Englishご意見箱
9.23 土祝 16:00 KICK OFF
明治安田生命J1 第27節
VS 柏レイソル
日立柏サッカー場
U23 公式ケータイサイト
青赤日記 バレーボール
試合・練習A GAME AND PRACTICE

試合結果
J1リーグ戦 第18節

2017年度の一覧に戻る

2017年07月08日 味の素スタジアム ( Home ) 19:03キックオフ
観衆 42,979人 天候 晴、弱風 気温 27.8度 湿度 64% 主審:村上 伸次 副審:唐紙 学志/武部 陽介
J1リーグ戦 第18節<br /> 鹿島アントラーズ戦FC東京
KICKOFF
2
試合終了
前半 1 - 1 前半
後半 1 - 1 後半
2
J1リーグ戦 第18節<br /> 鹿島アントラーズ戦鹿島アントラーズ
44分:橋本 拳人
47分:橋本 拳人
得点者 16分:ペドロ ジュニオール
76分:ペドロ ジュニオール
78分:永井 謙佑→中島 翔哉
85分:ピーター ウタカ→前田 遼一
88分:東 慶悟→田邉 草民
選手交代 62分:永木 亮太→伊東 幸敏
77分:遠藤 康→土居 聖真
86分:金崎 夢生→鈴木 優磨
7 シュート 13
12 GK 4
5 CK 4
15 直接FK 13
0 間接FK 2
0 オフサイド 1
0 PK 0
警告6分:金崎 夢生
退場
Nr Pos Change Name SH
33GK林 彰洋
2DF室屋 成
4DF吉本 一謙
5DF丸山 祐市
6DF太田 宏介
7MF米本 拓司1
8MF高萩 洋次郎
37MF橋本 拳人2
9MFピーター ウタカ1
38MF東 慶悟1
15FW永井 謙佑
1Sub/GK大久保 択生
22Sub/DF徳永 悠平
10Sub/MF梶山 陽平
17Sub/MF河野 広貴
23Sub/MF78分中島 翔哉1
27Sub/MF88分田邉 草民1
20Sub/FW85分前田 遼一
Nr Pos Change Name SH
21GK曽ヶ端 準
22DF西 大伍
20DF三竿 健斗
3DF昌子 源1
16DF山本 脩斗
6MF永木 亮太
4MFレオ シルバ
25MF遠藤 康2
11MFレアンドロ
33FW金崎 夢生5
7FWペドロ ジュニオール5
29Sub/GK川俣 慎一郎
24Sub/DF62分伊東 幸敏
40Sub/MF小笠原 満男
8Sub/MF77分土居 聖真
13Sub/MF中村 充孝
9Sub/FW86分鈴木 優磨
14Sub/FW金森 健志

【ハイライト映像】


【選手・監督コメント】

《橋本拳人》
「頑張って走れば、ボールは出てくる。
 そう信じていたし、運動量と迫力は自分の持ち味でもある。
 (ボランチより)サイドでプレーするほうが、その持ち味を活かして得点するチャンスは増えると思っていた。
 2得点とも、狙いどおりに、その形を活かせたと思う。

 3連敗をして順位も中位に下がり、苦しい状況だった。
 けれどチームの誰も諦めていない。
 何とか勝ちたかったし、それができなかったことは悔しいが、強い鹿島にしっかりと戦えた。
 中断期間に入るが、今日良い戦いができたことを自信にして、次につなげていきたい。

(守備面について)
 相手のサイドバックに対して、成と連係をとって上手く対応できたと思う。
 ただし、2失点目はサイドで起点を作られ、中を使われてしまった。
 ボランチとの連係を含めて、そこは改善していきたい」


《米本拓司》

「(今季リーグ戦初先発だったが?)
 それはあまり意識していなかった。
 何より、チームが今、あまり良い状況ではなく勝てていなかったので、チームのために、勝利のために戦おうとした。

 試合の入り方はあまり良くなかったと思う。
 けれど、先に失点を喫しても、我慢強く戦いながら諦めることなく同点に追いついた。後半も良い入り方ができた。
 引き分けに終わったが、今日のような戦いを普通に……というか、あたり前のようにして続けていかなければと思う。

(プレー面で意識したことは?)
 僕自身は、中盤でプレスに行けないと感じていたので、自分が守備のスイッチを入れようとした。前線では永井選手がその役割を果たしてくれていたが、彼らをできるだけ前に押し出して、攻撃にパワーをかけられるようにしたかった。
 もし相手に後ろに走られたら、そこに付いていくことも意識していた。
 中盤でやられると、試合にならない。
 今日は洋次郎さんと初めてボランチを組んで、練習時間も短かったが“まあまあ”だった思う。
 もっと連係を高められると思うし、それはこれからの課題。

(連敗のチームに何をもたらしたかったか?)
 なんとなく、ミスを怖れているというか、ミスをすると萎縮してしまうように感じていた。自信がなく、後ろ向きのプレーが多いようにも感じていたので、まず『それ(ミスを怖れること)はナシ』だと言った。『たとえミスをしても、みんなでカバーしよう』と。

 今日も成に言ったけれど『ミスってもオレが取り返すから。だからどんどん前に行け。前にパスをつけるのを怖がるな』と。
 メンタルってすごく大事だなと思う。
 そういう前向きな姿勢が必要だったし、ガンガン前に行けた要因だとも思う。

 今日はみんな、気持ちの伝わるプレーをして、躍動していた。
 でも、闘う姿勢は当然、誰にでもあるはず。
 それプラス、アルファのものが勝敗を分ける。
 繰り返すが、今日のような試合を最低限、あたり前にできるようにしたい」


《篠田 善之監督の会見要旨》
「多くのファン・サポーターのみなさまの前で勝利を見せることが出来ず悔しい。勝ちきれなかった部分をもう一度、見つめ直したい。
先にワンチャンスでサイドから失点しまったことによって、試合を苦しくしてしまった。ただ、選手たちは前に出て行くのを止めずに、前半に追いつけたこと。後半の立ち上がりにショートカウンターから得点出来たことは、選手たちはよく走り、よくグループで戦ってくれたと思う。
最後に追いつかれてしまったが、いかにしぶとくあの時間を凌いで、最後にもうひとつギアを上げられることが出来ればよかったと反省している。
ただ、本当に選手たちは辛抱強く、諦めずにやってくれた。この勝ちきれない何かをもう一度検証してやっていきたいと思う」

《質疑応答》

Q=先制点を許したシーンについて
「鹿島はスピード感を持った攻撃が特徴で、サイドに流れてもドリブルで仕掛けてくるチーム。2失点目もそうだが、彼らは抜け目ないし、クロスに対しても、体を投げ出して合わせようと入ってくる。そこを止めなければいけなかったし、弾いたボールを押し込まれてしまったことは非常に残念。
人はいるが、自分達が一歩前に出る様な守備をしなければいけない。鹿島の攻撃はわかっていたが、選手たちの中では、思っていた以上に迫力があったのかもしれない」

Q=中島選手の入れた位置について
「(中島)翔哉はトップ下に近い位置にいれた。彼自身も相手のボランチを消すことなどをやってくれていたが、それは自分たちのラインが下がってしまって起きたことだと思う。最後の最後にチャンスを作ることが出来たが、ギアを上げるためには全体がもう少しラインを上げることが出来ればより良かったかなと思う」

Q=橋本選手をあのポジションで使った意図は?
「鹿島のサイドバックは非常に高い位置を取ってくる。その相手に対してしっかりついていける。そして、相手の上がったサイドバックのスペースを室屋と一緒に攻めることが出来ると思い起用した。
背負った状態でボールを失ってしまうこともあったが、クロスへの飛び込みやショートカウンターで一気に出ていけるというところは彼の特徴。真ん中でもプレー出来るが、今日に限ってはあのポジションが重要だったので、彼に託した」

Q=米本選手の出来は?
「まずはしっかりとピッチに帰ってきれてくれたという思いがある。前半はボールを奪いに行き過ぎて、かわされてしまったところは、彼の中ではまだまだ距離感がズレていたのかなと思う。ただ、90分間通して走った姿は、本当に評価出来るし、これからもっと良くなると思う」



《鹿島・大岩 剛監督の会見要旨》
「このタイトなスケジュールの中で、素晴らしいパフォーマンスをしてくれて、彼らのタフさに感服している。
ゲーム内容うんぬんよりも選手のタフさに驚き、喜びを感じている」

《質疑応答》
Q=アウェイ3連戦という日程について、この試合に向けてのモチベーションは?
「前節のガンバ大阪戦の前に小笠原選手が選手たちに言った「こういったタイトな日程を言い訳にしない。むしろこういった日程の中で、勝ち続けることで自分たちの評価を上げよう」という言葉に集約されていると思う。選手たち自身もその言葉で、前節のガンバ大阪、今節のFC東京に向けて準備をしてきた。私が何かを言う前に、選手たちでそういうモチベーション、気持ちになれたというところで十分じゃないかと感じている」

Q=最初の選手交代の意図は?
「負けている状況だったので、攻撃的にいくというメッセージを選手たちに伝えた。選手たちがそのメッセージを汲み取ってプレイしてくれた結果、後半に関していえば相手を押し込むことが出来たし、良いリアクションをしてくれたので凄く評価している」


  • NEWS
  • 選手・スタッフ
  • チケット・観戦
  • 試合日程
  • 試合結果
  • 記録・データ
  • U-18 U-15 試合結果
  • トレーニングスケジュール
  • ファンゾーン
  • ホームタウン活動
  • スクールご紹介
  • スクールへの入会
  • バレーボール
  • クラブ情報
東京ドロンパ このページの先頭に戻る
F.C.TOKYO Copyright Tokyo Football Club Co.,Ltd. All Rights Reserved. 個人情報について