Englishご意見箱
明治安田生命J1リーグ 第23節
8.19 19:00 KICK OFF
1 2
埼玉スタジアム2002

追加点を奪えず、リーグ戦6試合ぶりの敗戦を喫する。

ホームゲームチケット情報 お知らせ
応援ツアー
FC東京市民スポーツボランティア FC東京パーク府中 FCTOKYOペーニャ 法人年間チケット ワンタッチパスマイページ
試合・練習A GAME AND PRACTICE

試合結果
J1リーグ戦 第1節

2017年度の一覧に戻る

2017年02月25日 県立カシマサッカースタジアム ( Away ) 14:04キックオフ
カシマスタジアムで2007年以来のリーグ戦勝利!
観衆 28,240人 天候 晴、弱風 気温 10.1度 湿度 63% 主審:西村 雄一 副審:平間 亮/中野 卓
J1リーグ戦 第1節<br /> 鹿島アントラーズ戦FC東京
1
試合終了
前半 0 - 0 前半
後半 1 - 0 後半
0
J1リーグ戦 第1節<br /> 鹿島アントラーズ戦鹿島アントラーズ
KICKOFF
82分:オウンゴール
得点者
63分:河野 広貴→中島 翔哉
78分:東 慶悟→前田 遼一
選手交代 56分:西 大伍→三竿 雄斗
68分:小笠原 満男→永木 亮太
76分:遠藤 康→鈴木 優磨
7 シュート 6
4 GK 8
8 CK 12
17 直接FK 7
4 間接FK 4
4 オフサイド 4
0 PK 0
89分:永井 謙佑
警告61分:小笠原 満男
退場
Nr Pos Change Name SH
33GK林 彰洋
2DF室屋 成1
3DF森重 真人1
5DF丸山 祐市
6DF太田 宏介1
37MF橋本 拳人
8MF高萩 洋次郎1
17MF河野 広貴
38MF東 慶悟
15MF永井 謙佑
13FW大久保 嘉人2
1Sub/GK大久保 択生
4Sub/DF吉本 一謙
22Sub/DF徳永 悠平
23Sub/MF63分中島 翔哉1
27Sub/MF田邉 草民
20Sub/FW78分前田 遼一
44Sub/FW阿部 拓馬
Nr Pos Change Name SH
1GKクォン スンテ
22DF西 大伍
5DF植田 直通1
3DF昌子 源
16DF山本 脩斗
40MF小笠原 満男
4MFレオ シルバ
25MF遠藤 康
8MF土居 聖真1
33FW金崎 夢生1
7FWペドロ ジュニオール3
21Sub/GK曽ヶ端 準
15Sub/DF56分三竿 雄斗
28Sub/DF町田 浩樹
6Sub/MF68分永木 亮太
11Sub/MFレアンドロ
13Sub/MF中村 充孝
9Sub/FW76分鈴木 優磨

【ハイライト映像】


【選手・監督コメント】

《永井謙佑選手》
「積極的な前線からの守備を意識して、ハーフタイムにも『コンパクトな布陣を保ち、掛けられるときには前からプレスを掛けていこう。前半の戦いを継続してやろう』と確認し合っていた。試合の最後はベタ引きになって守ったが、それも、チームがしっかりと勝ちきることが大事だと、みんなが意識していたから。得点場面は、中島翔哉選手がカットインをしてシュートを打つと思っていた。僕と大久保嘉人選手がそれに反応して2人が詰めることで、相手DFをはさむ形になった。相手はクリアしづらかったと思う。何より結果がほしかった開幕戦での勝利は、とても大きなこと。波に乗っていきたい」

《太田宏介選手》
「想定していたとおりのゲームになった。セットプレーの機会も何度かあったので、そこで得点できればもっと良かったと思う。セットプレーからの得点を、今季は増やしていきたいと考えている。守備に関しては、前線から積極的にプレスを掛けてくれているので、後ろの選手としては相手のボールを狙いやすい。特に鹿島のFWに入ったボールに対して、奪うことが多かった。これまでは、その後に失うシーンが多かったが、今季はそこからていねいにつないで、最後はシュートで終わったり、CKを取れることも多かった。シーズンの開幕にしては上々だと思う」

【篠田 善之監督の会見要旨】
「まずは何より勝点3を勝ち取れたことは非常に良かった。
開幕戦で固い部分もあり、そういったプレーがゲームの中でも見られたが、チャレンジャーの気持ちで臨んでくれた。
鹿島を相手にする時は、セカンドボールをいかに拾って自分たちで繋げるかが重要になるし、ゴール前までこじ開けるのは難しいが、とにかく一歩前進したと感じている。
また、ファン・サポーターのみなさんも大勢駆けつけてくれて、選手を後押ししてくれたし、我々にとってこの勝点3は新たな一歩となる。
ここからまた次の試合に向けて、しっかり準備していきたい」

【鹿島・石井 正忠監督の会見要旨】
「今日の開幕戦を楽しみに多くのファン・サポーターがスタジアムに来て、選手たちを応援してくれたが、悔しい負け方をしてしまった。
前半はなかなか相手陣内の深い位置にボールを運ぶことができず、少し耐えたという印象の前半だった。
後半は相手のペースも少しは落ちるであろうという予測もあり、少しずつボールを保持する時間が増えていって、そこで多くのチャンスを作ったが、決めきることができなかった。
私たちは中2日でACLが控えているので、そこに切り替えていきたいと思う」


  • NEWS
  • 選手・スタッフ
  • チケット・観戦
  • 試合日程
  • 試合結果
  • 記録・データ
  • U-18 U-15 試合結果
  • トレーニングスケジュール
  • ファンゾーン
  • ホームタウン活動
  • スクールご紹介
  • スクールへの入会
  • バレーボール
  • クラブ情報
東京ドロンパ このページの先頭に戻る
F.C.TOKYO Copyright Tokyo Football Club Co.,Ltd. All Rights Reserved. 個人情報について