Englishご意見箱
11.26 13:00 KICK OFF
明治安田生命J1 第33節
VS サンフレッチェ広島
エディオンスタジアム広島
U23 公式ケータイサイト
青赤日記 バレーボール
試合・練習A GAME AND PRACTICE


Jリーグディビジョン1 第4節

2005年度の一覧に戻る

2005年04月10日 味の素スタジアム ( Home )
栗澤のリーグ戦初得点が値千金の決勝ゴールとなり、磐田を撃破!
1
前半 0 
後半 1 
 0 前半
 0 後半
 0
・85分:栗澤 僚一   
観衆 32,049人   天気 晴、中風   気温 21.9度
主審 : 穴沢努   副審 : 宮島一代  : 木島栄
15 シュート 12
12 GK 9
7 CK 8
9 直接FK 17
2 間接FK 0
2 オフサイド 0
0 PK 0
警告 ' 72 西 紀寛
' 68 カレン ロバート
退場
Nr Pos    Change Name SH
1 GK   土肥 洋一
3 DF   ジャーン
20 DF   加地 亮
8 DF 50分 藤山 竜仁
2 DF   茂庭 照幸
17 DF   金沢 浄
6 MF   今野 泰幸 1
16 MF   宮沢 正史 1
23 MF 67分 梶山 陽平
27 MF   栗澤 僚一 2
13 FW   戸田 光洋 3
18 FW   石川 直宏 3
32 FW 78分 近藤 祐介
9 FW   ルーカス 5
22Sub/GK 塩田 仁史
7Sub/MF 浅利 悟
Nr Pos    Change Name SH
1 GK   川口 能活
36 DF   金 珍圭 1
3 DF   茶野 隆行
5 DF   田中 誠 2
4 MF   河村 崇大
10 MF   藤田 俊哉
23 MF   福西 崇史 1
14 MF   村井 慎二 2
7 MF   名波 浩 1
19 MF 88分 成岡 翔
16 FW   崔 龍洙 1
9 FW 45分 中山 雅史 2
22 FW   カレン ロバート 2
11 MF 70分 西 紀寛
21Sub/GK 佐藤 洋平
6Sub/MF 服部 年宏

正々堂々と戦い、相性の悪い磐田に勝つ!

 日曜開催となる第4節。ここから中2日で続く3連戦は、リーグ序盤の一つのヤマ場。厳しい日程の中でしっかり勝点を積み上げるためにも、今日の磐田戦はとりわけ重要。特に、過去のリーグ対戦成績は過去1勝1分8敗。2000年1stステージより白星はなく、常に挑んではかわされ、勝利を逸してきた感がある。乗り越えなければいけない大きな壁だ。

 磐田は昨年の天皇杯より指揮を執る山本監督のもと、今季はGK川口、DF茶野、金珍圭、MF村井、FW崔龍洙らが新加入。ほかにもDF田中、MF藤田ら、代表クラスの選手がずらりと揃う。だがリーグ戦は1勝1分1敗の9位で、波に乗りきれていない。その上、4月6日(水)にはAFCチャンピオンズリーグで韓国の水原三星と戦い、東京以上にハードなスケジュールだ。しかし右手人差し指のケガから回復したGK川口(前FCノアシェラン)が、4シーズンぶりにJリーグに。復帰第1戦となる今日は大きな注目を浴びる。

 原監督は試合前、「磐田の状態がよいとは思えないが、メンバーは予想外だった。水原三星戦からはGK川口と、MF成岡がMF藤田に代わったのみ。山本監督のプランは、前半は耐えて、後半勝負に出ようとしているのかもしれない。ただ相手がどう考えようと、我々は堂々と戦って勝利をめざすのみ。今日こそ相性の悪さを払拭しよう! 我々本来の力をぶつけていきたい」と話した。また監督も選手も一様に「正々堂々と勝負し、そろそろ相性の悪さをひっくり返す時」と話し、勝利にかける意気込みは強い。試合は暖かな春の陽気のもと、2:04pmにスタート。

サイドを起点にチャンス作るが、磐田の固い守備を崩せず

 立ち上がりから、磐田を怖がらず、前からの厳しいプレッシャーをかける姿勢はよく表れていた。開始直後にはDFからのフィードをルーカスが落とし、栗澤がドリブルから左クロス。右の石川には届かず、2分には宮沢の大きなサイドチェンジから戸田が左クロス。右エリアで石川がワントラップしボレーシュートを放つ。相手GKのセーブでCKに逃れられたが、気迫のこもったプレーでボールを追い、奪ってはワイドな展開からサイドを起点にチャンスを作った。

 磐田は12分、ルーズボールを奪い、フリーで駆け上がったMF福西がエリア手前からシュート。隙あらば…という怖さをみせた。19分にはMF名波→福西→右に流れたFWカレンへとワイドな展開。カレンがジャーンをかわしてシュート体勢に入るが、茂庭がスライディングでブロック。磐田は決して無理をせず、リスクをおかさない攻めでチャンスをうかがう。しかし3バックで守るディフェンスは強固。東京はサイドを起点にチャンスをつくり、CKも何度か奪うものの、相手の術中にはまるような戦いで、決定的なフィニッシュに持ち込むことはできなかった。

 終盤には多くのチャンスを作る。36分には、加地→金沢のサイドチェンジから前の戸田へ。戸田の左クロスに、中央にどんぴしゃのタイミングで飛び込んだ石川がヘッドで合わせるが、惜しくも枠を外れる。38分には右サイドで、加地が石川の内側をゴールライン深くまで上がり、グラウンダーの速いクロスを送る。これにルーカスが飛び込むが、ゴール寸前で磐田DFがクリア。41分には石川のクロスを戸田がポストで落とし、後方から走りこんだ宮沢がシュートするが、ふかしてしまう。43分には相手クロスを加地がヘッドでクリアし、石川につなぐ。 ドリブルで上がった石川の右クロスに戸田がヘディングシュートを放つが、ゴール左に。磐田のゴールを割ることはできず、0対0で後半へと折り返した。

栗澤が今季初ゴール!2000年以来の勝利!!

 前半、前線のFWが孤立するシーンもみられた磐田は、FW崔に代えてFW中山を投入。後半に勝負をかけてきた。48分にはその中山がゴール前に鋭い飛び出しをみせるが、一歩早く土肥がキャッチ。49分、磐田の右CK。名波→金のヘディングは大きくはずれる。50分には加地が足の負傷で藤山が交代投入される。54分にはその藤山の右スローインをルーカス→再び藤山とつなぎ、右クロス。相手DFのこぼれを拾った今野がミドルシュートを狙ったが、磐田GK川口の好セーブに阻まれた。

 めまぐるしく攻防が入れ替わる速い展開の中、両者ともにチャンスはあった。56分には磐田、左クロスをゴール前まで上がった藤田がヘッドで落とし、カレンがシュート。59分には東京、左サイドを駆け上がったルーカスがきっちり枠の右下を狙うシュート。GKセーブのこぼれ球に石川が詰めるもわずかに合わず。60分には磐田がペナルティアークすぐ右でFKを得る。名波が直接狙ったシュートには東京の壁が立ちはだかった。65分には左スローインを受けたルーカスが、うまく反転して鋭いグラウンダーのクロス、戸田がゴール前に飛び込む。67分に今度は磐田。MF村井のアーリークロスに中山がヘディングシュート。 緊張感にあふれ、ひと時も気の抜けない展開が続く。

 東京は67分、宮沢に代えて梶山を投入。だが、その後も名波や村井の精度の高いボールから、何度も磐田にチャンスをつくられた。磐田は70分にカレンに代わりMF西がイン。東京も78分には石川に代えて近藤祐を投入。直後には磐田の左CK。ゴール前の混戦の中からフリーでシュートを打たれ、土肥が片手でかきだす。決定的といえるピンチもあったが、結果的に「2トップにして点を取り、勝点3をめざす」という姿勢が功を奏することになる。

 迎えた85分、東京のゴールキックから、相手DFのクリアを左サイドで栗澤が拾い、中央の梶山へパス。自身は中央へ攻め上がる。梶山は、背後から上がった今野が見えていたかのように左のスペースへパス。受けた今野はエリア内に猛突進、中央へグラウンダーのラストパスを送る。これに栗澤が落ち着いて左足を振り抜き、シュート! ボールはきっちりゴール左上に決まり、苦しい時間帯の中で貴重な1点を奪った!!

 ロスタイムを含めた残りの時間、再びセットプレーを中心に猛反撃に出る磐田だが、東京は全員一丸となって守りきった。後半は磐田に8本のCK、10本のFK、9本のシュートを浴びながらもよく耐え、気迫のこもったプレーで勝点3をもぎとる。そして2000年の1stステージ以来の勝利となった!

 【選手コメント】《栗澤》「磐田がうまいというのはわかっていた。でも気負いはなく、自分たちのサッカーをしようと考えた。前半の中ごろからボールにいけなくなり、相手リズムになってしまったかもしれない。やりにくかったけれど、そういう戦い方もある。後半は守備からリズムを作ろうとした。押されるシーンがあったが、耐えた結果が勝利につながったと思う。ゴールシーンは今ちゃんからのボールが来ると信じていた。僕は落ち着いて打つだけだった。みんなで取ったゴール。今ちゃんには何かおごってあげようと思います(笑)」《梶山》「今日はこれまでに比べ、うまく試合に入っていけたと思う。ゲーム感覚も戻ってきた。相手を中盤でフリーにすると取られるので、そこでしっかり守備をするように。全体のバランスをとってスペースをあけないようにしていた。みんなが勝ちにいった結果だと思う」《今野》「ゴールの場面は、陽平がボールを持つ前に動き出した。前にスペースがあったので、絶対パスが出てくるという確信があった。ラストパスは、栗澤が見えていたわけではないが。勝負をかけて、そこで点が取れたのでものすごくうれしい」

 【原監督の会見要旨】「磐田には相性が悪く、この4年半ずっと勝っていなかった。僕が就任したシーズンのアウェーゲームでは6点も入れられて負けたり、昨季は相手が10人になって、ほとんど我々のペースなのに引き分けてしまったり。そこをホームで、全員で勝ちにしようと今日の試合に臨んだ。先週の水曜に磐田対水原三星の試合を観て、正直に言うと磐田の状態はよくないと思った。ただ今日は控えを含めてどういうメンバー構成で来るのか、読むことはできなかった。そうしたらGK川口と、MF成岡からMF藤田に先発が代わっただけで、それを見た時に、かなり慎重に試合に入り、我々の勢いを辛抱して、後半勝負どころでFW中山やMF西を入れてくるのだろうと思った。そこで我々は、磐田に合わせるのではなく、自分たちのサッカーをやっていこうとした。前半の途中からボールへのプレスが甘くなり、ずるずると下がってしまった。すると磐田にこぼれ球を拾われてリズムをつくられ、MF名波のいいボールからセットプレーで攻められた。ハーフタイムにはもっとサイドをシンプルに使うこと、こぼれ球を拾うこと、怖がらずにボールをしっかり抑えにいこうと話した。後半、宮沢に少々疲れが見えたので梶山を投入。加地が足を傷めるアクシデントがあったが、藤山がいるので、代わりとしてはまったく心配なかった。梶山にはルーズボールを拾わせ、そこでタメができればもう少しいい展開になると考えた。近藤祐を入れたのは、やはり点を取りにいこうとしたから。最後まで勝点3をとりに行くという姿勢を伝えたかった。彼を入れて2トップにして勝負をかけた時、今野がうまく切り込んで栗澤が決めてくれた。磐田ほどのメンバーはいないが、全員の最後まであきらめないという姿勢が出ていたと思う。久しぶりに磐田に勝ててうれしいが、すぐに名古屋戦があるので切り替えて、1試合1試合を大事に戦っていきたい」

 【山本監督の会見要旨】「結果は残念だが、選手はこの厳しい日程の中で力を出してくれた。もう少しツキがあれば…と思うところもある。ただ、へこんでいても仕方がないので、次に向けてこの悔しさをバネにしていくことが大事。ここのところシュートの形ができていなかったが、今日は出てきていた。そのあたりをさらに前に進めていくことが必要。この暑さで相当こたえていたが、最後は東京の執念、勢いに押された形になった。次に向けてがんばるしかない」

  • NEWS
  • 選手・スタッフ
  • チケット・観戦
  • 試合日程
  • 試合結果
  • 記録・データ
  • U-18 U-15 試合結果
  • トレーニングスケジュール
  • ファンゾーン
  • ホームタウン活動
  • スクールご紹介
  • スクールへの入会
  • バレーボール
  • クラブ情報
東京ドロンパ このページの先頭に戻る
F.C.TOKYO Copyright Tokyo Football Club Co.,Ltd. All Rights Reserved. 個人情報について