Englishご意見箱
9.23 土祝 16:00 KICK OFF
明治安田生命J1 第27節
VS 柏レイソル
日立柏サッカー場
U23 公式ケータイサイト
青赤日記 バレーボール
試合・練習A GAME AND PRACTICE


Jリーグディビジョン1 第4節

2007年度の一覧に戻る

2007年03月31日 日立柏サッカー場 ( Away )
相手の厳しいマークにリズムをつくれず2失点。終盤の猛攻も無得点で敗戦
0
前半 0 
後半 0 
 1 前半
 1 後半
 2
  ・49分:古賀 正紘
・34分:菅沼 実 
観衆 10,793人   天気 曇、中風   気温 15.0度
主審 : 前田拓哉   副審 : 青木隆  : 間島宗一
6 シュート 11
7 GK 8
3 CK 6
18 直接FK 19
1 間接FK 4
1 オフサイド 4
0 PK 0
' 89 川口 信男
' 44 平山 相太
警告 ' 19 アルセウ
退場
Nr Pos    Change Name SH
1 GK   土肥 洋一
25 DF   徳永 悠平
19 DF   伊野波 雅彦
8 DF   藤山 竜仁
15 DF   鈴木 規郎
37 MF   福西 崇史 3
27 MF   栗澤 僚一
20 MF 66分 川口 信男
6 MF   今野 泰幸 1
18 FW   石川 直宏
23 MF 45分 梶山 陽平
9 FW   ルーカス 2
13 FW   平山 相太
10 FW 66分 ワンチョペ
22Sub/GK 塩田 仁史
17Sub/DF 金沢 浄
14Sub/MF 馬場 憂太
7Sub/MF 浅利 悟
Nr Pos    Change Name SH
21 GK   南 雄太
5 DF   古賀 正紘 1
3 DF   近藤 直也
23 DF   蔵川 洋平 1
7 DF   大谷 秀和
4 MF   アルセウ 2
22 MF   鈴木 達也 2
18 MF   山根 巌 1
15 MF   菅沼 実 2
10 FW   フランサ 1
20 FW   李 忠成
11 FW 80分 阿部 吉朗 1
1Sub/GK 水谷 雄一
32Sub/DF 岡山 一成
2Sub/DF 小林 亮
13Sub/MF 小林 祐三
28Sub/MF 谷澤 達也
35Sub/FW ドゥンビア

チャレンジャー精神で、好調の柏に挑む

 リーグ第4節は、アウェイで柏レイソルに挑む。現在、リーグ戦は1勝2敗。ナビスコ杯でも勝利を果たしておらず、なんとしてでも結果を出したい一戦だ。ただし今週の前半にはワンチョペが風邪のため練習を休んだ。エバウドは家庭の事情で一時離脱。また平山、伊野波、梶山は、28日(水)に五輪代表予選を戦った後、チームに合流した。

 選手が揃って練習した期間は短かったが、原監督は五輪代表の3選手について「チームを離れていた時間は以前より短かった。国内での試合でもあったし、何より2次予選で3勝を挙げ、自信もつけただろう。『次はチームで!』という意気込みが感じられる」と話す。平山自身も、五輪代表戦では3試合連続ゴールを挙げて好調を維持。伊野波とともに先発に名を連ねた。梶山はベンチスタート。また土肥がリーグ第3節以来、栗澤は2試合ぶりにスタメンに復帰。平山とルーカスを2トップに、右MFに石川、左を栗澤が務める4-4-2の布陣で臨むこととなった。

 柏は現在2勝1分で4位につけ、好調だ。前線からプレスをかけ、トップのFWフランサにボールが入ると、周囲の選手が一気に飛び出してくる。同時に最終ラインも粘り強く、リーグ戦では1失点のみ。ナビスコ杯ではメンバーを代えていろいろなトライをしていたが、チームとしての「形」が出来ており、その勢いは警戒したいところ。特にFWフランサを抑えることは、もっとも重要なポイントになる。

 原監督は「我々はチャレンジャー。原点であるいい守備=コンパクトにしてプレスをかけ、どちらが走ってたくさんボールを拾えるか」と話すとおり、柏の勢いに負けることなく、攻守の切り替えを早くして自から仕掛け、勝利をめざす。試合はリーグ戦では2003年以来となる日立柏サッカー場、19時4分に東京のキックオフでスタートした。

柏の勢いに対抗したが、先制点を奪われ…

 試合前から急激に雨が降り出し、スリッピィとなったピッチで序盤からスピーディな展開に。開始直後に中盤で奪われ、柏FWフランサが右に展開。MF鈴木達がつなぎ、攻め上がった右サイドバックの蔵川にシュートを打たれる。5分、今野→石川がスペースを駆け上がりクロス。中央に平山、ファーに栗澤が飛び込むが、わずかに合わせることはできなかった。12分には、ルーカスのミドルが相手DFに当たり、カウンターをくらう。柏左MF菅沼からスルーパスを出され、右からエリアに回り込んだMF鈴木達にシュートを打たれるが、土肥が果敢な飛び出しでセーブ! ともに攻撃的な姿勢を打ち出し、一進一退の攻防が続いた。

 だが徐々に柏が、球際の強さと出足の早さで上回り、FWフランサを起点とした攻撃に東京は苦しめられる。17分、柏の早いパスワークからゴール前に迫られ、FWフランサがシュート体勢に。こぼれを拾われて、再びFWフランサがヘディングシュート。東京も25分には、平山がエリア手前左で倒され、FKを得る。ルーカスが直接狙う。29分には、伊野波→平山のポストから、ルーカスがシュートするが、いずれも枠をはずれた。30分、中盤で競り負け、柏FWフランサからスペースに展開される。MF菅沼の速いクロスは、土肥が片手でセーブ。ここまでは柏に主導権を握られても、粘り強く守り、反撃に出ていた。

 しかし34分、隙を突かれ、柏MF鈴木達にボールを持たれ、フリーで攻め上がりを許した。これに東京DFはつられ、ファーに長いクロスを上げられてしまう。ここに走り込んだMF菅沼には、ダッシュで戻った石川も追いつかず。クロスにきっちり合わされ、蹴りこまれてゴールを許した。36分には、平山→攻め上がった今野が鋭いシュートを放つが、相手GKがキャッチ。攻撃は単発に終わり、チャンスらしいチャンスをつくれず。1点のビハインドのまま後半へと折り返した。

総力戦での反撃も届かず、無得点で敗れる

 雨はすっかり上がったが、強い風が吹く後半。流れを変えたい東京は、石川に代えて梶山をボランチに投入。福西をトップ下に上げて同点弾を狙った。だが48分、ゴール前でダイレクトでつながれ、柏MF菅沼のシュートから左CKを与える。このCKの競り合いから、こぼれをDF古賀に蹴りこまれ、2点目を失った。

 それでも1点を返そうと、52分、梶山が福西とワンツーをかわし、エリア内に進入するが、柏DFに阻まれる。53分には、鈴木規から、エリア内に抜け出した福西にパスが通るが、放ったシュートはバーの上に。このチャンスを逃すと、出足の速い柏の前にボールを失うことが多く、チャンスがつくれなくなった。66分には平山、栗澤に代えて、ワンチョペ、川口を投入。総力戦で反撃に出る。直後の67分には、エリア内のワンチョペからボールがこぼれるが、左エリア内の鈴木規はシュートが打てず、中央にパス。ここから再びこぼれたボールに梶山が詰めるが、タイミングが合わず、シュートできなかった。

 75分には、藤山の左前線へのパスに鈴木規が追いつき、速いクロス。DFのこぼれがワンチョペの前に転がるが、シュートは打てず。それでも粘ってつないだところに福西が走り込み、シュートするがバーの上に。終盤には徳永と伊野波のポジションを入れ替え、右から徳永が攻め上がる。89分には、左スローインからつなぎ、徳永のシュートから右CKを奪う。しかし梶山の右CKはDFがクリア。反撃に挑むもゴールは遠く。結局、終始出足の速い柏に主導権を握られる形のまま、無失点で敗れた。

 【選手コメント】《栗澤》「一番取られてはいけない形で失点した。そこで焦りが出て、浮き球のパスが多くなり、ミスから相手に渡してしまうことが多かった。ピッチがスリッピーだったので、もっと足元でつないでいけばリズムも出せたと思う。ただ、奪っても、周りの動き出しが少なかった。運動量も足りないし、つないでいく冷静さもなかった。練習でもやっているし、走れない訳ではない。次に自分がとるべき行動を考えて、サポートにいくのか、裏に抜けるのかを全員が考えていかなければ。雨の中、必死に応援してくれたファンのためにも、このままズルズルいくわけにはいかない」《徳永》「崩された感じはしないが、セットプレーの失点が続いている。ミスは多いし、攻撃ではシュートが少なかった。形もつくれていない。そういう悪い流れでゲームが進んでしまうと、相手も勢いづく。自分たちの形を出せるように練習するしかない。そのためには、もっと意思の疎通が必要。チームとしてやりたいことは分かっているけれど、個人の良い部分が出せていない。どうすればそれを出せるのか、チームとして考えなければいけない」

 【原監督の会見要旨】「柏は開幕から調子がよく、勢いがあるチーム。コンパクトに守って、スピードに乗って前に出てくることは予想していた。我々は、ナビスコ杯大分戦で間延びした試合をしてしまっていたので、今日は自分たちから仕掛け、勢いで柏に負けないようにと話して試合に臨んだ。だが、球際の競り合いで負けてボールを奪われることが多かった。前半、平山のところでボールは収まるものの、そのあとが歯切れの悪い動きだった。なんとなくボールは回すものの、相手の嫌なところを突けなかった。そして、前に行こうとすると、奪われてカウンターを受けてしまうという展開だった。後半、石川は腰を痛めていることもあり、交代させた。梶山を入れてシンプルにボールを動かそうとしたが、すぐにCKから失点し、自信を失ってしまった。そこで川口を入れてスペースに飛び出させ、ワンチョペにはゴール前での仕事に期待をして投入した。最後は負けていた状況でもあり、前掛かりになってボールは動き出したが、フィニッシュでの場面でシュートを打たなかったこともあり、点に届かなかった。これだけ多くのサポーターに応援して頂いているにも関わらず、チームとしてフィットしていない感じのまま試合をしている。しっかり立て直さないといけない。平山も悪いという訳ではないが、噛み合っていない。彼の活かし方も考えていかなければいけない」

 【柏・石崎監督の会見要旨】「今日をもって小野寺社長と広報担当が代わるということで、2人を送り出す意味でも大事な試合だと話し、臨んだ。2対0で勝って、結果的に良い形で送り出すことができてよかった。前半はボールをシンプルに動かし、中盤でのサイドチェンジもうまくいった。しかし、まだまだイージーなミスが多いことと、決定的に崩し切れないというところがある。後半、東京がメンバーやシステムを変え、少し押し込まれる場面はあったが、ディフェンスラインとボランチの選手がよく頑張ってくれた。良い形でボールを奪えたが、攻撃にかかった時に、もう少し前のFWフランサやMF菅沼、鈴木達のところからスムーズに展開できれば、フィニッシュまでいける場面もあったはず。そこを改善すれば、もっとシュートの打てるおもしろいサッカーができたと思う。今日の試合内容であれば、20本くらいシュートがあってもよいだろう。守備のバランスは崩されなかったが、後半ディフェンスラインが下がってしまい、ボールを奪う位置が低くなった。それでは奪っても攻撃にかかれない。これらを改善して、次の試合に臨みたい」

  • NEWS
  • 選手・スタッフ
  • チケット・観戦
  • 試合日程
  • 試合結果
  • 記録・データ
  • U-18 U-15 試合結果
  • トレーニングスケジュール
  • ファンゾーン
  • ホームタウン活動
  • スクールご紹介
  • スクールへの入会
  • バレーボール
  • クラブ情報
東京ドロンパ このページの先頭に戻る
F.C.TOKYO Copyright Tokyo Football Club Co.,Ltd. All Rights Reserved. 個人情報について