Englishご意見箱
11.26 13:00 KICK OFF
明治安田生命J1 第33節
VS サンフレッチェ広島
エディオンスタジアム広島
U23 公式ケータイサイト
青赤日記 バレーボール
試合・練習A GAME AND PRACTICE


Jリーグディビジョン1 第30節

2005年度の一覧に戻る

2005年11月12日 県立カシマサッカースタジアム ( Away )
1点のビハインドを今野のゴールで追いつくも、その後お互い決定打が出ずドローに終わる
1
前半 1 
後半 0 
 1 前半
 0 後半
 1
・42分:今野 泰幸  ・17分:岩政 大樹 
観衆 19,521人   天気 晴、弱風   気温 15.0度
主審 : 太田潔   副審 : 伊藤力喜雄  : 蒲澤淳一
7 シュート 22
19 GK 7
4 CK 11
9 直接FK 22
2 間接FK 5
2 オフサイド 3
0 PK 0
' 72 三浦 文丈
' 41 鈴木 規郎
警告 ' 65 リカルジーニョ
退場
Nr Pos    Change Name SH
1 GK   土肥 洋一
20 DF   加地 亮
3 DF   ジャーン 1
2 DF   茂庭 照幸
10 MF 64分 三浦 文丈
8 DF   藤山 竜仁
15 MF   鈴木 規郎 1
6 MF   今野 泰幸 1
14 MF   馬場 憂太 1
27 MF 72分 栗澤 僚一
23 MF   梶山 陽平
7 MF 78分 浅利 悟 1
11 FW   阿部 吉朗 2
9 FW   ルーカス
21Sub/GK 遠藤 大志
32Sub/FW 近藤 祐介
Nr Pos    Change Name SH
21 GK   曽ヶ端 準
15 DF   岩政 大樹 1
4 DF   大岩 剛
7 DF   新井場 徹 3
24 DF   青木 剛 1
2 DF 68分 名良橋 晃 1
8 MF   小笠原 満男 3
11 MF   深井 正樹 1
25 MF 70分 野沢 拓也 2
16 MF   フェルナンド 2
5 MF   リカルジーニョ
30 FW 81分 鈴木 隆行
10 FW   本山 雅志 7
9 FW   アレックス ミネイロ 1
29Sub/GK 杉山 哲
26Sub/MF 増田 誓志

好調さをそのままに リーグ3連勝を目指す!

 J1リーグ第30節はアウェーで鹿島アントラーズとの対戦。直近のリーグ戦対東京V、G大阪戦を逆転勝利、天皇杯4回戦の福岡戦も危なげない勝利で、現在はチームに勢いと粘り強さが出てきている。特に首位G大阪戦では早い時間に先制点を許すものの、まったく慌てることなく終始試合の主導権を握り逆転勝利、G大阪を圧倒した。

 鹿島は現在首位G大阪との勝ち点差1の2位で、今日の試合に賭ける意気込みは相当なものである。故障のため別メニューでの調整が続いていたMFリカルジーニョ、小笠原も先発に。原監督は「MF小笠原やFW本山は多少調子が悪くても、ボールを持つことができる。そこに気を取られていると、左MF深井が飛び出してくる。今鹿島で1番調子のいい深井の鋭い切れ味は一番警戒しなくてはいけない」と。

 対する東京は、ササがパラグアイ代表活動のため不在、戸田、金沢が怪我で離脱したのは痛いが、右サイドには加地が第26節大宮戦以来の先発復帰。特長でもあるダイナミックなサイド攻撃に期待したいところである。また、「今野と梶山のダブルボランチに馬場が絡んで勢いが出ている。それがいまのチームの一番の武器」と原監督。彼らを起点に、好調の阿部吉、鈴木規らスピードのある選手でサイドから勝負を仕掛けていく。特に鹿島のセンターバックは高さがあり前には強いが、その裏のスペースには弱く、またサイドバックが高い位置を取るため、攻守の切り替えを早くして後方のスペースを突けば、必ずチャンスをつくれるはずだ。

 第10節のホームでの対戦では「ケガの選手が多く、一番苦しい時期だったが、どこかおっかなびっくりで逃げていた」と原監督は省みる。今日は「アグレッシブに、どこが相手でも我々のよさをぶつけて、堂々と向かっていく」と話すように、真っ向勝負を仕掛け、苦手とするカシマでのアウェー試合と不利な状況ではあるが、勝ち点3をもぎとり、今季初のリーグ3連勝をめざす。試合は4:03pmに鹿島のキックオフで開始された。

先制を許すも今野のゴールで同点に

 試合前に原監督から「絶対に怖がらずに前から積極的に行こう」という指示どおり、試合開始から相手のボールに対して、激しいプッレシングをかけ、攻撃を仕掛けた。3分に鈴木規が左サイドを深くえぐりクロス。中央のルーカスにはうまく合わすことができず。9分、鹿島のボールを奪い、阿部吉が思い切ったミドルシュートを放つが、枠をはずれる。11分にはハーフウェイラインあたりで鹿島ボールを奪い、鈴木規がゴールに向かってドリブル突破。DFに囲まれ、エリアに入ったところで奪い返されるが、思い通りの戦いでペースを握った。

 しかし、試合巧者の鹿島は、劣勢にもかかわらず先制点を奪う。17分に右中盤からのFKをMFフェルナンドが左足でゴールに向かう速いボールを入れると、走り込んだDF岩政に合わされて、あっさり先制を許すことに。すると一転して徐々にボールを鹿島に支配されるようになる。25分、鹿島MF深井がミドルシュートはバーの上に。30分には東京ボールを奪って鋭い速攻から攻め込まれ、最後はMFフェルナンドが走りこみシュートするがゴール右外に。決定的な場面であったが追加点は奪われず。東京はボールを奪って攻撃に転じても、鹿島の厳しいプレスにボールを奪われる悪循環で、なかなかリズムをつくることができない。

 東京は原監督の指示で中央でのパス回しを避け、左右のサイドで徹底的に勝負するようになると、ようやく攻撃のリズムが出てきた。32分、右サイドから阿部吉が中央へドリブル、梶山にパスを渡すとこれをダイレクトで左エリア内にいた馬場へ。狙いすましてシュートを放つが、力弱く右外にはずれる。36分には東京のFK。ゴール左寄り23~4mの距離から鈴木規が直接狙うがバーの上。41分にルーカスが左エリアで勝負を仕掛けシュート。こぼれ球に鈴木規が突進、相手DFと交錯し倒れされたかに見えたが、ファールの判定で警告を受けることに。しかし勢いは完全に東京に傾きはじめる。

 すると42分の左CK。ショートコーナーで梶山からリターンを受けた馬場が思い切ってシュート。これはDFに阻まれるが、逆サイドにこぼれてきたボールを今野が拾いワントラップして左足シュート!相手DFの間を抜け、ネットに突き刺さり同点となる。その後は押し気味に試合を進めるも前半は1-1のまま終了。

お互い激しい攻防となるもドローで終了

 後半開始から一進一退の攻防が続く。49分、東京は左サイドの鈴木規からのクロスを最後は梶山にわたるがシュートを打てず。53分には左サイド馬場のゴール前への鋭い浮き球のパスに合わせ、どんぴしゃのタイミングで上がった阿部吉がヘッド! GKの好セーブに阻まれCKに。今度は鹿島が55分に右FKをMFフェルナンドが鋭いボールをゴール前に入れるがDFがクリア。59分には左サイドのDF新井場が、ドリブルからそのままシュートするもバーの上に。お互いDFラインを上げ、コンパクトな布陣でチャンスをうかがう。

 ところが東京にハプニングが起きる。64分に負傷した茂庭に代わり三浦を投入。DFラインには今野が入る布陣となった。68分にはカウンターから梶山→左サイドのルーカスへ。ドリブルで中央に切り込みシュートを放つも、相手DFがブロック。逆に鹿島もカウンターからFW本山がドリブルで中央突破、左サイドにいたFWアレックス ミネイロにパスを送り、これをダイレクトでシュート。わずかにゴール右にはずすも決定的な場面であった。

 鹿島がDF青木→DF名良橋、MF深井→MF野沢と交代、東京もMF馬場→MF栗澤に交代してお互いペースを引き込もうとするも、徐々に中盤での互角の勝負が、今野がいなくなったことで鹿島に傾きはじめる。73分にはMF野沢が、75分には波状攻撃から最後はDF新井場がシュートを放つも枠の外に。76分は左エリアからMF小笠原が決定的なシュートを放つも土肥がセーブしてCKに逃れる。

 78分に疲れのみえた梶山に代わって、第13節C大阪戦以来の出場となる浅利を投入、まずはしっかりとした守備からのカウンター狙いで、ペースを引き込もうとするも、今度は鹿島が81分にMFリカルジーニョに代えてFW鈴木を投入し、勝負に出てきた。鹿島がより攻撃的となり、防戦一方となるも、土肥を中心に全員が集中を切らすことなく追加点を許さず。

 逆に終盤になって東京も最後の力をふり絞って攻撃に出る。88分には速攻から鈴木規→ルーカスのラストパスを、ゴール正面に抜け出した阿部吉が受けるも鹿島DFに阻まれシュートは打てず。89分には左サイドで鈴木規がキープして、やや戻し気味にクロスを上げると、走り込んできた浅利がエリア外からダイレクトボレー、しっかり枠をとらえるも相手GKの正面に。結局、試合はこのまま終了。アウェーで貴重な勝ち点1を奪った!

 【選手コメント】《今野》「厳しい試合だった。自分たちのリズムの時に失点してしまったが、落ち着いていた。いままでどおりに前から仕掛けていけば勝てると思っていた。ゴールのシーンは、誰かに当たるかな…と思ったけれど、落ち着いて左足で打てた。ああいう場面でシュートまでいくことが大事だと思っている。モニさんがケガをして、そこからリズムが崩れそうになったが、みんな集中していて、守りきることができた」《土肥》「失点した時間が早かったが、その後もいい感じで自分たちのサッカーができていたと思う。相手が前に蹴ってきていたので、ルーカスが前に残っていると、DFラインが間延びしてしまう。そこでハーフタイムには、押し上げるのか、全体的に下がるか…という点を修正した。ただ茂庭がケガをして、DFラインが変わり、どうしてもバランスが崩れて鹿島に押し込まれた。MF小笠原やFWアレックス ミネイロにキープされ、そこにFW本山らが飛び出してきて、苦しかったが、DF陣がよく抑えてくれた。(自身のファインプレーについても)DFがコースを切ってくれていたから。こういう戦いで負けなかったことは自信になる。いままでの積み重ねで、選手個人個人に自信がついてきている。それが今の(負けなしの)結果につながっていると思う」

 【原監督の会見要旨】「鹿島は2位で優勝を争っているチーム。そして我々はカシマサッカースタジアムではナビスコカップでしか勝ったことがない。だから今日こそ勝ち点3を取りたかった。ここ(アウェー)でやる時は、どうしても鹿島にボールを持たれて後手後手になりがちだったが、怖がらず積極的に前からいこうと話をして試合に臨んだ。何度かいい形はあったが、一番注意していたリスタートから失点してしまった。これで嫌な感じがしたが、全員集中が切れることなく、我々の狙いであるしっかりとした守備ができた。そこからルーカスやサイドの鈴木規、阿部吉を使いたかったのだが。ボールを奪うまではよかったが、近くの選手へつなぐと鹿島の中盤からの激しいプレスで奪い返され、ピンチになったシーンが何度かあった。そこでハーフタイムには、もう少し奪った後サイドへちらし、相手の背後を突いていこうと指示をして、修正しようとした。ところが、後半いい形で入れるかなと思ったら、茂庭のケガというアクシデントがあり、彼が欠けてからはバタバタしてしまった。茂庭の穴をどう埋めるかは考えた。今野が中盤で効いていたことはわかっていたが、三浦の経験で他の選手をリードしてもらって凌ぎながら、またサイドを使っていこうという狙いで、今野を最終ラインに下げた。疲れが出てきた梶山、馬場のところに栗澤、浅利を入れ、しっかり守りながらカウンターを狙った。よい形も何回かあり、そこで決められていればよかったのだが。ただ、茂庭のアクシデントがあった中で、最後まで集中を途切らすことなく、よく戦ってくれた。勝ち点3が欲しかったが、いまは『1』も大事。鹿島も優勝を狙って、勝ち点3を取りに終盤は迫力ある攻撃を仕掛けてきたが、東京の選手も身体を張ってよく守り、勝ち点1を得ることができた」

 【鹿島・セレーゾ監督の会見要旨】「総合的に見てチームの内容はよかったと思う。ただ、シュートの本数を見てもらえば分かるが、そこでしっかり決めなくてはいけない。特に前半の内容には満足しているのだが、試合を決められるような場面でしっかり決められなかったことが最後には響いてしまった。ただ前半も完璧とはいかなかった。特に失点した場面から、ビルドアップせずにDF岩政、あるいは大岩からロングボールを入れるだけになってしまった。そこは修正しなくてはいけない。落ち着いてやれば大丈夫だった。またMF深井の本来の出来が、開始15分ぐらい経ってからやっと発揮されるようになったのは問題だった。疲労が原因なのか、理由は分からないが、本人とまた相談する必要がある。FW本山をトップ下で使っており、彼があまりサイドに流れてしまうと、中央でFWアレックス ミネイロのサポートをする人間がいなくなってしまう。もう少しフォワード間の距離、パス交換、リズムというものが求められるのではないか。後半の立ち上がり15分は東京のペースだったが、その時間帯を過ぎたところで茂庭がケガをし、守備的な選手が投入され、引き分け狙いということで徹底してきた。鹿島は途中出場の選手が流れを変えたが、最後にしっかり詰めることができなかった。それが引き分けという結果になった。総合的に見てそれほど悪い内容ではなかったが、改善しなければいけないことは『ホームで勝ち切る』ということ。今シーズンは勝ち点を落とすことが多かった。途中から入った選手は流れを変え、チャンスを作ってくれたことには満足している。今日のMVPは東京GKの土肥だと思う。MF野沢の動き出しには満足している。ボールに絡んでほしいという要求によく応えてくれた。DF名良橋は、まだケガ上がりで慎重に使っている部分がある。シーズンをケガなく終えることを一番に考えているし、その中で少しずつ試合勘、リズムを取り戻していってほしい。FW鈴木隆も10分という短い時間で特色を出してくれたと思う。

  • NEWS
  • 選手・スタッフ
  • チケット・観戦
  • 試合日程
  • 試合結果
  • 記録・データ
  • U-18 U-15 試合結果
  • トレーニングスケジュール
  • ファンゾーン
  • ホームタウン活動
  • スクールご紹介
  • スクールへの入会
  • バレーボール
  • クラブ情報
東京ドロンパ このページの先頭に戻る
F.C.TOKYO Copyright Tokyo Football Club Co.,Ltd. All Rights Reserved. 個人情報について