Englishご意見箱
10.29 17:00 KICK OFF
明治安田生命J1 第31節
VS 清水エスパルス
味の素スタジアム
U23 公式ケータイサイト
青赤日記 バレーボール
試合・練習A GAME AND PRACTICE

試合結果
J1リーグ戦 第20節

2017年度の一覧に戻る

2017年08月05日 等々力陸上競技場 ( Away ) 19:03キックオフ
中島が先制点を決めるも、終了間際に追いつかれドロー。
観衆 25,043人 天候 曇のち晴、弱風 気温 28.2度 湿度 84% 主審:扇谷 健司 副審:山際 将史/植田 文平
J1リーグ戦 第20節<br /> 川崎フロンターレ戦FC東京
KICKOFF
1
試合終了
前半 0 - 0 前半
後半 1 - 1 後半
1
J1リーグ戦 第20節<br /> 川崎フロンターレ戦川崎フロンターレ
49分:中島 翔哉
得点者 89分:谷口 彰悟
76分:中島 翔哉→大久保 嘉人
84分:ピーター ウタカ→永井 謙佑
90+2分:米本 拓司→東 慶悟
選手交代 72分:中村 憲剛→森谷 賢太郎
78分:登里 享平→森本 貴幸
82分:阿部 浩之→長谷川 竜也
9 シュート 23
22 GK 5
5 CK 7
8 直接FK 11
0 間接FK 4
0 オフサイド 4
0 PK 0
5分:太田 宏介
83分:林 彰洋
警告53分:エドゥアルド ネット
退場
Nr Pos Change Name SH
33GK林 彰洋
22DF徳永 悠平
4DF吉本 一謙
5DF丸山 祐市
2MF室屋 成
8MF高萩 洋次郎
37MF橋本 拳人
7MF米本 拓司1
6MF太田 宏介1
9FWピーター ウタカ2
23FW中島 翔哉2
1Sub/GK大久保 択生
25Sub/DF小川 諒也
10Sub/MF梶山 陽平
15Sub/MF84分永井 謙佑1
38Sub/MF90+2分東 慶悟
13Sub/FW76分大久保 嘉人2
20Sub/FW前田 遼一
Nr Pos Change Name SH
1GKチョン ソンリョン
18DFエウシーニョ1
5DF谷口 彰悟2
23DFエドゥアルド1
7DF車屋 紳太郎1
21MFエドゥアルド ネット2
10MF大島 僚太2
14MF中村 憲剛2
8MF阿部 浩之3
2MF登里 享平2
11FW小林 悠5
30Sub/GK新井 章太
3Sub/DF奈良 竜樹
6Sub/MF田坂 祐介
19Sub/MF72分森谷 賢太郎1
16Sub/MF82分長谷川 竜也1
41Sub/MF家長 昭博
9Sub/FW78分森本 貴幸

【ハイライト映像】


【選手・監督コメント】

《吉本一謙選手》
(勝ちたい試合でしたね)
「勝ちたかったし、勝たなければいけない試合だったと思う。セットプレーで2試合続けて失点してしまっているので、しっかり反省しなければいけない。今日の様な試合に勝っていかないと上位には食らいついていけないとい。ただ、良い部分もあったし、継続してやっていきたい」
(中盤でボールを持たれることに対しての恐怖感は?)
「今日は、ある程度相手にボールを持たせてというところもあった。サイドの選手、中盤の選手としっかりと連携を取って、持たれても1番最後のところを消そうと話していた。少し危ないシーンもあったが、崩されるシーンはそこまで多くなかったと思う」


《大久保嘉人選手》
(等々力の雰囲気はどうでしたか?)
「両チームのファン・サポーターが作った雰囲気は、最高だった」
(久々の試合となりましたが?)
「疲れた。ただ、出場していかないとゲーム勘だったり、体力が戻って来ないので、続けてやっていくしかない」
(その中でも惜しいシーンがありましたが)
「そうですね。ただ、カウンターのシーンでもう少し自分たちが考える時間が欲しい。ミドルシュートを打った場面みたいに、前を向いてボールを運ぶことが出来れば、色々な選択肢を増やすことが出来る」
(チームがシステムなどを変えましたが、復帰してから自身の手応えは?)
「今日も途中まで良い試合をすることが出来ていたので、良かったと思う。最後にやられたことは仕方ない」


《篠田 善之監督の会見要旨》
「勝ちきれなかったことは非常に残念で、反省しなければいけない。前半、押し込まれるシーンがあったが、中央を締めながら守備をするということはみんな良くやってくれた。後半の立ち上がりにスイッチを入れ直して、もう一度前に行ける姿勢を見せたこと、そしてゴールを奪えたことは良かったと思う。
ただ、もう1点を決め切ることだったり、今セットプレーからの失点が続いているので、改善するところはたくさんある。
良い雰囲気を両チームのファン・サポーターが作ってくれて、東京のサポーターには勝ちをプレゼントしたかったが、できなかったことは改めて反省したいと思う。
ゴール前まで2人、3人と入っていけるシーンがいくつかできたので、これは継続してやりたい」

《質疑応答》
Q=システムを変えて、今できる最高のパフォーマンスを出したと思いますが、それでも勝ちきれない試合が続いていると思いますが、その辺の手応えなどいかがですか?
「やはり、勝ち切れていないということは、グループとして、私も含めてまだまだだと思っている。もちろん決め切れるチャンスを作っているけれど、現状2点目を決め切れていないということで、後々チームを苦しくしてしまっていると思うし、逆に1-0で勝つというサッカーの中では、セットプレーをしっかり重視して、勝ちきらなければいけないなと改めて思う。選手たちには、色々な部分でチームが活性化するために、システムを変えたり、メンバーを少し変えたり、やることをもっとはっきりしてトライしてもらっている。もちろん勝てていないけれど、もっともっと出来ると手応えも感じているし、とにかく選手たちにも言ったが、前向きにいろんなことをトライしたいなと思っている」

Q=中盤での球際の強さや最後のカウンターの切れ味があったと思いますが、監督自身はどう感じていますか?
「中盤でのセカンドボールでのバトルのところは非常に3人はよくやってくれているし、また奪ってから(橋本)拳人、(米本)ヨネが(前線に)出ていくスピードだったり、あるいは交代で出て行った選手たちも、(永井)謙佑でまたギアが上がった。ただ、最後の仕留めるラストパス、シュートで非常に良い場面は見せてくれているが、これをどうやってチームの勝ちに持っていくか、ゴールに持っていくか。もちろん前線の選手だけでなくて、もっと後ろからのビルドアップもスムーズにしたいし、いろんなことをとにかく全体でボールを動かすことをもっとテンポよくやりたいなと思う。本当にゴール前に2人、3人入っていけるこの迫力というのは継続してやりたい」

Q=今週、石川選手の引退の発表もありましたけれど、石川選手はチームに刺激を与えたいという言葉も話していました。今日のゲームに何か影響があったのか教えていただけますか。
「ナオの決断の発表は、チーム内でも知らない人も多くいたので、びっくりした出来事だったし、彼がチームのために少しギアを上げたいという想いは、本当にチーム全体で感じている。何としてもその思いを背中に乗っけて走ろうと、選手は取り組んでくれている。ナオの決断と彼の今まで実績、怪我で苦しんでいる姿というのはみんな背中を見ている。特に今日出た11人、メンバーに入った18人、メンバーに入れなかった選手も本当にまとまりをもって、臨んでくれたと思っている」


《川崎・鬼木 達監督の会見要旨》
「まず、多摩川クラシコということで多くのサポーターが来ていただいた中で勝ちきれなかったというのは率直に悔しい思いがあった。ゲームの方は、今週は我慢強く戦おうという中で、そういう姿を見せてくれていたと思うが、失点シーンや同点に追いついた後も、何回かカウンターを食らうと。そういうところはもう1回気を引き締めて全員で意思統一して戦わなければいけない。今日は本当に、勝てなかったことが残念」

《質疑応答》
Q=森谷選手を途中から投入して、彼のミドルシュートやキックの部分に期待したのかなと思ったのですが、結果的にアシストを決めたと。監督の狙いや評価を教えて下さい。
「彼は本当にここ最近調子が良かった。もう1つは狭いスペースで受けてミドルシュートをその場から打てますし、色々な所でアクセントが付けられるので。今おっしゃったようなそのままの期待を込めて出した」

Q=チームとして攻守の切り替えを大事にしていると思うが、今日の試合のそこの部分をどう感じているか教えて下さい。
「前半は非常にアグレッシブにやれていたかなと思う。後半も出来ていなかったわけではないが、やはり攻守の切り替えを行わなくてはいけない。もう少し考えて攻撃をしないと。切り替えてもなかなか追いつかないところなので。そこのところはもう1回、チームとしてバランス良くやりたいなと思う」


  • NEWS
  • 選手・スタッフ
  • チケット・観戦
  • 試合日程
  • 試合結果
  • 記録・データ
  • U-18 U-15 試合結果
  • トレーニングスケジュール
  • ファンゾーン
  • ホームタウン活動
  • スクールご紹介
  • スクールへの入会
  • バレーボール
  • クラブ情報
東京ドロンパ このページの先頭に戻る
F.C.TOKYO Copyright Tokyo Football Club Co.,Ltd. All Rights Reserved. 個人情報について