Englishご意見箱
ホームゲームチケット情報 お知らせ
応援ツアー
FC東京市民スポーツボランティア FC東京パーク府中 FCTOKYOペーニャ 法人年間チケット ワンタッチパスマイページ
試合・練習A GAME AND PRACTICE

試合結果
J1リーグ戦 第5節

2017年度の一覧に戻る

2017年04月01日 味の素スタジアム ( Home ) 16:04キックオフ
試合終了間際に追いつかれ、勝点1にとどまる。
観衆 19,669人 天候 曇晴、無風 気温 11.4度 湿度 62% 主審:三上 正一郎 副審:前之園 晴廣/林 可人
J1リーグ戦 第5節<br /> サガン鳥栖戦FC東京
KICKOFF
3
試合終了
前半 0 - 1 前半
後半 3 - 2 後半
3
J1リーグ戦 第5節<br /> サガン鳥栖戦サガン鳥栖
70分:ピーター ウタカ
76分:橋本 拳人
86分:ピーター ウタカ
得点者 4分:豊田 陽平
88分:鎌田 大地
90分:趙 東建
46分:永井 謙佑→東 慶悟
58分:田邉 草民→ピーター ウタカ
85分:中島 翔哉→吉本 一謙
選手交代 65分:小野 裕二→福田 晃斗
82分:高橋 義希→田川 亨介
89分:原川 力→趙 東建
12 シュート 14
5 GK 10
9 CK 5
17 直接FK 12
3 間接FK 0
2 オフサイド 0
0 PK 1
3分:森重 真人
36分:永井 謙佑
警告44分:吉田 豊
退場
Nr Pos Change Name SH
33GK林 彰洋
2DF室屋 成
3DF森重 真人2
5DF丸山 祐市
6DF太田 宏介
27MF田邉 草民
37MF橋本 拳人3
15MF永井 謙佑
23MF中島 翔哉3
44MF阿部 拓馬2
13FW大久保 嘉人
1Sub/GK大久保 択生
4Sub/DF85分吉本 一謙
22Sub/DF徳永 悠平
10Sub/MF梶山 陽平
38Sub/MF46分東 慶悟
9Sub/FW58分ピーター ウタカ2
20Sub/FW前田 遼一
Nr Pos Change Name SH
33GK権田 修一
8DF藤田 優人
5DFキム ミンヒョク
29DF谷口 博之2
23DF吉田 豊
40MF小野 裕二1
14MF高橋 義希1
4MF原川 力2
7MF鎌田 大地1
32FWビクトル イバルボ2
11FW豊田 陽平4
1Sub/GK赤星 拓
3Sub/DFフランコ スブットーニ
6Sub/MF65分福田 晃斗
20Sub/MF小川 佳純
9Sub/FW89分趙 東建1
22Sub/FW池田 圭
27Sub/FW82分田川 亨介

【ハイライト映像】


【選手・監督コメント】

《室屋成選手》
「冷静に振り返れば、勝ち越しから3対1にするまでの展開は決して悪くはなかったと思う。
 3対1、もしくは3対2で終わらせなければいけない試合だった。

 東京は『守備力が特長のチーム』だと思っているが、最後の最後で集中力が切れてしまった。
 少しバラバラになってしまって、チーム全員で守りきることができなかった。
 僕自身、2失点目を喫したときに慌ててしまった。
 自分たちのミスからの失点だったが、そこで落ち着いて、みんなでやるべきことをやり抜く必要があったと反省している。

(攻撃に関しては、オーバーラップしてチャンスを作る場面もあったが?)
 基本的には、前に鳥栖の選手が2人いたので、バランスを重視していた。
 カウンターのチャンス時には積極的に上がろうと考えていた。

(2得点目につながった右CKを奪った場面について。東選手のパスに猛スピードで追いつき、急角度で中へ切り込んだが?)
 あれは得意の形。
 東選手がボールを持つ前から走り出して、オフサイドにならないように気をつけていた。
 あの形はいつも狙っている。
 それを東選手が理解してくれていて、完璧なパスを出してくれた。
 結果的にCKから得点につながったし、あのような形をもっと増やせるようにしていきたい。
 
 もったいな試合だったが、でも負けてはいない。
 反省点と共に、今日得た勝点1と、収穫も見つめ直して今後に活かしたい」


《林彰洋選手》
「まずは、1失点目のPKを与えた場面が課題。
 鳥栖のロングボールに対して、想定して準備をしておくことが必要だった。
 僕たちの守備のチャレンジ&カバーが不足していた。もっと慎重にゲームに入らなければいけなかったと感じる。

 ただ、立ち上がりは圧倒されたが、30分過ぎからは流れを掴めたと思う。
 それが後半につながり、3得点までは僕たちに流れがあった。

 そこで2失点目を喫したことが、今日引き分けに終わった大きな要因。
 僕が『OK!』の声を出したタイミング、判断がミスになって失点につながった。
 これが今日の試合のキーだと思う。
 3失点目は相手の巧さもあったが、あの時間帯は、もっと割り切って対応することが必要だったと思う。
 けれども下を向いている時間はない。
 みんなで話し合って、失点を抑えられるように修正していきたい」


《篠田 善之監督の会見要旨》
「難しいゲームになるのは予測できたが、先制点を取られて、苦しい展開になってしまった。
後半追いついて、突き放したまでは、選手たちはしっかり出来ていたと思う。
ただ、このゲームは、キックオフからミスが多く落ち着かないゲームという印象を持っています。
下を向くことなく、この勝ち点1をどう次の試合に繋げていくかを全員で考えて、次の試合に準備したい。

後半はサイドバックの室屋にボールが入った時に、相手のインサイドハーフがスライドしてプレスに来る時、、前半は特に永井の所で上手くいかなかった。
相手サイドバックの吉田選手を引っ張る動きだったり、ボランチ高橋選手のスライドが間に合わないスペースをFWの大久保嘉や阿部を使うということを考えていた。しかし、前半それが上手く出来なかった。
もう少しDFラインに仕掛ける所を永井には求めていたが、上手くいかなかったので、東に交代した。
単純に判断が遅く、相手のプレスに苦しんだというか、自分達のところで問題があったのかなと思う。

単純に失点シーンを見ればわかるが、ロングボールを簡単に蹴らせてしまったところ、こぼれ球を拾えなかったところが失点に繋がったが、それは1失点目もそうだった。
ただそれは、4バックでも起きていたところなので。
高さの部分で中島に代えて吉本を入れたが、それが上手く行かなかったことは、チームとしても個人としても反省して、次に繋げていきたい。
サッカーなので先に点を取られることもあると思うので、突き放したまではとても評価したいと思います」


《鳥栖・マッシモ フィッカデンティ監督の会見要旨》
「最初の70分と最後の20分にこの試合を2つに分けたいと思う。特に後半に色々起きたが、3-3に追いついた時点で勝ちの試合だったが、4-3にすることも出来たゲームだった。
1-1にされるところ、2点目を取られるところまでで監督として分析しても、非常に良い試合が出来ていたと思う。
インテンシティも高く、クオリティも高いゲームをもっと長い時間出来るはず。

FC東京は私もよく知っている、カウンター攻撃を中心としたクオリティの高いチーム。
そのような相手に対し、逆転されるまで、ボールを回せていたという所は素晴らしかったし、逆になんでこういう展開の試合になってしまったのかは、もう一度見直す必要がある。しかし、このようなゲームをしたことによってチームメイト同士の信頼も生まれると思うので、良い方向に持っていきたいと思う。
小野裕二も今日出られるかは分からなかったが、戻ってくることが出来た。負傷者が帰ってきたことも含め、全てが良い方向に向かっていると思うので、そういったことを勝ちに繋げていきたいと思います」



  • NEWS
  • 選手・スタッフ
  • チケット・観戦
  • 試合日程
  • 試合結果
  • 記録・データ
  • U-18 U-15 試合結果
  • トレーニングスケジュール
  • ファンゾーン
  • ホームタウン活動
  • スクールご紹介
  • スクールへの入会
  • バレーボール
  • クラブ情報
東京ドロンパ このページの先頭に戻る
F.C.TOKYO Copyright Tokyo Football Club Co.,Ltd. All Rights Reserved. 個人情報について