Englishご意見箱
11.26 13:00 KICK OFF
明治安田生命J1 第33節
VS サンフレッチェ広島
エディオンスタジアム広島
U23
明治安田生命J1 第32節
11.18 14:00 KICK OFF
2 1
ベストアメニティスタジアム

終了間際に1点を返すも、同点には至らず競り負ける。

公式ケータイサイト
青赤日記 バレーボール
試合・練習A GAME AND PRACTICE

試合結果
J1リーグ戦 第14節

2017年度の一覧に戻る

2017年06月04日 IAIスタジアム日本平 ( Away ) 13:03キックオフ
大久保(嘉)の2ゴールでリーグ戦4試合ぶりの勝利!!
観衆 13,442人 天候 晴、中風 気温 23.2度 湿度 55% 主審:家本 政明 副審:相樂 亨/堀越 雅弘
J1リーグ戦 第14節<br /> 清水エスパルス戦FC東京
2
試合終了
前半 0 - 0 前半
後半 2 - 0 後半
0
J1リーグ戦 第14節<br /> 清水エスパルス戦清水エスパルス
KICKOFF
68分:大久保 嘉人
84分:大久保 嘉人
得点者
59分:前田 遼一→ピーター ウタカ
87分:中島 翔哉→米本 拓司
90+2分:東 慶悟→永井 謙佑
選手交代 20分:白崎 凌兵→北川 航也
72分:枝村 匠馬→村田 和哉
82分:六平 光成→長谷川 悠
8 シュート 4
16 GK 9
2 CK 3
12 直接FK 14
1 間接FK 1
1 オフサイド 1
0 PK 0
警告
退場
Nr Pos Change Name SH
33GK林 彰洋
2DF室屋 成
3DF森重 真人1
4DF吉本 一謙
6DF太田 宏介1
8MF高萩 洋次郎
37MF橋本 拳人
38MF東 慶悟1
13MF大久保 嘉人3
23MF中島 翔哉2
20FW前田 遼一
1Sub/GK大久保 択生
5Sub/DF丸山 祐市
22Sub/DF徳永 悠平
7Sub/MF87分米本 拓司
10Sub/MF梶山 陽平
15Sub/MF90+2分永井 謙佑
9Sub/FW59分ピーター ウタカ
Nr Pos Change Name SH
13GK六反 勇治
5DF鎌田 翔雅
16DF村松 大輔1
45DF角田 誠
25DF松原 后
7MF六平 光成
20MF竹内 涼1
22MF枝村 匠馬
10MF白崎 凌兵
8MFチアゴ アウベス1
19FWミッチェル デューク
21Sub/GK高木和 徹
4Sub/DFカヌ
27Sub/DF飯田 貴敬
11Sub/MF72分村田 和哉
30Sub/MF金子 翔太
23Sub/FW20分北川 航也
18Sub/FW82分長谷川 悠1

【ハイライト映像】


【選手・監督コメント】

《大久保嘉人選手》
(2点目のシーンについて)
「相手がついてきているのはわかったが、そこまでボールアタックに来なかったので、落ち着いて決めることが出来た」

(今日の試合を振り返って)
「まだまだ中盤でのミスが多く、守備の部分での負担が多くなってしまっている。1点目、2点目を取った時の落ち着きを出していかないと、これから上にはいけないと思う」

(点を取ってからの展開には手応えが?)
「そうですね。2点目を取ってからエスパルスは前に行かなければいけないし、出てきたところにギャップが出来て、そこを使うことが出来る。それはゲームの最初から出来ることなので、そこをもっと意識してプレーしていきたい」


《中島翔哉選手》
(リーグ戦久しぶりのスタメンになりましたが)
「ルヴァンカップでは出場していたし、自分の中ではリーグとルヴァンは区切っていないので、コンディションも悪くなかった。ただ、メンバーは違ったので、そこは意識して試合に入った」

(球離れなどが良くなったイメージがあるが、自分の中で意識の変化はあるか?)
「状況に応じてプレーを選択するということは考えてプレーしている。流れが良い時には、その流れに乗るということも必要だと思う。今はチームの流れに上手く乗ってプレー出来ていると思う」

(ゴールを取るというところが今の課題?)
「そうですね。ただ、柔軟にプレーしなければいけないし、今までやってきたことと、違う状況になる時がサッカーにはあると思うので、そこはその都度判断を変えて、正しい選択が出来るようにやっていきたい」


《篠田 善之監督の会見要旨》
「選手とサポーターのみなさんの後押しで、勝点3をこの場所で取れたことは非常に良かった。この暑さのなか、遠いところまでファン・サポーターのみなさんには足を運んでいただき、一緒に選手と戦ってくれたことに感謝したい。試合は、立ち上がりは風下ということもあって長いボールから押し込まれるシーンがあったけれど、徐々に自分たちのペースにゲームをコントロールすることができた。相手は4-4-2のブロックを作ってきて、崩すというのはなかなか難しかったが、何度かサイドや中央からの崩しを見せられた。カウンターから得点をあげることができたのは、本当に良かったし、追加点をあげられたというのは最近の試合ではなかったことなので、チームにとってはとても前向きに考えている。1試合を通して見ると、まだまだミスもあるし、もっと落ち着いてゲームを運べるだろうし、もっと前にアグレッシブにいけるだろう。色々なことが今日の試合で見えたと思うので、中断の間にしっかり頭と体を切り替えて、次の試合に向けて全員で準備したいと思う」

《質疑応答》
Q=いろいろなことが今日の試合で見えたと言われたが、大久保(嘉)選手についてはどうか?
「もちろん(大久保)嘉人の技術の高さというのは、いろんな場面で見えるけど、やはりPAの中やPA付近での技術を持っている。
今日やってほしかったのは(大久保が)サイドに流れずに、(中島)翔哉や(東)慶悟がサイドに流れて行く。もちろん嘉人にも相手のサイドバックの背後にフリーランニングはしてもらうんだけれど、今までは嘉人が流れることが非常に多かった。今日は翔哉や慶悟、あるいは(前田)遼一にサイドで起点を作ってもらい、最後は嘉人が(ゴールを)決めるのが良いのかなと。
ただ、彼は本当に色々な経験をしてきて、ゲームの流れを把握することができますし、時には少し下がってボールを触ったり、今日の得点のようにカウンターを狙っているというのは、彼が持っている感覚ですし、チームもそこをうまく活かそうとしているので、それが徐々に出来てきている。
ただ、もっと縦にボールを入れるタイミングや追い越すタイミングはあるので、今日はうまくいった部分はあるけれど、まだまだ課題はたくさんあると思うので、そういった意味で『いろんなことが今日見えた』という発言だった」


《清水・小林 伸二監督の会見要旨》
「水曜日に勝てていたので、むこうも堅い布陣で来たと思う。そういう意味では、しっかりバランス良く守れて、攻撃もという少し堅いゲームになったと思う。ついつい前がかりになってしまい、カウンターから失点しまうのはもったいなかった。そういう意味では、ボールを奪う、遅らせる、ゴールを守るというところの判断を的確にするというところや、1対1の対応のちょっとしたところが、守備になると緩いというところがまだ出てくる。
2点目については、システムを変えたときにやられたので、もったいなかったなと。もう少しあの形で攻める形を作れれば良かったが、その前にやられてしまった。
なかなか前に、持っていけそうでいけないというのが今日は多く、あまり機能的な攻撃ができなかった。
ちょっと堅いゲームになってしまったが、切り替えて次の2週間後のセレッソ戦に向けて準備していきたい」

《質疑応答》
Q=エースの鄭大世選手を欠いたことはどう影響しましたか?
「当然エースで、前で張って動き回ってくれるので、すごく重要な選手だが、合わせて白崎も途中でケガをしたということで、あの時点で活動量とパワーのある選手が2枚欠けたというのは、もったいなかった。デュークも決して悪くはなかったが、(白崎の負傷で)デュークを(中盤の左に)落として、(北川)航也を早い時間から入れなければいけなかったのは、少しキツかった。そういう意味では、90分通して見るとパワー不足になってしまったなという感じがする」


  • NEWS
  • 選手・スタッフ
  • チケット・観戦
  • 試合日程
  • 試合結果
  • 記録・データ
  • U-18 U-15 試合結果
  • トレーニングスケジュール
  • ファンゾーン
  • ホームタウン活動
  • スクールご紹介
  • スクールへの入会
  • バレーボール
  • クラブ情報
東京ドロンパ このページの先頭に戻る
F.C.TOKYO Copyright Tokyo Football Club Co.,Ltd. All Rights Reserved. 個人情報について