Englishご意見箱
9.23 土祝 16:00 KICK OFF
明治安田生命J1 第27節
VS 柏レイソル
日立柏サッカー場
U23 公式ケータイサイト
青赤日記 バレーボール
試合・練習A GAME AND PRACTICE

試合結果
J1リーグ戦 第12節

2017年度の一覧に戻る

2017年05月20日 ノエビアスタジアム神戸 ( Away ) 19:04キックオフ
勝ち越し点を奪えず、勝点1に終わる。
観衆 24,814人 天候 晴、無風 気温 22度 湿度 71% 主審:西村 雄一 副審:清水 崇之/大川 直也
J1リーグ戦 第12節<br /> ヴィッセル神戸戦FC東京
KICKOFF
1
試合終了
前半 1 - 0 前半
後半 0 - 1 後半
1
J1リーグ戦 第12節<br /> ヴィッセル神戸戦ヴィッセル神戸
14分:永井 謙佑
得点者 63分:渡邉 千真
69分:永井 謙佑→中島 翔哉
74分:東 慶悟→徳永 悠平
79分:前田 遼一→ピーター ウタカ
選手交代 56分:松下 佳貴→ウエスクレイ
67分:大森 晃太郎→小林 成豪
80分:中坂 勇哉→田中 順也
8 シュート 13
8 GK 9
4 CK 6
22 直接FK 7
0 間接FK 0
0 オフサイド 0
0 PK 0
警告59分:高橋 秀人
76分:伊野波 雅彦
退場
Nr Pos Change Name SH
33GK林 彰洋
2DF室屋 成1
3DF森重 真人
5DF丸山 祐市
6DF太田 宏介2
27MF田邉 草民
8MF高萩 洋次郎2
15MF永井 謙佑1
13MF大久保 嘉人1
38MF東 慶悟1
20FW前田 遼一
1Sub/GK大久保 択生
22Sub/DF74分徳永 悠平
7Sub/MF米本 拓司
10Sub/MF梶山 陽平
23Sub/MF69分中島 翔哉
37Sub/MF橋本 拳人
9Sub/FW79分ピーター ウタカ
Nr Pos Change Name SH
18GKキム スンギュ
6DF高橋 峻希
5DF岩波 拓也1
39DF伊野波 雅彦
22DF橋本 和
7MFニウトン3
16MF高橋 秀人1
23MF松下 佳貴
31FW中坂 勇哉1
19FW渡邉 千真3
29FW大森 晃太郎
1Sub/GK前川 黛也
4Sub/DF北本 久仁衛
8Sub/MF56分ウエスクレイ1
15Sub/MF67分小林 成豪2
24Sub/MF三原 雅俊
13Sub/FW小川 慶治朗
21Sub/FW80分田中 順也1

【ハイライト動画】


【選手・監督コメント】

《林彰洋選手》
(試合を振り返って)
「前半凄く良いサッカーが出来ているということは、中にいる自分達も感じていた。ただ、途中からリスクを恐れて、サッカーが少し変わってしまったと感じる。前半の戦い方を後半も出来れば、相手にとっても恐怖になると思うし、このサッカーを突き詰めていくことが出来れば、チームとしてもう1段階上のレベルにいけると思う」

(上位を争うチーム相手にこの結果はどう感じているか?)
「負けなかったことと、連敗しなかった部分については良かったと思う。柏との試合は何も出来ず負けてしまったという感じだったし、僕自身も悔いの残る試合だった。今日の結果を次の試合、もっと上にいくための過程だと思って、トレーニングからしっかりやっていきたい」


《永井謙佑選手》
(ゴールを改めて振り返って)
「遼一さんがうまくフリックしてくれて、ゴールキーパーのポジションが前なのも見えていたので。シュートを打って終わろうかなと思って、打った」

(試合前にあのような背後への動きが大事になると言っていたが?)
「自分が裏に走ることで相手を引っ張り、そこにできたスペースで嘉人さんだったり、遼一さんが前半は受けてくれていた。相手の背後を突こうとは思っていたので、それがうまく出せて、イメージ通りのゴールだった」

(アウェイで勝ち点1という結果について)
「失点してからは、なかなか攻撃できなくなくなったし、最後はアキくんに助けられた部分もかなりあるので、攻撃陣はしっかり追加点を取れるようにしたい」

(個人的にはリーグ初得点ですが?)
「そうですね。得点できてホッとしている」


《篠田 善之監督の会見要旨》
「立ち上がりから神戸のスペースをうまく見つけて、ゲームを進められたと思っている。相手が4-4-2にシステムを変えたところまでは想定内でゲームは進んだと感じる。得点をあげてから、前半のうちに2点目、あるいは3点目、後半の立ち上がりなどのチャンスを決め切らないと何が起こるかわからない展開のゲームになってしまった。あとは、単純なミスが多く、ボールを失う場面がまだまだあるので、気持ちを切り替えてもう一度どういうサポートをしたらいいのか、個人的なミスなのか、周りなのかをしっかりと見極めながら、次のゲームに向かって全員で準備をしたいと思う」

《質疑応答》
Q=後半のベンチワークについて
「システムを変えて、サイドの選手が高い位置を取るということは準備してきたことだし、どのゲームでもちょっとずつやってはいるが、(ピーター)ウタカや(前田)遼一の周りにシャドーの(中島)翔哉と(大久保)嘉人が良い距離でサポートして、アタックにいきたかった。良い部分とそれをやることによって、ゲームがあのようにオープンな内容になってしまった。やはり我々もゴールを取りに行ったし、神戸も取りにきた。ちょっとオープンで雑な部分もあるのだけれど、見応えもあっただろうし、改めて我々はもっと仕掛けなきゃいけないし、もっとゴールを決める作業をどんどん増やしていかなければいけない」


《神戸・ネルシーニョ監督の会見要旨》
「今日は前半も良かったと思うが、求めていたインテンシティが出ていなくて、特に守備の際の球際の強さが出せていなかった。そういうところから相手にボールを持たせてしまい、スペースを与える結果になったと思う。後半はハーフタイムにもそこを話したし、選手たちも前線からのプレスを強めて、相手のミスも誘うことができるようになり、流れも持って来ることができる内容になった。その流れの中でチャンスはいくつもあって決められはしなかったけれど、後半だけを見ればお互いにビッグゲームになったと思う。点が取れなかったので1-1で終わってしまったゲームだった」

《質疑応答》
Q:上位勢同士の勝負で1-1のドローですが、それをポジティブに捉えているのか?
「数字だけを見ればポジティブではないが、終始勝ちを求めてプレーした選手たちに関してはポジティブだった。後半は勇気も気迫も集中力も全面に出して、最後まで勝つために全員がプレーしたと思う」


  • NEWS
  • 選手・スタッフ
  • チケット・観戦
  • 試合日程
  • 試合結果
  • 記録・データ
  • U-18 U-15 試合結果
  • トレーニングスケジュール
  • ファンゾーン
  • ホームタウン活動
  • スクールご紹介
  • スクールへの入会
  • バレーボール
  • クラブ情報
東京ドロンパ このページの先頭に戻る
F.C.TOKYO Copyright Tokyo Football Club Co.,Ltd. All Rights Reserved. 個人情報について