Englishご意見箱
『2017 FC東京ドイツ遠征 presented by DMM.com』 親善試合
7.19 18:00 KICK OFF
2 5
ASV Grassau

後半に大量失点を許し敗戦

ホームゲームチケット情報 お知らせ
応援ツアー
FC東京市民スポーツボランティア FC東京パーク府中 FCTOKYOペーニャ 法人年間チケット ワンタッチパスマイページ U-15深川セレクション受付中! U-15むさしセレクション受付中!
試合・練習A GAME AND PRACTICE

試合結果
J1リーグ戦 第8節

2017年度の一覧に戻る

2017年04月22日 デンカビッグスワンスタジアム ( Away ) 16:03キックオフ
アグレッシブな攻撃で3得点を奪い快勝!!
観衆 18,292人 天候 晴、無風 気温 13.2度 湿度 56% 主審:村上 伸次 副審:中井 恒/武田 光晴
J1リーグ戦 第8節<br /> アルビレックス新潟戦FC東京
3
試合終了
前半 1 - 0 前半
後半 2 - 0 後半
0
J1リーグ戦 第8節<br /> アルビレックス新潟戦アルビレックス新潟
KICKOFF
28分:太田 宏介
69分:橋本 拳人
82分:大久保 嘉人
得点者
56分:梶山 陽平→高萩 洋次郎
58分:河野 広貴→永井 謙佑
90+2分:前田 遼一→阿部 拓馬
選手交代 70分:チアゴ ガリャルド→田中 達也
78分:ホニ→鈴木 武蔵
84分:山崎 亮平→大野 和成
6 シュート 11
9 GK 8
0 CK 5
12 直接FK 18
6 間接FK 2
2 オフサイド 2
1 PK 0
45+3分:河野 広貴
65分:橋本 拳人
警告26分:山崎 亮平
55分:ホニ
74分:ロメロ フランク
退場
Nr Pos Change Name SH
33GK林 彰洋
22DF徳永 悠平
3DF森重 真人
5DF丸山 祐市
6DF太田 宏介2
37MF橋本 拳人1
10MF梶山 陽平1
17MF河野 広貴
13MF大久保 嘉人1
38MF東 慶悟
20FW前田 遼一1
1Sub/GK大久保 択生
2Sub/DF室屋 成
8Sub/MF56分高萩 洋次郎
15Sub/MF58分永井 謙佑
23Sub/MF中島 翔哉
44Sub/MF90+2分阿部 拓馬
9Sub/FWピーター ウタカ
Nr Pos Change Name SH
1GK大谷 幸輝
19DF矢野 貴章
50DF富澤 清太郎
4DFソン ジュフン2
34DF原 輝綺
30MFロメロ フランク3
8MF小泉 慶
13MF加藤 大
9MF山崎 亮平
10FWチアゴ ガリャルド3
7FWホニ3
21Sub/GK守田 達弥
2Sub/DF84分大野 和成
27Sub/DF堀米 悠斗
15Sub/MF本間 勲
14Sub/FW70分田中 達也
16Sub/FW平松 宗
49Sub/FW78分鈴木 武蔵

【ハイライト映像】


【選手・監督コメント】

《橋本拳人選手》
(ゴールについて)
ボールが上がってきそうなところに上手く入っていくことが出来た。太田選手から良いボールが来たので、流し込むだけでした。

(試合について)
相手のロングボールが多く、そのセカンドボールの拾い合いになる時間が多かった。
もう少しボールをキープする時間を増やして、自分たちの時間を多くしたいと思う。
そのためにも、もっとボールを落ち着かせたり、相手の勢いを止めるようなボールコントロールというところは、課題だと感じた。

《大久保嘉人選手》
(今日の試合について)
両チームともロングボールが多い試合になったが、その中でも最終的に3-0で勝てたことは大きかった。

(河野選手との距離感について)
河野は常に見てくれていると感じる。どんどん中に入ってきてくれて、間で受けようとしてくれたので、距離感が良くなった。

(今日の試合で意識したことは)
今日は、裏に抜け出すこととしっかりプレスをかけることを強く意識して試合に入った。
それを自分がやることによってチームのチカラになることが出来れば良いと思っていたし、これからもそれは続けていきたい。

(得点シーンについて)
後半の途中から相手も間延びして、2点目を取る少し前から、前線の距離感が凄く良くなった。
あれだけ距離感が良ければ相手を崩せると思うし、あの距離感を前半から出していきたい。
今日は相手の足が止まってきたからあの距離感になったが、それでは強いチームには通用しないので、そこはもっと意識していきたい。


《篠田 善之監督の監督会見要旨》
「大変難しいゲームになると予想していたが、予想以上に手こずったかなと思う。
それでも相手の長いボールやロングスローに対して、辛抱強く凌いで自分たちの時間に少しずつできた。
点差は開いたが、決してそういうゲームではなかったと思っている。まだまだ我々はやるべきことはあるし、この勝ち点3はとにかく選手たちの辛抱強さと前向きな姿勢がもたらしたものだと感じる。
ファン・サポーターのみなさまも最後まで後押ししてくれて、本当に価値のある勝ち点3だと考えて、また次の試合向けて準備したい」


《新潟・三浦 文丈監督の会見要旨》
「選手はゲームに集中して入ってくれたと思う。前半は、われわれがエリアの中に何回も侵入して、チャンスをつくった中で、なかなか決め切ることができず、本当にワンチャンスをフリーキックで決められて、前半が終わった。ハーフタイムにも、「内容自体は悪くないし、本当にあれだけだったので、まず1点、同点に追いついたらこの試合、絶対逆転できる」と送り出した。選手もそれを感じ取って、後半の入りも本当によく、自分たちの時間帯だったが、前線の選手、とくにチアゴやホニあたりが疲れてきて、(田中)達也を入れようとした矢先に一瞬の隙を突かれて2失点目を喫してしまった。そのあと、なかなかひっくり返すことができなかった。最後のところは相手にゲームをコントロールされてしまったなという試合だった」


  • NEWS
  • 選手・スタッフ
  • チケット・観戦
  • 試合日程
  • 試合結果
  • 記録・データ
  • U-18 U-15 試合結果
  • トレーニングスケジュール
  • ファンゾーン
  • ホームタウン活動
  • スクールご紹介
  • スクールへの入会
  • バレーボール
  • クラブ情報
東京ドロンパ このページの先頭に戻る
F.C.TOKYO Copyright Tokyo Football Club Co.,Ltd. All Rights Reserved. 個人情報について