Englishご意見箱
9.23 土祝 16:00 KICK OFF
明治安田生命J1 第27節
VS 柏レイソル
日立柏サッカー場
U23 公式ケータイサイト
青赤日記 バレーボール
試合・練習A GAME AND PRACTICE


Jリーグディビジョン1 第7節

2005年度の一覧に戻る

2005年04月23日 万博記念競技場 ( Away )
点の取り合うシーソーゲームとなるも、最後は力及ばずガンバに敗れる
3
前半 1 
後半 2 
 0 前半
 5 後半
 5
・51分:石川 直宏
・2分:戸田 光洋
・64分:ルーカス 
・45分:Own Goal
・53分:大黒 将志
・52分:大黒 将志
・65分:大黒 将志
・72分:アラウージョ 
観衆 11,728人   天気 晴、中風   気温 18.1度
主審 : 岡田正義   副審 : 中井恒  : 平野伸一
14 シュート 19
8 GK 13
8 CK 7
11 直接FK 15
4 間接FK 9
4 オフサイド 9
0 PK 0
' 70 ルーカス
警告
退場
Nr Pos    Change Name SH
1 GK   土肥 洋一
29 DF   前田 和也
5 DF   増嶋 竜也
32 FW 73分 近藤 祐介 3
3 DF   ジャーン
17 DF   金沢 浄
6 MF   今野 泰幸
27 MF   栗澤 僚一 1
16 MF   宮沢 正史 1
14 MF 56分 馬場 憂太
18 FW   石川 直宏 4
13 FW   戸田 光洋 2
15 MF 60分 鈴木 規郎
9 FW   ルーカス 3
22Sub/GK 塩田 仁史
7Sub/MF 浅利 悟
Nr Pos    Change Name SH
1 GK   松代 直樹
4 DF   實好 礼忠
6 DF   山口 智 1
5 DF   宮本 恒靖 1
7 MF   遠藤 保仁 2
9 MF   アラウージョ 3
10 MF   二川 孝広
2 MF   シジクレイ
27 MF   橋本 英郎
16 FW   大黒 将志 11
18 FW 83分 吉原 宏太
8 FW   フェルナンジーニョ 1
28 MF 67分 前田 雅文
23Sub/GK 日野 優
15Sub/MF 渡辺 光輝
11Sub/FW 松波 正信

連敗脱出に向け、チーム一丸となって戦う

 J1リーグ第7節はアウェーでガンバ大阪との対戦。前節は浦和にリーグ戦初勝利を献上、2連敗となり3勝1分2敗で順位も4位となった。ここ2試合は自慢の堅守が機能せず、先に失点を許し、ズルズルと相手ペースで試合が終わってしまうパターンが続いている。また攻撃陣はここ2試合無得点と、勝敗以上に心配なところである。

 G大阪もエンジン全開とはいえない。現在1勝4分1敗の7位。ここ3戦を連続で引き分けて、勝ちきれない状況だ。ただ、FW大黒、フェルナンジーニョ、MFアラウージョの攻撃陣は要注意である。3人で自由に動き回り、ドリブルやワンツーからフィニッシュに持ち込むことができ、調子に乗ると抑えるのは難しいだろう。また、セットプレーとなれば日本代表のMF遠藤がおり、十分に警戒しなければならない。

 対する東京は、ケガ人が続出し、藤田、茂庭、藤山、加地に続き、今度は梶山が左膝関節炎で約3週間の離脱となり、苦しい状況である。しかし、前節茂庭に代わって入った増嶋は、失点は許したものの、浦和攻撃陣相手に1対1、ヘディングの競り合いでも互角以上の戦いをし、代わりのメンバーで十分に出来るところをみせていた。またケガで出遅れていた馬場が控えに入り、勝負どころでの起用で、どんなプレーをしてくれるのか楽しみでもある。また、昨季はG大阪に対して、ナビスコカップを含め3戦3勝と、相性の良さもプラスに考えたいところである。

 今後、上位そして優勝を狙っていくチームとして、これ以上の連敗は許されないところである。試合は3:04pm、東京のキックオフで開始された。

戸田の今季初ゴールで先制する!

 G大阪は3バックにDF宮本を、ボランチにMFシジクレイを入れ、予想通り3-5-2の布陣で挑んできた。キックオフからいきなりG大阪がチャンスをつくり、シュートを放つなど攻撃的な姿勢できたが、カウンターから東京はあっさり先制点を奪った。2分、右サイドで前田から石川につなぎ、ハーフウェーライン付近から左サイドへロングフィードをすると走り込んでいた戸田がダイレクトで思い切ってシュート、低い弾道がゴール右に突き刺さる。ちなみにアウェーでの通算100得点目であった。 その後も東京ペースで進み、6分、宮沢→今野とつなぎシュートするも相手DFがブロック、10分、中央でルーカスのポストプレーから栗澤がシュートするもGK正面に、12分には約25m付近のFKを宮沢が直接ゴールを狙うも相手GK松代にナイスセーブで防がれたが、ここまでは全く危なげない展開で試合は進んだ。

 しかし15分を過ぎるといっきにG大阪ぺースとなる。特に中盤でボールを支配され、動きだしの速さで、FW大黒が何度もDFラインの裏でボールをもらえるようになり、チャンスを作っていく。22分、大黒が左サイドから中央へドリブルし、そのままシュート、24分にはDF山口からのロングフィードで大黒が前線に抜け出しシュートと、立て続けに決定的なチャンスを与えるも、土肥がスーパーセーブでこれを防いだ。さらに31分には右サイドでMF遠藤→FWフェルナンジーニョとつなぎ、クロスを中央にいた大黒に合わせるもゴールの上に外す。

 東京もカウンターからチャンスをうかがう。38分、自陣で相手CKからボールを奪うと、いっきに宮沢が前線に残っていた石川にロングフィード、ドリブルでペナルティエリア内に進入するもシュートは打てず、40分には左サイドで金沢→戸田が抜けだしセンターリング、中央にいた石川がシュートするも、相手DFに阻まれる。なかなかチャンスらしいチャンスを作ることができず、苦しい状況は続く。その後もG大阪が攻める。43分には右CKからDF宮本がヘディングシュートを放つもポストにあたり土肥がキャッチ、44分は大黒が中央でエリア外からシュートするも土肥の正面と最後のところでDF陣が踏ん張り1-0で前半を終了する。

後半に入って守備が崩壊、5失点で逆転負け

 ハーフタイムに原監督から「引きすぎないで怖がらずに前からいこう」と指示を出して選手を送り出したが、後半開始してすぐに、G大阪MF橋本のシュートを土肥がセーブし、こぼれ球を戸田がクリアするが、このボールが増嶋にあたりそのままゴールイン、オウンゴールという不運な形で失点を許し、同点に追いつかれる。その後、前半とはうってかわって両チーム点の取り合いとなる。

 まずは51分、東京は左サイドのFKを宮沢がゴール前に上げると、石川がドンピシャのヘディングシュート、2点目を奪う。しかし52分、53分と立て続けに大黒にゴールを奪われ、一瞬にして逆転を許してしまう。東京は56分に宮沢に代えて馬場を入れると、中盤でボールが収まるようになり、両サイドを使ってリズム良く攻撃ができるようになる。60分には疲れの見えた戸田に代え鈴木規を投入、いっきに攻撃のスピードが加速した。すると、64分、右サイドで石川がボールをキープ、相手DFを抜き去る前にニヤサイドにクロスを入れると、走り込んできたルーカスがヘディングシュート、ゴール左隅に吸い込まれ3-3の同点に追いつく。

 しかし喜びも束の間、またも1分後に大黒にハットトリックとなるゴールを決められ、突き放される。3点とも、ゴール前には東京DF陣の数は揃っているが、大黒の一瞬の動き出しの速さについていけず、すべてフリーでシュートを打たれてしまい、これまで6試合で4失点であった堅守がもろくも崩れてしまった。72分にはジャーンの前田へのパスミスをG大阪MFアラウージョがインターセプト、そのままドリブルで持ち込みシュートすると、ゴールに吸い込まれ、2点差に引き離されてしまう。

 東京は73分に増嶋に代えて近藤祐を投入、今野をDFに下げて最後まで点を取りにいく。75、76分と近藤祐が、77分には石川が、そして88分にはルーカスがそれぞれシュートを放つが得点を奪うことができず試合終了。久々の3得点と攻撃に関しては良かったが、それ以上にG大阪の大黒を最後まで止めることができず、今後に課題を残す試合となった。

 【選手コメント】《前田》「試合に入った直後、対面する二川選手にボールがわたった時に滑ってしまったのだが、結果的にスライディングでボールを奪う形になった。それで簡単にはやられないぞと気が引き締まった。前節にくらべ、ナオさんとの攻守の連係は取れていたと思う。点を取った後にもっと集中するべきだった。そこでやられたことで、この結果になってしまった…」《今野》「完敗です。東京の最終ラインが悪いわけではなく、ガンバのほうが動きがよく、動き出しが早かった。それでうまく回された。それが敗因だと思う。みんなでもっともっとプレッシャーをかけにいきたかったが、後手後手になってしまった。修正してがんばりたい」《馬場》「久々にピッチに戻れて、自分ではのびのびできたと思う。出場直後から8割以上の力を出そうと考えていて、試合にはすんなり入ることができた。リズムはつくれたと思う。ゴール前を固められて、自分自身は枠に飛ぶシュートを打てなかったが、サイドは崩していた。点を取ったあとにすぐ取られてしまったこと、3連敗したことが残念。次は勝ちたい」

 【原監督の会見要旨】「この2試合、点が取れず、また最終ラインに故障者が多く、微妙にバランスが崩れていた。その中でチーム全体で守備をして点を取っていこうとした。立ち上がり、ずっとゴールのなかった戸田がすばらしい形で点を取り、いい感じだった。ただその後、少しずつガンバにボールを持たれて、特にFW大黒の動き出しの速さを感じた。そこで増嶋あたりが、大黒の動きについていけなくなってしまった。結果的に増嶋はヘッドでは競り合えるが、それ以外の大黒の動き=クロスに対して逃げていったりや、足元に来た時に一旦引くなど、そういう動きを最初に何回かされてしまい、明らかに怖がってしまった。前半からかなり危ないシーンもあったが、なんとか守っていたので、ハーフタイムには「怖がらないでしっかり潰せ、しっかり付け」という話をしたが、オウンゴールでまたバタバタしてしまった。セットプレーからいいゴールが取れて、リードした後に、また大黒にやられてしまった。点を取ったあとの時間帯が悪かった。しかし試合の駆け引きというよりも、増嶋が怖がってずるずる引いてしまうものだから、ジャーンもつられて、結局大黒の一番得意のスペースで勝負されたことが敗因。ガンバの一番得意な形を、最終ラインが怖がってしまった。我々もすばらしいゴールを取れたと思う。セットプレーを含め、3点とも狙いどおりのゴール。それ以上に失点が多かった。茂庭もそろそろ復帰できそうな状況だが、最終ラインをもう少し安定させることが必要。増嶋はまだまだ若い。これから本当の一人前のディフェンダーになるために、もっともっと怖がらないで闘っていってほしいと思う。今後に取り組む姿勢にすべてがかかってるが、これからだろう。途中出場の馬場もコンディションが戻ってきているし、鈴木規、石川も好調なので、しっかり整備して次の試合に臨みたい。我々らしい攻撃ができつつあるので、点を取りながら、失点を減らしていけるチームにしていきたい」

 【G大阪・西野監督の会見要旨】「今日は、全員で決着をつけたいという気持ちで臨んだゲームだったので、キックオフからそういう姿勢で入れていた。前半はアンラッキーで、攻めながらも点がとれないという拮抗した試合だったが、内容は悪くはなかった。ハーフタイムにも、後半1点取れれば必ず3点取れるゲームだと話した。オウンゴールがそれに火をつけてくれたが、1点取れればこういうゲームになることは予測していた。特に後半からは、常に前に出て行くアグレッシブなゲームが全員で出来ていた。大黒の好調もあり、全員で相手ゴールに向かう姿勢が非常に強かった。ディフェンスの面では、1失点目はエアーポケットに入ったようなもので、FKを含めての対応に連携が取れていなかった。きれいに3点を失っているので、もう少しバランスを取ることが必要。今後に向けて修正することもたくさんある。しかし内容よりも何より勝点3をとりたいゲームだったので、そういう意味では非常によかった。修正して、これからもっとガンバらしい攻撃的な面が出ればと思う」

  • NEWS
  • 選手・スタッフ
  • チケット・観戦
  • 試合日程
  • 試合結果
  • 記録・データ
  • U-18 U-15 試合結果
  • トレーニングスケジュール
  • ファンゾーン
  • ホームタウン活動
  • スクールご紹介
  • スクールへの入会
  • バレーボール
  • クラブ情報
東京ドロンパ このページの先頭に戻る
F.C.TOKYO Copyright Tokyo Football Club Co.,Ltd. All Rights Reserved. 個人情報について