Englishご意見箱
ルヴァンカップ 第3節
4.26 19:00 KICK OFF
1 3
ヤマハスタジアム

後半のチャンスを活かしきれず敗戦。

ホームゲームチケット情報 お知らせ
応援ツアー
FC東京市民スポーツボランティア FC東京パーク府中 FCTOKYOペーニャ 法人年間チケット ワンタッチパスマイページ
試合・練習A GAME AND PRACTICE


Jリーグディビジョン1 第1節

2007年度の一覧に戻る

2007年03月03日 味の素スタジアム ( Home )
広島の鋭いカウンターに4失点。ルーカスが2得点するものの2-4で敗戦。開幕戦連勝記録は8でストップ!
2
前半 0 
後半 2 
 3 前半
 1 後半
 4
・49分:ルーカス
・61分:ルーカス 
・13分:佐藤 寿人
・18分:佐藤 寿人
・27分:ウェズレイ
・52分:ウェズレイ 
観衆 25,257人   天気 晴れ、無風   気温 14.8度
主審 : 穴沢努   副審 : 佐藤秀明  : 二俣敏明
20 シュート 13
5 GK 13
7 CK 8
17 直接FK 19
6 間接FK 1
5 オフサイド 1
0 PK 0
' 44 今野 泰幸
警告 ' 7 森﨑 和幸
' 25 ウェズレイ
' 87 青山 敏弘
退場
Nr Pos    Change Name SH
1 GK   土肥 洋一
25 DF   徳永 悠平 1
19 DF   伊野波 雅彦 1
29 DF   吉本 一謙
8 DF 29分 藤山 竜仁
17 DF   金沢 浄 1
15 MF 70分 鈴木 規郎 1
37 MF   福西 崇史 1
23 MF   梶山 陽平 1
14 MF 45分 馬場 憂太
6 MF   今野 泰幸 1
18 FW   石川 直宏 1
9 FW   ルーカス 8
13 FW   平山 相太 4
22Sub/GK 塩田 仁史
20Sub/MF 川口 信男
27Sub/MF 栗澤 僚一
10Sub/FW ワンチョペ
Nr Pos    Change Name SH
1 GK   下田 崇
14 DF   戸田 和幸
19 DF   盛田 剛平
8 DF   森﨑 和幸
5 MF   駒野 友一 2
7 MF   森崎 浩司 1
27 MF   柏木 陽介 2
25 MF 89分 高柳 一誠
17 MF   服部 公太
6 MF   青山 敏弘
4 DF 87分 ダバツ
11 FW   佐藤 寿人 3
10 FW   ウェズレイ 5
18 FW 85分 平繁 龍一
21Sub/GK 木寺 浩一
3Sub/DF 吉弘 充志
20Sub/MF 桒田 慎一朗
24Sub/FW 前田 俊介

いよいよ2007年シーズンがスタート!

 いよいよ2007年シーズンが開幕。ホーム味スタにサンフレッチェ広島を迎え、ここから一年のスタートをきる。今季の東京は原博実新監督のもと、「ダイナミックでスケールの大きなサッカー」をめざして、約1か月半の間、準備を進めてきた。この開幕戦では、新しい東京の姿を見せるとともに、J2時代の99年から続く開幕連続勝利に向けても期待がかる。

 対する広島は、昨シーズン途中から指揮を執るペトロヴィッチ監督のもと、メンバーも大きな入れ替えはなく、これまでの戦術をより高める形で臨んでくる。その中でも最も警戒すべきは、FW佐藤、ウェズレイの強力2トップだ。彼らにボールがわたると、個人の力でも打開する力がある。DFラインからつなぎ、MF駒野、服部の両サイドを起点に攻める広島の攻撃に対し、前からボールを追って反撃に転じたいところだ。

 今週は今野が発熱、今季新加入の福西も左足首を痛めて心配されたが、ともに回復。2月28日(水)にU-22日本代表として五輪予選を戦った平山、伊野波、梶山もコンディションを維持し、先発に名を連ねた。一方で、茂庭が1月の始動直後に肩を脱臼し、チームを長期離脱。エバウドもケガの影響が長引き、センターバックは、ルーキーの吉本と徳永が組むことに。左サイドバックの金沢は、長いケガからあけ、昨年5月21日(ナビスコカップ福岡戦)以来の出場に。平山を最前線に、ルーカス、石川が左右の前線に、今野と福西がダブルボランチを務める4-3-3のシステムで臨む。

 おだやかな春を感じさせる気候の味スタ。キックオフ前には、岡林信康さんの奏でる勇壮な演奏でスタンドと一体となり、「いよいよシーズンが始まった」と感じさせる中、14時3分に東京のキックオフで試合はスタートした。

リズムをつかみかけた矢先、広島のカウンターに沈む…

シブに攻めに出た。3分、右FKを得ると、石川のキックに合わせて今野がヘッドを叩きつけるが、GKに。直後には攻め上がった伊野波がシュートと、積極的な姿勢を出して戦った。8分には、広島FWウェイズレイのパスから、FW佐藤にフリーでゴール前に抜け出される。しかし、伊野波が猛ダッシュで追い、巧みなスライディングでピンチを防いだ。攻守の切り替えの早い、スピーディな展開の中、10分には伊野波のアーリークロスに合わせて、ゴール前の平山がヘッドを叩きつけるが、わずかにヒットせず。

 12分には、石川→平山が身体を張って落とし、受けた梶山が右エリアにスルーパス。抜け出した石川がシュートを放つが、ポストをヒット。リズムをつかみかけたものの、先制のビッグチャンスを逃すと、直後の13分、中盤でボールを奪われ、広島が左から右へ大きなサイドチェンジ。そして右MF駒野から、再び逆サイドの前線にアーリークロスを上げられる。このスペースに走り込んだFW佐藤にきっちり決められ、先制点を許した。しかし、攻撃では何度もいい形を見せ、15分には、石川の右クロスに平山が飛び込み、頭を振り抜くが、わずかに左に外れる。

 反対に18分、広島のゴールキックから1本のパスをつないで、ロングボールを前線に送られ、再び東京DFの裏に抜け出したFW佐藤がゴール。2点目を失うと、徐々にDFラインとの間が間延びし、中盤のスペースを使われることになった。27分には、広島MF柏木にエリアに切り込まれ、シュートは土肥がセーブするが、こぼれ球をFWウェズレイに拾われ、角度のないところからのシュートを決められて、早々に3失点。

 広島は、サイドを起点に手数をかけずに2トップにボールを早めに入れるという狙いを徹底。FW佐藤の絶妙のタイミングの飛び出しにも苦しめられ、29分には吉本に代わり藤山がイン。吉本にとっては苦いデビュー戦となったが、この時間帯から徐々に落ち着きを取り戻した。38分には、梶山が相手陣内でDFを引き付け、エリア手前の平山にパス。しかし相手DFに囲まれて倒れ、ハンドの反則で広島ボールに。41分、伊野波のアーリークロスに、ゴール前に上がっていた梶山が頭で合わせるが、ボールは浮いてしまい、3点のビハインドのまま後半へと折り返した。

ルーカスが2ゴールを挙げ、反撃するも届かず

 後半、攻めるしかなくなった東京は馬場を投入。ルーカス、石川、平山を最前線にはり、そこに馬場を絡める超攻撃的な布陣にして1点を取りにいく。49分にはその馬場のパスを、ゴール前で受けたルーカス。相手DFと対面するが、フェイントで中に切り返し、狙い済ましたシュートを放つ。これが右下にきっちり決まり、3対1に追い上げる! このゴールを機に一気にペースを掴みたかったが、52分、広島FW佐藤のシュートの跳ね返りを、FWウェズレイに詰められて失点。どうしてもリズムをつかみきれない。

 それでも、前半とは反対に広島のラインを間延びさせ、主導権を握り続けた。61分、エリア左手前からのFKを得ると、馬場のキックに、ファーのルーカスが飛び込み、ヘディングでゴール! 2点目を奪った。70分には、金沢に代わり鈴木規がイン。その直前に福西が倒され、ゴール正面で得たFKを、交代直後の鈴木規が直接狙った。このFKは壁に阻まれたが、こぼれをつないで石川が右サイドを突破。クロスにどんぴしゃで平山が合わせるが、シュートはわずかにバーの上に…。

 その後もボールを支配し、相手陣内で試合を進め、チャンスをつくった。77分には、ルーカスがくさびになり、前線に浮き球のパス。受けた平山のシュートはGKにセーブされる。81分、FKのこぼれを粘り強くつないで、相手陣内右寄りから徳永が強烈なシュートを放つ。GKのセーブに合いCKを得ると、馬場のキックにルーカスがヘッドで合わせるが、わずかに右に外れる。結局、追加点は奪えずタイムアップ。広島のシュート13本に対して東京は20本を放つも、2対4で敗れ、開幕戦連続勝利は果たせなかった。だが課題とともにに、今後に向けて手応えを感じさせるよい面も多くあった。次節の修正に期待したい。

 【選手コメント】《石川》「いい形で攻めることもできたけれど、取られ方がよくなかった。序盤は練習してきたことが出せたし、いいリズムで戦えたと思う。前からプレスにいくことを考えていたが、そのプレスがかからなかった時に、段々間延びしてスペースを使われた。福西さんと『プレスに行く時と行かない時をはっきりしよう』と話し合ったが、2点を取られてしまったあとで…。後半は点を取りにいくしかなかったので、前からガンガンいった。ただ伊野波との距離があり、アクションを起こしきれなかったところもある。開幕連勝記録については残念だけれど、よい方向に考えられる要素はたくさんあった。少しずつ強くなって、悪い時でも結果を残せるチームにしたい。苦しい時にどう切り替えられるか。それが上位にいくための課題」《吉本》「」悔しいです。今日はとにかく頑張ることしか考えていなかった。ヘディングではある程度やれたと思うけれど、裏を取られ、それに対応できなかった。先制された時は、それほど悲観的ではなく、焦りもなかったが。やれるという手応えはまったくなかったです…。特に広島FW佐藤選手の動きがうまくて、あれが日本のトップレベルの選手なんだなと。もっともっと練習して、そういう動きにも対応できるようになりたい」

 【原監督の会見要旨】「良いところも悪いところも出た。前半立ち上がりに決定的なチャンスを何回かつくりながら、決められず、逆に一番警戒していた広島FW佐藤、ウェズレイに走られてしまった。攻めに出た時のボールの取られ方が悪く、2失点、3失点してしまったのが痛かった。後半、もう一度よい入り方をして、1点ずつとって行こうと考えた。しかし1点を取ったところで、同じようなカウンターでやられてしまった。これで厳しくなったが、最後まで選手は諦めずにやってくれた。もちろん失点が多かったことはよくないが、ビッグチャンスをつくること、あるいは今までと違ったサッカーができる手応えもあった。五輪代表の3人は、チームを離れていた期間が長く、我々のやり方を忘れているように見えた。この1週間、今野が風邪、福西も捻挫で、合わせる時間が余り無かった。その中で後半になって、徐々に本来の連携が出てきたかなという感じ。今まで開幕で負けたことがないと聞いていたが、最初に勝っても、後半伸びなかったことはある。今季は、ここからどんどん良いサッカーをして、もっともっとレベルを上げていきたいと思う」

 【広島・ペトロヴィッチ監督の会見要旨】「1試合目の試合ということで、長い準備期間を経て臨んだ。我々は、前半いいディフェンスからいい攻撃を仕掛けられた。とはいえ、東京は立ち上がりに2、3回、かなりいいチャンスがあった。また、後半になってリスクを冒して攻めに出てきた。主導権を握られて、3対1という状況になった。その後すぐ追加点を入れて、4対1となったが、その後も東京は崩れることなく攻撃的に試合を進め、4対2とし、その後もいいチャンスをつくっていた。我々もいい形をつくったが、後半の出来には満足していない。東京ホームの試合に勝つことは簡単ではないので、勝ったことには満足しているが、キャンプで練習した形が出せなかった。個人的な望みとして、広島のホームゲームにもたくさんのお客さんが来て欲しい。東京対ヴェルディの練習試合を観戦したが、その時にも1万8千人の観客が入っていた。我々も、よいサッカー、速いサッカーを仕掛けられる。観るだけの価値はあると思う。東京は今日負けはしたが、2万5千人のスタジアムの雰囲気は良かった。それは日本のサッカーにとって、とてもよいことだと思う」

  • NEWS
  • 選手・スタッフ
  • チケット・観戦
  • 試合日程
  • 試合結果
  • 記録・データ
  • U-18 U-15 試合結果
  • トレーニングスケジュール
  • ファンゾーン
  • ホームタウン活動
  • スクールご紹介
  • スクールへの入会
  • バレーボール
  • クラブ情報
東京ドロンパ このページの先頭に戻る
F.C.TOKYO Copyright Tokyo Football Club Co.,Ltd. All Rights Reserved. 個人情報について