Englishご意見箱
11.26 13:00 KICK OFF
明治安田生命J1 第33節
VS サンフレッチェ広島
エディオンスタジアム広島
U23
明治安田生命J1 第32節
11.18 14:00 KICK OFF
2 1
ベストアメニティスタジアム

終了間際に1点を返すも、同点には至らず競り負ける。

公式ケータイサイト
青赤日記 バレーボール
試合・練習A GAME AND PRACTICE


Jリーグディビジョン1 第5節

2005年度の一覧に戻る

2005年04月13日 名古屋市瑞穂陸上競技場 ( Away )
序盤の決定機を活かせず、カウンターから失点を許し今季リーグ戦初黒星
0
前半 0 
後半 0 
 0 前半
 1 後半
 1
  ・61分:マルケス 
観衆 6,820人   天気 晴、中風   気温 10.8度
主審 : 柏原丈二   副審 : 中込均  : 浅野正樹
9 シュート 11
12 GK 9
6 CK 5
25 直接FK 10
3 間接FK 3
3 オフサイド 3
1 PK 0
' 86 ジャーン
警告 ' 27 古賀 正紘
' 12 角田 誠
' 84 マルケス
' 10 増川 隆洋
' 9 本田 圭佑
退場
Nr Pos    Change Name SH
1 GK   土肥 洋一
3 DF   ジャーン
17 DF   金沢 浄 1
2 DF   茂庭 照幸
8 DF   藤山 竜仁
5 DF 14分 増嶋 竜也
6 MF   今野 泰幸 1
27 MF   栗澤 僚一 1
16 MF   宮沢 正史 1
23 MF 53分 梶山 陽平
18 FW   石川 直宏 1
32 FW 73分 近藤 祐介
13 FW   戸田 光洋 1
9 FW   ルーカス 3
22Sub/GK 塩田 仁史
7Sub/MF 浅利 悟
Nr Pos    Change Name SH
1 GK   楢﨑 正剛
20 DF   角田 誠
5 DF   古賀 正紘
6 DF   中谷 勇介
16 DF   増川 隆洋 1
2 DF 78分 秋田 豊
8 MF   クライトン
13 MF   山口 慶
24 MF   本田 圭佑 2
17 MF   安 英学 1
9 FW   マルケス 6
7 FW   中村 直志 1
14 MF 89分 吉村 圭司
22Sub/GK 川島 永嗣
19Sub/FW 杉本 恵太
23Sub/FW 豊田 陽平

相性の悪さを克服して、3連勝目指す!

 J1リーグ第5節はアウェーで名古屋グランパスとの対戦。前節は2000年1stステージ以来勝ったことがなかった磐田に1-0で勝利し、3勝1分で得失点差ながら鹿島を抑えて首位をキープした。なにより磐田に勝ったことも大きいが、中2日で続く3連戦の初戦に勝ったことで、今日の名古屋戦、16日の浦和戦に、チームがいい雰囲気で試合に臨めることが出来る。

 名古屋は現在1勝2分1敗で勝点5で7位、前節は勝星がなかったC大阪に敗れており、決してチーム状態はいいとは言えない。また、2003年度得点王のFWウェズレイが第2節以降、調子を落としメンバーに入っていないことも1つの要因と言える。ただ、そこは名将ネルシーニョ監督、東京対策としてシステムを4-4-2から4-5-1に変更してきた。中盤を厚くして、東京の得意とする速い中央からサイドへの攻撃を寸断しようとする意図がうかがわれる。前節ケガで不出場の日本代表GK楢﨑の復帰も心強いところである。

 対する東京は前節に加地が左足首関節を負傷し全治約4週間と戦列を離れてしまったが、代りに藤山が入りそれ以外は前節と同じメンバーで臨む。実は名古屋との過去瑞穂陸上競技場での対戦成績は2分3敗と勝星がない。特に直近の2003年2ndステージでは2点差から逆転負け、過去10回のリーグ戦績でも2勝と相性が悪いことは否めない。ただ、磐田戦と同様、現在の東京は過去の成績うんぬんを言わせないチームの勢いがあり、勝ってこの相性の悪さを吹き飛ばしてもらいたいものである。冷たい風が吹く中、7:04pmに東京のキックオフで開始された。

PKのチャンスも得点できず、なかなか主導権が握れない

 原監督が「相手がどういう戦術であろうと東京のサッカーをしよう」と言うように、いつも通り、中盤での競り合いを厳しくし、ボールを奪ってサイドから攻撃を仕掛けた。試合開始1分に宮沢から右サイドのルーカスにわたりシュート、4分には宮沢の左サイドでのFKからチャンスをつかみ、栗澤がペナルティエリア外からシュートと試合の入り方としては悪くなかった。

 そして12分にはルーカスへの名古屋MF本田のファールで得た左FKを宮沢がゴール前に入れると、今野にわたり、胸トラップしてシュート体勢に入ったところを、名古屋DF増川がたまらずファールで止めてPKを獲得する。これをルーカスがゴール右下を狙ってシュートするが、GK楢﨑がセーブ、絶好の先制のチャンスを逃してしまう。続いて14分には東京にとって予想外のアクシデントが起こる。なんと藤山が左膝を痛めて急きょ増嶋に交代。早くも交代カードを1枚使うこととなった。

 名古屋は東京対策を徹底してきた。中盤でのパス回しをやめて、早めにロングボールを左右のサイドに入れて、右サイドはMF中村とDF角田で、左サイドはMF本田とDF中谷で攻撃を仕掛ける。また、常に1対1の競り合いで、反則スレスレの激しいマンマークでボールを奪いにきて、奪ったらそのままカウンターで東京ゴール前に攻め込んできた。22分には、右サイドの角田からゴール前に走り込んだ本田にミドルパスを送り、そのままペナルティエリア内に進入、本田は東京DFを引きつけて、左のFWマルケスにラストパスを送るも間一髪CKに逃れる。その左CKからニアでマルケスがヘディングで合わせるも土肥がナイスセーブでゴールを許さない。

 東京も完全に主導権を握れないものの、名古屋ゴールに攻め込む。24分、左サイドにいた石川がドリブルでキープ、右サイドの増嶋に送り、そのままセンターリング。これを左ゴール前にいた戸田がシュート体勢に入るがGK楢﨑がセーブ。38分にはジャーン→戸田から右サイドのルーカスへ。中央へクロスを送るも戸田のシュートはヒットせずクリアーされる。41分は速攻から今野→栗澤とわたり、左サイドで相手DFの裏に走り込んだ今野に再度パスが出て中央に折り返すと、ゴール前に上がっていた増嶋がシュートチャンスを迎えたが相手DFにカットされる。前半終了間際の44分にも宮沢、石川と立て続けにシュートを放つもゴールを割ることは出来ず、そのまま前半を終了する。

ミスから失点、最後まで攻撃のリズムを掴むことが出来ず敗戦

 後半に入っても、東京の攻撃に対して名古屋の守備&カウンターの状況は変らない。東京は49分に宮沢からのロングボールを、エンドライン際で石川が折り返し、戸田→ルーカスとわたりシュート、相手DFに阻まれる。名古屋は51分左エリア内でMFクライトン→本田にわたりシュート、決定的な場面であったが土肥がファインセーブでゴールを許さない。

 東京は53分、疲れの見えた宮沢に代り梶山を投入、攻撃のリズムを変えようとする。すると54分インターセプトから石川が駆け上がり、左サイドに走り込んだ栗澤にパス。エリア内でシュートするもGK楢﨑のナイスセーブに阻まれる。58分には右CKを石川がライナー性のボールを入れるとそのまま左サイドに流れ、これを今度は増嶋が中央に折り返すと、フリーで戸田がボレーシュートを放つもゴール上に外れる。

 膠着状態が続く中、1つのミスから失点を許してしまう。61分、中盤で梶山のパスミスを奪われ、そのままカウンターに。MF中村がドリブルで攻め上がり、東京DFを引きつけて左サイドのマルケスへラストパス。これをキッチリと決められ失点を許してしまう。

 東京も攻めに転じる。65分、右から増嶋がゴール前にロビングを上げ、混戦からルーカスがシュートするも相手DFに当たる。73分には石川に代えて近藤祐を投入、人数をかけて攻めようとするも、完全に引いて守る名古屋に対して、なかなかフィニッシュまで持ち込めない。逆に名古屋FWマルケスとMF中村のコンビから、時折カウンター攻撃を仕掛けられ、危ない場面を作られるが東京DFも失点を許さず。89分にはまたもやアクシデントで茂庭が足を負傷し退場、交代枠を使い切ってしまっていたため、10人となってしまう。東京は最後まで反撃を試みるも、得点を上げられずそのまま試合終了。終始攻撃のリズムを掴めず、悔しい敗戦となった

  【選手コメント】《戸田》「名古屋に予想以上に蹴り込まれ、試合中に対応、修正できなかったことが敗因だと思う。(ナビスコ杯の)柏とは少し質の違った放り込みで、相手のサイドバックがむやみに上がって、いちかばちか…というプレーに戸惑ってしまった。序盤に激しいプレーを受け、荒れてしまった面もある。チーム全体で落ち着こうとしたが、苛ついてしまった。ただ、この敗戦で落ち込んでいても仕方がない。すぐに切り替えることが必要」《増嶋》「交代はすでにアップをしていたので不意ではなかったが、前半はきつかった。抜かれることはなかったが、足が張っていた。後半は慣れて、早目のクロスや攻め上がりからチャンスをつくろうした。失点の場面は上がっていったところだった。リスクを負わないと点は入らないと思うが、次の課題でもある」《金沢》「攻撃のバランスがちぐはぐで、いいところが出なかったというのが事実。激しくくる相手に対して、それを跳ねのけて勝たなければいけないのだが…。相手の中盤の人数が多く感じた。守備ではCK、FKの守備を修正しなければいけない」

 【原監督の会見要旨】「アウェーでなかなか名古屋に勝てていないので、今日は勝ちたいと思ってやってきたが(相手は)あまり後ろでつながずに、予想より早めに放り込んできた。前の方に選手が残っていて、こぼれ球を拾い合うという状況になり、苦しい場面が続いた。かなり激しい競り合いになり、イエローカードも多かった。中盤で拾われてしまうと、名古屋にリズムを作られていると感じた。しかし前半の立ち上がり早くに、FKから今野がPKをもらい、ルーカスは足を痛めていたが、本人が大丈夫というので蹴らせた。あそこで決まっていればまた違った展開になっていたかも知れない。それよりもチームとしては、前節で加地がケガをして、今日また藤山がケガをしたアクシデントが痛い。ハーフタイムには中盤のバランスをしっかりとろうと話したが、バタバタしてしまったところがある。宮沢にも疲労が見えたので、コンディションのいい梶山を入れた。そこでボールが収まると思ったが、ちょっとしたミスを突かれてしまった。藤山がいないところで、増嶋もサイドの練習もさせていたが、本来センターバックということもあり、少し対応が遅れてしまった。決して悪い内容だとは思っていない。もちろん名古屋もすごい気合いできていた。勝ちたかったのはもちろんだが、茂庭も最後にケガをしてしまった。しかしまたすぐ土曜日に試合があるし、こういう苦しい時こそフレッシュな選手、他の選手の力で、次の試合に向けていい準備ができればと思う」

 【名古屋・ネルシーニョ監督の会見要旨】「スピーディで緊張感のあるゲームだった。前半はパスの質がよくなく、キープ力では優っていたが、ミスパスから危ない場面がたくさんあった。ハーフタイムにはパスを大事にすること、攻撃している時に何をしたいのか、意識をしっかり持ってはっきりしようと話した。フィニッシュか、パスか、クロスか…が曖昧だったので、はっきり意識してプレーしようという指示を出した。FC東京はカウンターを仕掛けてきていたので、こちらもカウンター狙いでいこうと。マークは前半と同じくしっかりしながら、攻撃を仕掛ける時には、大事にしてはっきりしようと話した。そしてその1つのカウンターのチャンスでマルケスの1点が生まれ、チームにとって大事な勝利となった。秋田の投入は、FC東京がロングボールを放り込んでくるだろうという予想もあり、増川も不安定なプレーだったため。楢﨑もよかったが、今日は両チームのGKが目立った試合だった」

  • NEWS
  • 選手・スタッフ
  • チケット・観戦
  • 試合日程
  • 試合結果
  • 記録・データ
  • U-18 U-15 試合結果
  • トレーニングスケジュール
  • ファンゾーン
  • ホームタウン活動
  • スクールご紹介
  • スクールへの入会
  • バレーボール
  • クラブ情報
東京ドロンパ このページの先頭に戻る
F.C.TOKYO Copyright Tokyo Football Club Co.,Ltd. All Rights Reserved. 個人情報について