Englishご意見箱
11.26 13:00 KICK OFF
明治安田生命J1 第33節
VS サンフレッチェ広島
エディオンスタジアム広島
U23
明治安田生命J1 第32節
11.18 14:00 KICK OFF
2 1
ベストアメニティスタジアム

終了間際に1点を返すも、同点には至らず競り負ける。

公式ケータイサイト
青赤日記 バレーボール
試合・練習A GAME AND PRACTICE


Jリーグディビジョン1 第9節

2005年度の一覧に戻る

2005年05月01日 大分スポーツ公園総合競技場 ( Away )
最後は決定力の差、カウンター2発に沈む。
1
前半 0 
後半 1 
 0 前半
 2 後半
 2
・83分:栗澤 僚一  ・71分:マグノ アウベス
・80分:ドド 
観衆 26,218人   天気 屋内、無風   気温 24.1度
主審 : 西村雄一   副審 : 廣嶋禎数  : 青木隆
13 シュート 6
4 GK 13
2 CK 0
19 直接FK 9
2 間接FK 1
2 オフサイド 0
0 PK 0
警告 ' 12 パトリック
' 72 マグノ アウベス
退場
Nr Pos    Change Name SH
1 GK   土肥 洋一
3 DF   ジャーン 2
20 DF   加地 亮 1
2 DF   茂庭 照幸
15 DF   鈴木 規郎
25 DF 44分 迫井 深也
6 MF   今野 泰幸
7 MF   浅利 悟 2
19 MF   ダニーロ 1
27 MF 73分 栗澤 僚一 2
9 FW   ルーカス
14 MF 51分 馬場 憂太
13 FW   戸田 光洋 3
18 FW   石川 直宏 2
22Sub/GK 塩田 仁史
16Sub/MF 宮沢 正史
Nr Pos    Change Name SH
29 GK   江角 浩司
23 DF   有村 光史
15 DF   吉村 光示
4 DF   深谷 友基
3 DF   柴小屋 雄一
14 MF   阿部 吉朗
20 MF 87分 松橋 章太
5 MF   パトリック 1
8 MF   小森田 友明
9 MF   吉田 孝行
11 FW   ドド 4
10 FW   マグノ アウベス 1
2 DF 89分 三木 隆司
16Sub/GK 高嵜 理貴
19Sub/MF 原田 拓
25Sub/FW 西野 昇平

今チームがやらなければいけないのは、勝ち点を獲ること

 J1リーグ第9節はアウェーで大分トリニータとの対戦。前節の柏戦は前半からリズムよく攻撃を仕掛け、試合の主導権を握っていたにもかかわらず、先制を許すと守備&カウンターの術中に完全にはまり、選手はもちろん観ていたファンにとっても消化不良の試合となった。この試合、起爆剤として初先発のダニーロ、5年ぶりにJ1リーグ出場の迫井とフレッシュなメンバーで挑んだが、連敗脱出はならなかった。原監督が就任してからは2002年に3連敗はあったが4連敗ははじめて。3勝1分4敗で順位も10位となった。大分とはすでにナビスコカップ予選第2節(味スタ)で対戦しており、10人相手にスコアレスドロー、昨季も含めて大分相手に勝っていない。

 大分は開幕当初はなかなか勝てない時期があったが、4月に入ってからは3勝3敗、前節は大宮に逆転負けを食らうも、その前は2連勝とシステムを4-4-2に変えて調子は上向きである。特に攻撃陣は好調である。速いくてうまいFWマグノ アウベスを中心に、2トップの一角に新外国籍選手のFWドド、今絶好調のFW西野も控えており、この3人でチーム10得点のうち7点を取っている。また左右のMFに阿部、吉田が入り、バランスよく攻撃に参加してチャンスメイクをしている。 

 対する東京は、右サイドにケガで離脱していた加地が磐田戦以来の復帰。加地がいなくなってからチームは負け続けているので、救世主的な存在として大いに期待したいところである。反対に、左サイドの金沢が左大腿四頭筋を痛めて離脱、代わって今季初先発となる鈴木規が出場。ディフェンスに関しては多少不安はあるものの、逆に攻撃面を考えれば、今まで以上に左サイドからのチャンスメイクが期待できる。それ以外にも前節からメンバーを代えてきた。左サイドに栗澤→戸田、ボランチを宮沢→浅利にして今野と組ませた。

 ズルズルと4連敗になってしまったが、とにかく自分たちの力を信じて戦うだけである。鹿島が少し首位戦線から飛び出したが、まだまだダンゴ状態が続くリーグ戦、苦しい状況ではあるが思いっきりのいい、「勢い」のあるサッカーをして勝ち点を獲っていきたいところだ。

 今日のビッグアイは屋根を閉めたため、ピッチ内は風のない、蒸し暑いコンディション。連敗脱出を目指し2:03pmに東京のキックオフで開始された。

サイドを起点に速い攻撃を仕掛けるが...

 ロッカールームを出て行く前、土肥が「いままでのことは忘れて絶対に勝ちにいこう」とみんなにゲキを飛ばして試合に臨み、その気持ちがそのまま試合開始から表れた。中盤での厳しいプレスからボールを奪っては、両サイドから速い攻撃を仕掛ける。すると6分にビッグチャンスがおとずれる。左サイドで石川と鈴木規で崩して中央のルーカスへ、それを右サイドを駆け上がっていた戸田に流してこれを戻し気味にセンターリング、これを待ち構えていた石川がシュートするが惜しくもバーに当たる。その後も左右のサイドを起点に攻撃が続く。11分、右サイドで戸田→石川にわたりドリブルで中央に、ルーカスにスルーパスを出すもつながらず、13分、左サイドで鈴木規のスローインから今野→戸田につながり中央に持ち込むもシュートは打てず、試合の主導権は完全に東京にあるものの、なかなか決定打が出ない。

 大分はゆっくりとDFラインでボールをまわし、東京の中盤でのプレスを避けるため、前線のFWマグノ アウベス、FWドドに蹴りこんでくるだけの単調な攻撃、16分、ドドが中央をドリブルで持ち込んで、最後はマグノ アウベスがシュートするもDFがカット、序盤はこれが唯一のチャンスらしいチャンスであった。

 東京は17分に戸田が左サイドから、19分には石川が右サイドからチャンスをつくるもゴール前のルーカス、ダニーロに合わない。20分には今野が右サイドの加地にスルーパス、エンドライン際からダイレクトで中央に折り返し、これを戸田がドンピシャのヘディングシュートを放つもゴール右に外れる。22分、左サイドの鈴木規が大きくサイドチェンジ、一度クリアされるも、これを拾った加地が石川とのワンツーで抜け出しペナルティアーク外からシュートを放つもゴールを大きく外す。30分にもFKのチャンスから今野がサイドチェンジ、クリアボールを加地が拾いドリブルで持ち込みシュート、今度はGKにセーブされる。

 そんな中、アクシデントが起きる。36分、ヘディングの競り合いで鈴木規が右肩を脱臼、一度はピッチに戻るも、やはりプレー続行不可能と判断、44分に迫井が代って出場することに。終了間際には戸田、ダニーロと立て続けにシュートを放つも得点ならず。0-0で前半は終了する。

試合を決めたのは決定力の差、2失点で敗戦

 ハーフタイムでの原監督の指示は「ダニーロのポジショニングの修正、シュートを打てるときに打っていく」とシンプルなもので、後半開始から全員がアグレッシブに点を取りにいこうとしたが、またしてもアクシデントが起こる。51分、今度はルーカスが左足首を痛めて退場、馬場が代りに入り、ダニーロを1トップにする布陣へと変更することに。しかし、東京は気落ちすることなく大分ゴールに攻め立てる。52分にはカウンターから馬場が右サイドの石川へ、早めのクロスを入れるもダニーロに合わず。53分には浅利が中央をドリブルで持ち込み、25m付近からシュートするもGK正面。またその直後には、右サイドから浅利がライナー性のボールをダニーロに、これをヘディングで後方にそらし戸田の前にこぼれるも、シュートは打てず。56分には中央で浅利→馬場→ダニーロと細かいダイレクトプレーで抜けだしシュートするもGKにセーブされる。

 しかし60分を過ぎると、連戦からの疲れと蒸し暑いコンディションによる体力の消耗から、前線からのプレスが効かなくなり、ルーズボールを奪われる場面が増えていく。それでも61分にゴール正面30mのFKを石川が直接狙う、65分には浅利がロングシュートを放つがどちらもゴールの上に外れ、どうしても得点を奪えない。すると一瞬のスキを突かれ大分に先制点を奪われてしまう。71分、カウンターからFWドドがドリブルでペナルティエリア内に進入、一度はDF陣が抑えるが、そのこぼれ球を拾ったFWマグノ アウベスに決められてしまう。  

 73分、東京はダニーロに代え栗澤を投入、今度は馬場をトップに置く布陣に。しかし守りに入った大分に、効果的な攻撃を仕掛けられない。両サイドを完全に塞がれ、中央から攻めても途中でパスカットされるか最終ラインではね返されるかで、まったくフィニッシュまで持ち込めない時間が続く。すると80分に、またもやFWマグノ アウベスとドドのコンビでカウンターを仕掛けられ、追加点を奪われる最悪の展開となってしまう。

 もはや攻めるしかなくなった東京はリスクをおして攻撃を仕掛ける。83分に左サイドでFKを得ると栗澤が蹴ったボールがそのままゴールイン、1点差となりさらに反撃は続く。途中からジャーンを前線に上げ、なりふり構わず攻撃を仕掛け、ロスタイムに入って栗澤、ジャーンがフリーでシュートするも、ゴールマウスを外し万事休す、1-2で試合終了。東京は、終始リズム良く攻めるも、栗澤のセットプレーからの1点のみ、逆に大分は後半2本のシュートで2得点と東京との決定力の差を見せつける格好となった。またこの試合で、ルーカス、鈴木規がケガで退場し、ますます苦しい状況となったが、次節は首位鹿島との対戦。今季のチームを占う意味で大変重要な試合になることは間違いないだろう。

 【選手コメント】《浅利》「もう少し前からのディフェンス、もう一歩前に向かうことが必要だったと思う。試合終盤には中盤でボールを動かせるスペースがあった。そういうスペースをつくる動きが、前半から必要だったかもしれない。(浅利選手は2000年に引き分けを挟んだ7連敗も経験しているが?)その時とは状況が違う。今はケガ人が出ていることも要因。内容がずっと悪いわけではないので、気持ちを切り替えてやるしかない」《加地》「今までもそうだったが、今日もチャンスに決めきれなかったことが一番の敗因だと思う。失点の場面はすべてカウンター。1失点目は、ワンツーではたかれた時に人に付ききれていなかった。そこは修正できるはず。ただ、もう少しキープする時間を増やすことも必要だった。今は苦しい時でもあるが、東京が本当に強くなるかもしれない試練の時。こういう時は絶対あるから。残っている選手でしっかり闘っていきたい。みんなで乗り越えて、もう1回スタートを切りたい」《栗澤》「出場にあたって、中盤でボールはもらえるはずなので、そこからサイドにさばいていこうとした。(FKは)誰か合わせてくれという気持ちで蹴った。最後まであきらめなかったことがゴールにつながったと思うが、どうしても決勝点を取りたかった…。ただ、余計なことは考えずに思い切ってやるしかない。技術というよりも勝ちたい気持ちを出していきたい」

 【原監督の会見要旨】「最近チームに勢いがなくなっていたので、怖がらないで前にボールを当ててそれをフォローしていこうということで、前半、特に右サイドでいい形が何度ができていた。石川のシュートがバーに当たるなど何度かいい形ができていたと思うが、あそこをなかなか決められないということろが今の我々の課題。シュートを打てるところをパスしたり、パスのところをシュートしたりと、チグハグな面が多かった。前半早い段階で鈴木が肩の脱臼をしてしまって、一度戻ったのでいかせたがやはりだめだった。このケガからチーム全体がバタバタしてしまった。ダニーロがボールのところに絡んでこないので、中盤でボールを受けて仕事をやってくれとハーフタイムに言った。それで様子を見ようと言うことでしばらく辛抱していたが、そうしているうちにルーカスがケガしてしまって。予想外のケガで、戦術的な変更というよりケガの対応で追われてしまったというのが正直なところ。なんとか後半守りながらチャンスは出てくると思っていたが、1点目のゴール前で相手の足元にこぼれてしまったのと、2点目も攻めながらボールの取られ方が悪くきれいなカウンターを許してしまったのが我々の力の無さというか歯車がくるってしまっている感じ。馬場も栗澤も早く入れたかったが、これだけ暑いというのとケガ人が出ていること、そして加地も久しぶりだったということで見極めながらやっていたが、なかなか手が打てなかったことが残念。でもまだまだ試合が続くので、このうまくいかない流れをなんとか乗り越えていかなければならない。」

 【大分・皇甫官監督の会見要旨】「前回アウェーで大宮とやって負けたので、今日の試合は本当に重く感じていた。こういう連戦では、選手たちは本当に体力が厳しいので、今日は少し選手を変えていったがそれがよかった。相手の右サイドの石川、加地は予想していたが、阿部よりも吉田の方が守備意識が高いので、吉田に加地をケアさせた。東京の攻撃を完全に押さえられたとは思わないが、サッカーの試合はいろいろなことが起きる。その中でチームの戦術をどれぐらい崩さないかがポイント。今日はみんなが忠実に守ってくれた。今非常に柴小屋、深谷、小森田、パットらの若い選手が落ち着いてがんばっている。ミスがないわけではないが、これからの課題としてミスを減らしていきたい。まだ連戦が続くので、しっかり準備して考えてやりたい。選手たちは準備したことを守ってくれて、それが今日の勝利につながった。」

  • NEWS
  • 選手・スタッフ
  • チケット・観戦
  • 試合日程
  • 試合結果
  • 記録・データ
  • U-18 U-15 試合結果
  • トレーニングスケジュール
  • ファンゾーン
  • ホームタウン活動
  • スクールご紹介
  • スクールへの入会
  • バレーボール
  • クラブ情報
東京ドロンパ このページの先頭に戻る
F.C.TOKYO Copyright Tokyo Football Club Co.,Ltd. All Rights Reserved. 個人情報について