Englishご意見箱
2016/17 V・チャレンジマッチ2日目
3.12 16:15 GAME START
FC東京 3 1 大分三好
大和スポーツセンター

2016/17 V・チャレンジマッチ1日目
3.11 18:10 GAME START
FC東京 3 0 大分三好
大和スポーツセンター

Vリーグチケット

バレーボールチームVOLLEYBALL TEAM

2012年度の一覧に戻る

GAME RESULT
2011/2012 試合結果詳細
大会名 2011/12 V・プレミアリーグ第3週2日目
開催日 2012年01月21日(土)
会場 大阪市中央体育館
SCORE
FC TOKYO
FC 東京
2
23 - 25
21 - 25
25 - 23
27 - 25
18 - 20
3
大分三好ヴァイセアドラー
2勝4敗 V S 2勝4敗
MEMBER
5 上場 雄也 6 山内 隆宏
10 山岡 祐也 11 グラディナロフ・ミロスラフ
14 加賀 龍哉 15 衛藤 英興
17 橋場 正裕 18 山本 雄史
19(リベロ) 高志保 匡 23(リベロ) 山本 洋平
26 木村 泰輔 27 三上 圭治郎
28 前田 和樹 30 手塚 大
STARTING MEMBER
1set 2set 3set 4set 5set
30 28 14 28 18 11 11 5 18 11 5 18 11 5 18
      (6)                      
18 10 11 30 14 10 14 10 27 14 10 27 14 10 27
      (27)   (5)   (26) (30)   (30) (28)   (30) (28)
L 23 L 23 L 23 L 19 L 19
    L 19    

()内は交代選手

大分三好にフルセットで敗れる

 第3週2日目の相手は、前日、JTサンダーズをフルセットの末に下し、今リーグ初勝利を挙げた大分三好ヴァイセアドラー。東京のスターティングメンバーに変更はなく、連勝を狙いに行く。

●第1セット 23-25
先発メンバー:グラディナロフ・加賀・前田・手塚・山本(雄)・山岡・リベロ:山本(洋)
選手交代:−
 これまでの試合での反省から、「試合序盤に相手に先行される状況を作らない」という課題を挙げていた東京だが、この日はほとんどのセットで後手に回ってしまった。
 第1セット、大分三好のエース・オンテレの強烈なスパイクとサーブに連続得点を許してしまい、1-4、5-9と点差を開けられる。2本目のサービスエースを奪われ、9-13となったところで、流れを切りたい東京はタイムアウト。その後、グラディナロフのバックアタックで10-13とする。手塚のサーブが走り、2本続けてのダイレクトポイントで14-15。差を縮めた東京は、手塚とグラディナロフのスパイク、ブロックで連続得点となり、20-18と試合を逆転する。しかし、再びオンテレにサーブが回ると、サービスエースやブロックで点を稼がれ、21-22。2度目のタイムアウト開けも前田のスパイクが止められ、追加点を許すと、大分三好のスパイクをブロックで止め切れずに、23-25でこのセットを落とした。

●第2セット 21-25
先発メンバー:山岡・グラディナロフ・山本(雄)・前田・手塚・加賀・リベロ:山本(洋)
選手交代:山岡→上場(17-17)・前田→山内(17-17)・手塚→三上(20-23)
 第2セットも、やはりオンテレのサーブに対応できずに、4-1から4連続失点。手塚、グラディナロフのスパイクと手塚のサーブで8-6とリードを作るが、今季、大分三好に新加入したレフト・高橋にもサーブで攻め込まれ、サーブレシーブの乱れに1度目のタイムアウトを取る。続く前田のスパイクはアウトになり、10-13。中盤では、加賀の速攻でサイドアウトを取った後、手塚のレフトからのスパイク、前田のサービスエースで同点に追い付く。だが、やはり相手の強いサーブに崩されて、19-21で東京は2度目のタイムアウト。ブロックフォローからの切り返しでサイドアウトを取りたいところだが、反対に、大分三好に東京のお株を奪われる形で試合を展開される。着実にブレイクポイントを重ねる相手に、21-25でセットを落とし、セットカウントは0-2となる。

●第3セット 25-23
先発メンバー:三上・山本(雄)・上場・グラディナロフ・加賀・山岡・リベロ:山本(洋)・高志保
選手交代:山岡→木村(21-20)・木村→山岡(21-21)・三上→手塚(24-23)
 後がなくなった第3セット。東京は前セット終盤からコートに入っていた上場と三上を残し、試合に臨む。ミスからの失点で4-7となっていたところから、上場、グラディナロフなどのサイド攻撃などで点を積む東京は、山本(雄)にブロックポイントが出て、10-9。このセット途中からリベロに、山本(洋)と新人の高志保を併用。しかし、山本(洋)がサーブレシーブを上げられず、ダイレクトポイントを相手に与えて、14-16と逆転を許してしまう。オンテレにサービスエースを奪われ、19-20。東京の2度目のタイムアウト明け、相手にミスが続いて1点リードの状況となると、サイドアウトでこれを守り、最後は大分三好に再びミスが出て、25-23。東京が1セットを取り返す。

●第4セット 27-25
先発メンバー:三上・山本(雄)・上場・グラディナロフ・加賀・山岡・リベロ:高志保
選手交代:山岡→手塚(21-23)・手塚→山岡(23-24)・三上→前田(24-24)・前田→三上(25-25)
 続く第4セットも、相手のスパイクを止め切れずに連続失点から6-9となる。オンテレにボールを集める大分三好に対し、サーブレシーブが乱れて攻撃が決まらない東京。9-15の場面で東京は2度のタイムアウトを早々に使い切るが、最大6点のリードをつけられ、試合を運ばれてしまう。しかし、前セットからコートに入っていた三上がサーブで相手を崩し、2本のサービスエースとブロックポイントなどで、18-19に。東京は速攻でサイドアウトを重ねると、グラディナロフのサーブで相手の守備を乱し、三上のダイレクトスパイク、加賀のブロックで23-23。先にセットポイントを奪われるも、グラディナロフのバックアタックが決まった直後に前田をブロッカーで投入。オンテレにトスが上がって来るという読みから、狙い通りに前田が1枚で相手の攻撃をシャットアウトして、25-24となる。続く山本(雄)も、ブロックでオンテレを止めて、27-25。東京は2セットを落としたところから、今リーグ2度目となるフルセットへと持ち込んだ。

●第5セット 18-20
先発メンバー:三上・山本(雄)・上場・グラディナロフ・加賀・山岡・リベロ:高志保
選手交代:山岡→手塚(12-11)・手塚→山岡(14-12)・三上→前田(15-15)・前田→三上(16-16)
 最終セットは、均衡した状況が続く。セット序盤はグラディナロフのサイド攻撃でサイドアウトを重ねる東京。ラリーとなり態勢を崩しながらも切り返したボールを、大分三好が打ち返してくるも、このスパイクはアウトになり、8-7。その後も相手に連続でスパイクミスが出て11-9となるが、ネット際の攻防でオーバーネットの反則を取られてしまい、同点に追い付かれる。東京のタイムアウト明けに連続得点し、14-11と先にマッチポイントを奪う東京。しかし、過去の悪い流れを思い起こさせるスパイクミスなどで、14-15と点差をひっくり返されてしまう。加賀のサーブで相手を揺ぶり、三上もスパイクで奮闘するが、最後はサーブレシーブを後ろに逸らしてしまい、試合終了。東京は目前の勝利を自ら手放してしまった。

 昨日のサントリーサンバーズ戦同様、強気なサーブとブロックで流れを掴みたかった東京。手塚や上場、三上を中心に効果的なサーブも見られたが、それ以上に大分三好の破壊力のあるサーブと、攻撃の軸であるオンテレに苦しんだ。1レグ最終戦となる明日のJTサンダーズ戦に勝利し、2レグへの良い弾みとしたい。

【試合後コメント】

《坂本監督》
「試合の序盤に、相手の強いサーブに崩され、後手に回って苦しい展開となってしまいました。相手の外国人選手がスパイクを決めてくるだろうということは承知の上で試合に臨んでいたのですが、相手に得点された後のサイドアウトを集中して取ることが出来ていませんでした。そこでの切り替えがうまくいかなかったことが、今日の結果に響いたと思います。新人の高志保は、チームでの全体練習をあまりしたことがない中で、がんばってくれました。また、交代で入った上場や三上もよくやってくれたと思います。
 最終セットに、14-12の場面から逆転されてしまうような、迷いのあるプレーをしていることが問題です。接戦の中でも確実に点が取れるチームになっていきたいと思います。
 本日も応援、誠にありがとうございました。明日またがんばりたいと思います」

《上場》
「序盤から相手にリードされて、自分たちのバレーボールが出来ず、苦しい展開になってしまいました。個人的な調子はあまり良くはありませんが、コートに入ったら思い切りやるしかありません。けれど、5セット目の後半のところでブロックされたりと、決め切るところで得点できていないので、そこはまだまだ調子を上げていかないと戦えないという印象です。サーブに関しては、ミスのないよう、なおかつ強く打つようにしています。昨年よりはトスも安定しているので、ある程度攻めていけているのではないかと感じています。
 ここまでの試合を通じて、途中から出場することが多いので、テンションを高く保って、コートに入ったら声を出すことを意識しています。コートの外と中で出来ることの両方があると思うので、そこを疎かにせず戦っていきたいです」

《高志保》
「初めてのリーグ戦出場でしたが、緊張はあまりなかったです。相手にリードされている場面で試合に入ったので、声を出すくらいしか出来ないと思い、アグレッシブに自分に出来ることはやろうしたのですが、何も出来ないまま終わってしまいました。
 実際にプレミアリーグの舞台に立ってみて、大学の時とは力が違うなと思いましたが、思ったよりも相手のスパイクは見えました。
 プレーの安定感を意識して、練習からしっかりやっていきたいと思います。今後はミスの少ない選手を目指します」

《三上》
「負けてしまったので、結果としては最低なのは間違いありませんが、2セットを取られたところから盛り返せたのは、チームにとって収穫だと思います。ですが、こういう試合展開をしているようでは、いつまでも強いチームにはなれません。負けている状況で、新人の高志保をコートに立たせてしまい、申し訳なく思います。(山本)洋平を含め、自分たちがもっとしっかり試合を作らなくてはいけません。
 個人としては、外から見ていても、コートの中の雰囲気が良くないということは感じたので、何とか良いムードを作ろうと、盛り上げていくことを一番念頭に置いてコートに入りました。4セット目は良い精神状態でサーブを打つことが出来ていたのですが、5セット目は1本もサーブを入れることが出来ませんでした。それは勝負していくところと、きちんとボールを入れていくところでの、迷いが生じたせいだと思います。次は同じミスをしないように気をつけます。チーム内の競争に勝って、レギュラーの座を奪えるよう、もっと良いパフォーマンスをして監督にアピールしていきたいです」

  • NEWS
  • 選手・スタッフ
  • チケット・観戦
  • 試合日程
  • 試合結果
  • 記録・データ
  • U-18 U-15 試合結果
  • トレーニングスケジュール
  • ファンゾーン
  • ホームタウン活動
  • スクールご紹介
  • スクールへの入会
  • バレーボール
  • クラブ情報
東京ドロンパ このページの先頭に戻る
F.C.TOKYO Copyright Tokyo Football Club Co.,Ltd. All Rights Reserved. 個人情報について