Englishご意見箱
トップチーム お知らせ
応援ツアー
FC東京市民スポーツボランティア FC東京パーク府中 FCTOKYOペーニャ 法人年間チケット ワンタッチパスマイページ
U-23 試合日程・結果UNDER23 FIXTURES AND RESULTS
U-23 試合結果

明治安田生命J3リーグ 第10節

2017年度の一覧に戻る

2017年05月28日 ミクニワールドスタジアム北九州 ( Away ) 15:03キックオフ
チャンスを作るも決めきれず、悔しい敗戦
観衆 3,864人 天候 晴、弱風 気温 23.8度 湿度 58% 主審:須谷 雄三 副審:塚田 健太/津野 洋平
明治安田生命J3リーグ 第10節<br /> ギラヴァンツ北九州戦FC東京U−23
0
試合終了
前半 0 - 0 前半
後半 0 - 1 後半
1
明治安田生命J3リーグ 第10節<br /> ギラヴァンツ北九州戦ギラヴァンツ北九州
KICKOFF
得点者 66分:水永 翔馬
77分:坂口 祥尉→岡崎 慎
77分:小林 幹→岡庭 愁人
86分:生地 慶充→田中 和樹
選手交代 46分:加藤 弘堅→小野寺 達也
46分:平井 将生→水永 翔馬
90分:池元 友樹→神崎 大輔
9 シュート 9
7 GK 14
5 CK 5
9 直接FK 5
2 間接FK 2
1 オフサイド 2
0 PK 0
53分:ユ インス
警告31分:刀根 亮輔
退場
Nr Pos Change Name SH
46GK高瀬 和楠
32DF坂口 祥尉
36DF山田 将之
49DF長谷川 光基
25DF小川 諒也
40MF平川 怜
35MF鈴木 喜丈1
34MF生地 慶充1
47MF小林 幹
28MF内田 宅哉1
21FWユ インス5
39Sub/GK大本 竜司
29Sub/DF77分岡崎 慎
31Sub/DF77分岡庭 愁人1
48Sub/FW86分田中 和樹
Nr Pos Change Name SH
21GK高橋 拓也
3DF福森 健太
6DF西嶋 弘之1
19DF川島 大地
41DF刀根 亮輔
10MF井上 翔太1
17MF加藤 弘堅
20MF花井 聖1
29MF小谷 健悟1
11FW池元 友樹3
14FW平井 将生
27Sub/GK中山 開帆
13Sub/DF浦田 樹
15Sub/MF90分神崎 大輔
22Sub/MF中原 秀人
24Sub/MF46分小野寺 達也
9Sub/FW46分水永 翔馬2
25Sub/FW小松 塁

【ハイライト映像】


【選手・監督コメント】

《小川諒也選手》

「チームとしては、全体的に悪い試合ではなかったと思います。相手の時間を焦れることなく我慢することもできていました。
自分たちがボールを保持し、良い時間帯もできていました。
最後まで失点をしないということと、得点を奪わないと勝てないので、その課題にしっかりと向き合っていきたいです。

(セットプレーからチャンスもありましたが?)
J3だと相手選手の方が身長が高いことが多いので、自分がピンポイントで合わせることができるボールを蹴ることができないとゴールにつながらないと思います。
しっかりと練習をして精度を高めていきたいと思います。

(左サイドから果敢に攻め込みましたが)
とにかくゴールに向かう姿勢を全員で持とうと話しをしました。
自分でもチャンスがあればゴールを狙っていましたし、個人で突破できれば必ずチャンスにつながると思っていましたので、そういった部分を意識していました。

(平均年齢の若いチームでしたが意識したことは?)
自分や山田選手、ユインス選手が年上の世代になるので、U-18の選手たちを引っ張っていかないといけないですし、プレーでも声を出しチームを引っ張っていかないといけないという意識はありました。

(次戦に向けた意気込みは?)
全ての試合に勝つつもりでやっていますので、しっかりと勝点3をとりにいきたいと思います。」


《高瀬和楠選手》

「前半自分たちがボールを持っているときに得点を奪えなかったのがもったいなかったと思います。
個人としてはチームがなかなか得点を奪えないなかで、失点をしないということが自分の仕事だと思うので、失点をしてしまったということは自分の実力不足だと思います。

(Jリーグ初出場、初先発でしたが?)
スタジアムにバスで入ったときは緊張をしたのですが、試合に入ったらそれが丁度良い緊張感になり集中してプレーできました。

(好セーブもありましたが手応えは?)
守備陣がすごく頑張ってくれていたので、一緒にゴールを守っている感じでした。
ただ、最後に勝ちにつなげられなかったのが、波多野選手や廣末選手との違いなのかなと思いました。

(次戦に向けた意気込みは?)
試合に出場したら絶対に勝ちます。」


《中村忠監督の会見要旨》
「スタジアムに到着をして、大変素晴らしいスタジアムで若い選手たちが試合をできるということに感謝をしたいと思います。
また、多くのFC東京ファン・サポーターが遠く九州にまで来ていただいて、ありがたいという気持ちを持って試合に臨みました。

試合に関しては非常にレベルの高いチームに対して、非常に若い年齢層の選手たちがどれだけチャレンジをできるかという部分を意識しました。

前節の盛岡戦では、ペナルティエリアに数多く進入しフィニッシュまでいくというテーマを持って試合を行い、ある程度は回数は多く進入できたのですが、シュートまで打ちきれませんでした。
今節は、ゲームのなかで北九州さんを相手にゴールを奪うという部分までいくことを目指し、守備陣は前節無失点に抑えることができたので、今節も無失点に抑えて勝つということをテーマに試合に臨みました。

選手たちは良く戦い、自分たちがボールを動かす時間帯もあり、決定機を作った場面もありましたが、残念ながら決めきれませんでした。
徐々に脚が止まり、北九州さんのゴール前の迫力もあり、先制点を許し残念な結果に終わってしまいました。」


  • NEWS
  • 選手・スタッフ
  • チケット・観戦
  • 試合日程
  • 試合結果
  • 記録・データ
  • U-18 U-15 試合結果
  • トレーニングスケジュール
  • ファンゾーン
  • ホームタウン活動
  • スクールご紹介
  • スクールへの入会
  • バレーボール
  • クラブ情報
東京ドロンパ このページの先頭に戻る
F.C.TOKYO Copyright Tokyo Football Club Co.,Ltd. All Rights Reserved. 個人情報について