Englishご意見箱
11.26 13:00 KICK OFF
明治安田生命J1 第33節
VS サンフレッチェ広島
エディオンスタジアム広島
U23
明治安田生命J1 第32節
11.18 14:00 KICK OFF
2 1
ベストアメニティスタジアム

終了間際に1点を返すも、同点には至らず競り負ける。

公式ケータイサイト
青赤日記 バレーボール
試合・練習A GAME AND PRACTICE


Jリーグディビジョン1 第21節

2012年度の一覧に戻る

2012年08月11日 日立柏サッカー場 ( Away )
【1-1】 ルーカスがPKを決めてリードするも、後半は1人少ない中で相手の反撃を1点に抑え勝ち点1をえた
1
前半 1 
後半 0 
 0 前半
 1 後半
 1
・11分:ルーカス  ・67分:ジョルジ ワグネル 
観衆 13,478人   天気 曇、弱風   気温 27.6度
主審 : 佐藤隆治   副審 : 八木あかね  : 唐紙学志
8 シュート 15
14 GK 7
2 CK 3
5 直接FK 5
5 間接FK 5
5 オフサイド 4
1 PK 0
' 35 長谷川 アーリアジャスール
' 52 加賀 健一
' 72 加賀 健一
' 90+3 谷澤 達也
警告 ' 10 藤田 優人
' 44 レアンドロ ドミンゲス
' 90+3 ネット バイアーノ
' 72 加賀 健一
退場
Nr Pos    Change Name SH
1 GK   塩田 仁史
33 DF   椋原 健太
14 DF   中村 北斗 1
3 DF   森重 真人
5 DF   加賀 健一
49 MF   ルーカス 1
10 MF   梶山 陽平 2
16 DF 73分 丸山 祐市
7 MF   米本 拓司
18 MF   石川 直宏
11 FW 77分 渡邉 千真
8 MF   長谷川 アーリアジャスール 1
9 FW   エジミウソン 2
39 MF 68分 谷澤 達也 1
31Sub/GK 常澤 聡
36Sub/MF 三田 啓貴
32Sub/MF ネマニャ ヴチチェヴィッチ
27Sub/MF 田邉 草民
Nr Pos    Change Name SH
21 GK   菅野 孝憲
5 DF   増嶋 竜也
23 DF   渡部 博文 3
27 DF   藤田 優人
3 DF   近藤 直也
10 MF   レアンドロ ドミンゲス 3
20 MF   茨田 陽生
28 MF 87分 栗澤 僚一
7 MF   大谷 秀和 1
15 MF   ジョルジ ワグネル 3
19 FW   工藤 壮人 2
18 FW 81分 田中 順也
8 FW   澤 昌克
11 FW 46*分 ネット バイアーノ 3
16Sub/GK 稲田 康志
14Sub/DF クォン ハンジン
26Sub/DF 福井 諒司
29Sub/MF 水野 晃樹

中2日で迎えるリーグ戦、柏と今季3度目の対戦を迎える

 ナビスコカップから中2日で迎えるリーグ第21節は柏レイソルと対戦。アウェイに乗り込む。ナビスコ仙台戦では、狙いどおりの試合運びで勝利を果たした。ポポヴィッチ監督は「1試合よいプレーができたからといって、それが貯金にはならない。これでよしと思えば成長はなくなる」と手厳しいものの、選手たちも手応えをつかんだようで、それぞれに「仙台戦でよかった部分はベースとして継続し、さらにそれ以上のものを積み重ねて勝利につなげたい」ともくろむ。

 対する柏は、現在勝ち点34で4位につける。リーグ戦では、5月12日第12節以降の11試合で、敗戦は1試合のみ(7月7日名古屋戦)。ナビスコカップも準決勝進出を決め、絶好調ともいえる状態だ。今節はゼロックススーパー杯、リーグ前半戦の試合を経て、今季3度目の対戦になるが、これまでの2試合は東京が主導権を握りながらも、セットプレーや、MFレアンドロ ドミンゲス、MFジョルジ ワグネルらの個人技から失点を喫して敗れた。そのリベンジを果たしたい試合でもあり、なにより同じ対戦相手に続けて敗れるわけにはいかない。意地を見せたいところだ。

 ただし今節は高橋が警告累積のため、出場停止に。そのためセンターバックに加賀を配し、エジミウソンがナビスコ仙台戦に続いてリーグ初スタメンに。ルーカスがサイドを、梶山も6月23日以来となる先発に名を連ね、トップ下に入る布陣で臨むことになった。また新加入のネマニャ ヴチチェヴィッチが初のベンチ入り。柏は、ボランチにMF大谷とともにMF茨田を起用。出場停止のDF橋本に代わって、DF渡邉が左サイドバックを務める布陣。ベンチには新加入のFWネット バイアートも控えた。

 曇り空ながら蒸し暑い日立柏サッカー場。試合は19時4分に柏のキックオフでスタートした。

梶山がPKを獲得、ルーカスが冷静に決めて早い時間に先制!

 集中して試合に入り、アグレッシブな姿勢を打ち出してリズムをつかんだ。4分、エジミウソンの競り合いから、クリアを拾った梶山が左エリアに進入しゴールを狙う。9分には加賀が右前線まで攻め上がり、クロスを送る。しかしこれはエジミウソンに渡る直前に、柏DFにカットされた。その直後の10分、森重のフィードから石川がつなぎ、梶山がエジミウソンとのワンツーからエリアに進入する。ここでファールを受けてPKを獲得。11分、このPKをルーカスが落ち着いて確実に決め、早い時間帯に先制を果たした。

 だが柏も厳しい守備で東京のプレーを抑えにかかり、ボールを奪うとスピーディに前線に送って反撃。18分には柏・FW工藤のポストを起点に早いテンポのパスワークで押し込まれ、ピンチになるが、東京DFが身体を張って守り切る。22分には石川が左サイドから中へ運び、左エリアのエジミウソンにつなぐ。だがエジミウソンが放ったシュートは勢いがなくGK正面に。25分、今度は柏・右サイドのMFレアンドロ ドミンゲスが左に展開。フリーで上がったMFジョルジ ワグネルに鋭いシュートを打たれたが、塩田がセーブ。

 34分、長谷川の縦パスを、エリア手前で受けた梶山が前を向き、狙い澄ましたミドルを放つが、GKにセーブされる。45分には梶山がファールを受けて左サイドライン際からのFKを得る。石川が鋭いキックを送り、相手DFからこぼれたボールに、右エリアのエジミウソンがダイレクトで合わせたが、枠外に。激しくボールを奪い合い、ともに仕掛け合う中で柏にもチャンスを作られたが、東京は攻守のバランスと集中を保ち、1点をリードして前半を終了した。

同点に追いつかれた後、数的不利になるも柏の猛攻をしのいでドロー

 柏は後半からFWネット バイアーノを投入。後半開始直後は東京が流れをつかみ、48分にテンポよくパスをつないで、左から中に持ち上がった梶山が、自らゴールを狙う。だが柏の出足の早い守備にブロックされると、51分、柏のFKから前線に送られたボールを、一度は東京DFが奪うが、森重と塩田の連係ミスからエリアにボールがこぼれ……。これを柏FWネット バイアーノにさらわれ、FW工藤のシュートがネットを揺らした。だがこれはオフサイドで東京はピンチを免れたが、これを機に柏の迫力が増す。

 東京は高いDFラインの裏を狙われて押し込まれ、奪っても落ち着いてボールをつなぐことができなくなった。迎えた67分には柏のスローインの流れから、柏DF近藤が浮き球のボールを前線に。これをFWネット バイアーノに胸で簡単に落とされ、左エリアからMFジョルジ ワグネルに豪快に突き刺されて……同点に追いつかれてしまった。

 68分には谷澤を投入し、流れを変えようとしたが、72分にエリアに飛び出そうとした柏FW工藤に対して、身体を当てた加賀が2度目の警告を受けて退場。10人で戦うことを余儀なくされた。73分には梶山に代えてリーグ戦初出場となる丸山を投入、77分には石川に代わって渡邉がイン。守備を固めるとともに隙を突いてチャンスをうかがおうとしたが、終盤は柏の猛攻にさらされることに。

 立て続けのピンチを集中してしのぎながら、その中でも79分には米本が右サイドを突破。決定的なラストパスをゴール前の渡邉に送ったが、ここで打ち切れず。フォローした長谷川のミドルからCKを得るにとどまる。直後には、このCKの流れからの右クロスに、左エリアでフリーの谷澤が合わせたが……枠外に。その後は柏の放り込みを受け、FWネットバイアーノ、MFレアンドロ ドミンゲスを起点とした攻撃に防戦一方となるも、クロスは森重が跳ね返し、塩田を中心にゴールは死守してタイムアップ。厳しい試合ながらも引き分けに持ち込み、アウェイで勝ち点1をもぎ取った。

 【選手コメント】《梶山》「前半はある程度、狙いどおにできたのではないか。もう少し連係を高めていけば、FWに決定的なパスが出せると思う。そこは合わせていきたい。ただ、前にボールが入ったときに、FWとサイドの4人で攻撃している感じはある。サイドバックの攻撃参加を引き出して、相手を押し込むような戦いをして結果につなげたい。勝ち点3にこだわって、勝ち切れるようにしたい」

 《丸山》「(タフな状況での途中出場だったが?)もともと梶山選手と交代するために準備をしていた。10人になったが、ポジティブに考え、落ち着いて、いつも監督が言っているように楽しんでプレーをすることを心掛けた。10人で1対1の状況なので、まず絶対に失点しないことを意識した。ラインのコントロールなど、森重さんたちと声を掛け合ってできたと思うし、最後までしのぎきれた。1対1で終わらせたこと、アウェイで勝ち点1を取れたことは、悪くはなかったと思う。リーグ初出場できたことは素直にうれしいが、今後どう活かしていくかが大事。上位にくらいついていくためにも勝利が必要。それに貢献できるように頑張りたい」

 【ポポヴィッチ監督の会見要旨】「選手たちはよく戦ってくれたし、よい試合になったと思う。試合の入り方がよく、主導権を握っていた。ただ、その後の展開はみなさんにも見ていただいた通りの形になった。これは批判ではなく、サッカー界にとって今日のような試合はどうだったのか。それをみなさんと一緒に考えていきたい。試合の話に戻ると、我々がしっかりと支配していたと思う。相手が身体を張ってファールで止めてきた場面があったが、我々は自分たちを見失わずにプレーできていた。

 東京の選手がラフプレーをすることは最後までなかったし、自分たちの中で整理をして落ち着いて戦っていた。一人少ない中でも粘り強く、我慢強く耐え切れた。ボールを回された部分もありましたが、最後に身体を張って止め続けたこと、体力がある限り走ったことに対して、よくやったと言いたい。あとはこの試合を観ていただいた人たちに感じてもらいたい。私たちはコレクティブでやるべきことをしっかりとやり、東京らしいサッカーを見せることができたと思っている」

 【柏・ネルシーニョ監督の会見要旨】「立ち上がりから非常に競い合ったゲームだった。前半は、相手の出方・やり方に対して我々が感情的になっている部分があり、ゲームコントロールがうまく取れなかった。そこでハーフタイムに選手たちと話をして、相手の挑発や喧嘩っぽいところにのるなと。感情のコントロールをして、ボールを奪った後、すぐにゴールに直結するようなパスを狙い過ぎないように。もっとボールを動かしてリズムを作ろうとした。

 後半は、選手たちがしっかりとゲームコントロールを取り戻し、ポゼッションやカウンターからたくさんのチャンスを作った。ゴール前でミスはあったが、後半は全体的に整理してプレーできていた。最後の雰囲気で終わってしまうと、引き分けではもったいないという気持ちも出てくるが、勝ち点1が最後にモノをいうことを何度も経験している。だから今日の勝ち点1も大事に捉えたい」

  • NEWS
  • 選手・スタッフ
  • チケット・観戦
  • 試合日程
  • 試合結果
  • 記録・データ
  • U-18 U-15 試合結果
  • トレーニングスケジュール
  • ファンゾーン
  • ホームタウン活動
  • スクールご紹介
  • スクールへの入会
  • バレーボール
  • クラブ情報
東京ドロンパ このページの先頭に戻る
F.C.TOKYO Copyright Tokyo Football Club Co.,Ltd. All Rights Reserved. 個人情報について