Englishご意見箱
9.23 土祝 16:00 KICK OFF
明治安田生命J1 第27節
VS 柏レイソル
日立柏サッカー場
U23 公式ケータイサイト
青赤日記 バレーボール
試合・練習A GAME AND PRACTICE


Jリーグディビジョン1 第27節

2005年度の一覧に戻る

2005年10月15日 味の素スタジアム ( Home )
2回のビハインドを阿部吉、馬場のゴールで追いつくも、その後追加点は奪えずドローに終わる
2
前半 0 
後半 2 
 0 前半
 2 後半
 2
・76分:阿部 吉朗
・83分:馬場 憂太 
・82分:佐藤 寿人
・55分:前田 俊介 
観衆 20,136人   天気 曇、無風   気温 25.6度
主審 : 砂川惠一   副審 : 中井恒  : 木城紀和
14 シュート 9
12 GK 8
6 CK 9
10 直接FK 16
2 間接FK 0
2 オフサイド 0
0 PK 0
' 73 ササ サルセード
警告
退場
Nr Pos    Change Name SH
1 GK   土肥 洋一
3 DF   ジャーン
6 DF   今野 泰幸 2
2 DF   茂庭 照幸
8 DF   藤山 竜仁 1
27 MF   栗澤 僚一 1
15 MF 56分 鈴木 規郎
23 MF   梶山 陽平
16 MF   宮沢 正史
17 DF 66分 金沢 浄
14 MF   馬場 憂太 2
11 FW   阿部 吉朗 5
9 FW   ルーカス 1
38 FW 71分 ササ サルセード 2
21Sub/GK 遠藤 大志
7Sub/MF 浅利 悟
Nr Pos    Change Name SH
1 GK   下田 崇
31 GK 59分 佐藤 昭大
3 DF   小村 徳男
17 DF   服部 公太
5 DF   駒野 友一 1
4 DF   ジニーニョ
8 MF   森﨑 和幸 1
16 MF   李 漢宰 1
10 FW 78分 ガウボン
20 MF   大木 勉
25 DF 74分 高柳 一誠
34 MF   茂原 岳人
11 FW   佐藤 寿人 4
24 FW   前田 俊介 2
22Sub/DF 西河 翔吾
27Sub/FW ジョルジーニョ

阿部吉が今季初先発、選手の特長を活かして連勝をめざす!

 前節より2週間のインターバルを経て、第27節はホームにサンフレッチェ広島を迎え撃つ。前節大宮戦に勝利し、ここ4試合は2勝2分けの負けなし。勝ち点を31に伸ばして、順位も11位に浮上した。特に守備では4試合連続無失点と好調を維持している。J2降格圏にある17位との勝ち点差は6。15位、16位とは3差しかなく、ひと時も気を抜くことができないゲームが続くが、粘り強い戦いで勝ち点3をめざしていきたい。

 今節は戸田が出場停止。また日本代表として土肥、茂庭が東欧遠征に臨み、13日(木)に帰国。中1日での試合にコンディションが懸念されるが、「2人とも、当然のように今日の試合に出るつもりで準備していた(原監督)」と頼もしい姿勢をみせていた。一方で、加地は両足に違和感を覚え、大事をとっての欠場となった。先発はルーカスと、今季初スタメンとなる阿部吉を2トップに置く4-4-2。右サイドバックには今野を起用し、中盤は梶山をワンボランチに、右MFに栗澤、中央に馬場、宮沢が左MFに入るダイヤモンド型の布陣をとった。またケガからあけた金沢が7試合ぶりにベンチに控えた。

 広島は現在勝ち点39で8位につける。しかし直近の4試合では1勝3敗と、決して好調とはいえない。それでも失点は27でリーグ最少、攻撃ではFW佐藤、前田らが奮起し、毎試合得点を重ねている。「前線にスピードのある選手を揃え、そこにシンプルにボールを入れてくる。時間をかけさせ、サイドバックが攻撃に絡む攻撃ならある程度抑えることはできるので、前線への放り込みに注意して、できるだけFW陣を自由にさせないようにしたい」と原監督は警戒。攻守の切り替えを早くし、テンポよく攻めるサッカーで連勝を目論む。試合は秋の日差しが陰り、曇り空の味の素スタジアム、15時4分に広島のキックオフでスタートした。

ともに手堅い守備で得点を許さず

 ともに手堅い守備から慎重な立ち上がりとなった。5分に馬場が放ったミドルシュートが、今日1本目のシュート。広島は9分にFW前田の右クロスをMF大木が落とし、エリア外からFW佐藤がシュートするがバーを越えた。12分には活発な動きを見せる阿部吉がミドルから積極的にシュートを狙ったが、これもバーの上。決定的に相手を崩すシーンは見られず、一進一退の展開が続いた。

 その中でも16分、左サイドでのパス交換から、宮沢が走り込んできたルーカスへパス。ルーカスは相手DFと競りながらも、強引にエリアに侵入。シュートを放ったが、ボールは右ポストに阻まれ、こぼれに詰めた馬場も届かず。広島DFがCKに逃れて、先制のチャンスを逃した。東京は宮沢が中央の守備に回ることで、左サイドにスペースができ、広島の右サイドバック駒野の攻め上がりを許すことになる。ボールを支配され、そこからCKを奪われるシーンも目立ったが、最終的には危なげなく守りきった。

 反面、攻撃では決定的なシーンはほとんどつくれず。24分には藤山がドリブルで上がり、ロングレンジからシュートするがバーの上に。35分、37分には今野がアーリークロスを送るが、チャンスには結びつかず。42分には広島FW前田と佐藤が右エリア内でパス交換。互いにシュート体勢に入るが、東京DFがしっかりマークして打たせず。結果的に前半は0対0で終了。後半に勝負をかけた。

2度の先行を許すも、阿部吉、馬場のゴールでドローに持ち込む

 後半は一転して激しい試合となった。開始直後の46分には馬場→ルーカスのスルーパスを相手DFがカットし、左CKを得る。馬場のキックから今野がボレーを放つもGK正面。52分には宮沢がエリア内に浮き球のパス。阿部吉がトラップしてゴール前に抜け出しシュートするが、出足の早い相手GKに阻まれる。しかし、リズムをつかみ始めた矢先の55分、広島の右からのパスをFW佐藤につながれ、攻め上がったMF森崎がゴール前までドリブル。これに東京DFが引きつけられ、ラストは右からワンタッチで中に周りこんだFW前田にゴールを決められてしまう。

 東京は56分に栗澤に代えて鈴木規を左サイドに投入。阿部吉が右サイドに回る布陣を敷き、サイド攻撃から流れをつかむ。66分には宮沢に代えて金沢を投入、藤山が右に回り、今野がボランチに上がる。71分にはルーズボールを拾った梶山がミドルシュートとみせかけ、右サイドでフリーの阿部吉に。中に切り込みシュート体勢に入るが、DFに阻まれる。直後には疲れのみえたルーカスに代えてササを投入、再び2トップの布陣に。この交代でリズムをつかみ、アグレッシブな攻撃を繰り返した。

 73分には梶山の右クロスを受けた阿部吉のボレーシュートから、CKを奪う。このCKをつなぎ、ササのキープ力からエリア前まで攻め上がった今野がシュートを放ったが、これは右ポストをヒット。しかし迎えた76分、藤山のロングボールをササがヘッドで競り、落ち際に走りこんだ阿部吉が、ボールを浮かせてトラップしながら回転し、左足でボレーシュート! 目の覚めるようなスーパーゴールがネットに突き刺さり、同点に追いついた。

 ここから試合はますます激しくなる。だが、攻守の入れ替わりの速い中、82分に広島にCKを与えてしまう。左CKのクリアボールが味方に当たり、エンドライン際にいたMF森崎の前にこぼれ、ここからのクロスをFW佐藤に決められてしまう…。終盤の時間帯での失点だったが、ここで諦めることはなかった。直後のキックオフから、鈴木規が左サイドを突破。グラウンダーのクロスを、ゴール前で馬場が巧みに合わせてゴール! 再び同点に追いついた。

 勢いにのり、その後も猛攻を仕掛けたが、40分、ササがゴール前で倒され、自身が直接狙ったFKはGKがセーブ。ロスタイムには、金沢のスルーパスからササが振り向きざまにシュートするがこれもGKがキャッチ。追加点は奪えなかったものの、激しい試合をドローに持ち込み、勝ち点1を得た。

 【選手コメント】《阿部吉》「ホームだったので負けなくてよかったが、勝ちたかった。(ゴールは)1点リードされている状態だったが、ずっとササが落としてくれると信じて裏に走るようにしていた。練習でやっていた形で、狙いどおりにボールがきたので、あとは反応するだけだった。トラップはゴールに向かうように意識した。まだまだ上にいくチャンスもあると思う。一試合一試合全力で、残りの試合全部でゴールを取るつもりで戦いたい」《馬場》「前半を耐えれば、後半は絶対に広島の足が止まると思っていた。自分もイライラしないで、そこで0対0でいけたことが、後半のいいプレーにつながったと思う。後半は間延びして、必ず我々のスペースができると思っていた。そこで自分からチャンスをつくりにいった」

 【原監督の会見要旨】「土肥と茂庭は、昨日の練習のコンディションを見て使うことを決めた。加地は、右足首だけではなく左足にも違和感がでてしまい、今日は今野を右サイドバックに使った。今野自身も不安があったと思うが、彼の強さを活かしたかった。土肥、茂庭のコンディションが100パーセントではないと考え、DFラインは藤山を慣れた左の位置で使いたかった。中盤は馬場、宮沢、梶山、栗澤ら、ボールをつなぐ選手を入れて、阿部吉をうまく使っていこうとした。広島は失点が少なく、やりたいサッカーがしっかりしている。守備が固いので、先制されると苦しくなる。DF駒野も代表帰りだったがよく走っていた。前半はボールはつながるが、前に送るのが遅かった。後半が勝負と考え、ハーフタイムには『もう少し早く阿部吉とルーカスに入れよう、前にボールを入れよう』と指示した。うまくいかなければ、鈴木規をサイドに投入し、相手DF駒野の裏に走らせようとしたが、その矢先に失点してしまった。リードされて中盤での拾い合いになると考え、今野をボランチに変更。藤山を右にもっていき、金沢と鈴木規で左からサイドを崩してクロスを入れようとした。ササの投入のタイミングを見計らっていたが、ササの場合は細かくつなぐよりも、今日の得点シーンのようにシンプルに使う方法がいい。その場合、ルーカスよりも阿部吉の方がササの後ろを狙って走れるだろうと思い、阿部吉を残した。先制されたが、いい形で追いついたので追加点がほしかったが、CKからアンラッキーな形で失点した。しかしそこで落ち込むことなく、直後のキックオフから馬場のすばらしい得点が生まれた。勝ちたかったが、最後まで諦めずに点を取りにいき、その点は非常によかったと思う。前半のルーカス、後半の今野のシュートなど、決定的なシーンが得点になっていれば勝てたかな…とも思うが、リードされながら追いついたことを評価して、次につなげていきたい」

 【広島・小野監督の会見要旨】「前半はお互いにつぶしあい、我慢くらべという感じだった。均衡が破れてからは、ともに攻めあった。2回先行したが、2度追いつかれて結局引き分けた。勝ち点3を取れなかった悔しさももちろんあるが、それ以上に選手たちが最後の最後までよく戦ってくれたと思う。お互い力を出し切っての勝ち点1で、堂々と上を向いてよいと思う。何度か流れが苦しくなったが、集まってくれたサポーターが応援して励ましてくれたので、選手たちも最後の最後まで戦えた。あれだけの戦いをしたので、勝ちたかった気持ちは大きいが、一歩一歩成長させていきたいと思う。(前半のほうがサイドを使えていたが?)前半のFC東京は、宮沢が左に入るダイヤモンド型だったが、ボランチのポジションにいた。右サイドには栗澤がいて、そちら側にボールを持っていくと、激しいプレッシャーがかかるので、(広島の)左サイドにくいつかせて、右から攻めるようにした。そのまま攻めようと思ったが、FC東京も修正してきたので、後半はワイドに開かせ、トップへボールの道のりをつくることができた。最終的には、外側の選手がクロスをあげるより、相手の守りの選手を外に開かせてトップに当てたほうがチャンスがつくれたと思う。そういう意味では、前半より後半の方がいいプレーができていた」

  • NEWS
  • 選手・スタッフ
  • チケット・観戦
  • 試合日程
  • 試合結果
  • 記録・データ
  • U-18 U-15 試合結果
  • トレーニングスケジュール
  • ファンゾーン
  • ホームタウン活動
  • スクールご紹介
  • スクールへの入会
  • バレーボール
  • クラブ情報
東京ドロンパ このページの先頭に戻る
F.C.TOKYO Copyright Tokyo Football Club Co.,Ltd. All Rights Reserved. 個人情報について