Englishご意見箱
ホームゲームチケット情報 お知らせ
応援ツアー
FC東京市民スポーツボランティア FC東京パーク府中 FCTOKYOペーニャ 法人年間チケット ワンタッチパスマイページ U-18セレクション受付中!
試合・練習A GAME AND PRACTICE

試合結果
JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ (グループA) 第1節

2017年度の一覧に戻る

2017年03月15日 味の素スタジアム ( Home ) 19:04キックオフ
阿部や中島の活躍によるゴールラッシュでルヴァンカップ白星発進!
観衆 8,424人 天候 曇、無風 気温 8.9度 湿度 61% 主審:榎本 一慶 副審:数原 武志/福岡 靖人
JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ (グループA) 第1節<br /> ベガルタ仙台戦FC東京
6
試合終了
前半 1 - 0 前半
後半 5 - 0 後半
0
JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ (グループA) 第1節<br /> ベガルタ仙台戦ベガルタ仙台
KICKOFF
27分:阿部 拓馬
51分:中島 翔哉
53分:阿部 拓馬
75分:ピーター ウタカ
83分:橋本 拳人
88分:中島 翔哉
得点者
61分:ネイサン バーンズ→柳 貴博
67分:前田 遼一→ピーター ウタカ
79分:高萩 洋次郎→橋本 拳人
選手交代 60分:常田 克人→永戸 勝也
67分:金久保 順→佐々木 匠
67分:野沢 拓也→クリスラン
20 シュート 3
7 GK 6
7 CK 4
12 直接FK 9
1 間接FK 4
1 オフサイド 4
1 PK 0
警告22分:常田 克人
86分:増嶋 竜也
退場
Nr Pos Change Name SH
33GK林 彰洋
22DF徳永 悠平
4DF吉本 一謙1
3DF森重 真人
25DF小川 諒也1
27MF田邉 草民1
8MF高萩 洋次郎1
16MFネイサン バーンズ2
44MF阿部 拓馬2
23MF中島 翔哉7
20FW前田 遼一
1Sub/GK大久保 択生
26Sub/DF61分柳 貴博
36Sub/DF山田 将之
15Sub/MF永井 謙佑
37Sub/MF79分橋本 拳人1
38Sub/MF東 慶悟
9Sub/FW67分ピーター ウタカ4
Nr Pos Change Name SH
1GKシュミット ダニエル
27DF大岩 一貴1
50DF増嶋 竜也
33DF常田 克人
4DF蜂須賀 孝治
18MF三田 啓貴1
26MF藤村 慶太
14MF金久保 順
31MF茂木 駿佑
8FW野沢 拓也
30FW西村 拓真1
22Sub/GK石川 慧
2Sub/DF60分永戸 勝也
32Sub/DF小島 雅也
16Sub/MFパブロ ジオゴ
28Sub/MF67分佐々木 匠
34Sub/MF椎橋 慧也
20Sub/FW67分クリスラン

【ハイライト映像】


【選手・監督コメント】

《阿部拓馬選手》
「約1年振りの公式戦出場ということで、気負いがあるというより、ピッチに立てることが本当に嬉しかった。
 終盤は足がつりそうになって、試合感覚という点では足りないところがあったかもしれないが、本当に楽しくプレーができた。
 チームの勝利が一番だが、チャンスをもらった時に『結果を出すこと』も大事だと考えていた。
 先制点を取った場面以前にも、悠平さんから良いパスが来ていて、必ず2度目もあると考えて準備をしていたので、そのとおりにパスが来て得点が取れて良かった。
 得点を決められたことは良かったが、シュート数そのものは、もっと増やしていきたい。
 普段の練習から、自分ができることを一生懸命にやり続けて、試合に出るチャンスを貰えれば、また懸命に頑張りたい」

《吉本一謙選手》
「前線や中盤の選手の切り替えが早く、ボールを奪われてもすぐに奪い返しにいってくれて、ディフェンスとしては頼もしかった。
 3バックにしたのは、相手の前線が3枚だったこともあり、それを徹底しようとした。
 3人で常に話し合い、マンツーマン気味になっても抑えられるはずなので、『人に対して強くいこう』と確認していた。
 コミュニケーションをとって、マークの受け渡しも上手くいったと思う。
 阿部選手は攻守にすごく頑張っていてゴールもとってくれた。
 柳選手もデビューしたが、新しい選手が出場して、このような勝ち方をすれば、チームは必ず盛り上がる。
 今日はルヴァンカップの一戦目だったが、タイトルのためには全員の力が必要。
 また全員でコミュニケーションをとって、力を合わせて頑張っていきたい。

《篠田 善之監督の会見要旨》
「この結果は非常に良かった。ベンチを温めていた選手たちが、今日の様な姿勢を見せてくれたことはチームにとって非常に良い結果となった。
 内容的にも、多少のミスはありますが、積極的にどの相手選手にもチャレンジすることを示してくれた。
 これでチーム内の競争が、さらに激しくなって、今日の様な姿勢がないと試合には出られないということを今日出場した選手たちが示してくれた。
 ガンバに負けて、ルヴァンカップの第1戦、ホームで勝てたことは、チームとして前向きに捉えたい。
 いつも、結果を残した選手を、積極的にゲームに出していくと伝えている。
 誰を選ぶかは自分の仕事ですが、結果を出した選手、姿勢をみせた選手が試合に出られる権利があると思うので、リーグ戦に向けて全員で準備したい」

《仙台・渡邉 晋監督の会見要旨》
「まずは遠い仙台から来てくれたサポーター、テレビの前でこの試合を楽しみにしていたサポーターに申し訳なく思う。
 ここまでやられることは年間を通してなかなかない。少し、不用意な失点を与えすぎてしまった。
 前半の立ち上がりからミスが増えてしまい、守備の所で後手を踏み、整理するのに時間が掛かった。
 ハーフタイムに修正して後半の立ち上がりは良かったが、その背後を取られて2点目を失ってからはチームとしてのパワーを持つことができなかった。
 それが、今チームが抱える大きな課題だと思う。
 前回の神戸戦も同じように、2点のビハインドから盛り返そうというエネルギーと最終的に追いつくことができなかった結果。
 今日のゲームに関しては、さらに追加点を奪われてしまった結果。それは全て我々に突きつけられた課題で、現状の我々の力だと思う。
 ただ、中2日で柏戦があるので、この現状を自分達で打開して、また次のゲームにエネルギーを蓄えて臨みたいと思う」




  • NEWS
  • 選手・スタッフ
  • チケット・観戦
  • 試合日程
  • 試合結果
  • 記録・データ
  • U-18 U-15 試合結果
  • トレーニングスケジュール
  • ファンゾーン
  • ホームタウン活動
  • スクールご紹介
  • スクールへの入会
  • バレーボール
  • クラブ情報
東京ドロンパ このページの先頭に戻る
F.C.TOKYO Copyright Tokyo Football Club Co.,Ltd. All Rights Reserved. 個人情報について