Englishご意見箱
トップチーム お知らせ
応援ツアー
FC東京市民スポーツボランティア FC東京パーク府中 FCTOKYOペーニャ 法人年間チケット ワンタッチパスマイページ
U-23 試合日程・結果UNDER23 FIXTURES AND RESULTS
U-23 試合結果

明治安田生命J3リーグ 第18節

2017年度の一覧に戻る

2017年07月22日 味の素フィールド西が丘 ( Home ) 17:03キックオフ
2点を先行される、長谷川のJ初ゴールで追撃するも敗戦
観衆 2,122人 天候 曇時々晴、弱風 気温 31.4度 湿度 55% 主審:大矢 充 副審:金次 雄之介/手塚 優
明治安田生命J3リーグ 第18節<br /> ギラヴァンツ北九州戦FC東京U−23
KICKOFF
1
試合終了
前半 0 - 1 前半
後半 1 - 1 後半
2
明治安田生命J3リーグ 第18節<br /> ギラヴァンツ北九州戦ギラヴァンツ北九州
90+3分:長谷川 光基
得点者 9分:花井 聖
88分:池元 友樹
66分:米本 拓司→平川 怜
66分:梶山 陽平→リッピ ヴェローゾ
89分:久保 建英→内田 宅哉
選手交代 59分:加藤 弘堅→西嶋 弘之
76分:水永 翔馬→平井 将生
85分:井上 翔太→神崎 大輔
8 シュート 13
8 GK 10
4 CK 8
7 直接FK 11
2 間接FK 0
2 オフサイド 0
0 PK 0
23分:原 大智
53分:品田 愛斗
警告
退場
Nr Pos Change Name SH
30GK廣末 陸
31DF岡庭 愁人1
32DF坂口 祥尉
49DF長谷川 光基2
44DF草住 晃之介
7MF米本 拓司
10MF梶山 陽平1
43MF品田 愛斗1
41MF久保 建英
47MF小林 幹
45FW原 大智2
46Sub/GK高瀬 和楠
28Sub/MF89分内田 宅哉
40Sub/MF66分平川 怜
51Sub/MF66分リッピ ヴェローゾ1
Nr Pos Change Name SH
1GK山岸 範宏
3DF福森 健太
13DF浦田 樹1
17DF加藤 弘堅2
41DF刀根 亮輔
10MF井上 翔太1
18MF内藤 洋平1
19MF川島 大地2
20MF花井 聖2
9FW水永 翔馬1
11FW池元 友樹3
21Sub/GK高橋 拓也
2Sub/DF石神 直哉
6Sub/DF59分西嶋 弘之
15Sub/MF85分神崎 大輔
22Sub/MF中原 秀人
14Sub/FW76分平井 将生
25Sub/FW小松 塁

【ハイライト映像】


【選手・監督コメント】

《米本拓司選手》
「勝てなかったことが残念ですし、自分たちがどんなメンバーであろうと勝ちにこだわらないとダメだと思います。
勝てなかったことが凄く悔しいです。

(個人の手応えは?)
決められた時間の中で結果を出せず、もっと結果にこだわってプレーをしたかったという思いが強いです。
U-18の選手たちが、物凄く頑張っていたので自分もなんとか貢献したかったのですが、それができず残念です。

(コンディションはどうですか?)
怪我もしていないですし、良い方だと思います。

(次戦に向けた意気込みは?)
毎試合そうですが、怪我をせず90分間戦える身体を保てるように練習から準備ができればと思います。」

《長谷川光基選手》
「事前に相手の情報を聞いて、強いとわかっていましたが、負けてはいけない相手ですし、序盤にセットプレーから失点をしてしまったのはもったいなかったです。
相手のツートップが非常に強力でしたが、センターバックでコンビを組んだ、坂口選手と声をかけながら、何回かやられたシーンもありましたが、少しずつ良い対応ができたと思います。

ボランチにオーバーエイジの梶山選手と米本選手が入っており、その二人から伝わるものがあり、その刺激をもらいながらプレーをできたことが一番の収穫でした。

(個人の手応えは?)
最初のセットプレーで、自分のクリアが少し弱くなってしまい、シュートを打たれてしまいました。
一つひとつのクリアや後ろでの対応をハッキリさせないといけないと思いました。
そのなかで、自分の特徴とするセットプレーで得点できたのはよかったのですが、0-2の状況で攻撃のパスの部分で持ち味を出し切れなかったのは悔しいです。

(得点シーンは?)
自分が決めた前のセットプレーでフリーでのシュートを相手GKに防がれてしまい、非常に悔しかったです。
得点シーンのコーナーキックでは『自分が決めてやる』という思いでゴール前に入っていきました。
うまくマークを外せたので、あとは流し込むだけでした。
自分の特徴であるセットプレーで得点できたことは、励みになりました。

(J3ではプロのセンターバックとコンビを組むことが多かったですが)
自分の周りにトップチームの選手がいるときは、周りの選手に頼りながら、自分がついていきつつ、特徴を出してプレーするイメージでした。
ただ、今日は自分が中心にならないといけないと思いながら責任感を持ってプレーをしました。

(次戦に向けた意気込みは?)
今回負けてしまったので、次は絶対に勝ちたいと思います。
無失点での勝利も遠ざかっているので、自分が後ろから声を出して、無失点で勝利をしたいと思います。」


《中村忠監督の会見要旨》
「本当に暑いなか、2,000人を超えるファン・サポーターの方々にお越しいただき、非常に力強く、しっかりと勝点3をとるという意志を持ってゲームに入りました。
ただ、残念ながら、相手の武器でもあるセットプレーから早い時間に失点をしてしまったのは、ゲームプランとして難しくしてしまいました。

時間の経過とともに、梶山選手と米本選手を中心にゲームを作れるようになり、何回か前半にチャンスを作りました。
ハーフタイムに立て直しを行い、クロスからの攻撃を意識しました。
後半何度かプラン通りに全員がゴールに向かいチャンスを作ることが出来ました。

ただ、本当に2失点目が痛かったですし、その後に1点を返しものの、選手たちは最後まで勝点3を目指して戦ってくれました。

試合後に選手に伝えたのは、特に若い選手たちに、まだまだ一対一の部分やボールを奪う部分や球際。
その他にも反応や予測など。プレー精度などまだまだ足りないので、こういったチームに個人でもチームでも勝てるように練習をしていきましょうと伝えました。」


  • NEWS
  • 選手・スタッフ
  • チケット・観戦
  • 試合日程
  • 試合結果
  • 記録・データ
  • U-18 U-15 試合結果
  • トレーニングスケジュール
  • ファンゾーン
  • ホームタウン活動
  • スクールご紹介
  • スクールへの入会
  • バレーボール
  • クラブ情報
東京ドロンパ このページの先頭に戻る
F.C.TOKYO Copyright Tokyo Football Club Co.,Ltd. All Rights Reserved. 個人情報について