Englishご意見箱
ホームゲームチケット情報 お知らせ
応援ツアー
FC東京市民スポーツボランティア FC東京パーク府中 FCTOKYOペーニャ 法人年間チケット ワンタッチパスマイページ
試合・練習A GAME AND PRACTICE

試合結果
J1リーグ戦 第7節

2017年度の一覧に戻る

2017年04月16日 味の素スタジアム ( Home ) 14:04キックオフ
後半に攻勢をかけるも、得点を奪えず敗戦。
観衆 38,248人 天候 晴、弱風 気温 26.3度 湿度 30% 主審:家本 政明 副審:五十嵐 泰之/植田 文平
J1リーグ戦 第7節<br /> 浦和レッズ戦FC東京
KICKOFF
0
試合終了
前半 0 - 1 前半
後半 0 - 0 後半
1
J1リーグ戦 第7節<br /> 浦和レッズ戦浦和レッズ
得点者 14分:興梠 慎三
63分:永井 謙佑→中島 翔哉
80分:阿部 拓馬→ユ インス
84分:徳永 悠平→太田 宏介
選手交代 51分:菊池 大介→関根 貴大
76分:ラファエル シルバ→青木 拓矢
80分:興梠 慎三→李 忠成
8 シュート 9
6 GK 14
1 CK 6
16 直接FK 19
2 間接FK 3
2 オフサイド 2
0 PK 0
警告
退場
Nr Pos Change Name SH
33GK林 彰洋
22DF徳永 悠平
3DF森重 真人
5DF丸山 祐市
2DF室屋 成
10MF梶山 陽平1
37MF橋本 拳人2
15MF永井 謙佑1
38MF東 慶悟2
44MF阿部 拓馬1
20FW前田 遼一
1Sub/GK大久保 択生
4Sub/DF吉本 一謙
6Sub/DF84分太田 宏介
23Sub/MF63分中島 翔哉1
17Sub/MF河野 広貴
27Sub/MF田邉 草民
21Sub/FW80分ユ インス
Nr Pos Change Name SH
1GK西川 周作
46DF森脇 良太
6DF遠藤 航1
5DF槙野 智章1
38MF菊池 大介
10MF柏木 陽介1
22MF阿部 勇樹
3MF宇賀神 友弥
9MF武藤 雄樹1
30MF興梠 慎三3
8FWラファエル シルバ1
25Sub/GK榎本 哲也
4Sub/DF那須 大亮
15Sub/MF長澤 和輝
16Sub/MF76分青木 拓矢1
24Sub/MF51分関根 貴大
20Sub/FW80分李 忠成
21Sub/FWズラタン

【ハイライト映像】


【選手・監督コメント】

《林彰洋選手》
「失点は本当に残念だし、悔しい。
 失点に関しては、2つの場面でミスがあったと思う。 
 1つは、ゴール前での距離感や準備について。
 もう少し立ち上がりから、相手の強さや出て来る速さを感じ取っていれば、上手く距離をとって、身体の向きを含めて準備ができたはず。
 もう1つは、攻めている時の奪い合いで相手を抑えきることができなかった。
 2つ、3つとプレスを掛けきれず、そのまま僕たちのゴール前まで攻め込まれてしまった。
 ただ、2つのミスはあったけれど、それを差し置いても追いつけるチャンスはあったと思う。
 僕たちのチームは今こそ、変わるべきだし、変わることのできる可能性をすごく感じた。
 前線はさらにアグレッシブに、後ろはより強固に、全員で変わっていけるはず。その意味で手応えのあったゲームだった」

《阿部拓馬選手》
「負けたことが悔しい。特に得点を奪えずに終わったので…。

(今日の攻撃面に関して)
 奪ったあとに積極的にショートカウンターを仕掛けていくことと、落ち着いてボールを回しながら相手の背後を狙うこと、その両方を意識していた。個人的には、ピッチに立つ選手の特長を活かすことも心掛けていた。
 実際にチャンスもあったが、最後の精度が課題だと思う。
 立ち上がりに自分にも絶好のシュート機会があり、あそこでしっかりと決めなければいけなかったと反省している。
 この試合に向けて、チームとしてどのように戦うかを、みんなで話し合ってきた。そのベースはできていたと思う。
 ただ、得点を取らなければ勝てない。そこは改めて話し合い、次への課題としたい」


《篠田 善之監督の会見要旨》

「どの試合も負けることは本当に悔しいし、何とも言えない感情がありますけれども、いろいろなことをポジティブに考えてこの先に進んでいきたい。サポーターのみなさんも最後まで後押ししてくれたのですが、勝利をプレゼントする事ができずに残念。
ゲームは、立ち上がりから相手にプレスを掛けることはうまくできたと思うし、決定機もいくつかありましたが、その決定機を決めるか決めないかでゲームは左右されるし、逆に相手のワンチャンスというかカウンターをそのままゴールにされてしまったことは、まだまだだなと思う。ただ、前節の敗戦に比べれば、いろいろなことがポジティブに捉えられるし、とにかく次に向けて顔を上げてやっていきたい。

(ポジティブに捉えているとはどの部分ですか?)
しっかりと90分間、選手が全員意図することはやってくれた。ただ、今度はブロックを作られた時に崩すことや、最終ラインの仕掛けのパスやドリブルだったり、色んなことが出来なかった。
出来ている部分もあったが、出来ていない部分もやはりあったのではないかと思う。
ポジティブに色々と考えているという所は、いろいろとオープンな展開になる中で、1失点でゲームを進められたこと。あと、選手はこの1週間へこたれることなく前向きにトレーニングしてくれた。そういったところをポジティブに捉えている。


《浦和・ミハイロ ペトロヴィッチ監督の会見要旨》

FC東京の試合はいつも厳しい試合になるが、今日もそういったゲームになった。
これまでのFC東京の対戦というのは、内容的にはもっと良いゲームが多かったと思うが、今日のゲームは、互いに走り、闘う試合になった。
我々は火曜日にACLで上海と対戦して、非常にハードな試合の後の連戦だったが、我々は走り、闘い、そしてプロフェッショナルに3ポイントを奪いにいく戦いの中で、しっかりと勝利することが出来た。
今日は気温が上がり、選手の消耗がかなりあったが、連戦の中で最後まで戦い抜いた選手たちの姿勢は賞賛したい。





  • NEWS
  • 選手・スタッフ
  • チケット・観戦
  • 試合日程
  • 試合結果
  • 記録・データ
  • U-18 U-15 試合結果
  • トレーニングスケジュール
  • ファンゾーン
  • ホームタウン活動
  • スクールご紹介
  • スクールへの入会
  • バレーボール
  • クラブ情報
東京ドロンパ このページの先頭に戻る
F.C.TOKYO Copyright Tokyo Football Club Co.,Ltd. All Rights Reserved. 個人情報について