Englishご意見箱
1.27 KICK OFF
2018Jリーグ アジアチャレンジ
VS バヤンカラFC
U23 公式ケータイサイト
青赤日記 バレーボール アドバンスクラスセレクション受付中!現3年:1/26(金)締切 アドバンスクラスセレクション受付中!現4年:1/19(金)締切 アドバンスクラスセレクション受付中!現5年:1/12(金)締切
試合・練習A GAME AND PRACTICE


Jリーグディビジョン1 ファーストステージ第2節

2003年度の一覧に戻る

2003年04月05日 味の素スタジアム ( Away )
馬場のJ初ゴールも時すでに遅し・・・好機を活かせず惜敗
1
前半 0 
後半 1 
 0 前半
 2 後半
 2
・89分:馬場 憂太  ・89分:飯尾 一慶
・68分:ラモン 
観衆 13,222人   天気 雨、中風   気温 6.5度
主審 : 岡田正義   副審 : 河合英治  : 八木あかね
15 シュート 5
4 GK 15
8 CK 0
16 直接FK 21
3 間接FK 1
3 オフサイド 1
0 PK 1
' 67 土肥 洋一
' 61 茂庭 照幸
警告 ' 89 林 健太郎
' 89 飯尾 一慶
退場
Nr Pos    Change Name SH
1 GK   土肥 洋一
20 DF   加地 亮
3 DF   ジャーン
2 DF   茂庭 照幸
17 DF   金沢 浄 2
16 MF   宮沢 正史 2
10 MF 75分 三浦 文丈
7 MF   浅利 悟 1
18 MF   石川 直宏 3
19 MF   ケリー 3
11 FW   アマラオ
14 FW 62分 阿部 吉朗 2
13 FW   戸田 光洋 1
30 MF 82分 馬場 憂太 1
22Sub/GK 小沢 英明
8Sub/DF 藤山 竜仁
Nr Pos    Change Name SH
21 GK   高木 義成
14 DF   富澤 清太郎
2 DF   山田 卓也
13 DF   柳沢 将之 1
5 DF   鈴木 健太郎
10 MF   ラモン 2
20 FW 76分 飯尾 一慶 1
25 MF   根占 真伍
17 MF   小林 大悟
18 MF 68分 羽山 拓巳
6 MF   三浦 淳宏 1
4 MF   林 健太郎
11 FW   平本 一樹
34 FW 89分 高部 聖
1Sub/GK 柴崎 貴広
30Sub/DF 一柳 夢吾

Jリーグ再開、ヴェルディとの負けられない一戦

 日本代表、U-22代表の国際試合のため、第1節から2週間のインターバルをおいて迎えた第2節。アウェーゲームで東京ヴェルディ1969と対戦する。この中断期間がどのようにチームに影響するのか、注目であるとともに、互いに負けられない一戦だ。

 東京は、右ひざ負傷の阿部が大事をとってベンチスタート。一方で、ナビスコカップ、リーグ開幕戦を欠場していたアマラオが今季初出場。同時にJFL、J2、天皇杯を含めた公式戦300試合出場を果たすこととなった。

 対するヴェルディは、DF米山、ロペスが出場停止。MFエムボマ、田中をはじめ次々と主力選手を故障で欠く苦しい状況。しかし来日間もない元ブラジル代表のMFラモンが先発に名を連ね、決してあなどることはできない。冷たい雨と風が吹きつける中、ヴェルディのキックオフでスタートした。

チャンスをつくり、優位に立つが…

 ピッチコンディションと風の影響か、両者ともに慎重な立ち上がり。だが東京は5分、宮沢の右サイドからのFKにジャーンがヘッドで飛び込む。7分には、速いリスタートから加地のクロスにアマラオが競り、こぼれ球を宮沢が拾ってシュート。12分には中盤でのインターセプトから、戸田とアマラオが速攻。相手DFに阻まれ、一度はスローダウンしたものの、フォローに上がった金沢がつないで、ケリーがペナルティエリア内に持ち込んでシュート。いい形の攻めを見せたが、相手GKにキャッチされた。

 15分を過ぎると、互いにボールをカットしてもなかなか前に運べない時間帯が続いた。だが21分には、石川が膠着状態を脱しようとするかのように果敢にミドルシュート。28分には右サイドのケリーから中央のアマラオ→戸田→右サイドの石川とピッチをワイドに使って、最後は右外から走りこんだ浅利がシュート。37分には、左サイドを上がった宮沢が中央にグラウンダーのパスを通すと、後方から走りこんだケリーがジャストミートするも、ゴールの上。だが試合を優位に進め、ヴェルディにはチャンスをつくらせない。

 前半ロスタイムには、左からのFKに合わせたケリーがゴール前からシュートを放つがボールはバーに阻まれる。跳ね返りをつないで、今度は戸田が至近距離からシュートしたが、GKのファインプレーで得点には至らず。結局前半、東京のシュート数8本に対してヴェルディは1本。しかし無得点のまま前半を終了した。

スリッピーなピッチの上、PKで先制を許す

 後半、押し込んだのはヴェルディ。ダイレクトパスをつないで、東京ゴールに迫る。だがなかなかフィニッシュには至らない。50分、FW平本の左サイドからペナルティエリア中央へのドリブル突破も、茂庭が体を寄せ、金沢がボールをクリア。54分に、左からのクロスのクリアボールを拾い、右サイドからDF柳沢が放った強烈なシュートは土肥がパンチングで逃れた。

 東京も焦らず自分たちのリズムに持ち込もうと、55分、宮沢が右サイドから上げたクロスに戸田とアマラオが飛び込むが、ボールはアマラオの足に当たってゴールの上へ。59分には左サイドからのケリーのパスを戸田がポストで受けて、石川がペナルティエリア右角から豪快なシュート。しかし枠をはずれた。62分にはアマラオに替えて「スーパーサブとして使いたかった」(原監督)と阿部を投入。前線での動きが活発になり、63分にはヴェルディゴール前の混戦から、こぼれたボールを石川がシュート。試合は東京ペースに傾く。

 しかし67分のことだった。ヴェルディ平本が中盤でフリーでドリブル。前線に浮き球のパスを送る。これを最終ラインで茂庭がコントロールミス、DFラインの裏に抜け出ようとしたヴェルディMFラモンの前にボールが転がってしまう。ラモンはスピードに乗ってゴールに向かうと、土肥がたまらず倒してホイッスル。PKをラモン自らが決め、ヴェルディが先制する。

怒涛の攻めから、馬場の初ゴールで1点を返すも

 あっけなく先制を許した東京は、闘志を剥き出しに反撃を開始。両サイドからのクロスを中心に、時にジャーンも攻め上がり、ヴェルディゴールに迫る。75分には宮沢に替えて三浦を投入。77分には金沢が左ペナルティエリアからコントロールされたシュートを放つが、GKがセーブ。こぼれ球にケリーが詰めるもあと一歩のところでシュートに持ち込めない。直後にも金沢が放ったシュートからCKを得る。81分の阿部のシュートはゴールわずかに右にそれた。 82分には戸田に替わり馬場がイン。馬場をトップに、阿部を左に置く布陣を敷く。だが85分、ケリーのポストプレーからヴェルディDFが密集したゴール正面で馬場がパスを受けるが、思い切りが悪くシュートは打てず。89分には、加地がゴール前に送ったロングボールに、ヴェルディDFがお見合い。上がっていたジャーンの足元にこぼれたが、合わせることはできなかった。

 そしてロスタイムに突入しようかという時間帯、ヴェルディGKからのボールをFW高部が前線につなぎ、交代で入っていたFW飯尾が受ける。東京の選手は前掛かりになっており、ぽっかり空いたスペースで飯尾はドリブルで中央へ突進。、東京DFの足が止まっているのを見るや、ペナルティエリア手前から思い切りよくシュートを放つ。矢のようなボールは左下隅に突き刺さってゴールイン。東京は突き放される格好で、2点目を失った。

 しかしそれでも最後まであきらめず、失点直後に左CKを得ると、金沢が蹴ったボールに馬場がニアサイドでダイビングヘッド。これが決まりで1点差に迫る。だが、ここで無念にもタイムアップ。圧倒的にチャンスをつくりながらの敗戦で、なんとも悔しい結果となった。

【選手コメント】《アマラオ》「負けてしまったことは残念だが、自分が300試合に出場できたことは満足している。今日はケガ明けでリズムがつかめなかったところがあるが、ゴールは次の試合にとっておく」  《金沢》「前半はある程度相手にボールを持たせても、最後でつかまえていたのでその形でいいと考えていた。ただ多少後手に回り、積極性に欠けていかもしれない。こういう試合を勝っていけるように、自分たちがゲームをコントロールできるようにしていきたい」

【原監督の会見要旨】「前半から我々の方がチャンスをつくっていたが、シュートの正確性に欠けた。単純なミスからPKを取られてしまって、少しリズムを崩したかもしれない。アマラオは久しぶりの試合だったので、いけるところまで引っ張って、足に不安のある阿部をスーパーサブ的な使い方をした。馬場もいい仕事をしたが、できれば0対1の時に決めてほしかった。ヴェルディにやられたとは思っていないが、ボールをキープするのはうまいので、ラクに持たせるとパスをつないでどんどん前に出てくる。奪ったらもっと速く攻めたかったが、阿部とは違うリズムを持つアマラオが入って、チーム全体にちょっとしたズレがあったかなと思う。阿部はスペースに走りこむが、アマラオは引いてボールを貰いにくる。2人ともを活かせるシステムが一番いいと思っている。決して悪い試合だったと思っていない。今のサッカーを続けながら、決定力を上げて、単純なミスをなくしていきたい。今日のような試合では、確実に勝点を稼いでいかなければいけないと思う」

【ヴェルディ・ロリ監督の会見要旨】「今日のゲームで一番よかったのは勝ったという結果。主力選手を欠き、若手が大半のメンバーであったが、グランドがスリッピーだったこともあり、拮抗した試合になると予想された。前半はロングボールやセットプレーを中心に進み、中盤でのキープからダイレクトでのつなぎが甘くなっていた。またFW平本がマークされてハイボールに競るだけであったので、ハーフタイムに修正。もっとボールを動かして、平本にもサイドに出てボールを受けるよう指示した。後半はその辺りがよくなって、得点につながったと思う。FC東京の前半のサイド攻撃、セットプレーは有効的だったが、後半はヴェルディのパス回しからゴール前への過程がよかったと思う。2-0で終わるべきゲームで、最後の失点は注意をするべきであった。ケガ人も多く、若いチームなので波がある。これからもっとモチベーションもコンディションも上がっていくだろう」

  • NEWS
  • 選手・スタッフ
  • チケット・観戦
  • 試合日程
  • 試合結果
  • 記録・データ
  • U-18 U-15 試合結果
  • トレーニングスケジュール
  • ファンゾーン
  • ホームタウン活動
  • スクールご紹介
  • スクールへの入会
  • バレーボール
  • クラブ情報
東京ドロンパ このページの先頭に戻る
F.C.TOKYO Copyright Tokyo Football Club Co.,Ltd. All Rights Reserved. 個人情報について