Englishご意見箱
ルヴァンカップ 第3節
4.26 19:00 KICK OFF
1 3
ヤマハスタジアム

後半のチャンスを活かしきれず敗戦。

ホームゲームチケット情報 お知らせ
応援ツアー
FC東京市民スポーツボランティア FC東京パーク府中 FCTOKYOペーニャ 法人年間チケット ワンタッチパスマイページ
試合・練習A GAME AND PRACTICE


Jリーグディビジョン1 第8節

2007年度の一覧に戻る

2007年04月28日 ホームズスタジアム神戸 ( Away )
後半何度か決定機を作るも無得点、スコアレスドローで終了
0
前半 0 
後半 0 
 0 前半
 0 後半
 0
   
観衆 9,213人   天気 晴、弱風   気温 21.3度
主審 : 家本政明   副審 : 上荒敬司  : 相葉忠臣
14 シュート 12
5 GK 18
6 CK 4
15 直接FK 12
2 間接FK 4
1 オフサイド 4
0 PK 0
' 15 浅利 悟
警告 ' 39 田中 英雄
退場
Nr Pos    Change Name SH
22 GK   塩田 仁史
6 DF   今野 泰幸 2
25 DF   徳永 悠平
8 DF   藤山 竜仁
17 DF   金沢 浄 1
18 MF   石川 直宏 1
15 MF 64分 鈴木 規郎 3
27 MF   栗澤 僚一 1
37 MF   福西 崇史
23 MF 71分 梶山 陽平
7 MF   浅利 悟
9 FW   ルーカス 4
10 FW   ワンチョペ 2
14 MF 80分 馬場 憂太
1Sub/GK 土肥 洋一
2Sub/DF 茂庭 照幸
13Sub/FW 平山 相太
20Sub/FW 川口 信男
Nr Pos    Change Name SH
1 GK   榎本 達也
4 DF   北本 久仁衛
5 DF   河本 裕之 1
25 DF   石櫃 洋祐 2
15 DF   内山 俊彦 1
18 MF   田中 英雄 1
23 MF 61分 キム テヨン 1
8 MF   栗原 圭介 2
17 MF 73分 三浦 淳宏
10 MF   ボッティ 1
7 MF   朴 康造
9 FW   レアンドロ 1
16 FW 84分 岸田 裕樹
19 FW   近藤 祐介 2
30Sub/GK 徳重 健太
2Sub/DF 小林 久晃
3Sub/DF 坪内 秀介
36Sub/MF 遠藤 彰弘

安定した守備から速い攻撃を仕掛け、連勝を目指す!

 リーグ第8節はアウェイでヴィッセル神戸との対戦。ナビスコ杯を含めここ3試合は2勝1分けと、安定した守備をベースに、1点差の苦しい試合となっているものの、チームの調子は上向きである。福西も「よい守備からよい攻撃につなげていき、勝って勢いに乗りたい」と話しているように、今後の厳しいゲームスケジュールを乗り切るためにも、連勝して勢いをつけたいところ。

 対する神戸は、今季からJ1に復帰し、現在2勝2分け3敗で12位につける。何といっても最も警戒すべきはFW近藤祐といえる。東京から期限付移籍をして2年目を迎え、先ごろは日本代表候補にも選出された。身体の強さを活かして、ロングボールから猛然と前線に抜け出すプレーには、迫力がある。ただし、東京の選手たちは一様に「彼の特徴はよくわかっている。前を向いて勝負させないように、しっかりケアしたい」と、集中を切らさず守り切りきりたいところである。

 東京は前節の横浜FC戦同様、ルーカス、ワンチョペの2トップで臨む。また、五輪代表3選手もチームに戻り、サテライトリーグや練習試合などで調整。伊野波は右肩を負傷してメンバーから外れたものの、平山と梶山はコンディションが復調し、ベンチ入りを果たした。原監督は、「(五輪代表が不在でも)いまのチームはバランスがよいが、ここぞという時に彼らの力が必要になる」と話し、茂庭の復帰を含めて、選手層は確実に厚くなっている。

 浅利は「守備のバランスを崩さないように務め、ボールを奪っていきたい」と話し、守備では3試合連続の無失点を目指す。攻撃も徐々にフィットしてきたワンチョペ、好調のルーカスを起点に、アグレッシブに仕掛けて、多くのチャンスを作りたいところ。試合は晴れ間の見えるホームズスタジアム神戸。4:03pmに神戸のキックオフで開始された。

攻守に入れ替わりの激しい展開ながら、0-0で前半終了

 試合開始から、神戸がFW近藤祐、レアンドロを起点に攻めに出るも、東京も落ち着いて対応。6分、早いリスタートからルーカスがつなぎ、ワンチョペがミドルを放つが、大きく外れる。10分には、左サイドから栗澤のクロスにワンチョペがヘッドで合わせるも、ミートせず。逆に11分、神戸・MF朴がスピードを活かし、東京の左サイドに切り込む。マイナスのパスを、中央でMFボッティが合わせるが、こちらもミートしない。16分には、神戸・左クロスからゴール前に迫られ、東京DFがクリアしきれず混戦になる。こぼれをFW近藤祐が抑えたシュートを放つも、塩田の好セーブでCKに逃れる。

 東京は、ピッチの長い芝生に最初は戸惑っていたが、徐々に慣れてきて、ペースを握り始める。19分、ルーカス→石川が右サイド深くまで上がりクロス。キャッチした相手GKがこぼすも、ルーカスは詰めきれず。25分には、石川の右CKに今野が頭から飛び込むが、DFに当たり再び右CKに。今度は、石川の蹴ったボールにワンチョペが飛び込み、鋭いヘディングを放ったが、相手GKにセーブされる。27分は、栗澤がハーフラインあたりから長いスルーパスを前線に送り、絶妙なタイミングでワンチョペが飛び出すが、トラップミスでチャンスをつぶしてしまう。

 神戸の厳しいプレスの前にボールを失い、カウンターをくらう場面もあったが、最終ラインでよく守り、ゴールを許さず。34分、ルーカス→栗澤の前線へのボールに、石川が抜け出すがオフサイドに。39分には、今野が自陣でパスカットして、ルーカスとのワンツーからドリブル突破を試みるが、エリア左前で相手DFに倒されFKに。栗澤が直接狙うが、枠外。41分は、栗澤の右クロスから福西が左エリア内に進入。DFを切り返してゴール前に浮き球のパスを送ると、これを石川がダイレクトボレーで合わせ、惜しくも左に切れた。

 44分には、神戸・左SB内山のロングフィードに抜け出したMF朴にCKを奪われる。右CKからどんぴしゃのヘッドを打たれるが、塩田が好セーブ。逆にカウンターに持ち込み、攻め上がったが金沢がシュートするも、右に外れる。お互いに守備のバランスを第一に、攻撃を仕掛けるという展開であったが、決定機を作るまでには至らず。結局前半は、0-0のまま終了する。

後半の決定機を活かせず、スコアレスドローに終わる

 東京は、後半に入るとパスがよくつなぎ始め、主導権を握る。56分、左サイドを起点に栗澤がアーリークロスを入れる。一度はクリアされるも、そのボールをつないで今度は福西が左クロス。さらに59分には、福西がボールを奪い、ワンチョペからのリターンを受けて、右エリアに走りこむ。狙い澄ましたクロスに、ルーカス、ワンチョペも詰めたが、これもゴール前でDFにクリアされる。

 63分、ルーカス→石川の左クロスをゴール前でワンチョペと相手DFが競り、こぼれたところに走り込んだルーカスがフリーでシュート。左に切れてゴールはならず。その直後に石川に代えて鈴木規を投入。65分には、栗澤の右クロスをワンチョペが落とし、すぐそばのルーカスがシュートを放つも、これも枠を捉えることはできない。67分には、徳永の右クロスを相手DFがかぶり、ワンチョペが胸トラップして前を向くも、シュートを打たない...。

 71分に福西に代えて梶山を投入。神戸もMF三浦を投入してセットプレーから攻撃を仕掛けるも、集中してはじき返す。80分には、浅利のサイドチェンジから、鈴木規が巧みなトラップで抜け出し、エリア内に切り込みシュート。ジャストミートしたよいシュートだったが、惜しくもバーの上に外れた。ここで疲れの見えたワンチョペに代えて馬場を投入、さらに攻撃に出る。83分、鈴木規と馬場のコンビから左CKを奪う。馬場のキックをルーカスがヘディングを放つが、枠外に。

 86分には、梶山→ルーカス→右の栗澤へ。クロスに鈴木規が合わせようとするが、DFに寄せられ、浮いてしまう。88分は、ルーカスのポストから、梶山がシュートモーションからフリーで左サイドにいた鈴木規へ流すと、すかさずシュートを放つ。ミートせず相手DFにあたりCKに。馬場の左CKから今野がヘディングで飛び込むが、DFに身体を寄せられヒットせず。結局そのままタイムアップ。終盤は東京が終始ボールを支配し、攻め込んだが、ゴールを割ることはできず、スコアレスドローに終わった。

 【選手コメント】《福西》「(J1・300試合出場だったが?)勝てればよかったが…。結果が出ていないのでスッキリしない。内容としてもよくなかった。前半は引きすぎて、チャンスをつくれなかった。大きく崩されてはいないが、こちらも崩せていないので、セットプレーがカギになると考えていたが…。後半は攻められたが、厚みという意味ではまだまだ。厚みをつくって、自分も攻撃参加するという形をつくりたい」《塩田》「勝ちたかった…という気持ちはみんな同じだと思う。ただ、最後まで点を取ろうと、全員が頑張っていた。前半はパスがつながらなかったが、守備は安定している。あとは点を取るだけだと思う。アウェイで勝ち点1を取れたことを前向きに捉え、修正するべきところは見直して、次につなげたい」

 【原監督の会見要旨】「神戸の前節の試合を観たが、全体的に勢いがあるチーム。今節は大久保が出場停止といっても、他にもレアンドロなど良い選手がそろっている。チームは最近守備が安定してきているが、課題とすれば、守備からいかにスピーディーな攻撃を仕掛けるかと言うところに尽きる。ワンチョペはコンディションが上がってきており、ルーカスと2人で中央で起点をつくれる時もある。しかし、そこからいかにフィニッシュまでどうやってもっていくか、またはいかにクロスをあげていくかというところがポイント。今日もチャンスで時間がかかりすぎて、シュートを打てなかったり、シュートを打っても、枠にいかなかったりというところがあったが、そこが課題。神戸は前から良く追ってきており、また、芝生が長くてボールがなかなか転がらないという状況に、若干やりにくそうだった。ただ、やはり決定的なチャンスを先に奪っていればと思う。守備に関しては、危ない場面もあったが、ストッパーをやっている今野は、ほぼパーフェクトだった。また、浅利、藤山、徳永や金沢などのディフェンスラインも良くやってくれている。あとはここから良い攻撃を仕掛けて、点を奪っていけるようにしたい」

 【神戸・松田監督の会見要旨】「ホームということで、なんとか勝ちたかった試合だったし、前半はそれができる内容のゲームをしていたので、非常に残念。収穫としては、初めて無失点の試合ができたということ。これまで、今日と同じように前半うまく組み立てながら点を奪えず、チーム全体が我慢できなくなって最後に失点していた。もちろん、そういう流れの中で、しっかりと点を奪って勝たないといけないという課題は残ったが、その中で辛抱しながら、ゲームを進めるということはできた。あとは決定力不足をいかに解消するかが課題」

  • NEWS
  • 選手・スタッフ
  • チケット・観戦
  • 試合日程
  • 試合結果
  • 記録・データ
  • U-18 U-15 試合結果
  • トレーニングスケジュール
  • ファンゾーン
  • ホームタウン活動
  • スクールご紹介
  • スクールへの入会
  • バレーボール
  • クラブ情報
東京ドロンパ このページの先頭に戻る
F.C.TOKYO Copyright Tokyo Football Club Co.,Ltd. All Rights Reserved. 個人情報について