会決勝トーナメント決勝

[ 1 - 2 ] ガンバ大阪ジュニアユース

FC東京得点者
年森勝哉(66分)
FC東京出場選手
GK 1,安才武志
DF 2,角田健敏、5,山元大地、8,廣木雄磨、11,平塚拓真→齊藤健二(97分)
MF 6,年森勝哉、7,碓井鉄平→18内田貴之(65分)、17,鎌田竣也→4,郡卓也(81分)
FW 10,重松健太郎、12,山口潤、13,梅内和磨
寸評
高円宮杯初出場初優勝を狙うFC東京U-15むさし、決勝の相手は予選ラウンドで敗れたガンバ大阪ジュニアユース。雪辱を果たすためにも絶対に負けられない。試合立ち上がりは、持ち味のパスワークで相手ゴール陣内に梅内、山口潤らが中心となってゴールを狙う。良い形で攻め込むものの、なかなか得点を奪うまでには至らない。その後は、一進一退の攻防が続くが、20分には鎌田のドリブル突破、さらに21分には、山元のミドルシュートなどでチャンスを作る。その後も梅内のドリブル突破や鎌田のシュートで、攻撃チャンスを作るが得点には至らず前半を0-0で折り返す。後半に入ると、立ち上がりに攻め込まれる危険な場面もあったが、ゴールは許さない。しかし、迎えた53分には相手に失点を許してしまう。その後、年森のシュートなどでチャンスを作るが、ゴールを挙げるまでに至らない。迎えた66分、重松のスルーパスから抜け出した年森が鮮やかなループシュートを放ち同点に追いつく。試合は、80分では決着がつかず前後半10分間ずつの延長戦へ。延長前半の立ち上がりは、縦パスから山口潤が飛び出し決定機を迎えるが得点ならず。84分にも、平塚が果敢なオーバーラップからクロスを中央へ送るが、得点には至らず。86分には、攻め込まれるがGK安才が好セーブをみせ、得点を許さない。延長後半に入り91分、相手FWに左サイドから持ち込まれゴールを許す。その後も諦めずに最後まで戦うが、結局1-2で敗れ、同大会を準優勝で終えた。
次試合
この結果、FC東京U-15むさしは同大会を準優勝で終えました。熱いご声援ありがとうございました。
12/27(水)  西が丘サッカー場 (キックオフ 13:10 )
高円宮杯第18回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会決勝トーナメント準決勝

[ 3 - 0 ] SSSジュニアユース

FC東京得点者
梅内和磨(34分)、重松健太郎(58分)、年森勝哉(74分)
FC東京出場選手
GK 1,安才武志→16,河田拓馬(79分)
DF 2,角田健敏、5,山元大地、8,廣木雄磨→9,山口隼哉(78分)、11,平塚拓真→18,内田貴之(76分)
MF 6,年森勝哉、7,碓井鉄平→17,鎌田竣也(56分)、14,松本和茂
FW 10,重松健太郎→3,齊藤健二(78分)、12,山口潤→15,稲垣祥(74分)、13,梅内和磨→4,郡卓也(70分)
寸評
高円宮杯準決勝は、北海道から出場のSSSジュニアユースが相手。立ち上がりの2分には、重松がシュートを放つ。さらに9分にも中盤でのパス交換から重松がシュートするも、得点ならず。しかし、12分には相手にゴール前で崩されてシュートを打たれるが、これはポストを直撃し、難を逃れる。その後は一進一退の攻防が続き、迎えた34分、梅内のゴールで先制点。その後も、松本のシュートで相手ゴールに迫るが得点には至らず、前半を1-0で折り返す。後半は序盤から一進一退の攻防が続き、16分に碓井に代えて鎌田を投入。その直後の58分に、重松が倒されてPKを獲得。そのPKを重松が自ら決めて2-0とリードを広げる。2点目を挙げてからさらにリズムに乗りはじめ74分には、鎌田の左サイドからのクロスに、年森が頭で押し込み3-0とする。試合は結局、そのまま3-0でU-15むさしが勝利を収め、念願の決勝進出を果たした。
次試合
高円宮杯第18回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会決勝トーナメント決勝12/29(金)11:30キックオフvsガンバ大阪ジュニアユース@国立競技場
※その他の対戦スケジュールにつきましてはこちらをご覧ください。
12/25(月)  熊谷スポーツ文化公園補助陸上競技場 (キックオフ 13:10 )
高円宮杯第18回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会決勝トーナメント準々決勝

[ 3 - 0 ] 栃木SCジュニアユース

FC東京得点者
山口潤(30分)、年森勝哉(43分)、鎌田竣也(65分)
FC東京出場選手
GK 1,安才武志
DF 11,平塚拓真→18,内田貴之(67分)、5,山元大地、2,角田健敏、8,廣木雄磨→9,山口隼哉(77分)
MF 14,松本和茂、6,年森勝哉、13,梅内和磨→4,郡卓也(77分)、7,碓井鉄平→17,鎌田竣也(50分)
FW 12,山口潤→3,齊藤健二(73分)、10,重松健太郎
寸評
高円宮杯第18回全日本ユースサッカー(U-15)選手権大会準々決勝は、栃木SCジュニアユースとの対戦となった。前線からの早いプレスを狙いとする相手に対し、慎重な立ち上がりでゲームに入った。勢いのある相手の攻撃に対し、我慢の時間帯が続いたが、30分に左サイドから展開されたボールが年森から山口潤に渡り、振り向きざまに左足を振りぬき先制ゴールを奪う。前半を1-0で折り返し、後半に入って43分には、中央のワンツーから抜け出した年森が追加点を奪う。その後は、相手が攻め込んでくる隙をつきカウンターからチャンスを作り出すがゴールを決められない場面が続いたが、65分にカウンターから抜け出した鎌田がとどめの3点目を決め、3-0で勝利をものにした。攻守ともにチーム一丸となって戦った非常に内容の濃いゲームとなった。準決勝のSSSジュニアユース戦もチーム一丸となって戦い、決勝への切符を手に入れたい。
次試合
高円宮杯第18回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会決勝トーナメント準決勝12月27日(水)13:10キックオフvsSSSジュニアユース@西が丘サッカー場
※その他の対戦スケジュールにつきましてはこちらをご覧ください。
12/23(土)  熊谷スポーツ文化公園補助陸上競技場 (キックオフ 13:10 )
高円宮杯第18回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会決勝トーナメントラウンド16

[ 4 - 2 ] 徳島ヴォルティスジュニアユース

FC東京得点者
重松健太郎(20分)、梅内和磨(40分)、重松健太郎(64分)、山口潤(69分)
FC東京出場選手
GK 1,安才武志
DF 11,平塚拓真→18内田貴之(70分)、5,山元大地、2,角田健敏、8,廣木雄磨→4,郡卓也(70分)
MF 14,松本和茂、6,年森勝哉、13,梅内和磨→19,武田卓(76分)、7,碓井鉄平
FW 10,重松健太郎、12,山口潤
寸評
高円宮杯第18回全日本ユースサッカー(U-15)選手権大会決勝トーナメント1回戦は、徳島ヴォルティスジュニアユースとの対戦となった。試合開始直後から試合の主導権を握り、相手のカウンターを警戒しながら攻撃を仕掛けるという展開になる。20分に攻め込んで獲得したコーナーキックから重松がヘディングで決めて先制。40分には右サイドの平塚から重松に渡り、重松のシュートをGKがこぼしたところを梅内が押し込み追加点を奪うも、すぐに1点を返され、2-1で前半を終了する。後半に入り相手のペースで試合が進んでいた51分に左サイドを破られてクロスから失点し同点とされる。苦しい展開が続いたが64分に梅内が倒されて得たPKを重松が決めて3点目を奪うと、69分にも碓井からのスルーパスから山口潤が決めて追加点を奪い、そのまま4-2と勝利を収めた。ベスト4をかけた次の栃木SC戦もチーム一丸となって戦いたい。
次試合
高円宮杯第18回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会決勝トーナメント準々決勝12月25日(月)vs栃木SCジュニアユース@熊谷スポーツ文化公園陸上競技場
※その他の対戦スケジュールにつきましてはこちらをご覧ください。
12/17(日)  高槻市立総合スポーツセンター陸上競技場 (キックオフ 13:10 )
高円宮杯第18回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会1次ラウンド第3戦

[ 4 - 1 ] 帯広FC

FC東京得点者
重松健太郎(6分)、山口潤(38分)、梅内和磨(39分)、鎌田竣也(74分)
FC東京出場選手
GK 16,河田拓馬
DF 11,平塚拓真→3,齊藤健二(50分)、5,山元大地、2,角田健敏→18,内田貴之(52分)、9,山口隼哉→15,稲垣祥(60分)
MF 14,松本和茂、6,年森勝哉→4,郡卓也(41分)、13,梅内和磨→19,武田卓(63分)、7,碓井鉄平→17,鎌田竣也(64分)
FW 10,重松健太郎、12,山口潤
寸評
高円宮杯全国大会予選リーグ第3戦、帯広FCとの対戦は、試合の勝敗によって、決勝トーナメント進出が左右される重要な一戦となった。開始6分に得たコーナーキックのこぼれ球を松本がシュート。DFに阻まれ、再びこぼれた球を重松が相手をスクリーンして右足で押し込み先制。その後もボールを支配し、攻撃を続けるが、連戦の疲労とミスも重なり、主導権を握りながらも、あと一歩のところで決められない展開となった。しかし、嫌なムードが続いた38分、重松がゴール前を斜めにドリブルしながら、2人のDFの間にスルーパス。そのボールを山口潤が左隅に決め、2点目を獲得すると、39分には山口潤のクロスを重松が折り返し、走りこんでいた梅内がボレーで決め、流れを引き戻し3-0で前半を終える。後半は、落ち着きを取り戻し、試合を優位に進め、74分に交代で入った鎌田が同じく途中交代出場の郡のスルーパスで抜け出しGKと1対1になったところを冷静にシュートし、4点目が入る。その後、ロスタイムに1点を返されるも、4-1で試合終了。グループ2位で予選を通過し、決勝トーナメントへと駒を進めた。
次試合
この結果、FC東京U-15むさしは1次ラウンド2位で決勝トーナメント進出です。<次試合>高円宮杯第18回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会決勝トーナメントラウンド16/12月23日(土・祝)13:10キックオフvs徳島ヴォルティスジュニアユース@熊谷スポーツ文化公園補助陸上競技場
※その他の対戦スケジュールにつきましてはこちらをご覧ください。
12/16(土)  高槻市立総合スポーツセンター陸上競技場 (キックオフ 11:00 )
高円宮杯第18回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会1次ラウンド第2戦

[ 3 - 6 ] ガンバ大阪ジュニアユース

FC東京得点者
重松健太郎(32分)、碓井鉄平(44分)、重松健太郎(48分)
FC東京出場選手
GK 1,安才武志
DF 11,平塚拓真、2,角田健敏、5,山元大地、8,廣木雄磨
MF 6,年森勝哉、7,碓井鉄平、14,松本和茂、13,梅内和磨→鎌田竣也(62分)
FW 10,重松健太郎、12,山口潤
寸評
高円宮杯全国大会1次ラウンドの第2戦はガンバ大阪ジュニアユースが相手。ガンバ大阪は、FC東京U-15むさしと同様に初戦を勝利し勢いに乗っている。ここで勝利し、決勝トーナメント進出に弾みをつきたいところだ。まずは1分、山口潤のタテパスに鋭く反応した碓井がシュートを放つがこれは枠の外。続く3分には、ゴール前まで攻め込まれるが平塚がスライディングタックルで防ぎ、ピンチを免れる。しかし迎えた11分、自陣左サイドを崩されて失点を許してしまう。その後、持ち前のパスワークで相手陣内に攻め込むものの17分には2失点目を喫してしまう。30分過ぎには山口監督から「ボールを下げずに前に行け!!」という指示から徐々にFC東京が持ち直し、32分には、右サイド平塚のクロスからファーサイドで待ち受けた重松が頭で合わせ1-2とする。その後も年森の強烈なミドルシュートなどで攻める姿勢をみせるが前半はそのまま1-2で折り返す。後半に入り44分、コーナーキックのチャンスに碓井が同点ゴールを決めて勢いに乗る。さらに48分には、山口潤、梅内とつなぎ、最後は重松がこの日2ゴール目を決めて3-2と逆転に成功する。しかし、63分にファールからPKをとられて失点。続く75分にも失点を許し再逆転を許してしまう。さらに終了間際に2点を追加され結局3-6で第2戦は敗戦となった。現在、ガンバ大阪が2勝、帯広FCが2敗。FC東京U-15むさしは1勝1敗でF.C.CEDACと並んでいるが、むさしの得失点差は±0、F.C.CEDACは+2となり2位F.C.CEDAC、むさしが3位につけている状況となっている。明日は絶対に勝利し、決勝トーナメント進出を決めたい。
次試合
高円宮杯第18回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会1次ラウンド第3戦12/17(日)13:10キックオフvs帯広FC@高槻市立総合スポーツセンター陸上競技場
※その他の対戦スケジュールにつきましてはこちらをご覧ください。
12/10(日)  高槻市立総合スポーツセンター陸上競技場 (キックオフ 11:00 )
高円宮杯第18回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会1次ラウンド第1戦

[ 4 - 1 ] F.C.CEDAC

FC東京得点者
山口潤(31分)、山口潤(33分)、碓井鉄平(47分)、梅内和磨(73分)
FC東京出場選手
GK 1,安才武志 
DF 2,角田健敏→3,齊藤健二(79分)、5,山元大地、8,廣木雄磨→9,山口隼哉(79分)、11,平塚拓真→4,郡卓也(76分)
MF 6,年森勝哉、7,碓井鉄平→17,鎌田竣也(70分)、13,梅内和磨、14,松本和茂
FW 10,重松健太郎、12,山口潤
寸評
高円宮杯全国大会の初戦はFC,CEDACとの対戦となった。開始早々の3分に相手のカウンターから中央をドリブルで突破され、DFが引きつけられたところへスルーパスを通されて先制点を奪われる。相手はしっかりと守って速いカウンターを仕掛けることを狙っており、カウンターをケアしながら攻撃をしていくことが求められた。先制点を奪われるも焦ることなく攻撃を続け、31分には山口潤が相手のDFから猛然とボールを奪いそのまま同点ゴールを奪う。その後の33分には碓井からのクロスを山口潤がヘディングで合わせ逆転し、前半を2-1で折り返す。後半に入り47分にゴール前で倒されて得たPKを碓井が決め3-1とする。73分には中央の年森からのスルーパスに抜け出した梅内がGKを良く観てゴールに流し込み4点目を奪い、4-1で勝利を収めた。立ち上がりに失点をしたものの、落ち着いた試合運びで逆転し、追加点を奪った危なげないゲームであった。このままの勢いで来週のゲームも勝利を収め、決勝トーナメント進出を決めたいところだ。
次試合
高円宮杯第18回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会1次ラウンド第2戦 12/16(土)11:00キックオフvsガンバ大阪ジュニアユース@高槻市立総合スポーツセンター陸上競技場
※その他の対戦スケジュールにつきましてはこちらの大会概要下「試合組み合わせおよびスケジュール」をご覧下さい。      
12/9(土)  会場は見学ができないため、記載いたしません。 (キックオフ 17:00 )
平成18年度第14回東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会2次リーグ第2戦

[ 4 - 1 ] 三菱養和調布

FC東京得点者
江口貴俊(17分)、秋岡活哉(39分)、江口貴俊(42分)、遠藤匠(67分)
FC東京出場選手
GK 16,平山洋太
DF 14,遠藤匠、3,原直之、6,関篤志、7,諸井孝太→19,湯浅寿紀(69分)
MF 4,寺前高博→24,新地寿史兆(69分)、18,江口貴俊、17,小玉敏之→15,平口開斗(57分)、9,志摩邑幸祐→12,奥村一誠(36分)
FW 10,水野純一→8,河内一馬(49分)、2,秋岡活哉
寸評
東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会2次リーグ第2戦は、三菱養和調布との試合となった。この試合に勝てば、決勝トーナメントの進出が決まる大切なゲームである。あいにくの寒い雨の中、静かにキックオフした。序盤はお互い 様子を見て我慢の続く展開となったが、徐々にFC東京がペースをつかむ。迎えた17分、右サイドをオーバーラップした寺前からのクロスを江口が豪快にヘディングシュートし先制する。その後、少しプレスがゆるくなってしまったところに、カウンターからピンチを招くシーンもあった。前半を折り返しリードを広げたいFC東京はメンバーを入れ替え、猛攻を仕掛ける。後半4分、センターバック原からのパスを秋岡が決めて2-0とすると、7分には前線のプレスで奪いきった江口がそのままゴールし3-0とする。25分に失点するが、残り3分で左サイドをオーバーラップした原のクロスを遠藤が流し込み4-1。この結果により、決勝トーナメント進出が決まった。中盤の支配率を上げれば、もっと良くなるところなので、リーグ戦最終節も内容も結果も良いもので次へ進みたいところである。
次試合
※この結果、FC東京U-15むさしは同大会決勝トーナメント進出が決定しました。<次試合>平成18年度第14回東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会2次リーグ第3戦1/14(日)19:00キックオフvsヴェルディ調布@三菱養和調布グランド
その他のチームを含めた対戦日程についてはこちらをご覧下さい。(東京都サッカー協会→大会情報→クラブユース連盟→平成18年度第14回東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会)
11/12(日)  市原スポレクパークAコート (キックオフ 10:00 )
2006高円宮杯 第18回全日本ユース(U-15)サッカー選手権関東大会決勝ラウンド3位決定戦

[ 4 - 4 ] FC前橋Jrユース

FC東京得点者
PK戦の末、4-2で勝利を収めました。
<得点者>
稲垣祥(1分)、山口潤(26分)、重松健太郎(57分)、山口潤(延長後半9分)
FC東京出場選手
GK 16, 河田拓馬
DF 11,平塚拓真→22,江口貴俊(52分)、5,山元大地、2,角田健敏、9,山口隼哉→24,諸井孝太(57分)
MF 14,松本和茂、6,年森勝哉→7,碓井鉄平(66分)、13,梅内和磨、15,稲垣祥→21,廣木雄磨(70分)
FW 12,山口潤、10,重松健太郎→17,鎌田竣也(60分)→3,齊藤健二(93分)
寸評
高円宮杯関東大会3位決定戦は、FC前橋Jrユースとの対戦となった。開始早々重松のパスを受けた稲垣がワンタッチでゴールの左隅に正確に決めて先制し、試合の主導権を握る。26分には年森からDFラインとGKの間に落とした柔らかいパスを、山口潤がGKの頭越しに決め2-0で前半を終える。48分にはコーナーキックからゴールを許し1点差とされるが、57分に交代出場の諸井からのパスから重松が抜け出し3点目。しかし、67分には相手のカウンターから失点をしてしまう。そのまま試合が終了するかと思われた82分にDFラインの裏をつかれ、まさかの同点ゴールを奪われる。延長に入り、99分に碓井からのスルーパスに山口潤が抜け出し勝ち越しゴール。しかし、ロスタイムにまたもや同点ゴールを許しPK戦へ突入。 4人の選手がしっかりと決め、GK河田の好セーブで相手のPKを2本止めたFC東京が勝利を収め、関東大会第3位を獲得した。
次試合
この結果、FC東京U-15むさしは関東第3代表として全国大会へ出場します。
その他のチームを含めた対戦表についてはこちらをご覧下さい。
11/11(土)  市原スポレクパークAコート (キックオフ 11:00 )
2006高円宮杯 第18回全日本ユース(U-15)サッカー選手権関東大会決勝ラウンド1回戦

[ 3 - 4 ] 柏レイソルU-15

FC東京得点者
重松健太郎(21分)、重松健太郎(36分)、重松健太郎(77分)
FC東京出場選手
GK 1,安才武志
DF 21,廣木雄磨、3,齊藤健二→5,山元大地(41分)、2,角田健敏、18,内田貴之→11,平塚拓真(41分)
MF 7,碓井鉄平、6,年森勝哉、17,鎌田竣也→13,梅内和磨(41分)、19,武田卓→14,松本和茂(41分)
FW 4,郡卓也→12,山口潤(38分)、10,重松健太郎
寸評
高円宮杯関東大会準決勝は、雨天の中、柏レイソルとの対戦となった。15分にはDFラインのこぼれ球を右サイドに展開されクロスから失点すると、18分には中央の突破から、20分には1点目と同じく右サイドを崩されクロスから失点し、3点のリードを許す。3点目の失点直後、2列目から飛び出した碓井からのパスを受けた重松が決めて2点差とすると、36分にも中盤で奪ったボールを持ち込んだ年森からのパスを重松が落ち着いて決めて1点差とする。後半にはメンバーチェンジをして逆転を目指して戦うが、一進一退のゲーム展開が続く。後半37分にDFラインの裏に抜け出した梅内が倒されてPKを獲得し、重松が決めて同点とする。しかし、その後、一瞬の隙を突かれ終了間際に4点目を奪われて、試合が終了した。明日の3位決定戦の相手はFC前橋Jrユースとなるが、全力を尽くして勝利を目指し、全国大会へと弾みをつけたい。
次試合
2006高円宮杯 第18回全日本ユース(U-15)サッカー選手権関東大会決勝ラウンド3位決定戦11/12(日)10:00キックオフvsFC前橋Jrユース@市原スポレクパークAコート
その他のチームを含めた対戦表についてはこちらをご覧下さい。
11/5(日)  群馬県浜川競技場 (キックオフ 11:00 )
2006高円宮杯 第18回全日本ユース(U-15)サッカー選手権関東大会決勝ラウンド1回戦

[ 3 - 2 ] クマガヤSC

FC東京得点者
碓井鉄平(30分)、山口潤(50分)、重松健太郎(64分)
FC東京出場選手
GK 1,安才武志
DF 21,廣木雄磨、5,山元大地、2,角田健敏、11,平塚拓真→3,齊藤健二(70分)
MF 7,碓井鉄平、6,年森勝哉、14,松本和茂、13,梅内和磨
FW 12,山口潤→17,鎌田竣也(55分)、10,重松健太郎
寸評
高円宮杯関東大会決勝ラウンド1回戦は、クマガヤSCとの対戦となった。開始4分に、注意をしていたコーナーキックであったが、きれいに頭で合わされゴールを許してしまう。その後、相手のDFライン裏、サイドをうまく使いながら攻撃を仕掛け、14分には梅内からのクロスに年森がヘディングシュートを放つが、このシュートはバーを叩く、さらにこぼれ球を碓井が詰めるものの決められない。25分には自チームのコーナーキックからカウンターを受け、2失点目を喫する。2点をリードされても慌てず攻撃を仕掛け、30分に中央でのパス交換から碓井が決め、1-2で前半を終了する。後半に入り、相手の鋭いカウンター攻撃をケアしつつ慌てずに攻撃を続け、50分に重松のスルーパスから山口潤がGKと1対1となり、同点ゴールを奪う。64分には梅内が右サイドをドリブルで仕掛け、相手を引きつけ重松へパス。慌てて飛び込んだDFをフェイントでかわし、GKのポジショニングを確認して放ったループシュートが決まり、ついに逆転ゴールを奪う。そのまま逃げ切り勝利を収めた。この勢いで関東大会チャンピオンを目指し、戦っていきたい。
次試合
この結果、FC東京U-15むさしは同大会全国大会への出場が決定いたしました。<次試合>2006高円宮杯 第18回全日本ユース(U-15)サッカー選手権関東大会決勝ラウンド準決勝11/11(土)11:00キックオフvs柏レイソルU-15@市原スポレクパークAコート
その他のチームを含めた対戦表についてはこちらをご覧下さい。
11/4(土)  群馬県浜川競技場 (キックオフ 11:00 )
2006高円宮杯 第18回全日本ユース(U-15)サッカー選手権関東大会1次ラウンド第3戦

[ 0 - 1 ] 横浜F・マリノスJrユース

FC東京得点者
FC東京出場選手
GK 1,安才武志
DF 21,廣木雄磨、9,山口隼哉→5,山元大地(41分)、2,角田健敏、18,内田貴之→3,齊藤健二(60分)
MF 7,碓井鉄平、6,年森勝哉→19,武田卓(72分)、17,鎌田竣也、13,梅内和磨→4,郡卓也(65分)
FW 12,山口潤→14,松本和茂(41分)、10,重松健太郎→15,稲垣祥(70分)
寸評
高円宮杯関東大会1次ラウンド第3戦は、横浜F・マリノスJrユースとの対戦となった。序盤から相手のDFラインの背後を積極的に狙って攻撃を仕掛けていくが10分に相手GKからのキックに対し、一瞬の隙をつくり失点を喫してしまう。その後は、相手の狙いとするカウンター攻撃をケアしながら攻撃を仕掛け、決定的なチャンスを何度かつくるが決めることができず、前半終了。後半開始直後には相手のカウンター、セットプレーでピンチを迎えるが、何とかしのぎ、同点ゴールを目指していく。何度か決定的チャンスを迎えるが、相手の最後まで諦めない守備とラストパス、フィニッシュの精度の問題から得点が奪えず、結局0-1のまま試合が終了した。明日は、全国大会への出場をかけた大一番、これまで培ってきた力を十分発揮し、良い結果を出したい。
次試合
この結果、FC東京U-15むさしはグループリーグ1位で決勝ラウンド進出決定です。<次試合>2006高円宮杯 第18回全日本ユース(U-15)サッカー選手権関東大会決勝ラウンド1回戦11/5(日)11:00キックオフvsクマガヤSC@群馬県浜川競技場
その他のチームを含めた対戦表についてはこちらをご覧下さい。
10/29(日)  ヴェルディグランド (キックオフ 11:00 )
2006高円宮杯 第18回全日本ユース(U-15)サッカー選手権関東大会1次ラウンド第2戦

[ 2 - 1 ] 大宮アルディージャJrユース

FC東京得点者
重松健太郎(34分)、梅内和磨(39分)
FC東京出場選手
GK 1,安才武志
DF 21,廣木雄、5,山元大地、2,角田健敏、11,平塚拓真
MF 7,碓井鉄平→9,山口隼哉(70分)、6,年森勝哉、14,松本和茂、13,梅内和磨→17,鎌田竣也(48分)
FW 12,山口潤、10,重松健太郎
寸評
高円宮杯関東大会1次ラウンド第2戦は、大宮アルディージャとの対戦となった。序盤からお互いに勝利を目指し、激しい攻防が繰り広げられるが、お互いに得点を奪うことができない。34分にFWへのくさびから年森、山口潤と渡り、フリーになった重松が先制ゴールを奪う。5分後には平塚が右サイドを鮮やな突破からクロスを上げ、折り返しを梅内が押し込み2-0とリードして前半を折り返す。後半に入ると、後がない大宮は前線からプレッシャーをかけ、激しく攻撃を仕掛ける。後半14分に一瞬の隙からDFラインの裏を突かれ、失点。その後は しっかりと守備をしながらカウンターを狙うが、追加点は奪えず2-1で勝利を収めた。来週の横浜F・マリノス戦を良い形で勝利し、決勝ラウンドに弾みをつけたいところだ。
次試合
2006高円宮杯 第18回全日本ユース(U-15)サッカー選手権関東大会1次ラウンド第3戦11/4(土)11:00キックオフ横浜F・マリノスJrユース@群馬県浜川競技場
その他のチームを含めた対戦表についてはこちらをご覧下さい。
10/28(土)  ヴェルディグランド (キックオフ 13:15 )
2006高円宮杯 第18回全日本ユース(U-15)サッカー選手権関東大会1次ラウンド第1戦

[ 6 - 1 ] ジェフユナイテッド辰巳台Jrユース

FC東京得点者
オウンゴール(19分)、年森勝哉(20分)、山口潤(29分)、山口潤(51分)、山口潤(60分)、重松健太郎(66分)
FC東京出場選手
GK 1,安才武志→16,河田拓馬(76分)
DF 21,廣木雄磨→9,山口隼哉(67分)、5,山元大地→3,齊藤健二(68分)、2,角田健敏、11,平塚拓真→18,内田貴之(68分)
MF 7,碓井鉄平→17,鎌田竣也(41分)、6,年森勝哉、14,松本和茂、13,梅内和磨→15,稲垣祥(70分)
FW 12,山口潤、10,重松健太郎→19,武田卓(67分)
寸評
高円宮杯関東大会1次ラウンド第1戦は、ジェフ辰巳台との対戦となった。序盤はお互いに激しくプレッシャーを掛け合い、攻撃の糸口を探っていく展開となった。19分に中盤でのパス交換から年森がスルーパスを狙い、DFに当たってDFラインとGKの間にこぼれたボールを重松がシュートし、相手のオウンゴールを誘う。続けざまに年森が素晴らしいミドルシュートを決め、追加点。23分にPKから失点をするが、30分にFWへのくさびの落としを年森がワンタッチでスルーパス、山口潤が決め再び突き放す。後半に入り、守備では激しいプレッシャーを続けるとともに、FWへのくさびを起点としたシンプルな攻撃で多くのチャンスを作り出して3点を奪い、6-1で勝利を収めた。明日も良い内容で勝利を目指したい。
次試合
2006高円宮杯 第18回全日本ユース(U-15)サッカー選手権関東大会1次ラウンド第2戦10/29(日)11:00キックオフvs大宮アルディージャJrユース@ヴェルディグランド
その他のチームを含めた対戦表についてはこちらをご覧下さい。
10/9(月祝)  ヴェルディグランド (キックオフ 12:30 )
平成18年度高円宮杯(U-15)東京都大会決勝トーナメント決勝

[ 1 - 0 ]

FC東京得点者
平塚拓真(65分)
FC東京出場選手
GK 1,安才武志
DF 3,齊藤健二→11,平塚拓真(40分)、2,角田健敏、5,山元大地、21,廣木雄磨
MF 14,松本和茂、6,年森勝哉、13,梅内和磨→4,郡卓也(78分)、19,武田卓→7,碓井鉄平(40分)
FW 10,重松健太郎→17,鎌田竣也(40分)→15,稲垣祥(75分)、12,山口潤→9,山口隼哉(40分)→18,内田貴之(63分)
寸評
※U-15深川試合結果欄にも同様の試合ダイジェストを掲載しております。
平成18年度高円宮杯(U-15)東京都大会決勝トーナメント決勝で「FC東京U-15深川vsFC東京U-15むさし」が対戦。快晴のヴェルディグランドにて12:30にキックオフ。U-15深川が青の1stユニフォーム、U-15むさしが白の2ndユニフォームを着用して行われた。試合は立ち上がりから両チームともしっかりとパスをつなぎ、チャンスを伺う展開。しかしながら、なかなか決定的な場面を作れない。15分にはU-15むさし武田がミドルレンジから思い切りよくシュートを放つが、これは枠の外。23分、今度はU-15深川が、中盤での巧みなパス回しからゴールを狙うが得点には至らない。続く28分、U-15むさしの攻撃、左サイドに開いてボールを待ち受けた重松のダイレクトパスに、梅内がゴール前に飛び込むがこちらもゴールならず。両チームとも意地を見せ、一進一退の攻防が続いたまま前半を0-0で折り返す。後半に入ると、U-15むさしは4人の選手を交代。一方のU-15深川は前半と同様のメンバーで後半に臨む。
後半の立ち上がりは、U-15むさしが優勢に試合を進め、年森や碓井を中心として、U-15深川ゴールに迫る。対するU-15深川も負けじと中岡、藪下らがスピードに乗った攻撃をみせ、U-15むさしゴールに襲い掛かる。激しい攻防が続く中、均衡がやぶれたのは65分、U-15むさしコーナーキックのチャンス。ゴール前で途中交代出場の平塚が決め、U-15むさしが先制点を挙げる。その後は、一進一退の攻防が続き両チーム果敢にゴールに迫るものの得点にはつながらず、結局1-0でU-15むさしが勝利し、初優勝を果たした。
次試合
高円宮杯関東大会の詳細につきましては、決まり次第お知らせいたします。
その他のチームを含めた組合せ表についてはこちらをご覧下さい。(東京都サッカー協会→大会情報→クラブユース連盟→平成18年度高円宮杯(U-15)東京都大会)
10/8(日)  深川グランド (キックオフ 15:45 )
平成18年度高円宮杯(U-15)東京都大会決勝トーナメント準決勝

[ 1 - 0 ] 三菱養和調布

FC東京得点者
年森勝哉(65分)
FC東京出場選手
GK 1,安才武志
DF 21,廣木雄磨→9,山口隼哉(60分)、5,山元大地、2,角田健敏、11,平塚拓真
MF 7,碓井鉄平、6,年森勝哉、14,松本和茂→3,齊藤健二(70分)13,梅内和磨→17,鎌田竣也(41分)
FW 12,山口潤→4,郡卓也(49分)、10,重松健太郎
寸評
高円宮杯東京都大会準決勝は、三菱養和調布との対戦となった。勝てば念願の関東大会出場となる試合であり、チーム一丸となって臨んだ。中盤を固めて守る相手に対し、ボールは支配するも、昨日のヴェルディ戦の疲労もあり、相手の守備を崩すことができずに時間が経過する。前半の中盤から右サイドを何度か崩すが得点は奪えず前半を 終了する。後半に入っても集中力の途切れない三菱養和調布に対し、カウンターをケアしながらサイドを広 く使って攻撃を仕掛けていく。65分に中盤から前線に飛び出した年森の左足のシュートが決まり、先制点を奪う。その後の相手の攻撃を落ち着いてしのぎ、1-0で勝利を収めた。
次試合
※この結果、FC東京U-15むさしは高円宮杯関東大会への進出が決定しました。<次試合>平成18年度高円宮杯(U-15)東京都大会決勝トーナメント決勝10/9(月・祝)12:30キックオフvsFC東京U-15深川@ヴェルディグランド
その他のチームを含めた組合せ表についてはこちらをご覧下さい。(東京都サッカー協会→大会情報→クラブユース連盟→平成18年度高円宮杯(U-15)東京都大会)
10/7(土)  三菱養和巣鴨グランド (キックオフ 14:45 )
平成18年度高円宮杯(U-15)東京都大会決勝トーナメント1回戦

[ 2 - 0 ] ヴェルディJrユース

FC東京得点者
年森勝哉(34分)、山口潤(61分)
FC東京出場選手
GK 1,安才武志
DF 11,平塚拓真、5,山元大地、2角田健敏、21,廣木雄磨
MF 17,鎌田竣也→3,齊藤健二(54分)、14,松本和茂→9,山口隼哉(73分)、6,年森勝哉→19,武田卓(79分)、13,梅内和磨→7,碓井鉄平(41分)
FW 10,重松健太郎、12,山口潤
寸評
平成18年度高円宮杯(U-15)東京都大会決勝トーナメント1回戦はヴェルディJrユースとの対戦となった。昨日までの悪天候とは、うって変わり澄み切った青空が広がる天候の中キックオフ。立ち上がりは、一進一退の攻防が続くが、6分にフリーキックのチャンスを得る。重松が直接狙うものの枠を外れ得点ならず。続く12分には山口潤が左足シュート、13分には重松が頭で狙い立て続けに相手ゴールに迫るが得点には至らない。さらに23分には山口潤のポストプレーから松本がシュートを放つがゴールならず。先制点を狙い集中して攻め続けるがなかなか相手ゴールを割る事ができない。そんな中迎えた34分には、重松が前線でキープし2列目から年森がゴール前へ抜け出す。年森はキーパーのポジションを良く見て右足で冷静に流し込み待望の先制点。前半を1-0で折り返す。後半に入ると相手に激しく攻め込まれる場面が多くみられたが、集中を切らさず得点を許さない。迎えた61分、途中交代出場の齊藤のパスから山口潤が左サイドを抜け出し得意の左足でゴール、2-0とする。その後、攻め込まれる時間帯が続き終了間際には相手にゴール前でフリーキックのチャンスを与える。しかし、このピンチはGK安才がスーパーセーブで防ぎ相手に得点を与えない。試合は結局2-0のまま試合終了。勝利を収め明日の準決勝に駒を進めた。
次試合
平成18年度高円宮杯(U-15)東京都大会決勝トーナメント準決勝10月8日(日)15:45キックオフvs三菱養和調布@深川グランド
その他のチームを含めた組合せ表についてはこちらをご覧下さい。(東京都サッカー協会→大会情報→クラブユース連盟→平成18年度高円宮杯(U-15)東京都大会)
9/30(土)  会場は見学ができないため、記載いたしません (キックオフ 17:30 )
平成18年度高円宮杯(U-15)東京都大会2次リーグ第3戦

[ 11 - 1 ] FC町田

FC東京得点者
重松健太郎(1分)、重松健太郎(5分)、碓井鉄平(6分)、梅内和磨(20分)、碓井鉄平(24分)、重松健太郎(26分)梅内和磨(31分)、山口潤(33分)、稲垣祥(48分)、碓井鉄平(54分)、稲垣祥(69分)
FC東京出場選手
GK 1,安才武志→16,河田拓馬(36分)
DF 21,廣木雄磨→3,齊藤健二(13分)、5,山元大地、9,山口隼哉、11,平塚拓真
MF 7,碓井鉄平、6,年森勝哉→15,稲垣祥(36分)、14,松本和茂、13,梅内和磨→19,武田卓(36分)
FW 12,山口潤、10,重松健太郎→4,郡卓也(36分)
寸評
高円宮杯東京都大会2次リーグ第3戦は、FC町田との対戦となった。決勝トーナメントに進出するためには勝利が必要であり、立ち上がりから気迫を込めて戦った。開始1分に中央のパス交換から重松が決めて先制すると得点を重ねていき、前半で8得点を奪う。後半に入ってメンバーが変わってもアグレッシブなプレーは変わらず、1点を奪われるものの3点を奪い、11-1で勝利を収めた。次の決勝トーナメント1回戦は、ヴェルディとの対戦となった。チーム一丸となって勝利に向かってプレーしたい。
次試合
この結果、FC東京U-15むさしはは2次リーグFグループ1位で決勝トーナメント進出が決定しました。<次試合>平成18年度高円宮杯(U-15)東京都大会決勝トーナメント1回戦10月7日(土)14:45キックオフvsヴェルディJrユース@三菱養和巣鴨グランド
その他のチームを含めた組合せ表についてはこちらをご覧下さい。(東京都サッカー協会→大会情報→クラブユース連盟→平成18年度高円宮杯(U-15)東京都大会)
9/24(日)  会場は見学ができないため、記載いたしません。 (キックオフ 16:00 )
平成18年度高円宮杯(U-15)東京都大会2次リーグ第2戦

[ 5 - 1 ] FC多摩

FC東京得点者
山口潤(28分)、平塚拓真(37分)、年森勝哉(41分)、重松健太郎(49分)、山口潤(65分)
FC東京出場選手
GK 1,安才武志
DF 21,廣木雄磨、5,山元大地、9,山口隼哉、11,平塚拓真
MF 17,鎌田竣也→4,郡卓也(61分)、6,年森勝哉、14,松本和茂→19,武田卓(67分)、13,梅内和磨→7,碓井鉄平(44分)
FW 12,山口潤、10,重松健太郎→15,稲垣祥(67分)
寸評
高円宮杯東京都大会2次リーグ第2戦は、FC多摩との対戦となった。決勝トーナメントに進出するためにはお互いに勝利が必要であり、緊迫した立ち上がりとあった。FC多摩のロングボールを多用した攻撃の前になかなかリズムをつかめずにいたが、辛抱強くプレーして徐々にリズムをつかみ、28分に山口潤が得点する。後半に入って37分に平塚のフリーキックが直接決まると、その後も年森、重松が追加点を奪う。フリーキックから1点を返されるが、終了5分前に山口潤がダメ押しゴールを決め、5-1で勝利を収めた。次の試合もきっちり勝利を収め、決勝トーナメント進出を決めたい。
次試合
平成18年度高円宮杯(U-15)東京都大会2次リーグ第3戦9/30(土)17:30キックオフvsFC町田@会場は見学ができないため、記載いたしません。
その他のチームを含めた組合せ表についてはこちらをご覧下さい。(東京都サッカー協会→大会情報→クラブユース連盟→平成18年度高円宮杯(U-15)東京都大会)
9/18(月祝)  会場は見学ができないため、記載いたしません。 (キックオフ 16:00 )
平成18年度高円宮杯(U-15)東京都大会2次リーグ第1戦

[ 3 - 3 ] 第二砂町中学校

FC東京得点者
年森勝哉(1分)、山口潤(63分)、重松健太郎(70分)
FC東京出場選手
GK 16,河田拓馬→1,安才武志(61分)
DF 2,角田健敏、5,山元大地、9,山口隼哉→12,山口潤(42分)、11,平塚拓真
MF 7,碓井鉄平、6,年森勝哉、14,松本和茂→21,廣木雄磨(36分)、13,梅内和磨
FW 4,郡卓也→17,鎌田竣也(36分)、10,重松健太郎
寸評
高円宮杯(U-15)東京都大会2次リーグ第1戦は、第二砂町中学との対戦となった。開始30秒に右サイドを突破し、平塚からのクロスを年森が決めて先制するも、その後は相手の守備を崩せない。逆に中盤のミスからDFラインの裏を突かれて失点。1-1で前半を終了する。後半に入り、カウンターからDFラインの裏を突かれ連続失点。その後、猛攻を仕掛け63分にコーナーキックから山口潤が、ロスタイムに山元のクロスを重松が決めて同点に追いついた。決勝トーナメントに進むためには次の試合は絶対に勝利が必要になる。チームの団結力を高め、次の試合に臨みたい。
次試合
平成18年度高円宮杯(U-15)東京都大会2次リーグ第2戦9/24(日)16:00キックオフvsFC多摩@会場は見学ができないため、記載いたしません。。
その他のチームを含めた組合せ表についてはこちらをご覧下さい。(東京都サッカー協会→大会情報→クラブユース連盟→平成18年度高円宮杯(U-15)東京都大会)
9/16(土)  会場は見学ができないため、記載いたしません。 (キックオフ 17:30 )
平成18年度高円宮杯(U-15)東京都大会1次リーグ第3戦

[ 1 - 0 ] ジェファ

FC東京得点者
鎌田竣也(36分)
FC東京出場選手
GK 1,安才武志
DF 11,平塚拓真→15,稲垣祥(63分)、22,廣木雄磨→9,山口隼哉(60分)、3,齊藤健二、2,角田健敏
MF 7,碓井鉄平→18,内田貴之(57分)、6,年森勝哉、4,郡卓也→17,鎌田竣也(36分)、14,松本和茂
FW 10,重松健太郎、13,梅内和磨→8,吉武蓮(50分)
寸評
高円宮杯第18回全日本ユースサッカー(U-15)選手権大会東京都予選1次リーグ第3戦は、ジェファとの対戦となった。立ち上がりからプレッシャーをかけてボールを奪いにいき、アグレッシブに攻撃を仕掛けるが、ジェファの集中した守備の前に得点を奪えず前半を終了する。後半開始直後、後半から投入された鎌田が重松からのボールを受け、DFラインの裏を破ってゴールを奪う。その後もチャンスを作り出すが得点を追加できず、1-0で終了した。相手の守備組織を破る攻撃のコンビネーションを磨き、決定力を高めて2次リーグの試合に臨みたい。
次試合
平成18年度高円宮杯(U-15)東京都大会2次リーグ第1戦9/18(月)16:00キックオフvs第二砂町中学@会場は見学ができないため、記載いたしません。
その他のチームを含めた組合せ表についてはこちらをご覧下さい。(東京都サッカー協会→大会情報→クラブユース連盟→平成18年度高円宮杯(U-15)東京都大会)
9/9(土)  東京学芸大学総合グランド (キックオフ 17:30 )
平成18年度高円宮杯(U-15)東京都大会1次リーグ第2戦

[ 12 - 0 ] 清瀬第二中学校

FC東京得点者
山元大地(12分)、稲垣祥(19分)、山口隼哉(22分)、山口隼哉(25分)、梅内和磨(27分)、松本和茂(29分)、重松健太郎(36分)、年森勝哉(54分)、山口潤(58分)、稲垣祥(60分)、山口潤(60分)、重松健太郎(69分)
FC東京出場選手
GK 16,河田拓馬
DF 8,吉武蓮、5,山元大地→22,江口貴俊(36分)、3,齊藤健二→2,角田健敏(36分)、18,内田貴之
MF 14,松本和茂→22,廣木雄磨(36分)、7,碓井鉄平→6,年森勝哉(36分)、15,稲垣祥、9,山口隼哉→24,諸井孝太(36分)
FW 13,梅内和磨→10,重松健太郎(36分)、4,郡卓也→12,山口潤(36分)
寸評
高円宮杯第18回全日本ユースサッカー(U-15)選手権大会東京都大会1次リーグ第2戦は、清瀬第二中との対戦となった。先週同様、立ち上がりからボールを支配して攻撃を仕掛け、序盤はミスも目立ったものの、12分に山元のインターセプトからのミドルシュートで先制点を奪うと、前半6点、後半6点を奪い12-0で勝利した。攻撃はボールを動かしながらコンビネーションで相手の守備陣を破っていくこと、守備はチームでボールを奪いにいくことの共通理解が見えてきている。さらに質を上げ、次の試合に向かっていきたい。
次試合
※この結果、FC東京U-15むさしは2次リーグへの進出が決定しました。<次試合>平成18年度高円宮杯(U-15)東京都大会1次リーグ第3戦9/16(土)17:30キックオフvsジェファ@会場は見学ができないため、記載いたしません。
その他のチームを含めた組合せ表についてはこちらをご覧下さい。(東京都サッカー協会→大会情報→クラブユース連盟→平成18年度高円宮杯(U-15)東京都大会)
9/3(日)  東京学芸大学総合グランド (キックオフ 17:00 )
平成18年度高円宮杯(U-15)東京都大会1次リーグ第1戦

[ 10 - 0 ] 牛込第二中学校

FC東京得点者
重松健太郎(23分)、山口潤(25分)、重松健太郎(36分)重松健太郎(38分)、郡卓也(42分)、鎌田竣也(46分)、山口潤(49分)、郡卓也(57分)、碓井鉄平(61分)、郡卓也(62分)
FC東京出場選手
GK 1,安才武志
DF 2,角田健敏→3,齊藤健二(36分)、22,廣木雄磨→9,山口隼哉(36分)、18,内田貴之→11,平塚拓真(36分)、5,山元大地
MF 7,碓井鉄平、19,武田卓→4,郡卓也(36分)、14,松本和茂→6,年森勝哉(36分)13,梅内和磨→17,鎌田竣也(36分)
FW 10,重松健太郎→15,稲垣祥(46分)、12,山口潤
寸評
高円宮杯第18回全日本ユースサッカー(U-15)選手権大会東京都予選1次リーグ第1戦は、牛込第二中学校との対戦となった。立ち上がりからボールを支配して攻撃を仕掛けるが、相手の必死の守りもあり、なかなか得点が奪えない。23分に中盤のワンタッチパスから左に展開し、山口潤のクロスを重松が合わせ、先制点を奪う。ここからは、大きなピンチもなく得点を重ね、10-0で勝利を収めた。攻撃の質をさらに向上させ、次のゲームに向かいたい。
次試合
平成18年度高円宮杯(U-15)東京都大会第2戦9/9(土)17:30キックオフvs清瀬第二中学校@東京学芸大学総合グランド
その他のチームを含めた組合せ表についてはこちらをご覧下さい。(東京都サッカー協会→大会情報→クラブユース連盟→平成18年度高円宮杯(U-15)東京都大会)
8/30(水)  国立競技場 (キックオフ 17:15 )
U-15スペシャルマッチ

[ 1 - 1 ]

FC東京得点者
小林聖弥(21分)
FC東京出場選手
GK 20,下川照平→25,谷俊勲(15分)
DF 19,湯浅寿紀、21,小林聖弥、24,新地寿史兆、31,橋詰晃→26,下川陽平(15分)
MF 23,庄司恭平、27,小山北斗、28,中村進太郎→34,米倉翼(15分)、33,伊藤大貴→32,木村竜也(15分)
FW 22,岩木慎也、30,富樫謙→29,白崎凌兵(15分)
寸評
※U-15深川試合結果欄にも同様の試合ダイジェストを掲載しております。
J1リーグ第21節セレッソ大阪戦の試合開始前に今年で3回目のU-15スペシャルマッチが行われた。試合はU-15深川が伊東の得点で先制。その後は両チーム激しい攻防を繰り広げた。21分には、U-15むさしの小林がゴール。
試合は結局1-1の引き分けに終わった。
次試合
8/27(日)  会場は見学ができないため、記載いたしません。 (キックオフ 17:00 )
平成18年度 高円宮杯第18回全日本ユースサッカーU-15選手権クラブ東京予選2次リーグ第3節

[ 9 - 0 ] 城北ランシールズ

FC東京得点者
梅内和磨(7分)、梅内和磨(16分)、郡卓也(29分)鎌田竣也(43分)、鎌田竣也(46分)郡卓也(55分)、松本和茂(62分)重松健太郎(66分)、山元大地(68分)
FC東京出場選手
GK 16,河田拓馬
DF 2,角田健敏→5,山元大地(36分)、9,山口隼哉→14,松本和茂(54分)18,内田貴之、3 ,齊藤健二
MF 7,碓井鉄平→10,重松健太郎(54分)、19,武田卓→22,廣木雄磨(62分)、6,年森勝哉→8,吉武蓮(36分)、15,稲垣祥
FW 4,郡卓也、13,梅内和磨→17,鎌田竣也(36分)→12,山口潤(54分)
寸評
高円宮杯第18回全日本ユースサッカー(U-15)選手権大会クラブ東京予選2次リーグ第3節は、城北ランシールズとの対戦となった。立ち上がりからピッチを広く使い、激しくポジションチェンジをしてスペースを支配する。7分に梅内が先制点を奪うと、前半に2点を加点して3-0で折り返す。後半に入ってメンバーを代えるが、相手にペースを奪われることなく6点を追加し、9-0で勝利を収めた。都大会は厳しい試合が続くが、一戦一戦勝利をものにしていきたい。
次試合
平成18年度 高円宮杯第18回全日本ユースサッカーU-15選手権東京予選(中体連チーム含む)の対戦スケジュールにつきましては、決まり次第お知らせします。。
その他のチームを含めた組合せ表についてはこちらをご覧下さい。(東京都サッカー協会→大会情報→クラブユース連盟→平成18年度高円宮杯第18回全日本ユースサッカー(U-15)選手権大会クラブ東京予選→結果)
8/26(土)  小菅グランド (キックオフ 10:00 )
平成18年度 高円宮杯第18回全日本ユースサッカーU-15選手権クラブ東京予選2次リーグ第2節

[ 2 - 1 ] ジェファFC

FC東京得点者
山口潤(23分)、松本和茂(43分)
FC東京出場選手
GK 1,安才武志
DF 2,角田健敏、22,廣木雄磨、11,平塚拓真、5,山元大地
MF 17,鎌田竣也、14,松本和茂、6,年森勝哉、13,梅内和磨
FW 10,重松健太郎、12,山口潤
寸評
高円宮杯第18回全日本ユースサッカー(U-15)選手権大会クラブ東京予選2次リーグ第2節は、ジェファFCとの対戦となった。ピッチはクレーでサイズも狭く、その中でいつも通りの技術・判断力を発揮できるかが試された。集中した立ち上がりを見せ、前線からの早いフプレスとピッチを広く使う攻撃を狙っていく。23分に左から梅内がクロス。中央の山口潤が右足で決め先制する。後半立ち上がりに失点するが、43分に鎌田の右からのクロスに松本が決めて引き離す。その後も相手の粘り強い戦いに苦戦するも集中を切らさず勝利をものにした。この結果、2次リーグ2位以上が決まり高円宮杯クラブ東京予選2次リーグ通過が決まり、中体連を含めた高円宮杯東京都予選への進出を決めた。明日の2次リーグ最終戦も良い内容で勝利を収めたい。
次試合
※この結果、FC東京U-15むさしは高円宮杯クラブ東京予選2次リーグを通過、中体連を含めた高円宮杯東京都予選への進出が決定しました。<次試合>平成18年度 高円宮杯第18回全日本ユースサッカーU-15選手権クラブ東京予選2次リーグ第3節 8/27(日) 17:00キックオフvs城北ランシールズ ※会場は見学ができないため、記載いたしません。
その他のチームを含めた組合せ表についてはこちらをご覧下さい。(東京都サッカー協会→大会情報→クラブユース連盟→平成18年度高円宮杯第18回全日本ユースサッカー(U-15)選手権大会クラブ東京予選→結果)
7/16(日)  小菅グランド (キックオフ 14:00 )
平成18年度 高円宮杯第18回全日本ユースサッカーU-15選手権クラブ東京予選2次リーグ第1節

[ 4 - 0 ] 東京小山

FC東京得点者
山口潤(5分)、碓井鉄平(13分)碓井鉄平(32分)、重松健太郎(49分)
FC東京出場選手
GK 1,安才武志 →16,河田拓馬(50分)
DF 3,齋藤健二→18,内田貴之(46分)、9,山口隼哉→8,吉武蓮(46分)、11,平塚拓真→14,松本和茂(35分)、5,山元大地→2,角田健敏(46分)
MF 4,郡卓也、7,碓井鉄平、6,年森勝哉、13,梅内和磨→15,稲垣祥(35分)
FW 10,重松健太郎→17,鎌田竣也(46分)、12,山口潤→19,武田卓(46分)
寸評
高円宮杯第18回全日本ユースサッカー(U-15)選手権大会クラブ東京予選2次リーグ第1節は、東京小山との対戦となった。ピッチはクレーでサイズも狭く、いつもの環境と異なる状況でどのようなプレーができるかが見ものであった。序盤から攻勢にゲームを進め、5分に中盤でボールを奪って速い攻撃から山口潤が決め先制。その後もFWへのくさびから攻撃を組み立てようとするが、クレーのピッチと相手のプレッシャーに苦しみ、なかなか良い形がつくれない。前半に、碓井が2列目からの飛び出しから2点を追加、後半には中央を抜け出した重松が追加点を奪い、4-0で勝利した。2次リーグ第2戦までの約1ヶ月のトレーニング期間で心技体ともレベルアップし、次の公式戦に臨みたい。
次試合
平成18年度 高円宮杯第18回全日本ユースサッカーU-15選手権クラブ東京予選2次リーグ第2節 8/26(土) 10:00キックオフvsジェファFC@小菅グランド
その他のチームを含めた組合せ表についてはこちらをご覧下さい。(東京都サッカー協会→大会情報→クラブユース連盟→平成18年度高円宮杯第18回全日本ユースサッカー(U-15)選手権大会クラブ東京予選→結果)
7/2(日)  東京学芸大学総合グランド (キックオフ 15:30 )
練習試合(平成18年度 高円宮杯第18回全日本ユースサッカーU-15選手権クラブ東京予選1次リーグ第4戦の予定でしたが、FC渋谷に不都合があり本日の試合は練習試合扱い)

[ 7 - 0 ] FC渋谷

FC東京得点者
郡卓也(1分)、吉武蓮(20分)、梅内和磨(37分)、山元大地(40分)、碓井鉄平(48分)、鎌田竣也(50分)、吉武蓮(51分)
※練習試合に変更になった件、報告が遅くなった事をお詫び申し上げます。
FC東京出場選手
GK 16,河田拓馬
DF 2,角田健敏→9,山口隼哉(52分)、5,山元大地、18,内田貴之→3,齋藤健二(39分)、8,吉武蓮
MF 6,年森勝哉→10,重松健太郎(30分)、7,碓井鉄平、17,鎌田竣也
FW 15,稲垣祥→武田卓(52分)、13,梅内和磨、4,郡卓也→12,山口潤(52分)
寸評
U-15むさしはFC渋谷と対戦。立ち上がり1分に郡が相手ディフェンスの裏を抜け出し先制点を奪うと、試合を支配するものの決定機に決めきれず苦しい時間帯が続いた。しかし、20分には吉武が右サイドからのグラウンダーのクロスをダイレクトであわせ追加点。慣れない4-3-3(DF=4人、MF=3人、FW=3人)のシステムがうまく機能しなかったが、苦しい時間帯に追加点を奪う事ができ前半を折り返した。後半は課題を修正しつつ、前線からプレスを掛けてボールを奪い、得点を重ねた。37分には梅内が個人技からゴールを奪うと、40分には山元が長い距離を走り効果的なオーバーラップからゴール。その後も48分に碓井。50分に鎌田、51分には吉武がゴールを奪い、結局7-0で勝利を収めた。
次試合
2次リーグの試合日程につきましては、分かり次第お知らせします。
その他のチームを含めた組合せ表についてはこちらをご覧下さい。(東京都サッカー協会→大会情報→クラブユース連盟→平成18年度高円宮杯第18回全日本ユースサッカー(U-15)選手権大会クラブ東京予選→結果)
7/1(土)  東京学芸大学総合グランド (キックオフ 18:30 )
平成18年度 高円宮杯第18回全日本ユースサッカーU-15選手権クラブ東京予選1次リーグ第3戦

[ 4 - 0 ] クリアージュ

FC東京得点者
碓井鉄平(30分)、重松健太郎(35分)、碓井鉄平(49分)、郡卓也(55分)
FC東京出場選手
GK 1,安才武志→16,河田拓馬(45分)
DF 3,齊藤健二、9,山口隼哉→15,稲垣祥(38分)、11,平塚拓真→18,内田貴之(30分)、2,角田健敏
MF 14,松本和茂→4,郡卓也(46分)、7,年森勝哉、13,梅内和磨→19,武田卓(45分)
FW 10,重松健太郎、12,山口潤
寸評
高円宮杯第18回全日本ユースサッカー(U-15)選手権大会クラブ東京予選1次リーグ第3戦は、クリアージュとの対戦となった。自陣にブロックを形成して守る相手に対し、ピッチを広く使いながら攻撃を仕掛けるが、なかなか崩すことができず、逆に相手のカウンターを受けるシーンをつくられる。 30分に年森がドリブルで仕掛けた後のこぼれ球を平塚がつなぎ、碓井が左足で決め先制点を奪う。35分にも重松が追加点を奪い、前半を2-0で終了。後半は、相手を崩すシーンが増え、2点を追加し、4-0で終了した。明日の試合も良い形で勝利し、2次リーグに向かいたい。
次試合
この結果、FC東京U-15むさしは1次リーグ1位で2次リーグ進出決定です。平成18年度 高円宮杯第18回全日本ユースサッカーU-15選手権クラブ東京予選1次リーグ第4戦7/2(日)15:30キックオフvsFC渋谷@東京学芸大学総合グランド
その他のチームを含めた組合せ表についてはこちらをご覧下さい。(東京都サッカー協会→大会情報→クラブユース連盟→平成18年度高円宮杯第18回全日本ユースサッカー(U-15)選手権大会クラブ東京予選→結果)
6/24(土)  東京学芸大学総合グランド (キックオフ 16:30 )
平成18年度 高円宮杯第18回全日本ユースサッカー(U-15)選手権クラブ東京予選1次リーグ第2戦

[ 10 - 0 ] 石神井マメックス

FC東京得点者
重松健太郎(9分)、碓井鉄平(14分)、鎌田竣也(17分)、鎌田竣也(24分)、稲垣祥(35分)、年森勝哉(40分)、梅内和磨(43分)、内田貴之(50分)、オウンゴール(55分)、内田貴之(59分)
FC東京出場選手
GK 16,河田拓馬→1,安才武志(30分)
DF 3,齋藤健二→2,角田健敏(30分)、9,山口隼哉、11,平塚拓真→18,内田貴之(30分)、4,郡卓也→8,吉武蓮(30分)
MF 14,松本和茂、7,碓井鉄平→6,年森勝哉(30分)、19,武田卓→5,山元大地(30分)、17,鎌田竣也→13,梅内和磨(30分)
FW 10,重松健太郎→12,山口潤(30分)、15,稲垣祥
寸評
高円宮杯東京予選1次リーグ第2戦は、石神井マメックスとの対戦。立ち上がり9分に、平塚がサイドをオーバーラップして上げたクロスに重松が合わせて先制。14分には、左から松本が上げたクロスを鎌田が折り返し、碓井が決めて2点目。その後は、1人ひとりのボールを持つ時間が長くなり、テンポの良い崩しができなかったが、その後2点を追加し、前半を4-0で終える。後半は前半よりも1人ひとりが判断を早くしてボールを動かし、良い形の攻撃が多くなり、6点を追加。結局10-0で勝利を収めた。次のゲームに向けて、グループ・チームとして狙いを持った攻撃ができるよう準備をしていきたい。
次試合
平成18年度 高円宮杯第18回全日本ユースサッカーU-15選手権クラブ東京予選1次リーグ第3戦7/1(土)18:30キックオフvsクリアージュ@東京学芸大学総合グランド
その他のチームを含めた組合せ表についてはこちらをご覧下さい。(東京都サッカー協会→大会情報→クラブユース連盟→平成18年度高円宮杯第18回全日本ユースサッカー(U-15)選手権大会クラブ東京予選→結果)
6/18(日)  東京学芸大学総合グランド (キックオフ 16:45 )
平成18年度 高円宮杯第18回全日本ユースサッカーU-15選手権クラブ東京予選1次リーグ第1戦

[ 27 - 0 ] 東京八王子FC

FC東京得点者
重松健太郎(1分)、碓井鉄平(6分)、重松健太郎(10分)、梅内和磨(15分)、重松健太郎(16分)、梅内和磨(19分)、山元大地(20分)、武田卓(23分)、碓井鉄平(25分)、梅内和磨(29分)、碓井鉄平(33分)、鎌田竣也(36分)、山口潤(38分)、山元大地(39分)、郡卓也(40分)、稲垣祥(42分)、山口潤(44分)、鎌田竣也(44分)、吉武蓮(45分)、山口潤(46分)、齋藤健二(47分)、稲垣祥(49分)、山口潤(52分)、山口潤(53分)、碓井鉄平(55分)、郡卓也(58分)、郡卓也(59分)
FC東京出場選手
GK 1,安才武志→16,河田拓馬(30分)
DF 3,齋藤健二、5,山元大地、11,平塚拓真→4,郡卓也(30分)、9,山口隼哉→8,吉武蓮(30分)
MF 14,松本和茂、7,碓井鉄平、19,武田卓→12,山口潤(30分)、15,稲垣祥
FW 10,重松健太郎、13,梅内和磨→17,鎌田竣也(30分)
寸評
高円宮杯東京予選1次リーグ第1戦は、新人戦でも対戦している東京八王子FCとの対戦となった。雨のため、ピッチに水が浮いている悪コンディションでの試合となった。開始から積極的にボールを奪いにいき、ゴールを目指す。序盤にいきなり重松がディフェンスラインの裏を抜け出しゴールを決めると前半に10得点を重ねる。後半に入っても試合はFC東京ペース。激しくボールを奪っては、中央を突破。中央にスペースがないとサイドで数意的優位を作りクロスをあげ果敢に相手ゴールに攻め込む。後半には17点を奪い、結局27-0で勝利した。次の試合も良い内容で勝利を目指したい。
次試合
平成18年度 高円宮杯第18回全日本ユースサッカーU-15選手権クラブ東京予選1次リーグ第2戦6/24(土)16:30キックオフvs石神井マメックス東京学芸大学総合グランド
その他のチームを含めた組合せ表についてはこちらをご覧下さい。(東京都サッカー協会→大会情報→クラブユース連盟→平成18年度高円宮杯第18回全日本ユースサッカー(U-15)選手権大会クラブ東京予選→結果)
5/14(日)  東京学芸大学総合グランド (キックオフ 17:00 )
平成18年度 第21回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会東京都予選3次リーグ第2戦

[ 5 - 0 ] FC杉野

FC東京得点者
年森勝哉(19分)、山口潤(22分)、碓井鉄平(31分)、重松健太郎(33分)、碓井鉄平(58分)
FC東京出場選手
GK 1,安才武志
DF 2,角田健敏、5,山元大地→14,松本和茂(45分)、11,平塚拓真、22,廣木雄磨→4,郡卓也(65分)
MF 6,年森勝哉→18,内田貴之(60分)、7,碓井鉄平、17,鎌田竣也→21,諸井孝太(45分)、13,梅内和磨→3,齊藤健二(35分)
FW 10,重松健太郎、12,山口潤→8,吉武蓮(60分)
寸評
3次リーグ第2戦はFC杉野との試合となった。緊張感のある立ち上がりで、お互いペースがつかめなかったが、19分に年森が先制点を奪うと攻撃の手を緩めずに前半だけで4得点を奪う猛攻を見せた。後半に入っても、相手陣地に深く攻め入る時間が長く続くが、決定的なチャンスをものにできず、逆にカウンターからピンチを招き危ない時間もあった。しかし、58分に碓井が追加点を奪うことができ、試合終了。5-0で勝利を収めることができた。この結果により、リーグ2位以上が確定し、予選リーグ突破が確定した。次節に勝利すればリーグ1位となり、関東大会出場が決まる。今後は課題となった決定力不足を改善し第3戦に臨みたい。
次試合
平成18年度 第21回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会東京都予選3次リーグ第3戦5/21(日)15:30キックオフvs三菱養和巣鴨@東京学芸大学総合グランドその他のチームを含めた対戦日程についてはこちらをご覧下さい。(東京都サッカー協会→大会情報→クラブユース連盟→平成18年度第21回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会東京都予選→日程)
5/13(土)  三菱養和巣鴨グランド (キックオフ 17:00 )
平成18年度 第21回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会東京都予選3次リーグ第1戦

[ 2 - 0 ] 三菱養和調布

FC東京得点者
重松健太郎(4分)、重松健太郎(40分)
FC東京出場選手
GK 16,河田拓馬
DF 8,吉武蓮→22,廣木雄磨(36分)、2,角田健敏、5,山元大地、11,平塚拓真→18,内田貴之(60分)
MF 19,武田卓→17,鎌田峻也(36分)、6,年森勝哉、7,碓井鉄平、13,梅内和磨→14,松本和茂(56分)
FW 12,山口潤→山口隼哉(64分)、10,重松健太郎→4,郡卓也(67分)
寸評
クラブユース選手権東京都予選3次リーグ初戦の相手は三菱養和調布。序盤からお互い硬さが見られるなか、4分には重松がゴールをあげ先制。その後も攻め続けるものの、決定機に決めきれず得点を奪う事ができない。迎えた40分、重松がこの日2点目となるゴールを奪い2-0。残りの時間帯も攻め続けたが得点には至らず、そのまま試合終了。2-0で勝利を収めた。
次試合
平成18年度 第21回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会東京都予選3次リーグ第2戦5/14(日)17:00キックオフvsFC杉野@東京学芸大学総合グランドその他のチームを含めた対戦日程についてはこちらをご覧下さい。(東京都サッカー協会→大会情報→クラブユース連盟→平成18年度第21回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会東京都予選→日程)
5/3(水祝)  ヤーン・スポーツパーク (キックオフ 18:40 )
2006FIFAワールドカップTMドイツ大会記念ベルリン・ユースサッカー大会決勝

[ 2 - 1 ] パリ選抜チーム(フランス)

FC東京得点者
水野純一(5分)、江口貴俊(60分)
FC東京出場選手
GK 16,平山洋太→1,田中将史(65分)
DF 14,遠藤匠→5川崎(65分)、3,原直之、4,寺前高博、11,廣木雄磨
MF 18,江口貴俊→2,秋岡活哉(65分)、6,関篤志→8,河内一馬(50分)、12,奥村一誠→17,小玉敏之(40分)、7,諸井孝太
FW 15,平口開斗→9,志摩邑幸祐(45分)、10,水野純→13,加部未蘭(40分)
寸評
決勝の相手は予選リーグ第3戦で0-2と敗れたパリ選抜チームが相手。開始4分にカウンターから水野が抜けだし、強烈なシュートで先制する。身体能力を生かした相手のロングボールを多用する戦術に対して、クリアボールをつなぎ、チャンスを作るが追加点を奪えないまま前半を折り返す。後半、ゴール前のFKを直接決められ同点とされるが、60分には加部が相手ペナルティエリアでボールを奪い、ニアサイドにとびこんだ江口に合わせゴール。そのままタイムアップとなり。優勝を収める事ができた。
次試合
5/2(火)  ゲッシェン・シュトラーゼ (キックオフ 16:40 )
2006FIFAワールドカップTMドイツ大会記念 ベルリン・ユースサッカー大会決勝トーナメント準決勝

[ 2 - 2 ] モスクワ選抜チーム(ロシア)

FC東京得点者
加部未蘭(3分)、江口貴俊(12分)
※PK戦の末、3-1で勝利。
FC東京出場選手
GK 1,田中将史(30分)→16,平山洋太(30分)
DF 14,遠藤匠→5,川崎智之(45分)、3,原直之、4,寺前高博、11,廣木雄磨
MF 18,江口貴俊→8,河内一馬(30分)、6,関篤志、12,奥村一誠→9,志摩邑幸祐(45分)、7,諸井孝太→17,小玉敏之(30分)
FW 15,平口開斗→2,秋岡活哉(45分)、13,加部未蘭→)10,水野淳一(40分)
寸評
決勝トーナメント準決勝はロシアのモスクワ選抜チームと対戦。前半から試合の主導権を握り2得点して前半を折り返すが、後半はモスクワの激しいプレッシャーに失点を許し、同点とされる。PK戦はGK平山が4本中3本を止める活躍で、決勝にコマを進めることができた。
次試合
同大会決勝トーナメント決勝5/3(水)18:40キックオフ vsパリ選抜チーム(フランス)@ヤーン・スポーツパーク
5/2(火)  ゲッシェン・シュトラーゼ (キックオフ 15:20 )
2006FIFAワールドカップTMドイツ大会記念 ベルリン・ユースサッカー大会予選リーグ第3戦

[ 0 - 2 ] パリ選抜チーム(フランス)

FC東京得点者
FC東京出場選手
GK 1,田中将史(30分)→16,平山洋太(20分)
DF 18,江口貴俊→14,遠藤匠(20分)、3,原直之→11,廣木雄磨(30分)、8,河内一馬→4,寺前高博(30分)、4,寺前高博→5,川崎智之(20分)
MF 11,廣木雄磨→18,江口貴俊(20分)→7,諸井孝太(30分)、6,関篤志→10,水野純一(30分)、12,奥村一誠→9,志摩村幸祐(20分)、7,諸井孝太→17,小玉敏之(20分)
FW 15,平口開斗→2,秋岡活哉(20分)、10水野純一→13,加部未蘭(20分)
寸評
予選リーグ第3戦はフランスのパリ選抜チーム。前半は、互角の戦いから、カウンターから失点を許し0-1で折り返す。後半、巻き返しを図り、得意のポゼッションサッカーを展開するが決定機に決めきれず、逆に終了間際に追加点を奪われ0-2で敗れた。しかし予選リーグ2位で決勝トーナメント準決勝に進出。
※FC東京出場選手欄で同じ選手の名前が記載されているのは大会特別ルールにより、何度も交代出場が可能な為。
次試合
同大会決勝トーナメント準決勝5/2(火)16:40キックオフvsモスクワ選抜チーム(ロシア)@ヤーン・スポーツパーク
5/1(月)  ヤーン・スポーツパーク (キックオフ 17:10 )
2006FIFAワールドカップTMドイツ大会記念 ベルリン・ユースサッカー大会予選リーグ第2戦

[ 3 - 1 ] ベルリン選抜チーム(ドイツ)

FC東京得点者
諸井孝太(18分)、諸井孝太(20分)、水野純一(29分)
FC東京出場選手
GK 1,田中将史(30分)→16,平山洋太(35分)
DF 14,遠藤匠→4,寺前高博(20分)、3,原直之、8,河内一馬、11,廣木雄磨
MF 18,江口貴俊、6,関篤志→5,川崎敏之(30分)、12,奥村一誠→9,志摩邑幸祐(10分)、7,諸井孝太→17,小玉敏之(35分)
FW 15,平口開斗→10,水野淳一(20分)、2,秋岡活哉→13,加部未蘭(30分)
寸評
予選リーグ第2戦は、地元ドイツのベルリン選抜チームが相手。前半から勢い良く攻め込むU-15むさしは18分に、諸井の2試合連続フリーキックからの得点で先制。続く20分にも諸井が決めて2-0とする。さらに29分には、志摩邑からのパスに水野がゴールを奪い3点目。その後、失点を許すが3-1で2戦目も勝利を収めた。全員が気持ちを込めて戦い勝ち取った勝利。ゴール前での執念が相手より勝っていた。この結果により決勝トーナメントへの進出が決定した。
次試合
同大会予選リーグ第3戦5月2日(火)15:20キックオフvsパリ選抜チーム(フランス)
5/1(月)  ヤーン・スポーツパーク(ドイツ・ベルリン) (キックオフ 15:30(現地時間) )
2006FIFAワールドカップTMドイツ大会記念 ベルリン・ユースサッカー大会予選リーグ第1戦

[ 3 - 0 ] ウィントフック選抜チーム(ナミビア)

FC東京得点者
諸井孝太(3分)、秋岡活哉(8分)、諸井孝太(17分)
FC東京出場選手
GK 16,平山洋太→1,田中将史(30分)
DF 14,遠藤匠→5,川崎智之(20分)、3,原直之、4,寺前高博、11,廣木雄磨→8,河内一馬(20分)
MF 18,江口貴俊、6,関篤志、12,奥村一誠→17,小玉敏之(30分)、7,諸井孝太→9,志摩邑幸祐(20分)
FW 15,平口開斗→10,水野淳一(20分)、2,秋岡活哉→13,加部未蘭(20分)
寸評
ナミビアのウィントフックとの対戦となった予選リーグ第1戦。試合序盤から果敢に攻め込むU-15むさしは3分に諸井がこぼれ球を押し込み先制。続く8分、平口からのパスを受けた秋岡が決めて2-0。さらに17分には諸井がフリーキックからゴールを奪い3-0とリードして前半を折り返す。後半に入っても一方的に攻め込むが得点を奪う事ができなかったが、結局3-0で勝利。予選リーグ第1戦を白星で飾った。
次試合
同大会予選リーグ第2戦5月1日(月)17:10キックオフvsベルリン選抜チーム(ドイツ)@ヤーン・スポーツパーク
2/26(日)  三菱養和調布グランド (キックオフ 19:00 )
『U-15むさし』第13回東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会決勝トーナメント5~6位決定戦

[ 3 - 4 ] 東京久留米

FC東京得点者
碓井鉄平(1分)、碓井鉄平(16分)、諸井孝太(65分)
FC東京出場選手
GK 1,安才武志
DF 8,吉武蓮→22,廣木雄磨(35分)、5,山元大地、18,内田貴之→14,松本和茂(35分)、4,郡卓也
MF 7,碓井鉄平、6,年森勝哉、13,梅内和磨→15,稲垣祥(59分)、21,諸井孝太
FW 10,重松健太郎、12,山口潤
寸評
第13回東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会決勝トーナメント5~6位決定戦は東京久留米との対戦となった。1日中降り続いた雨だったが、試合開始前には雨量が少なくなり、ピッチコンディションを確認しながら試合を進めていく必要があった。開始直後の1分に左サイドから諸井が突破し、中で待ち構えた碓井が合わせて先制。しかし、その後は中盤、DFラインでのパス交換が、雨のピッチで止まってしまい、ボールを奪われるシーンが増える。15分には、パスを奪われ失点を許す。16分に碓井がフリーキックを決めて引き離すも、すぐに追いつかれ、前半は2-2で終了。後半も相手の激しいディフェンス、雨のピッチに思うようなパス交換ができず、47分に失点。その後の決定機も決められず57分にも失点を許し2-4となる。その後の猛攻も65分の諸井のゴールのみで3-4というスコアで敗れた。U-15むさし2年生初の公式戦は6位という結果に終ったが、ここでの悔しさをバネに心技体とも成長した姿を、次の公式戦ではみせてくれるはずだ。
次試合
※この結果、FC東京U-15むさしは同大会を6位で終えました。。
その他のチームを含めた対戦日程、組み合わせ表についてはこちらをご覧下さい。(東京都サッカー協会→大会情報→クラブユース連盟→平成17年度第13回東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会)                
2/19(日)  深川グランド (キックオフ 14:30 )
『U-15むさし』第13回東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会決勝トーナメント順位決定戦

[ 4 - 1 ] JACPA

FC東京得点者
梅内和磨(17分)、梅内和磨(18分)、重松健太郎(31分)、年森勝哉(61分)
FC東京出場選手
GK 1,安才武志→16,河田拓馬(62分)
DF 2,角田健敏、5,山元大地、6,年森勝哉、4,郡卓也→18,内田貴之(53分)
MF 7,碓井鉄平、14,松本和茂、13,梅内和磨→15,稲垣祥(58分)、11,平塚拓真→19,武田卓(50分)
FW 10,重松健太郎、12,山口潤
寸評
第13回東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会決勝トーナメント順位決定戦はJACPAと対戦。昨日の敗戦から気持ちを切り替えて臨んだゲームであった。立ち上がりからピッチを広く使い、中央と両サイドから攻撃を仕掛けていく。17分に右サイドから中へ切り込んだ梅内が決めて先制。その1分後にも右からの平塚のクロスを梅内が決め連続ゴール。31分にも重松が決め、前半を3-0で折り返す。後半もボールを支配しゴールを重ねていくことを狙ったが、得点機になかなか決められず、逆に一瞬の隙からDFラインの裏を取られ失点する。その後も、勢いづいた相手に対し、スムーズな攻撃ができない時間帯が続いたが、61分に年森がサイドを正確に狙ったゴールで4点目を奪い、4-1というスコアでゲームを終了した。来週は同大会の最終戦となるが、これまでの反省材料を生かし、攻守ともにアグレッシブな内容で締めくくりたい。
次試合
第13回東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会決勝トーナメント5~6位決定戦2/26(日)19:00キックオフvs東京久留米@三菱養和調布グランド
その他のチームを含めた対戦日程、組み合わせ表についてはこちらをご覧下さい。(東京都サッカー協会→大会情報→クラブユース連盟→平成17年度第13回東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会)                
2/18(土)  深川グランド (キックオフ 13:00 )
『U-15むさし』第13回東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会決勝トーナメント2回戦

[ 0 - 1 ]

FC東京得点者
--
          
FC東京出場選手
GK 1,安才武志
DF 8,吉武蓮、2,角田健敏、5,山元大地、4,郡卓也→18,内田貴之(41分)、
MF 15,稲垣祥、14,松本和茂、7,碓井鉄平→11,平塚拓真(62分)、6,年森勝哉
FW 10,重松健太郎、13,梅内和磨→12,山口潤(35分)
寸評
※U-15深川試合結果欄にも同様の試合ダイジェストを掲載しております。
 東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会(新人戦)はベスト4をかけて、公式戦初となるU-15むさし対U-15深川の対戦が実現した。 
序盤から両チームがゲームの主導権をつかもうと積極的にボールを奪いに行く姿勢、ゴールに向かう姿勢が見られ、非常に内容の濃いゲームとなった。
U-15深川の中盤でパスがまわり始めた9分、U-15むさしのクリアを右サイドの星(U-15深川)が拾い、そのままロングシュート。U-15深川が先制する。
得点を許したU-15むさしも、U-15深川の厳しいプレスをかわし攻撃に転じるが、碓井(U-15むさし)のFKがバーを叩くなど、なかなか追いつく事ができない。両者、一歩も引かないまま1-0で前半を終える。
後半に入ると、徐々にU-15深川がボールを支配する時間帯が長くなり、U-15深川ペースで試合が進む。終盤、U-15むさしも気持ちを前面に出した攻撃で幾度もU-15深川ゴールに襲い掛かるが、そのままタイムアップ。公式戦初の対戦はU-15深川に軍配が上がった。
次試合
第13回東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会決勝トーナメント順位決定戦2/19(日)14:30キックオフvsJACPA@深川グランド
その他のチームを含めた対戦日程、組み合わせ表についてはこちらをご覧下さい。(東京都サッカー協会→大会情報→クラブユース連盟→平成17年度第13回東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会)                
2/12(日)  江東区夢の島競技場 (キックオフ 10:00 )
『U-15むさし』第13回東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会決勝トーナメント1回戦

[ 6 - 3 ] 東京ウエスト

FC東京得点者
碓井鉄平(5分)、梅内和磨(26分)、山口潤(30分)、重松健太郎(35分)、武田卓(53分)、山口潤60分
FC東京出場選手
GK 1,安才武志→16,河田拓馬(36分)
DF 2,角田健敏、5,山元大地、8,吉武蓮→18,内田貴之(36分)、4,郡卓也→22,廣木雄磨(60分)
MF 7,碓井鉄平、14,松本和茂→3,齊藤健二(55分)、13,梅内和磨→11,平塚拓真(45分)、15,稲垣祥→19,武田卓(50分) 
FW 10,重松健太郎、12,山口潤
寸評
東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会決勝トーナメント1回戦は東京ウエストとの対戦となった。まずは5分、コーナーキックのチャンスに松本がつなぎ、碓井がコースを狙った正確なシュートで先制点を奪う。その後も相手のDFラインの裏、左右のスペースを使って攻撃を仕掛けるがなかなか決定機を決めらない。26分にDFラインの裏に抜け出した梅内が決めると、30分に山口潤、さらに35分には重松が決めて4-0として前半を折り返す。後半に入り、左サイドでファールを与え、FKからヘディングを決められ失点。その後も右サイドからゴールを奪われ2失点目を許す。53分には中央のパス交換から武田が決めて追加点を奪うが、ミスから3失点目。60分には山口潤がゴールを奪い、6-3というスコアでゲームが終了した。来週の2回戦はU-15深川との対戦となるが、このゲームの反省点を修正し、お互いの持ち味を十分発揮して高いレベルのゲームを行いたい。
次試合
第13回東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会決勝トーナメント2回戦2/18(土)13:00キックオフvsFC東京U-15深川@深川グランド
その他のチームを含めた対戦日程、組み合わせ表についてはこちらをご覧下さい。(東京都サッカー協会→大会情報→クラブユース連盟→平成17年度第13回東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会)
2/5(日)  三菱養和調布グランド (キックオフ 17:15 )
『U-15むさし』第13回東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会2次リーグ第3戦

[ 7 - 0 ] クリアージュ

FC東京得点者
梅内和磨(22分)、郡卓也(24分)、吉武蓮(31分)、山口潤(35分)、梅内和磨(38分)、山口潤(39分)、武田卓(68分)
FC東京出場選手
GK 1,安才武志→16,河田拓馬(36分)
DF 2,角田健敏→21,諸井孝太(60分)、5,山元大地、8,吉武蓮→22,廣木雄磨(36分)、4,郡卓也→11,平塚拓真(50分)
MF 7,碓井鉄平→3,齋藤健二(36分)、6,年森勝哉、9,山口隼哉→14,松本和茂(36分)、15,稲垣祥→27,小玉敏之(58分)
FW 13,梅内和磨、12,山口潤→19,武田卓(52分)
寸評
2次リーグ最終戦(第3戦)はクリアージュとの対戦となった。決勝トーナメント進出はすでに決めているが、良い内容のゲームを目指し、立ち上がりから気迫のこもったゲーム展開となった。DFライン、中盤エリアでの早いパス交換からサイドを破り、得点に結びつけようと攻撃を繰り返す。開始直後のビッグチャンスを逃すものの、22分に梅内のゴールで先制。その後も攻撃の手を緩めず、24分に郡、31分に吉武、35分には山口潤が得点を追加し、前半を終了する。メンバーを替えて臨んだ後半も開始3分、4分と連続でゴールを奪う。安定した守備から左右のサイドを使い、攻撃を仕掛けていく。退場者を出し、10人での戦いを強いられるが、慌てることなくゲームを進め、終了直前にもセットプレーから武田が得点を奪い、7-0での勝利を収めた。来週から決勝トーナメントが始まるが、この調子を維持し、良いゲーム内容で勝利を目指したい。
次試合
第13回東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会決勝トーナメント1回戦2/12(日)10:00キックオフvs東京ウエスト@江東区夢の島競技場
その他のチームを含めた対戦日程、組み合わせ表についてはこちらをご覧下さい。(東京都サッカー協会→大会情報→クラブユース連盟→平成17年度第13回東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会)
1/29(日)  駒沢補助競技場 (キックオフ 18:30 )
『U-15むさし』第13回東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会2次リーグ第2戦

[ 2 - 0 ] FC杉野

FC東京得点者
碓井鉄平(34分)、小玉敏之(52分)
FC東京出場選手
GK 1,安才武志
DF 2,角田健敏、5,山元大地、8,吉武蓮、22,廣木雄磨
MF 7,碓井鉄平、14,松本和茂→21,諸井健太(58分)、9、山口隼哉→27,小玉敏之(47分)、19,武田卓→13,梅内和磨(53分)
FW 10,重松健太郎→12,山口潤(65分)、15,稲垣祥
寸評
2次リーグ第2戦はFC杉野との対戦になった。先週の試合は雪のため延期となり、1週間の試合間隔が空いてのゲームとなった。FC杉野は、明らかにFC東京に合わせての戦い方を選択し、最終ラインに1人を余らせた5-4-1というシステムで、守備を固めてカウンター狙いという戦い方をとってきた。試合開始から激しいプレッシャーをかけてくる相手に対し、なかなかスペースが見つけられずリズムがつかめない展開であったが、徐々にボールがサイドに展開できるようになり、サイドを突破してクロスまで至る場面が出てくる。前半終了直前、中盤で奪ったボールを碓井と武田のワンツーから碓井が決めて先制。良い時間帯での得点であった。後半は、守備を固める相手に対し、相手のカウンターに十分気をつけながらサイドへの早い展開を意識した攻撃を仕掛ける。20分には中央にできたスペースに走りこんだ小玉へ重松からのパスが通り、最後は小玉が決めて追加点を奪う。その後の決定機は決めることができなかったが、危なげなく勝利を収めた。2次リーグは2勝で決勝トーナメント出場を決めた。次の試合も決勝トーナメントに向けて弾みをつけるためにも良いゲーム内容で勝利を収めたいものだ。
次試合
※この結果、FC東京U-15むさしは決勝トーナメント進出決定です。<次試合>第13回東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会2次リーグ第3戦2/5(日)17:15キックオフvsクリアージュ@三菱養和調布グランド
その他のチームを含めた対戦日程、組み合わせ表についてはこちらをご覧下さい。(東京都サッカー協会→大会情報→クラブユース連盟→平成17年度第13回東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会)
1/15(日)  西が丘サブグランド (キックオフ 13:00 )
『U-15むさし』第13回東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会2次リーグ第1戦

[ 3 - 1 ] 三菱養和調布

FC東京得点者
松本和茂(3分)、松本和茂(40分)、年森勝哉(54分)
FC東京出場選手
GK 16,河田拓馬
DF 2,角田健敏、4,郡卓也、5,山元大地、18,内田貴之→3,齊藤健二(30分)
MF 6,年森勝哉、7,碓井鉄平、14,松本和茂、15,稲垣祥→9,山口隼哉(51分)
FW 10,重松健太郎→17,鎌田竣也(57分)、12,山口潤→13,梅内和磨(35分)
寸評
2次リーグ初戦の試合はFC東京と同じく1次リーグを1位で突破してきた三菱養和調布との対戦。1次リーグ終了から20日間ほどの期間を経て、久々の公式戦となった。西が丘サブグランドは昨日の雨もあり、土のグランドでピッチの状態も悪く、選手にとってはやりづらいコンディションであった。しかし、開始早々の3分には碓井からのスルーパスに2列目から飛び出した松本が相手GKと1対1となり、落ち着いて決め先制。前半は2次リーグ初戦の堅さからか、慎重なプレーが目立ち追加点を奪えない。後半に入りダイナミックな攻撃を仕掛け始めた40分、右サイドを突破した年森の折り返しを松本がワンタッチシュートを決め2点目。54分には右コーナーキックからのボールを齊藤が頭で合わせ3点目。このままのスコアで終了かと思われた65分、スローインのボールをカットされた一瞬のスキからDFの裏をつかれ今大会初失点。結局、3-1で試合終了。終了間際に失点を奪われ課題の残る試合となった。この課題を次の試合に繋げていきたい。
次試合
第13回東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会2次リーグ第2戦1/21(土)13:00キックオフvsクリアージュ@駒沢第二球技場
その他のチームを含めた対戦日程、組み合わせ表についてはこちらをご覧下さい。(東京都サッカー協会→大会情報→クラブユース連盟→平成17年度第13回東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会)


  • NEWS
  • 選手・スタッフ
  • チケット・観戦
  • 試合日程
  • 試合結果
  • 記録・データ
  • U-18 U-15 試合結果
  • トレーニングスケジュール
  • ファンゾーン
  • ホームタウン活動
  • スクールご紹介
  • スクールへの入会
  • バレーボール
  • クラブ情報
東京ドロンパ このページの先頭に戻る
F.C.TOKYO Copyright Tokyo Football Club Co.,Ltd. All Rights Reserved. 個人情報について