Englishご意見箱
11.26 13:00 KICK OFF
明治安田生命J1 第33節
VS サンフレッチェ広島
エディオンスタジアム広島
U23
明治安田生命J1 第32節
11.18 14:00 KICK OFF
2 1
ベストアメニティスタジアム

終了間際に1点を返すも、同点には至らず競り負ける。

公式ケータイサイト
青赤日記 バレーボール
試合・練習A GAME AND PRACTICE


ACL2節

2012年度の一覧に戻る

2012年03月20日 国立競技場 ( ACLHome )
【2-2】 梶山のゴールでリードするも一瞬の隙をつかれて失点しドローに終わる
2
前半 1 
後半 1 
 0 前半
 2 後半
 2
・37分:徳永 悠平
・83分:梶山 陽平 
・80分:キム スンヨン
・88分:マラニョン 
観衆 14,110人   天気 晴、弱風   気温 11.4度
主審 : ラフシャン・イルマトフ   副審 : アブドゥハミドゥロ・ラスロフ  : バハディル・コチカロフ
9 シュート 9
4 GK 9
7 CK 2
7 直接FK 17
5 間接FK 3
5 オフサイド 3
0 PK 0
' 39 高橋 秀人
警告 ' 39 イ ホ
' 53 カン ミンス
退場
Nr Pos    Change Name SH
20 GK   権田 修一
5 DF   加賀 健一
3 DF   森重 真人 1
2 DF   徳永 悠平 1
6 DF   太田 宏介
4 MF   高橋 秀人
18 MF   石川 直宏 2
10 MF   梶山 陽平 2
39 MF   谷澤 達也
22 MF 69分 羽生 直剛
7 MF   米本 拓司 1
8 MF 62分 長谷川 アーリアジャスール
11 FW   渡邉 千真 2
49 FW 83分 ルーカス
1Sub/GK 塩田 仁史
33Sub/DF 椋原 健太
27Sub/MF 田邉 草民
13Sub/FW 平山 相太
Nr Pos    Change Name SH
1 GK   キム ヨングアン
27 DF   カン ジンウク
5 DF   クァク テヒ 1
4 DF   カン ミンス
2 DF   イ ヨン
28 MF   家長 昭博 1
16 FW 63分 パク ソンイル
13 MF   キム スンヨン 2
8 MF   イ ホ
20 MF   エスチベン
3 DF 70分 イ ジェソン
9 FW   キム シンウク 3
10 FW 57分 マラニョン 1
11 FW   イ グノ 1
18Sub/GK キム スンギュ
24Sub/DF リム チャンウ
17Sub/MF コ ソルギ
14Sub/MF キム ヨンサム

ホームで迎えるACL、今後を優位に進めるためにも勝ち点3が欲しい一戦

 今季東京が臨む初のACL、グループステージ第2戦はホーム国立で韓国・蔚山現代と対戦する。第1戦はオーストラリアの地でブリスベン・ロアーに快勝。リーグ戦と並行してハードな日程が続くことになるが、今後のステージを優位に進めるためにも、ホームでの勝利がほしい一戦となる。またポポヴィッチ監督は「FC東京としてだけでなく、日本を代表して戦う。日本人らしいプレーを活かして期待に応えたい」とはっきりと目標を話していた。

 今日の東京は、リーグ名古屋戦で交代出場し、約1年ぶりにピッチに復帰した米本が先発に。高橋とダブルボランチを組む。また1トップには渡邉、両サイドに石川と谷澤という布陣で臨むことになった。

 対する蔚山現代は、FWイ グノ、FWマラニョン、MFキム スンヨン、MFイ ホ、DFクァク テヒ、そしてMF家長と、かつてJリーグを経験したプレーヤーが揃う。攻撃の主軸はFWイ グノと196cmと長身のFWキム シンウクの2トップ。そして両サイドのMF家長とMFキム スンヨンが起点となり、スピーディで迫力のある攻撃が特長だ。

 厳しい戦いになることが予想されるが、恐れることなく自分たちのサッカーで勝利をつかみ取りにいく。まだ風は冷たいものの穏やかに晴れた国立。試合は14時に東京のキックオフでスタートした。

蔚山の勢いのある攻撃に対して堅守を見せ、CKから徳永が先制弾!

 開始1分にファーストシュートを渡邉が放ち、臆することなく試合に入った。しかし蔚山もFWイ グノにボールを集め、5分にはFWイ グノのドリブルからのクロスをFWキム シンウクがヘディング。11分には蔚山ボランチMFエスチベンにドリブルで上がられ、再びFWキム シンウクにシュートを打たれる。

 だが、スピーディで勢いのある蔚山の攻撃をよくしのぎ、徐々にパスをつないで前に運ぶシーンが増えてきた。26分には徳永が右前線の高い位置まで突破し、速いクロス。しかしゴール前の渡邉、左エリアの梶山をすり抜け…。27分には蔚山のゴールキックを受けたFWイ グノにシュートまで持ち込まれるが、DFがしっかりと寄せて権田がキャッチした。

 東京は前には運ぶものの、ミスも出て、32分には森重→梶山を起点に細かいパスワークを見せるが、つなぐ中で奪われて一気に裏を狙われる。エリアに走った蔚山FWイ グノに対しては、加賀を中心に抑えたが、ボールを奪い切ることはできず。エリア手前のFWキム シンウクにつながれ、右MF家長にラストパスを出されたが、素早くカバーして打たせなかった。35分には徳永のクロスから左CKを得る。石川のキックのこぼれが中央の梶山のもとに渡るが、蔚山のDFも厳しく、コントロールし切れなかった。

 しかし直後の36分、今度は石川→エリアに飛び出した梶山が右CKを奪う。この右CKを、石川が鋭いパスで中央へ戻す。受けた徳永はダイレクトではシュートに持ち込めなかったが、前に持ち出し、DFに寄せられながらも果敢に狙ったループが左上に吸い込まれてGOAL!! 意外性のあるCKから、徳永の技ありシュートで先制を果たし、後半へ折り返すことになった。

連係を図り、梶山の見事なゴールで再び先行するも、終了間際に隙を突かれて…

 リードを得た後半の東京は、守備の集中を切らさず、ボールをよく動かして前に出た。これに対して蔚山は、56分にMFマラニョンを、東京も62分には米本に代わって長谷川を投入。選手交代を使って、互いにリズムを引き寄せようとした。それでも東京は、得点にこそつながらない時間が続いたが、攻勢に出る。

 68分には右からのクロスをエリア中央の渡邉が落とし、すぐ後ろの梶山が身体を投げ出すように強烈なボレー。シュートはきっちりと枠をとらえていたが、GKの好セーブでCKに逃れられた……。69分には羽生がイン。だが迎えた75分、蔚山のCKを一度はクリアしたが、自陣の羽生→前線に飛び出した石川のパスは通らず。蔚山GKに渡ったボールを一気に東京陣内に蹴り込まれる。押し上げようとしていた裏を突かれる格好で蔚山MFキム スンヨンに飛び出され……同点に追いつかれてしまった。

 それでも慌てることなく、自分たちのサッカーで仕掛け続け、83分には流れるようなパスワークから石川と長谷川がパス交換し、長谷川はエリア中央へ仕掛ける。DFを引き付けて左の羽生へ。羽生は左エリアで一瞬キープしたのち、ていねいにゴール前にマイナスのラストパス。これに合わせた梶山が狙い澄ましたシュートを右上に決めてゴール!! スタンドを沸かせる梶山の今季初ゴール。激しくタフな戦いの中、東京らしいサッカーから得点につなげ、再び勝ち越しに成功した。

 これで勢いに乗る東京、しかし反対に一瞬の隙を突かれることになった。88分、蔚山の右サイドからDFクァク テヒにロングボールを送られ、FWマラニョンがフリーで右エリアに飛び出される。そしてループを決められて失点……。東京らしいサッカーで躍動し、優位に試合を進めて常に先行しながらも、残念なドローに終わった。

 【選手コメント】《梶山》「ドローに終わったことは残念だが、勝ち点1という最低限の結果は出せたと思う。蔚山には球際の強さや技術の高さを感じたが、そこで負けることはなかったと思うし、厳しさの中にも楽しさがあった。相手が激しくくる分、そこをかわしてテンポよくつなげたときは、気分も良い。2失点はしたが、自分たちのペースで進めることができて自信になった部分もある」

 《徳永》「ゴールは…最初にワンタッチで打つか、トラップしてから打とうかと考えているうちに、結果的に狙うしかなくなった。ただ、コースは狙いどおり。ここのところずっとだが1点を取るまでに落ち着きがない。今日ももっとポゼッションをしてゲームを支配できればよかったが。そこで先制できたことは大きかったと思う。疲れもあるが、うまくいかないときにどう戦うかが課題」

 【ポポヴィッチ監督の会見要旨】「まず自分で心を落ち着かせなければいけない。今日の内容や結果に怒っているのではなく、何人かは、試合が終わる前から勝ったと思っている選手がいたと思う。このまま勝てる…と当然のように思っている選手がいたということに怒りがある。相手は素晴らしいチームだった。前半は守備を固めてインターセプトからカウンターという戦術をとってきたが、後半は我々が自分たちのリズムでプレーした。だがそこで単純なボールを放り込まれて失点を許した。

 3得点目はいつ入るんだ…というくらい、我々が主導権を握ってボールを動かしていた時間帯に、あまりにも単純な失点を許してしまったことが残念。それでもアジアでもトップレベルのチームを相手に、自分たちがコントロールできたと思うし、その点には満足しているしポジティブなものだが、私たちには、90分間通して勝ち切るという経験が足りなかったのかなと思う。自分たちを最後まで信じることができなかった。自分たちが勝つことを信じてやり切ることができなかったことが残念」

 【蔚山現代・キム ホゴン監督の会見要旨】「両チームともに非常に良い試合をしたと感じている。事前の情報として、FC東京は昨年より強くなっていると聞いていましたが、その情報どおりでアウェイにきて試合をして感じました。組織的にも戦術的も強かったという印象。2対2の引き分けでしたが、蔚山に関してはコンディションが思っていたより上がっておらず、そこが予想外だった。FC東京は、攻守のバランスが安定してきているし、攻撃のテンポがスピードアップしている、両サイドのオーバーラップも組織的にトレーニングされていた。

 前半の始めは我々がチームとして良かったと思うが、それ以降は組み立てや打開する部分で難しさがあったし、崩せなかった。後半に入ると、そこに加えて体力的な問題があり、自分たちのサッカーをやらせてもらえなかったという印象。100パーセント狙いどおりの戦い方はできず、残念だが、最後まで諦めずに戦い、引き分けに持ち込めたということには、選手たちを賞賛したい」

  • NEWS
  • 選手・スタッフ
  • チケット・観戦
  • 試合日程
  • 試合結果
  • 記録・データ
  • U-18 U-15 試合結果
  • トレーニングスケジュール
  • ファンゾーン
  • ホームタウン活動
  • スクールご紹介
  • スクールへの入会
  • バレーボール
  • クラブ情報
東京ドロンパ このページの先頭に戻る
F.C.TOKYO Copyright Tokyo Football Club Co.,Ltd. All Rights Reserved. 個人情報について