Englishご意見箱
9.23 土祝 16:00 KICK OFF
明治安田生命J1 第27節
VS 柏レイソル
日立柏サッカー場
U23 公式ケータイサイト
青赤日記 バレーボール
試合・練習A GAME AND PRACTICE


Jリーグディビジョン1 第23節

2005年度の一覧に戻る

2005年09月10日 国立競技場 ( Home )
戸田のバースデーゴールを全員が気迫のこもったプレーで、相手の反撃を無失点に抑え勝ち点3を得る!
1
前半 0 
後半 1 
 0 前半
 0 後半
 0
・56分:戸田 光洋   
観衆 25,350人   天気 晴、弱風   気温 27.6度
主審 : 岡田正義   副審 : 河野暁  : 佐藤秀明
13 シュート 12
13 GK 10
5 CK 7
20 直接FK 14
0 間接FK 2
0 オフサイド 2
0 PK 0
' 40 土肥 洋一
' 13 鈴木 規郎
警告 ' 87 澤登 正朗
' 72 マルキーニョス
退場
Nr Pos    Change Name SH
1 GK   土肥 洋一
3 DF   ジャーン 2
20 DF   加地 亮 1
2 DF   茂庭 照幸
8 DF   藤山 竜仁
15 MF   鈴木 規郎 2
38 FW 53分 ササ サルセード 3
6 MF   今野 泰幸
27 MF   栗澤 僚一
11 FW 78分 阿部 吉朗
23 MF   梶山 陽平
13 FW   戸田 光洋 2
14 MF 85分 馬場 憂太
9 FW   ルーカス 3
21Sub/GK 遠藤 大志
10Sub/MF 三浦 文丈
Nr Pos    Change Name SH
21 GK   西部 洋平
3 DF   山西 尊裕 2
9 FW 82分 北嶋 秀朗 1
2 DF   斉藤 俊秀
25 DF   市川 大祐
4 DF   高木 和道
7 MF   伊東 輝悦
13 MF   兵藤 昭弘 1
6 MF   杉山 浩太
20 MF   佐藤 由紀彦
16 MF 60分 チェ テウク 1
17 FW   マルキーニョス 6
15 FW   久保山 由清 1
10 MF 69分 澤登 正朗
1Sub/GK 黒河 貴矢
26Sub/DF 青山 直晃

闘う姿勢は東京のベース。原点に立ち返って勝利を!

 第23節は国立競技場で清水エスパルスと対戦する。前節の柏戦を省みた原監督は「動き出しの速さや、1対1の競り合いから負けていた。ワンプレーごとに闘えなければサッカーにならない。そこがベースにないと『勝ちたい』と言っても結果は出ない」と厳しく話す。その反省から、今週は東京のサッカーの基本にもう一度立ち返り、集中した激しい練習を行い、その結果「チーム内でも激しく当たりあい、選手からは闘う気持ちが生まれていた」と。これをいかに試合で出していけるかが焦点となる。

 ただし、7日(水)に行われた日本代表の試合のため、土肥、茂庭、加地らの疲労は懸念される。また石川が一昨日に左足を傷め、今日は大事をとってメンバー入りせず。一方で戸田が実戦に復帰、練習でもあらゆるケースを想定して、さまざまなバリエーションで、戸田や鈴木規が中盤に入る布陣、また好調の藤山をセンターや両サイドバックに置く布陣も試していた。今節はササの故障の影響もあり、ルーカスを1トップに、右MFに鈴木規、左MFは戸田、左サイドバックを藤山が務める4-5-1の布陣。これに対し原監督は「1トップというよりも3トップと考えている」と攻撃的に戦うことを宣言した。

 清水は現在勝ち点25で13位につける。東京との勝ち点差は2だが、DF森岡を出場停止で欠いた前節川崎戦は、常にリードを許す展開ながら、88分に勝ち越し。粘り強さをみせて、3対2の逆転で7試合ぶりの勝利を果たした。今節は森岡に加え、FWチョジェジンが出場停止となるが、しっかり守って、右MF佐藤、左MF兵働のサイドが起点となり、FWマルキーニョスらにつなぐ戦い方は変わらない。ここ3戦は2失点以上しているが、伊東、杉山のボランチを含め、中盤の流動的な動きから、必ず得点も挙げている。東京としては相手のパスの出どころをきっちり抑え、リズムをつくらせないことが課題。激しいプレスから奪い、サイドの攻防で競り勝って堅守を崩していきたい。ともに下位に位置し、浮上を賭けた一戦となるが、連敗は許されない。東京のサッカーの原点に立ち返り、勝利をめざす。

ともにチャンスを得点に結びつけられず

 蒸し暑さが残る18時33分、清水のキックオフでスタートした。ところが序盤から清水のチャンスを許し、1分には右FKからゴール前でFWマルキーニョスがヘディング。どんぴしゃのタイミングだったが、バーの上に。東京陣内に押し込まれ、5分、7分にもセットプレーからゴールに迫られた。しかし東京も前線のルーカス、戸田にボールを送りチャンスをつくった。8分には鈴木規の右クロスを戸田がヘディング。こぼれを拾ってルーカスがシュートするが、カットされる。

 10分には清水が早いリスタートから、前線にFWマルキーニョスを走らせるロングキック。茂庭が全速力で戻り、CKに逃れた。12分には清水が右サイドからチャンスをつくり、エリア深くまで攻め上がったボランチの伊東がマイナスのクロス。東京DFがかろうじてクリアした。東京は速いタテパスから攻めようとするが、前線でボールが収まらず、中盤では清水がボールを支配。しかしチャンスは交互に訪れる。

 14分にはロングボールを相手DFがクリア。混戦から梶山がヘッドでつなぎ、エリア手前で受けたルーカスが反転してシュート。ビッグチャンスを迎えるが、相手GKのナイスセーブに阻まれる。これで得たCKは栗澤が蹴り、相手GKがパンチング。拾ったジャーンがヘッドで押し込もうとするが、ゴールイン直前で再び相手DFにクリア。次いで右CKから戸田がヘッドを放つが、左にきれる。23分には栗澤の右からのパスに、ゴール前に飛び出した戸田がシュート。ループ気味に狙ったがボールはバーをヒット! 跳ね返りを拾ったルーカスのシュートもミートせず。

 戸田の飛び出しを起点によくチャンスをつくったが、攻め込んでいる途中で奪われ、カウンターをくらう場面も。30分には自陣で奪われてつながれ、清水の右からの長いクロスに合わせて、マルキーニョスが左エリアまで上がり、後ろへパス。走りこんだMF兵働のシュートは土肥がキャッチ。36分にはマルキーニョスに右エリアから決定的なシュートを打たれるが、左に。41分、右エリアのマルキーニョスのマークが甘くなったが、シュートはバーの上。42分にも清水・兵働の速い左クロスにマルキーニョスが飛び込む。守備ではほころびをみせなかったが、ともに決定力不足といえる展開で前半を0対0で終了した。

戸田の復帰後初ゴールを守りきり、勝ち点3をもぎとる!

 前半終盤から右の戸田と左の鈴木規をポジションチェンジ。後半は鈴木規が左からアクセントとなり、清水ゴールに向かう。47分には今野の攻め上がりから、左サイドへ。駆け上がった鈴木規の左クロスにゴール正面で栗澤が飛び込むがミートせず。しかし主導権を握りきれず、一進一退の展開に。

 東京は53分に鈴木規に代えてササを投入。2トップで勝負を賭ける。55分にはササが左エリアに突進、きれいなフォームからシュートを放つが、GKに阻まれる。その直後、今度は左に流れたササがファールで倒され、エリア左外からのFKを得る。栗澤のキックは、ファーで待ち構えた今野のもとへ。今野は判断よくヘッドで折り返す。このボールに、右から左に回りこみ、再び中へ現れたが戸田がボレーで蹴り込み先制! 7月23日神戸戦以来の出場となった戸田の、復帰後初ゴールで均衡を破った。

 先制を機に奪っては攻めに転じる東京。63分にはFKからササがシュート。66分にもFKの相手GKのこぼれを拾って加地がミドルシュートを放つが、バーを越えた。74分には栗澤のCKを相手GKがクリア。これを拾った藤山のクロスに、ジャーンが高いヘッドで飛び込むが、惜しくもGKの正面を突く。攻めきりたい東京であったが、清水も60分には右MF佐藤に代えてMFチェ テウクを、69分にFW久保山に代えてMF澤登を投入。徐々にリズムをつかみ、右サイドのチェを起点に反撃に出る。75分過ぎには東京のクリアが甘くなり、波状攻撃を受けるが、DF陣が奮闘して凌ぎきる。78分には栗澤→阿部を投入しサイドの主導権を引き戻そうとするが清水ペースは変わらず。

 82分には清水DFラインのロングフィードからMFチェが右エリアに抜け出し、東京DFを2人、3人と切り返し中央へ進入してシュート。決定的なシーンであったが、藤山の粘り強いDFでカット! 84分にはMFチェ→右前線に上がったDF市川がフリーでクロス。中央に途中出場のMF澤登が飛び込むチャンスをつくられる。86分にもチェを起点に猛攻を仕掛けられるが、身体を張って防ぎきった。85分には戸田に代えて馬場を投入、最後まで攻めの姿勢を崩さず。一方でDF陣は集中を欠かさずゴールを死守。気持ちの入った戦いで戸田のゴールを守りきり、7月13日横浜FM戦以来、6試合ぶりとなる勝利を挙げた。

 【選手コメント】《戸田》「(得点シーンは)今ちゃんが確実に折り返してくれるだろうと信じていた。決められてホッとしている。練習でやった形だった。今日の試合の出場は、ケガをしていた間に支えてくれた多くの人たちに、感謝の気持ちを表すことだと考えていた。ただ試合をとおしては、楽しいというより苦しかった。試合勘が戻っていないこともあるし、ササとは公式戦で初めてプレーした。タイミングが合わないこともあったし、自分もパスミスをして、その都度反省しながらプレーしていた。自分のプレーを出すことだけに必死だったので、それが結果につながって良かった。修正するべき点がいろいろ出てきたが、今後につなげてしっかり勝点3を獲る戦い方が出来るように、満足せずに上を目指していきたい」《藤山》「久しぶりの公式戦で本当に疲れました。出場にあたっては、とにかくカバーリングを重視し、そのあとにサイドのボールを奪いにいこうと考えていた。サイドバックでのプレーで自分でも精一杯だったが、前の選手や、横の茂庭、ジャーンらには『カバーがいるから大丈夫だ』と意識してもらいたかった。みんな身体を張っていた。そこが柏戦とは違うし、うまく守れたと思う。チェテウクには2対1の関係をつくられ、その点は課題」

 【原監督の会見要旨】「前節柏戦では、集中を欠いて4失点してしまったが、今週は選手たちとそのようなことが絶対に無いように、もっと集中力のある気持ちのこもったプレーをしないとどのチームにも勝てないと話し合い、内容の濃い練習ができていた。ただ、試合が始まってみると硬くなって、うまくボールが運べないところがあった。だが守備に関しては良く集中してやれた。前節の内容が悪かったが、戸田が骨折から復帰したので、彼を入れてチームの停滞している動きを引き出そうとした。日本代表選手は木曜からしか練習に合流できなかったし、疲れもあり、加地はかなり足が張っていた。石川にも一昨日アクシデントがあり、本人は直前まで出たがっていたが、ドクターとも相談して最終的に諦めた。そういったことを含め、鈴木規を前で使うかどうか…などを考え、サイドバックには最終的に藤山を使った。藤山はコンディションも戻ってきて気持ちも入っていた。ベテランの彼が茂庭、ジャーンをコントロールして、守備を落ち着かせてくれたと思う。なかなか勝てなかったが、その中でもサポーターが応援してくれた。この勝ちで喜んでいる場合ではないので、今日の試合をベースにしながら、もっともっと良いサッカーをやっていきたい。(先制したあと、攻撃の選手を投入したが?)控えには、守備的な選手は三浦しかいなかった。引いて守ろうとするとやられてしまうので、攻めることを考えた。戸田も足がけいれんしていたので三浦に代えようかと思ったが、馬場を入れて攻めの姿勢を貫いていくべきだと思った。その気持ちが、我々のチームに今、必要なこと」

 【清水・長谷川監督の会見要旨】「なかなか連勝できず、今日も前半立ち上がりから何回か惜しい場面があったが、そこを決めることが出来なかった。セットプレーは警戒しており、セカンドボールのこともハーフタイムに話をしていたが、折り返されたボールに一瞬早く反応されて押し込まれてしまった。全体的にはバランスよく守ったと思うが、一瞬の隙に対応できず、勝ち点0という非常に残念な結果に終わった。選手たちも国立でやるということと、これまで順位が下の相手に勝ち星が上げられなかったことに対し、気持ちを込めて臨んだはずだが、良い形で終われなかった。ただ、内容的には非常に良かった。次の新潟戦に向けて1週間しっかり準備をして、ホームで連勝できる形に持っていきたい。(具体的にいい内容とは?)FWチョ ジェジンが出場停止だったが、ロングボールは少なく、中盤をつないでサイドに展開できていた。良いクロスが上がっていたし、MFチェテウクもサイドを破っていたが、最後の詰めが甘かった。FC東京と比べてもロングボールは少なく、川崎、東京戦と良い試合をしている。アウェーだったがカウンターは意識はしていない。我々の方がボールをつなげていたと思うし、東京の方がルーカスへのロングボールは多かった。展開的にも、相手は先制して引いたということもあるが、前半から清水のほうが質の高いサッカーが出来ていた。ただ、勝負に負けては何もならない。ハーフタイムには、伊東、杉山の両ボランチの絡みから良いサッカーが出来ていたので、後半も続けようと話した。サイドは破っていたので、クロスの質と中の選手がしっかり決めるように気をつけようと。森岡の不在は敗因ではない。チェテウクは今週気持ちを入れてトレーニングをしており、コンディションも上がっていたのでどこかで使おうと思っていた。期待にこたえて再三サイドを破ってくれた。今後につながるプレーだった」

  • NEWS
  • 選手・スタッフ
  • チケット・観戦
  • 試合日程
  • 試合結果
  • 記録・データ
  • U-18 U-15 試合結果
  • トレーニングスケジュール
  • ファンゾーン
  • ホームタウン活動
  • スクールご紹介
  • スクールへの入会
  • バレーボール
  • クラブ情報
東京ドロンパ このページの先頭に戻る
F.C.TOKYO Copyright Tokyo Football Club Co.,Ltd. All Rights Reserved. 個人情報について