Englishご意見箱
10.21 16:00 KICK OFF
明治安田生命J1 第30節
VS 北海道コンサドーレ札幌
味の素スタジアム
U23 公式ケータイサイト
青赤日記 バレーボール
試合・練習A GAME AND PRACTICE

試合結果
J1リーグ戦 第4節

2017年度の一覧に戻る

2017年03月18日 味の素スタジアム ( Home ) 19:04キックオフ
終盤の猛攻で「多摩川クラシコ」に快勝!!
観衆 36,311人 天候 曇、無風 気温 12.8度 湿度 59% 主審:飯田 淳平 副審:聳城 巧/作本 貴典
J1リーグ戦 第4節<br /> 川崎フロンターレ戦FC東京
3
試合終了
前半 0 - 0 前半
後半 3 - 0 後半
0
J1リーグ戦 第4節<br /> 川崎フロンターレ戦川崎フロンターレ
KICKOFF
76分:オウンゴール
86分:ピーター ウタカ
90+2分:大久保 嘉人
得点者
62分:永井 謙佑→ピーター ウタカ
68分:橋本 拳人→田邉 草民
90+1分:中島 翔哉→徳永 悠平
選手交代 56分:阿部 浩之→ハイネル
71分:エドゥアルド ネット→長谷川 竜也
82分:登里 享平→三好 康児
8 シュート 11
10 GK 6
6 CK 4
15 直接FK 24
1 間接FK 6
1 オフサイド 6
0 PK 0
50分:橋本 拳人
87分:田邉 草民
警告
退場
Nr Pos Change Name SH
33GK林 彰洋
2DF室屋 成
3DF森重 真人
5DF丸山 祐市1
6DF太田 宏介
8MF高萩 洋次郎1
37MF橋本 拳人1
15MF永井 謙佑
23MF中島 翔哉2
13FW大久保 嘉人2
44FW阿部 拓馬
1Sub/GK大久保 択生
4Sub/DF吉本 一謙
22Sub/DF90+1分徳永 悠平
27Sub/MF68分田邉 草民
38Sub/MF東 慶悟
9Sub/FW62分ピーター ウタカ1
20Sub/FW前田 遼一
Nr Pos Change Name SH
1GKチョン ソンリョン
6DF田坂 祐介3
3DF奈良 竜樹
5DF谷口 彰悟
7DF車屋 紳太郎1
10MF大島 僚太
21MFエドゥアルド ネット
14MF中村 憲剛1
2MF登里 享平3
8FW阿部 浩之
11FW小林 悠1
30Sub/GK新井 章太
28Sub/DF板倉 滉
16Sub/MF71分長谷川 竜也1
19Sub/MF森谷 賢太郎
13Sub/MF82分三好 康児
22Sub/FW56分ハイネル1
9Sub/FW森本 貴幸

【ハイライト映像】


【監督・選手コメント】

《大久保嘉人選手》
「ゴールが決められて良かったです。
 ここまで無得点で、自分自身は『いつかは入る』と思っていたが、周りからの期待も感じ、正直に言うと少し焦りもあった。
 今日のような試合で、あのような形で取ることができ、ファン・サポーターのみなさんに向けてもすごく良かったと思う。
 得点後は、お詫びの気持ちを込めてスタンドに向かって走っていった。
 先制点につながった阿部選手へのパスの場面は、プレーの最後にギリギリで判断を変えた。
 コレと決めたひとつのプレーしかできないのであれば、もったいない。
 駆け引きをして、拓馬のポジションも見えていた。
 オウンゴールにはなったが、あの先制点は大事だったと思う。
 今日もどちらに転ぶかわからないゲームだったが、川崎は集中力が切れることが多いと思っていた。
 それをわかった上で走りきろうとしたし、ゴール前であのようなチャレンジができれば、得点できる。
 東京の勝利に貢献できるゴールを取り続けていきたい」


《林彰洋選手》
「東京に加入して2か月。日々のトレーニングが、確実に自分を成長させてくれているという実感はある。
シュートやボールに対して『最短』でいくことを意識している。これまではムダな動きが多かった。
もちろん、守備面も攻撃面もまだまだ突き詰めていかなければいけないが、今日無失点で勝てたことは良かった。チームとして一歩ずつでも成長していけるように頑張りたい。
 自分は日本代表に合流するが、東京で学んでいることを少しでも体現できるよう、代表でも頑張りたい」

《篠田 善之監督の会見要旨》
「こういう結果が出せたことは、選手の頑張りとグループとしてしっかりと戦えた成果だと思う。常に90分、ゲームをコントロールできた。
もちろん細かいミスがあったり、決定機をつくられるシーンもあったが、90分しっかりと戦うことができた。今後、またいろいろな部分を見直しながら戦っていきたい。
攻撃陣の組み合わせについては、色々な個を持った選手がいますが、グループでどう戦うかがサッカーなので。
形がどうこうというよりも、まずは色々な意味で相手と戦って、チームを勝たせる献身的な動きをすることが、どの選手にも必要だと見えてきたと思う。
守備面では、フロンターレの選手に対して、食いつくだけではなく、連動していったりいかなかったり、選手たちが上手いタイミングで追いかけてくれた。立ち上がり危ないシーンはあったが、そこを凌いで、徐々に自分達のペースにすることができた。
攻撃面では、ボールの収まりと時間を前線の選手達が上手く作ってくれたことによって、太田が高い位置を取れたり、ウタカがクロスに詰める位置に入れる時間が出来た。
90分の中で、そういった場面を多く作ることを彼らには求めているし、相手の嫌がることを徹底的にやっていきたい。
今日の試合、前線でタメがつくれたことは、ここ何試合に比べたら良かった。また、時間が経つにつれてそういったシーンが多く出来たので、良い傾向にあると思う。
大久保は、前節の敗戦、色々なプレッシャーに立ち向かった中で、ゴールを決められた。本当に男の中の男。
最後のワンツーの場面でも、落ち着いてキーパーを見られる技術の高さと体のキレは、本当に見習うべきことだと思う。
守備でも、毎回プレスやプレスバックもしてくれて、色々な意味でチームへの貢献度は高かった。
もちろん彼には多くの皆さんが、ゴールを求めると思うが、今日はそれ以上の働きをしてくれた。彼自身、大きなプレッシャーを跳ねのけたし、チームに良い影響を与えてくれていると思う」

《川崎・鬼木 達監督の会見要旨》
前半の入りは悪かったわけではないと思う。ただ途中からボールを持たされて、全体的に運動量が上がらなくなって、迫力のある攻撃が出来なかった。そこは少し残念に思う。
後半はもう一度気持ちを切り替えて臨んだが、先制点を奪われたことによって崩れていってしまった。
ボールを持たされてしまった要因は、ボールを持っている時、選手はあまりプレッシャーを感じていなかったが、選手が動くタイミングでボールが動かなくなってきた。それに合わせて人の動きも止まってしまったところに要因があると思う。後は、FC東京の個々の守備が強かったので、なかなか入っていくことが出来なかった。





  • NEWS
  • 選手・スタッフ
  • チケット・観戦
  • 試合日程
  • 試合結果
  • 記録・データ
  • U-18 U-15 試合結果
  • トレーニングスケジュール
  • ファンゾーン
  • ホームタウン活動
  • スクールご紹介
  • スクールへの入会
  • バレーボール
  • クラブ情報
東京ドロンパ このページの先頭に戻る
F.C.TOKYO Copyright Tokyo Football Club Co.,Ltd. All Rights Reserved. 個人情報について