Englishご意見箱
9.23 土祝 16:00 KICK OFF
明治安田生命J1 第27節
VS 柏レイソル
日立柏サッカー場
U23 公式ケータイサイト
青赤日記 バレーボール
試合・練習A GAME AND PRACTICE


Jリーグディビジョン1 第31節

2005年度の一覧に戻る

2005年11月20日 味の素スタジアム ( Home )
前線からの厳しいプレスで試合の主導権を握り、梶山、阿部吉のゴールを守りきり、対千葉戦今季初勝利を飾る
2
前半 0 
後半 2 
 0 前半
 1 後半
 1
・84分:阿部 吉朗
・51分:梶山 陽平 
・64分:ハース 
観衆 25,933人   天気 晴、弱風   気温 12.9度
主審 : 山西博文   副審 : 名木利幸  : 安元利充
22 シュート 12
9 GK 17
11 CK 5
12 直接FK 18
1 間接FK 2
1 オフサイド 2
0 PK 0
' 58 馬場 憂太
警告 ' 77 阿部 勇樹
退場
Nr Pos    Change Name SH
1 GK   土肥 洋一
20 DF   加地 亮
3 DF   ジャーン 1
2 DF   茂庭 照幸
8 DF   藤山 竜仁 1
15 MF   鈴木 規郎 5
38 FW 79分 ササ サルセード
6 MF   今野 泰幸 2
14 MF   馬場 憂太 1
27 MF 74分 栗澤 僚一
23 MF   梶山 陽平 6
11 FW   阿部 吉朗 4
9 FW   ルーカス 2
21Sub/GK 遠藤 大志
10Sub/MF 三浦 文丈
7Sub/MF 浅利 悟
Nr Pos    Change Name SH
17 GK   櫛野 亮
3 DF   齋藤 大輔
15 DF   中島 浩司
24 DF   結城 耕造 1
16 MF   山岸 智 1
9 FW 75分 林 丈統 1
29 MF   水野 晃樹 1
22 MF 74分 羽生 直剛
7 MF   佐藤 勇人
6 MF   阿部 勇樹 3
2 MF   坂本 將貴
18 FW   巻 誠一郎 3
10 FW   ハース 2
20 MF 84分 工藤 浩平
30Sub/GK 岡本 昌弘
27Sub/DF 水本 裕貴

これ以上負けられない、ナビスコカップ覇者を打ち負かす!

 第31節はジェフユナイテッド千葉をホームに迎えての戦いとなる。今季、このカードは、ナビスコカップ予選リーグを含めて4戦目で、過去3試合はいずれも敗れている。それだけに、選手たちは「4戦して全敗するわけにはいかない」と相当な意気込みを見せていた。原監督も、これまでの対戦について「3試合ともすべて接戦で、1点差で敗れた。内容は決して悪くなく、わずかな差が勝敗を分けていた」と振り返る。そして「千葉には安定感があったが、いまの我々の状態なら、運動量でもこぼれ球へ反応でも、攻守の切り替えの速さでも負けていない」と、現在のチーム状況に手応えを感じている。

 先のナビスコカップでタイトルを獲得した千葉は、現在リーグ戦では5位につけている。首位のG大阪との勝ち点差は7で、逆転に望みをかけて、アウェーでも勝利を狙ってくるだろう。今節は3バックの中央を務めるDFストヤノフが出場停止、DFラインには、中島を起用。「マンツーマンでしっかり守り、攻撃になるとDFラインからも前に飛び出してくる。こちらが引いてしまうと、千葉の思うようにやられてしまう」と原監督。

 後方からの飛び出しと、サイドが高い位置まで上がり、前線のコンビネーションで相手DFを崩していくのが千葉の特徴。リーグ戦では、9月10日第23節以来、4勝4分けと負けなしの東京に対して、千葉も8月27日第21節以来、5勝5分と数字の上でもほぼ互角。これに対抗するには、いままで以上に前からプレスをかけ、守から攻への切り替えの速さが必要になってくるだろう。そして「ナビスコカップのチャンピオンに対して、受けに回るのではなく、チャレンジする気持ちで戦わなければ」と原監督は続ける。スピーディに攻撃を仕掛け、千葉の安定感を打ち破ることが勝利への条件だ。アグレッシブに戦い、ホームでの勝利をめざす!

前節鹿島戦では茂庭、加地が足首を負傷。今週の前半は別メニューでの調整が続いていたが、今日は元気な姿で先発に名を連ねた。試合は、本格的な冬の訪れを感じさせる味の素スタジアム、14時4分に千葉のキックオフでスタートした。

ともにスピーディなサッカーを展開するが、決定機を活かせず

 立ち上がりから、ともにスピーディなサッカーを展開した。東京は前からプレスをかけ、しっかりセカンドボールを拾って、多くのシュートシーンをつくった。3分には、鈴木規のクロスのこぼれをつないで、サイドを上がった藤山がシュートを放つ。5分には千葉の右クロスをジャーンがカット。鈴木規がドリブルで前線に駆け上がり、ラストは右から上がった梶山がシュートしたが、GKキャッチ。9分にはルーカスが右サイドに飛び出し、相手DFをかわして中央にパス。受けた梶山はわずかにタイミングがずれ、シュートできず、再びルーカスに。放ったシュートは相手DFに阻まれる。

 一方の千葉も、速いカウンターを仕掛け、東京ゴールに迫ってくる。12分には右MF坂本から右エリア内のFW巻にパスがとおり、シュート。東京DFが阻み、CKに。このCKをつながれ、中央からMF阿部がループシュート。土肥がクロスバーぎりぎりでセーブし、再びCKに逃れる。攻守がめまぐるしく入れ替わり、17分には東京の決定的な場面。速攻から加地の右クロスがファーにフリーで走りこんだ鈴木規に渡るが、ダイレクトで打ったシュートは枠を捉えられず、先制のチャンスを逃した。

 千葉も18分、FWハースが左エリアに切り込み、MF山岸を経由し、右エリア内からFW巻がシュート。26分にもカウンターからFW巻に決定的なシュートを放たれるが、これは土肥がナイスセーブ! ピンチをしのぐと、29分には右クロスをルーカスが落とし、中央に走りこんだ阿部吉がシュート。DFに阻まれる。35分には自陣で相手ボールを奪い、すぐさまルーカスが右前線に大きくサイドチェンジ。阿部吉が追いつき、エリア右で相手DFを切り返し、シュートするがバーの上。37分には今日初めての直接FKを得て、ゴール前左寄り約25mの距離から鈴木規が直接狙うが、相手の壁に阻まれる。

 どちらがゴールしてもおかしくないという一進一退の展開ながら、互いによく走り、攻守がかみ合ったプレーを繰り広げた。見応えのある攻防が続き、結果的に前半のシュート数は東京11本、千葉は8本放ったが、決定機を活かすことができず、勝負は後半に持ち越された。

梶山、阿部吉のゴールで、見応えある攻防を制す!!

 東京は前からのプレスがかかり、最終ラインもコンスタントに安定したプレーを発揮した。46分には、千葉の右サイドからのパスに合わせてMF水野にエリアに飛び出されるが、茂庭がきっちり寄せ、土肥がセーブ。48分には右サイドのFWハースから、エリア内まで上がったDF中島へ。中島は東京DFを引き付け、左にパス。MF山岸がフリーで放った決定的なシュートはバーの上にそれて事なきを得た。

 しかし、守備陣の安定により今野、梶山の両ボランチがよく攻撃に絡み、東京もチャンスをつくった。迎えた51分、左サイドで千葉のスローインを今野が奪い、ヘディングで中央のルーカスへ。ルーカスはすかさず前線に浮き球のパスを送る。これを再び今野が粘り強く追いかけ、エリア内で相手DFを振り切り、ゴール前にマイナスのパス。走りこんだ梶山がダイレクトで合わせてゴール! 今野の粘り強さとアグレッシブなプレーがゴールをアシスト、梶山がきっちり決めて先制した!

 これを機に試合は少々ペースダウン。ところが64分、千葉に速い攻撃を仕掛けられる。素早いリスタートから、MF坂本→右エリア内のMF山岸がゴール正面にはたき、フリーになっていたFWハースがゴール。守備が一瞬甘くなった隙を突かれてハースの同点弾を許してしまった。だが、東京もあわてずに追加点を狙いにいく。69分には千葉のCKを土肥がセーブ。速攻につなげ、阿部吉が左前線へ。追いついた鈴木規がドリブルで仕掛け、相手DFをかわし、角度のないところからシュート! 惜しくもボールはバーをヒットし、跳ね返った。

 千葉は74、75分に、FW林、MF羽生を立て続けに投入、3トップの布陣で挑んでくる。東京も74分に馬場に代えて栗澤を、79分には鈴木規に代えてササを投入。互いによくボールを追いかけ、フィニッシュにつなげた。83分にはこぼれ球を右エリア外で拾った梶山が、即シュートとみせかけ、相手DFを中にかわしてからシュート。巧いプレーをみせたが、わずかにバーの上。

 そして、アグレッシブな姿勢がついに勝ち越し弾に結びつくことになる。84分、梶山のミドルシュートを相手DFがクリア。このこぼれをを栗澤がヘッドでつなぎ、左エリアの阿部吉へ。阿部吉は相手DFをかわし、すばやく右足を振り抜いた! これが決まり、勝ち越しに成功。その後の約10分は落ち着いた試合運びで千葉を突き放し、タイムアップ! 気迫のこもったプレーと攻撃的な姿勢を崩さず、ホームで会心の勝利。同時に勝ち点を42に積み上げ、来季もJ1の舞台で戦うことが決定した。

 【選手コメント】《梶山》「何より勝てたことがうれしい。さすがにジェフとの4戦目は負けられなかった。ゴールは、最初に今野さんがいいカットをしたので、そこからボールが来ると信じていた。そこに走っただけ。前半からチャンスはつくれていたが、フィニッシュが課題。自分もたくさんシュートを打ったが、精度を高めて2、3点は取れるようにしたい。あと3試合、もっと点を取れるようにどんどんゴールを狙っていきたい」《阿部吉》「ゴールは打った瞬間に入ったのがわかった。クリがつないで、受けた時にもタイミングが合っていた。そこでシュートしようかと思ったが、コースがなく、入る気がしなかった。それで中に運んだ。相手GKもブラインドになっていたし、45度は自分の一番好きな角度。得意のところに持っていけた。今日は相手も走ってくるので走り負けたくなかった。引いて守るのではなく、どんどん攻めてジェフのサッカーをさせないように…という戦術もうまくはまった。残り3戦、自分たちのサッカーをして連勝を伸ばしていきたい」

 【原監督の会見要旨】「ジェフは今季のナビスコカップチャンピオン。昨季のチャンピオンとして負けないように臨んだ。ジェフは攻守の切り替えも速いし、運動量も豊富なので、そこで負けないことを意識した。最近のジェフの試合を観たが、以前とは違ってきている。マンツーマンで守ることは変わらないが、ボールポゼッションから多くの人数が前に出てきて、いつのまにか掴みきれなくなると分析した。だから恐がって下がってしまうと、向こうのペースになる。たとえばMF坂本などが阿部吉をマークしていても、攻撃になるとマークを離してどんどん出てくる。それで阿部吉も下がってしまうことのないように、恐がらず、後ろがマンツーマンの状況になってもよいので、前からボールに行くように指示した。千葉はDFストヤノフが欠場だが、ボールをつなぐほうがリズムが出るチーム。長いボールを蹴り込まれても、こちらは恐くない。前へ出て行って、どちらのチームに勢いがあるか、ボールをより拾えるか、運動量があるか、強気で戦おうと話した。お互いに前から行くので、取られ方が悪いとカウンターになるのは承知の上で、勝負をかけていこうとした。阿部吉、鈴木規をサイドに置くと、ジェフの3バックのうち、ストッパー2人がサイドに出てこなければならなくなる、あるいはサイドにスペースが出来るということを考えて、最初は3トップを選んだ。今日は今野、梶山がよく頑張って、ボールの拾い合い、前線へ飛び出していってのアシストを繰り返した。今季は苦しい戦いが続いたが、若い選手が踏ん張ってくれて、そこを抜け出したことは自信になるし、彼らの将来につながると思う。去年までのオシム監督との戦いは、4戦全部引き分けだった。今季は東京が調子の悪い時に戦い、リーグでもナビスコでも負けてしまった。そのナビスコを除くと、これまでのリーグ戦は4引分け1敗で、オシム監督に一度は勝たなくてはと思っていた。ジェフは本当に恐がらず戦ってくるので、我々も恐がらずいこうという意図どおりのいい試合が出来た。1点取った後、ちょっとでも恐がってしまったら失点していたはず。だから栗澤やササを入れて、恐がらずにいけというメッセージを送った。会場に来てくれた多くのサポーターの皆さんの力もあった」

 【千葉・オシム監督の会見要旨】「今日はグラウンドも悪かった。どちらもアグレッシブに戦った試合だったが、ジェフはまた同じミスを犯してしまった。今のジェフは何も学んでいない。今日は東京の方がよい内容だった。実際どういうふうに点を取られたかを選手に説明するのは簡単だが、いまのジェフには、選手にもっと大きな要求をした時に、それがストレスになって成長できないという選手が何人かいる。もちろんいまのジェフは観客も、多くの人々も期待している。ただその大きな期待に耐えられない、応えられない選手がいる。そこでどうするかが問題。彼らにビジョンがないとは言わない。人は誰にでも野心がある。しかしあるといってもそれを表に見せていかなければいけない。ジェフはここ4~5試合同じミスを犯している。何かを成し遂げようという人間は同じミスはしない。1度で済むはず。それが2度3度と繰り返されている。そこが問題」

  • NEWS
  • 選手・スタッフ
  • チケット・観戦
  • 試合日程
  • 試合結果
  • 記録・データ
  • U-18 U-15 試合結果
  • トレーニングスケジュール
  • ファンゾーン
  • ホームタウン活動
  • スクールご紹介
  • スクールへの入会
  • バレーボール
  • クラブ情報
東京ドロンパ このページの先頭に戻る
F.C.TOKYO Copyright Tokyo Football Club Co.,Ltd. All Rights Reserved. 個人情報について