Englishご意見箱
9.23 土祝 16:00 KICK OFF
明治安田生命J1 第27節
VS 柏レイソル
日立柏サッカー場
U23 公式ケータイサイト
青赤日記 バレーボール
試合・練習A GAME AND PRACTICE


Jリーグディビジョン1 第29節

2005年度の一覧に戻る

2005年10月30日 味の素スタジアム ( Home )
試合開始早々にガンバに先制を許すも、馬場&今野のゴールで逆転!2連勝を飾る!!
2
前半 1 
後半 1 
 1 前半
 0 後半
 1
・71分:今野 泰幸
・44分:馬場 憂太 
・1分:シジクレイ 
観衆 34,848人   天気 曇、無風   気温 19.4度
主審 : 上川徹   副審 : 廣嶋禎数  : 相樂亨
22 シュート 11
11 GK 7
8 CK 2
9 直接FK 14
0 間接FK 6
0 オフサイド 6
0 PK 0
警告 ' 33 吉原 宏太
' 48 アラウージョ
退場
Nr Pos    Change Name SH
1 GK   土肥 洋一
8 DF   藤山 竜仁
3 DF   ジャーン 1
2 DF   茂庭 照幸
17 DF   金沢 浄
14 MF   馬場 憂太 4
13 MF   戸田 光洋 1
15 MF 23分 鈴木 規郎 2
23 MF   梶山 陽平 4
6 MF   今野 泰幸 1
11 FW   阿部 吉朗 1
27 MF 87分 栗澤 僚一
9 FW   ルーカス 8
21Sub/GK 遠藤 大志
10Sub/MF 三浦 文丈
38Sub/FW ササ サルセード
Nr Pos    Change Name SH
22 GK   藤ヶ谷 陽介
6 DF   山口 智
2 DF   シジクレイ 1
4 DF   實好 礼忠 1
14 MF   家長 昭博
9 MF   アラウージョ
7 MF   遠藤 保仁 2
27 MF   橋本 英郎 1
24 MF   松下 年宏
10 MF 45分 二川 孝広 1
8 FW   フェルナンジーニョ 2
3 DF 75分 入江 徹
18 FW   吉原 宏太
16 FW 45分 大黒 将志 3
1Sub/GK 松代 直樹
11Sub/FW 松波 正信

ホームで首位・ガンバ大阪を打ち倒せ!

 第29節はホームにガンバ大阪を迎え撃つ。前節ヴェルディ戦に逆転勝利を果たし、順位も9位まで浮上。しかし下位チームとの勝ち点差はそれほど離れておらず、ここで手を緩めるわけにはいかない。集中を切らさず、連勝をめざしたい一戦だ。ところが27日(木)には梶山が背中の痛みを訴え、28日(金)には茂庭が腰を、ルーカスが足を痛めて練習に参加せず、多少の心配もあったが、週末には元気に復帰。加地については「この時点での出場はリスクが高い」と原監督は話し、先発はヴェルディ戦と同様のメンバーで臨む。

 現在首位に立つG大阪は、前節大分に敗れたものの、ここまで「73得点48失点」と、その得点力は脅威的だ。DF宮本がケガのためチームを離れ、また今節は得点ランク3位につけるFW大黒(16得点)も控えに回った。しかし、第18節以来の先発となるFW吉原を含め、前線のFWフェルナンジーニョ、MFアラウージョは「前を向かれてエリアに入られると止めるのは難しい」と原監督。彼らをしっかりケアするとともに、パスの出どころとなるMF遠藤、橋本を抑えることも大きなポイント。「特に遠藤はダイレクトパスや柔らかいパスなど、あらゆる種類のボールを蹴ってくる。前線への飛び出しもあるし、FKも決定力が高いので彼の動きを消すことが重要」と警戒する。

 その上で「守ろうとすればガンバにぺースをつかまれる。引くのではなく、全員で前から奪いにいって、アグレッシブに攻撃に転じたい(原監督)」。第7節4月23日のアウェーゲームでは、3対5の打ち合いの末に敗れた相手だが、今日も早い時間に試合が動けば、点の取り合いになる可能性もある。だが、それはある意味攻撃力を誇るガンバの狙いどおりの展開だろう。東京は「東京らしい」締まった試合で接戦に持ち込み、勝利をめざす。

開始直後に失点するも、ペースを取り戻し、馬場が同点弾

 前日の雨から天気も回復した味の素スタジアム、試合は東京のキックオフでスタートした。ところが開始1分、G大阪の右スローインからCKに持ち込まれる。この右CKをMF遠藤が精度の高いキックでニアに蹴り、飛び込んだDFシジクレイにヘディングシュートを決められる。シジクレイに対するジャーンのマークが遅れてしまい、立ち上がり早々に失点を許した。

 嫌な雰囲気が流れたが、東京は気落ちすることなく、そこからは激しいボールの奪い合いが続いた。そして10分を過ぎる頃には東京がチャンスをつくり始める。13分には、馬場の浮き球のパスに、右MF阿部吉が前線を抜け出し、CKを奪う。馬場の右CKにジャーンがヘッドで合わせるが、バーの上。16分にはG大阪の速いクロスを土肥がキャッチ。そこから速攻を仕掛け、梶山が中盤からミドルを放った。19分には相手陣内での速いパスワークから戸田がポストとなり、馬場がシュート。相手GKの正面を突いたが、徐々にプレスが緩くなってきたG大阪に対してボールを支配していった。

 20分には藤山の攻め上がりから、右エリアに入ったルーカスがシュート。対するG大阪はMF遠藤を起点としたFKから東京ゴールに迫る。しかし21分、エリア左外からのFKは東京DFの壁が阻む。23分には、戸田が右足のかかとを傷めるアクシデントがあり、鈴木規に交代。直後に、G大阪の左FKからニアの至近距離でDF實好にシュートを打たれるが、左にきれた。東京はよくボールを奪ってペースを握ったが、28分に右の藤山→左の阿部吉にサイドチェンジし、金沢がクロス。相手DFのクリアをゴール正面で馬場が捉え、シュートしたがヒットせず、チャンスを逃した。

 37分にはG大阪・エリア右外からのFKを東京DFがクリア。こぼれをつながれエリア右に入ったMF遠藤が強烈なシュートを放つが、土肥がセーブ!40分にはG大阪のFKを壁が阻み、そこから速攻を仕掛けようとしたが、パスがうまく合わず。このまま前半も終了かと思われたが、44分、梶山のサイドチェンジから左の金沢が中へ。梶山がリターンを受け、中央へ切り込みながら左横の馬場へ。馬場はわずかにドリブルでタメをつくり、そこから狙いすましたシュート。これが右ポストをかすめて中に跳ね返りゴールイン! 前半終了間際に同点に追いつき、期待を抱かせて後半に折り返した。

今野が勝ち越し弾を奪い、会心の勝利!

 G大阪は後半、FW吉原に代えて大黒を、MF松下に代えてニ川を投入。原監督が試合前に「大黒とコンビが合うのはMF二川。彼らのコンビをどう投入してくるかがポイント」と話していたとおり、一気に勝負をかけてきた。しかし、序盤からペースをつかんだのは東京。47分には鈴木規の左クロスにルーカスどんぴしゃのヘディングを放つが、DFシジクレイの頭がブロック。こぼれをつないで、右エリアに侵入した梶山が決定的なシュートを放ったが、相手GKの好セーブに阻まれた。48分には鈴木規の左クロスに馬場がダイレクトで合わせてシュートするが、DFのブロックに合う。

 53分、金沢のクロスのクリアをルーカスが拾ってシュートし、CKに。このCKから、今度は梶山が右エリアからシュートするも相手DFがブロック。こぼれからルーカスが鋭いクロスを上げたが、相手DFクリア。ゴールは生まれなかったが、左サイドの鈴木規の突破を中心に、波状攻撃を仕掛けた。57分には藤山のアーリークロスを相手DFがクリア。こぼれをエンドライン際で今野が粘り強く拾い、ゴール前のルーカスへ。決定的なシーンであったが、相手DFに阻まれる。63分には今野がインターセプトから猛然と攻め上がり、ラストはルーカスがエリア外からシュートしたが、右にきれた。

 64分にはG大阪MFアラウージョに左サイドを崩され、ゴール前にパスをとおされる。FWフェルナンジーニョが走りこみ、シュートを打たれるが、バーの上に。65分にはG大阪にの決定的なシーンをつくられる。再び東京の左サイドから、MF橋本がエンドライン際に侵入。マイナスのパスに合わせ、ゴール正面でフリーの大黒がシュート。しかしミートせず、土肥がセーブ! 68分には速攻からFWフェルナンジーニョがゴール前に突進し、ラストは左から走りこんだMFアラウージョがシュート体勢に入るが、東京DFが早いよせで阻んだ。

 集中したプレーでピンチを防ぎ、迎えた71分、金沢の左FKをジャーンがヘッドで競り勝ち、中央で待ち構えていた鈴木規がどんぴしゃのヘディングシュート。一度は相手GKのナイスセーブに阻まれたが、こぼれ球に相手DFより早く詰めた今野が押し込み、ゴール!! 追加点を奪って勝ち越した。82分には馬場のスルーパスにルーカスが飛び出し、GKと1対1になるが、シュートはセーブされ、決定的なチャンスを逃してしまった。

 その後は、G大阪の反撃にゴールを脅かされる場面もあった。84分、MF家長の後方からのパスを受け、トラップで右エリアに抜け出した大黒がシュート。バーを越えたが、一瞬の怖さをみせつけられる。しかし、東京は決して守勢には回らず、攻めの姿勢を続ける。84には鈴木規が左サイドを疾走。ゴールエリアまで攻め上がり、角度のないところからシュートするが、GKのセーブでCKに。2分のロスタイムにはG大阪に攻め込まれたが、集中した守備ではね返し、奪っては前に出た。結果的に試合をとおして球際と競り合いの強さにまさり、放ったシュート数はG大阪の11本に対して22本。気迫あふれるプレーで首位G大阪に会心の勝利。ヴェルディ戦に続く逆転で、連勝を果たした。

 【選手コメント】《今野》「ゴールは、相手がクリアしなかったので左足を伸ばした。ガンバは攻撃陣が強いし、立ち上がりに失点してヤバイかなと思ったが、前半から自分たちのリズムで戦えたと思う。楽しめてプレーできた。試合前に原監督に『ガンバは攻撃力があるが、我々も攻めることができる。ガンバを上回る攻撃力をアピールしよう』と言われていて、結果的に逆転で勝ててよかった」《馬場》「最近はシュートをたくさん打っているけれど、試合ではなかなか入らなかった。いつも力んでいたので、今日は思い切り打つのではなく、落ち着いて巻いたボールでゴールを狙った。あれが自分らしいキックだと思うので、どんどん得意なパターンを出していきたい。前半はツライ時間があったが、耐えれば後半は僕たちのペースになると信じていた。ガンバは元々戦いづらい相手ではなく、普通に力を発揮できれば勝てると思っていた。それほどチームの調子はいいし、みんなが身体を張ってプレーしている。この勢いをムダにしないで、残り5試合全部勝つつもりでやっていきたい」

 【原監督の会見要旨】「73得点もしているガンバを相手に冷静に戦えた。ガンバは勝つ時には2点3点、多ければ6点7点でも入りそうな展開になることが多い。こちらが1点しか取れなければ負けてしまう相手だ。ただ失点は我々よりはるかに多いし、相性も決して悪くない。昨季は3勝しているし、今季5対3で敗れたアウェーゲームは、3点は取ったが、オウンゴールや得点後のキックオフからいきなり失点するなど、そこを許していなければ我々にも十分勝機はあった。東京の両ウイングが開く形は、ガンバとの相性がいいようなので、そこを突いていこうと話していた。だがガンバの攻撃力は破壊的で、MFアラウージョ、FW吉原、フェルナンジーニョ、大黒らにボールが入ってしまうと、1人2人のマークがついても巧く抜け出されてしまう。そこをしっかりマークすることと、彼らにボールを出させないことを徹底しようとした。前から全員で守備をして、全員で攻撃するという我々の良さを出していこうと心がけた。ところが開始1分で失点してしまって、嫌な予感がした。またやられてしまったなという感じはあったが、1点差なら何とかなると思っていた。何度か危ない場面もあったが、1点取られた後にまたカウンターで失点すると厳しくなるので、それだけは避けようとした。前半のよい時間に馬場のシュートが入って、ハーフタイムはこれで我々のペースになると話していた。西野監督が2選手を交代させて、早めに勝負してきたこともあり、ここさえ乗り切ればチャンスがあると思っていた。これだけ多くのサポーターが成績が悪いにもかかわらず応援してくれて、それに応えるためにも我々の良さを出そうとした。ガンバを怖れて、受けに回ってゴール前を固めてしまったら、おそらく逆にやられてしまう。選手が怖れずに、我々らしいサッカーでよく戦い、大きな勝ち点3が取れた。今日も藤山が最終ラインで踏ん張って、金沢も戻り、あと加地もコンディションがよくなってきてはいる。今日も茂庭が腰が重いこともあり、加地を使おうかなとも思ったが、またケガをさせてはいけないので慎重に考えている。これで加地も戻ってくれば、より攻撃的なスタイルが戻ってくると思う。もっともっとアグレッシブなサッカーを目指していきたい」

 【G大阪・西野監督の会見要旨】「前節といい、今日といい、チャンピオンを目指すチームの戦い方ではなかった。相手の力を認めざるを得ないという展開。やられるべくしてやられた。いろいろな面からトライを考えていたが、全体的な面で機能していなかった。特に前のトライアングル=3人が攻撃をけん引しているわけだが、ここにきてあらゆる対応をされて、個人でも、3人の連係もことごとく寸断されている。大黒もフェルナンジーニョもストレスを感じながらプレーしている。そういう形になって、我々のディフェンスを考えると、今日のような内容になってしまう。それがすべて。前の3人の機能性が十分でない。次はナビスコカップの決勝で、今日はそれを想定してトライした。当然結果を出しながらチャレンジして、ベストな戦いをしようとしたが、そういう意味では収穫のないゲームとなった」

  • NEWS
  • 選手・スタッフ
  • チケット・観戦
  • 試合日程
  • 試合結果
  • 記録・データ
  • U-18 U-15 試合結果
  • トレーニングスケジュール
  • ファンゾーン
  • ホームタウン活動
  • スクールご紹介
  • スクールへの入会
  • バレーボール
  • クラブ情報
東京ドロンパ このページの先頭に戻る
F.C.TOKYO Copyright Tokyo Football Club Co.,Ltd. All Rights Reserved. 個人情報について