Englishご意見箱
U23 公式ケータイサイト
青赤日記 バレーボール
試合・練習A GAME AND PRACTICE

試合結果
J1リーグ戦 第7節

2016年度の一覧に戻る

2016年04月16日 味の素スタジアム ( Home ) 15:03キックオフ
多摩川クラシコは、無念の逆転負け・・・。
観衆 29,208人 天候 晴、弱風 気温 22度 湿度 42% 主審:西村 雄一 副審:唐紙 学志/西橋 勲
J1リーグ戦 第7節<br /> 川崎フロンターレ戦FC東京
2
試合終了
前半 1 - 1 前半
後半 1 - 3 後半
4
J1リーグ戦 第7節<br /> 川崎フロンターレ戦川崎フロンターレ
KICKOFF
4分:ネイサン バーンズ
56分:前田 遼一
得点者 11分:大久保 嘉人
77分:大久保 嘉人
81分:小林 悠
90+2分:エウシーニョ
68分:田邉 草民→橋本 拳人
74分:ネイサン バーンズ→平山 相太
78分:前田 遼一→ムリキ
選手交代 35分:車屋 紳太郎→谷口 彰悟
58分:森谷 賢太郎→武岡 優斗
75分:原川 力→登里 享平
11 シュート 6
4 GK 13
2 CK 3
11 直接FK 12
6 間接FK 0
6 オフサイド 0
0 PK 1
51分:ハ デソン
警告90+5分:大久保 嘉人
退場
Nr Pos Change Name SH
47GK秋元 陽太
2DF徳永 悠平
3DF森重 真人
5DF丸山 祐市
25DF小川 諒也
7MF米本 拓司1
14MFハ デソン1
27MF田邉 草民
44FW阿部 拓馬1
16FWネイサン バーンズ4
20FW前田 遼一2
31Sub/GK圍 謙太朗
50Sub/DF駒野 友一
10Sub/MF梶山 陽平
37Sub/MF68分橋本 拳人
48Sub/MF水沼 宏太
9Sub/FW74分平山 相太1
11Sub/FW78分ムリキ1
Nr Pos Change Name SH
1GKチョン ソンリョン
18DFエウシーニョ1
3DF奈良 竜樹
23DFエドゥアルド
20DF車屋 紳太郎
15MF原川 力
14MF中村 憲剛1
19MF森谷 賢太郎
6MF田坂 祐介
11FW小林 悠1
13FW大久保 嘉人3
30Sub/GK新井 章太
2Sub/DF75分登里 享平
17Sub/DF58分武岡 優斗
5Sub/MF35分谷口 彰悟
21Sub/MFエドゥアルド ネット
25Sub/MF狩野 健太
26Sub/MF三好 康児

ホームで迎える第27回多摩川クラシコ

リーグ第7節が開催。第27回多摩川クラシコとして、川崎フロンターレをホームにて迎え撃つ。
前節柏戦ではPKによる失点で敗戦を喫した。今節は、ここまで無敗で首位に立つ川崎との対戦。圧倒的な攻撃力を誇る相手に対して、たとえ難しい展開になったとしても、連敗を避けたい一戦でもある。良い守備からリズムを掴み、相手の隙を常に狙うアグレッシブさを失わず、勝機を見出したい。

東京は、田邉が3月19日鹿島戦以来、ネイサン バーンズもACLアウェイ江蘇戦以来のスタメンに。米本とハ デンソンのダブルボランチ、両サイドに田邉と阿部。2トップを前田とバーンズが組む4-4-2でスタートに臨む。また駒野がリーグ戦初のメンバー入りをし、ベンチに控えた。

川崎は、ボランチにMF中村と共にMF原川を先発起用。前線はFW大久保とFW小林に加え、MF森谷とMF田坂が流動的なポジションをとる形だ。

春らしい穏やかな天候の味スタ、試合は15時3分に川崎のキックオフでスタートした。


プレスが機能、切り替えの早さで上回り、バーンズが先制

4分:川崎の右クロスを自陣の米本がカット。大きくクリアしたボールを、左サイドの前田がヘッドで中央へ送る。このボールを川崎DFが収めようとしたが、胸トラップに対して田邉が寄せて、前のネイサン バーンズに送る。バーンズはそのままドリブルで独走。エリアに入ったところで抑えたシュートを放ち、きっちりとゴール左下に沈めた。切り替えの早さで川崎を上回り、バーンズの今季リーグ初ゴールで先制ゴール!

11分:早くも同点に追いつかれる。川崎に中盤でパスをつながれ、センターライン手前のMF中村が、東京DFの裏へロングパス。これに合わせてFW大久保に飛び出された。小川が追いかけたが、力強い突進を食い止めることはできず。シュートを決められてしまった。

その後、東京は前線からのプレスが機能、布陣をコンパクトにして全体を押し上げ、川崎のパスワークを封じる。そこからバーンズや阿部のドリブルからリズムを掴み、前田と田邉も前線によく絡んでチャンスにつなげた。

23分:米本がプレスをかけ、ここでも前田→バーンズが前線に飛び出す。ドリブルで右エリアまで上がり、対面するDFの前からフィニッシュに持ち込んだが、わずかに左に。

29分:阿部が左サイドのスペースを駆け上がりクロス。エリアの前田が丁寧に落とす。ゴール正面に詰めた田邉は打ち切れなかったが、再び前田がつなぎ、エリア手前のバーンズが合わせる。

33分:右サイドでバーンズがドリブルで相手をかわして、フォローしたハ デソンがダイレクトでエリア中央へ浮き球。阿部がヘディングを放つ。

川崎のパス回しや、流動性のある攻撃陣を集中して抑え、切り替えの早さで上回り、リズムを掴んだが、追加点を奪うことはできず、1対1のままで前半を終了した。


前田のゴールで勝ち越しに成功したが、流れを失い…

後半立ち上がりも東京が主導権を握った。
49分:徳永のクロスのクリアが、正面の阿部の足元に飛ぶ。絶好のチャンスかに見えたが、ボールが足元に入り過ぎて収められず。そこからのこぼれ球には、エリア内のバーンズも反応できなかった。

50分:自陣から繋ごうとした所でミスが出て川崎にカットされる。MF中村が右に展開。ワイドに揺さぶられ、中央を上がったFW大久保がフリーでシュート。ボールはバーを直撃。
54分:川崎FW小林に前線に飛び出され、丸山と秋元の連係の隙を突かれてしまう。FW小林にがら空きのゴールに向かわれたが、追いかけたところでトラップが流れて、ボールはラインを割り、かろうじて失点は免れた。

56分:ピンチが続く中、左サイドでFKを獲得。小川のキックに合わせてニアに前田が飛び出し、相手DFの前に出て左足で突き刺し、勝ち越しに成功!2-1とする。

59分:再び流れを取り戻し、左エリアに抜け出したバーンズのクロスに合わせ、前田がダイレクトシュートを放ったが…バーを越える。

64分:米本が右前線へ。ここからのクロスは中央のスペースに流れたが、ゴール前のバーンズが反応。後ろに戻って反転し、シュートを放ったが…わずかに左に。

川崎も選手交代を使って反撃に臨み、攻守の入れ替わりが激しくなっていった。互いに攻め合い、どちらもチャンスがある展開に。
68分:田邉に代わって橋本を、そして74分には平山を投入し、さらに追加点を狙おうとした。

76分:川崎・FKの流れから、エリア内に進入したFW大久保に対して、後ろから追いかけた米本がファウルの判定。PKを与えてしまう。これをFW大久保自身に決められ、再び同点とされてしまった。
78分:ムリキをサイドに投入。4-3-3の布陣でさらに勝ち越しを狙おうとした。
81分:川崎・MF中村から、DFエウシーニョにサイドを変えられ、左エリアのFW小林にスピードを活かされ、逆転を許す。

アディショナルタイム:前掛かりになって反撃に臨もうとした終盤だったが、川崎ゴール前でルーズになったところを奪われて、一気にカウンターをくらう。MF中村の右クロスから、DFエウシーニョにヘディングで決められて……4失点目。

後半途中からは落ち着きを失い、川崎の勢いを食い止めることができず。一方の川崎は後半シュート4本で3得点。精度の高さも見せつけられ、無念の逆転負け。リーグ2連敗を喫した。

【選手コメント】
《ネイサン バーンズ》
「勝つチャンスがあり、内容は良いものだったと思う。だからこそ勝利が掴めず、とても残念。
(今季リーグ戦では初ゴールだったが)
常にチャンスを待ち続け、今日のような試合のためにずっと準備をしてきた。出場機会を得たときに、しっかりと活躍するのが仕事だと思っている。ただ、一番大事なことはチームの勝利。それが達成できず、やはり悔しい気持ちのほうが大きい」

《田邉》
「前からプレスを掛け、まずは川崎のボールの出どころをケアしようとした。守備に追われる場面は多かったが、それが上手く機能した。ボールを回してくる相手に対して、ずるずると引くことなく、前で奪うこともできた。良いリズムだったので3点目を奪うことができればよかったが…そこで決めることができず流れが変わった。逆転まで持ち込まれて、ものすごく悔しい」

【城福 浩監督の会見要旨】
「多摩川クラシコに対する選手たちの士気も高く、我々のゲームプラン通りの展開になった。しかし結果的に2点を決めたが、4点を奪われ、決定力の差を見せつけられた。先に3点目を決めるべきシーンが幾つもあったが、そこで突き離すことができなかった。決めるべき時に決めないと、試合をモノにすることはできない。ファン・サポーターは最後まで応援をしてくれたが、残念な想いをさせてしまった。頑張った選手にブーイングをされる姿は見たくなかったが、それは我々自身が招いたこと。彼らと共に、この状況を変えていきたい」

【川崎・風間 八宏監督の会見要旨】
「前半は止まったままプレーするシーンが増え、ポジショニングのミスも多く、そこを突かれてしまった。点を取り返したことぐらいしか、良いところはなかった。ただ、今日のピッチは長い芝生でもあり、そのような状況は予想できていた。選手は大変だったと思うが、徐々に慣れて対応してくれた。今は失点しても、交代出場を含め、選手たちがどんどんやる気を見せて、ゴールを目指してくれている。これだけ多くのファン・サポーターが駆け付けてくれ、我々のプレーよりも見事な応援だった。彼らの存在も、今日の勝因のひとつだと思っている」


  • NEWS
  • 選手・スタッフ
  • チケット・観戦
  • 試合日程
  • 試合結果
  • 記録・データ
  • U-18 U-15 試合結果
  • トレーニングスケジュール
  • ファンゾーン
  • ホームタウン活動
  • スクールご紹介
  • スクールへの入会
  • バレーボール
  • クラブ情報
東京ドロンパ このページの先頭に戻る
F.C.TOKYO Copyright Tokyo Football Club Co.,Ltd. All Rights Reserved. 個人情報について