Englishご意見箱
ルヴァンカッププレーオフ 第1戦
6.28 19:00 KICK OFF
1 0
エディオンスタジアム広島

阿部のヘディングゴールで公式戦4試合ぶりの勝利!!

ホームゲームチケット情報 お知らせ
応援ツアー
FC東京市民スポーツボランティア FC東京パーク府中 FCTOKYOペーニャ 法人年間チケット ワンタッチパスマイページ
試合・練習A GAME AND PRACTICE

試合結果
J1リーグ戦 第15節

2017年度の一覧に戻る

2017年06月18日 味の素スタジアム ( Home ) 18:04キックオフ
リーグ再開初戦を勝利で飾れず。
観衆 23,282人 天候 曇のち雨、弱風 気温 20.8度 湿度 89% 主審:木村 博之 副審:中井 恒/中野 卓
J1リーグ戦 第15節<br /> 横浜F・マリノス戦FC東京
0
試合終了
前半 0 - 0 前半
後半 0 - 1 後半
1
J1リーグ戦 第15節<br /> 横浜F・マリノス戦横浜F・マリノス
KICKOFF
得点者 88分:天野 純
69分:中島 翔哉→阿部 拓馬
77分:東 慶悟→永井 謙佑
84分:橋本 拳人→梶山 陽平
選手交代 82分:ウーゴ ヴィエイラ→富樫 敬真
11 シュート 8
12 GK 10
3 CK 4
16 直接FK 10
2 間接FK 1
2 オフサイド 1
0 PK 0
24分:室屋 成
54分:太田 宏介
警告
退場
Nr Pos Change Name SH
33GK林 彰洋
2DF室屋 成
3DF森重 真人
4DF吉本 一謙
6DF太田 宏介1
37MF橋本 拳人
8MF高萩 洋次郎
38MF東 慶悟
13MF大久保 嘉人4
23MF中島 翔哉3
9FWピーター ウタカ3
1Sub/GK大久保 択生
5Sub/DF丸山 祐市
22Sub/DF徳永 悠平
10Sub/MF84分梶山 陽平
15Sub/MF77分永井 謙佑
44Sub/MF69分阿部 拓馬
20Sub/FW前田 遼一
Nr Pos Change Name SH
21GK飯倉 大樹
13DF金井 貢史
4DF栗原 勇蔵
22DF中澤 佑二
24DF山中 亮輔
8MF中町 公祐
6MF扇原 貴宏1
10MF齋藤 学3
14MF天野 純2
20MFマルティノス1
7FWウーゴ ヴィエイラ1
31Sub/GK杉本 大地
2Sub/DFパク ジョンス
15Sub/DF新井 一耀
23Sub/DF下平 匠
18Sub/MF遠藤 渓太
25Sub/MF前田 直輝
17Sub/FW82分富樫 敬真

【ハイライト映像】


【選手・監督コメント】

《大久保嘉人選手》
「……入らなかった。今日はオレのせい。
 ファン・サポーターのみんなに申し訳ない。

 でも、これがFW。こういう日もある。
 これまでも、何本も外して、何本も決めてきた。
 今日のことは反省して、次は点を取ってチームを勝たせたい。
 切り替えて、次に向けてやり続けるしかない。

(ウタカからのパスが来たシーンは?)
 前に相手DFがいて、下がスリッピーなこともあり、上手く合わせることができなかった。
 それは反省しなければならない。

 何より、これまでよりもチャンスは増えていた。
 全部カウンターだったけれど、そこで決めることができれば、チームとしての自信にもなる。オレが決めていれば……という気持ちしかない。

(ウタカとのコンビネーションについて)
 ウタカはボールをキープできるし、周りが見えている。
 問題ないと思う。

(カウンター以外でゴールを取るためには?)
 中盤で相手にはめられても、逆サイドに出せば大きなチャンスになる……ということが何度もあった。1本のパスでガラッと絵が変わることもある。
 そこは個人の問題でもあるが、それができれば、チームとしてどう戦いたいのかが見えてくると思う。もっと良くなっていくはず」


《高萩洋次郎選手》
「敗れたことは残念で申し訳ないが、中断期間を経て新たな収穫もあったと思う。
一つは攻撃面。僕自身が相手のあいだでボールを受けて、前線に縦パスを入れる場面が増えてきた。
 もう一つは守備面。ボールを奪いにいくだけでなく、それができない時にもバタバタするような展開は少なかったと思う。
 落ち着いたゲームができたことは、チームとしての向上。

(横浜FMに中央を固められていたが、攻撃のスイッチを入れる役割としては?)
 縦パスは入れられるようになってきた。
 課題としては、入れた後にもう一度リターンを受けたり、そこから外を使えれば、サイドが空いてきたはず。
 中央を崩しきれればいいが、それができない時にサイドに展開する。その精度は僕自身の課題でもある。そこを高めていきたい。

(カウンター時のパスが引っかかる場面があったが?)
 それは『チャレンジ』のパス。そこを通せれば『決定的になる』というところを狙っている。その精度は僕自身の問題。

(カウンター時の周りの攻め上がりに関してどう感じたか?同じようなスピードやタイミングで攻め上がっていたようにも見えたが?)
 もっと早いタイミングでパスを出すのか、相手DFを引き付けて出すのか……というのは、もう少し周りとすり合わせていきたい。

(ボールを保持した時に、2トップにパスが集まらないことも多いが?)
 前の選手の能力を、僕らが活かしきれていない、チームとして活かしきれてない部分もあるかもしれない。
 ただ、今日のような展開であれば、どこかの時間帯で『行ったり来たり』になり、カウンターの応酬になる。そこでチャンスを作ることができたたことも事実。
 僕自身は、相手のカウンターを遅らせ、セカンドボールを拾っていくことも自分の仕事だと考えていた。
 こういうサッカーを続けていれば、カウンターで点を取ることが必要になる。
 その数をもっと増やしていくことで、得点も増やせると思っている」


《篠田 善之監督の会見要旨》
「0-1という結果は非常に悔しい。ただし、この結果は自分達が招いたことなので、全員でしっかりと受け止めて取り組んでいきたい。そして、ホームのファン・サポーターの前での敗戦は非常にダメージが大きいが、我々は前を向いてやっていくしかないので、継続してやっていきたいと思う。
マリノスと戦う時は、我慢比べのような試合になることが多い。失点の場面は、自分たちのミスから。スローインのボールを後ろに下げて、そこで奪われて失点してしまった。そこはしっかりとボールを前に運ぶことをあの時間帯は考えなければいけなかった。
相手が引いてブロックを崩すシーンも何度かあったが、最終的にゴールをこじ開けられなかったことは、まだ何か足りないものがあるということ。
攻撃の部分で、良い部分もあったが、今日はゴールが遠かった。
またすぐに天皇杯があるが、味の素スタジアムで試合が出来るので、しっかりとファン・サポーターの前で勝利をみせられる様にやっていきたい」

《質疑応答》
Q=攻撃の上手くいった点は?

「相手を押し込んだ時に、ウタカを経由して、サイドから攻めることが出来たり、もう1枚絡んでシュートまでというシーンは作れた。
ただ翔哉や慶悟、嘉人もそうだが、間でボールを受けて、運んで、そこから先というところで、もう一歩という感じはあるが、トレーニングでやってきた内容も出すことが出来た。ゴールを取れなければ何の意味も無いが、それは継続してやっていきたい。
マリノスは守備が堅く、カウンターが非常に長けているチームだが、我慢比べで負けてしまったことが今日の敗戦の理由の一つかなと思う」



《横浜FM・エリク モンバエルツ監督の会見要旨》
「自分達がボールをしっかりとポゼッションしてコントロールしたいと思っていた。特に後半はそれが出来た。自分達がゴールに繋げられたことは論理的だったと思う」


Q=守備での対策と、後半の指示は?
「守備に関しても攻撃に関しても特に指示をしたというわけではない。
良い守備をするにはしっかりと中を締めるということは必要なことで、普段の練習から意識してやっていること。
東京は特にインサイドの縦パスからスピードアップをしてくるので、今日は特にそのことが重要だった。
サイドでスピードある攻撃をするということは、自分たちの一つの攻撃のポイントで、重要なことなので、これも普段からトレーニングしている事。そして、毎試合毎試合さらにこの攻撃の質を高めていきたい」


  • NEWS
  • 選手・スタッフ
  • チケット・観戦
  • 試合日程
  • 試合結果
  • 記録・データ
  • U-18 U-15 試合結果
  • トレーニングスケジュール
  • ファンゾーン
  • ホームタウン活動
  • スクールご紹介
  • スクールへの入会
  • バレーボール
  • クラブ情報
東京ドロンパ このページの先頭に戻る
F.C.TOKYO Copyright Tokyo Football Club Co.,Ltd. All Rights Reserved. 個人情報について