Englishご意見箱
ホームゲームチケット情報 お知らせ
応援ツアー
FC東京市民スポーツボランティア FC東京パーク府中 FCTOKYOペーニャ 法人年間チケット ワンタッチパスマイページ
試合・練習A GAME AND PRACTICE

試合結果
J1リーグ戦 第6節

2017年度の一覧に戻る

2017年04月08日 札幌ドーム ( Away ) 19:03キックオフ
後半に逆転を許し、悔しい敗戦を喫する。
観衆 16,948人 天候 屋内、無風 気温 22.9度 湿度 50% 主審:松尾 一 副審:八木 あかね/平間 亮
J1リーグ戦 第6節<br /> 北海道コンサドーレ札幌戦FC東京
KICKOFF
1
試合終了
前半 1 - 1 前半
後半 0 - 1 後半
2
J1リーグ戦 第6節<br /> 北海道コンサドーレ札幌戦北海道コンサドーレ札幌
8分:東 慶悟
得点者 42分:ジュリーニョ
59分:都倉 賢
46分:田邉 草民→梶山 陽平
55分:中島 翔哉→ピーター ウタカ
66分:東 慶悟→徳永 悠平
選手交代 69分:兵藤 慎剛→前 寛之
75分:ジュリーニョ→菅 大輝
84分:都倉 賢→河合 竜二
8 シュート 20
6 GK 9
2 CK 7
9 直接FK 8
0 間接FK 2
0 オフサイド 2
0 PK 0
20分:田邉 草民
33分:林 彰洋
警告53分:都倉 賢
退場
Nr Pos Change Name SH
33GK林 彰洋
2DF室屋 成1
3DF森重 真人
5DF丸山 祐市
6DF太田 宏介
27MF田邉 草民
37MF橋本 拳人1
38MF東 慶悟1
23MF中島 翔哉
44MF阿部 拓馬2
13FW大久保 嘉人2
1Sub/GK大久保 択生
4Sub/DF吉本 一謙
22Sub/DF66分徳永 悠平
10Sub/MF46分梶山 陽平1
15Sub/MF永井 謙佑
9Sub/FW55分ピーター ウタカ
20Sub/FW前田 遼一
Nr Pos Change Name SH
25GKク ソンユン
20DFキム ミンテ
2DF横山 知伸
24DF福森 晃斗
26MF早坂 良太2
27MF荒野 拓馬2
10MF宮澤 裕樹1
6MF兵藤 慎剛1
3MF田中 雄大2
9FW都倉 賢7
7FWジュリーニョ5
1Sub/GK金山 隼樹
35Sub/DF進藤 亮佑
4Sub/MF84分河合 竜二
16Sub/MF69分前 寛之
44Sub/MF小野 伸二
13Sub/FW内村 圭宏
38Sub/FW75分菅 大輝

【ハイライト映像】


【選手・監督コメント】

《太田宏介選手》
(スコア、内容ともに厳しい結果になったと思うが)
「G大阪戦もそうでしたが、先制するまでの10分はかなりいい入り方ができたと思う。
ただ、どうしてもコンパクトに保てず、相手の2トップにボールが入るシーンを作らせてしまった。
1点をリードしている場面で、急ぐ必要がないところでも仕掛けてボールを奪われ、相手にリズムを渡してしまったとも感じる。
もっとみんなで話し合って修正していかなければいけないと思う」

(失点シーンについては)
「クロスからヘディングされてしまう場面が多かった。それは今日だけではなく鳥栖戦もそうだったと感じる。
まずはホールホルダーに対してしっかり寄せることと、ディフェンスラインをもう少し高く保ち、相手に自由を与えないことも必要だと思う。鳥栖戦を引き分けた後の今日の試合だったので意気込んでいたが、結果を出せていないことは受け止めなければいけない。篠田監督も試合前に『今日の試合は大事になる』と言っていましたけれど、自分たちで試合を苦しくしてしまったと思う」

(試合後の会見で篠田監督が『ここから立ち向かっていかないといけない』と話していたが、それをどう受け止める?)
「ゼロから積み上げていくつもりで集中してトレーニングしないといけないし、全員が一つにならないといけないと思う。FC東京はまだ強いチームではないので、しっかりと挑戦者の気持ちを持って強い気持ちで浦和戦に臨んでいきたいと思います」


《東慶悟選手》
「試合の立ち上がり、10分から15分くらいまでは、凄くリズムも良かった。そこまでは良かったが、それ以降は凄く押し込まれて、相手のロングボールやクロスからチャンスを作られてしまった。
そうなってしまった理由をみんなで話し合い、修正しなければいけないし、そうしないとまた同じような形でやられ方をしてしまう。
相手が蹴ってくるなら寄せないといけないし、前からプレスをかけて相手に自由に蹴らせないことが必要だと思う。
ただ、今日の試合ではそれが出来なかった。
それはチーム全員で意識しないといけないし、全員が泥臭く献身的にプレーしないと、相手にロングボールを蹴られてリズムを作られてしまう。
それが出来なかったことが今日の敗因のひとつだと思う」


《篠田 善之監督の会見要旨》
「 まずこの敗戦を、自分たちでしっかりと受け止めて、どうやって立ち向かっていくのかというのを考えたい。この結果を招いた責任は非常に大きいと自分でも感じている。
ただ、戦う部分だったり、セカンドボール、距離感、色々な部分でノッキングしたことは事実なので、もう一度そこに立ち向かう姿勢を取り戻すためにトレーニングを積んでいきたい。
遠くまで来て頂いたサポーターのみなさんに、本当にこの結果を持って帰るということは重たいなと今改めて感じている」


《札幌・四方田 修平監督の会見要旨》
「立ち上がりに不用意に失点し、苦しくなったが、逆にそれがきっかけになったのか、攻守ともに「取り返そう」という姿勢を出せたと思う。逆転勝ちできて、90分通して戦ってくれた選手の頑張りに感謝しているし、それを引き出してくれたサポーターに感謝したい。
狙いとしていた攻守を出せて、それが結果につながったということは良かったと思っている。」


  • NEWS
  • 選手・スタッフ
  • チケット・観戦
  • 試合日程
  • 試合結果
  • 記録・データ
  • U-18 U-15 試合結果
  • トレーニングスケジュール
  • ファンゾーン
  • ホームタウン活動
  • スクールご紹介
  • スクールへの入会
  • バレーボール
  • クラブ情報
東京ドロンパ このページの先頭に戻る
F.C.TOKYO Copyright Tokyo Football Club Co.,Ltd. All Rights Reserved. 個人情報について